多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落車:アイスバーンにスリックは無謀(当たり前)

こんにちわ
今日は良い天気でしたね。昨日の飲み会の影響は多少あったものの、先日の宣言とおり気合いを入れに山に行ってきました。
が、しかし、結論から言うと、返り討ちに合いました。雪山(?)をナメちゃぁいけませんゼ

では、本日の走行記録です。
朝9:20にスタートし、いつもの道で名栗を目指します。
しかし、やはり月曜に降った雪が凍結して路肩に残っていますし、日影ではアイスパッチもいたるところにありますね。できるだけ道路の中央寄りを走り、急な操作をしないように心がけ、スピードもほどほどに走ります。
いつものように名古木から成木街道に入って小沢峠を上りますが、やっぱり身体が重いですねー

小沢トンネルを抜けた後の下りは、本当に慎重にゆっくりゆっくり下ります。コーナーの先が日影になっているようなところは、いきなりアイスバーンが出てきてもおかしくないですからね。
なんとか無事に下り終えて名栗に入り、山伏峠を目指しますが、ここでも日影は危ないですね。11:30JA前の公衆WCで休憩し、ツイートしようとしたら、すでにそこは圏外でした。WILLCOM、田舎に弱すぎ

すぐに再スタートして山伏峠に上り始めますが、製材所の先の第1橋ヘアピンでもう既に路面がヤヴぁい感じです。その後も日影ではアイスバーンが出てきますが、走行ラインはなんとか確保されていました。
しかし、第2橋ヘアピンは、ほぼ全面アイスバーンです。こりゃあかん。諦めて自転車から降り、10mほど押して上がります。でもここで、シャーっと横を凄いスピードで上っていくローディがっ!雪も氷もものともせずに走ってます。しかもガシガシとトルクを掛けながら、、、どぉ〜なってるんでしょ?

ま、私は安全に上り切ることが一番ですから、第2に続いて第3ヘアピンでも押して上ります。この2箇所が特に酷くて、ほぼ一面アイスバーンでしたね。で、本来ならラストスパートの区間ですが、そんなことはできませんから慎重に上ってたのですが、ちょっとした凍結なので真っ直ぐ行けば大丈夫と思って通過したときに後輪が滑りました。この時は、自転車が横を向きましたがなんとか耐えつつ、急制動は避けて対向車線にはみ出しながらも、ビンディングを外して落車は免れました。いやぁ〜ホントにヤヴぁいです。

そんなこんなでなんとかピークに到着。ラップは取りましたが意味がないので書きません。
20130119_yamabusi1.jpg
ピークの辺りは陽が当たってるので路面はドライ。

ここで先程のローディが折り返して下って行きました。
私は、正丸峠を目指すためにそのまま少し下ってみますが、おおっ!これは無理です。
20130119_yamabusi2.jpg
ピーク側を見たところ
20130119_yamabusi3.jpg
下りの先(正丸峠側)は、日影になってて、左コーナーの先は、おそらくもっと凄い状態だと思われます。

なので、ここで諦めて引き返すことにしました。で、ピークで一服していたら、女性ローディがこれまた凄いスピードで上ってきました。ん?私が上り始める頃にすれ違った人じゃないか。往復して坂練ですか?いやーこのコンディションで坂練とは凄いです。その方もピークを過ぎたところで止まって休憩しているので、再度下るのでしょう。
私は先に再スタートし下り始めますが、先程の2箇所が要注意ポイントです。コーナーに差し掛かる前に十分減速しておかないと一発ですっ飛ぶゾっと、自分に言い聞かせて下ります。

で、第3ヘアピンは片足のビンディングを外して足を着きながら通過しますが、シューズのクリートが滑って、これも危険です。でもなんとか通過。
次の第2橋ヘアピンは、ゆっくり真っ直ぐ行けばなんとか大丈夫かなぁ〜?と思いながら、足を着かずに止まるくらいのスピードでアイスバーンを通過しようとしました。が、その時っ!気が付いたら右側から道路(氷)に叩き付けられていました。
いやー何が起きたかも分からず、とりあえず落車したことは分かりましたが、本当に一瞬でしたし、どうすることもできませんでした。おそらくフロントが持っていかれたのでしょう。

すぐに起き上がって被害状況を確認します。身体の方は、右の膝と肘を打ったみたいで痛みがありますが、大したことはなさそうです。自転車の方は、チェーンが外れていますが、ディレーラ等の曲がりはなさそうです。チェーンを嵌め直しましたが、指が真っ黒になったので、ウェットティッシュでフキフキしていると、先程の女性ローディが下ってきて通過して行きました。ん?なんで滑らずに乗ったままで行けるんだ?納得いきません。タイヤが違うのかな?多分そうだろうと、自分の下手くそさは考えないことにします。

で、指の汚れがなかなか落ちないので、もう少し下った陽の当たっているところまで移動し、そこで一服して気持ちを落ち着かせます。が、ここで先程下っていった男性ローディが再び上がってきました。またもや凄いスピードです。私が落車したヘアピンもアイスバーンにお構いなしでグングン上って行きます。いや、絶対になんかおかしいゾっあんなスピードでトルクもかけて滑らないはずがないじゃんっ!うん、タイヤだな。それ以外考えられない。どんなタイヤ履いてるんだろう?どなたかアイスバーン用のロードタイヤについてご存知ですか?

てなことを考えることによって、落車のショックを和らげつつ、再スタートしましたが、その先は酷いアイスバーンもなく、普通に下りましたが、ここで、先程の女性ローディにまたすれ違いました。凄過ぎて言葉がありません、、、で、山伏峠のダウンヒル終了。その後、名栗から飯能方面に走ります。
ただ、今日は本来なら刈場坂峠を上る予定でしたので、このまま帰ったんじゃ獲得標高が稼げませんし、なんか物足りない。ってことで、帰りは山王峠ではなく、東都飯能カントリー倶楽部の激坂に挑戦してみようと思いました。ここは山王峠を通り過ぎた原市場から上れるはずなので、上り口を探しますが、ゴルフ場の看板など何も見つかりません。だいぶ行き過ぎて戻ってきても見つからないので、諦めて山王峠を越えました。

山王峠を越えたところでいつものTANAKA屋さんで赤コーラ補給。で、東都飯能カントリー倶楽部の激坂に成木側から上ってみることにしました。こちらの上り口はすぐに分かりましたので、ダラダラ登り始めたのですが、さあこれから激坂が始まりそうだゾって雰囲気になったところで、路面が、、、
20130119_toutoCC.jpg
もう、先程の落車のこともあるので、これを見た途端にいさぎよく諦めました。

その後、岩蔵街道から青梅街道を通って帰ってきました。帰宅16時、所要時間6時間半。
帰ってから怪我の状況をみたら、右膝と右肘を擦りむいていますし、右の腰(骨盤)にアザができており、さらに打撲した右膝が歩くと痛いですね。でも、この程度ですんで良かったと思いたいですね。

本日(2013.01.19)の走行記録
走行距離:111.25km
走行時間:5時間14分
平均速度:21.2km/h
最高速度:54.5km/h
獲得標高:1160m(ルートラボより)

以上、気合いを入れるために山に行ったわけですが、落車してしまうという無惨な結果になってしまいました。
でも、落車したことはそれほど気にしていません。というか、上りの時点であのアイスバーンを見たときに、こりゃー転んでも仕方ないなぁ、多分転ぶ確率8割くらいあるだろうなぁ〜と思いながら、それでも引き返すということは考えられませんでしたから、ま、転んで当然といえば当然です。
で、実際に落車してみての感想は、やはり痛かったし、やっちまった感もあるのですが、被害が少なかったこともあり、これで厄落としになればいいんじゃね?って思っています。また、実際に転んでみないと滑る限界や、どこまでなら行けてどこからがマヂヤヴぁいのかも分かりませんから、いい経験になったということもできると思います。

ということで、私は今年の初落車を喫してしまったわけですが、この落車は、事故ともトラブルとも認定しません。つまり、今年の目標の1つである「無事故無トラブル」は、まだ継続中ということです。はい、それでいいんです。私が決めることですから。
ただ、しばらくは山に行けませんね。スリックタイヤでアイスバーンを走るのは無謀すぎますから、皆様もお気をつけ下さい。

応援の↓ポチッとしていただけると肘と膝の痛みも和らぐかな?と思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/129-534b7408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。