多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省:パンクへの備えは普段の心掛けから

こんばんわー
また台風が向かってきてるんですか?
土日に接近するとかなんとか?困りますねー

さて、先日のニッキュッキュで7回のパンクを喫したわけですが
その翌日に早速ポチっておいた荷物が届きました。

20150722_tire.jpg
もちろん、タイヤとチューブですねー

タイヤは、MICHELINのPRO4 SC 23C赤です。
初心に帰りました。

チューブは、MICHELINのAIRSTOP ブチルです。
軽さなんて関係ないんです。

と言いながら、一応重量測定
20150722_pro4-w.jpg
189g

PRO4 SCは、以前に何回か使っていて、耐パンク性は確認済みだし、相性が良いタイヤと感じています。
じゃぁ何故に最近は使ってなかったかって?
ちょっとした出来心で他のタイヤに浮気してたのかな〜?

やはり浮気はよくありませんねー。痛い目に遭いました。
てことで、本妻(PRO4 SC)の元に戻ってきましたよー

チューブの方は、このAIRSTOP ブチルは初めてかな?
20150722_airstop-w.jpg
95g

最近は軽量チューブばかりを選んでた気がします。
わずか十数gの軽量化に目が眩んでました。走りには関係ないのにねぇ
やっぱ、ゴムは分厚い方がいろいろ安心ですねー

以上、パンク連発の反省からタイヤとチューブを一新することにしました。
これから夏の山岳ライド本番ですから、パンクとは縁を切りたいですからねー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

メンテ:セクター号のBBを交換した

こんにちわー
今日は、雨予報だったはずですが?、、、良い天気でしたねー
完全に降る降る詐欺に騙されましたが、、、
ま、走るつもりはなかったんですけどねー

今日は、セクター号のメンテナンスをしました。
BBを交換しますよー

先ずは、チェーンの汚れを落としてから、クランクを外します。
20150531_bb1.jpg
元のSM-BB6700は、ドロドロです。

では、外していきましょう
先日届いたツールを使います。
20150531_bb2.jpg
金属部分は従来のBB外しと同じ凹凸が付いてます。

はい、外しました。
20150531_bb3.jpg
内部をクリーナーで奇麗にします。

では、新BBのSM-BBR60を取り付けます。
20150531_bb4.jpg

↓こちらのツールに付属のアタッチメントを使おうとしました。
20150529_bb-tool.jpg

が、入らない?
なんで?と思って、BB付属のアタッチメントと比べてみました。
20150531_bb5.jpg
明らかに内径が違ってます、、、

TOPEAKのツールの方には「BB9000」て書いてます。
SM-BBR60にも使えるだろうと思ってたんですけど、、、違ったようです。
ま、次はBB9000に換えろってことですねー

しょーがないので、BB付属のアタッチメントで締め付けます。
20150531_bb6.jpg

はい、固定できました。
20150531_bb7.jpg

クランク&チェーンリングを付けて
20150531_bb8.jpg

左クランクを付けて
20150531_bb9.jpg

BBの交換終了です。
チェーンに注油して、メンテナンス終了。
20150531_secteur.jpg

その後、昨日パンクしたフロントタイヤのチェック
20150531_tire.jpg
バルブ付近の表面に穴がありました。

多分、尖った小石かなんかを踏んだんだと思います。
チューブもチェックすると、同じ位置に穴を発見しました。
原因が特定できたので、とりあえずは納得できました。
しかし、S-WORKS TURBOの耐パンク性って、、、弱過ぎる

で、フロントも、先日届いたMICHELIN AIR COMPを入れました。
穴の開いたチューブは補修して、緊急用としてサドルバッグへ
これで緊急用チューブは、全て補修済みの3本となりましたが、また新品も買って在庫にしておかないとちょっと不安ですねー

以上、本日のメンテナンス報告でした。
この三週間で何回パンクして、何回チューブ交換して、何本補修したのか?もはや把握できなくなってますが、そろそろ落ち着いていただきたいと思いますね
新BBは、どうですかねー?少しでも抵抗が減って軽くなってもらえればいいんですが、まぁ違いは分からないんだろうなーって思ってます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

決戦用:軽さは正義?!初S-WORKS投入

こんばんわー
ジロが面白いですねーっ!
まだ4日目で総合が結構動きました。
っと言いつつ、昨日はカリフォルニアの録画を観ながら寝落ちし、次にジロのLIVEを観ながらまた寝落ち、、、最後の10kmくらいを観ることができただけですけどねー

さて、ハルヒルが今週末の日曜(5/17)に迫ってまいりました。
昨年大会に続き2回目の参加です。
昨年は61分台だったので、今年はなんとか1時間切りを達成したいところ

そのためには事前の準備と対策が重要です。
対策その1として、先月(4/12)は試走に行ってきました(こちら)。
試走タイムは67分台で早くもなく遅くもなく、まぁ現状の力が素直に現れた結果だと思っています。

対策その2として、先週日曜にアノ坂を見に行ってきました(こちら)。
激坂に心が折れないようにするため、高山不動の激坂を目に焼き付けてきました。

そして、対策その3が↓こちらです。
20150513_sworks-turbo.jpg
S-WORKS TURBO 700×23C

自身初のS-WORKSです。COMPETITION/SPEEDですから競技用タイヤです。
S-WORKSじゃないTURBO PROは、昨年履いてました(こちら)。
こちらも重量が193gで、十分に軽量タイヤの部類に入ります。ただ、耐久性や耐パンク性は、、、替えて2回目のライド(ブルベ)でサイドカット&リム打ちパンクを喫しました(こちら)。

で、今回のS-WORKSですが、とりあえず重量測定
20150513_sworks1.jpg
188g(公称185g)、確かに軽いです。
広げてみましたが、ホントにペラっペラですねー

では、さっそくタイヤ交換作業です。
これまでのPanaracer RACE A Evo2を外しますよーっと、、、ん?外れない?
あら、チューブが癒着してますねー

そうだった。Panaのタイヤは癒着するんだった、、、
粉をはたかずに装着してました。
しょーがないから、チューブが入ったままタイヤをリムから強引に外し、そのタイヤからチューブを丁寧に剥がしていきます。
なんとか前後ともにチューブを傷つけることなく剥離することができました。

で、新タイヤをホイールに嵌めますが、、、硬い、硬すぎる
片側のビードを嵌めるだけで一苦労です。

これは普通に嵌めるのは無理。
そう判断して、とりあえずチューブを入れずにタイヤだけ嵌めて慣らすことにしました。
が、チューブを入れなくても両ビードを嵌めるのは至難の業、、、
いや、これ、マヂ硬い、、、もう手が限界〜
チューブレスと同じくらいか、むしろチューブレスより硬いんじゃないかなぁ〜

でもまぁ、チューブが入ってないので、タイヤレバーを使って嵌めました。
20150513_sworks2.jpg
その状態で3日ほど放置。

いや、放置したからって、決してタイヤが伸びるわけではなく、3日前と何も変わらないんですけどねー
ただの現実逃避です。

で、さっき、意を決してチューブ入れ作業を行いました。チューブはR'Air
片側のビードを外しますが、やはり硬い。
なんとか片側を外したらチューブを入れて、外したビードを嵌めていきます。

最後の20cmくらいからが本番です。ここで無理をしてはいけません。
無理に嵌めようとすると手にマメができて皮が捲れます。
で、秘密兵器の登場です。
20150513_sworks3.jpg
ラバー付きの作業手袋(by WORKMAN)です。

両手に手袋をして、タイヤとリムをガシっと握って、グリグリ捻り込んでいきます。
やはり素手とは摩擦力が違いますから、ビードがブレーキ面をズリズリ上がっていって、ポコんっと嵌りましたよー
タイヤレバーを使わずに嵌められたので、チューブ破損もありません。

で、エアを7.5Barまで入れて、終了です。
20150513_sworks4.jpg
今回は、ショップの在庫が青しかなかったので、まぁ青で、、、

さてさて、新タイヤS-WORKS TURBOの効果はどうですかねー?
PRO4SCが200gとして、-12gの前後で-24gですから、5秒/gの速度アップを期待するとして、120秒(2分)短縮できれば投入効果があったということにしましょう〜(完全に皮算用)

以上、ハルヒル対策その3のタイヤ軽量化の話でした。
ってか、そんなことより脚を鍛えろっ!て声が聞こえてきそうですが、、、
もう時間がないので、脚はどーしょーもないですねー

で、最後の対策その4は、減量なんですが、、、こっちも厳しそう
今日の時点で減ってない、どころかむしろ増えてます、、、なんで?
とりあえず当日までにできるだけのことはやりたいと思いますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

交換:新しいタイヤで新年を迎えましょう

再びこんにちわー
今日はウチでマッタリしています。
なんか久々の休みのような気がします。

今朝は9時に起きましたが、若干の二日酔い
昨日の忘年会で少々飲み過ぎましたかねー

でも、セクター号のタイヤ交換が途中だったので、午前中に作業しちゃいますよ

新タイヤは、Panaracerの「RACE A Evo2」です。
早速重量を量ってみましょう
20141230_pana-race-a.jpg
209gです。
公称値が210gなので、正確ですね。さすが「日本製」

チューブも換えちゃいます。
Panaracerの「R’AIR 700×18~23C」バルブ長が32mmです。
20141230_pana-r-air.jpg
67gです。
公称値が65gなので、2gオーバー。「日本製」じゃない?

では、ホイールに嵌めていきますよ
最初は硬いかな?っと思ったんですが、丁寧に揉みしだきながら寄せていくと割と苦労せずに嵌めることができました。
20141230_tire-koukan.jpg
7Barくらいまでエアを入れました。

セクター号に装着
20141230_secteur.jpg
久しぶりの赤タイヤですが、いいですねー

チェーンやスプロケもピっカピカ
20141230_secteur2.jpg

しかし、ここで少し問題が、、、
チューブのバルブ長32mmはちょっと短かった?
携帯ポンプだと大丈夫なんですが、フロアポンプでは飲み込み長さが足りない

バルブのナットを外して、なんとかギリギリでフロアポンプのノズルが固定できました。
ま、ナットを外すことで軽量化(1gでした)にもなりますしねー

以上、タイヤ交換のお話でした。
今日は交換しただけで乗ってませんから、新タイヤのシェークダウンは年が明けてからです。
Panaのタイヤは初めて使うので、どんな乗り心地なのか楽しみですねー
また気付いたことがあったら記事にします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

雨?:降らなかったけど、、スプロケ組み換え

こんばんわー
今日は一日雨予報でしたが、昼間は全く降りませんでしたねぇ、、、
またまた降る降る詐欺でしたが、ま、今日は元々ノーライドの予定

風邪の方は、なんとなく治まってきたかな?って感じですが、無理に走りに行って酷くなるよりはマシでしょう。
今週末に走れなかった分は、来週以降に取り返しますよ〜っ!

で、ノーライドの休日といえば、自転車メンテと相場が決まってますねー
はい、今日は、セクター号のスプロケ組み換えとファイア号のタイヤ交換をやりました。

先ずは、セクター号のスプロケを組み換えます。
コンポ換装のまとめ記事(こちら)で書いたように、現スプロケ(CS-5800)の11-28Tに16Tを加えようということです。

現スプロケの11-28Tは、11,12,13,14,15,17,19,21,23,25,28Tという構成。
チェーンリングは、52-36Tです。
その場合のギア比は、↓こちらのグラフの赤線になります。
gear-ratio2.jpg

で、16Tを7速に入れた場合、12,13,14,15,16,17,19,21,23,25,28Tという構成になり、↑のグラフの緑線になります。
クロスレシオ化を図ろうという目的ですねー

では、16Tをどうするか?ってことで、別途12-25TのCS-5800を購入。
20141101_nimotu.jpg
これを使って歯の構成を組み換えますよー

セクター号からリアホイールを取り外します。
20141109_sprocke-1.jpg
こちらが現スプロケ(CS-5800)の11-28T

ホイールからスプロケを取り外し、掃除して並べてみました。
20141109_sprocke-2.jpg
下段の一番右が16Tで一番左が12T、これらを12-25Tから取りました。
その下の12T,11Tが現スプロケからの余りになります。
なんか、折り込み広告に乗せたので見にくくてスミマセン〜

で、12,13,14,15,16,17,19,21,23,25,28Tの構成になったので、重量測定。
20141109_sprocke-3.jpg
重量は、296g、、、11-28Tから21gの増量、、、

一方、余った方は、11,12,13,14,15,17,18,19,21,23,25Tの構成
20141109_sprocke-4.jpg
重量は、257g、、、軽い
こっちは、平地系のライドで使ってみようかな〜

では、組み換えた12-28Tをホイールに装着。
がっ!しかし、加えた7速(16T)の歯と、6速(17T)の歯とのズレが大きいです。
(すいません、写真を撮り忘れました)
各スプロケをよく見ると、16Tとか17Tとかの刻印に「A」とか「B」とか付いてますねぇ

元の11-28Tの17Tと、別途購入の12-25Tの17Tを比べてみました。
20141109_sprocke-5.jpg
左が11-28Tので「17B」、右が12-25Tので「17C」

一見、同じものに見えますが、、、
重ねてみました。
20141109_sprocke-6.jpg
あらら?、歯の位置が全然違うんですねー

これは新たな発見でしたーっ!
シマノさんは、やはり最適な組み合わせになるよう、セットを組んでるんでしょうねー

しかし、諦めません。6速(17T)を「17C」に換えてみました。
つまり、別途購入の12-25Tから17T,16T,12Tの3枚を取ったということです。
うーん、ややこしい、、、自分でも分からなくなってきました。

再度、ホイールに装着。
20141109_sprocke-7.jpg
5速(19T)と6速(17T)との間に若干のズレがあるように見えますが、、、

とりあえず、ウチの前で乗ってみました。
5速→6速のシフトアップは全く違和感を感じませんが、6速→5速のシフトダウンが少しもたつく感じ?
いや、気にしてるから感じる?ってレベルで、変速そのものは問題なくできます。
うん、多分、大丈夫でしょう〜っ!しばらく使ってみますー

で、せっかくスプロケを外したので、組み替えの間にTOKEN C22Aのハブメンテをしてみようかと
いや、フリーの抵抗が大きいかな?ってことで、グリスアップでもしてみようかと思ったんですが、、、

20141109_c22A-r-hub1.jpg
C22Aのフリー側

20141109_c22A-r-hub2.jpg
反フリー側

どちらにもレンチが掛かるようなナットの類は全く見当たりません、、、
一体全体、どんな構造になってるんでしょうか?圧入式なのかな?
んんー、これは、手の出しようがありません、、、バラすのは諦めました。

以上でセクター号のスプロケ組み換え作業は終了。
次は、ファイア号のタイヤ交換です。

これからの季節、ファイア号は、本来のシクロクロス車に戻します。
なので、ロード用からシクロクロス用のタイヤに交換します。
11/23にシクロクロスの初レースも控えてますからねー

装着するタイヤは、↓こちら
20121230_kounyuu.jpg
一昨年の年末に購入した、MICHELIN CYCLO CROSS JET 700X30Cです。
やっと使用する機会がきましたよーっ!

で、これまで履いていたMICHELIN PRO4 ENDURANCE 25Cを外し、CYCLO CROSS JETを装着します。
チューブは、春まで使っていたKENDAの28-32C用
20141109_f-tire-1.jpg
はい、着きました。

20141109_f-tire-2.jpg
ブロックの高さは低く、オンロードもいけるようです。

20141109_f-tire-4.jpg
でも、サイドにダート用のブロックがあります。

はい、このファイア号で初シクロクロスレースに臨みますよー
20141109_f-tire-3.jpg

ってことで、本日の自転車メンテは終了です。
セクター号のギア比がどうか?変速に問題はないか?ってのを早く試してみたいですねー
ファイア号の方も、オフロードを走りに行ってみたいですーっ!
来週は、元気に走りに行きますよ〜〜っ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

早っ:もう来たよ無償モニターの「物」

再びこんにちわー

奥さんから「アンデックス ユーって人から手紙だよー」「で、誰っ?」って
私「そんなハーフの知り合いおらんがなっ」って、、、

昨日の記事で紹介したモニターキャンペーンの「物」が今日届きました。
早いっ!早過ぎるっ!!

えーっと、昨日の昼に申し込んで、夕方に当選の返信があって、今日の15時に郵便が届きました。
メチャメチャ仕事が早くないですか〜?

送っていただいたのは「(有)アンデックス ユウ」さん(こちら)です。
「物」は、「REC-MOUNTS アウトフロントバイクマウント Type16」で、商品紹介ページは、こちら(Amazonの商品ページです)

こんな感じで封筒に入って届きました。
20140913_moniter.jpg
商品カタログと「物」

中身は、↓こんな
20140913_recmount1.jpg
マウント本体とライト用ブラケット、取説

とりあえず重量測定
20140913_recmount-w.jpg
ライト用ブラケットを付けて70gです。樹脂製で軽いですねー

サイコン(CATEYE CC-TR210TW V3n)を取り付けてみました。
20140913_recmount2.jpg
サイコン用のブラケットが回転式になっていて、90°ごとに取り付け可能で、そこから45°回転させれば取り外せるようになっています。

とりあえず、サイコンの着脱感は良好です。
ライトはまだ取り付けてみてませんが、VOLT300を付ける予定です。

で、自転車への取り付けですが、明日のブルベには使用しません。
ってか、今から装備を再度組み換える気が起きません〜〜
なので、来週以降になりますが、セクター号がドック入りするので、ファイア号で試してみることになるかな?

実際に使ってみたら、改めて使用感などを報告します。
以上、「物」が届いたことのお知らせでした。ではー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新ホイール:TOKEN C22A TBTの詳細

こんばんわー
今日は良い天気でしたが、明日からまた崩れるんですか?
週末の天気が気になりますねー

さて、新ホイールネタの連投です。
先ずは、メーカー(代理店:東商会)が公表している仕様・特徴です。
----------------
C22A TBT アルミクリンチャーホイールセット
価格 ¥59,000(税抜)
サイズ 700C
リム 22mm エアロプロファイル アルミクリンチャー
ハブ TK1971 Arsenal Q Hubset 20/24H
   ティラミックベアリング仕様
対応スプロケット シマノ11S/スラム
スポーク SUS エアロブラック
ニップル アルミニップル
平均重量 1,384g(前後セット)
※アルミハブ仕様となります。
※スペーサーを使用することでシマノ9S/10Sにも対応します。
----------------
TOKEN-C22A.jpg

以下は、宣伝文句です。
----------------
TOKEN独自のセラミックベアリングを搭載しています。
セラミックボールベアリングが接触するボールレースとコーンにチタンコーティングを施し、素晴らしい回転性能と耐久性を実現。
----------------

次に、現物に付いてきた出荷伝票(検品票)
20140902_c22a-kenpin.jpg
これによると、検品時の重量は以下の通り
フロントホイール:608g
リアホイール  :761g
これは、リムテープ無しの重量かな?

では、重量測定です。
フロントホイール(リムテープ込、クイック無)
20140902_c22a-f-w.jpg
643g

リアホイール(リムテープ込、クイック無)
20140902_c22a-r-w.jpg
788g

前後合計が1431gで、カタログ値に対して47gの誤差です。
カタログ値はリムテープを含んでいないでしょうから、まぁまぁ優秀な値じゃないですかねー

現行のアルテホイール(WH-6700)が前後で1652gと言われてますから(測ったことない)、220gの軽量化です。

ちなみに購入候補だった?2つと、新アルテは、以下の通り
DURA ACE WH-9000-C24:1387g
WH-RS-81-C24:1502g
ULTEGRA WH-6800:1640g
DURAとRS81の間くらいで、お値段はDURAの半分ってことですねー

次に、クイックレリーズ
20140902_c22a-qf-w.jpg 20140902_c22a-qr-w.jpg
フロントが35gで、リアが42g、前後合計が77gでした。
これって軽いんですよねぇ?
現行のクイックは、Tiogaのレバーが外せるタイプなんですが、多分そんなに変わらないかな?っと

最後に、C22Aユーザーの評判をネットで検索
って、もちろん購入前にやりましたけど、ユーザー数が少ないので、一般化はできませんが、参考にさせてもらいました。

評判は、概ね以下の通り
・軽い、ヒルクラ性能良好
・柔らかい、剛性感が不足
・踏み出しの加速性は良い
・高速での速度維持は苦手
・ハブの回転はとても良好

それ以外にも、ダウンヒル時の安定性、メンテナンス性、タイヤ交換性、耐久性、部品入手のしやすさ、修理対応、等々、知りたい情報はありましたが

総合評価として、コストパフォーマンスが非常に高いホイールである、との印象を受け、ほとんど迷うことなく短時間で購入を決めました。
ま、そのときは「これ欲しいっ!」バイアスがかかってましたし、現在は「買ったことを肯定したい」バイアスがかかってますけどねー

ともかく、買っちゃった以上、自分に合った良いホイールであることを祈るしかないんですがね
また、トラブルなどなく、長く付き合っていければ嬉しいですねー
以上、今日は新ホイール「TOKEN C22A TBT」の紹介でした。

重量測定以外は、あまり手間をかけずに書いた記事ですが、このくらいの長さが読みやすいですかねぇ?(って誰に聞いてるんだ?)
ま、昨日も書きましたが、しばらく時間的な余裕がなくなるので、このくらい(通勤時間で書ける程度)の記事が続きますが、よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。