多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改良1:カーポート屋根を補強する

こんばんわー
寒いですねーなんかゾクゾクします。
風邪が治り切ってないのもあるんですが、急に冷え込むと身体がついていかない感じ
なにもやる気が起きず、布団に入りたくなります。

あ、職場で↓こんなものをもらいました。
20151208_ploom.jpg
JTが売り出した「Ploom」という電子タバコです。

従来の電子タバコと違って、本当の煙草の葉を加熱して吸引するもののようです。
中にリチウムイオンバッテリーが入っていてUSBで充電して使います。
煙草の葉はポッドに封印されていて、1個あたり5〜10分吸えるみたいです。

って、今、充電中のため、まだ試していません。
なので、煙が出るのか?臭いはどうか?部屋の壁にヤニが着くのか?など、分かりません。
でも、普通のタバコよりも周囲への影響が少なければ、飲み会など使い道があるかもしれません。
あまり変わらなければ、面倒くさいので使わないかな?
また報告するかもしれないし、しないかもしれませんー

さて、先月までリフォームしていたカーポートですが
次のステップは、カーポート屋根の改良、補強です。

以前の記事で自作した↓これを使います。これは試作品ですが
20151117_sisakuhin.jpg

何かというとダンパーです。
外側のパイプと内側のパイプの間に粘弾性体(VEM)が入ってます。
20151208_vem1.jpg
ま、ホームセンターで売ってる防振ゴムなんですけどね

それを内側のパイプに巻き付けて
20151208_vem2.jpg
これに外側のパイプを重ねて一体化したものがダンパーです。
内外のパイプが軸方向に相対変位することでVEMがせん断変形し、これによってエネルギー吸収して屋根の振動を抑制するようになっています。

では、このダンパーをどう使ってカーポート屋根を補強するのか?
そのための材料が届きました。
20151208_pole1.jpg
長さ4mのステンレスポールです。

パイプカッターで適当な長さにカットします。
20151208_pipecut1.jpg

さらに短くカットします。
20151208_pipecut2.jpg

長い方は、約3mですが、↓こんな感じになります。
20151208_pole2.jpg
サポート柱です。

あ、上の写真はただ置いただけで、まだ固定部分やダンパーが付いてません。
その辺りをこれから作って、2本のサポート柱(ダンパー付き)を取り付けようと思ってます。

なお、このサポート柱については、すでに特許出願をしています。
その出願がまだだったため、以前の記事では内容を秘密にしてました。
出願が完了したので、公開(宣伝)することができるようになりました。

って、どんどん自転車ブログから離れていってますが、、、
ま、興味のある方はご一報下さい。よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yaboo66.blog.fc2.com/tb.php/1001-204a40b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。