多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山三昧:奥武蔵〜名栗3500走行記録

おはようございます(記事を書いてる間に午後になりましたが)
今日も良い天気で暑くなりそうですねー(実際に暑いですね)
でも、昨日の疲れと明日への備えで走りに行くかどうか考え中。
午後から回復走に行くかもしれませんが、午前中はマッタリグダグダしています。

さて、昨日の「奥武蔵〜名栗3000改め3500(速報)」の詳細報告です。
ご一緒したのは、take-iさん24WEさんと、私の3人でした。
走行ルートとタイムスケジュールは、こちらの記事をご参照ください。

昨日は、4時半に目が覚め、ツイッターをチェックすると、take-iさんは既に出発したとのこと
7時半にときがわのK30田中交差点そばのファミマに集合ですから、6時くらいに出れば間に合うのですが、多少余裕を持って5時45分に出発。
いつものように所沢から入間、日高、毛呂、越生を抜けてK30を北上し、ファミマに7時15分に到着。
20130608_famima.jpg
既にtake-iさんと24WEさんは到着してお待ちでした。

出発予定は7時半ですが、ま、揃ったことだしってことで、7時20分ころに出発。
3人で白石峠の上り口を目指しますが、途中で後ろからクラクションを鳴らした怪しい車が、、、
朝からウゼぇやつがいるなーと思っていると、ぽじさんでした。
仕事に向かうためにK30を南下する、とのツイートは見ていたのですが、ファミマでは会えなかったため、まーいいかって思っていたのですが、白石峠側まで曲がって追いかけてくるとは、、、いや、お会いできて嬉しいですよ。
上り口の近くでしばしご歓談の後、我々は白石峠に向かいます。

8時ジャストから白石峠アタック開始です。
はい、ピークに到着。ラップは、35分00秒(距離6.40km、平均速度11.0km/h)で、またまたベスト出ました。
少し息を整えただけでそのまま高篠峠方面に向かい、分岐から8時50分にダウンヒル(5分前倒し)。
下り切った交差点を右折して裏刈り場に上り始めますが、しばらくはアップダウンのダラダラ道。
20130608_urakariba.jpg
突然現れる22%の急斜面を上るtake-iさん

で、小川にかかる橋から裏刈り場にアタック開始です。ここからGLへの合流地点までの3kmちょっとは、ずーっと10%程度の勾配が続きます。
キツいですが、GL合流地点到着。ラップは、20分09秒(距離3.1km、平均速度9.2km/h)でした。
そのまま刈場坂峠まで移動し、少々休憩です。9時45分くらいだったでしょうか?予定よりも15分ほど早いですねー
ここまでの2つの上りで既に1000mを獲得しています。

その後、刈場坂峠をR299側に下って、正丸峠の分岐に到着。10時10分、20分前倒し
正丸峠にアタック開始です。
この日は、攻めないことを誓っていたのですが、この日の8つの坂のうち、正丸峠は最も勾配が低く、距離も短めのため、全力アタックしちゃいました。
が、半分を過ぎたあたりで脚が重くなり、タレタレに、、、24WEさんに抜かれ、終了〜
ラップは、18分36秒(距離4.25km、平均速度13.7km/h)でした。一応、ベストは出ましたが、ダメですね。前半のペースが維持できれば、驚異的(自分比)なタイムが出せたはずだったんですが、、、
20130608_shoumaru.jpg

正丸峠に到着したのが10時半過ぎで、茶屋で早めの昼食にします。
ここでは、昨年11月以来、何度も売り切れで食べられなかった「正丸丼」を注文。
いやーやっと念願かなって食べられますよー
茶屋の女将さんから、いろいろお話を伺うとともに、フキの煮物もサービスしていただきました。
やはり、午前中に来ないと正丸丼は厳しいみたいですね
20130608_shoumarudon.jpg
デビさん、スミマセン。お先に正丸丼リベンジ果たしましたーっ
甘辛味噌が少し甘めでとても美味しかったですよー

で、11時10分くらい(予定より20分前倒し)に再スタートです。
山伏峠をダウンヒルして名栗に下りて、飯能方面に向かい、途中で左折して天目指峠に上ります。
ここは、次の子の権現に備えて脚を溜めます。ラップは、15分16秒(距離2.61km、平均速度10.3km/h)でした。
20130608_amamezasu.jpg
電波を探すtake-iさん

その後、R299側(北側)に下り、子の権現との分岐に到着し、子の権現アタック開始です。
いやーキツい。ここは、平均勾配も10%超ですが、後半部分に12%くらいが続くので、心が折れそうになります。
なんとかかんとか到着。でも、ラップ計測をミスしました。
20130608_nenogonngen.jpg
魂が抜けたtake-iさん

しばし休憩し、体力回復を図りますが、すでに脚が重い、ダルい
ま、とりあえず下りましょーってことで、下ります。裏の激坂(28%)を上り返してみますか?ってtake-iさんにお勧めしてみましたが、お断りされました。
で、原市場側に下り、天覚山の上り口に到着。この時点でも、まだ予定よりも20分以上も前倒しできています。
サクっと天覚山を上って、東吾野に下り、駅前で休憩です。

14時丁度に再スタートし、R299を渡ったところから裏顔振峠(林道阿寺線)を上ります。
ここは、R299を通らずに東吾野から奥武蔵GL(顔振峠付近、一本杉峠、ユガテ、鎌北湖)に抜けられる貴重な林道です。前半が川に沿った緩斜面で、途中から勾配がキツくなります。
普段ならさほど厳しい上りではないのですが、既に2000m以上を上ってきた脚にはガツンときますねー
GLに合流するところまでのラップは、20分45秒(距離4.29km、平均速度12.4km/h)でした。

合流地点からもう少し上って顔振峠側に向かいますが、茶屋方面には上らず、吾野側へ下ります。
下り切ったところを右折して、いよいよ最後8つ目の上りである高山不動を目指します。
この辺りから気持ちが重苦しくなってきました。あの激坂をこれから上るのか、、、上れるのか?ま、押し歩いても構わないけど、、、でも足付きしたくないし、、、
とか思いながら、スタート地点に到着。
20130608_takayama1.jpg

着いちゃいました。もう上るしかありません。
「とにかく我慢。我慢あるのみ」と声に出し、意を決してアタック開始です。
前半の緩斜面区間は、全く踏みません。脚を溜めに溜めます。
が、中間地点から勾配が10%を超え始めると、もう既に一杯々々です。溜めた脚などあっという間に使い果たし、心肺もマックスです。

さらに、後半2kmで20%コンクリート区間、、、斜面を見上げるたびに何度も心が折れかけます。いや折れてました。
しかし、後ろからtake-iさんの苦しい喘ぎが聞こえてくると、ここで止まるわけにはいきません。
もうダンシングをするだけの脚力もなくなり、止まりそうになるのを蛇行でしのぎます。
でも斜度は一向に緩まず、とにかく1mずつでも前へ進めるしかありません。
凌ぎに凌いでなんとか足付きせずに到着することができました。いや、ホントに苦しかった。
ラップ計測開始が少し遅れたのですが、31分47秒(距離4.43km、平均速度8.4km/h)でした。
20130608_takayama2.jpg

とにかく8つの坂を全て上り終えた安堵感と達成感に浸りつつ、しばらく休憩し、高山不動の坂についてあーだこーだとおしゃべりした後に顔振峠の茶屋まで移動です。
茶屋に16時過ぎに到着(ここで予定通り)し、補給休憩です。私は揚げモチをいただきました。
まーこの日の行程はほぼ終了したも同然ですから、3人とも表情が緩んでますねー

でも、このときtake-iさんは理解していたのでしょうか?
その後のタイムスケジュールには「16:15 ユガテアタック開始」と書いてあったこと、
8つの上りにはカウントしていませんでしたが、ユガテには2つのアップダウンがあり、実は結構な高度になるということを、、、
確かに私は「下り基調です」と言いましたが、あくまで「基調」ですから、アタックするようなアップもあることを隠していたつもりはありませんよー

てことで、16時半に最後の行程、ユガテ〜鎌北湖に向かってスタートです。
やはり使い果たした脚にはここのアップダウンも相当にこたえますね
でも、ここを越えれば終わりだと思うとなんとか最後の力を振り絞って上ることができます。
はい、鎌北湖に到着。17時05分。5分遅れましたが、ほぼ完璧にタイムスケジュールをトレースすることができました。
ここで、鎌北湖まで車載の24WEさんとお別れです。take-iさんカメラで記念撮影。
20130608_shuugou.jpg
お疲れ様でした。ありがとうございました。

そして、終点でも記念撮影。
20130608_kamakitako.jpg
そこから毛呂まで下り、セブンで休憩してから、帰路に着きます。
毛呂からtake-iさんは坂戸方面に走って春日部を目指すということなので、途中(といっても10kmもないくらいですが)まで一緒に走り、私が鶴ヶ島方面に曲がるところでお別れです。
take-iさん、本当にお疲れ様でした。よく最後まで走られたと思いますよー。また山に行きましょうねー

で、私は鶴ヶ島から入間方面に曲がるつもりが、手前で曲がってしまい、結局K30に戻されて、往路と同じいつもの道を帰ってきました。帰宅19時45分、14時間の旅でした。

以上、かなりハードなライドになりましたが、内容的には非常に満足できるものとなりました。
take-iさんからの申し出により設定した山岳ライドということもあって、本記事はtake-iさんメイン(というか、take-iさんを観察する私の目線)で書きました。
なので、24WEさんがほとんど登場しませんでしたが、いや相変わらず速いし軽いですねー。全ての上りで先着されました。なかなか追いつけないですが、私もパワーアップしたいというモチベーションになります。

と、一気に書き上げてしまいました。というのも、明日は、ぽじさん、いでおんさんと渋峠まで行く3400m超の山岳ライドが予定されているため、今日中に書いておかないと先送りになるから
なので、記事は行程の説明中心になってしまいましたが、ライドの詳しい状況やときどきの心境は、take-iさんのブログ「ちゃりんこ役場」にアップされると思いますので、そちらでお楽しみくださいー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

なんか読んでるだけで苦しくなるんですがwww
すごいですねぇ、8つの峠に
下り基調のアップダウンですか・・・

大丈夫です
明日は峠と名のつくものは
ボクの知る限り2つです
安心してご来群くださいwww

Re: ぽじ様

こんばんわー
はい、苦しかったですよー
先々週の4000mよりも個々の坂はキツかったです。
休憩も少なく、次から次にマシンのように坂をこなしましたからねー

でも、take-iさんは、さすがに地脚がありますし、精神力が強いですから、慣れない坂でもがんばって上ってましたねー
なので、私も一人で走るときよりもがんばることができましたー

明日は、シミュレーションでなんとかなりそうだということを確認しました。
私は地脚がないし精神力も弱いので、何の予備知識もなくぶっつけで行くのが不安だったものでー
ま、ともかく着いて行きますので、それなりの速度で牽いていただけると助かります。
よろしくお願いしますー

お疲れ様でした。
道中は次から次へとやってくる上り坂に
ついYabooさんに当たってしまい、申し訳ございませんでした。

それにしても本当にきつかった。
記事の写真が示しているとおり、私は5番目の子の権現で力尽きましたw
あの後はもう足が動かなかったです。

それにしても24WEさんは速かったですねぇ~
全ての峠が1位だったと記憶しております。

私だってほぼ3位、子の権現だけ2位でしたよw
3名のライドでしたけど・・・・

これからもっと痩せて、登坂力を付けて起きますので
また来年よろしくお願いします。

Re: take-i様

おはようございますー
土曜はお疲れ様でした。
よくがんばって上られたと思いますよー。私も必死でしたが

子の権現で脚が終わった後も3つ上ったのは精神力ですねー。感服します
私もtake-iさんの精神力を見習わないといけません。

> また来年よろしくお願いします。
ツイッターでらんぼぅさんも仰ってましたが、慣れは大きいと思いますので
年一と言わず、月一か、数ヶ月に1回でも山練すれば、take-iさんならアっという間に速くなると思いますよー

ま、今回の地獄の特訓に懲りずに、またご一緒して下さいー
よろしくお願いしますー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/267-5f9764ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。