多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵌った:チューブレスタイヤに換装(リアのみ)

こんにちわー
今日は、スポークが折れて先週ショップに入院したホイールの修理が完了したって連絡があったので、午前中に取りに行くついでに買い物などをしていたら昼過ぎになってしまいました。
昨日のライドの影響で脚に疲れが残っているので、回復走に行こうかとも考えていたのですが、午後になると風が強くなってきたので、走りに行く気力がなくなってしまいました。うん、休足日です。

また、今日の夜はミラノ〜サンレモの中継がJ-SPORTSでありますし、F1も開幕しましたので、これからツールまでの4ヶ月程はTV観戦が忙しくなります。
ミラノ〜サンレモは、やはりペーター・サガンが優勝候補No.1との下馬評のようですが、天候が悪いようなので、どんなレース展開になるのでしょう?いやぁ〜楽しみですー

さて、今日は走りに行かないことにしましたので、戻ってきたホイールにチューブレスタイヤ(先日wiggleで購入したHutchinsonのFusion3)を装着してみました。
先ずは、スポークを修理したリアホイールです。
20130317_spoke.jpg
中央のフランジから飛び出しているのが交換したスポークの根元です。完組時のスポークの根元は飛び出していないので、交換用とは構造が違っているのでしょうか?修理費用は、工賃込み(お得意様割引あり)で1500円ほどでした(自分じゃ修理・テンション調整できないから、まぁ安いかな?)。

では、Fusion3を嵌めてみたいと思います。
午前中の買い物時に100円ショップに寄り、石鹸水用のスプレー容器(アトマイザー)とシーラント注入用の注射器(コスメティックシリマー)を買ってきました。あ、でもシーラントは、使いたくないので購入してないんですけどねー

また、先ずは石鹸水も使わずに嵌められないか試してみることにします。
WH-6700に付属してきたチューブレス用のバルブを装着してから、タイヤをリムに入れていきます。ビードをリムの溝に落とし込み、タイヤをモミモミしながら引っ張り、手でビードを嵌めていきますが、残り20cmくらいまでが限界です。
20130317_fusion1.jpg

そこで、手には滑り止め兼皮膚保護用のグローブ(こちらの記事参照)をして、タイヤを捻り込んでいきますが、ビクともしませんねー
そこで、先日購入したIRCのタイヤレバーの登場です。2本を使って、両サイドから攻めていきますが、なかなか上手く両手が使えません。仕方ないので、片側からちょっとずつレバーで嵌めていくと、オっ?!なんかいい感じで嵌っていきます。残り10cmくらいになるとパコって入りました。
20130317_fusion2.jpg
うーん、ビードに傷が付いていなければ良いのですが、、、

次の関門は、エアが入るかとビードが上がるかどうかです。
見たところ、ビードとリムの間に隙間があいているように見えるので、タイヤをモミモミして全体に真っ直ぐになるようにします。バルブ根元の気密材にビードが乗り上げていないかも確認しました。

そして、フロアポンプでエアを入れてみますが、シューシューいうだけで全く入っていきません。完全に抜けています。タイヤモミモミとポンプシュコシュコを何度か繰り返しますが、一向に入る気配がありません。
そこで、バルブ根元の気密材とビードとの関係を再確認すると、一見、気密材とリムとの間にビードが入っているように見えていたのですが、よく見ると乗り上げてました。うーん、分かりにくい、、、

で、気密材とリムとの間にビードを落とし込んで、再度エアを入れてみると、先程までよりも手応えがあり、ポンプのメーターが上がり始めます。が、どこからか抜けています。やはり、ビードとリムの間に隙間があるようです。

しかし、ある程度エア圧を上げてしまえばビードがリムに密着するんじゃないかと思い、エアが抜けるよりも早く注入すべく全力・全速でポンピングです。おぉ〜っ!入っていくゾーっ!
そこで気を抜いてはいけません。一気に圧を上げて8気圧まで入れました。すると、いつの間にかビードも上がっていました。エアが抜けている気配もありません。フぅ〜〜、完了。

エア圧としては、とりあえず抜けの状況を見るために8気圧程度に調整します。
20130317_fusion3.jpg
エアゲージで確認すると、8.2Barになっていますので、このまま放置してみましょう。明日から毎日チェックしてみますねー

次に、スプロケを取り付けて、セクターに装着してみました。
装着後にホイールの振れを確認しますが、うん、大丈夫そうです。
20130317_sectuer.jpg
リアのみHutchinson Fusion3に交換しました。フロントは、MICHELAN PRO4 SCのままです。
おかしいですか?
ま、色的にどーなんだ?ってご意見はあろうかと思いますが、気にしません。
走っていれば関係ありませんから、しばらくこのまま使ってみようと思います。

以上、とりあえず大きな苦労なくチューブレスタイヤを装着することができました。PRO4で苦労した経験が多少は生かされたでしょうか?
しかし、エア注入に関しては、外出先でパンクしたら携帯ポンプでは不可能じゃないかと思います。CO2インフレータならいけるかもしれませんが、CO2がブシューって一気に抜けたりしたらショックでしょうからねぇ、、、なので、パンクの場合には潔くチューブを入れようと考えています。シーラントは、ベタベタになるので却下。
さてさて、乗り心地や走行性能、それ以前にエア漏れはどうなんでしょうか?
また報告しますね。

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/187-106a5f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。