多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城:ヒルクラコースとからっ風街道ライド(後編)

こんばんわー
明日は寒くなりそうですねー
昨日の記事でお知らせした通り、明日は「奥多摩激坂ライド」の予定ですが、防寒対策が悩ましいところですね〜
上りは暑くなるけど、山の上と下りは激寒、、、ま、寒いよりは暑い方がよいので余分だと思っても1枚プラスして行こうかな、と思います。

さて、「赤城山ヒルクライムコースを上ってみようライド」の後編です。
11/4(月)に、かじさんと行ってきました。
「坂」「風」「腹痛」の3つの敵との闘いをなんとか凌ぎ、ヒルクラコースのゴールである観光案内所に到着し、大盛ソフトクリームを堪能しました。

ソフトを食べたら観光案内所に用はありません。ただただ寒いだけですから、とっとと出発します。
あ、ここでソフトの写真をTwitterにアップしようとしたのですが、接続が上手くいかず(FOMAの電波はあるんですが)、落車後に前後してアップされ、なんか間抜けで物悲しいツイートになったかもしれません

で、再スタートです。
とりあえず大沼をグルっと回ればいいんでしょっ?てことで、下っていきますが、ぽじさん作成のルートでは、途中で右折して寄り道するようになっていました。
右側になんかあるのかな?と標識を見ると「鳥居峠」とあり、上り坂になっています。
かじさんと「行く?行かなくていいか?」と相談しますが、行ってみることにしました。
短い上りを駈け上がると、見晴らしのよい場所に出ました。

ここが鳥居峠なんですかねぇ?
20131104_akagi-torii1.jpg

いや、石碑があるんですが、物凄い風でメチャメチャ寒いっ!読んでられません〜〜
風速20m/sくらいあるんじゃないですか?!身の危険を感じる程の強風なので、写真だけ撮ったらソッコー退散です。
20131104_akagi-torii2.jpg

大沼湖畔(沼畔?)に戻って反時計回りに回って、沼田側に抜ける上りです。沼畔には立ち寄りませんでした。もぉ寒くて早く山を下りたかったのでー
小山のピーク近くで撮ったのが速報でも載せた↓この写真です。
20131104_akagi-ura.jpg

大沼越しに見えてる山は、これが赤城山でしょうか?あるいは長七郎山?地蔵岳?
で、沼田側へのダウンヒル開始。
ま、ここから先は速報で書いたので簡単に報告しますが、このダウンヒルは、決して飛ばしていたわけではありません。

では、何故、アウト側の落葉に突っ込んで行ってしまったのか?
今後のためにもその原因を整理しておきたいと思います。

先ず、コースの状況です。
・勾配やコーナーのRは、キツくなかった
・若干ウェットだったがグリップが悪いほどではなかった
・センターライン側と車線の真ん中には濡れ落葉があった
・路肩には落葉が深く積もって白線が見えないところがあった

次に、私と自転車の状況です。
・路面状況からあまり飛ばすと危ないなと感じていた
・手(指先)の冷たさを感じて時々脚に擦り付けていた
・身体の寒さは若干感じていたが震えるほどではなかった
・フロントブレーキが鳴くものの効きは悪くなかった

以上のことを認識しながら下っていたので、繰返しになりますが決して飛ばしておらず、自分なりに安全な速度で走っていましたよ。

では、その瞬間に何があったのか?
いや「何もなかった」、、、この表現が最も正確だと思います。
はい、路面にも、自転車にも、私の身体にも、その瞬間何かが起きたわけではありません。
しかし、もう一つの「何もなかった」ことが原因だったと判断しています。

それは、私の集中力(注意力、目視確認、状況判断)です。
いや、本当にガードレール際の落ち葉の吹き溜まりに乗るまでのわずか数秒、この間、自分が何を見て、考えて、行動したか?空白なんですよ、、、エアポケットに落ちたような感じでしょうか?
頭は打ってないので記憶喪失というわけではないし、病気(脳梗塞)でもないと思うのですが、、、

ま、魔が差すってのが一番ピンとくる言葉ですね。
そういう瞬間ってありますよね?ありませんか?

いやでも、魔が差したんだって開き直るつもりではありませんよ
自転車に乗っているときに空白の時間ができたら致命的な事態に陥ることがありますからね
今回は、単独落車で怪我も軽く済んだから良いものの、もっと酷いことになったり、他人を巻き込んだりしたらエラいことです。
今回のことを教訓に今後は集中力を切らさないように気を引き締めます。

で、ライドの話に戻ります。
絆創膏を持っていなかったため、血を滴らせながら下り、下り切った集落に店でもあるかと期待しましたが、それらしいものはなく、再び昭和村側への上りが始まります。
ここは、落車のことが頭にグルグル浮かんできますが、その考えを振り払い、上りに集中してペダルを回しました。でも、この上り返しがキツかったですねー

その後、雑貨屋さんで絆創膏を買って貼り、補給してから再スタートし、アップダウンを越えてR353にぶつかったところで渋川方面に右折。
ここからはダぁ〜っと下って、あっという間に利根川まで下りてきて、そこからは利根サイを通って道の駅「よしおか」に戻ってきました。

↓こんなルートを走りました。
20131104_root.jpg

この日(20131104)の走行記録(再掲)
走行距離:93.70km
走行時間:4時間40分
平均速度:20.1km/h
最高速度:63.0km/h
獲得標高:2030m(ルートラボより)

以上、「赤城ヒルクラコースを上ってみようライド」のレポートでした。
ご一緒いただいたかじさん、ご迷惑をお掛けしました&ありがとうございました。
ツイッターやコメントでメッセージをいただいた皆様、ありがとうございました。

で、今回、落車時に怪我を治療するものを何も持っていなかったのも反省点でした。
かじさんから清浄綿をいただいたんですが、私はティッシュペーパーすら持っておらず、情けない、、、
なので、とりあえず緊急セットをトップチューブバッグに常備することにしました。
20131108_oukyuu.jpg

ティッシュと清浄綿、絆創膏、テーピングテープです。
清浄綿は、かじさんにいただいたものの余りです。出血した手で触ったのでお返しするわけにもいきませんから、お守り代わりに持っておくことにしました。

また、落車でホイールの速度センサー用マグネットが飛んでしまったので、CATEYEの付属マグネットを付けたのですが、、、
20131108_sensor1.jpg
デカすぎて真っ直ぐに付けるとどうやってもセンサーに干渉するので、90°横向きにしか付けられません、、、カッコ悪すぎです、、、てか、そもそもデカすぎるし
なので、マグネットは近々交換しようと思います(すでにポチりました)。

てことで、いろいろ反省することがあったライドですが、その反省を生かし、今後も安全に長く自転車に乗り続けられるように、常に気を付けていきたいと思います。
なんか、始末書を書いてる気分になってしまいました。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

鳥居峠は絶景ポイントのはずなんですが・・・
関東平野が一望出来たでしょ?
覚満淵から大沼を臨む景色は良くなかったですか?
あと、赤城を下りきったところに
しゃくなげの湯があるんですが・・・

んー・・・
からっ風街道も一番おいしい
赤城神社(麓)から赤城ICまでの区間を
走ってないですねぇ・・・

また来てくださいよ
案内しますから・・・

Re: ぽじ様

こんばんわー

> 関東平野が一望出来たでしょ?
できたできた!多分
> 覚満淵から大沼を臨む景色は良くなかったですか?
どこ?
> しゃくなげの湯があるんですが・・・

> 赤城神社(麓)から赤城ICまでの区間を走ってないですねぇ・・・
うん。
> また来てくださいよ
もう寒いから来年ね。
> 案内しますから・・・
よろしくー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/403-16a78fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。