多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳沢峠:ダラダラヒルクラに心を慣らす

おはようございますー
昨日は、客先に外出して仕事の後に飲みとなりました。
それほど遅くならずに帰ってきたんですが、結構酔っぱらった状態で、前日に寝落ちしたリエージュを観直そうと再生した直後に再び寝落ち、、、

二日連続で寝落ちしてしまったリエージュ、今朝やっと観ることができました。
新城選手、大丈夫ですかね?早期の回復と復帰をお祈りします。

さて、お待たせしました(←)。
先週の土曜(4/25)に行ってきた「柳沢峠往復ライド」のレポートです。

うーん、どんなライドだったっけ?あまり記憶がない
いや、単独ライドで峠まで行って帰ってくるだけの単純なルートの上、これといった出来事やトラブルもなく、女性サイクリストと運命的な出会いなどもちろんなく、、、

ただただ上って上って上って、、、あとは下って〜〜〜終了、、、みたいなライドでした。
いや、決して面白くなかったわけじゃなく、そういう単純な「ペダルを回すだけのお仕事」も気の持ち方次第で楽しめます。

しかし、今回、柳沢峠を選んだのは、初エントリーした富士ヒルを視野に入れた「仮想富士ヒル練」という位置付けですから、それほど楽しくないことは覚悟の上だったんですけどね
まーでも、練習っても私の場合、脚や心肺を追い込むようなことはしませんし、できません。しんどいのは嫌いですから

じゃあ何が「仮想富士ヒル」かというと、距離です。
実際の距離は、富士ヒルの24kmに対して、柳沢峠は丹波山村役場の手前からピークまで18kmと短いんですが、全体的な雰囲気が似てるんです。

あ、似てるっていっても、プロフィールをちゃんと比較したわけじゃなく、あくまでも私の感覚的な話です。
要は「同じ場所をループしてるんじゃねコレ?」って、徐々に心を蝕んでくるあのダラダラ具合、それに飽きてきて「分かったからもぉ勘弁してくれ〜っ」ってなる、、、そういう感じがとても似ています。

なので、どちらもあまり好きな坂ではありません。はっきり言って嫌いです。
しかし、富士ヒルにエントリーしちゃった以上、嫌いだからといってダラダラ坂を避けてもいられません。
あの距離を飽きずに上るには、身体よりも心の方を慣らしておかないといけません。
そのための柳沢峠です。

っと、前記事で簡潔に書くと言っておきながら、またまた前置きが長くなってしまいました。
では、当日(4/25)を振り返っていきます。

この日は、6時に起きたんですが、なんだかんだで出発できたのが8時前、、、何やってたんだろう?
で、先ずは多摩湖
20150425_tamako.jpg
暑くなりそう

青梅街道で箱根ヶ崎まで行って、羽村を通りますが、いつもの小作坂下から吉野街道ではなく、奥多摩街道で青梅市内を抜けることにしました。
東青梅から青梅街道に復帰したら、あとはひたすら一本道です。
青梅駅前を通過
20150425_oume.jpg

緩いアップダウンを繰り返しながら徐々に高度を上げていきます。
古里のセブンで休憩
20150425_cafe1.jpg
二度目の朝食は、コーヒーとドーナツ

再スタートして、徐々に勾配が上がってきますが、淡々と
奥多摩駅前を通過
20150425_okutama.jpg

さらに少し勾配が上がりますが、無理に踏まずに
奥多摩湖に到着
20150425_okutamako1.jpg

写真だけ撮ったらすぐに再スタート
奥多摩湖畔はのんびりと
20150425_okutamako2.jpg
深い緑と新緑の黄緑、山桜の薄いピンクがまだらになって良い風情

山梨県に入ります。
20150425_tabayama1.jpg

前方には楽しげな九十九折れ
20150425_99ore.jpg

キツめのアップダウンを越えて
道の駅「たばやま」到着
20150425_tabayama2.jpg

20150425_dekavita.jpg
ゼリーとブラックサンダー、デカビタチャージ

ここまで72km、3時間半。上り基調をまぁまぁのペースで走れました。
が、風が出てきて雲行きも怪しい感じになってきました。
予報では午後ににわか雨とのことなので、あまりゆっくりしてる余裕はありません。

ここから柳沢峠のピークまでは約18kmですから、12時到着を目標にしてヒルクラスタートです。
役場前を通過して上り始めますが、序盤は勾配が緩いのでクルクル軽い感じで回していきます。

トンネルを抜けて山の中っぽくなると勾配も上がりますが、踏みませんよ
心肺が90%前後、呼吸が乱れず鼻で息が吸えるくらいの負荷を維持するようにします。
そう、今日は脚じゃなくて心の方の練習だからと自分を納得させ(言い訳を考え)ながら上りますよー

そんな感じで上りつつも、なんとなくポイントは覚えてるもんで、ここを過ぎたら集落があって、その後に山中に入ってまた集落、みたいな、、
で、わらび餅屋さんを過ぎると最終区間に入りますから、残り距離は3kmちょっとです。
ま、スパートする気もなくペースを維持しますが、本当なら頑張る場所なんでしょうねー

20150425_roop.jpg
ループ橋を通過

残りは1kmちょっとです。
ま、そのままの感じでピークに到着
20150425_yanagisawa1.jpg

決して早くはないけど、最後まで一定負荷で上り切ることができましたー
20150425_yanagisawa.jpg

ピークでは、塩山側から上ってきた方と少しお話ししました。
この方も富士ヒルに初エントリーして、その練習のために柳沢峠を選んだそうです。
考えることは同じですねー

では、帰ります。
ダぁぁぁ〜〜〜っと下って、丹波山、奥多摩湖を通過して奥多摩駅を過ぎた辺りから雨っ?!
しばらくすると結構大粒の雨になりましたが、まだ路面は大丈夫。
で、古里のセブンまで下って雨宿り
20150425_cafe2.jpg
コーヒーとパン×2で昼ご飯

雨雲レーダーを確認すると、雨はすぐに抜けそう
ってことで、さほど時間をロスすることなく再スタート
またダぁ〜っと下って、小作坂下から羽村を抜け、青梅街道で帰ってきました。
帰宅が17時前、9時間の旅でした。

この日の走行ルート
20150425_root.jpg

この日(2015.04.25)の走行記録(再掲)
走行距離:175.17km
走行時間:7時間31分
平均速度:23.2km/h
最高速度:60.9km/h
獲得標高:2440m(ルートラボより)

以上、柳沢峠往復ライドのレポートでした。
ダラダラと続く長い上りに慣れるのが目的ですから、距離を見ながら一定ペースで上りました。
その意味では「仮想富士ヒル」として、心と身体をコントロールしながら走れたんじゃないかな?
でも、富士ヒル本番では、もっと負荷を上げないといけないので、どうなることやら、、、しんどいのは嫌い

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/895-529eef1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。