多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンチェ:本当に作戦だったのか?パリ〜ルーベ

こんばんわー
今日から新学期ですか?電車と駅の混雑っぷりがさらに酷くなりました。
ま、毎年のことではあるのですが、今年は東横線との相互乗り入れの影響が大きく、渋谷駅のホームからバス乗り場に行くまでにハンパなく時間がかかるようになりました。
ま、利用する車両、階段、エスカレーターを変えるなど、多少の工夫はしてみますが、多分あまり効果ないと思うので、なんとかGW明けには解消してもらいたいですねぇ、、、

さて、昨日のパリ〜ルーベでカンチェッラーラが勝ちましたっ!

先週のフランドルのような独走勝利ではなく、ゴールのベロドロームでのゴールスプリントになってファンマルケを差しての勝利でした。なので、ライブで観戦していたときは途中から最後までハラハラ、てかジリジリしながら、まだ行かないのか?行けないのか?って思いながら観てました。

でも、結果論なのか?スパートをかけなかったのは作戦だった、という論調がネットニュースでは書かれています。ホントにそうだったのでしょうか?実際の動き方も不可解な部分は多かったですし、インタビューでも作戦だったというようなことが言われてますが、どうも納得できません。後付けの理屈なんじゃないのか?という気がしてなりません。

いえ、カンチェが勝ったことは純粋に嬉しいし、後半にライバル達を置き去りにするパワーも見せてくれたので、不満はないのです。しかし、あのようなリスクの高い勝ち方しかできなかったのでしょうか?

なので、今日、録画を見直しながら書いています。

確かに、他チーム(スカイ、クイックステップ、ブランコなど)のカンチェ包囲網が強烈で、厳しい攻撃が繰り返され、それに対応したレディオシャックのアシスト陣もよく頑張ってアタックを潰し、タイム差をコントロールしていましたが、そのダメージが大きく残り50kmくらいで崩壊してしまいました。
それで、カンチェ単独で他チームと戦うことになるのですが、ここから先の動きがとても複雑で不可解でした。

アシスト陣が崩壊したことで他チームの攻撃が激しさを増したこともあるし、他チームの有力選手(シャバネルやテルプストラ、フースホフト、パオリーニなど)が周りにいたこともあると思います。2011年は、フースホフトに着かれたことでスパートできず、結局バンスーメレンが勝ってしまいましたが、そのパターンを避けたのかもしれません。

でも、先頭グループに追いついた残り40kmで4人がカウンターで逃げたのに着いて行かなかったのは、やはり、先週の落車の影響もあって調子が良くなかったのかもしれません。2010年は、残り45kmからのスパートで一気に独走に持ち込んで勝ったので、昨日の面子だったら着いて行って突き放せたんじゃないかとも思うのですが、、
ここで行かずに4〜8人を逃げさせるのが作戦というのは、やはり不可解です。その後もチームカーに掴まって不調をアピールしたのも、ホントに幻惑作戦だったのでしょうか?そこまでやる必要があったの?

で、先頭グループが8人になり、うち2人がクイックステップという状況になった残り30kmで、カンチェがスパートし、ボームとテルプストラを引き千切って先頭集団に追いつきます。そのタイミングで2人(ヴァンデンベルフとファンマルケ)がさらに逃げました。
この2人との差が40秒くらいになった残り23kmの石畳でカンチェアタックっ!!スティバールだけが着いてきましたが、他の選手を置き去りにして、あっという間に先頭の2人に追いつきます(残り20km)。

うーん、やっぱり作戦だったのかなぁ?
でも、結果的には、先頭4人になっても、うち2人がクイックステップですから、普通に考えたら不利な状況であって、残る石畳区間は5つ、でも厳しいのは2つしかありません。そこで勝負が賭けられるのか?
最後の勝負所、五つ星の石畳のカルフール・ド・アラルブルでヴァンデンベルフが観客と接触して落車した後、カンチェが一度掛けますが、2人は着いてきます。引き離せません。
その直後にスティバールも観客と接触して遅れました。クイックステップ、呪われてますね

で、結局、カンチェとファンマルケの2人が残って、厳しい石畳区間が終わってしまいました。
しかし、クイックステップの2人は、あくまでもトラブルで遅れただけで、カンチェが力で引き離したわけではありません。さらに、ファンマルケにも着いてこられたままで、残り13kmです。
その後、アスファルト区間のちょっとした上りでスパートしてファンマルケを引き離そうとしますが、引き離せず、結局ベロドロームまで一緒に行っちゃうことになりました。この辺が調子が悪かったんじゃないか?と思う理由です。調子が良ければ引き離せたはずなんですけどねー

以上の経緯を見ると、作戦だったとしたら、あまり上手い作戦ではなかったのではないか?と思えてしまうんですよね〜。ある意味で運が良かったんけど、一歩間違えたら全く違う結果になっていたかもしれません。
でも、だからといって、どうすればもっと安全に勝てるのか?というのは、私には当然分かりませんけどねー

まーでも、結果的にはファビアンが勝ったので大満足ですよー
先週のフランドルとの二週連続優勝、2010年の再現が観られたんですから、三年越しの夢が叶いました。
レース自体も最後までハラハラ、ドキドキ、ヤキモキする面白い展開でしたし
うん、やっぱロードレースは奥が深いですねー。特にクラシックは漢同士の戦いですから、作戦うんぬんは別にして観てるだけでワクワクします。

てことで、今年のパリ〜ルーベを振り返ってみました。
これでカンチェはしばらくお休みですから、アルデンヌクラシックは、プリートを応援しよっかなー。サガンも楽しみ。その後のジロは、山岳ステージが楽しみですしねー
ロードレースシーズンは始まったばかりです。まだまだ楽しみは続きますよー

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは
先日カンチェラーラにハマったやんです。
当日急遽Jスポーツを申し込んで観ましたw
ハラハラドキドキの展開で面白かったですね。欲を言うと最後に千切って欲しかったのですが、やはりあまり調子が良くなかったのでしょうか。
にしてもさすがですね。ますます惚れてしまいましたw

Re: やん様

こんばんわー
> 当日急遽Jスポーツを申し込んで観ましたw
おおっ、いいですねー。益々ハマりますよー

そうですね、ブッちぎって欲しかったです。圧倒的なパワーを見せて欲しかったです。
確かに調子は万全ではなく、また全盛期よりもパワーは落ちていると思います。
でも、カンチェはカンチェですから、あのパワーにいつまでも期待しちゃいますねー
そういう魅力的な選手であることは間違いありません。

今後も応援して行きましょうっ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/209-18add0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。