多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘:次のレース出場に向けての教訓

こんばんわ
最近、記憶力が低下してきているので、忘れないうちに
一昨日の彩湖4時間エンデューロを少し冷静に振り返るとともに、次に(来年)出場するレースに向けて教訓てか備忘メモを残しておこうと思います。

先ず、体調、機材、天候などのコンディションについて
体調は、悪くなかったです。ただ、前週日曜に100km走ってからは、前日までの出張続き&飲みにより、内臓系が少し弱ってたかもしれませんね。また、スクワットもサボったので、脚はフレッシュでした。本来は、多少負荷をかけておいた方が最初からより高いパフォーマンスが発揮できるんでしょうけど、そんなレベルじゃないんで、休めておいて正解だったのかな?と

機材は、前週から何も弄りませんでした。サドル&シートポスト周りの異音対策を講じようかとも思ってたんですが、時間もなかったし、何より面倒だったので、そのまんま乗っていきました。ま、直前に弄ったり、部品交換したりして別のトラブルが出るくらいなら、ギシギシ鳴らしながらでもノートラブルで走れたので、これも正解。

天候は、降雨中止になる前までは気温は低いものの、走りだせば丁度よかったかな?と思います。スタート時点(8:30)の気温が5〜6℃くらいでしょうか?長袖インナー&アウターの上にイベント用半袖ジャージと、レッグウォーマー&半レーパン+シューズカバーの装備で大丈夫でした。汗をかくことはないけど、寒くてどーしょーもないってこともなく、運動強度を上げやすかったのではないかと思います。でも、最後に北風ビューっ!雹がバチバチーっ!の状況では寒すぎて体が全く動きませんでしたけどねー

次に、走行ペース、位置取り、コース戦略等について
走行ペースは、直後のレポートでも書いたように、前半は無理せずに、かつ、平均速度が31〜32km/hを下回らないように気をつけ、その通りに走ることができました。中盤は、予定では30km/hを維持するつもりでしたが、プロの引きに助けられたこともあり、31km/hを上回ることができました。単独走だったら多分、せいぜい30km/hがやっとだったと思います。後半は、まともに走れませんでしたが、気温低下と雹・雨がなかったとしても、予定の28km/h台が維持できたかどうか?厳しかったと思います。

位置取りは、比較的よかったと思います。前半、中盤でそれぞれ3〜5周くらい連続して集団(列車)内で脚を溜めつつ、速度維持できたので、単独走での落ち込みを最小限に抑えられたと思います。あと、前半〜中盤は思ったほど風が強くなかったので、単独走でもなんとかなったのかな?と思います。

コース戦略は、特に考えて走ったわけではないんですが、前半〜中盤の元気な間は、アップダウンでスピードを落とさないように、できるだけダンシングで一気に駆け上がり、下りで休むようにしました。上りで他車の後ろに着いてしまうと、渋滞の原理で極端に減速することがあって、リズムが狂うので、できるだけ追い越すのが正解だと思いました。

以上のようにレースを振り返ってみましたが、次のレースに向けた教訓?として思いついたことを書いておきます。

まーまずは、もっと脚を鍛える必要がありますね。あと、心肺強化も必要だと思いますが、今回、不思議なことに心肺がキツくなかったんですよねー。ま、そこまで踏み込まなかっただけなのかもしれないけど、いつものように坂で苦しむような感じがなかったです。ただ、脚を鍛えて高出力×長時間になれば、心肺がクリティカルになってくるのでしょうねー

次に、集団や列車に着いているだけじゃぁダメですね。積極的に引いて脚を使い切ってもしょーがないけど、先頭交代できるくらいにはなりたいです。そのためには、普段から多少は練習しとかないといけません。また、ぶっつけ本番で見ず知らずの他人と上手く先頭交代なんてできませんから、核となる数人の仲間がいるとやりやすいでしょうねー

また、今回(に限らず集団走行の際)の反省ですが、声を出さないといけませんね。集団走行の基本ですが、分かっていても咄嗟に出ないもんです。レースでは皆さん余裕がなく、接近して走ってますから、なおさら「減速っ!」などの声出しが大事で、手信号は逆に危険だと痛感しました。

最後に、無事に家に帰ってくることが一番重要ですね。今回も落車を見ましたし、天候の急激な変化も経験しました。イベントにおけるアマチュアのレースとはいえ、やはりレースですから、順位やタイムを競っている人がいますし、一方でゆっくりのんびり走っている人もいます。なので、速度差も大きいですし、意識の差もありますから、本当のレース以上に危険な状況も起こりえます。そういったことを頭に入れて参加し、走行中も意識しつつ冷静に走ることが、事故を未然に防いだり、状況変化に柔軟に対応したりする上で重要だと再確認しました。そして、事前の体調管理、機材や装備の準備、コースの確認、走行シミュレーション等々、できるだけのことをやって本番に臨むべきだということを反省するとともに再認識しました。

少しまじめな話になりましたが、普段走りに出て行けるのも、レース等のイベントに参加できるのも、家族の支えがあってのことですから、家族の元に元気に帰ってくるのは義務です。そのためには「安全第一」「無事之名馬」の言葉を忘れることなく、来年からのイベントにも参加していきたいと思います。

皆さんの無事故・安全を祈願する意味で
こちら↓をポチッと押していただけると、ご利益があるかもしれません。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/87-02dc39cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。