多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末:台風一過の奥多野リベンジライド

こんばんわー
台風8号が接近してきていますっ!
和歌山に再上陸して、東海〜関東地方の南側を通過していきそうです。
今夜が山田です。
とにかく、大きな被害を出さずにとっとと通り過ぎて下さいーっ!

昨日のツール、5thステージは凄かったですねー
正に「北の地獄」そのもの、いやパリ〜ルーベよりも過酷でした。

いや〜観てるこっちがズぅーっと緊張して身体が強張る感じでした。
もぉいつ落車が起きるかとヒヤヒヤしながら、でも競争を止めるわけにはいかないから踏み続ける、選手達の厳しい表情から苦闘の様子がビンビン伝わってきました。

栗村さんが「戦場に向かう兵士の表情」と言い表してましたが、その通りだと思いました。
レース自体も非常に厳しいものとなりました。
パヴェが始まる前から落車が頻発し、痛々しい姿で走り続ける選手達。

二度目の落車で遂にフルームが、、、
20140709_tour-1.jpg
いやもぉ、その呆然とした表情から完全に心が折れていることが見て取れました。

パヴェは、正に戦場でした。
得意な選手とそうじゃない選手とで、あそこまで違うとは、、、大人と子供、オッサンと少女が一緒にドロの中を走ってる、、、なんの競技を観ているのか分からなくなりました。
山岳以上に脚質ってか得手不得手の差をマザマザと浮き彫りにして見せてくれました。総合勢やクライマーにとっては、フィールドが違いすぎて競技にならない、お手上げ状態でした。

そんな総合勢の中でニーバリは凄かったです。アスタナチームのアシストも良かったですが、パヴェでのニーバリの速さはクラシックレーサーをも凌駕していました。
20140709_tour-3.jpg
いや、これは意外でした。自転車の操縦テクが優れているとはいえ、カンチェとサガンを置いていくとは、、、信じ難い光景でした。

私の想像ですが、カンチェやサガンは出力トルクが高すぎて、濡れたパヴェではホイールスピンして前に進まなかった、とか?
一方、コンタドールは、絶対に落車を避ける安全策をとったものの、それでも疲労が大きくて、予想よりも遅れてしまう結果になったようです。
20140709_tour-2.jpg
ま、落車を含めて他の総合勢も2分前後遅れましたから、それが普通だと言えなくもないので、想定の範囲内かもしれませんが

このタイム差が今後の展開にどう影響するのかは分かりませんが、ある意味面白くなったんじゃないですかね?後半の山岳までにお互いがどのような戦略・戦術で戦うのか?

タイム差がついたからこそ、各チームが積極的に動かざるを得なくなりましたから、変な牽制は少なくなるんじゃないか?
優勝候補の王者がいなくなったことで、チャンスですからチャレンジするチームも活性化するでしょうし、これからの熱い闘いに期待しています。

ただ、今回の5thステージに関して、いろんなことがあり過ぎて、自分の中で消化不良な部分が大きいです。もう一度、落ち着いて観返して検証したいと思っています。

果たしてツールにパヴェのステージが必要なのか?
いや、ツールらしくないという違和感を感じなくもなかったし、逆に山岳とTT以外にタイム差がつくステージとしてアリだとも思うし

最近のツールは、スマートな総合系の選手がチームのアシストを受けて勝つ、という印象が強く、チーム戦略通りに走ることが優先されて、選手個々の力で勝利をもぎ取りにいく、という闘争心を感じる場面が少なくなってたんじゃないか?と
その意味で、今回の5thステージは、チーム戦略などはあっという間に崩壊し、各選手が個々の持てる力を振り絞ってゴールを目指す、という自転車レースの本質的な部分を見せてくれました。

ただ、それがツールに必要か?春のクラシックで見ればいいじゃんっ、ていう気持ちもなくはないです。
その辺りのことも考えながら、5thステージを改めて観てみようと考えています。

-------------------
さて、昨日のツールの感想が長くなりましたが、本題です。
明後日の7/12(土)は、奥多野リベンジ(何度目だ?ナウシカ)ライドに行く予定です。

ぽじさん作成のルートは、↓こちら
20140712_root0.jpg
道の駅「おがわまち」起点で距離が約145km、獲得標高が2400mです。

奥多野ライドは、昨年末の走り納めライドとして、12/22(冬至)に実施したものの、前日の雪の影響で積雪&路面凍結のため、途中で引き返さざるを得ませんでした(こちらの記事参照)。
その下りで、アイスバーンに乗って大落車を演じたのは、私です。
さらに、夜の定峰峠でアイスバーンの上を押し歩いて下りましたし、記憶に残るライドでした。

その後、何度かリベンジライドの話が出るものの、天候不良などでお流れになる、という曰く付きの企画です。
今回も話が出た後に台風8号が接近してくるとか、またダメなのか?と思いましたが、台風は早めに通り過ぎて、土曜は台風一過のピーカン予報。

ようやっと実現できそうです。
ただ、油断大敵です。前回は雪&氷でしたが、今回は、なんと、猛暑っ!
37℃とかの予報もあります。
そこまでして我々を拒む理由が何かあるんでしょうか?

今回はなんとしてでも塩沢峠を越えてリベンジを果たしてやろうと思います。
台風後の路面の荒れが気になりますが、気を付けて頑張って走りますーっ

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/634-c8685c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。