多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2015-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もてぎ:4年連続5回目、進歩したのか?(レース編2)

こんにちわー
今日は天気がイマイチはっきりしませんでしたね
気分もイマイチ上がらないのでノーライドでした。
明日は朝から奥武蔵で坂練のつもりです。

さて、録画しておいたヘント・ウェベルヘムを観ながら(いまさら)、マッタリとブログを更新していきますよ
5/5に参加した「もてぎ7hエンデューロ2015GW」の参戦記「レース編2」です。

レースがスタートして集団に乗ったまま1周目を走ったところで
「行けるところまで行くしかないっ!」と方針が決まりました。

そうと決まったらもぉイケイケです。
アドレナリン汁ブシゃ〜〜っ!です。
ガンガン踏んで前に着いていきますよーっ!

ただ、頭の中に冷静な部分もあって、完全にオーバーペースなのは分かっています
速度とか確認したいんですが、まだまだ集団がゴチャゴチャしていてサイコンを確認する余裕がなく、どのくらいのスピードで走っているのか確認できません。

とりあえずスタート時にS/Gラインでサイコンのラップボタンを押しました。
3周ごとにラップを取ってペースを確認することにします。いつものやり方です。
プランはなくても、ログを残しておくことで、次(来年)の参考にはなりますからね
あと、STRAVAでもログを記録していたんですが、、、それは後ほど

で、2周目に入り、ダウンヒルストレートの上りです。
20150505_sisou2.jpg

ペースが速いのでキツいです。すでに左腿が張って攣りそうな感じ
心肺の方も急激にペースを上げたので苦しいです。
下り区間で脚を休ませつつ心肺を落ち着かせようとしますが、まだまだ周りから遅れるわけにはいかないので、十分に休ませることができませんねー

そんな感じで序盤の3周回を終えてラップボタンを押しました。
第1スティント(1-3周)の距離、ラップ、平均速度と、経過時間、順位です。

第1スティント(1-3周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.38km 23分49秒 36.2km/h 0:23:50.043 142

やはり、36km/hを超えてるので、明らかにオーバーペースです。

ただ、身体の方は、このペースに慣れてきた(アップが終わった)のか、多少楽になってきました。
なので、そのままイケイケを継続します。
うーん、第2スティント(4-6周)は、あまり記憶がありません。

第2スティント(4-6周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.12km 23分10秒 36.6km/h 0:47:14.437 142

順位的には、第3集団くらいに入っていたのでしょうか?
アベレージが少し上がってますから、調子が出てきたのでしょうか?

この日は、ダウンヒルストレートが比較的楽に上れてる印象でした。
なので、その後のヘアピンからV字コーナーまで重いギアを踏んでいくことができます。
それもあって、ファーストアンダーブリッジ手前までの速度が伸びました。
20150505_sisou09.jpg
毎周ここで速度を見てましたが、50km/h台の後半でしたね

第3スティント(7-9周)もまだまだイケイケ継続中でした。

第3スティント(7-9周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.25km 23分12秒 36.9km/h 1:10:23.733 133

また少し上がりましたね。
あっという間に1時間が経過したんですが、この頃から少し疲労を感じ始めました。

集団が小さくなってきたでしょうか?風の抵抗を負担する必要がでてきます。
ファーストアンダーブリッジを抜けてからのストレートの上りがキツく感じ始めます。
第4スティント(10-12周)は、そろそろ限界が見え始めました。

第4スティント(10-12周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.24km 24分18秒 35.2km/h 1:34:43.484 139

落ちてきてますね。
でも、まだ35km/hをキープしてますから上出来です。
1時間半経過時にゼリーを1個補給しました。

この頃からは小さな列車で走ってたかな?よく覚えてません。
速い列車に抜かれますが、乗っかる余裕はありませんでしたね
第5スティント(13-15周)は、我慢の走りでした。

第5スティント(13-15周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.39km 25分30秒 33.9km/h 2:00:00.664 139

ハッキリと落ちましたね。
でも、2時間経過で15周できたことは意識していて、このままいければ30周も可能か?とか一瞬考えました。
いや落ちてきてるからそりゃ無理だ、という判断もできてましたけどね

で、2時間を過ぎて、ハッキリ脚が終わったことを感じました。
小集団に着いていけないっ!上れないっ!脚が回らないっ!
もう、ペースを維持することは無理でした。速度がどんどん落ちていきます。

第6スティント(16-18周)は、地獄の始まりでした。

第6スティント(16-18周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.09km 27分06秒 31.2km/h 2:27:20.481 141

もうね、苦しい苦しい、、、心肺じゃなく、脚と身体が動かない状態です。
ハンガーノック気味だったのかもしれないけど、それよりも脚の筋グリコーゲンを使い果たしてしまった感じでしょうか?
こんなに急激に脚の売り切れを感じたことはこれまでないかもしれません。

20150505_sisou10.jpg
このバックストレートでは20km/h台前半まで落ちましたよ

あと1時間半も走り続けられる気が全くしませんでした。
もう止まろう、、、と何度も考えました。正に地獄でした。
第7スティント(19-21周)は、地獄の真っただ中で泣きが入りました。

第7スティント(19-21周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.20km 28分01秒 30.4km/h 2:55:23.827 152

この20周回目でワーストラップ9分37秒というのを記録しました。
アベレージも30km/hを割り込むことを覚悟しましたが、なんとか持ちこたえていたようです。

ただ、2〜3時間の地獄の1時間を過ごした後、少し脚が軽くなったのを感じました。
あまりに苦しくて2時間半経過時に残り1個のゼリーを補給したのが効いたでしょうか?やはりエネルギー切れだったのか?
適度なペースの列車に乗ることができるようになりました。
上りもダンシングで軽く上れるので、列車から千切られずに着いていけます。

第8スティント(22-24周)は、地獄を脱出し、少し光が見えました。

第8スティント(22-24周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.26km 26分21秒 32.5km/h 3:21:44.718 146

さあ、ここまでくれば残りは30分ちょっとです。
何周までいけるか?残り時間とラップタイムとの計算が始まります。
ただ、身体の方は悲鳴を上げてもう限界が近づいています。
全身が痛くて痛くて、、、サドルに座っているのが苦痛な状態

第9スティント(25-27周)は、苦痛に耐えながらのラストスパートでした。

第9スティント(25-27周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.24km 25分37秒 33.4km/h 3:47:22.924 143

アベレージを33km/h台まで戻すことができました。
これは嬉しい。自分を褒めてあげたいと思います。

で、残り10分ちょっとなので、あと1周して29周目に入ることはできる。
でも、2周して30周目に入ることは、どう考えても不可能。と理解しました。
はい、ここで私のレースは終了しました。結果は29周で決定です。

残りは消化試合ってわけではないんですが、気持ち的には切れましたねー
第10スティント(28-29周)は、一応自分的にはウィニングラン。

第10スティント(28-29周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
 9.47km 18分20秒 31.0km/h 4:05:43.904 149

で、ゴールっ!
ピットに戻ります。
20150505_goal.jpg

最後の2周は流しちゃいましたが、勘弁して下さい。
もうね、身体中(特に腰)が痛過ぎて、普通に走ることすら苦痛でしたから
とにかく29周して4時間を完走できたことでよしとしましょう〜

その後、計測チップを返してパドックに戻り、take-iさんsepaさんけろさんと合流。
お互いに感想を語り合いながら撤収準備をして、帰路に着きます。
けろさんは奥様とデート、ZENさんも用事があるとのことで、take-iさん、sepaさん、私の3人で真岡のcoco'sで打上げです。

毎度のことですが、15時にcoco'sに到着。
20150505_cocos.jpg
トリオをいただきました。

レースのことや今後の予定など3人でワイワイ楽しく語り、16時過ぎに解散です。
20150505_kaisan.jpg
お二人ともお疲れ様でした。

私は、R294〜R50〜R4〜R463の下道で帰ってきました。
帰宅が20時半、17時間20分の旅でした。
メチャメチャ疲れたけど、とっても充実した一日となりました。

以上、もてぎエンデューロの参戦記、レース編2でした。
ノープランで臨んだ今回のもてぎでしたが、前半2時間は集団に乗ってハイペースで走る天国の2時間を過ごし、その後、脚が終わってからは地獄の1時間を過ごし、最後の1時間で少し復活し、全体としてはまあまあ良い結果になったんじゃないでしょうか?

結果の数値的なものは別記事で考察したいと考えています。
とにかく無事にノートラブルで走り切れたことが一番だし、また次につながる走りになったんじゃないか?と思っています。

長々としたレースレポートにお付き合いいただき、ありがとうございました。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

もてぎ:4年連続5回目、進歩したのか?(レース編1)

こんばんわー
明日からいよいよジロが始まりますねーっ!
今年はコンタドールがダブルツールを狙うということで、先ずはジロを穫らないといけないわけですが、どうなりますかねー?
裏のカリフォルニアと合わせて楽しみたいと思います。

さて、5/5に行ってきた「もてぎ7hエンデューロ2015GW」の参戦記「レース編」です。
20150505_start1.jpg

スタート位置に並んで、3分前のホーンが鳴り、サイコンなどをセットします。
一緒に参加しているtake-iさんsepaさんけろさんと握手し、「ご安全っ!」とお互いの無事完走と健闘を祈ります。
1分前のホーンが鳴ると、周囲からガチャガチャっバチバチっ!っと、一斉にクリートを嵌める音が響きます。

いよいよスタートっ!てことで気合が入り、、、ません

いやー、今回のもてぎエンデューロなんですけど、一昨年、昨年とはメンタル面でちょっと、てかだいぶ違ってました。
一言でいうと「モチベーションが上がらない」状態です。

決して体調が悪いわけではないし、自転車で走れること自体は嬉しいし、仲間と一緒ってのも楽しいんですが、レースに対する意欲が低かったですねー
ま、所詮ド素人の趣味レースですから、意欲があろうがなかろうが走行や結果に大した違いは生じないんですが、、、

初回を除く過去3回の大会では、事前にレースプランを考えたり、平地練をしたり、少しでも速く走るためにはどうしたらよいか?を考えてました。
ただ、プランや練習の効果があったのかどうかは分かりませんけどねー
motegi-1.jpg
コース図、反時計回り(自動車レースとは逆)です。

そう、一応自分なりに結果(全てじゃないけど)に拘ってたんです
じゃぁ結果ってなに?っていうとアベレージ、4時間を通しての平均速度です。
順位(表彰台)とかはもぉ全く完全に関係ないレベルですから、自分との戦いですねー

で、昨年までは、前回の自分よりもアベレージを上げることに拘りました。
どんなペースで走ればいいか、どうすればタレずに最後まで維持できるかを考え、レースプランを練りました。
ま、プラン通りに走れたことは一度もないですけどねー
motegi-2.jpg
断面図での進行方向は右から左になります。

しかし、今年はプランを考えることをしませんでした。
春先が忙しかったのもありますが、レースに向けてのモチベーション自体が低かったというのが本当のところだと思います。
あと、昨年大会で前回を上回れなかったことで、新たな目標が立てられないってのもありました。考えたとしても昨年と同じ目標じゃつまらないなぁ〜っと

あ、プランなんか練っても無駄だから止めた、というわけでは決してありません。
プラン通りの走り、できるだけプランに近い走りができて、その結果目標をクリアするのが理想だと思っています。それを受けて次の目標とプランを立てる、という循環が上手くいけば言うことなしです。
だけど今回は目標も立てなかったし、全くのノープランで走り始めました。

っと、また余計な話が長くなりました。

やっとスタートです。
9時ちょうどに号砲が鳴って4時間エンデューロのレースが始まりました。

前が動き始めるのに合わせて私も走り出します。
しばらくはパレードランのため、周りとの距離を見ながらゆっくりいってると、前に出たい人がどんどん抜いていきます。が、気にしません。
20150505_sisou03.jpg
写真は試走時のものです。最終コーナーのS字

1周目の上りに入った辺りでアクチュアルスタート
上りの途中から全体の速度が上がり始めます。
20150505_sisou04.jpg
90°コーナーからダウンヒルストレート

上り切ってヘアピンカーブを抜ける頃には、集団全体が長く伸びて、先頭はだいぶ先まで行ってしまってますね。
20150505_sisou06.jpg
ヘアピンカーブ

そこからの下りでは私の周りも一気に速度が上がります。
下りながらのV字コーナーは危険なのでラインキープで抜けます。
その先のS字カーブも二列、三列のまま高速で突っ込んでいかないといけません。
20150505_sisou07.jpg
V字コーナー

S字カーブで減速してしまうとその先の下りのスピードが伸びませんから、S字カーブを抜けるまでトップギアで踏み続けるのが理想。
で、下りストレートに入ったら脚を止めて休ませ、クラウチングで空気抵抗を減らして重力に身を任せます。
20150505_sisou08.jpg
S字カーブ後の下りストレート

下りストレートのエンド、ファーストアンダーブリッジ手前で最高速が出ます。
この日は、どの周か分かりませんが、60km/h超でしたね。
20150505_sisou09.jpg
ファーストアンダーブリッジ手前

ファーストアンダーブリッジを抜け、左コーナーを立ち上がるとバックストレートですが、ここが緩く上ってて気を抜くと速度がガクっと落ちます。
このバックストレートは、速度を維持しようとすると脚が削られるのでキツいです。
20150505_sisou10.jpg
バックストレート

その後、右カーブを抜けるとパドック裏のストレートですが、こちらはほぼ平坦なので、列車に入って脚を休ませつつスピードを上げていきたいところです。
その先の第2、第1コーナーが最終コーナーになります。
20150505_sisou11.jpg
第1コーナー

第1コーナーを抜けたらホームストレートに帰ってきます。
20150505_sisou12.jpg
ホームストレート

レース1周目は、とにかく事故のないように周りの動きに気を付けながら、でも速度を合わせていかないと危ないので、長く伸びた集団の中で走りました。

1周終わりの時点で頭の片隅に浮かんだのは
速いっ速過ぎるっ!こんなんじゃ脚がもたないっ!!
てのと、もうひとつが
この速度で走れる集団を離脱するのはモッタイナイっ!
という2つの相反する思いでした。

どちらを選択したか?決まってますね。後者です。
このまま行けるところまで行っちゃえーっ!!です。

今回は、幸いにも?ノープランのレースですから、ペースを気にする必要なんてありません。
自分の実力的には完全にオーバーペースだと分かっていても、集団の中で実力以上の高速で走れる快感に身を委ねよう、という選択は当然ですね。

てことで、どこまで脚が持つか?その後にどんな地獄が待っているか?なんてことは考えず、とにかく「行けるとこまで行くっ!」という方針が決まりました。
「天国と地獄の2つの世界を味わう」ってことを選択したわけですねー

さてさて、その選択は吉と出るのか凶となるのか?
長くなったので、レース編を2つに分けます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。