多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2015-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05月の走行記録

こんばんわー
今日は結局、雨は降らなかったんですが、ノーライドでした。
セクター号のメンテをやって、買い物に行って、夕方にスクワットを250回やって、ビールを飲んだら終了です。

これからマッタリとジロの最終日を観ることにします。
しかし、昨日のステージ、コンタドールのブレーキには驚きましたねー
あれだけ盤石の強さを誇ってたのに、完全に脚が止まりましたからね

でも、アスタナのショッパイ作戦に助けられました。
あそこは可能性が低かろうがなんだろうがアルーとランダの二人ともが全力アタックしないとねぇ、、
ウランやヘシェダルが意見をしていたのもモットモだと思いますよー

てことで、ジロが終わっちゃいますが、5月も今日で終わりです。
月末恒例の月間走行記録です。
201505_soko.jpg

今月は、6回のライドでした。
このところ6回/月が多いですね。土日ともに走ることがキツくなってきたかな?

主なライドを振り返ると
5/5(火)は、もてぎ7hエンデューロでした(こちら)。4時間ソロに出場しました。
20150505_shuugo.jpg
一緒に参加したのは、take-iさんsepaさん、ZENさん、けろさんでした。
レース結果としては、自身最高の29周回、平均速度33.65km/hを記録することができ、まずまずだったと思います。

5/10(日)は、単独で奥武蔵に行ってきました(こちら)。
20150510_hudou5.jpg
久々に高山不動の激坂を上り、翌週のハルヒル本番に備えました。

5/17(日)は、榛名山ヒルクライムでした(こちら)。
20150517_goal.jpg
一緒に参加したのは、sepaさん、24WEさんgonさんでした。
レース結果としては、昨年のタイムを上回ることができず不本意なもので、自分の実力を思い知らされました。

5/23(土)は、あゆさんの富士ヒル試走に同行して富士スバルラインまで行ってきました。
20150523_fuji-3gome.jpg
私は、上り始める前に脚が終わってしまったので、三合目までしか上れませんでした。
自走往復してヘロヘロになりましたが、走り応えのある良いライドでした。

5/30(土)は、24WEさんと奥多摩に行ってきました(こちら)。
20150530_kazahari2.jpg
奥多摩周遊道路を往復し、風張峠を表裏2回上ってヘロヘロでした。
詳しいレポートをまだアップしてませんが、富士ヒルに向けて良いトレーニングになったと思います。

以上のように、5月はもてぎエンデューロとハルヒルの2回のレースがありつつ、奥武蔵、富士山、奥多摩と3回の山岳ライドに行くこともできました。
ライド回数は6回でしたが、充実した月になったんじゃないかと思います。

今月(2015.05)の走行記録
走行距離:770.5km
走行時間:33時間56分
平均速度:22.7km/h
最高速度:63.0km/h
獲得標高:10480m(ルートラボより)

2015年の累計
走行距離:3615km
獲得標高:30390m

今月は、走行距離はイマイチ伸びませんでしたが、先月に続いて獲得標高1万m超えを達成することができました。
良い感じで上れるようになってきましたかねー?
引き続きがんばって上りたいと思います。

今月の体組成ログ。昨日のライド後の数値
体重:基準値+1.85kg
体脂肪率:13.6%
内臓脂肪:8.0
筋肉量 :58.90kg
基礎代謝:1714kcal
体内年齢:33才

今月も体重はあまり減ってませんが、脂肪率が下がって筋肉量が増えてきてます。
富士ヒルまで二週間であと2kgくらいは落としたいと思います。

来月は、6/14の富士ヒルがあります。初出場なのでどうなるのかよく分かりませんが、今年前半の最後のイベントなので、頑張って楽しみたいと思います。
あと、翌週の6/21は夏至の日ライドです。奥武蔵で日出から日入まで上って下ってを繰り返す一日です。今年こそは6000mを達成したいと思ってます。

6月もたくさん山に行きたいと思います。がんばります〜っ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

メンテ:セクター号のBBを交換した

こんにちわー
今日は、雨予報だったはずですが?、、、良い天気でしたねー
完全に降る降る詐欺に騙されましたが、、、
ま、走るつもりはなかったんですけどねー

今日は、セクター号のメンテナンスをしました。
BBを交換しますよー

先ずは、チェーンの汚れを落としてから、クランクを外します。
20150531_bb1.jpg
元のSM-BB6700は、ドロドロです。

では、外していきましょう
先日届いたツールを使います。
20150531_bb2.jpg
金属部分は従来のBB外しと同じ凹凸が付いてます。

はい、外しました。
20150531_bb3.jpg
内部をクリーナーで奇麗にします。

では、新BBのSM-BBR60を取り付けます。
20150531_bb4.jpg

↓こちらのツールに付属のアタッチメントを使おうとしました。
20150529_bb-tool.jpg

が、入らない?
なんで?と思って、BB付属のアタッチメントと比べてみました。
20150531_bb5.jpg
明らかに内径が違ってます、、、

TOPEAKのツールの方には「BB9000」て書いてます。
SM-BBR60にも使えるだろうと思ってたんですけど、、、違ったようです。
ま、次はBB9000に換えろってことですねー

しょーがないので、BB付属のアタッチメントで締め付けます。
20150531_bb6.jpg

はい、固定できました。
20150531_bb7.jpg

クランク&チェーンリングを付けて
20150531_bb8.jpg

左クランクを付けて
20150531_bb9.jpg

BBの交換終了です。
チェーンに注油して、メンテナンス終了。
20150531_secteur.jpg

その後、昨日パンクしたフロントタイヤのチェック
20150531_tire.jpg
バルブ付近の表面に穴がありました。

多分、尖った小石かなんかを踏んだんだと思います。
チューブもチェックすると、同じ位置に穴を発見しました。
原因が特定できたので、とりあえずは納得できました。
しかし、S-WORKS TURBOの耐パンク性って、、、弱過ぎる

で、フロントも、先日届いたMICHELIN AIR COMPを入れました。
穴の開いたチューブは補修して、緊急用としてサドルバッグへ
これで緊急用チューブは、全て補修済みの3本となりましたが、また新品も買って在庫にしておかないとちょっと不安ですねー

以上、本日のメンテナンス報告でした。
この三週間で何回パンクして、何回チューブ交換して、何本補修したのか?もはや把握できなくなってますが、そろそろ落ち着いていただきたいと思いますね
新BBは、どうですかねー?少しでも抵抗が減って軽くなってもらえればいいんですが、まぁ違いは分からないんだろうなーって思ってます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:周遊道路往復、風張峠表裏二連発

こんばんわー
今日は暑かったですねーっ!
日射しの強さがハンパなかったですー

今日は、昨日の記事で予告した通り、行ってきましたよ奥多摩周遊道路
暑さと上りにヤラレて今日は限界なので、速報のみです。

朝は7時過ぎに出発し、24WEさんと武蔵五日市駅前のセブンで落ち合い、9時にスタート

檜原街道から周遊道路に入って、都民の森はスルーして風張峠まで上りました。
20150530_kazahari1.jpg
1回目の風張峠

奥多摩湖側に下って、上り返して2回目の風張峠
20150530_kazahari2.jpg
もうヘロヘロです。

檜原村側に下って、上川乗を右折し、甲武トンネルへ
が、途中でパンクっ!今度はフロントタイヤでした、、、なんで?

上野原に下ってから、藤野へのアップダウンは回避し、そのまま上野原市街へ
R20に出たところで昼食を摂って、その後、R20を一路東へ走り、大垂水峠を越えて帰ってきました。
帰宅が18時10分、11時間10分の旅でした。

今日の走行ルート
20150530_root.jpg

本日(2015.05.30)の走行記録
走行距離:172.37km
走行時間:7時間50分
平均速度:21.9km/h
最高速度:61.4km/h
獲得標高:2740m(ルートラボより)

以上、奥多摩周遊道路往復ライドの速報でした。
獲得標高は、ちょっと多く出てますね。ルートラボ断面図を見ると川のところで3箇所ほど落ち込んでますから、その分が多くなってるようです。ただ、ルートラボに基づいて獲得標高を記録するようにしている都合上、これはしょーがないので、そのままにしておきます。

本日ご一緒いただいた24WEさん、お疲れ様でした&ありがとうございましたー

ライドの詳しい様子に関しては、追ってレポートをアップします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

諸々:届いた物と交換と明日の予定とジロ

こんばんわー
今日は雨が降って、久しぶりに涼しい日でしたねー
明日の天気はどうかな?予報では晴れそうだけど、当てにならないからねぇ

さて、今日は簡単に更新
先ずは、ポチっておいた荷物が届きましたよ
20150529_nimotu.jpg

中身は、チューブ×2
MICHELIN AIR COMP Ultra Lightにしてみました。
20150529_aircomp-w.jpg
重量は、76g

このチューブは、以前に一度だけ使ったことがありましたが、どんな感じだったっけ?全然覚えてないやー
二週連続3回のパンクで在庫がなくなったので、1本はリアを入れ換えて、もう1本は在庫としておきます。

ボトムブラケット
20150529_smbbr60.jpg
SM-BBR60 ULTEGRAグレードです。

いや、どうもセクター号のBB周りがなんかイマイチ渋い感じがしてまして
20141006_sm-bb6700-3.jpg
昨秋のコンポ換装の際、BBだけ旧型のSM-BB6700にしたんだけど、これの回転がちょっと引っ掛かる感じ?
なので、近々換えることにします。

新型BB用のブラケットツール
20150529_bb-tool.jpg
TOPEAKのツールです。
って、BBの方にアダプターが付いてましたねぇ、、、ま、使いやすい方を使いましょう

ポチった物は以上。

で、リアホイールのチューブを換えましょう。
ついでにタイヤもPanaのRACE A Evo2に戻しました。
20150529_tire-pana.jpg

S-WORKS TURBOは、本番用に取っておきます。
あと、穴の開いたチューブも補修して、緊急用としてサドルバッグに

以上で明日のライド準備は整いました。

で、明日の予定ですが、奥多摩周遊道路に行きますよー
予定ルート
20150530_root0.jpg
距離120km(ウチからだと180kmくらい)、獲得標高2600mです。

武蔵五日市から周遊道路を上り、風張峠を越えて奥多摩湖側に下り、そこから風張峠に上り返して檜原村側に下り、上川乗から甲武トンネルを抜けて藤野から帰ってこようかと思います。

ハルヒルの時に痛みが出た脚の付け根と、あと膝の違和感(スクワットが原因か?)の様子を確認するため、勾配のキツくない周遊道路にしました。

ツイートしたら、24WEさんから参加表明をいただきました。
9時に武蔵五日市駅前からスタートする予定です。

最後に、ジロのこと
昨日も面白い展開でしたねー
ジルベールの下りアタック、サクソ・ティンコフのリベンジ、コンタドールの上りアタック、ジロ覇者同士の豪華な協調、等々

もういいんじゃないか?って思うけど、コンタはまだまだやる気満々で攻めますねー
今日も山岳のクィーンステージだし、明日はチーマ・コッピなので、最後まで我々視聴者を楽しませてくれることでしょう〜

では、明日は頑張って走りに行ってきます〜

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

持たざる者:貧者のトレーニング

こんばんわー
眠いです。
ジロを観ながら寝落ちして変な時間に起きたら、その後寝付けなくなるというね
そういう生活もとりあえず今週末まで。明日もお仕事がんばりましょー

さて、ハルヒルの翌日から始めました。ちょっとしたトレーニング
えぇ、反省したんです。ハルヒルでの不甲斐なさに

全く何も準備せずにレースに出場しても、良い結果が得られるはずがないし、なによりモチベーションが上がりません。
なので、なんでもいいから身体的な準備をして次の富士ヒルに臨もう、と

ただ、トレーニング的なことといっても、急に始められることは限られています。
朝練や夜練で坂を上りに行けばいいんでしょうが、時間的、距離的な制約があるので、平日に山まで行くのは厳しいです。

じゃぁローラーを回せば?って言われそうですが、そんなセレブリティな道具は残念ながら持ち合わせていません。

ではどうするか?そう、スクワットです。
道具も必要なければ、時間も場所も関係なくできます。
しかも、強度の割に非常に短時間で済みます。

まさに貧者のトレーニング

20150528_sukuwatto.jpg

あ、スクワットについては以前一度記事にしましたが、それ以降やってませんでしたー
まぁ、何も目標がないのに、続けられるほどトレーニングバカにはなれません。
基本的に練習とか嫌いですから

で、今回どうしたかというと
まず、何時やるかを決めました。
嫌いなことは先延ばしにしちゃうので、一番やりやすいタイミングを考えました。

それは、仕事から帰ってきたらすぐです。
一息ついちゃってから動き出すのは辛いから、服を着替えるついでにやっちゃいます。

このタイミングが良い理由はもう一つ、終わったらご褒美のビール(発泡酒)が待ってることです。
このご褒美があるのとないのとじゃモチベーションが全くちがいますからねー

で、スクワットのやり方は、新日スタイルのヒンズースクワットです。
20150528_inoki.jpg

屈伸運動と同じように、ほぼ完全に膝が曲がるまでお尻を下げてから、膝がほぼ伸び切るまで上げます。下がった位置では、踵を上げます。
頭の後ろで手を組むのではなく、腕を身体の前で下から上に軽く振り上げます。

ただし、あまり勢いを付けないように、反動を使わないようにしないと、膝への負担が大きいので、注意が必要です。

回数としては、1分間に35回前後、100回やるのに3分弱かかる感じです。約2秒に1回なので、結構ゆっくりです。
で、1日当たりどのくらいの回数かというと、初めの日は、100回で死にそうになりました。
たった3分の運動で、呼吸はゼヒぃゼヒぃ腿はパンっパンで歩行も困難になり、翌日はヒドい筋肉痛になりました。

いやー、キツ過ぎるんですけど、、、
てことで、どの程度の負荷なのかを検証してみました。

位置エネルギーに基づいて同等のヒルクライムがどんなもんかを考えます。
スクワット
体重Wkg、上下動50cm、回数35/minとして、重心の上下移動効率を0.8と仮定
Wkg*0.5m*35*0.8=14Wkg・m/min

ヒルクライム
体重+基材重量1.1Wkg、勾配10%、時速7.5km/h→125m/minとします。
1.1Wkg*0.1*125m/min=13.75Wkg・m/min

勾配10%の急坂を時速7.5km/hで上るくらいの負荷ってことですね。

うーん、スクワットの方が筋肉的にはキツく感じるけど、ほぼ前腿の筋肉だけを使うからでしょうか?
どちらにもいろんなロスがあるから、単純な計算では正確な比較はできませんけど、まーでも、なんとなく合ってるような気がします。

で、今日まで(富士山ライドの日を除いて)10日ほど続けました。
回数を100→150→200と増やして、今日は250回までやりました。

慣れてきたのか、初日を乗り越えてからは筋肉痛にはならないですね。
200回くらいだと心肺の方がキツくなりましたが、250回では腰がキツくなりますね
バランスを取りながらなので、前腿以外の部位も意外と使ってるみたいです。

富士ヒル前の再来週までに500回まで増やしたいのですが、どうなることでしょう?
ま、無理しない程度に頑張りたいと思いますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

富士山:試走?いいえ観光です(後編)

こんばんわー

いや~昨日のジロ16thステージは見応えがありましたねーっ!
モルティローロでのコンタドールの走りには、身震いしましたよー

このモルティローロ、登坂距離が11.8km、平均勾配が10.9%で最大勾配が18%と、富士あざみラインとほぼ同じプロフィールです。
こんな激坂で前の選手をゴボウ抜きして先頭に追い付くとは、まさに鬼神のダンシングっ!鬼気迫るものがありました。

これがあるからロードレース観戦はやめられないんですよねー
ここぞというときに超一流選手が見せる強烈な輝き、一度それを観ちゃうと病みつきになっちゃいますよねー
そういうカリスマのある選手が出場するレースは、その輝きを期待するから毎日眠くても観ちゃうんですよねー

いやいや、今年のジロも良いものを見せていただきました。
って、まだ終わってない?いや、もう決まったでしょう~

さて、「富士スバルライン(※3/5)自走往復ライド」のレポート後編です。
先週の土曜(5/23)にあゆさんの「富士ヒル試走」に同伴させてもらい、自走でスバルライン(の途中まで)行って帰ってきました。

前編では、二度のパンクに見舞われ、牧野〜秋山みちのアップダウンに脚が削られ、すでにヘロヘロになって、ようやく都留にたどり着いたところまで書きました。
20150523_fujimiti.jpg
しかし、都留からスバルラインの入口まで、ここも富士みち(R139)のダラダラ上りが20kmくらい続きます。

この時点で私の中の人がなんかブツブツ言ってます。
「今日の目的は、富士ヒル試走だったっけ?」
「自分では試走って言ってなかったような?」
「そうそうあゆさんの試走に着いてきただけ」
「だよねー、今日は富士山観光だったよね〜」
「せっかく来たのに五合目見なくていいの?」
「うーん、でも五合目って何かあったっけ?」
「なんもないよ、異国人がウヨウヨってだけ」
「なら、五合目じゃなく三合目でもよくね?」
 …
 …
 …
脳内会議は、なんとなく結論が出たみたいですねー

時間は11時過ぎだったでしょうか?
スバルラインの近くまで行っても何もないってことで、道路沿いにうどん屋でもあったら入りましょうか?って
で、あったので入りました。
20150523_udon1.jpg
吉田うどんの「源氏」さんです。

メニューを見ると、安っ!つけうどん大を注文
20150523_udon2.jpg
これで450円。温泉たまごはサービス

いやー、安さにつられてつい大を頼んじゃったけど、さっきおにぎり2個食べたばかりだった、、、
でもまぁ、いただきますよー
吉田うどんはコシがあるってか、麺が極太な上にバリ硬ですから、よーく噛まないといけません。食べるのにエネルギーを使います。
胃袋も限界近くまで膨れましたが、なんとか完食しましたよー

しかし、この「源氏」さん、意外にも有名店?人気店だったのか、我々の後からゾクゾクとお客さんがやってきます。
たまたま入ったけど、当たりだった?ま、安いからねー

食事も終って再スタートですが、お腹も重くなったので、もう完全に上る気が失せてました。
あゆさんに「私は三合目を目標にします」と告げ、富士北麓公園を目指します。
20150523_mt-fuji1.jpg
さらに富士山が近づいてきました。

ちょっと道に迷いつつ、北麓公園まで上りますが、ここまでの上りでもさらに脚が削られ、もぉ限界
本番の受付や駐車場、集合、スタートの話を教えてもらいながらマッタリ走ります。
やっとスバルラインの上り口交差点までやってきました。
20150523_subaru.jpg

いや~ここまで遠かった〜〜
で、料金所に到着
20150523_fuji-subaru.jpg

この時点で12時半でした。
下りてくるのは2時間後くらいかな?っていうことで、あゆさんは、すぐに試走アタック開始

私は、トイレに寄って、一服して、モゾモゾしてから、嫌々スタート
もう最初っからインナー×ロー縛りでユルユル一桁走行です。
ほぼ二年振りのスバルラインですが、その時のイメージ通りでしたね
そう、ダラダラと同じような景色、同じような勾配が続き、バスに抜かれるときの恐怖と排気ガス、、、ネガティブな印象しかない、、、

やたら長く感じる一合目
20150523_1gome.jpg

印象の薄い二合目
20150523_2gome.jpg

ここから三合目までが長く感じました。
12km地点を過ぎて、とりあえず半分は超えました。
で、三合目に到着〜〜
20150523_fuji-3gome.jpg
ここでちょっと休憩したから下ります。

樹海展望台まで下り、ここであゆさんを待ちます。
20150523_jukai.jpg

ここは微かに電波があったので、ツイッターを確認すると、あゆさんは脚を攣りながらも五合目まで上り切り、すぐに下ってくるとのこと
で、合流して一緒にダウンヒル。
ダぁ〜〜っと下って、R138から富士みちに入り、来た道を戻ります。

富士吉田のセブンで休憩
20150523_cafe2.jpg
コーヒーとはちみつパンを補給。

さて、ここからは大月までずっと下りです。
いやー、下り最高〜っ!
でも、路面が悪くて手が痺れます。

あっという間に大月まできたら、R20に入って東京を目指します。
大月からのR20は、しばらく下りですが、上野原にいやらしい上りがあります。
もう、少しの上りでも脚が動きません。ヒぃヒぃ言いながら上ります。
藤野を抜けて相模湖までやってきました。セブンで休憩。
20150523_cola.jpg
ここで赤コーラ投入。美味いっ!

ここまで帰ってきたらあと少しって気がします。50kmくらいですかね
もうホントーに上りたくないので、大垂水峠は回避し、相模湖から津久井に抜けます。
そして、津久井からR413で橋本を抜け、野猿街道で聖蹟桜ヶ丘、関戸橋を渡って府中街道を北上
20時過ぎに集合場所の所沢セブンに帰着。
20150523_kaisan.jpg

いやー、長かったしキツかった〜っ!

ここで、あゆさんとお別れです。
厳しいライドでしたが、とても走り応えのある充実したライドでした。
ご一緒させていただき、ありがとうございましたー

で、少し走って20時半に帰宅、16時間の旅でした。

この日の走行ルート
20150523_root.jpg

この日(2015.05.23)の走行記録(再掲)
走行距離:247.53km
走行時間:11時間09分
平均速度:22.1km/h
最高速度:62.8km/h
獲得標高:3370m(ルートラボより)

以上、富士ヒル試走改め「富士山観光自走往復ライド」のレポートでした。
往路で脚が終わって心も折れ、三合目まででお茶を濁すという、なんともヘタレ全開のライドになりましたが、それでも十分な満足感を得ることができましたよ。

べ、別に五合目なんか興味ないんだからねっ

コンタドールを見習って富士ヒル本番までにもう少し心を鍛えておきます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

富士山:試走?いいえ観光です(前編)

こんばんわー
ジロは最終週に入りましたねー
もうほとんどコンタドールの優勝は動かないかな?
ダブルツールの1つ目は獲れそうですねー

しかし、今日のモルティローロは凄いですねー
距離11.8kmで平均10.8%、最大18%て、、、アザミとほぼ同じです。
いやー、楽しみ〜〜

さて、先週の土曜(5/23)に行ってきた「富士スバルライン(※3/5)自走往復ライド」のレポートです。
スバルライン自走往復は、一昨年の7月にやってます(こちら)。昨年は、あざみライン自走往復でした(こちら)。

しかし、今回のライドは一昨年、昨年のものとはちょっと趣旨が違ってます。
そう、今年は6/14に開催される「Mt.富士ヒルクライム」(富士ヒル)にエントリーしちゃってるんです。
だから、気合を入れて試走!、、、てわけではありません。

遡ること一週間、あゆさんのツイート
「土曜日、富士ヒルの試走に行こうかな。天気次第ですが」
これに対して私は「自走ですか?」
あゆさん「そのつもりですが」
私「むむっ、考えておきます」
あ「ご一緒できるなら100人力です!」


って流れがあり、その後、具体的な話になっていきました。
プチデビルさんも会話に入ってたはずですが、当日は何故か奥武蔵へ)

つまり今回のライドはあくまでも「富士ヒルの試走に行くあゆさんの付き添いで富士山まで行って帰ってくる」というのが私のスタンスです。

なので、夏の恒例「富士山自走往復ライド」ではないし、ましてや私の「富士ヒル試走」ではない、ということを最初に断っておきたいと思います。

っと、またもや前置き(言い訳)が長くなってしまいました。
では、当日の様子を振り返っていきます。

所沢のセブンに5時集合ってことで、4時起床の4時半出発。
あ、前日にセクター号のセッティング、てかポジションを少し変えました。
20150523_secteur.jpg
サドルを1cmほど前に出しました。

いや、なんとなくなんですが、脚の付け根やケツ筋が痛くなるのは、サドルが後ろすぎだからじゃないか?って思ったんです。
あと、ヒルクラだとサドルの前後に座り替えたくなるんだけど、前乗りがしにくかったのもありました。
で、サドルを前に出してみました。

タイヤは、前週のハルヒルでパンクしたS-WORKS TURBO
リム打ちパンク(だと思ってた)で穴の開いたチューブを交換したので、もう大丈夫(だと思ってた)

話を戻して
出発から15分もかからずセブンに到着して朝食
20150523_cafe1.jpg
コーヒーとウインナーパン、あんパンを補給。

食べているところにあゆさん到着。
20150523_shugo.jpg

往路のルートを打ち合わせて出発です。
アシストの私が先導して先ずは多摩湖の新堤防
20150523_tamako.jpg
おぉっこれから向かう富士山が見えてますよー

青梅街道を少し走ってからT59に左折し、一路南下して八王子を目指します。
このT59は、道幅が広く路面も綺麗で良いんですが、信号が多い、ってか図ったように赤信号に捕まります。
ま、先は長いから、そんなに急いでもしょーがないのでマッタリいきます。

北八王子からR20に入って西進し、高尾手前で町田街道に左折します。
ちょっとした山を越えて相原に入った辺りで、なんか後輪に違和感。
グリップがなくなったようなウニウニした感じが伝わってきます。

信号待ちで確認すると、ヤワヤワになっとる。
スローパンクです(だと思ってた)。

すぐ先のローソンに入って修理です。
20150523_pank1.jpg
チューブの穴が分からないのと、ゆっくりエアが抜けたので、バルブ周りかな?
ってことでチューブを換えて、もう大丈夫(だと思ってた)

修理を終えて、カフェオレ補給したら、再スタート
K48から川尻でR413に入り、津久井湖脇を通って三ヶ木の交差点
左折したら道志みち方面ですが、この日は直進して相模湖方面へ
プレジャーフォレスト前を左折して山に入っていきます。

ここからは牧野のアップダウンです。キツいですねー、脚が削られます。
K76にぶつかったところで間違えて左折し、奥相模湖方面に行っちゃいました。
さらにそこで、またリアタイヤに違和感、、、再度のパンクです、、、

なんで?これはさすがにおかしい
ってことで、タイヤをホイールから外して細かくチェックしてみます。
っと、↓こんなものが
20150523_pank2.jpg
ものすごく細い針金?電線?先が少しだけ内側に飛び出してました。
長さは5mmくらいで、コンパウンドに真っ直ぐ刺さってて、表面側から見ても全く見つけられませんでした。

こいつが原因だったのかぁ〜〜
これ多分、ハルヒルのときに刺さったんだと思います。
そのときパンクしたチューブにも小さい傷がありましたから
実は元々リム打ちじゃなくて、こいつが全ての元凶だったみたいです。

で、元凶を取り除き、最後のチューブに入れ替えて修理終了。
あゆさん、時間を無駄にしてしまってスミマセンでしたー

で、再スタートして少し戻ってルートに復帰。秋山みちに入ります。
この秋山みち(K517〜K35)もアップダウンの連続です。
逆は下り基調のジェットコースターみたいで楽しいアップダウンなんですが、こちらから行くときは上り基調でキツいですねー

何度も出てくる上りにウンザリしながら、ようやっと雛鶴トンネルに到着。
20150523_hinaduru.jpg

トンネルを抜けて快適ダウンヒル〜〜
っと思ったら、あゆさんがショートカットコースを行きましょう、少し上るけど、と
えぇ、少しでしたよ。勾配がキツかったですけどねー

そんあこんなで、なんとか富士みち(R139)までやってきました。
セーブオンで休憩。
20150523_realgold.jpg
リアルゴールドとおにぎり2個でエネルギーチャージ

あとは、富士山に向かって真っ直ぐ一本道です。
20150523_fujimiti.jpg
前方に大きく富士山が見えるとテンション上がります。

が、この富士みちは、富士山に向かって真っ直ぐ上りです、、、
いやー、キツいキツいっ!
もはや脚が終了のシグナルを送ってきてますよー

っと、ジロの放送がモルティローロ手前で面白い展開になってきてます。
なので、今日はここまで
続きはまた書きますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報?:富士ヒル試走は試走前に脚終了〜

こんにちわー
昨日は行ってきました。自走で富士山往復
帰宅後、シャワー浴びてビール飲んでジロの録画を観始めた途端に寝落ち
うーん、ボロボロのボロ雑巾のようになってました。

翌日になってしまいましたが、とりあえず速報です。

昨日は、あゆさんの「富士ヒル試走」に便乗させてもらい、一緒に富士山まで自走することにしました。
いや、私は「富士ヒル試走」ではありません。あくまでも富士山観光です。

昨日は、4時に起き、4時半に出発し、5時に所沢セブンに集合。
八王子から津久井湖を経由して、相模湖手前から牧野のアップダウンを越えて、秋山みちで都留を目指します。

が、この間に私のリアタイヤが二度のパンク、、、
先週のハルヒルでパンクしてから、二週連続3回のパンクですよ、、、
でも、パンクの原因が判明し、その後は大丈夫でした。
あゆさん、時間を取らせてしまって申し訳なかったですー

で、都留から富士みち(R139)を上って富士吉田
その後、北麓公園まで上って、富士スバルラインの料金所
20150523_fuji-subaru.jpg
試走スタートのあゆさんをお見送り〜

私は休憩してからマッタリとスタート
もうね、ここに来るまでの上りとアップダウンで脚が完全終了でしたよ

とりあえず三合目を目標に上り始めますが、脚が痛い痛い
先週痛めた付け根がダメな感じで踏めません。踏んだら根元から千切れます。
さらに、往路の100kmですでにケツが限界。爆発しそうです。

平均速度10km/h以下でユルユル上って、三合目に到着〜〜
20150523_fuji-3gome.jpg
料金所から1時間15分くらいかかりました。

そこから少し下って樹海展望台であゆさんを待ち、合流して帰路に着きます。
もう1mmも上りたくないってことで、大月経由のR20を選択。

しかし、途中のちょっとしたアップダウンがキツいキツい〜っ!
大垂水峠も回避し津久井経由で橋本から野猿街道で帰ってきました。
朝のセブンに20時過ぎに到着。

あゆさん、ご一緒させてもらってありがとうございましたー

帰宅が20時半、16時間の旅でした。

昨日の走行ルート
20150523_root.jpg

昨日(2015.05.23)の走行記録
走行距離:247.53km
走行時間:11時間09分
平均速度:22.1km/h
最高速度:62.8km/h
獲得標高:3370m(ルートラボより)

以上、富士ヒル試走富士山観光の走行記録でした〜
いやー、ホントにキツかったです。往路の牧野〜秋山みちで脚が削られまくりでした。
スバルライン自体は三合目まで750mくらいしか上ってないのに、獲得標高が3300mですから、途中の行程がいかに厳しかったか、ということが分かります。

でも、スバルラインの前半部分のダラダラ加減を再確認できたので、それだけでも意味はあったと思います。
だって、富士ヒルのような長いヒルクラだと、全体の作戦なんて立てようがないから、序盤の入り方だけ考えておくくらいしかできませんからねー
もう富士ヒルは三週間後に迫ってきてますから、本番に向けてイメージを作っていければと思います。

詳しい走行レポートは追ってアップしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

厳しい:2度目のハルヒル参戦記(反省編)

こんばんわー
明日は、あゆさんと富士ヒルの試走に行ってきます。
4時半出発で自走往復の予定です。

さて、先週の日曜(5/17)に参加した「第3回榛名山ヒルクライムレースin高崎」の参戦記、最後は「反省編」です。
今回は、sepaさん、へりおさん、gonさん24WEさんと現地で一緒になり、あと会うことはできませんでしたが、Urさん、ぽっぽさん、mokko-manさんも参加されてました。

前記事「レース編」では、ヘロヘロになってゴールしたところまで書きました。

その後、榛名湖まで下って荷物受け取りの列に並びましたが、考えたら俺荷物預けてないや、ってことで下山待機所へ
20150517_harunafuji.jpg

そこでgonさんと会って下山待ちの列に自転車を並べます。
すぐにsepaさん、へりおさん、24WEさんとも会えて、同じ列に並ぶことができました。

お互いにレース結果を報告し合いながら、出店を巡回し、先ずはサービスのキュウリの浅漬で塩分補給。
次は、ゼッケンの金券でコーヒーとホットドッグを補給。
20150517_hotdog.jpg

あと、サービスのお米や野菜ジュースをもらって、もうバックポケットは一杯。リュックも何もないからねー
しょーがないので、ジャージのお腹にウィンブレを入れたりして、なんかダサい、、、
やはり、下山用荷物は預けたほうが良いですね

で、9時半くらいになって(って、まだ9時半!)、そろそろ下山準備をってことで列に戻って、第2班として道路に並びました。
20150517_gezan.jpg

しかし、ここからが長かった、、、
レース終了時間の10時を過ぎても一向に下山が開始されません。
この間ずっと道路に立ったまま待たされ、さらに強い日射しで首筋がジリジリ焼かれます。気温もうなぎのぼりで、山頂でも30℃を超えてたんじゃないですかね?

ま、寒いよりかははるかにマシですが、もうちょっとなんとかならないものか?と
今年は参加者が6000人を超えたことで、最後の方にスタートした人達のゴール時間も押して、タイムオーバーの人の回収に手間取ったとか?そんな理由もあるのかな?

道路規制の時間との兼ね合いもあり、ハルヒルの場合、6000人ってのは限界なんですかね〜?
かといって、今よりも朝の進行時間を早めるのは勘弁です。今でも最も朝が早いイベントですからねー

てなことを考えていたら、10時半近くになってようやく列が動き始めました。
集団でマッタリ下山します。
沿道ではスタッフの皆さんや近隣住民の方々が声を掛けてくれます。こちらも会釈したり挨拶したり手を振ったりしながら下ります。

でも、今年は昨年に比べて道路脇に出てきてくれた方の数が明らかに減りましたねー
いや、だからどうって言うつもりはありませんし、わざわざ暑い中を出てきて「お疲れさまぁ〜」って手を振っていただけることは、無条件に感謝の気持ちしかないんですよ。

でも、減ったな、と、、、
うん、それだけです。

で、榛名中学に着いて体育館で完走証を受け取り(その時の話は前の記事で書きました)、出店でお土産(かりんとう饅頭)などを買って、駐車場に戻ろうとしてパンク。

24WEさんに迎えに来てもらうのに、K29を高崎方面に向かって自転車を押し歩きましたが、暑いし足が痛いしシンドイしで、すぐのセブンに退避。
20150517_cafe.jpg
カフェオレを飲みながら肩や脚の日光浴をしてました。
それでも日焼けのコントラストは酷いですけどねー

で、24WEさんの車で駐車場まで送ってもらい、ちゃっちゃと片付けて、朝のローソンへ
そこでgonさんと合流し、3台で途中のファミレスを探しながら藤岡IC方面に向かい、ICすぐそばのcoco'sにイン
20150517_cocos.jpg
私はダブルビーフステーキなんちゃらセットを食べました。

レースを振り返ったり今後の予定(富士ヒルや夏至の日ライド)を打ち合わせたり、ひとしきりご歓談の後、解散となりました。

で、3人とも関越道に乗り東京方面へ
途中、東松山で少し事故渋滞はありましたが、まだ時間が早かったこともあり、比較的スムーズに走ることができ、16時前に所沢ICを降りました。

その後、コンビニで自分へのご褒美を買って、16時半に帰宅。深夜2時半に出発してから帰宅まで14時間の旅でした。
20150517_beer.jpg

この日現地でご一緒したsepaさん、へりおさん、24WEさん、gonさん、お会いできなかったですがUr君、ぽっぽさん、mokko-manさん、お疲れさまでした&ありがとうございましたーっ!
他の参加者の皆さんも(約一名を除く)お疲れ様でした。
スタッフ&地元の皆様、関係各位、お世話になりました&ありがとうございましたーっ!

てことで、参戦記は終わりですが、反省を書き残しておかないといけません。
・事前準備
これはもう全く準備ができてませんでした。
春先から追い込んだヒルクラをやっておかないと上れませんね。
ただ、言い訳ですが、今年は2月にシクロクロスのレースでアバラポッキーをやっちゃったのもあって、山に行く機会が少なかったという事情もありました。

・体力面
高強度の走りはやはり苦手です。
これは練習するしかないんですが、なかなか強度を上げた走りは難しいです。
ただ、今回は反省したので、翌月曜からスクワットを始めてますよー
富士ヒルまでに少しでも成果が出れば嬉しいんですけどねー

・装備
今回は下り用荷物を預けなかったのは完全に失敗。スミマセン、舐めてました。
防寒用のウェア類は必要なくても、万一のパンクには備えておかないといけません。
ヒルクラ中だったら回収車で頂上まで運んでもらえますが、下山中にもパンクの可能性があるので、荷物にパンク補修装備を入れておかないといけません。

・補給
スタート前までに摂った補給は十分だったと思います。
ただ、そのカロリーを使い切るほどの走りができなかっただけで、、、
1時間程度のレースなら走行中の補給食はなくても大丈夫ですね

・全般
事前準備が不十分だったのとも関連しますが、あまりモチベーションが上がってませんでした。
走り出せば上がるかと思ったんですが、体力、気力がイマイチな感じのまま終わっちゃいました。
もてぎと同じような反省ですが、やはり自ら気合いを高めてレースに臨むようにしないと、せっかく安くない参加費を払って出るんですからモッタイナイですよねー

以上、「第3回榛名山ヒルクライムレースin高崎」の参戦記の三部作でした。
来年の大会をどうするかは全く未定です。
とにかく今回の反省を生かして、富士ヒルでは悔いのない走りができるよう、あと3週間がんばりますっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

厳しい:2度目のハルヒル参戦記(レース編)

こんばんわー
毎日々々眠いですねー
昨日のジロも激寝落ち、、、疲れ?がなかなか抜けません

さて、「第3回榛名山ヒルクライムレースin高崎」の参戦記「レース編」です。
待機場所でsepaさん、へりおさん、gonさん24WEさんとダラぁ〜っと談笑した後、ゆっくりゆっくりスタート地点に移動し、いよいよスタートです。

20150517_start2.jpg
スタート地点で写真を撮る私(sepaさんのブログから拝借)

地元小学生のスタート合図とともにゆっくりスタート
バス停前の計測開始地点でサイコンのラップボタンを押して、1時間の苦行が始りました。

今回の作戦は、、、ありません。
途中の通過時間なんかも全く設定してません。

とにかく「行けるところまで行くだけ」です。
って、もてぎもそんな感じでスタートし、その後、地獄を見たわけですが、、、

で、序盤の緩斜面をそれなりのスピードで走り、適度なペースの人に着いていきます。
が、やはりアップなしでいきなり走り始めたため、心肺が跳ね上がりすぐに苦しくなってきました。

ま、アップ代わりに一度上げてから落ち着かせれば、中盤には復活するだろう、という期待があったんです。
また、序盤から守りの走りをしてしまうと、タイム的に厳しくなるので、少々オーバーペースでも構わない、と思ってました。

しかし、あまりにも苦しいのと、脚にも乳酸が溜まってきた感じがしたので、様子を見るために少しペースを落としました。
が、落としても苦しさは変わらず、脚もどんどん回らなくなってきます。

うーん、これはアカンやつです。

まだ3〜4kmくらいしかきてないのに脚がタレてきました。
周りに抜かれ始め、sepaさんにも抜かれましたが、全く着くことができず、ただただ見送ることしかできませんでした。

初心者ゴールを通過するときにはマヂでリタイヤを考えました。
もう緩斜面だろうが平坦だろうが、踏んでいけません。
林間区間の急斜面では、インナー×ローで耐えることしかできません。

いやー、もはや屍の走りでしたねー

止まらないようにただ脚を回してるだけです。
びくやの時点で時間を見ましたが、昨年より遅い?いや、昨年の通過タイムが思い出せない。
榛名神社を過ぎるときにも見てみたら、残り3kmを平均10km/h以上で走らないと1時間を切れない、という計算はできた。

1時間切りは絶望的になりました。
あとはもう完走することだけが目標です。
早く終ってくれーってだけの苦痛の時間でした。

で、ラストスパートもゴールスプリントもなくヨロヨロでゴール

計測終了地点でラップボタンを押し、脚を止めた瞬間、右脚の付け根に激痛っ!
しばらく痛みで脚が動かせません。そのまま惰性で下っていくしかありません。
いやー、こんな痛みは初めてです。上ってる間は感じなかったんですが、止めたことで筋か筋肉が固まっちゃったんですかねー

ヘロヘロで、ゴールゲートを通過
20150517_goal.jpg

レースが終了しました。
公式記録は、1時間02分41秒でした。
昨年の記録よりも1分06秒遅かったです。

以上、ハルヒル参戦記のレース編でした。
今年の走りは全く良いところがないまま終わっちゃいましたねー
いやもう、現在の私の実力が白日の下に晒された、といったところでしょうか?
脚、心肺、持久力、精神力、、、なにもかもが足りなかったということですね。

やはり、何も準備せずに良い記録が出るほどヒルクライムは甘くありませんね
ちゃんと上って追い込んで準備してきた人じゃないと結果は出せない、てことです。
それを実感することができました。

もう「精進します」としか言うことはありません。

以上を踏まえて、次は「反省編」を書くつもりです。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

厳しい:2度目のハルヒル参戦記(集合編)

こんばんわー
前記事には多くの方にご訪問いただき、たくさんの拍手とコメントも頂戴しました。
感謝いたします。誠にありがとうございます。
ただ、宣言通り、今週中には削除しますので、よろしくお願いします。

さて、日曜(5/17)に行ってきた「第3回榛名山ヒルクライムレースin高崎」(ハルヒル)の参戦記です。
ハルヒルに参加するのは、昨年に続いて2回目です。昨年の様子は、こちら
あ、ヒルクライムレース自体もこれまで昨年のハルヒルしか出たことがないので2回目です。

いやー、ヒルクラレースのようにガツんっと強度を上げないといけない走り方って苦手なので、あまり積極的に参加しようと思わないんですよねー(←早くも言い訳モード)
基本的にシンドイのは嫌いなんで〜〜

でも昨年初めて参加してみて、ハルヒルは地元の人達に支えられた手作り感のある大会だと感じ、これだったらもう一度出てもいいかな?って思ってました。

あと、昨年のタイムが61分半で、1時間切りまであと1分半ちょい、やはり1時間を切っておきたい、というのが今回の参加理由でした。
1時間切りさえできれば、もう二度とこんなシンドイレースに出なくて済む、という裏の理由の方がメインでしたけどねー

じゃぁ1分半を短縮するために何かやったのか?というと、トレーニング的なことは皆無ですっ!えぇ、な〜んもやってません。
しかも今年は昨年までと比べて4月までの山岳系ライドが極端に少なく、当然、獲得標高も昨年比で2/3くらいと低調です。
また、峠TTのような高強度な上りもほとんどやってませんでしたねー

以上のように、今回のハルヒルに向けて、身体的には完全に準備不足だった。要は、上ってなかったということです。(←言い訳その2)

っと、ひととおり言い訳が終わったところで、当日の様子を振り返っていきます。
今年も前日受付はsepaさんにお願いしたので(sepaさん、ありがとー)、昨年と同じ時間、同じ場所でブツの受け渡しです。

朝、じゃなくて深夜2時に起床し、2時半に出発。
所沢ICから関越道に乗って一路グンマーを目指します。
ウチからちょうど1時間で本庄児玉を通過したら、藤岡手前の上里SAで朝食休憩。4時前に藤岡ICを降り、R17で高崎、K29で下室田方面へ

で、4:10に待ち合わせ場所のローソン到着。
とりあえず軽量化とトイレに並んでるとsepaさん入店。
軽量化後に出ていくとgonさんも到着していました。

20150517_shugo.jpg
ブツを受け取りました。

ここでは5個入りミニあんパンを買って3個補給。
では会場でーってことで、各自の駐車場に向かいます。
20150517_haruna.jpg
途中の橋から見た榛名山

20150517_park.jpg
なんちゃら小学校の駐車場に到着

準備をしますが、ここで、頂上行きの荷物をどうするか迷いました。
この日は気温が上がりそうだったので、下り用のウェア類や防寒装備は何も持ってきていません。荷物に入れるとしても、ペラっペラのウィンブレ1枚だけ

あとは、パンクした時のための補修装備一式は車に積んで持ってきてました。
が、まぁ大丈夫なんじゃね?ってことで荷物なしに決めました。
この決定が仇となるとは考えませんでした、、、

で、補給食や財布、スマホなどをバックポケットに詰め込み、ウィンブレを羽織って出発です。
K29に出てすぐにあったセーブオンで2回目の軽量化を済ませ、メイン会場に向かい、5時半頃に到着。

で、荷物預けもないので、そのまま待機場所のグランドに行って自転車を並べました。
20150517_taiki1.jpg

でも、後で考えたんですが、なにもこんな早くに待機場所に行く必要なんてなかったんですよね
昨年は荷物を預けてから、30〜40分その辺を走り回ってアップしたのに、今年は全くアップしませんでした。
これはちょっと反省ってか後悔ですね。アップすればよかった

20150517_taiki2.jpg
待機場所でsepaさん、へりおさん、gonさん、24WEさんと合流し、ウダウダと時間を潰しました。
ここで、VAAMゼリーとシリアルを補給。

6時20分になって、最初のグループから移動開始です。
しばらくして私達のグループも移動です。
20150517_idou1.jpg

少し移動して待っているところで、最初のグループがスタートした模様。
その後、K29に出てスタート地点まで移動。
20150517_idou2.jpg

スタート地点の手前で最後のゼリーを補給しました。
そして、スタート地点に並んで、いよいよスタートです。
20150517_start.jpg

レースの模様は、次回「レース編」で書きたいと思います。
またよろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:ハルヒルは目標未達、、さらにパンクぅ

こんばんわー
今日は、ハルヒルに行ってきましたよー
いやー、暑かったです。日焼けしまくりましたー

今日の詳しいレポートは追ってアップしますが、とりあえず速報だけ
20150517_start.jpg

レースは完走しました。
しかし、タイムは、昨年よりも1分以上遅い1時間02分41秒でした。
うーん、キツかったですねー
脚も心肺も序盤で使い切った感じで身体が重くて重くてヘロヘロになりました。

ま、それが今の実力ですからしょーがないですねー
やはり練習もせずにタイムが上がるほど簡単なもんじゃないってことです。
顔を洗って出直します。

で、ゴール後に下山し、完走証をもらったり露店で買い物したりしてから、駐車場まで戻ろうとしたときです。
自転車に乗って走り出そうとして、リアタイヤがコンクリートの段差に嫌な乗り方をしたなーっと思った直後、リアがガタゴト、、、パンクです。
20150517_pank.jpg

替えチューブも工具も携帯ポンプも何も持ってません、、、オワタ
駐車場は、メイン会場から最も遠い場所で、5km弱あります、、、
どうしょーもないので、ツイッターで24WEさんに助けを求めました。
24WEさんの車で迎えに来てもらい、私の駐車場まで送ってもらいました。

いやー、助かりました。24WEさん、ありがとうございました。

その後、24WEさん、gonさんと藤岡のcoco'sで昼食を食べてから帰ってきました。
午前2時半に出発してから16時半に帰宅するまで、14時間の旅でした。

今日の走行ルート
20150517_root.jpg

本日(2015.05.17)の走行記録
走行距離:41.36km
走行時間:2時間42分
平均速度:15.2km/h
最高速度:48.1km/h
獲得標高:1040m(ルートラボより)

以上、ハルヒルの速報でした。

帰宅後すぐにタイヤのチェックです。
タイヤには傷は見当たりません。
チューブを見ると、リム打ちパンクでしたねー
20150517_tube.jpg
でもちょっと変なリム打ちだな

で、チューブを換えました。
20150517_tire.jpg
BS EXTENZA(中古)にしました。

24WEさんに言われました
「スペシャのタイヤと相性悪いんじゃない?」て
そう、確かにパンク率が高すぎます。
前回のTURBO PROが2回目のライド、今回のS-WORKS TURBOが1回目(シェイクダウン)でのパンクですからねぇ、、、

ただ、今回はサイドカットじゃないので、まだまだ使えますよー
少なくとも来月の富士ヒルまでは持ってもらわないと困ります。
次は、ちゃんと補修セットを荷物に入れて預けることにします(反省)。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

軽量化:ハルヒル前日の最終手段は、、、

こんにちわー
今朝は雨でしたねぇ、、、
昨日の予報では午後の方が降水確率が高かったので、朝の早い時間なら大丈夫かな?と、走りに行こうと思ってたんですが、5時に雨の音で起こされて、コリぁダメだ、、と

今日は、先日換えた新タイヤの慣らしを兼ねて調整走に行きたかったんですが、結局ノーライド
明日のハルヒルは、ぶっつけ本番で新タイヤを使うことになってしまいました。
少し不安ですが、しょーがないですねぇ

20150516_secteur.jpg
決戦用タイヤS-WORKS TURBOに換えたセクター号

あ、そうそう、前回記事「決戦用:軽さは正義?!初S-WORKS投入」ですが、なんか多くの皆さんに見に来ていただけたようで、どうもありがとうございました。
やはり「決戦用」とか「軽さ」とか「S-WORKS」とかの言葉や、パーツ交換系の記事だと注目度が上がるんですね〜

いや、内容的には大したことを書いてないのに、なんかスミマセン
決してタイトルで釣ってやろうなんてことを考えていたわけではありませんので、内容が伴ってないからといって怒らないで下さいね

で、今日はちょっと釣りです。
正直に言って、二匹目のドジョウを狙いました。

いや、明日のハルヒル対策として、残るは自身の減量だということで、一週間ほどプチカーボアウトをしたんですが、昨日時点で体重が全く減ってないという事態、、、
今朝、体重を量ってみたら、基準値+1.85kgとか、、、

先月末が基準値+2.75kgだったから、1kg弱は減ってるんだけど、目標は基準値±0くらいまで減らすことでした。
うーん、これはイカンっ!てことで、最終手段に打って出ました。

最終手段、、、それは散髪です。

午前中に行ってきました。
いつものように「短めに」とだけオーダー

で、帰ってきてすぐに体重測定した結果が以下

体重:基準値+1.60kg
体脂肪率:12.3%
内臓脂肪:7.0
筋肉量 :59.55kg
基礎代謝:1733kcal
体内年齢:33才

おおっ、散髪で150gも減りましたよーっ!って、ホントかなぁ〜?
ま、数字として出たんで、減ったということにしておきましょう〜

それよりビックリしたのが体脂肪率。これが激減してますよー
先月末が15.9%だったので、3.6ポイントも減りましたっ!
それと逆に筋肉量と基礎代謝が増えてます。これらの値は、体脂肪から計算してるんでしょうから当然ですが、数字として示されると嬉しいですねー

てことで、最終手段まで使っても体重はたいして減りませんでした。
でも、それは筋肉が増えたからだ、と思うことにしようと思いますー
なので、明日はきっと頑張れるはずです。
自分を信じて思いっきり上ってこようと思いますーっ!!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

決戦用:軽さは正義?!初S-WORKS投入

こんばんわー
ジロが面白いですねーっ!
まだ4日目で総合が結構動きました。
っと言いつつ、昨日はカリフォルニアの録画を観ながら寝落ちし、次にジロのLIVEを観ながらまた寝落ち、、、最後の10kmくらいを観ることができただけですけどねー

さて、ハルヒルが今週末の日曜(5/17)に迫ってまいりました。
昨年大会に続き2回目の参加です。
昨年は61分台だったので、今年はなんとか1時間切りを達成したいところ

そのためには事前の準備と対策が重要です。
対策その1として、先月(4/12)は試走に行ってきました(こちら)。
試走タイムは67分台で早くもなく遅くもなく、まぁ現状の力が素直に現れた結果だと思っています。

対策その2として、先週日曜にアノ坂を見に行ってきました(こちら)。
激坂に心が折れないようにするため、高山不動の激坂を目に焼き付けてきました。

そして、対策その3が↓こちらです。
20150513_sworks-turbo.jpg
S-WORKS TURBO 700×23C

自身初のS-WORKSです。COMPETITION/SPEEDですから競技用タイヤです。
S-WORKSじゃないTURBO PROは、昨年履いてました(こちら)。
こちらも重量が193gで、十分に軽量タイヤの部類に入ります。ただ、耐久性や耐パンク性は、、、替えて2回目のライド(ブルベ)でサイドカット&リム打ちパンクを喫しました(こちら)。

で、今回のS-WORKSですが、とりあえず重量測定
20150513_sworks1.jpg
188g(公称185g)、確かに軽いです。
広げてみましたが、ホントにペラっペラですねー

では、さっそくタイヤ交換作業です。
これまでのPanaracer RACE A Evo2を外しますよーっと、、、ん?外れない?
あら、チューブが癒着してますねー

そうだった。Panaのタイヤは癒着するんだった、、、
粉をはたかずに装着してました。
しょーがないから、チューブが入ったままタイヤをリムから強引に外し、そのタイヤからチューブを丁寧に剥がしていきます。
なんとか前後ともにチューブを傷つけることなく剥離することができました。

で、新タイヤをホイールに嵌めますが、、、硬い、硬すぎる
片側のビードを嵌めるだけで一苦労です。

これは普通に嵌めるのは無理。
そう判断して、とりあえずチューブを入れずにタイヤだけ嵌めて慣らすことにしました。
が、チューブを入れなくても両ビードを嵌めるのは至難の業、、、
いや、これ、マヂ硬い、、、もう手が限界〜
チューブレスと同じくらいか、むしろチューブレスより硬いんじゃないかなぁ〜

でもまぁ、チューブが入ってないので、タイヤレバーを使って嵌めました。
20150513_sworks2.jpg
その状態で3日ほど放置。

いや、放置したからって、決してタイヤが伸びるわけではなく、3日前と何も変わらないんですけどねー
ただの現実逃避です。

で、さっき、意を決してチューブ入れ作業を行いました。チューブはR'Air
片側のビードを外しますが、やはり硬い。
なんとか片側を外したらチューブを入れて、外したビードを嵌めていきます。

最後の20cmくらいからが本番です。ここで無理をしてはいけません。
無理に嵌めようとすると手にマメができて皮が捲れます。
で、秘密兵器の登場です。
20150513_sworks3.jpg
ラバー付きの作業手袋(by WORKMAN)です。

両手に手袋をして、タイヤとリムをガシっと握って、グリグリ捻り込んでいきます。
やはり素手とは摩擦力が違いますから、ビードがブレーキ面をズリズリ上がっていって、ポコんっと嵌りましたよー
タイヤレバーを使わずに嵌められたので、チューブ破損もありません。

で、エアを7.5Barまで入れて、終了です。
20150513_sworks4.jpg
今回は、ショップの在庫が青しかなかったので、まぁ青で、、、

さてさて、新タイヤS-WORKS TURBOの効果はどうですかねー?
PRO4SCが200gとして、-12gの前後で-24gですから、5秒/gの速度アップを期待するとして、120秒(2分)短縮できれば投入効果があったということにしましょう〜(完全に皮算用)

以上、ハルヒル対策その3のタイヤ軽量化の話でした。
ってか、そんなことより脚を鍛えろっ!て声が聞こえてきそうですが、、、
もう時間がないので、脚はどーしょーもないですねー

で、最後の対策その4は、減量なんですが、、、こっちも厳しそう
今日の時点で減ってない、どころかむしろ増えてます、、、なんで?
とりあえず当日までにできるだけのことはやりたいと思いますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

もてぎ:4年連続5回目、進歩したのか?(まとめ)

こんばんわー
眠いです。
昨日のライドの疲れもありますが、ジロを観てから寝て朝6時起きは辛い。
あと、腹が減ってます。晩ご飯の米を抜くと空腹感が強いですねー
ま、プチカーボアウトですから、2,3日の我慢です。
その分アルコールを摂取してしまうので、意味がないという声もありますがww

さて、今年も参加した「もてぎ7hエンデューロ2015GW」ですが、その参戦記は「集合編」「レース編1」「レース編2」の三部作としてアップしました。

今回は、データを記録しておくのと、反省を含めた備忘を残しておくための「まとめ」です。
■走行データ
前記事「レース編2」でもレースの流れに沿って記載しましたが、レース中の平均速度などをまとめておきます。
・スティント(3周回)ごと
 スティント  走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間  順位
 第1(1-3周)  14.38km 23分49秒 36.2km/h 0:23:50 142
 第2(4-6周)  14.12km 23分10秒 36.6km/h 0:47:14 142
 第3(7-9周)  14.25km 23分12秒 36.9km/h 1:10:23 133
 第4(10-12周) 14.24km 24分18秒 35.2km/h 1:34:43 139
 第5(13-15周) 14.39km 25分30秒 33.9km/h 2:00:00 139
 第6(16-18周) 14.09km 27分06秒 31.2km/h 2:27:20 141
 第7(19-21周) 14.20km 28分01秒 30.4km/h 2:55:23 152
 第8(22-24周) 14.26km 26分21秒 32.5km/h 3:21:44 146
 第9(25-27周) 14.24km 25分37秒 33.4km/h 3:47:22 143
 第10(28-29周) 9.47km 18分20秒 31.0km/h 4:05:43 149

・レース全体(サイコン計測)
 周回数  走行距離  走行時間  平均速度  最高速度
 29周回 137.64km 4時間05分 33.65km/h 60.4km/h

・公式記録リザルト
 周回  タイム   平均速度   順位
 29  4:05:43.904 33.98km/h 149/592(25.2%)

■過去の大会
・2012GW
 周回  タイム   平均速度   順位
 24 4:04:11.917 28.30km/h 140/255(54.9%)

・2013GW
 スティント  平均速度
 第1(1-3周)  31.7km/h
 第2(4-6周)  32.8km/h
 第3(7-9周)  32.9km/h
 第4(10-12周) 32.6km/h
 第5(13-15周) 32.2km/h
 第6(16-18周) 31.2km/h
 第7(19-21周) 30.6km/h
 第8(22-24周) 29.7km/h
 第9(25-27周) 31.2km/h
 公式記録リザルト
 周回  タイム   平均速度   順位
 27  4:04:47.785 31.76km/h 192/496(38.7%)

・2013秋
 スティント  平均速度
 第1(1-4周)  33.1km/h
 第2(5-8周)  35.3km/h
 第3(9-12周)  35.0km/h
 第4(13-16周) 34.1km/h
 第5(17-20周) 33.1km/h
 第6(21-24周) 30.9km/h
 第7(25-28周) 28.7km/h
 トータル
 周回  タイム  平均速度
 28周 4時間4分 32.98km/h

・2014GW(※オーバル込み)
 スティント  平均速度
 第1(1-5周)  35.6km/h
 第2(6-9周)  33.8km/h
 第3(10-14周) 31.1km/h
 第4(15-18周) 31.6km/h
 第5(19-20周) 29.6km/h
 トータル
 周回  タイム  平均速度
 20周 4時間12分 32.58km/h

■機材、装備
・機材:セクター号
セクター号は、昨年秋にコンポとホイールを換装したので、今回大会から仕様が異なっています。

主な違いは、クランク(チェーンリング)とホイールでしょうか?
昨年までは、コンパクトクランク(50×34)でしたが、現105(5800)は、52×36です。
20141006_fc-5800-1.jpg

インナーは使わないので、アウターが50から52に2T大きくなっただけですが、この2Tの差は結構ありました。
ヘアピンからの下りで踏んでいってファーストアンダーブリッジ手前までの速度の伸びが違いましたねー
今回は、60km/h超の最高速度を記録しましたし、昨年までより楽にスピードに乗ることができた気がします。

ホイールの方は、昨年までのWH6700からTOKENのC22A-TBTに換えたことで、軽量化が図られています。
TOKEN-C22A.jpg
その恩恵かどうかは分かりませんが、今回はダウンヒルストレートの上りが比較的楽に上れました。
あと、セラミックベアリングによる転がりの良さなのか?剛性の柔らかさなのか?その辺は全く分かりませんが、4時間の長丁場では脚の疲れ方が違っていたかも知れませんねー

・装備
装備的には、これまでと変わらず、サイコンでラップを測るだけです。
それ以外の装備は何も付けてません。

あ、スマホのSTRAVAでログを取りました。その話を忘れてました。
ゴール直後に計測を止めてデータをアップしようとしたんですが、ウンともスンともいわなくなって、アップロードエラーになりました。
何度かリトライしてもダメでしたね。

同時に多くの人がアップロードしようとしたことでサーバの処理が滞ったんですかね?
で、いろいろやってるうちにリセットされてデータが消えてしまった?
ま、別にいいや、と諦めて忘れていたんですが、2,3日後に見たらちゃんと保存されてました。
20150505_strv-result.jpg

あと、装備ってか、ウェアは、いつものコスプレジャージです。
このジャージは、イベント用ですから、年に2回くらいしか着用しません。
20150505_shuugo.jpg
サクソバンク時代のカンチェ2010スイスチャンピオンジャージ(のなんちゃってレプリカです)

■体調、補給など
・体調
脚はフレッシュでした。身体も特に問題なし。
前回までは、前日に結構走ったりしてたんですが、今回、前日は30km弱の調整走にとどめました。
それがよかったのかどうかは分かりませんが、レースでは2時間までタレなかったので、結果としては良かったのかな?

・補給
こちらは少し課題が残ったかもしれません。
レース前にはちゃんと補給したんですが、レース中の補給が少なすぎたかな?
ポケットのゼリー2個だけだったんですが、エネルギー切れっぽかったです。

一方、水分としては、500mlのボトル2本で足りました。
ま、今回は3時間まで曇りだったので助かりましたね。ラスト1時間のような暑さが4時間続いていたら、1Lじゃ全く足りなかったでしょうねー
この辺は、次回への課題として書き記しておきます。

■まとめ
以上、今年のもてぎエンデューロを振り返ってみました。
結果の数値的なものは、過去の大会を上回り、上出来だったと思います。
前半2時間を列車に着いていけたのが大きかったですねー
あと、タレた後に復活できたのも自分としては嬉しかったです。

でも、だからといって、私の走力が上がったのか?進歩したのか?というと、、、それはよく分かりません。
いや、少しは進歩してるとは思います。そう思いたい。
うん、前回までは2時間も列車に乗っていられなかったですからねー

ただ、今回の最大の反省は、事前のモチベーションの低さです。
やはり、事前にレースプランを立てて、気合いを入れて本番に臨まないと、十分に楽しめないような気がします。
せっかく高い参加費を払って出場するんだから、前後も含めて楽しまないとモッタイナイですよねー
これは次回に生かしたいと思います。

ええ、もてぎエンデューロは、私にとってベンチマークとして位置付けた大会ですから、自分の進歩を測るためにも、これからも参加し続けますよーっ!
(たとえ、またボッチ参加になったとしてもね)

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

激坂:ハルヒル対策で奥武蔵のアノ坂に行ってきた

こんばんわー
今日は良い天気でしたねー
走りに行ってきましたよー
陽射しが強くて暑かったです。
でも午後からは風が強くなって大変でした。

さて、前記事までの「もてぎ7hエンデューロ2015GW」のレポートですが、まとめ記事をアップしようと思っているんですが、先に今日の走行レポートを書きたいと思います。

今朝は5時過ぎに起き、早く出発しようと思ったんですが、起きてみたらなんか肌寒い、、、なので少しウダウダしてから準備し、6時半過ぎに出発。
日が高くなると寒さはなく、むしろすでに暑いくらい?ウィンブレも持たずに半袖半レーパンだけで問題ありませんでした。

先ずは、多摩湖
20150510_tamako.jpg

多摩湖自転車道で狭山湖
20150510_sayamako.jpg
いやー、良い天気ですねー

で、K179を西に走って、岩蔵街道で小曽木に入り、山王峠を越えます。
20150510_sannou.jpg
さくっと通過

っと、ここで、自転車の装備を何も持ってきていないことに気付きました。
えぇ、替えチューブもタイヤレバーも携帯ポンプも、、何もありません。
マズいなー、パンクしたら終わりだなー、戻ろうかなー、とも思いましたが、そのまま行くことにしました。
万一のときは、自転車を置いて電車で帰ってきて車で取りに行けばいいや、と
なので、今日は西武線から離れないルートで行きます。

原市場から少し飯能方面に戻って小瀬戸の交差点を左折し、天覚山を越えます。
距離は短いですが斜度があってキツいですねー
で、東吾野駅で休憩。
20150510_higasiagano.jpg

ここまで42km、2時間弱でした。
自販機で缶コーヒーを買って一服。
20150510_cafe1.jpg
あと、持参したプロテインゼリーと羊羹を補給。

再スタートして阿寺線を上ります。
ここも2kmくらいですが斜度が10%くらいあってキツいです。
そのまま顔振峠まで上ります。
20150510_kaburi.jpg
富士山がうっすら見えたんですが、写真には写りませんねー

で、奥武蔵GLを少し上って、林道八徳入線を下ります。
下り切ったところの分岐
20150510_hudou1.jpg
右から下ってきました。

ここを左に行くと、、、アノ坂です。

そう、高山不動の激坂が今日の目的地です。

なぜここに来たか?
来週に迫ったハルヒル対策です。
榛名神社から先の激坂を超える激坂を上っておくことで、心を慣らしておこうということです。

では、嫌だけどスタート
序盤の緩斜区間は、できるだけ脚を溜めていきますよー
20150510_hudou2.jpg
全く踏みません。

中盤になると斜度が上がって10%を超えてきますが、ここも踏みません。
脚を溜めに溜めます。それでいいんです。

で、いよいよ終盤の激坂コンクリートが出てきました。
20150510_hudou3.jpg
この後は写真を撮る余裕など全くありません。

激坂区間は1.5kmちょっとで、平均勾配は15%、最大勾配は20%くらいあります。
しかも、最大勾配の部分が200〜300mの直登になっています。

そう、この最大勾配部分を見るために来たんです。

そこまでも激坂をずっと上ってきてから、直登を見上げた瞬間に絶望します。
が、この20%の直登を目に焼き付けておくことが重要なんです。
この激坂の感覚を持ってハルヒルに臨めば、14%くらいは普通の坂に見えるはず
そういう狙いです。

で、なんとかかんとか上り切ることができました。
20150510_hudou4.jpg
最後の部分を上から見下ろしています

高山不動の激坂とったどーっ!!

20150510_hudou5.jpg
いやー、やっぱりキツかったです。

しばし休憩してからGLをもう少し上ります。
脚が終わり気味だったのでゆっくり走り、刈場坂峠に到着。
20150510_karibazaka.jpg
ホントーに良い天気でしたねー

刈場坂峠をR299側に下り、分岐から正丸峠に上りますよー
ここもゆっくり行こうかと思ってたんですが、脚が回り始めたので、頑張ります。
ハァハァして正丸峠に到着〜っ!
20150510_shomaru.jpg

STRAVAによると17分前半のタイムでした。自己新じゃないかな?
奥村茶屋で峠価格の赤コーラを買って補給。
20150510_cola.jpg
美味いっ!

そこから下って、山伏峠
20150510_yamabusi.jpg
久しぶりですねー

で、名栗側にダウンヒル
名栗から飯能へ向かって下り基調の高速巡航っと思ったら、向かい風っ!
いやー、30km/hちょっとは出るんですが、脚が重いですねー

原市場のセブンで昼食休憩
20150510_cafe2.jpg
アイスコーヒーと牛乳でカフェオレにし、ベーコンパンと塩パンを補給。

そこから飯能を抜けて、金子からK179に入り、所沢から帰ってきました。
帰宅が14時20分、7時間40分の旅でした。

今日の走行ルート
20150510_root.jpg

本日(2015.05.10)の走行記録
走行距離:128.85km
走行時間:6時間12分
平均速度:20.7km/h
最高速度:63.0km/h
獲得標高:2070m(ルートラボより)

以上、今日はハルヒル対策の坂練でした。
久しぶりに高山不動の激坂を上ってみましたが、やはりメチャメチャキツいです。
でも、序盤〜中盤で脚を溜めに溜めたので、以前の3回ほどではなく、出し切った感はなかったですが、それでいいんです。
今日の目的は、高山不動の激坂を攻めることではなく、目に焼き付けることですから

さ、心の準備は整いました。
あとは脚ですが、そっちはもう準備する時間がないので、そのままですねー
でも、とりあえず、この一週間で1.5kgくらい体重を落とそうとは思ってますよ
思ってるだけなのでどうなるかは分かりませんけどねー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

もてぎ:4年連続5回目、進歩したのか?(レース編2)

こんにちわー
今日は天気がイマイチはっきりしませんでしたね
気分もイマイチ上がらないのでノーライドでした。
明日は朝から奥武蔵で坂練のつもりです。

さて、録画しておいたヘント・ウェベルヘムを観ながら(いまさら)、マッタリとブログを更新していきますよ
5/5に参加した「もてぎ7hエンデューロ2015GW」の参戦記「レース編2」です。

レースがスタートして集団に乗ったまま1周目を走ったところで
「行けるところまで行くしかないっ!」と方針が決まりました。

そうと決まったらもぉイケイケです。
アドレナリン汁ブシゃ〜〜っ!です。
ガンガン踏んで前に着いていきますよーっ!

ただ、頭の中に冷静な部分もあって、完全にオーバーペースなのは分かっています
速度とか確認したいんですが、まだまだ集団がゴチャゴチャしていてサイコンを確認する余裕がなく、どのくらいのスピードで走っているのか確認できません。

とりあえずスタート時にS/Gラインでサイコンのラップボタンを押しました。
3周ごとにラップを取ってペースを確認することにします。いつものやり方です。
プランはなくても、ログを残しておくことで、次(来年)の参考にはなりますからね
あと、STRAVAでもログを記録していたんですが、、、それは後ほど

で、2周目に入り、ダウンヒルストレートの上りです。
20150505_sisou2.jpg

ペースが速いのでキツいです。すでに左腿が張って攣りそうな感じ
心肺の方も急激にペースを上げたので苦しいです。
下り区間で脚を休ませつつ心肺を落ち着かせようとしますが、まだまだ周りから遅れるわけにはいかないので、十分に休ませることができませんねー

そんな感じで序盤の3周回を終えてラップボタンを押しました。
第1スティント(1-3周)の距離、ラップ、平均速度と、経過時間、順位です。

第1スティント(1-3周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.38km 23分49秒 36.2km/h 0:23:50.043 142

やはり、36km/hを超えてるので、明らかにオーバーペースです。

ただ、身体の方は、このペースに慣れてきた(アップが終わった)のか、多少楽になってきました。
なので、そのままイケイケを継続します。
うーん、第2スティント(4-6周)は、あまり記憶がありません。

第2スティント(4-6周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.12km 23分10秒 36.6km/h 0:47:14.437 142

順位的には、第3集団くらいに入っていたのでしょうか?
アベレージが少し上がってますから、調子が出てきたのでしょうか?

この日は、ダウンヒルストレートが比較的楽に上れてる印象でした。
なので、その後のヘアピンからV字コーナーまで重いギアを踏んでいくことができます。
それもあって、ファーストアンダーブリッジ手前までの速度が伸びました。
20150505_sisou09.jpg
毎周ここで速度を見てましたが、50km/h台の後半でしたね

第3スティント(7-9周)もまだまだイケイケ継続中でした。

第3スティント(7-9周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.25km 23分12秒 36.9km/h 1:10:23.733 133

また少し上がりましたね。
あっという間に1時間が経過したんですが、この頃から少し疲労を感じ始めました。

集団が小さくなってきたでしょうか?風の抵抗を負担する必要がでてきます。
ファーストアンダーブリッジを抜けてからのストレートの上りがキツく感じ始めます。
第4スティント(10-12周)は、そろそろ限界が見え始めました。

第4スティント(10-12周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.24km 24分18秒 35.2km/h 1:34:43.484 139

落ちてきてますね。
でも、まだ35km/hをキープしてますから上出来です。
1時間半経過時にゼリーを1個補給しました。

この頃からは小さな列車で走ってたかな?よく覚えてません。
速い列車に抜かれますが、乗っかる余裕はありませんでしたね
第5スティント(13-15周)は、我慢の走りでした。

第5スティント(13-15周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.39km 25分30秒 33.9km/h 2:00:00.664 139

ハッキリと落ちましたね。
でも、2時間経過で15周できたことは意識していて、このままいければ30周も可能か?とか一瞬考えました。
いや落ちてきてるからそりゃ無理だ、という判断もできてましたけどね

で、2時間を過ぎて、ハッキリ脚が終わったことを感じました。
小集団に着いていけないっ!上れないっ!脚が回らないっ!
もう、ペースを維持することは無理でした。速度がどんどん落ちていきます。

第6スティント(16-18周)は、地獄の始まりでした。

第6スティント(16-18周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.09km 27分06秒 31.2km/h 2:27:20.481 141

もうね、苦しい苦しい、、、心肺じゃなく、脚と身体が動かない状態です。
ハンガーノック気味だったのかもしれないけど、それよりも脚の筋グリコーゲンを使い果たしてしまった感じでしょうか?
こんなに急激に脚の売り切れを感じたことはこれまでないかもしれません。

20150505_sisou10.jpg
このバックストレートでは20km/h台前半まで落ちましたよ

あと1時間半も走り続けられる気が全くしませんでした。
もう止まろう、、、と何度も考えました。正に地獄でした。
第7スティント(19-21周)は、地獄の真っただ中で泣きが入りました。

第7スティント(19-21周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.20km 28分01秒 30.4km/h 2:55:23.827 152

この20周回目でワーストラップ9分37秒というのを記録しました。
アベレージも30km/hを割り込むことを覚悟しましたが、なんとか持ちこたえていたようです。

ただ、2〜3時間の地獄の1時間を過ごした後、少し脚が軽くなったのを感じました。
あまりに苦しくて2時間半経過時に残り1個のゼリーを補給したのが効いたでしょうか?やはりエネルギー切れだったのか?
適度なペースの列車に乗ることができるようになりました。
上りもダンシングで軽く上れるので、列車から千切られずに着いていけます。

第8スティント(22-24周)は、地獄を脱出し、少し光が見えました。

第8スティント(22-24周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.26km 26分21秒 32.5km/h 3:21:44.718 146

さあ、ここまでくれば残りは30分ちょっとです。
何周までいけるか?残り時間とラップタイムとの計算が始まります。
ただ、身体の方は悲鳴を上げてもう限界が近づいています。
全身が痛くて痛くて、、、サドルに座っているのが苦痛な状態

第9スティント(25-27周)は、苦痛に耐えながらのラストスパートでした。

第9スティント(25-27周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
14.24km 25分37秒 33.4km/h 3:47:22.924 143

アベレージを33km/h台まで戻すことができました。
これは嬉しい。自分を褒めてあげたいと思います。

で、残り10分ちょっとなので、あと1周して29周目に入ることはできる。
でも、2周して30周目に入ることは、どう考えても不可能。と理解しました。
はい、ここで私のレースは終了しました。結果は29周で決定です。

残りは消化試合ってわけではないんですが、気持ち的には切れましたねー
第10スティント(28-29周)は、一応自分的にはウィニングラン。

第10スティント(28-29周)
走行距離 ラップタイム 平均速度 経過時間   順位
 9.47km 18分20秒 31.0km/h 4:05:43.904 149

で、ゴールっ!
ピットに戻ります。
20150505_goal.jpg

最後の2周は流しちゃいましたが、勘弁して下さい。
もうね、身体中(特に腰)が痛過ぎて、普通に走ることすら苦痛でしたから
とにかく29周して4時間を完走できたことでよしとしましょう〜

その後、計測チップを返してパドックに戻り、take-iさんsepaさんけろさんと合流。
お互いに感想を語り合いながら撤収準備をして、帰路に着きます。
けろさんは奥様とデート、ZENさんも用事があるとのことで、take-iさん、sepaさん、私の3人で真岡のcoco'sで打上げです。

毎度のことですが、15時にcoco'sに到着。
20150505_cocos.jpg
トリオをいただきました。

レースのことや今後の予定など3人でワイワイ楽しく語り、16時過ぎに解散です。
20150505_kaisan.jpg
お二人ともお疲れ様でした。

私は、R294〜R50〜R4〜R463の下道で帰ってきました。
帰宅が20時半、17時間20分の旅でした。
メチャメチャ疲れたけど、とっても充実した一日となりました。

以上、もてぎエンデューロの参戦記、レース編2でした。
ノープランで臨んだ今回のもてぎでしたが、前半2時間は集団に乗ってハイペースで走る天国の2時間を過ごし、その後、脚が終わってからは地獄の1時間を過ごし、最後の1時間で少し復活し、全体としてはまあまあ良い結果になったんじゃないでしょうか?

結果の数値的なものは別記事で考察したいと考えています。
とにかく無事にノートラブルで走り切れたことが一番だし、また次につながる走りになったんじゃないか?と思っています。

長々としたレースレポートにお付き合いいただき、ありがとうございました。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

もてぎ:4年連続5回目、進歩したのか?(レース編1)

こんばんわー
明日からいよいよジロが始まりますねーっ!
今年はコンタドールがダブルツールを狙うということで、先ずはジロを穫らないといけないわけですが、どうなりますかねー?
裏のカリフォルニアと合わせて楽しみたいと思います。

さて、5/5に行ってきた「もてぎ7hエンデューロ2015GW」の参戦記「レース編」です。
20150505_start1.jpg

スタート位置に並んで、3分前のホーンが鳴り、サイコンなどをセットします。
一緒に参加しているtake-iさんsepaさんけろさんと握手し、「ご安全っ!」とお互いの無事完走と健闘を祈ります。
1分前のホーンが鳴ると、周囲からガチャガチャっバチバチっ!っと、一斉にクリートを嵌める音が響きます。

いよいよスタートっ!てことで気合が入り、、、ません

いやー、今回のもてぎエンデューロなんですけど、一昨年、昨年とはメンタル面でちょっと、てかだいぶ違ってました。
一言でいうと「モチベーションが上がらない」状態です。

決して体調が悪いわけではないし、自転車で走れること自体は嬉しいし、仲間と一緒ってのも楽しいんですが、レースに対する意欲が低かったですねー
ま、所詮ド素人の趣味レースですから、意欲があろうがなかろうが走行や結果に大した違いは生じないんですが、、、

初回を除く過去3回の大会では、事前にレースプランを考えたり、平地練をしたり、少しでも速く走るためにはどうしたらよいか?を考えてました。
ただ、プランや練習の効果があったのかどうかは分かりませんけどねー
motegi-1.jpg
コース図、反時計回り(自動車レースとは逆)です。

そう、一応自分なりに結果(全てじゃないけど)に拘ってたんです
じゃぁ結果ってなに?っていうとアベレージ、4時間を通しての平均速度です。
順位(表彰台)とかはもぉ全く完全に関係ないレベルですから、自分との戦いですねー

で、昨年までは、前回の自分よりもアベレージを上げることに拘りました。
どんなペースで走ればいいか、どうすればタレずに最後まで維持できるかを考え、レースプランを練りました。
ま、プラン通りに走れたことは一度もないですけどねー
motegi-2.jpg
断面図での進行方向は右から左になります。

しかし、今年はプランを考えることをしませんでした。
春先が忙しかったのもありますが、レースに向けてのモチベーション自体が低かったというのが本当のところだと思います。
あと、昨年大会で前回を上回れなかったことで、新たな目標が立てられないってのもありました。考えたとしても昨年と同じ目標じゃつまらないなぁ〜っと

あ、プランなんか練っても無駄だから止めた、というわけでは決してありません。
プラン通りの走り、できるだけプランに近い走りができて、その結果目標をクリアするのが理想だと思っています。それを受けて次の目標とプランを立てる、という循環が上手くいけば言うことなしです。
だけど今回は目標も立てなかったし、全くのノープランで走り始めました。

っと、また余計な話が長くなりました。

やっとスタートです。
9時ちょうどに号砲が鳴って4時間エンデューロのレースが始まりました。

前が動き始めるのに合わせて私も走り出します。
しばらくはパレードランのため、周りとの距離を見ながらゆっくりいってると、前に出たい人がどんどん抜いていきます。が、気にしません。
20150505_sisou03.jpg
写真は試走時のものです。最終コーナーのS字

1周目の上りに入った辺りでアクチュアルスタート
上りの途中から全体の速度が上がり始めます。
20150505_sisou04.jpg
90°コーナーからダウンヒルストレート

上り切ってヘアピンカーブを抜ける頃には、集団全体が長く伸びて、先頭はだいぶ先まで行ってしまってますね。
20150505_sisou06.jpg
ヘアピンカーブ

そこからの下りでは私の周りも一気に速度が上がります。
下りながらのV字コーナーは危険なのでラインキープで抜けます。
その先のS字カーブも二列、三列のまま高速で突っ込んでいかないといけません。
20150505_sisou07.jpg
V字コーナー

S字カーブで減速してしまうとその先の下りのスピードが伸びませんから、S字カーブを抜けるまでトップギアで踏み続けるのが理想。
で、下りストレートに入ったら脚を止めて休ませ、クラウチングで空気抵抗を減らして重力に身を任せます。
20150505_sisou08.jpg
S字カーブ後の下りストレート

下りストレートのエンド、ファーストアンダーブリッジ手前で最高速が出ます。
この日は、どの周か分かりませんが、60km/h超でしたね。
20150505_sisou09.jpg
ファーストアンダーブリッジ手前

ファーストアンダーブリッジを抜け、左コーナーを立ち上がるとバックストレートですが、ここが緩く上ってて気を抜くと速度がガクっと落ちます。
このバックストレートは、速度を維持しようとすると脚が削られるのでキツいです。
20150505_sisou10.jpg
バックストレート

その後、右カーブを抜けるとパドック裏のストレートですが、こちらはほぼ平坦なので、列車に入って脚を休ませつつスピードを上げていきたいところです。
その先の第2、第1コーナーが最終コーナーになります。
20150505_sisou11.jpg
第1コーナー

第1コーナーを抜けたらホームストレートに帰ってきます。
20150505_sisou12.jpg
ホームストレート

レース1周目は、とにかく事故のないように周りの動きに気を付けながら、でも速度を合わせていかないと危ないので、長く伸びた集団の中で走りました。

1周終わりの時点で頭の片隅に浮かんだのは
速いっ速過ぎるっ!こんなんじゃ脚がもたないっ!!
てのと、もうひとつが
この速度で走れる集団を離脱するのはモッタイナイっ!
という2つの相反する思いでした。

どちらを選択したか?決まってますね。後者です。
このまま行けるところまで行っちゃえーっ!!です。

今回は、幸いにも?ノープランのレースですから、ペースを気にする必要なんてありません。
自分の実力的には完全にオーバーペースだと分かっていても、集団の中で実力以上の高速で走れる快感に身を委ねよう、という選択は当然ですね。

てことで、どこまで脚が持つか?その後にどんな地獄が待っているか?なんてことは考えず、とにかく「行けるとこまで行くっ!」という方針が決まりました。
「天国と地獄の2つの世界を味わう」ってことを選択したわけですねー

さてさて、その選択は吉と出るのか凶となるのか?
長くなったので、レース編を2つに分けます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

もてぎ:4年連続5回目、進歩したのか?(集合編)

こんばんわー
連休明けの今日は眠くてダルかったですねー
しかも午後はずっとしょーもない会議、てか、とりとめのない打合せ
もう昼寝して下さいって感じ全開だったので、ありがたくお言葉に甘えさせてもらいましたが〜

さて、GWの5/5(子供の日)に参加した「もてぎ7hエンデューロ2015GW」の参戦記です。
このもてぎエンデューロですが、今年で4年連続で、5回目(春4回、秋1回)の参加となります。
いやー、回数だけはそれなりに重ねてますねー

最初は、2012年の春(春はずっと5/5開催)で、自転車に乗り始めて9ヶ月目にボッチ参戦しました。この当時はまだブログを始めてなかったので、リアルタイムの記事はありません。
2年目は、自転車仲間と春秋のダブル参戦でした(こちらこちら)。
3年目(昨年)は、春だけでしたが、仲間10人と一緒に参戦しました(こちら)。

これまでの4回と同様、今回も4時間ソロに出場しました。
5回目の参戦ですから、普通に考えれば少しは進歩してそうなもんですが、どうだったのか?振り返っていきたいと思います。

当日(5/5)は、深夜2時前に目が覚めました。いや、3時に起きて3時半出発の予定だったんですが、この日は風が吹き荒れていて、その音で起されました。
しばし悶々としましたが、もう寝付けないので、2時半にベッドから起き、とっとと準備しました。

で、3時10分に車載で出発です。
和光から外環に乗り、三郷JCTで常磐道に入って守谷SAで休憩。ここまでちょうど1時間。
車から降りることなく持参したカフェオレとつぶあんデニッシュ×3ヶで1回目の朝食を摂ります。
10分ほどで再スタートし、水戸北スマートを降りたのが5時過ぎ(2時間)で、R123で茂木を目指します。
途中、昨年と同様に城里のセブンで軽量化と2回目の朝食。

5時半に再スタートして、ツインリンクもてぎに到着したのが6時前でした。
20150505_toutyaku.jpg

第2パドックに入って仲間を探しますが見当たりません。珍しく私が一番乗りだったでしょうか?
20150505_padock.jpg

すぐにsepaさんが到着し、横に駐車。sepaさんが受付に向かうと、ZENさんと一緒に戻ってきました。
じゃぁ私もってことで受付を済ませたところに、take-iさんがやってきました。
20150505_uketuke.jpg

take-iさんの車も並べて、この日のベースキャンプ完成です。
20150505_base.jpg
写真はtake-iさんのブログから拝借

あ、ピットは使いません。てか、ソロで走り続けるので、ピットの意味がなく、これまで一度も使ったことがありません。
では、準備して試走に出ます。
20150505_sisou1.jpg
1周目は写真を撮りながらマッタリ走ります。

朝は気温が低かったですね。ウィンブレを着てても少し寒かった。
20150505_sisou2.jpg
上りです。レースでは毎周々々、何度々々もここを上らなくてはなりません。

2周目と3周目は少しペースを上げて脚と心肺のアップ。
3周で試走を終えて、あとはしばらくベースキャンプでマッタリタイムです。

いやー、この時点では全くと言っていいくらい気合いが入っていませんでしたねー
sepaさんも前々週の600kmブルベと前週の房総ライドの疲れが残っているよう
二人でネガティブ発言をしている横でtake-iさんだけはいつものように元気です。

そんなところにけろさん登場。この日は奥様と二人できているとのこと
新規投入のディープリムホイールがド派手でよい感じでした。

で、8時40分を過ぎたので、そろそろ行きますかーってことで移動
ピット裏(トイレ前)で記念撮影。
20150505_shuugo.jpg
sepaさんカメラでけろさんに撮ってもらいました。

コースに移動して並びますが、真ん中くらいだったかな?
20150505_start1.jpg
sepaさんセルフィーに写り込む

てことで、セレモニーの後、9時からいよいよレーススタートです。
レースの模様は、次の記事で書きたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:もてぎエンデューロ2015参戦

こんばんわー
今日は行ってきましたよー、もてぎ
メチャメチャ疲れました。もうヘロヘロのパーです。

とりあえず速報だけ

今朝(昨晩)は強風の音で夜中に起こされてから寝付けず、しょーがないので2時半に起きて準備し、3時過ぎに出発しました。
ツインリンクもてぎには6時に到着。

受付をして試走して、パドックでマッタリして、9時に4時間エンデューロのスタートです。
今回の4時間ソロには、take-iさんsepaさん、ZENさん、けろさんと、私の5人が参戦。
あ、4時間ソロの全参加者は600人くらいだったみたいです。
20150505_motegi.jpg

レースは、今回全くノープランだったんですが、朝の時点では眠いしモチベーションも上がらないし、こりゃダメだなって感じでスタート
しかし、いざ始まってみるとスイッチが入ったようで、最初から集団について全開バリバリでした。

いや、昨日の記事では列車には乗らないって書いたかもしれませんが、そんなのはスタートと同時に吹き飛んでました。

で、例によってオーバーペースですぐに脚が悲鳴を上げます。
いやーキツいキツい、、、2周目で左腿がパンパンになって攣りそうでした。
うーん、マズいなーと思いつつ、せっかく良いペースで走れる列車に乗っているのに、わざわざ降りるという選択肢は考えられません。
もう、行けるとこまで行くしかないだろーっ!て感じです。

しかし、やはり限界はきました。
スタートから2時間、ちょうど半分が過ぎたときに、ピタっと脚が止まりましたねー
いやもう見事なくらい、ピタっと動かなくなりました。

そこからが辛い辛い、、、何度もう止まろうと思ったか、、、

ただ、脚が動かないなりに走っていると次第に回復してくるもんで、3時間が経過するころにはまた動くようになってきました。
なので、再び良さそうな列車に乗車し、ペースを上げることができましたよ
ただ、最後の1時間は、身体中が痛くて痛くて、その痛みに耐えるのが大変でした。

で、ゴールっ!

無事に無事故、ノートラブルで完走することができました。

公式のリザルトに出ていたグラフ
20150505_result1.jpg20150505_result2.jpg
29周回できました。

サイコンの計測値では、以下の結果でした。
レース走行距離:137.64km
レース走行時間:4時間05分
レース平均速度:33.65km/h
レース最高速度:60.4km/h

疲れたし身体中が痛いけど、満足です。

で、撤収し、take-iさん、sepaさん、私の3人で真岡のcoco'sで打上げをしてから帰ってきました。
take-iさん、sepaさん、そしてZENさん、けろさん、お疲れ様でしたー
帰宅が20時半、17時間20分の旅でした。

本日(2015.05.05)の走行記録
走行距離:153.78km
走行時間:4時間54分
平均速度:31.3km/h
最高速度:60.4km/h
獲得標高:1120m(1周35mとして、試走込みで32周)

以上、今日のもてぎエンデューロの速報でした。
ツイッターで応援メッセージを頂戴した皆さん、ありがとうございました。

詳しいレポートと、レース結果の分析は追って記事にしたいと思います。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

調整:明日のもてぎに向けてポタ&プチ整備

こんばんわー
本日三度目の更新です。

5連休の3日目ですが、一昨日は朝から大阪に帰って同窓会に出席。
朝の東京駅は、5連休初日ってことでバカ混みでした。
20150502_tokyo-st.jpg
でも、一人なので座れましたよー

で、大阪に着いて同窓会会場へ
20150502_dousou.jpg
高校は12クラスあって同期が540人。うち出席者が240人とのことでした。
30年振りにたくさんの懐かしい顔に会うことができ、楽しい時間を過ごしました。

存分に酔っぱらい、実家に泊まって、昨日の午後に帰ってきました。
帰りの新幹線でも2L超のビールを飲んで、アルコール漬け、、、
昨夜は帰って晩ご飯を食べたらバタンキュー

今朝は6時に起きました。
でも、二日連続の飲み過ぎで頭はボぉ〜っとしてるし、お腹の調子もイマイチ
ネット徘徊やブログ更新でグダグダ時間を潰して、時間はすでに10時
このままじゃイカン、明日はもてぎエンデューロだし、準備しないと
ってことで、とりあえず準備して走りに行くことにしました。

10時半に出発し、多摩湖
20150504_tamako.jpg
ヒャぁ〜っ!良い天気ですー
なんか飲み過ぎで体調不良の自分に後ろめたさを感じるくらいの天気です。

多摩湖自転車道を時計回りに走ります。
全く踏みませんよー
20km/h前半くらいで軽く回すだけです。
3/4回って狭山湖へ
20150504_sayamako.jpg
ヒぇ〜っ!良い天気です。
まだお天道様の明るさに身体が対応できません。

で、北側に下って、R463のバイパスまで出て、そこから帰ってきました。
帰宅が11時50分、1時間15分の旅でした。

今日の走行ルート
20150504_root.jpg

本日(2015.05.04)の走行記録
走行距離:26.58km
走行時間:1時間09分
平均速度:22.8km/h
最高速度:43.6km/h
獲得標高:140m(ルートラボより)

以上、今日は明日のエンデューロに向けた調整走ということで、軽く脚を回しただけで帰ってきました。が、軽過ぎたかな?

で、帰ってきてから自転車の掃除と若干の調整。
このところサドルやシートポスト周りからカチカチ音が鳴っていたので、シートポストを抜いてグリスアップするとともに、サドルのボルトを締め直しました。

それからチェーン掃除をして注油。
さらに、余計なものは取り外しました。
これで明日の準備は完了です。
20150504_secteur.jpg

っと、ポストを見ると、ハルヒルの参加証が届いてました。
20150504_haruhiru.jpg
いやー、連休だから諦めていたんですが、明日もてぎに持っていってグンマー人のsepaさんに託すことができますー
毎年スミマセンがよろしくお願いしますー

あ、その後、今年初のスネ毛処理をしました。
これでホントーに準備完了です。

てことで、明日のもてぎエンデューロは、走りの面ではほとんど何も準備できませんでいたが、ま、頑張ります。
目標は、どうですかね?なんとも言えませんが、昨年未達だったアベレージ34km/hってことにしておきましょうかねー

ただ、今回は絶対に無理はしません。無理に集団に乗るつもりもありません。
単独走行になってタレるならそれもしょーがないというつもりで淡々と走ります。
無事故で完走、これを最大の目標にしようと思ってます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

箱根〜伊豆:旧道からの伊東でグルメ(後編)

こんにちわー
本日二度目の更新です。

今日も暑かったですねー。
軽く走りに行ったんですが、その話は後ほど

先週の「箱根〜伊豆半島ライド」の走行レポート後編を先に書いちゃいます。
このライドは、24WEさんにご一緒いただきました。

前編では、箱根旧道を上って芦ノ湖に到着したところまでを書きました。
そこのセブンで休憩です。
20150426_cola1.jpg
赤コーラと箱根限定のじゃがですよ、キャラメルラスクを補給。

再スタートして箱根峠へ
少し上りますがすぐに道の駅があって箱根新道との合流地点に出ます。
ん?どこが箱根峠なんでしょう?標識を探しますが見つかりません。
ゴルフ場の入口に向かって上ってるのでそちらに行ってみます。
20150426_hakone-p1.jpg
なんとなく写真を撮ってみました。

そのすぐ下に信号があり、その交差点名が「箱根峠」
ま、ここでいいかと記念撮影
20150426_hakone-p2.jpg
箱根峠とったどーっ!、、なんとも締まらん

その交差点を熱海方面に上ります。K20ですね
20150426_jukkoku-p1.jpg
大した上りではありません。

高原のような雰囲気の開放的な道が遠くまで続きます。
20150426_jukkoku-p2.jpg

湯河原峠です。有料道路の始点(終点)
20150426_jukkoku-p3.jpg

そのまま真っ直ぐに進むと十国峠です。
この辺りは尾根道のようで緩やかな下りでとても快適な道です。
が、熱海峠までくると、道の状況は一変し、急勾配の下りになります。
20150426_atami1.jpg

13%の下りが何kmか続いて、海が見えました。
20150426_atami2.jpg
さらに急斜面を下って熱海市内に入りました。

熱海市内でR135に入って、南下していきます。
アップダウンがありますねー
網代からさらにアップダウンを越えてようやく伊東が見えてきました。
20150426_ito.jpg
サンハトヤですねー

で、伊東市内の「山田食堂」さんに到着。14時前でした。
20150426_yamada.jpg

この日は「ごっつぁん定食」にしました。
20150426_lunch.jpg
鯵づくし(干物、なめろう、フライ、骨せんべい、まご茶漬け)等々でした。
ごちそうさまでしたー

満腹になったので、近くのセブンで休憩。
20150426_cafe2.jpg
缶コーヒーとチョコアイス

お腹が落ち着いたら再スタート
また海岸線のアップダウンを何個か越えて、17時に小田原まで戻ってきました。
R1に入ってすぐのセブンで休憩。だいぶ疲れてきました。
20150426_cola2.jpg
赤コーラで元気注入

あとはほぼ平坦路をひたすら帰るだけです。
二宮の先で往路と同じK63に左折し、北上していきます。
18時を過ぎて日が沈みました。
20150426_sunset.jpg
うっすらと富士山のシルエットが写ってるんですが、、、

予定のルートを外れてR246で厚木を通過し、R129を北上します。
19時半に相模原まで戻ってきました。もう真っ暗です。
セブンで休憩、、、セブンばっかですねー
20150426_schwepp.jpg
シュエップスシトラス補給

相模原まできたら残りは30kmほど、気合いを入れて最後の行程を走りますよー
尾根幹に入ると知った道ですから、脚も若干元気になった気がします。
稲城市に入る手前あたりで24WEさんとお別れです。
長い時間お疲れ様でした。ご一緒いただきありがとうございましたー

私は関戸橋を渡って府中街道で帰ります。
帰宅が21時半過ぎ、16時間の旅でした。

この日の走行ルート
20150426_root.jpg

この日(2015.04.26)の走行記録(再掲)
走行距離:271.31km
走行時間:11時間55分
平均速度:22.7km/h
最高速度:57.4km/h
獲得標高:2590m(ルートラボより)

以上、レポートを書くのに時間が経ってしまって記憶が曖昧ですが、この日は気温が高く、陽射しも強かったですねー
前日の柳沢峠往復の疲れも残っていて、帰宅後はヘロヘロでバタンキューでした。
でも、距離的にもですが、箱根旧道の上りもガツンと走り応えがありました。
箱根〜伊豆半島のロングはまた行きたいですねー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

箱根〜伊豆:旧道からの伊東でグルメ(前編)

こんにちわー
一昨日と昨日は高校の同窓会で大阪に帰ってました。
卒業から30年、懐かしい顔にたくさん会うことができて嬉しかったですねー

さて、記事アップが大変遅くなりましたが、先週(先月)の4/26に行ってきた「箱根〜伊豆半島ライド」の走行レポートです。

このライドは、3月に参加したBRM328東京300kmのときに寄った「山田食堂」さんで再びお昼を食べることが目的。
えぇ、箱根旧道は、どうせ行くなら上っておくか〜程度のオマケです。

で、BRM328の直後にルートを引いて記事アップしたところ、「スペシャなロードの日々」のタイチャさんから都合が合えば参加したい、とコメントをいただいてました。
あと、24WEさんからも参加表明をいただきました。

なので、できるだけ早めに予告記事をアップしようと思ってはいたんですが、なんだかんだで予定が決められず、、、4/26決行を決めたのが2日前になってしまいました。
そんな直前じゃぁ予告の意味ありませんねぇ〜
タイチャさん、スミマセンでした。また気になるライドがあったら是非ご一緒くださいー

で、24WEさんと二人で行くことになったんですが、全部自走すると260km超になるため、24WEさんは復路で輪行するかも?とのこと

さてさて、どんなライドになったのか?当日を振り返っていきますー
っと、その前に、この前日(4/25)は、単独で「柳沢峠往復ライド」(こちら)でした。それほど負荷を掛けなかったつもりだったんですが、170km&2400mはそれなりのダメージを身体に与えたようです。

なので、前夜に24WEさんに連絡し、集合出発時間を少し遅らせてもらいました。
で、当日の朝ですが、5時出発のつもりで4時半に目覚ましをかけたんですが、一発では起きられず、危うく二度寝するところでした。
なんとかベッドから身体を引き剥がし、とにかく準備を始めますが、頭はボぉ〜っとして身体が重いこと、、、
ジャージに着替えて装備を整え、朝ごはん抜きで出発。5時過ぎでした。
20150426_secteur.jpg
5時でも明るくなりましたねー

集合場所である関戸橋南のローソンまでは15kmほどなので、出発時間の6時には余裕だと思ってました。
が、走り出してすぐ、脚が重いっ!全然回りませんよー
速度も上がらず、25km/hがやっとで、20台前半しか出せません〜
府中街道は信号が多くてしょっちゅう停車させられ、時間が経っていきます

いや~遅刻だなぁ〜、マズぃなぁ〜、でもキツぃなぁ〜って思いつつ、5分ほど遅刻して集合場所に到着。
20150426_shuugo.jpg

遅れたので、すぐに出発すべきなんですが、まだ朝ご飯を食べてないので、とりあえず補給させてもらいます。
カフェオレとパン×2ケを胃袋に押し込みました。
24WEさん、お待たせしました〜ってことで、出発です。

私がルートを引いたので先導しますが、実はルートの予習をしておらず、途中(町田〜厚木〜大磯)の道がよく分かってません。
不安だなぁ〜なんて考えながら走ってたら、いきなりルートミスっ!鎌倉街道への左折を大きく通り過ぎてました。ハハ

戻るのもなんだし、とりあえず西か南に向かってれば問題なしってことで、唐木田から尾根幹で相模原を目指します。
その後も多少ウロウロしつつ、淵野辺〜上溝を抜けて相模川を渡り、愛川辺りのアップダウンを越えていきます。

K63に入ったらあとは基本的に一本道です。
厚木の山沿い地域を通って伊勢原方面に向かって南西に下っていきます。
この辺りで集合場所からの走行距離が40km弱になったので休憩します。伊勢原手前のセブンにイン
20150426_cafe1.jpg
イートインスペースがありました。
アリナミンでドーピングして、コーヒーとドーナツ、あんパンを補給。

この時点で8時半くらいだったかな?ペースはユルユルでした。
再スタートして伊勢原を過ぎて、少しだけR246を走って再びK63で平塚に入り、右手に大山やヤビツを見ながら南下し、大磯に入ります。
で、R1にぶつかったら右折して二宮〜国府津を抜けて小田原までやってきました。
20150426_odawara1.jpg
小田原市民会館前の交差点

ここまでウチから80kmほど、時間はちょうど10時なので、やっぱり相当マッタリペースでしたねー
20150426_odawara2.jpg

早川口の交差点を直進して箱根湯本を目指します。
少し上りますが、問題なく箱根湯本駅前に到着。
20150426_yumoto1.jpg

駅前のセブンで休憩
20150426_yumoto2.jpg
補給してこの後の上りに備えます。

では、箱根旧道のヒルクラに向かいますよー
少し下って橋を渡り旧道の上り口へ
20150426_yumoto3.jpg
あら?こっちにもセブンがありましたね。ここで休憩すればよかった。

20150426_kyuudo1.jpg
で、上り始めますが、旧道は道が狭いんですねー

しばらくは上りと平坦、下りもあって林道っぽい楽しげな道ですが、神社?の辺りから明らかに勾配が上がります。
20150426_kyuudo2.jpg

急斜面にヒぃヒぃ言いながら進むと、出ましたっ!七曲り
20150426_kyuudo3.jpg
ヘアピンコーナーが連続します。

普通、こういう九十九折れは斜度を緩やかにするために設けられるはずなんですが、ここは違いますね
これだけスイッチバックしても勾配が緩められないくらい元々の山の傾斜がキツいんでしょうねー
さすが天下の險です。
20150426_kyuudo4.jpg

いや、昔の人はここを越えないと東西の行き来ができなかったんですから大変だったですね
20150426_kyuudo5.jpg

まーでも、箱根の坂を楽しみながらゆっくり上って茶屋を通過。
そこがピークかと思いきや、まだ上ってようやくピーク?
20150426_kyuudo6.jpg
お玉ヶ池

そこから少し下って芦ノ湖です。
20150426_hakone.jpg

20150426_motohakone.jpg
元箱根の交差点

20150426_asinoko1.jpg
芦ノ湖

20150426_asinoko2.jpg
鳥居

ってことで、箱根旧道から芦ノ湖までやってきました。
周辺道路は大渋滞してましたね

ここで休憩して伊豆半島の熱海方面へ下りますよ。
伊豆半島の模様は後編でー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予告:今年の「夏至の日ライド」が決定〜っ!

こんばんわー
私もやっと明日からGWが始まります。っても、カレンダー通りのたったの5連休ですけどね
いや、5/7,8の木、金を有休にして9連休を密かに狙っていたんですが、両日とも仕事の予定が入っちゃいました、、、チっ

まーでも5連休ですから、大型連休であることには違いありません。

自転車乗り放題〜〜っ!

てわけにはいかないんですよねー

いや、明日、同窓会があるんですよ。大阪でね
えぇ、今年は高校卒業30周年で、卒業後初めて大々的に行われる全体の同窓会なんで、出席することにしたんです。
なので、明日は朝から帰阪して夕方から同窓会に参加し、夜は実家に泊まって、明後日に戻ってくることにしています。

すると、明日と明後日の2日間が潰れてしまいますねぇ、、2/5(40%)はデカい
残りの3連休のうち、中日の5/5は「もてぎエンデューロ」ですから、前日5/4は無理することができず、翌日5/6も疲れててダメでしょうね

てことはですよ、5連休もあるのに実質走れるのは1日分くらいってことになっちゃいますよー
まぁなんということでしょう、、、
あぁなんか絶望的な気分になってきた

でもまぁしょーがないですよねぇ、自分で同窓会の出席を決めたんだし、もてぎがあることも分かってたんだし、えぇ、誰のせいでもありませんょ
まースッパリ割り切って同窓会を楽しんでくることにします。っても、500人くらいの同期のうち、この20年で会ったことがあるのは、なんと2人、、、果たして楽しめるんだろうか?

さてさて、タイトルの件です。
今年の「夏至の日ライド」の予定が決まりました。
昨夜のツイッターであっさり決まっちゃいましたー

っと「予告記事を書く暇あるなら、箱根のレポを早よ書かんかいっ!」てお叱りは受け付けません。
いや、今日前編とか書いちゃうと、明日、明後日がアップできなくて間が空いちゃうからっていう、一応言い訳です。

で「夏至の日ライド」ですが、毎年恒例「日の出〜日の入にどんだけ上れるかチャレンジ」を今年もやりま〜す
はい、奥武蔵の山の中で一日中上って上って上りまくります。

日程は、6/21(日)です。
日出時刻が4:30、日入時刻が19:00なので、14時間半の間、山に籠ります。

ルートは、↓こんな(ルートラボは→こちら
20150621_root0.jpg
毛呂駅前を出発して越生駅前に戻ってくる約165kmで、獲得標高5700m弱のルート
4時半にスタートして日が沈む19時をタイムリミットとします。

こんなライドにご一緒いただける方はご連絡下さい。
現在、かじさんgonさんCB山さんから参加表明をいただいています。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。