多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2014-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10月の走行記録

再び、こんばんわー
今日は、午後休を取って早めに帰ってきました。
体調不良とかではなく、なんとなくです。

で、帰ってからセクター号のメンテを少しだけ
というのも、先々週、先週とライドが続き、いずれのライドも帰宅が夜になったため、帰宅後に何もできず、そのまま放置していたんです。

てことで、チェーン周りの掃除と注油、フレームの拭き掃除をやりました。
20141031_chain.jpg
最近のチェーンクリーナーは、KUREです。
よく落ちますよー

20141031_sprocke.jpg
スプロケも奇麗にしました(ピンぼけですが)

さて、今日は、10月の最終日
今年も残すところ二ヶ月となります。
もうすぐ年末とは、、、信じられない早さで時間が過ぎていってますよー

月末最後の記事は、恒例の月間走行まとめです。
今月は、年間目標達成のために重要な月ということで、月初の記事(こちら)で月間目標(ノルマ)を立てました。
その内容は、↓こんな
 4(土) 奥武蔵あたりで150kmライド(詳細未定)
 5(日) ご近所グルっと50km
 11(土) 奥多摩あたりで150kmライド(詳細未定)
 12(日) 「ニッキュッキューde299km」
 13(祝) ご近所グルっと回復走50km
 18(土) ご近所グルっと50km
 19(日) 「ジャパンカップ観戦自走往復250km」
 25(土) 「埼玉クリテリウム」観戦自走往復50km
 26(日) 「柳沢峠〜御坂みち250km」

9日間ある休日の全てで走りに行って、走行距離の合計が1300kmというものです。
ま、無茶を承知で、でも目標は高くということで設定したノルマでした。
さて、その結果はどうだったんでしょうか?

201410_soko.jpg

走行回数は、8回でした。
ノルマの9回には達しませんでしたが、2日が雨で走りに行けず、1日有休を取って走ったことで、走行回数的にはまあまあの結果でした。

では、主なライドを簡単に振り返ってみます。

10/4は、単独で奥武蔵に行ってきました(こちらの記事参照)。
20141004_karibazaka-d.jpg
とりあえずノルマ通りの150kmを走ることができ、すべり出し好調といったところでしょうか

10/5は、雨のためノーライド。

10/11は、奥多摩ライドで風張峠〜鶴峠〜甲武トンネルに行ってきました(こちらの記事参照)。
20141011_okutamako1.jpg
このライドは、24WEさんにご一緒いただきました。
爽やかな天気の中、気持ち良く走ることができ、さらに、ノルマの150kmを上回る170kmを稼ぐことができました。

10/12は、単独で名栗の里山をマッタリ走りました(こちらの記事参照)。
20141012_nidayama2.jpg
本来この日は、ノルマ的には「ニッキュッキュde299km」で300km超のライドの予定でした。
しかし、天候の心配と前日のダメージがあって予定を変更し、実際の走行距離は88kmとノルマを大幅に下回ってしまいました。

10/13は、雨のためノーライド。

10/17は、有休を取って山中湖まで往復してきました(こちらの記事参照)。
20141017_fuji07.jpg
このライドは、新生セクター号のシェイクダウンライドでもありました。換装した新コンポ(5800系105)は完璧でした。
走行距離も190km稼げましたし、良いライドになりました。

10/18は、回復走として彩湖に行き、60km走りました(こちらの記事参照)。

10/19は、宇都宮にジャパンカップの観戦に行ってきました(こちらの記事参照)。
20141019_kogasi2.jpg
このライドは、24WEさん、とり丸さん、やまさんさん、あゆさんプチデビルさんにご一緒いただき、坊主頭さんに途中までお見送りいただきました。
関宿城まで車載し、そこから宇都宮森林公園までの往復145km。レース観戦も含めてとても楽しい一日となりました。

10/25は、さいたまクリテリウム観戦に絡めた荒川ライドでした(こちらの記事参照)。
20141025_iwadatami1.jpg
このライドは、あゆさんにご一緒いただき、長瀞まで行ってから荒川に沿って下ってくるというド平坦を走るものでした。長瀞からの帰路で奇跡的にsepaさんと会うこともできました。
ド平坦の170kmライドだったんですが、予想以上に脚を使ってしまいました。

10/26は、「柳沢峠〜御坂峠〜河口湖ライド」に行ってきました(こちらの記事参照)。
20141026_misaka10.jpg
このライドは、gonさんとぽっぽさんにご一緒いただきました。
奥多摩〜丹波山を通って柳沢峠を越え、甲州市から御坂峠を越えて河口湖に下り、富士みち〜秋山街道〜R20を戻ってくる240km&3700mのライドでした。前日のダメージもあって脚がキツかった〜っ!

以上のように、10月も多くの自転車仲間とご一緒することができました。
皆さん、お世話になりました&ありがとうございました。

では、ノルマは達成できたのかというと?
勝ち負けでは、5+1勝2敗2分でした。ま、勝ち越しってことで
距離のノルマ1300kmに対しては、↓こちらのように、70kmほどショートしました。
まーでも、よく健闘した方じゃないでしょうか?うん、オレがんばった

今月(2014.10)の走行記録
走行距離:1229.3km
走行時間:54時間27分
平均速度:22.6km/h
最高速度:61.7km/h
獲得標高:12610m(ルートラボより)

2014年の累計
走行距離:10021km
獲得標高:105630m

以上、走行距離だけじゃなく、ライド内容やルート、イベントなど総合的に見て、10月は充実したライドが多くできたんじゃないか?と、満足感の大きな月になったと思います。
年間走行距離も10ヶ月で1万kmを超え、月1000kmの目標ラインにやっとこさ乗っかってきました。1月からの借金をなんとか返済し終わりました。
獲得標高も月1万mペースになりましたし、ようやく昨年並みになってきました。

このまま11月、12月も突っ走りたいところですが、寒くなるし、なかなか難しいでしょうね
でも、残りあと二ヶ月、アゲアゲで頑張りますよーっ!!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トンネル:抜けるとそこは富士山?ライド(後編)

こんばんわー
今週末の天気予報、好転してきてますねー
明日は雨っぽいですが、日曜、月曜は晴れマークも付いてきましたよー
いやー、自転車乗りの祈りが通じたんでしょうかねー
日、月は思いっきり走りに行きたいと思います。

さて、この前の日曜(10/26)に行ってきた「柳沢峠〜御坂峠〜河口湖ライド」の後編です。
このライドには、gonさんとぽっぽさんにご一緒いただき、三人で行ってきました。
走行ルートは、↓こんな
20141026_root.jpg
ウチからの全行程の走行距離が240km、獲得標高が3700mです。

gonさんは+30km、ぽっぽさんは+50km、それぞれ走行距離が長くなったようです。
結構ハードなライドでしたねー

前編では、吉野街道〜青梅街道で奥多摩湖〜丹波山を通って柳沢峠を越え、塩山に下りてきて昼食を摂り、甲州市を南下して御坂みち(R137)のファミマで休憩したところまでを報告しました。

このファミマの時点で13時半、予定では御坂峠に14時に到着するつもりでした。御坂峠までは15〜16kmありますから、1時間半かかるとすると15時なので、予定よりも1時間のビハインドです。

てことで、できるだけ急いで上りたいところなんですが、脚が、、、
この日は、朝から脚がダル重く、付け根〜ケツの筋肉や靭帯に張りや痛みがあり、走ってる間に楽になるかと期待したものの、一向に軽くなる気配はなかったですねぇ〜

ま、負荷低めで走ってきましたから、酷くなることはなかったんで、残り距離を走り切るのは問題ないでしょう
でも、トロトロ上るしかありませんから、焦らずのんびり行くことにしますよー

てことで、再スタートして、御坂みちを上り始めます。
バイパスのトンネル(直進)と旧道(左折)の交差点
20141026_misaka01.jpg
ここを左折すると、いきなりの直線上り、、、

20141026_misaka02.jpg
ハぁ、、先は長いなぁ〜っと、早くもウンザリしながら、淡々と漕ぎ続けるしかありません。

またバイパスと合流してしばらくの間、上り始めから10km弱までの区間は、直線的なダラダラ上りが続くので、精神的に辛いですねー
20141026_misaka03.jpg

でも勾配としては5〜6%なので、脚が普通の状態ならテンポで上っていける上りだとは思いますがねぇ
で、やっと前方に旧道(K708)の分岐が見えてきました。
20141026_misaka04.jpg

ここを左に入ると劇的に世界が変わりますよー
それまでの片側二車線で交通量が多い国道から、いきなり林の中の九十九折れの林道に変わります。
20141026_misaka05.jpg

ほぼ全ての車は新道のトンネルを抜けていきますから、旧道の交通量は限りなくゼロに近いです。
旧道に入って少し走ると車の音も聞こえなくなり、静寂の中に自然の音だけが微かに聞こえる世界になります。タイムスリップしたような不思議な感覚になりますねー
20141026_misaka06.jpg

しかも、この御坂みち(旧道)は、路面がとても綺麗で滑らかなんですよ
いや普通、バイパスやトンネルができて旧道になった峠道って、管理や整備がおろそかになり(場合によっては放置され)、どんどん荒れが進んでいくじゃないですか
舗装がひび割れてたり、コケが生えてたり、落石や砂利、落葉、落枝が積もってたりするじゃないですか

そういう荒れたところが全くなく、御坂みちは、滑らかな路面が続いています。ここまで綺麗で走りやすい峠道はなかなかないですよ。
20141026_misaka07.jpg

いや、私の乏しい峠経験を思い返してみても、他には思いつかないレベルかもしれません。
また、斜度が一定なのも走りやすいですねー

miaskatouge.jpg
ルートラボで見ても、6%ちょっとの一定勾配が続き、勾配変化が極めて少ないですね。この点でも他の峠道とは一線を画しています。

以上のように、御坂みち(甲州側)は、路面状態、勾配、距離のどれをみても最上ランクの峠道であると言ってよいのではないでしょうか
なんてことを考えながらマッタリ上っていたら、ピークのトンネル(御坂隧道)に到着〜
20141026_misaka08.jpg

御坂峠とったどーっ!

20141026_misaka09.jpg
このトンネルの先には、御坂みちのランクを上げるもう一つの見所、私が是非とも上ってみたかった理由があります。

トンネルを抜けるとそこは、、、
20141026_misaka-T2.jpg
富士山がなかった、、、

いやー、残念無念
ま、上り始める前から山の上に雲がかかり、途中で霧雨も降ってきたから、こりゃぁダメだろうなぁ〜とは思ってましたが、、それにしても残念
20141026_misaka10.jpg
河口湖は見えてるんですけどねぇ〜

トンネル出口から↓こんなのが見えるはずだったんですが
20141026_misaka11.jpg
そこにあった看板で我慢します。

また改めて必ずリベンジすることを誓って下ることにします。
この時点で15時、やはり予定から1時間遅れです。

河口湖側の下りもしばらくは九十九折れの道ですが、距離が短く、すぐに新道と合流してしまいます。
その後、再び新道から分岐しますが、あっという間に河口湖に到着してしまいます。河口湖側は甲州側に比べて距離が短いですね

ま、それも当然。河口湖畔の標高が830mありますから、峠との標高差は500mくらいしかありません。
うん、やはり御坂峠は甲州側から上るのがお薦めですねー

で、河口湖まで下りてきたら、河口湖大橋は渡らずに、湖畔に沿って時計回りに走って、旅館街のところで記念撮影
20141026_kawagutiko.jpg

その後、富士吉田方面に向かい、富士急ハイランドのところからおひめ通りに左折して下吉田方面に向かう途中のセブンで休憩。
20141026_cafe2.jpg
セブンコーヒーとプリン生どらを補給。

ここからの帰路は下り基調の飛ばせる道ですから、遅れを取り戻しますよーってことで、再スタート。
下吉田から富士みち(R139)に入ったら、ガンガン踏んでいきますっ!いや嘘です。下り基調なので大して踏まなくても50km/h近くで車と一緒に巡航することができます。
が、この富士みちは、とにかく路面の舗装が悪くガタガタです。気をつけないと路肩で吹っ飛ばされます。

都留の町を抜け禾生駅前を右折して秋山街道に入ります。
雛鶴峠を越えていきますが、ここは上り距離が短いので、少しの辛抱で雛鶴トンネルに到着。
20141026_hinaduru.jpg
ノンストップでトンネルを抜けます。

17時近くになり、辺りは暗くなってきますが、秋山街道の下り基調のアップダウンをガンガン飛ばしていきますよー
すでに真っ暗になったアップダウンの道をグルグル飛ばすのは、スペースマウンテンに乗ってるような感覚でドーパミンやアドレナリンがドバーっ!って出ますねー
楽しい〜〜っ!!

で、上野原から少しの上りを越えて藤野に入り、相模湖方面へ
藤野駅方面と相模湖方面への分岐で一旦停止。この時点で18時でした。
予定では、17時半に藤野でしたから、30分取り返しましたよー

勝瀬橋で相模湖を渡ってR20に入り、相模湖駅手前のセブンで休憩。
20141026_garigari.jpg
レモネードとガリガリ君栗味を補給。

あとは大垂水峠を越えれば東京です。
この日最後の峠を頑張って越えますよー
20141026_ootarumi.jpg
ピークで上手く撮れませんでした。

ダウンヒルして高尾駅を越え、八王子を抜けて日野から立川に入り、国立の裏を抜けて府中街道に入ります。
府中街道を北上して青梅街道に右折し、小平のセブンで最後の休憩。
20141026_cola2.jpg
〆は赤コーラ

ここでお二人とお別れです。
20141026_kaisan.jpg
gonさん、ぽっぽさん、お疲れ様でしたー

で、私は府中街道を北上して帰ってきました。
帰宅が21時10分、16時間10分の旅でした。

この日(2014.10.26)の走行記録(再掲)
走行距離:242.87km
走行時間:11時間36分
平均速度:20.9km/h
最高速度:59.3km/h
獲得標高:3740m(ルートラボより)

以上、柳沢峠〜御坂峠〜河口湖ライドのレポートでした。
御坂トンネルからの富士山の絶景は見られませんでしたが、念願の御坂みちを走ることができ、満足です。

脚がキツくて、ゆっくりしか上れず、ご一緒いただいたお二人には焦れったい思いをさせてしまったかも知れませんが
お二人ともありがとうございましたー

御坂峠からの富士山の絶景については、必ずリベンジします。
ホントは明日、リベンジライドとして御坂峠〜大弛峠に行くつもりでしたが、天候悪化につき延期します。
来週に延期とも考えたんですが、今週末の天気予報が好転してきたので、日曜か月曜にチャレンジするかもしれません。
明日の夜までに決めたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

トンネル:抜けるとそこは富士山?ライド(前編)

こんばんわー
うーん、なんなんですか〜っ?!今週末の天気はっ!!
マヂで嫌がらせとしか思えない天気になってますよっ!
ホントに腹立たしいっ!誰に文句を言えばいいのか、、、もぉ泣けてきます

いやー、どうしましょうねぇ〜
昨日の記事でアップした土曜の山梨ライドは、とりあえず保留とします。
少しでも晴れ間いや曇りでも、タイミングを見ていけそうなら走りたいと思います。

さて、速報(こちら)をアップしてから既に4日も経っちゃいましたが、前の日曜(10/26)は、「柳沢峠〜御坂峠〜河口湖」ライドに行ってきました。
↓こんなルートを走りました。
20141026_root.jpg

このライド予定を前週の記事でアップしたところ、gonさんとぽっぽさんから参加表明をいただきました。
予定ルートでは、ウチからの全行程が250km&3700mですから、gonさん、ぽっぽさんともにそれよりも数十km長くなります。大変ですねー

そんなライドによく参加しようと思ったものだと感心しつつ(嘘です。よく参加していただいたと感謝しつつ)、当日は小作坂下のセブンに6時半集合です。
私は4時に起床し、軽く朝ご飯を食べて準備し、5時に出発しました。

小作坂下までは、青梅街道から羽村を抜けて行きますが、漕ぎ始めから脚が重い、、、てか、痛い、、、
太腿が重ダルいのは当然ですが、それ以外にも脚の付け根(前後)とケツに張りというか、つっぱり感みたいなものがあります。

うーん、前日の「荒川ライド」(こちら)の影響であることは明らかですが、ここまでのダメージが残るとは予想外でした、、、
でもまー、走ってればそのうち回るようになってくるだろう〜っと、楽観的に考え、トロトロ走ります。

小作坂下セブンに到着したのが6時15分くらい?
20141026_cafe.jpg

すでにgonさんが到着されてました。gonさんとは、BRM914上毛三山以来ですか?
すぐにぽっぽさんも到着。春の「佐野〜足利ライド」(こちら)以来半年振り二度目ですねー

ルートの簡単なブリーフィングと「ゆっくり行きますからっ」ということを宣言して、いざスタートです。
20141026_sunrise.jpg
多摩川からの朝日

友田の交差点から吉野街道に入り、奥多摩を目指して走り始めます。
うーん、やはり脚が重い。少しのアップダウンがこたえます。
古里駅前で青梅街道に入り、上り基調のアップダウンが始まると、早くもケツ筋が痛くなってきました。
20141026_oume.jpg

奥多摩駅を過ぎて勾配が上ってくると、時々ダンシングを交えながらハム〜ケツ筋の痛みを誤魔化します。
そんな感じで奥多摩湖に到着。
20141026_okutamako.jpg
朝の空気は爽やかで天気もサイコー

20141026_okutama1.jpg
この辺りの紅葉はまだまだですねー

駐車場まで移動して休憩してから再スタート。
奥多摩湖畔から丹波山までのアップダウンです。
20141026_okutama2.jpg

20141026_tabayama1.jpg
山梨県丹波山村にイン。

景色を楽しみながら低負荷で上り、脚の復活を待ちますが、なかなかキツいですね〜
道の駅「たばやま」に到着。9時でした。
20141026_tabayama2.jpg

日向ぼっこしながらマッタリ休憩。
20141026_bikkle.jpg
ビックルを補給。

予定通り9時半に再スタート。
いよいよ本日一発目の峠、柳沢峠に上り始めますよー
道の駅からピークまでは、距離約18kmで800mほど上ります。

ま、脚はダメなままですが、平均勾配的には5%弱なので、ゆっくり上れば問題ないでしょう〜
しかし、何度も書きますが、柳沢峠はダラダラ長いですねぇ〜
20141026_yanagisawa0.jpg

上っても上っても同じような景色が繰り返し出てきてウンザリします。
しかもこの日はバイク(エンジン付)がやたら多い、、、五月蝿いんだよっ!
でも、標高が上ってくると山は徐々に紅葉してきて、良い雰囲気になってきました。
20141026_yanagisawa2.jpg

20141026_yanagisawa3.jpg

20141026_yanagisawa4.jpg

20141026_yanagisawa5.jpg
円弧状の橋を渡ると、ピークまで1km弱。あと少しです

ピーク手前の気温は15°、寒さはなく、むしろ暑いくらいです。
20141026_yanagisawa6.jpg
ピークです。

20141026_yanagisawa7.jpg
柳沢峠とったどーっ!

てことで、記念撮影
20141026_yanagisawa1.jpg
しかし、残念ながら富士山の姿が見えません。

20141026_cola1.jpg
ご褒美の赤コーラ。美味っ!

しかし、この日は、エンジン付のバイクばかりで、ローディの姿を見なかったですねぇ、、なんで?
この時点で11時過ぎ、ほぼオンスけです。
では下りますかーってことで、甲州市側に下ります。

ここの下りは、道幅や勾配、カーブのRなどはいいんですが、路面がガタガタしているので、調子に乗って飛ばすと危ないです。路面の凹凸で跳ねてコントロール不能になりますから、気をつけないといけません。
ただ、塩山駅が近づく後半まで直線の下りが続いてるので、ずーっと50km/h以上で下ってくることができます。

しかし、その時は気付かなかったんですが、凹凸に気をつけないといけない、と言ってた私自身にとんでもないことが起こっていました。

で、塩山駅前に到着し、時間は12時前。
この辺で昼食にしましょーかってことで、駅前に行ってみるも、それらしい店は一軒だけしか見つからず
ほうとうと馬刺のお店「七幅」さんに入ることにしました。
20141026_hitihuku.jpg

店の裏の壁に自転車を立て掛けようとしたとき、セクター号のフロントタイヤから音がします。
ん?パンク?と思ってタイヤを押してみるも、空気は抜けていません。
んん??何?とフロントをトントンしてみると、ホイールからガタガタ音が、、、
んんん?っとよく見ると、クイックがプラっブラになって、ホイールが外れかかっていました〜〜っ!!

ひぃぇぃ〜〜こんな状態で50km/h以上のダウンヒルをやってたのかぁぁ〜〜っ?!
もうね、ゾっとしたなんてもんじゃぁないですよー
路面の凹凸で跳ねてたら、その勢いでホイールが外れて前のめりに大落車っ!!の可能性が高確率であったわけです〜〜

いやー、想像するだに恐ろしい〜
そんな落車をしたら、それこそ即アポ〜ン、、、南無〜〜ですよぉー
てことで、一瞬にして食欲がなくなったんですが、とにかく入店。

メニューでは、やはり名物の「ほうとう」か「馬刺」に目がいきますが、「馬刺定食」はライド中のお昼にいただくお値段とはかけ離れ過ぎ、「ほうとう定食」も少々セレブ設定。
そうやってメニューを見てるうちに、食欲回復。

20141026_houtou.jpg
gonさんと私は単品のほうとう、ぽっぽさんはモツ煮定食を注文。

山梨といえばほうとうだよねーって思ったら、モツ煮定食にはミニ馬刺が付くようです、、、一切れ恵んでいただきました。とろける美味さでした。
でも、ほうとうも、ボリューム満点、野菜やキノコたっぷりで、とても満足できましたよー
店の女将さんも気さくな方で、なかなか良いお店だったんじゃないでしょうか?お薦めします(てか、他に選択肢がないけどねー)

で、お腹が一杯になった我々は、次の峠、本日のメインディッシュである御坂峠を目指します。
が、この時点で12時半を回り、スケジュールから遅れ始めています。急がないといけません。

しかし、塩山から御坂峠の上り口まで、私が選んだルートは、甲府盆地の東の端っこ、山の麓に沿ったブドウ畑地帯を走る道。
そう、細かいアップダウンがあるんです。
昼食休憩直後で胃袋は重いし、一旦止めた脚は鉛のように重くて動きません。

ボトルに水を補給したいし、どこかコンビニに入ろうってことになりましたが、なかなか見つかりません。
御坂みち(R137)まで行けばありそうってことで、結局、御坂峠の上り口であるR137まで走りました。
そこでファミマにイン

とりあえず、さっきのほうとうがまだ胃に残っているので、野菜ジュースで気分転換を図ります。
この時点で13時半、、、御坂峠まで1時間半はかかるので、スケジュールから1時間押しですねぇ

それでは、いよいよ御坂峠アタックですっ!
ピークで目的の景色は拝むことができるのでしょうかっ?!

っと、長くなりましたので、残りは次の記事に回します。
またよろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予告:今週土曜はまた山梨へ紅葉ライド

再び、こんばんわー

今週末の三連休、日月は天気予報がイマイチ
なので、土曜(11/1)に賭けるしかありません。
てことで、走行予定を考えてみましたよ

先週の日曜(10/26)も行ったんですが、再び山梨です。
山梨の山へ紅葉ライドに行ってこようと思っています。
考えたのは、↓こんなルート
20141101_root0.jpg

道の駅「みとみ」にデポして御坂峠と大弛峠に上ろうかと
ume3さんのブログ「自転車に乗って全てを忘れてしまえ!」(こちら)のルートを参考にさせていただきました。

あ、先週も御坂峠に行ったんですが、リベンジも兼ねてます。
何のリベンジかは、そのライドのレポートをアップするまで書けませんけどね

で、大弛峠にも上ってみようかと
ここは、自動車で通行できる峠の日本最高地点、標高2,360mらしいです。
凄そうですねー

道の駅「みとみ」は、埼玉からR140(彩甲斐街道)の雁坂トンネルで山梨に抜けたところ(西沢渓谷)にありますが、この雁坂トンネルは自転車通行禁止。
ま、標高2000m超にある長さ6km超のトンネルですから、自走で越えるのも厳しいとは思いますが、車であっても一度走ってみたいと思ってました。

てことで、R299で秩父まで行き、R140で雁坂トンネルを抜けて道の駅「みとみ」まで、約100kmを車載してから、山三昧の紅葉ライドを楽しもうと思います。

走行予定ルートは、距離が約150km、獲得標高が3900mあります。
なので、走行時間は、最低でも10時間必要と考え、朝8時にスタートしたいですねー
5時にはウチを出発しないといけません。

こんなライド、ご一緒にいかがですか?
参加いただける方はコメント欄でご連絡下さいー
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

荒川:ライドからのさいたまクリテ観戦

こんばんわー
今日も良い天気でした。
なんとか週末まで持ってくれないものでしょうか、、お願いしますよー

さて、10/25(土)に行ってきた荒川ライド〜さいたまクリテリウム観戦の続編です。
前記事(こちら)では、長瀞まで遡上してから荒川に沿って下るライドの様子を報告しました。

この記事では、ライドの後半に寄った「さいたまクリテリウム観戦」の様子を書きたいと思います。
ライドから引き続きあゆさんと一緒でした。

レース開始時間である15時に埼玉新都心コクーン向かいの駐輪場に到着。
20141025_tyuurin.jpg
用意されたバイクスタンドに駐輪して観戦開始です。

レース会場は、↓こんな
2014saitama-crite.jpg

今回のレース観戦も前回のジャパンカップと同様に、会場をウロウロ移動しながら選手が来たら写真を撮るって感じでした。
その写真もテキトーにスマホのシャッターを押しまくっただけなので、ほとんどがブレブレのボケボケで使いものになりません。

ってことを予め断った上で、写真中心の観戦レポートになります。
いや、文章にするほどの内容が思いつかない、ってか、内容がナイヨぉ〜、、なんつてー

レポート開始です。
先ずは、駐輪場所から最寄りのコクーン前、180°コーナーで待ちます。いや、コース際はすでに観客で埋め尽くされているので、コース脇の通路を移動しながらタイミングを測ります。
20141025_saitama1.jpg

20141025_saitama2.jpg
おぉっ!有名どころの選手がたくさんいますねー

スタート直後でまだまだペースが遅いのと、このコーナーでは最もスピードが落ちるので、選手がよく見えますねー
そこから駅の方に移動し、駅西側のさいたまるしぇからコース脇に下りていきます。
この辺りはコースの内側で他の場所に移動しにくいので、一旦さいたまるしぇに上ってからペデストリアンデッキ(歩道橋ね)で、コースの外側に渡ります。

20141025_race03.jpg
ここは、さっきの180°コーナーに向かうコーナーと、そっから帰ってくるコーナーの2つの90°コーナーが見える場所ですね
当然人が多いです。

そこからコースの外側に沿って南に移動。
ここの歩道、昨年は大混雑して動きがとれなくなった場所です。昨年は、ここがスタート/ゴールで、仮設スタンドや選手入場口があったのも原因ですが、とにかく通路(歩道)が狭かった。
今年は、観戦エリアを車道に設けて、歩道は立ち止まり禁止にしたことで、観客がスムーズに移動できるように改善されてました。

南端のコーナー
20141025_race04.jpg
昨年は、ここに陣取ってレースを観ていました。

しかし、今年はどのコーナーにもテレビカメラの櫓が立っていて、その周りのエリアが囲まれて観戦できなくなってましたねぇ、、、
ま、テレビ放映とスポンサーなど大人の事情がいろいろあるんでしょうけど、最も見所となる場所で、そこまで広いエリアを立ち入り禁止にするのはいかがなもんかと、、、

歩道橋でコースを越えて内側に移動
20141025_race05.jpg
イン側ですから選手が近くなるものの、写真はブレブレ〜

そこからコースに沿って北に向かいます。
20141025_race06.jpg

さらに移動。
20141025_race07.jpg
フラムルージュが見えてきました。

しかし、前週のジャパンカップとは雰囲気が全く違いますねー
観客は多いんですが、客層が全く違ってる感じ?
ピチピチジャージで歩いていると違和感ありまくりでしたー

さっきの90°コーナーイン側です。
20141025_race08.jpg

そろそろレースも終盤になってきたので、駐輪場の方に戻りつつ観戦することにしましょうかってことで、移動します。
トンネルの西側出口
20141025_race09.jpg
山岳ポイントですね

駅を越えて東側に移動
トンネルの東側入口
20141025_race10.jpg
ここだとスピードが乗ってるのでブレます。

再び、180°コーナーの立上がり側
20141025_race11.jpg

20141025_race12.jpg
サガンに続いてユキヤ

いよいよ最終ラップです。トップ集団が180°コーナーに突っ込んでいきます。
20141025_race13.jpg

立上がり
20141025_race14.jpg
キッテルが3番手

20141025_race15.jpg
デマール、サガン、ニーバリ、クリストフが続きます。
この後ろにユキヤ、フミなども頑張ってましたねー

この後、後続集団が通過するのを見て、撤収です。
場内アナウンスも何もないので、結果は全く分かりません〜
駐輪場はすぐそばなので、とっとと準備して帰路に着きました。

帰宅してから録画しておいたテレ東の放送を観ました。
キッテルがスプリント勝負を制したんですねー
今年は一応ちゃんとしたレースになったようですね

以上、さいたまクリテリウムの観戦レポートでした。
って、レポートになってない?
んーしょーがないですね。レース内容をほとんど考えずに観てましたからー
ま、さいたまクリテはそんな感じでユルーく観るものってことでー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

荒川下り:長瀞からさいたまへ、荒サイ終点も

こんばんわー
昨日は週明け早々の飲み会でした。
疲労物質が溜まってバキバキの身体で飲んで夜遅くに帰宅、、、
今日はもぉ眠い眠い、、、

さて、この前の土日(10/25,26)は、10月最後の週末ということで、気合を入れて連続で走りました。
そのおかげで、昨日は、身体中がミシミシ、、、特に、太腿が熱を持ってホッカイロのようになってました。
今日はだいぶマシになってきましたが、まだ立ったり座ったりがキツいです

その土日は、ともに朝から走りに出て、帰宅が夜になったため、走行レポートが速報しかアップできていません。
なので、改めて10/25(土)のライドの模様から順にアップしていきたいと思います。

土曜は、埼玉新都心で開催される「さいたまクリテリウム」の観戦に自走で行く、というのが元々のライド予定でした。
しかし、埼玉新都心までの往復だけだと、走行距離が50kmにも達しません。

それじゃぁあまりにも寂しすぎる(ノルマの件もありますが)
だったら、午後からのレース前にグルっと走って、その帰りにさいたまに寄ってレース観戦すればいいんじゃね?俺って天才〜っ!

てことで、さいたまに寄りやすいルートとして、荒川サイクリングロードを使うことにしました。
また、翌日曜には250km&3500m超の山岳ライドを予定していたので、土曜は平坦路で負荷軽め、でも距離は稼ぎたい、ってことで、↓こんなルートにしました。
20141025_root.jpg
奥武蔵の山麓に沿って小川町まで北上し、K11で寄居〜K82で長瀞まで荒川を遡上し、帰路はR140で熊谷から荒サイに入ってさいたままで下ってくるというもの

ウチからの往復距離が160km(実走は177km)で、獲得標高が800m(上昇率0.5%)と、狙い通りド平坦ですね。
こんなライド&埼玉クリテ観戦にあゆさんから参加表明いただきました。前週のジャパンカップ観戦ライドに続いてご一緒です。

では、当日を振り返っていきます。
朝は6時に起きて朝ご飯を食べ、サクっと準備して7時に出発。
20141025_secteur.jpg
もちろんセクター号で出撃

あゆさんとの集合場所である日高のローソンまでマッタリ走ります。
集合時間は8時半にしたんですが、8時過ぎに到着。早すぎました。
でも、すぐにあゆさんが到着したので、ご歓談〜
8時半よりも前倒しでスタートしました。

K30を北上し、毛呂山、越生、ときがわを抜けていきます。
脚はフレッシュですから軽いですねー
あっという間に小川町駅前に到着。
20141025_ogawamati.jpg

ここからはK11を西に走り、東秩父村に入ります。
20141025_higasititibu.jpg

この辺りまでくると、山が近くて空気の感じが変わり気持ちいいですねー
20141025_otiaibasi.jpg
定峰峠との分岐である落合橋の交差点を直進し、K294に入りますが、この道を走るのは初めてです。
いや、良い道ですねー

寄居です。
20141025_yorii.jpg

寄居のファミマで休憩。ここまで60km、良いペースです。
20141025_cafe1.jpg
カフェオレとチキン南蛮ドッグを補給。

そこから一旦R140に出て、波久礼駅前で右岸に渡りK82を走ります。
ここは、以前逆から走ったことがありますが、ちょっとした丘越えがあります。脚を使わないように軽いギアで上がっていきます。
この坂で本日の上りは終了。あとは下り基調〜平坦しかありません。

で、予定では長瀞で荒川を渡って戻ることにしていましたが、K82も気持ちよく走れたので、気がついたら皆野まで来ちゃってました。
そこで左岸のR140に渡って戻りましょぉ〜

この時点で11時過ぎ、埼玉新都心まで70〜80kmくらい?3時間半かかるとして、レースの始まる15時にギリですねー
ま、クリテリウムだし、前半は顔見世興行だし、ってことで、全く急ぐ気なし〜

せっかく長瀞まできたんだし、観光(ブログ用記念撮影)でもしましょうか〜
てことで、長瀞駅前の交差点から川の方に入っていきます。
ザ・観光地って感じの土産物屋の間を抜けて、川へ
20141025_iwadatami3.jpg
岩畳ですが、人が多すぎて人畳状態

20141025_iwadatami1.jpg
この階段で写真だけ撮ったらもう用はありません。とっとと戻ります。

で、R140を川下に向かって走り出しますが、ここからはあゆさんが先導してくれます。
少し走ったところで、前方左側の脇道から一人のローディが出てきて対向車線に入りました。
すれ違うときにそのローディがこちらに向かって「おーい」と声をかけてきたので、よく見ると「sepaさんっ?!」
あゆさんに「ストープっ!」と声をかけて停車。
20141025_sepasan.jpg
sepaさん、お久しぶり〜。BRM914以来ですねー

しかし、このスライドは、ホントに奇跡的なタイミングだったようで、前後に1分でもズレてたら会えなかったみたいです(詳しくはsepaさんの記事に解説があります)。
しばし談笑してからsepaさんとお別れ
また改めてご一緒しましょ〜

あゆさんと私はR140を寄居〜熊谷方面に向かって走ります。あゆさんに牽いてもらいますが、ちょうど良いペースで快適々々〜〜
寄居を抜けてR254と少しだけ合流するところが面倒ですが、それ以外は道幅があって走りやすいです。

旧R140(秩父往還)に入ると、そろそろ荒サイが近づいてきたので、その前にファミマで休憩。
20141025_aqueri.jpg
アクエリレモンと塩チーズパンを補給。
身体が塩分を求めていました。

その後、再スタートすると「ん?なんか見たことある道」と思ったら、先月の鳥めしライド(こちら)で嵐山〜深谷に抜けたときに交差した場所(K69)でした。道がつながりました。

で、明戸駅のところから荒川方面に入っていきます。
土手の上に道があるのでサイクリングロードだと思ったら、、、
20141025_arakawa1.jpg

20141025_arakawa2.jpg
ダートでした、、、

一応、堤防天端道路ではあるみたいですが、CRとはチョット違う、、、
パンクと落車に注意しながらしばらく走ってみましたが、舗装路になる気配がないので、一旦離脱してR140に戻り、K385の熊谷大橋の脇から再度アプローチしました。
20141025_arakawa3.jpg

はい、ここ熊谷大橋の下が荒サイ左岸の終点(起点?)です。
20141025_arasai2.jpg
ここから西側はダートになってますねー

20141025_arasai3.jpg
橋の下から東側にサイクリングロードが続いています。

ここからはCRをバビゅーんっ!と飛ばしていきますよーっ!
って、あゆさんに着いていくだけですが〜
20141025_arasai4.jpg

途中、大芦橋で右岸に移り、吉見運動公園で休憩。
20141025_yosimi.jpg

ここは、荒サイライダーにとって貴重な休憩場所であると教えてもらいます。
20141025_cola.jpg
荒川と赤コーラ

この時点で13時半を過ぎてましたから、あと1時間ちょっとでレースが始まりますが、特に焦りません。
再スタートして、桶川のホンダエアポートを過ぎると、私も走ったことがある辺りまで戻ってきました。
R16の上江橋で東側に渡り、K2に入って大宮駅まで走り、線路を越えます。
埼玉新都心に到着すると、イベントの雰囲気が漂ってきました。

コクーン南側の駐輪場に自転車を停めます。結構ガラガラでした。
20141025_tyuurin.jpg

その後、クリテリウムを観戦しましたが、その件は別記事で報告します。

で、レース後は、結果も聞かずに速攻で帰路に着きます。
与野本町を抜けてR463に出て、羽根倉橋を渡ったところであゆさんとお別れ
あゆさん、一日お付き合いいただき、ありがとうございましたー

私は、志木を目指し、途中のサンクスで最後の休憩
20141025_cafe2.jpg
カフェオレを補給。

そこから新座、清瀬を抜けて帰ってきました。
帰宅が18時10分、11時間10分の旅でした。

この日(2014.10.25)の走行記録(再掲)
走行距離:177.89km
走行時間:7時間02分
平均速度:25.2km/h
最高速度:59.1km/h
獲得標高:820m(ルートラボより)

以上、この前の土曜日に行った荒川下りライドの走行レポートでした。
この日は暑いくらいの良い天気で、気持ち良く走って走行距離も稼ぐことができました。
が、調子に乗って脚を使っちゃった感が、、、翌日に響かなければいいんですが(いや、実際は相当響きました)

長瀞観光もできたし、荒川サイクリングロードの終点を知ることもできました。
さらに、レース観戦までありましたからね、とても充実したライドになりましたー

次回、埼玉クリテリウム観戦編に続きます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:柳沢峠〜御坂峠〜河口湖240km

こんばんわー
もうヘロヘロです。
とりあえず、速報だけ

今日は、奥多摩湖〜柳沢峠〜御坂みち〜河口湖〜雛鶴峠〜大垂水峠に行ってきました。
ご一緒したのは、gonさん、ぽっぽさんです。

5時に出発し、小作坂下のセブンに6時半に集合し、奥多摩湖まで上りました。
20141026_okutamako.jpg

道の駅「たばやま」から柳沢峠
20141026_yanagisawa1.jpg

甲州市塩山に下り、御坂みちで御坂峠(トンネル)
20141026_misaka-T1.jpg
この先に富士山が見えるはずですが、果たして見ることができたのか?

河口湖に下り、富士吉田から富士みちで都留まで行き、雛鶴峠を越えて秋山街道で相模湖、R20で大垂水峠を越えて帰ってきました。
帰宅が21時10分、16時間10分の旅でした。

今日の走行ルート
20141026_root.jpg

本日(2014.10.26)の走行記録
走行距離:242.87km
走行時間:11時間36分
平均速度:20.9km/h
最高速度:59.3km/h
獲得標高:3740m(ルートラボより)

以上、以前から行ってみたかった御坂峠に上ることができました。
昨日に引き続きガッツリ走ることができ、非常に満足感はありますが、とにかく脚が疲れ切ってしまいました、、、
詳しいライドの様子は改めて報告します。

10月ノルマでは今日は「柳沢峠〜御坂みち250km」でしたが、この距離は概ねのもので、今日は設定ルート通りに走って242kmなので、ノルマ達成です。
これでノルマに対して、5+1勝2敗2分となりました。
うん、頑張りましたよー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:荒川下りライド&埼玉クリテ観戦

こんばんわー
今日は良い天気でしたねー
昼間は暑いくらいでしたが、湿度が低くてとても爽やかでした。

今日は、行ってきましたよー
荒川の上流まで行って、荒川沿いに下り、埼玉新都心でクリテリウムを観戦して帰ってくるライドです。
ご一緒いただいたのは、あゆさんです。
とりあえず、速報をアップします。

朝7時にウチを出発し、8時半に日高のローソンに集合(実際は8時過ぎに二人とも到着)
K30を小川町まで行って、K11〜K294で寄居、R140〜K82で長瀞へ
長瀞では、岩畳を見学
20141025_nagatoro1.jpg

その後、R140で熊谷方面に戻り、熊谷から荒サイに入ります。
20141025_arasai1.jpg
あゆさんの牽きでバビューンっと荒川を下り、R16〜K2で大宮に入り、埼玉新都心へ

到着したのが15時ちょうど、レースが始まります。
コクーン前の180°コーナー
20141025_saitama1.jpg
サガンとキッテル?

20141025_saitama2.jpg
ニーバリ

その後、コースに沿ってグルっと一周しながらレースを観戦し、最後の2周くらいでコクーン前に戻ってきて、最終ラップの選手達を見送ったら、結果も知らないまま帰路に着きます。
与野を抜けてR463の羽根倉橋を渡ったところで、あゆさんとお別れ
あゆさん、今日はお疲れ様でした&ありがとうございました。

その後、志木の方に曲がり、新座〜清瀬を抜けて帰ってきました。
帰宅が18時10分、11時間10分の旅でした。

今日の走行ルート
20141025_root.jpg

本日(2014.10.25)の走行記録
走行距離:177.89km
走行時間:7時間02分
平均速度:25.2km/h
最高速度:59.1km/h
獲得標高:820m(ルートラボより)

以上、今日は、埼玉クリテリウムに絡めて荒川沿いのド平坦ライドでした。
一日中、よく晴れてサイコーに気持ちのよい天候のもと、気持ち良く走ることができました。

今月ノルマとしては、今日は「ご近所50km」のところ、170km超という形で大幅に上積みすることができました。
これでノルマに対して、4+1勝2敗2分となり、勝ち越しになりました。満足ですっ!

で、明日は連チャンで「柳沢峠〜御坂みち〜河口湖ライド」の予定です。
朝5時出発なので、早く寝て体力を回復させ、明日に備えたいと思います。
明日もがんばりますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

悩む:ブログの写真をなんとかすべき?

こんばんわー
昨日は、上司とのサシ飲みで帰宅が24時で、更新はお休みしました。
いやー、飲み過ぎて帰りの電車で寝ちゃって、危うく乗り過ごすところでしたよー
ハっ!と起きたらドアが開いていて、見覚えのある階段が見えて慌てて飛び降り、事なきを得ました。
ちなみに上司は乗り越してタクシーで戻ったらしいです。ザマぁー

さて、明日は、先日の記事(こちら)で予告した通り、荒川下り(ド平坦)ライド〜埼玉クリテ観戦に行く予定です。
ご一緒するのは?先週のジャパンカップ観戦ライドに引き続きあゆさんで、8時半に日高のローソンに集合する予定です。

さてさて、タイトルの件
当ブログに掲載している写真なんですが、我ながら「ショボいなぁ〜」と感じています。
他の方のブログを訪問すると特に感じますねー
いやー、皆さん綺麗な写真を掲載しておられる、その後に自分のブログを見ると「なんじゃ?こりゃ」と

実感したのが、先週のジャパンカップの観戦記事です。
ご一緒したブロガーが4人(24WEさんとり丸さん、あゆさん、プチデビルさん)、皆さんのブログを拝見すると「あれ?同じ場所で同じ時間に撮影したはずなのに、なんで?」ってなりました。

24WEさんはコンデジでしたが、他の3人はスマホ(皆iPhoneだった?)で撮影してたと思います。
私もスマホ(DIGNO T 302KC)で撮りました。
20141001_digno2.jpg

いや、画質(ピントや色、露出)は、AUTOでカメラ任せなので、まぁいいんです。特に拘りはありません。
しかし、アングルや被写体の大きさがイマイチ、いやイマサンくらいダメダメで、フォーカスの鮮明さもありません。

まぁ、撮り方の問題が大きいとは思ってます。
他の観客の後ろから撮ることが多かったので、腕を上に目一杯伸ばし、見下げる形でスマホをかかげ、テキトーなタイミングでシャッターを押し続ける、というような撮り方をしていました。

いや、やはり、走ってる選手は自分の目で見たいじゃないですかっ?!だから、スマホの画面越しってのはイヤなんです。
そんな撮り方をしたから、↓こんな感じや
20141019_race05.jpg

↓こんな感じに
20141019_race12.jpg

・シャッタータイミングが悪く被写体が遠い
・撮りたかった先頭が行き過ぎてブレている
・見下げのアングルになって迫力がない
・選手の顔などがハッキリ写っていない
・被写体が周囲の景色に溶け込んで浮き上がらない

うーん、なんとも残念な感じになっちゃってますねー

ちなみに、昨年の埼玉クリテリウムのときの写真も
20131026_lap19.jpg
似たような感じですねー
選手が近かった分、大きく撮れてますが

ま、レースなど動きが速い被写体を撮るのにスマホのカメラは、レリーズタイムラグが大きいから向いてないってのはあるんですが
それにしてもちょっといただけないですねー

一方、普段のライドの時に撮るのは、自転車と補給食、たまに景色です。
でも、それらもいつも同じようなアングルで撮っていることに気付きます。
20141017_morning.jpg
うーん、やはりセンスの問題でしょうか?

まぁ、基本的に当ブログの目的は、自分の自転車ライフの記録を残すことですから、写真の美しさなどは二の次だと思っていました。
場所が分かればよいし、補給したものが記録できればよい、パーツ交換やメンテの記録が残せればよい、って程度に考えていました。

その基本路線に変わりはないんですが、どうせ掲載するのであれば奇麗な写真の方がいいな、とも思い始めました。
また、ブログ開設当初は写真枚数も少なかったんですが、最近は写真に頼ることが多くなってきてるので、見栄えも気にした方がよいのかな?とも

では、写真の出来を良くするにはどうするか?
・センスは、どうしようもないか?
・機材に頼る→コンデジの導入?
・撮り方を勉強して工夫する

コンデジ導入は、コストがかかるし、荷物も増えます。
なので、とりあえず、手っ取り早くできるのは、撮り方の工夫ですね
他のブログなんかを見てアングルや被写体の納め方、光の具合など、奇麗に見える写真について勉強したいと思います。

あと、スマホカメラの設定で何かできる部分があれば、それも試してみたいんですが、カメラの基礎知識が皆無なんですよねー
ま、それは徐々に勉強していくしかないですね

とりあえず、明日のライドとレース観戦では工夫して撮ることにしますよー
これまでとは違う写真を撮ってきますから、お楽しみにー
では、明日、頑張って行ってきますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:埼玉クリテ(10/25)&御坂みち(10/26)

こんばんわー
寒いですねー
明日は、さらに寒くなるみたいです。
でも、週末は天気が良くなるようなので一安心。

さて、今週末の予定です。
今度の土日は、10月最後の週末ですから、ここでどれだけ走れるかが10月ノルマの成否に大きく影響します。

先週までの実績は、ノルマに対して3+1勝2敗2分
2分ってのは単に雨で走れなかっただけなので、走行距離的にはゼロですから、実質負けに等しいんですけどねー
てことで、今度の土日は、なにがなんでも2勝を挙げないといけません。

その土日の予定ですが、月初の記事では、↓こうなってました。
 25(土) 「埼玉クリテリウム」観戦自走往復50km
 26(日) 「柳沢峠〜御坂みち250km」
合わせて300kmになってます。

が、前述のように、ノルマに対して実質4敗という現状を鑑みるに、300kmで十分とは言えないという苦しい台所事情があります。
ここは、一気に逆転満塁ホームランを狙いたいところ

そんな離れワザとして考えられるとしたら、2日で600km走るとか?ですが、それはあり得ませんから、地道にできる範囲で頑張るしかありません。
てことで、基本的に予定を大きく変更することなく、距離を稼ぐために、土曜の予定を見直すことにしました。
ただ、埼玉クリテリウム観戦は行きます。その上で、ライド距離を加えることにしました。

変更後の土日の予定
■10/25(土) 荒川下りライド〜埼玉クリテリウム観戦
午前中に荒川の上流(長瀞方面)まで行き、荒川に沿って下り、荒サイを使って埼玉新都心へ

埼玉クリテは、13時からポイントレースが始まりますが、それは観なくても構いません。15時からのクリテリウム本戦に間に合うよう、14時過ぎに到着するようにします。
7時出発とすると、7時間で140kmは走れそうです。

以上の条件で考えたルートが↓こちら
20141025_root0.jpg
距離が約160km、獲得標高が770mでド平坦です。

いや、翌日にダメージを残さず距離を稼ぐにはしょーがありません。
埼玉クリテのレース終了が16時半とすると、18時には帰宅できると思います。

■10/26(日) 柳沢峠〜御坂みち〜河口湖ライド
こちらのライドは、以前に公開したルートの通りです。
20140604_misakamiti.jpg
距離が約250km、獲得標高が3750m(上昇率1.5%)です。

青梅街道で奥多摩湖から丹波山に抜け、柳沢峠を越えて甲州市に入り、塩山から御坂みちを通って御坂峠(旧御坂トンネル)を越えます。
御坂みちを河口湖に下ったら、富士吉田から富士みちで都留まで下り、雛鶴峠を越えて秋山街道で藤野に抜け、相模湖を通って帰ってきます。

このライドには、gonさんから参加表明をいただいています。

スケジュールとしては、以下のように考えています。
5:00 ウチを出発
6:30 小作坂下セブン(集合場所)
9:30 道の駅「たばやま」
11:00 柳沢峠
12:00 塩山で昼食
14:00 御坂峠
15:00 河口湖
16:00 都留
17:30 藤野
18:30 八王子
20:00 帰宅

250kmを15時間ですから、グロスAv.16.7km/hに設定しました。それほど無理なく走れるかな?(楽ではないけど)
帰路の藤野では日が沈んで真っ暗になっていると思うので、その先は安全、確実にってことで、R20(大垂水峠)を選んでます。
ま、この辺は当日の状況次第で適宜に判断します。

以上のような週末ライド、頑張りたいと思いますー
ご一緒いただける方がいらしたら、是非っ!!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

宇都宮:ジャパンカップ観戦ライド(レース編)

こんばんわー
腰に続き、足のスネが筋肉痛です。
これは自転車というよりもレース観戦で歩き回ったことによるものと思われます。

さて、10/19(日)に行ってきた「ジャパンカップ観戦ライド」の続編、レース観戦編です。
この日は、24WEさんとり丸さん、やまさんさん、あゆさんプチデビルさんにご一緒いただき、坊主頭さんには途中まで先導していただきました。

関宿城から宇都宮森林公園までやってきた我ら一行、駐輪場に自転車を重ねて停めたら、いよいよコースインです。
ちょうど10時でレースが始まったところ
20141019_race01.jpg

定石通り?に古賀志林道を目指して歩き始めますが、赤池手前でいきなりの大渋滞。
20141019_akaike.jpg
渋滞を抜けたら、すでに2周目に入った選手達がやってきそうな時間。
コース脇で隊列を待ちます。

ちょうどBRITZENバーガーの露店のところでしたが、まだ販売してない?ま、お腹も減ってないので、下ってきたときに食べることにします。
先頭がやってきました。4人の逃げが決まったようです。
20141019_race02.jpg
集団は、マッタリペースで通過します。

隊列か通過したら、我々も移動。この後は、20分間隔で待機、観戦(写真撮影)、移動の繰り返しです。
20141019_kogasi01.jpg

しかし、次の場所への移動中に「弱虫ペダル」の渡辺航先生も上ってきて、近くで観戦されてました。
先頭4人が通過
20141019_race03.jpg

日本チャンピオンの佐野選手を含む追走2名
20141019_race04.jpg

続いて集団が通過
20141019_race05.jpg

その後、観客の求めに応じて一緒に写真を撮ったり、サインをする渡辺先生
20141019_watanabe.jpg
記念撮影してもらうデビさんを撮る
私も握手だけしていただきました。

また移動し、坂を上ります。今度は少し崖を登ったところに陣取りました。
逃げの4人は変わらず
20141019_race06.jpg

集団はSKYがコントロール
20141019_race07.jpg

また移動。
急坂には様々なペイントがあります。
20141019_abuabu.jpg
アンディもフランクもいないけど、、、

KOMポイントに到着。
20141019_kom.jpg
しかし、人が多過ぎ〜〜

とりあえず、崖上に登って、裏側からコース脇に回り込む作戦。が、行き止まり
この周は木の間から観戦
20141019_race08.jpg
見下ろす感じは悪くないけど、ちょっと遠い

隊列通過後、少し場所を移動してコース近くで待機
次は6周目の山岳賞がかかった周回
先頭は、ホセがアタックして単独で通過
20141019_race09.jpg

残りの3人も通過
20141019_race10.jpg
集団は相変わらずSKYのコントロールで淡々と

では、下ります。
下りでも途中で二度ほど止まって隊列を見送ります。
20141019_race11.jpg

集団は逃げとのタイム差を徐々に詰め始めました。さすがトッププロ、無線がなくても計算通りにレースをコントロールします。
20141019_race12.jpg

で、最初に止まった場所でBRITZENバーガーを食べようと思ったら、すでに売り切れーっ!ガーン、、、
スープギョーザ?しか残ってませんでした。パスっ

この時点で9周目?あと2周でゴールです。
ゴールをどこで観ようか?と協議の結果、最終コーナーまで行ってみることに
その移動中、スタート/フィニッシュ地点そばで鶴CCからの下り90°コーナーを見ましたが、もの凄いスピードでコーナーに突っ込んできますねー
20141019_race13.jpg
いやー、恐ろしい〜〜

この頃には集団か逃げを吸収し、最後の勝負に備えて集団を絞り始めたのかな?
我々は、最終コーナーのアウト側で観戦ポイントを探します。

ここは、最終周回だけ走る部分なので、それまでは何も見えないんですが、多くの人が路肩に陣取ってましたねー
その人達の後ろに立って、ラスト200m看板〜最終コーナー〜ゴール前ストレートが見渡せる場所を確保しました。

で、そろそろ先頭が来るころかなぁ〜っと思って200m看板の先を見てると、あれ?また鶴CC側から戻ってきましたよー
あぁ、今の周回が10周目で、次が最終周回だったのね〜
メインステージ付近で流れてる実況中継は微かに聞こえるんですが、細かい部分が聞き取れません。
まーでも、あと15分程でゴールです。

先頭は11,12人?くらいに絞られたらしく、何人かの選手名は聞き取れましたが、状況がよく分からん〜
とにかくゴールスプリントになりそうなので、緊張して待ちます。
先導車が何台か通り過ぎ、いよいよ先頭が来ますっ!
20141019_race14.jpg
テンションマックスですーっ!

20141019_goal-sprint.jpg
コゴオオォォォ〜〜

20141019_race15.jpg
一瞬のことでした。

誰がいたのか?ゴールスプリントがどうなったのか?何も分かりませんが、もの凄い迫力でした〜っ!

その後もフミやユキヤなど続々と選手が通過してゴールしました。
ゴールスプリントの余韻を引きずりながら、我々も撤収です。

スタート/フィニッシュに向かって移動し、TREKブースの前で彼の姿を探します。
20141019_trek.jpg
そう、カンチェラーラがどこかに来ているはず

うーん、見当たりませんねぇ〜
(翌日のシクロワイアードの記事では、レース後にこの場所で、カンチェを含むTREKの選手全員が顔を見せてくれたらしいけど、、もう少し粘ればよかったのかな?)

ま、帰りのこともありますから、彼に逢うのは諦めて、駐輪場に向かい、帰りの準備をしました。
以上でレース観戦は終了
その後は、昨日の記事で書いた通り、古賀志林道を上ってから帰りましたよー

以下、何点か感想など
レース観戦は、一昨年のTOJを大井埠頭に観に行ったのと、昨年の埼玉クリテリウム以来、3回目ですが、やはり、ジャパンカップは雰囲気が違いましたねー

観客の混雑具合では埼玉クリテも結構なものだったんですが、熱気や盛り上がりの面では、ジャパンカップが勝ってます。
レース自体も、チームや選手のレベルの高さ、真剣勝負の雰囲気がヒシヒシと感じられ、本場ヨーロッパのレースを体感することができました。

ま、あえて言うまでもなく、レース展開や選手の様子をじっくり観たければ、TV観戦の方がよいのは当然です。
しかし、現場ならではの空気感(音や風、選手のオーラ)は、わざわざ苦労してレース会場まで足を運び、自分の足で歩き回った者達だけが感じ取ることができます。

その意味では、とても疲れたけど行ってよかったし、疲れを上回るだけの満足感と充実感を得ることができました。

あ、あと、得ることができたといえば、↓こんなものも
20141021_botl1.jpg
TINCOFF SAXOのボトル

これは、あゆさんの足元に飛んできて、あゆさんがゲットしたものなんです。
が、その後、補給地点の前を歩いて戻るときに、あゆさんがSKYジャージでアピールしてSKYチームからボトルを手渡しでもらったため、2本もいらないってことで、譲ってもらいました。
ちなみに、とり丸さんも拾ったボトルの中身を飲んでましたね。ワイルドですー

以上、ジャパンカップのレース観戦編でした。
いやー、ホント楽しかったです。また来年も是非行きたいと思います。
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございましたー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

宇都宮:ジャパンカップ観戦ライド(往復編)

こんばんわー

腰が痛いです。
脚もそれなりに張ってますが、それよりも腰にキテますねー

いやー、昨日のジャパンカップ観戦ライド、リュックを背負って行ったんですが、このリュックが重かったのが原因です。
リュックの中身は、靴とワイヤーロック、ライト2本などの装備類、予備タイヤ、ウェア類、補給食、あとはカンチェにサインをもらうためのDVD2枚とサインペン、、、

リュック自体を含めて3kgくらいあったかも?大袈裟?
いや、そんなにあるわけないと思われるかもしれませんが、最大の重量物は、↓このワイヤーロック2本
20141020_chainrock.jpg
2本で500gを超えています。

なんで2本も持っていったのかって?
そりゃぁ、同行する皆さんの自転車を安全に停めておけるように、との配慮に決まってるじゃないですかー
でも、右側のぶっとい方(これだけで350gある)は、結局使わなかったんですけどねー
ホント、このワイヤーロックは買って失敗でした。どなたか要りませんか?

さて、そんなジャパンカップの観戦ライドですが、レース観戦中に撮りまくった写真の整理が追いつかず(ほとんどはボケボケブレブレで使い物にならない)、レース観戦編は後回しにします。

先ずは、宇都宮森林公園までのライドレポートとして、往復編をアップします。
このライド予定を事前にアップしたところ(こちらこちら)、24WEさんとり丸さん、やまさんさんから参加表明をいただきました。
さらに、独自に自走往復観戦を計画していたあゆさんからも合流する旨の連絡をいただきました。

行程、スケジュールとしては、関宿城に集合して6時に出発し、約70km走って10時前に森林公園に到着。
レース観戦(5時間ほど)をして、14時半の道路規制解除とともにコースインし、古賀志林道を越えてから帰路につき、19時頃に関宿城に戻ってくる、という計画。

走行ルートは、↓こんなんでした。
20141019_root.jpg
関宿城〜宇都宮は、K17とK35の県道のみを使う安全優先のルートです。
いやー、死の国道4号バイパスは走りたくないですからねー

では、当日(10/19)の朝から振り返っていきます。
この日は3時に起床し、とっとと準備をして3時半過ぎに車載で出発。

先ずは、とり丸さんを拾うために小金井公園前のサンクスを目指し、4時前に到着。
あ、とり丸さんとは、ブログのコメント欄でやり取りはあるものの、お会いするのは初めて、、、緊張します。
すぐにとり丸さんも自転車で到着し、初めましてのご挨拶。

とり丸さんの愛車CAAD10を積み込みます。
20141019_shasai1.jpg

前輪間にスペーサー兼荷物入れの段ボール箱を挟みました。
20141019_shasai2.jpg
プリングルスきたーっ!

サンクスで朝食を買って、4時15分くらいに出発です。
小金井から田無〜保谷を抜けて大泉から外環道に乗り、草加で降りたらR4バイパスを北上します。
途中、二人組の自転車乗りを追い越しましたが、彼らも宇都宮を目指していたんだと思います。しかし、あの恐ろしいR4バイパス、しかもまだ真っ暗な中、大変だったでしょうねー

で、5時半過ぎに関宿城に到着。
20141019_sekiyado1.jpg

っと、24WEさんの車の横に見慣れた赤い人がいます。
プチデビルさんでした。
事前に参加表明はありませんでしたが、前日のデビさんのブログに「さて、明日はどこ行くか?」って書いてあったので、ひょっとしたらサプライズ参加もあるかな?って思ってましたよー

っと、そこにオレンジ色のローディがやってきました。
坊主頭さんです。
午前中限定ということで、途中までですがご一緒していただけるとのこと

さらに、やまさんさんが車載で到着。お初になります。よろしくー
あゆさんも自走ですでに40km走って到着。元気ですねー
これで全員集合しました。
20141019_shuugo.jpg

日が昇ってきました。
20141019_sekiyado2.jpg
良い天気になりそうです。

6時になったので出発です。
坊さんに先導してもらい、K17を走ります。
30km/hピッタリの良いペースで牽いてもらいました。
結城手前のR50との交差点で坊さんは引き返すとのことで、お別れです。
短い時間でしたが、久々にお会いできて嬉しかったです。ありがとうございましたー

で、レース観戦組の6名は、結城からK35を北上します。
結城市街で24WEさんのナビに助けられつつ、私が先頭を走ります。
結城市街を抜けると、信号も車も少なく、路面も悪くない走りやすい道でしたね

順調に走って、行程の半分35km地点、上三川手前のセブンで休憩。
ここでは、朝のサンクスで買っておいたカロリーメイトとゼリーを補給。
1時間半で35kmを走りましたから、良いペースですねー

そこからさらにK35を北上し、上三川を抜けた辺りでそろそろ疲れてきたので、先頭をとり丸さんに変わってもらい、最後尾に着きました。
20141019_train.jpg

とり丸さんとやまさんさんの力強い牽きで宇都宮市内に入ります。
20141019_utunomiya.jpg

森林公園方面に曲がって、K70に入ったあたりのセブンで休憩。
スプライトとココア揚げパンを補給し、レース観戦中の補給食を仕込みます。
この辺りまで来ると、レース観戦の自転車が続々と走って行きますねー
あと、レース関係の車両も会場に向かっています。
20141019_tincof.jpg
TINCOF SAXOのチームカーです。

混雑した道を走って、森林公園手前、レースコースとぶつかる交差点を右折し、森林公園通りを上っていきます。多くの観戦者が歩いています。
スタート/ゴール地点近くの駐輪場に到着。9時50分くらいでした。

駐輪場では、6台の自転車を互いに立てかけ合ってワイヤーロックで連結します。
20141019_tyuurin1.jpg
台風でも来なければ倒れることはないでしょう〜

20141019_tyuurin2.jpg
とり丸さん、見切れてるよー

しかし、凄い数の自転車です。
20141019_tyuurin3.jpg
良い天気ーっ!

その後、スタート/ゴール地点の前を通って、古賀志林道へ向かいレース観戦。
レース観戦の模様は、別記事で報告します。

レースが終わり、14時半頃、再び駐輪場に戻ってきて、帰ることに
やはり、古賀志林道は上っておかないわけにはいかないでしょ〜ってことで、スタート地点からレースコースにイン
さっきまでレースが行われていたコースを走って林道を上ります。

しかし、キツいっ!てか、脚が重い、リュックが重い〜っ!!
ダンシングすると後ろに引っ張られそうになるので、シッティングでヘロヘロ上りました。
KOMで記念撮影
20141019_kogasi2.jpg
とり丸さんのカメラで撮ってもらいました。

そこから観戦禁止の古賀志の下りです。
荒れてるという噂なので、どんな道かワクワクドキドキしながら下りましたが、良い道でしたよー
レースのために整備されたんでしょうかね

宇都宮駅方面に戻る県道では、ホテルに戻るTINCOF SAXOの選手達と一緒になりました。
彼らはクールダウンを兼ねてゆっくり走っているんでしょうね
トッププロと本物のレース機材を間近で見ながら走れて幸せでしたよー

で、駅の手前のセブンで休憩。
ここで、宇都宮から輪行で帰るとり丸さんとお別れです。
朝早くからお疲れ様でしたー
また今度はロングの山岳ライドをご一緒しましょ〜

残り5人となった我々は、関宿城を目指して往路と同じ道を帰ります。
私の勘違いで宇都宮市街でミスコースもありましたが、K35に入ってからはあゆさんの牽きで32〜34km/hの高速巡航
軽快に走って、朝と同じ中間地点のセブンで休憩。
20141019_kamimikawa.jpg
17時過ぎですが、日が沈みます。

そこから関宿城までは私が先頭でペースコントロール
完全に日が沈んで暗闇になったのでサイコンが見えず、どのくらいの速度で走ってるのか分かりませんが、それなりに頑張って牽かせてもらいましたよー
で、19時前に関宿城に到着。予定通りに戻ってくることができました。

ここで、解散です。
20141019_kaisan.jpg

自走組のデビさん、あゆさん、お疲れ様です、残りもお気を付けてー
車載組の24WEさん、やまさんさんもありがとうございましたー

自転車を車に積み込んで、さぁ帰りましょー
R4からR16を通って、川越から所沢を抜けて帰ってきました。
21時過ぎに帰宅、17時間半の旅でした。

この日、ご一緒いただいた皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございましたー
往復150km弱のライドでしたが、レース観戦を含めてとても楽しい一日になりました。

レース観戦編は、改めて記事アップしますので、またよろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:ジャパンカップ観戦ライド

こんばんわー

今日は、ジャパンカップを観戦しに行ってきましたー

とにかく眠いので、簡単に速報だけ

3時半過ぎにウチを出て、車載で朝6時に関宿城に集合
20141019_shuugo.jpg
あれ?予定よりも人数が多いですねー

K17〜K35を北上して宇都宮森林公園に到着し、あちこちで観戦
最後は、ゴール前の最終コーナーで観戦。
20141019_goal-sprint.jpg
10人程でのゴールスプリントっ!速ぇ〜っ!!

レース後は古賀志林道を上ってきました。
20141019_kogasi.jpg
あれ?ここにも予定に入ってなかった人が写ってますが?

その後、往路と同じ道を通って関宿城まで戻り、車で帰ってきました。
帰宅が21時過ぎ、17時間半の旅でした。

今日の走行ルート
20141019_root.jpg

本日(2014.10.19)の走行記録
走行距離:145.50km
走行時間:5時間39分
平均速度:25.70km/h
最高速度:50.30km/h
獲得標高:280m(ルートラボより)

以上、今日はライドもレース観戦も存分に楽しみました〜っ
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございましたー

今日は、10月ノルマの7日目、予定では、↓こうなってました。
 19(日) 「ジャパンカップ観戦自走往復250km」
ん?距離が250kmになってます。これは、ウチからの自走往復を想定した距離、、、
残念ながら距離が足りてないので、負けです。

てことで、10月ノルマに対して、3+1勝2敗2分になりました。
また頑張ります。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

平地:新生セクター号で彩湖周回

こんばんわー
今日もホントに良い天気でしたー
午前中はグダグダ過ごし、買い物に行ったりして
昼ご飯を食べてから軽く走りに行ってきました。

14時過ぎに出発し、彩湖に行くことにしました。
平地における新コンポの感触を試してみるのが目的です。
といっても、昨日の疲労が脚に残ってるので、回復走も兼ねてます。

清瀬〜新座〜志木を抜け、秋ヶ瀬橋で荒川を渡って彩湖にイン
先ずは軽く半周して管理橋で写真撮影
20141018_saiko1.jpg

ホームストレートから周回開始
今日は南東の風?ホームストレートが緩い追い風で、バックストレートが向い風
平坦では31〜32km/hの一定スピードを維持するようにして2周。
脚がキツいです。

3周目は軽く流して、4周目にTTモードでペースアップと考えたんですが、、、
下ハン持って、さあ行くゾって踏み込むも、全然ダメ、踏めません。
結局、1,2周目よりも遅いラップタイムでした、、、
5周目も軽く流して、終了〜っ!

太陽が西に傾いて湖面が奇麗でしたよー
20141018_saiko2.jpg

セクター号のアップ
20141018_secteur.jpg

そのまま同じ道を戻って、途中のセブンで赤コーラ補給。
20141018_cola.jpg
大してカロリーを消費してないので、小さいのを

帰宅が17時過ぎ、3時間の旅でした。

本日(2014.10.18)の走行記録
走行距離:60.24km
走行時間:2時間24分
平均速度:25.0km/h
最高速度:43.1km/h
獲得標高:60m(ルートラボより)

以上、今日は軽くですが、平地ライドで60kmを走ることができました。
新生セクター号の平地性能は、、、分かりません。変わらないかな〜?
いや、脚の方の問題だと思いますが、平地巡航が楽になったということはないですねー
ま、そもそも平地の巡航速度アップが目的じゃないし、いいんです。

で、今日は、10月ノルマの6日目、予定では、↓こうなってました。
 18(土) ご近所グルっと50km
うん、ノルマ達成できましたねー

てことで、10月ノルマに対して、3勝1敗2分となりました。
あと、昨日の山中湖ライドは、予定にはないのでエクストラとして+1勝
3+1勝1敗2分ということにしておきます。

さて、明日は、ジャパンカップ観戦ライドです。
車載で関宿城まで行き、6時に出発して宇都宮を目指します。
現在、ご一緒する予定は、24WEさんあゆさんとり丸さん、やまさんさんです。
皆さん、よろしくお願いしますー

カンチェが残念なことになりましたが、会場でファンサービスしてくれるみたいなので、是非とも逢いたいと思っています。
明日は、年に一度か二度しか着ることがない2010サクソバンクのスイスチャンピオンジャージ(レプリカ)で行きますよー
気合い入れて行ってきます〜っ!!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

富士山:新生セクター号の記念撮影大会

おはようございます
今日も良い天気ですねー
まだ走りに行けませんが、午後から少し走りたいと思っています。

さて、昨日行ってきた新生セクター号のシェイクダウンライド
そのもう一つの目的が、新生セクター号と富士山のツーショット写真を残すこと
山中湖のいつもの場所で記念撮影大会を実施しました。

しかし、山中湖に着いてみると、なぜか富士山の頭に雲がかかっています、、、
20141017_fuji01.jpg

20141017_fuji02.jpg

うーん、これじゃぁ納得できないので、そこから雲が切れるのを待つことにしました。
以降は、時系列で写真を並べていきます。
(撮ったうちの1/3くらいを選んだんですが、同じような写真ばかりでスミマセン)

20141017_fuji03.jpg

20141017_fuji04.jpg

20141017_fuji05.jpg

20141017_fuji06.jpg

20141017_fuji07.jpg

20141017_fuji08.jpg

20141017_fuji09.jpg

20141017_fuji10.jpg

この右側の雲が通り過ぎれば、その先には雲がないのでスッキリ晴れるだろう
と、その時間を潰すために、明神前セブンまで行って、戻ってきました。
が、また新たな雲が発生してました、、、

20141017_fuji11.jpg

20141017_fuji12.jpg

20141017_fuji13.jpg

いやー、途中休憩を挟んで結局1時間近く粘りましたが、雲がスッキリ切れることはありませんでした。
あと、時間帯的に逆光になり、富士山がクッキリ写らず、セクター号も暗くなってしまいましたねぇ
でも、何枚かは初冠雪も薄っすら見えてるし、一応の目的を果たすことができました。
良しとしましょぉ〜

以上、ヘタクソな写真を並べただけの記事でしたーオソマツ様でした。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

完璧:新生セクター号のシェイクダウン

こんばんわー
今日はサイコーに良い天気でしたーっ!
有休取って走りに行ってきましたよー
そうです、新生セクター号のシェイクダウンですっ!!

では、さっそくライドレポートいきますー
今日は5時半に起き、朝ご飯を食べ、7時に出発っ!!
と思いきや、セクター号のリアタイヤがペッチャンコ、、、パンクしてます、、、
20141017_pank1.jpg
新生セクター号の初ひっくり返し

タイヤを外してチューブを見ると、補修箇所から空気漏れ
20141017_pank2.jpg
廃棄処分ですね。

新しい(中古ですが)チューブに交換し、固いタイヤを嵌めて修理完了
20141017_secteur.jpg
改めて、7時20分過ぎに出発〜っ!

で、今日はどこに行こうか?と
新生セクター号のテストに適した場所は?と
そうだ、富士山を見に山中湖まで行こう〜っ!と決めました。
道志みちの上りとアップダウンで新コンポとホイールの調子をみることにします。

走り始めてすぐ、漕ぎ出しの軽さを感じました。
30km/hくらいまでの加速は楽になったと思います。
ホイールの軽さもあるようですが、クランク〜チェーン〜スプロケの回転も軽いように感じます。

ウチから南下し、国分寺〜府中〜是政橋を渡り、向陽台を越えて尾根幹にイン
尾根幹のアップダウンで先ずは小手調べ
シフトチェンジ、ブレーキなど、問題無し。良好々々

尾根幹を抜けて相模原から橋本方面を経由しK510を西進し、またアップダウン
串川橋でR412に入り、関からK513で宮ヶ瀬方面、鳥屋からK64で小さな峠を越えて道志みちにイン
しばらく走って青野原のセブンで朝食休憩。ここまで57kmノンストップ
20141017_morning.jpg
アリナミン7とセブンコーヒー(ホットL)と焼きカレーパン、チョコデニッシュを補給。

再スタートして、いよいよ道志みちの上りです。
早々にインナーに落とし、スプロケを幅広く使ってみます。
良い感じでつながりますねー
トリム調整も試して、FDとチェーンの当りを確かめます。便利々々

道志村に入り、山の合間に富士山の頭がチラチラ
20141017_dousi-fuji1.jpg
昨日は初冠雪を記録したようです。

道志川の水量も多いですね
20141017_dousigawa.jpg

チラ見えする富士山が大きくなってきました。
20141017_dousi-fuji2.jpg

で、道の駅「どうし」に到着。
20141017_dousi1.jpg

いつもの場所
20141017_dousi2.jpg

赤コーラとセブンで買っておいたクリーム玄米ブランを補給
20141017_cola.jpg
良い天気ーっ

再スタートして、山伏峠にアタック開始
ここでインナー×ローまで落としますが、ギア比は以前と同じでも、やはり若干軽く回せるような気がします。
で、山伏トンネルに到着。
20141017_yamabusi1.jpg

山中湖に下ります。
20141017_yamanakako1.jpg

この後、マリモ通りのいつもの場所で富士山撮影会
その様子は、別記事で

その後、明神前のセブンまで行って休憩。
20141017_cafe.jpg
またコーヒーと、鶏五目おこわを補給。

湖畔で記念撮影
20141017_yamanakako2.jpg

それでは帰ります。
東端の平野交差点まできたところで湖畔まで下りてまた撮影
20141017_yamanakako3.jpg
うーん、今日は富士山との縁が、、、

道志みちを戻ります。
再び山伏トンネルに到着。
20141017_yamabusi2.jpg

そこからは、道志みちの下りです。
いやー、ここの下りはやはり楽しい。
一気に青山交差点まで戻ってきて、R413で津久井を抜け、橋本を通り、R16経由で野猿街道に入ります。
すぐのセブンで休憩。山中湖から60kmほどノンストップでした。
20141017_yogurt.jpg
アサイー&バナナのヨーグルトを補給。

その後、野猿街道で聖蹟桜ヶ丘まできて、関戸橋を渡り、東八道路〜府中街道で帰ってきました。
帰宅が18時過ぎ、10時間40分の旅でした。

今日の走行ルート
20141017_root.jpg

本日(2014.10.17)の走行記録
走行距離:190.63km
走行時間:8時間17分
平均速度:22.9km/h
最高速度:61.7km/h
獲得標高:2280m(ルートラボより)

以上、新生セクター号のシェイクダウンライドでした。
いやー、換装した新コンポも新ホイールも快調でした。
調整の必要はなさそうです。いきなり普通に使えますねー

で、新生セクター号の感想です。
一言で言うと、軽くなりました。
いや、重量的な軽さというよりも、回転の軽さを強く感じました。

ドライブトレインの回転が軽くなったと思います。
回転がスムーズで、ヌルヌル回る感じです。
ちゃんと剛性はあるんですが、脚にガツンとくる程じゃなく、当りが柔らかい感じ
ファイア号のアルテ6800の方がもう少し硬くてダイレクトな感じなんですが、
セクター号の105/5800は、ヌルヌル。いやー、気持ち良いですねー

てことで、まだ以前との違いはハッキリとは分かりませんし、説明も難しいんですが、第一印象としては、非常に良好でした。
あまりに気持ち良く踏めるんで、ちょっと脚を使い過ぎましたよー
いやー、今後のライドがとても楽しみですー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

備忘:コンポ換装のまとめ(その2)

こんばんわー
今日は良い天気でしたねー
昼間の気温、湿度はサイコーだし、空を見上げてたら、もう我慢できなくなりました。
てことで、明日は有休を取って走りに行くことにしましたよー
新生セクター号のシェイクダウンですっ!!

さて、一回で終らせるつもりだった「コンポ換装まとめ」ですが、前回(こちら)は「ギア比」についてダラダラ書いてしまい(まとめになってない〜)長くなったため、その続編です。

今回はサクサクっといきますよー

先ずは、換装による軽量化です。
作業と並行して各パーツの重量を測定し、記事に記載してきました。
しかし、それらがトータルでどうなったか?ホントに軽くなったのか?については検証していませんでした。
なので、集計してみました。タイヤやケーブル等は含めてません。
20141016_weight.jpg
トータル330gの軽量化でした。

うーん、期待してたほど軽くならなかったですねー
ま、330gのうち、ホイールが200gで、クランクセットが100gちょい、ほぼこれらの分だけですからねぇ
あと、ブレーキとスプロケは重量化してるので、他の軽量化分を食っちゃいました。
ま、元々が重いので、関係ないっちゃー関係ないレベルの話ですがー

ただ、クランクセットとホイールのドライブトレインが軽量化されたことは多少期待してもよいですかね?
常に回転させてる部分ですから、軽量化の効果が見込めるような気がします。
あと、ギア比が若干有利になったのと合わせて上りも平坦も楽になるといいんですがねぇ〜

次に、そのホイールについて
20141006_c22a-cs5800.jpg

新ホイールである「TOKEN C22A TBT」に関しては、以前の記事(こちら)で重量測定など報告してますから、それ以降に気付いた点を

タイヤの嵌めやすさ(にくさ)
今回、とりあえず前のWH-6700に履かせていたSPECIALIZEDのTURBO PROを流用しました。
で、WH-6700から外してすぐにC22Aに嵌めたんですが、固かったです。

いや、チューブレス(TL)対応のWH-6700に嵌りにくいのは分かるし、そんなもんだと慣れたんですが、クリンチャー専用でワイドリムでもないC22Aで苦労するとは思ってませんでした。
C22Aは、ひょっとしてリムの径が少し大きいんじゃないのか?っていうくらい、最後の20cmに苦労しました。

リムの内部にTLのような溝が無いから?タイヤの周長そのままで嵌めないといけない感じ、と言えば分かってもらえるでしょうか?
まー、手だけで嵌められたから、問題ないんですけどねー
一応、固いということだけ書き残しておこうと思います。

あと、既に書きましたが、リアホイールのフリーが渋い、フリクションが大きい感じです。音も結構デカい
グリスはちゃんと入ってんのか?っていう疑いを抱いちゃうくらい
ペダルの逆回転でエンジンブレーキがかけられちゃうかも?って(それは便利かも?)

なので、これは近々バラしてみないといけませんねー
スプロケに16Tを入れるのと合わせてハブメンテをやってみるつもりです。

そんなリアに対して、フロントホイールは、よく回りますよー
空転させると、WH-6700の倍くらい?回り続ける感じです(ちょっと大袈裟か?)。

最後に、その他諸々について簡単に
・FDのトリム調整
これはホントに便利です。
あ、ファイア号のDi2では自動でやってくれてましたが、手動で操作してみて便利さに気付かされました。

アップダウンのある場所なんかで否応なくタスキがけになっちゃう場合でも、この機能があると躊躇なくアウター×ローとかが使えます。
ま、フリクションロスが大きいので使わない方がいいんですが、インナーに落とすのもどうか?というシチュエーションって結構あるから、活躍してくれると思います。

あと、平地巡航時の左手のヒマつぶしにも使えますねー

・シフトケーブル
触角がなくなりましたよーっ!
20140808_cockpit2.jpg
↑これです。

20141013_secteur3.jpg
↑こうなりました。

ファーストインプレッションで書くのを忘れてました。
セクター号では、SORA→TIAGRA(4500)のSTIレバーでしたから、ずっと触角がありました。
夜間にライトを点灯するとケーブルの影がクッキリ道路に出てましたしね

この触角がついになくなったのは、感覚的に結構大きいことですよ。
これまでずっと、目の前に見えてたケーブルが見えなくなるんですからねー
どんなライド感覚になるのか楽しみです。すぐに慣れるでしょうけどー

・今後の予定
ま、換装し終わったばかりでなんですけど、、、今後の予定を少々
スプロケの組み換えは近々やるとして
やはり、もう少し軽量化を図りたいかな〜〜

てことで、フロントフォーク、ハンドル、ステム、サドルもいっちゃいましょうかねー
これらで1kg軽くできたら、もうそれで究極のセクター号となることでしょう〜
あ、すぐにはやらないですよ。来年の目標ということにしておきます。

以上、2回に亘るコンポ換装のまとめ記事でした。
次は、実際に走ってみてのインプレをアップしますので、またよろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

備忘:コンポ換装のまとめ(その1)

こんばんわー
今日は寒かったですねー
朝もですが、午後からも冷たい雨が降って気温が上がらず、帰りは初冬の寒さでした。

実はまだ真夏と同じ格好で通勤していて、上着とか着てないってのもあるんですが、、、カッテ(勝手)ビズです
いや、持ってないわけじゃなくてぇ、単にメンドクサイってだけなんですけどねー
でも、駅まで3km歩くにはちょうど良い気温でしたよー

さて、先週丸々一週間かけて行なったセクター号のコンポ換装作業ですが、作業とほぼ同時並行的にブログ記事をアップしてきました。
20141013_secteur1.jpg
リアルタイムなレポートではあるんですが、書き忘れたことや言葉足らず、説明や情報が不足している点もいろいろあろうかと思います。

なので、将来の自分に向けた備忘録的な意味も含めて、コンポ換装の情報をまとめておきたいと思います。
先ず、コンポ換装関連記事へのリンク
8/30 新コンポ:届いてるんですが、、、写真だけ(こちら
9/1  新ホイール:届いてるんですが、、、写真+α(こちら
9/2  新ホイール:TOKEN C22A TBTの詳細(こちら
9/22 お別れ:セクター号の最後の姿(こちら
9/28 固っ:セクター号の解体開始&回復走(こちら
10/5 素っ裸:セクター号があられもない姿に(こちら
10/6 換装:セクター号に新コンポ取り付け(その1)(こちら
10/7 換装:セクター号に新コンポ取り付け(その2)(こちら
10/8 換装:セクター号に新コンポ取り付け(その3)(こちら
10/10 換装:セクター号に新コンポ取り付け(その4)(こちら
10/12 換装:セクター号に新コンポ取り付け(その5)(こちら
10/13 完成:セクター号のコンポ換装終了〜っ!(こちら
10/13 新生:セクター号のお披露目(こちら

ざっと13記事ですか、たくさん書きましたねー
換装ネタにはお世話になりました。

次に、コンポ換装までのセクター号の走行履歴
2011〜12年 約8000km
2013年 約10000km
2014年 約4000km  累積 22000km

セクター号は、2011年8月末納車でしたが、翌12年7月までの走行記録が残ってません。
なので、この11ヶ月間は、月300〜500kmくらいの走行距離だったと思うので、月平均400kmで累積距離4400km→4000kmということにしました。
2012年8月以後の半年は記録が残っていて、4000kmでした。従って、2011〜12年は8000kmとしました。
20121104_secteur.jpg
2012.11月のセクター号

2013年は、記録が9922kmだったので、約10000kmとし、2014年は、ファイア号との併用ですが、9月までのセクター号分の記録が4457kmだったので、約4000kmとしました。
以上のように、納車から3年と1ヶ月で約22000kmの累積走行距離ということでした。

この間、使い続けたコンポは、クランクセット、フロント・リアのディレーラーです。
スプロケとBBは納車から3ヶ月目くらいに交換し、ホイールとSTIレバーは半年後、ブレーキは1年後に、それぞれ交換しました。

なので、ほとんど全てのパーツの使用距離もフレーム同様に20000kmオーバーとなっていました。
うん、やはり交換時期だったようですねー

次に、今回のコンポ換装の目玉の一つ、クランクセットとカセットスプロケットについてです。
20141013_secteur2.jpg
クランクセット(チェーンリング)は、52-36Tというノーマルとコンパクトの中間サイズを選択しました。
ま、新し物好きという性格もあるんですが、一応、それなりの理由があってのことです。

その辺の事情説明をしておきます。
各ギアの歯数構成は以下の通り
換装前(9速)
 フロント 50-34
 リア 27-24-21-19-17-15-14-13-12
換装後(11速)
 フロント 52-36
 リア 28-25-23-21-19-17-15-14-13-12-11

ギア比を計算してグラフ化してみました。
gear-ratio1.jpg
横軸がリアのロー(1速)からトップ(9速又は11速)まで、縦軸がギア比です。
青線が換装前、赤線が換装後、上側2本がアウター、下側2本がインナーです。

やはり、以前も書きましたが、7速でカクっとグラフが折れてますね。
これは、6速から7速への勾配が最も大きい、つまり重くなり方が急激であることを示しています。
この7速に16Tを一枚入れることで、変化をなだらかにすることができます。

換装前後の比較では、1速、2速のギア比はほとんど変わりません。
これは、狙い通りです。

つまり、ロー側2枚が1Tずつ大きくなる(軽くなる)分を、フロントを2Tずつ大きくしたことによって相殺した形になります。
一方、3速に23Tが入り、4速(前の3速)の21T以降は同じですから、換装後の方がグラフの傾きが緩やかになってますね。つまり、同じくらいのギア比の範囲で使える枚数が1枚増え、クロスレシオになったことを意味します。7速に16Tを入れれば、さらにクロスになりますねー

このようなロー側の変化によって何が変わるのか?
ファイナルローに張り付くような急坂では、以前と全く変わりませんー
ええ、残念ながら楽になったわけじゃないし、上れる限界勾配が上がったわけでもありません。
もう少し緩い勾配の坂や、勾配が変化するような坂、アップダウンが連続するようなシチュエーションでのギアの選択幅が拡がった、というのが換装による変化ですね。

一方、トップ側は、フロントが大きくなったことで、明らかにギア比の幅が拡がりましたから、速度域も上がるはずなんですが、、、
ま、それはエンジン(脚)の方で決まるので、実際はあまり関係ないかな?
あるとしたら、長い下り坂で踏めば最高速が更新できる?ってくらいですが、危ないからやりません。

また、細かい話になりますが、グラフをよく見ると、アウターとインナーの線間隔が換装後(赤線同士)の方が若干近くなっていることが分かります(ほんの少しですが)。

これはアウター/インナー比が、換装前(50/34=1.47)よりも換装後(52/36=1.44)の方が小さくなった(クロスになった)からですね。(ノーマルだと53/39=1.36なので、もっとグっとクロスになりますが)
このようにアウター/インナー比がクロスになるのは、アウターとインナーのつながりが良くなったことを表していますから、使い勝手の面で期待できそうです。

以上のように、今回のドライブトレインの変更によるギア比を見るだけでも、いろんな変化が分かりましたから、それを走りに反映させていきたいところです。

以前はできるだけインナーに落とすのを我慢していた面があったんですが、11速化によってレンジが拡がったことで、インナーをもっと積極的に使うようにすれば緩い坂やアップダウンが楽になるかな?
あと、クロスレシオになったので、ギアチェンジを増やすようにすれば、脚への負担を減らしつつ、速度が維持できるような気がします(あくまで気がするだけ?)。

あと、やはり、坂だけじゃなく平地での巡航速度アップも考えた場合、7速に16Tを入れてさらなるクロスレシオ化の効果は大きそうです。
7速に16Tを入れて、以下の歯数構成とした場合もグラフにしてみました。
 28-25-23-21-19-17-16-15-14-13-12
gear-ratio2.jpg
緑がそうですが、おぉ〜見事に狙い通り、カーブがなだらかになり、クロスレシオ化が図られました。
もちろん、6速に折れ曲がりがきますけど、5速→6速の傾きは緩いですから、重さはマシになりますね。
これは良さげですね。早急に検討したいと思います。

っと、まとめ記事なので簡潔に書くつもりだったんですが、ギア比のことを考え始めたらダラダラ長くなってしまいました。
てことで、(その2)に続いちゃいますー
次の(その2)では、軽量化、ホイール、その他について書きたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:JC観戦(半)自走往復ライド(10/19)

こんばんわー
今日は台風一過の良い天気でしたねー
今週末も天気は良さそうで一安心といったところです。

今日、仕事中にネットで新製品情報を見てまたまた物欲が、、、
「超軽量ディスクロード専用ホイール A CLASS「CXD4」」
aclass-cxd4.jpg
超軽量って、どんくらい?と記事を読むと、1536gとのこと
で、お値段は?おいくら万円?と見てみると、税抜4.2マソとのこと
おぉ〜っこれはコスパ良いですねーっ
私が求めていたホイールが出てきたんじゃないですかーっ?!と

ま、1.5kgったら、普通のロード用軽量ホイールと比べたら重いですが、DISCブレーキ対応ホイールとしては確かに軽いです。
また、DISC用でもっと軽いホイールは他にもあります。ただし、お値段の桁が違ってきます、、、
なので、重量基準のコストパフォーマンスで考えれば「超軽量」という謳い文句は、決して誇大広告ではないと言ってもいいかな?

じゃぁ重量以外の性能は?と見ると
・日本製シールドベアリングを4つも使ったスムーズな回転のハブ
・ブレーキ時の剛性を強化したオフセットリム
とのこと。ただし、4ベアリングは、リアハブだけで、フロントは2ベアリングです。

あと、リムはアルミでチューブレスレディ(基本はクリンチャー)なのと、アダプターによりQRと15mmアクスルに対応とのこと
また、写真を見る限り、DISCの固定は6穴式ですね。
12月上旬より発売開始のようですから、すぐにどうこうはないですが、この手の製品がどんどん出てきてくれると、選択肢が拡がって嬉しいですねー

---------------------------
さて、今日の本題。
10月のライド予定(こちらの記事参照)にも書きましたが、今週末の日曜(10/16)は、ジャパンカップ(JC)の観戦に行きますよー

何と言っても今年のJCにはカンチェラーラが来ますから、自称ファビアンフリークの私としては、これはもう万難を排して応援に行くしかないんです。

だって、ファビアンを直接観られるチャンスなんて、ヨーロッパのレースを観戦しに行かなければ、そうそうないところ、彼の方からわざわざ日本に来てくれるんですよー
しかも、ウチからわずか150kmほどしかないご近所の宇都宮にです。
こんな機会を逃したら、もう一生会えないかもしれませんから、雨が降ろうが槍が降ろうが行くしかないんです。

では先ず、「2014 ジャパンカップサイクルロードレース」の概要から(オフィシャルサイトは、こちら
日時:10/19(日)10:00スタート(予定)
場所:宇都宮市森林公園周回コース
周長:1周=14.1km 最終周回=10.3km
総距離:151.3km(14.1km×10周+10.3km×1周)

主な参加チーム(UCIワールドツアーチーム)と選手は、
キャノンデールのモレノ・モゼール
ランプレ・メリダのダミアーノ・クネゴ
ユーロップカーの新城 幸也
スカイのボアッソン・ハーゲンとベルンハルト・アイゼル
トレックの別府 史之とファビアン・カンチェラーラ、ポポヴィッチ

ま、私はファビアンに逢えれば、それでいいんですけどねー

コースは、↓こんな(オフィシャルサイトより拝借)
japancup_course.jpg

周辺の道が分かりにくいので、ルートラボで引いてみました。
japancup_root.jpg
ルートラボは、こちら

では、レースを観戦するには、どうするか?
今回は、自走で行くつもりですから、その走行ルートとスケジュール、あと装備などを考えます。
・走行ルート
完全自走か?車載+自走か?
ウチから宇都宮までは、直線距離で120km以上あります。走行距離にしたら、片道150km近くになり、往復で300kmオーバー
ライドだけならまぁいいんですが、観戦する時間(5時間くらい?)を考えると、帰路はほぼ夜だし、帰宅が午前様になる恐れもあります。

てことで、根性無しと言われようが、完全自走は却下して、車載することにしました。
車載場所は、だいたい中間地点となる関宿城とします。
で、関宿城からのルートを引いてみました。ルートラボは、こちら
20141019_root0.jpg
国道を使わずに県道で真っ直ぐ上っていくだけのルートです。
片道約70km

・スケジュール
レース開始が10時ですから、それまでには着きたいところ
70kmだと4時間もあれば余裕だろうってことで、6時に関宿城出発とします。
すると、ウチから関宿城まで2時間弱として、4時にウチを出ることになりますね。

帰りは、14時半にコースの交通規制が解除されるので、コースを一周してから帰るとして、15時半スタート
関宿城には19時過ぎに到着といったところでしょうか?

・駐輪場
今年から「古賀志林道への自転車持ち込み禁止」だそうです。
駐輪場は「スタートフィニッシュ地点の細い道を挟んだ先にある、りんご園跡地に設置」とのことです。
当然、古賀志林道でも観戦したいですし、それ以外の場所にも移動することになると思いますが、その辺は行ってみないとなんとも言えませんねー

・装備類
基本的に自走で行きますから、装備は軽くしたいところです。
しかし、古賀志林道を含めて歩き回ることを考えると、靴は必要ですね。
あと、駐輪するためのワイヤーロックや、リュック(靴や自転車の装備を外して入れるため)も必要かな。
天気は良さそうなので雨具は持っていきたくないですが、防寒用に羽織るものがあった方がいいですね。

うーん、今思い付くのはそのくらいかな?
ま、行ってみて現地でフレキシブルに判断&行動って感じですねー
いやー、普段のライドとは少し違った緊張感もありますが、楽しみですねーっ!

以上のようなJC観戦ライド、ご一緒にいかがですか?
宇都宮方面の土地勘がある人にご一緒いただけると嬉しいですー
あ、土地勘がなくってももちろんOKですよー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新生:セクター号のお披露目

再びこんばんわー

コンポを換装した新生セクター号のお披露目です。

昨夜、換装作業が完了し、新たなコンポとホイールを纏ったセクター号の写真を撮りたいと思ったんですが、今日は朝から雨、、、
昼前に雨が弱くなったタイミングで撮影会です。

先ずは、コンポ換装前のセクター号の姿(Beforeです。9/22撮影)
20140922_secteur1.jpg
バーテープを剥がしちゃってますが

そして、コンポ換装後の新生セクター号(afterです。10/13撮影)
20141013_secteur1.jpg
光の具合と、カメラ(スマホ)が違うので、色みが変わって見えますが

あまり変わらない?
いやいや、クランクを始めとしてコンポ類がブラックになってますよー
20141013_secteur2.jpg

さらに、チェーンリングは、コンパクトから52-36Tに変わってます。
ホイールもTOKEN C22A TBTに
20141013_secteur5.jpg

チェーンリングの裏側がカッコいい〜っ!
20141013_secteur9.jpg

ハンドル周り
20141013_secteur3.jpg
バーテープの明るい赤はいいですね(ロゴは、、、)

リア周り
20141013_secteur4.jpg

一通り撮影したら、装備類の取り付けです。
先ずは、サイコンとフロントライト用のREC MOUNT(無償キャンペーン品)
20141013_recmount1.jpg

サイコンを取り付けます。
20141013_recmount2.jpg
やはり、ハンドルの前に付けた方が見やすいですねー

ボトルケージと尾灯、ポンプ、フロントの2灯目(LEZYNE XL)を付けました。
20141013_secteur6.jpg

フロント周り
20141013_secteur8.jpg

ボトルケージと携帯ポンプ
20141013_secteur7.jpg
ポンプは固定方法を考えないと、ずれ落ちてくるかも?

この後、ウチの前で少し乗ってみましたが、シフトは決まってます。引きも軽い
ギア関係は、スピードを出せないので分かりませんが、アウター×ローやインナー×トップも問題なく使えます(ま、実際は使いませんが)。
いやー、トリム調整って便利ですねー
ブレーキの引きも軽いし、カチっとした当りの感覚も良いですねー

ホイールの違いは、まだ全く分かりません。ちゃんと走ってからインプレします。
が、フリーはちょっと渋い?ペダルの逆回転でホイールが結構回っちゃいます。
この辺のメンテ、調整については、また今度じっくりと
でも、フロントホイールはメチャメチャ回り続けますよーっ!
さすがセラミックベアリングっ!て感じです。

STIレバーの握りは、良い感じです。バーテープも感触良好(ロゴは、ry)
ま、対極にあるような大型のファイア号のSTIでも違和感がないので、なんでもいいのかもしれませんが、、、
ただ、ハンドルを前に下げすぎてブラケットが遠い感じだったので、この後、少し戻しました。

以上、今日は雨のため簡単ではありますが、新生セクター号のお披露目と、コンポ換装後のファーストインプレッションでした。
ちゃんと走るのが楽しみですねー
また報告しますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

完成:セクター号のコンポ換装終了〜っ!

こんばんわー
台風19号が列島を縦断しそうですが、被害のないことを祈りたいと思います。
関東地方は夜半〜朝方にかけて通過しそうですが、明日に影響が出ないとよいですね

今日は三連休の三日目でしたが、やはり朝から雨で走りに行けませんでした。
10月の休日5日目、今日のノルマは「ご近所グルっと回復走50km」でしたが、当然ゼロでした。
雨のため敗北とはみなさず、引き分け。いや、引き分けだからって勝ち点1が付くわけではなく、負債が増えていくだけなんですが、、、
てことで、10月ノルマに対して、2勝1敗2分となりました。

さて、先週から5回に亘ってお送りしてきました「セクター号のコンポ換装記録」ですが、ようやく昨夜、コンポ類の取り付けが完了しました。

前記事では、ブレーキケーブルを取り付けたところまで書きました。
昨夜はその後も作業を続け、完成させましたよーっ!

仕上げとして、先ずはバーテープです。
20141009_bartape.jpg
TIOGAの赤いやつ

巻いていきますが、予想外でした、、、
20141012_bartape2.jpg
TIOGAのロゴがイッパイ、、、

少しオレンジがかった赤色は好み通りだったので良しとしましょうか
20141012_bartape1.jpg
アウターケーブルと色みがあっててグッドです(ロゴを除いて、、、)。

続いて、ペダルの取り付け
ペダルは、アルテグラのカーボン、PD-6700Cです。
20141012_pedal1.jpg
重量は左右で257g

取り付けました。サイドがガリガリですが、、、
20141012_pedal2.jpg
外すときに苦労したので、強く締め過ぎないようにしましたが、次回取り外すときはまた固くなってるんでしょうねー

さらに、サイコンセンサーの取り付け
サイコンはCATEYEのCC-TR210DW V3nです。
二六製作所のネオジム磁石をペダル軸に取り付け、ホイールのスポークに自己融着テープで固定します。
20141013_sensor.jpg
はい、できました。

これで、一応走れる状態になりました。
ってことで、コンポ換装の完成を祝して乾杯〜〜っ!
20141012_room.jpg
あ、乾杯したのはセンサー取り付け前でした。

以上、完全バラシからちょうど一週間でコンポの取り付けが完了しました。
先週月曜の台風による午前半休を含め、毎日帰宅後に作業しましたが、大変だったという感じは全くなく、とても楽しかったですっ!

いやホント、こうやって自分で全てを組めるのは、自転車の良い点ですねー
次も何か組みたくてウズウズしますよー(ニューフレーム?いやいや、ないです)

てことで、新生セクター号のお披露目は、次記事に続きます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

換装:セクター号に新コンポ取り付け(その5)

こんばんわー
本日三度目の更新です。
夕方からセクター号のコンポ換装作業をやりました。

金曜が飲み会で午前様、昨日は奥多摩ライドの後にダウン
なので、木曜以来、3日振りに作業再開です。

木曜は、チェーンとシフトケーブルを取り付けたんですが、少しだけと思ってシフト調整を始めちゃったら泥沼にハマり、、、
結局、調整が決まらず中途半端なままで時間切れ、ブレーキケーブルを取り付けることもできませんでした。
なので、前回の(その4)(こちら)では、アウターケーブルを切ったところまでを報告しました。
20141008_outer-cable.jpg

では、木曜に行ったチェーンとシフトケーブルの取り付け作業と、本日行ったブレーキケーブルの取り付け作業について報告します。

手順は、以下の通り
1. フロントディレーラーのケーブルを張りアウターに移動させる
2. チェーンを掛け回して長さを決め、切って連結する
3. リアディレーラーのケーブルを張る(シフト調整も)
4. ブレーキケーブルを張る(ブレーキ調整も)

■1. フロントディレーラーのケーブル張り
先ずは、STIレバーのケーブル孔を確認します。
20141009_sti1.jpg
縦長の孔がケーブル孔

その反対側(内側)にはカバーがあって、カバーをめくると、ケーブル出口が見えます。
20141009_sti2.jpg
白いガイドに沿ってケーブルが出てきます。

アウターにガイド付きのキャップを付けて、ケーブル先端を通します。
20141009_sti3.jpg
後ろのジャージ達は見ないで下さい。

キャップを閉めたらSTI側は終了
20141009_sti4.jpg

次は、FDまでケーブルを引っ張ってきて、仮止め
20141009_fd-cable.jpg
ここでは、FDをアウターに上げられる程度にケーブルを引っ張ります。
調整は後ほど

■2. チェーンを掛け回して長さを決め、切って連結する
チェーンですが、CN-HG900は表裏があります。
文字が書いてある方が表で外側にきます。

アウター×トップでガイドプーリーとテンションプーリーが垂直に並ぶ長さに合わせてチェーンを切ります。
20141009_chain1.jpg
4コマ(てか8コマ?)切りました。

付属のコネクトピンで連結します。
20141009_chain2.jpg
連結したら、チェーンカッターの孔にコネクトピンの先端を入れ、捻って折ります。

以上でチェーンの取り付け終了。

■3. リアディレーラーのケーブルを張る
リアディレーラー用のケーブルをFDと同じようにSTIレバーから通し、RDに仮止め
20141009_rd-cable.jpg

では、シフト調整です。
が、ネットで調べた手順でやっても上手くいきません。
トップ側(FDはインナー側)の位置を決め、ロー側(FDはアウター側)の位置を決め、ケーブルのテンションを調整する。
たったこれだけのことが何故かできないんですよねー

結局、ギアを上げたり下げたり、調整ネジを締めたり緩めたり、ケーブルを引っ張ったり緩めたり、、、これを何回も何回も、あーでもないこーでもないとやるもんだから、正解の手順がなんだか分からなくなってしまいます。
で、今日の夕方から再挑戦して、やっと決まりました(と思います)。

そんな感じの泥縄で(ケーブルだけにね)作業したので、皆さんの参考にはならないと思うので、シフト調整の手順は書きません。てか、書けません。
ちゃんと書かれた書籍やネットを参考にして下さい。

■4. ブレーキケーブルを張る
ブレーキのケーブルは簡単ですね。
ブレーキレバーを握ると、タイコ受けが見えますから、ここからケーブル先端を通していきます。
20141012_brake-cable1.jpg
後ろの孔(写真では見えてませんが)に向かって通すだけです。

ケーブルが出てきます。
20141012_brake-cable2.jpg
この先端をアウターに通します。

ケーブルをリアブレーキまで引っ張って固定します。
20141012_r-brake.jpg
あとは、ブレーキの当りとトーイン調整をしたら終了。

フロントブレーキも同様です。
20141012_f-brake.jpg
一旦ワークスタンドからおろし、フロントホイールを取り付けて調整。
このタイミングで、STIレバーの位置も決めて固定しちゃいます。

その後、ハンドル周りのアウターケーブルをテープで固定。
20141012_cable-fix.jpg
ちょっと長かったかな?ま、短いよりかはいいか

各インナーケーブルの先端を適当な長さで切って、先端にキャップをカシメて固定すれば終了です。

その後、バーテープを巻き、シートポストを差して換装作業がほぼ全て完了しました。
で、完成後に、祝杯をあげつつこの記事を書いていますー
まーまだ、サイコンセンサーやボトルケージ、携帯ポンプ、ライト類など、取り付けないといけない装備がたくさんありますけどねー

完成した新生セクター号の姿は、また改めて報告したいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

マッタリ:名栗の里山で回復走88km

こんにちわー
本日二度目の更新です。
朝の記事をアップしてから走りに行ってきましたよー

では、今日のライドレポートです。
昨日の奥多摩ライドのダメージが思った以上に大きく、脚が結構張っていたので、今日は回復走。
昼過ぎを目処に帰ってくるつもりで8時20分に出発。ゆるゆる行きます。

今朝は雲が多く、太陽が隠れていて、寒さを感じました。
いつもの多摩湖から
20141012_tamako.jpg
曇ってますねー

そして、狭山湖
20141012_sayamako.jpg
なんか寒々しい色合いです。
カメラを構えた人が多かったけど、渡り鳥が飛来しているのでしょうか?

K179から飯能に入り、高麗川方面にするか少し考えましたが、名栗方面に行くことにしました。
名栗線に入ってすぐのセブンで休憩。
20141012_cafe.jpg
ホットコーヒーとクリスプサンダーを補給。

そのまま名栗方面に向かい、山伏峠まで行こうか?とも考えましたが、脚がキツいかな〜ってことで、手前の小瀬戸交差点を右折して子ノ権現、竹寺方面に
仁田山峠をマッタリ越えることに決定。

分岐まできました。2月以来かな?そのときは積雪でしたねー
20141012_nidayama1.jpg
右へ行くと子ノ権現ですが、仁田山峠(林道原市場名栗線)は左

この辺りの林道は路面が荒れ気味で車があまり通らないため、なんか雰囲気が怖いですよねー
野生動物(鹿や猪、狸)が出てきそうな感じ。あとクマーね
道の先の方に注意しながらゆっくり上ります。いつでもUターンして逃げられるように
もうすぐピークってところに猟犬を連れたハンターの車が、、、やはり居るんだ、、、

で、ピークに到着。
20141012_nidayama2.jpg
ここは景色が開けて山々の重なりが美しい場所
でも、どんよりとした空模様でした。

名栗側に下って、飯能方面に戻りますが、そのまま帰ったらちょっと物足りないので、小沢峠を越えることにしました。
ま、ゆっくり上って、トンネルを抜けます。
20141012_ozawa.jpg
ここで、しばし休憩。
セブンで買っておいたゼリーを補給。

そこからは成木に下り、東京バーディGCの坂は回避して、西東京病院の看板のところを右折して岩蔵温泉。
岩蔵街道で箱根ケ崎まできて、あとは青梅街道で帰ってきました。

今日の走行ルート
20141012_root.jpg

本日(2014.10.12)の走行記録
走行距離:88.48km
走行時間:4時間05分
平均速度:21.6km/h
最高速度:45.7km/h
獲得標高:850m(ルートラボより)

以上、今日は回復走ってことで軽くでしたが、走れたのでよかったかな?
先週の天気予報では雨になってましたから、ラッキーと思うことにしましょう。

しかし、10月のノルマとしては、4日目の今日は「ニッキュッキュde299km」で300km超のライドの予定でした。
その意味では、200km以上の未達です、、、完敗ということになります。
なので、10月ノルマに対して、2勝1敗1分となりました。うーん、厳しい〜
ま、がんばりますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

奥多摩:風張峠〜鶴峠〜甲武トンネル170km

おはようございます
昨日は、走りに行ってきましたー
帰ってから晩ご飯を食べたら完全ダウン、、、朝の更新となりました。

前日の金曜日が飲み会で、行かなくていいのに二次会まで参加して、、、
帰りの電車を乗り過ごし、えらく遠回りしてなんとか電車では帰って来られたんですが、帰宅が0時半過ぎ
あぁ、、コンポ換装作業もやりたかったのに、、、

で、昨日は普段通りの6時半起床。完全に二日酔いです、、、
ともかく朝ご飯を食べてシャワーを浴びて準備して、8時15分に出発

行き先は、奥多摩
先日の記事(こちら)で書いた↓この予定(ノルマ)を実行するライドです。
 11(土) 奥多摩あたりで150kmライド(詳細未定)

で、フラフラと武蔵五日市を目指しますが、身体が重く脚が回りません、、、
ノロノロ走って青梅街道〜羽村〜あきるの、9時50分に武蔵五日市駅前のセブンに到着。
ここまでのアベレージ(ネット)が20.1km/hだったかな?

20141011_itukaiti.jpg
ここで、24WEさんと合流。
当初は今日(10/12)予定していた「ニキュッキュde299km」ライドにご一緒いただくことになっていたんですが、天候等の理由でこのライドを中止したため、昨日ご一緒しました。

セブンでコーヒーとどら焼きを補給して、10時15分にスタートです。
まずは檜原街道〜周遊道路で風張峠を目指します。
無理しない程度のペースで淡々と標高を上げていきますよー

20141011_shuuyu.jpg
旧料金所を通過

20141011_tomin.jpg
都民の森も通過

ピークに到着
20141011_kazahari.jpg
五日市からちょうど2時間でした。

ピークは寒いかと思ってましたが、日射しがあって暖かかった。
ピーク手前の温度計は16℃を表示していましたね
20141011_kazahari2.jpg
良い天気でした。

そこから奥多摩湖側に下ります。
途中の月夜野駐車場で一旦停止。
20141011_okutamako1.jpg
奥多摩湖

20141011_okutamako2.jpg
紅葉は全然まだまだですね

奥多摩湖まで下ったら湖畔の食堂で昼食
20141011_lunch.jpg
温かいそばをいただきました。

再スタートして小菅村を目指します。
役場前を左折して大月方面に向かいますが、松姫峠は回避し、分岐を左折して上野原方面に
鶴峠を越えることにしました。

距離は短いですが、斜度は結構ありますね。
ユルユル上って、ピークに到着。
20141011_turu.jpg
バス停しかありません。

上野原に下り、ルートは三択
藤野から相模湖方面か、藤野から和田峠か、甲武トンネルで檜原か、、
甲武トンネルで桧原村に戻ることにしました。

またまたトロトロ上って、甲武トンネル到着。
20141011_kobu.jpg
本日の上りは終了です。

で、檜原側に下って、五日市方面に戻り、戸倉のセブンで休憩。
20141011_cola.jpg
とりあえず赤コーラ。
あと、ホッとカフェオレとソーセージパン

あとは帰るだけです。
五日市街道を走り、多摩川手前で右折してその南側に沿って走ります。
八王子〜日野を抜け、百草園から川崎街道に入り、聖蹟桜ヶ丘に

この時点で17時半
空はすっかり暗くなって、道路は車で混んでます。
連光寺坂を越えることも考えましたが、もう坂は十分。
てことで関戸橋を渡り、その北詰から多摩サイで帰る24WEさんとお別れです。
24WEさん、お疲れ様でした&ありがとうございましたー

私は、そのまま北上し、西国分寺から府中街道に入って帰ってきました。
帰宅が18時45分、10時間半の旅でした。

昨日の走行ルート
20141011_root.jpg

昨日(2014.10.11)の走行記録
走行距離:173.55km
走行時間:8時間09分
平均速度:21.2km/h
最高速度:58.2km/h
獲得標高:2400m(ルートラボより)

以上、昨日は寝不足と二日酔いからのライドでとっても疲れました。
でも、天気や気温はライドに最適で、気持ち良く走ることができました。

10月ノルマの3日目は、150kmに対して実績170kmですから達成です。
これで2勝1分けとなりました。
が、今日予定していた299が未達となりましたから、2勝1敗1分けが決定です。

うむむ、300kmの未達はデカい、、、
てことで、少しでも負債を減らすために、今日は半日でもいいから走ってこようかと思っていますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

換装:セクター号に新コンポ取り付け(その4)

こんばんわー
日を跨いじゃいましたが更新します。

まず、今週末、日曜(10/12)の天気がハッキリしません。
完全にダメかと思ってたら予報が少し好転しましたが、不安定であることには違いありません。

そんなことを呟いたらぽじさんから、「299は工事だらけ」との情報が、、、
てことで、この日に予定していた「ニッキュッキュde299km」は、中止します。

その代わり、前日の土曜(10/11)に少しガッツリ走ることにします。
ただ、金曜が飲み会なので、朝は遅めのスタートとして、9時〜10時に武蔵五日市あたり、風張峠を越えて鶴峠〜松姫峠あたりを回って帰ってくれば、150kmは超えそうです。
日曜は、午前中だけでも走れれば近所をグルっと回ろうかな?

さて、セクター号のコンポ換装の話です。昨日まで連続3回アップしてきましたが、そろそろ終点が見えてきました。
新型105(5800系)への換装ですが、昨日までに、BB、クランクセット、フロントディレーラー、ブレーキ、リアディレーラー、STIレバー、スプロケ、ホイールの取り付けが完了しました。

残るは、チェーンとケーブルです。
そのケーブル(シフトとブレーキのインナーケーブル)ですが、今日、届きました。
20141009_nimotu.jpg
ん?ケーブル以外にも何か入ってますが、、それはまた今度

あ、いや、準備してなかったんで、この前の土曜に慌ててポチったんです〜
今回は、シフトとブレーキのそれぞれインナーケーブルだけを購入しました。
アウターケーブルは、以前に換えたときの残りがあるので、それを使います。

が、しかし、ケーブルをポチった後にSTIレバーの箱の仕切りを外してみると、箱の底にケーブル類が入ってたじゃありませんかぁ〜っ!
20141006_st-5800-cable.jpg

ま、アウターは黒いので使いませんが、インナーは購入する必要がなかった、、、
でもまぁ、予備で取っておくということで、今回は、せっかく購入したインナーケーブルを使うことにします。

で、チェーンとケーブルの取り付け手順、昨日の記事でゴチャゴチャ書きましたが、そんな面倒なことをしなくても、以下の手順でOKってことに気づきました。

フロントディレーラーのケーブルを張りアウターに
チェーンを掛け回して長さを決め、切って連結する
リアディレーラーのケーブルを張る
以上で何の問題もなく取り付けられますねー

■チェーン
チェーンは、CN-HG900です。
このチェーンだけ105グレードではなく、デュラグレードです。
20141009_cn-hg900-w.jpg
CN-HG900の重量は、238g
長さを決めて切った後に量りました。

以前のチェーンは、シマノCN-HG93(アルテグラグレード)です。
昨年6月に交換してから(こちらの記事参照)1年3ヶ月も使っちゃいました〜
いやー、引っ張り過ぎですね〜
でも、駆動や変速に不具合は出ませんでしたけどねー

20141009_CN-HG93-w.jpg
CN-HG93の重量は、267g(ミッシングリンク含む)

チェーンは29gの軽量化

前はミッシングリンクを使ってましたが、11速になってから再使用不可になったらしく、今後は使わないことにしました。

■ケーブル
インナーケーブルは、シフト、ブレーキともにアルテ6800グレードのポリマーコーティングケーブルです。
20141009_shift-cable.jpg
シフトインナーケーブル(Y00F98990)

20141009_brake-cable.jpg
ブレーキインナーケーブル(Y8Z098090)

アウターケーブルは、以前のと同じ↓これです。
20141008_outer-cable.jpg
長さを合わせて切っておきました。

では、ケーブルとチェーンの取り付けです。
が、スミマセン、、、時間切れです。

チェーンとシフトケーブルまでは取り付けたんですが、付けちゃうとどうしても変速調整を始めちゃうじゃないですかぁ〜
で、なかなか上手く決まらず、四苦八苦してたらドンドン時間が経ってしまいました。

てことで、取り付け作業の様子は、次回に報告したいと思います。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

換装:セクター号に新コンポ取り付け(その3)

こんばんわー
台風19号ですか?
週末の天気が悪い方に変わってきています。
今週末の日曜(10/12)は「ニッキュッキューde299km」の予定ですが、、、ちょっと厳しそうですねぇ〜
決行or中止は、早めに決定してアナウンスします。

さて、セクター号のコンポ換装の話、3回目です。
新型105(5800系)への換装作業を日曜から開始して、月曜の午前中と帰宅後、昨日火曜の帰宅後にチマチマと進めています。
昨日までに、BB、クランクセット、フロントディレーラー、ブレーキ、リアディレーラー、STIレバーの取り付けが完了し、その報告をアップしました(その1その2)。

残るは、スプロケ、チェーン、ケーブルです。
あ、ホイールもありました。新ホイールの紹介は、こちらの記事を参照ください。
てことで、コンポではありませんが、先ずは、新旧ホイールの交代式(重量比較)の様子から

■ホイール
新ホイールは、TOKENのC22A TBTです。
TOKEN-C22A.jpg

重量測定については、以前に行って先の記事で報告済みですが、再掲します。リムテープ込みの重量です。
20140902_c22a-f-w.jpg
フロントの重量は、643g

20140902_c22a-r-w.jpg
リアの重量は、788g

20140902_c22a-qf-w.jpg 20140902_c22a-qr-w.jpg
クイックは、フロント(写真左)が35g、リア(写真右)が42g

旧ホイールは、シマノのアルテWH-6700です。
二年半前(2012年2月)に購入しましたから、約2万km走りましたねー
WH-6700の重量を測定するのって実は初めてです。これまで常に現役で使用してましたから、量るタイミングがなかったですねー

20141007_wh-6700-f-w.jpg
フロントの重量は、687g

20141007_wh-6700-r-w.jpg
リアの重量は、939g

前後で1626gです。
カタログ値(公称)が前後で1651gとか言われてますから、あら?軽くなってますね?リムのブレーキ面が削れたのかな?

で、これまで使ってたクイックは、TIOGAのレバーが外せるタイプ
20141007_quick-f-w.jpg 20141007_quick-r-w.jpg
重量は、フロント(写真左)が39g、リア(写真右)が43g
レバーが外せるので、結構軽かったですねー

ホイールとクイックの前後トータルでちょうど200gの軽量化です。

タイヤは、とりあえずTURBO PROをそのまま履かせます。なので、重量変更なし。
ま、タイヤは元々消耗品で交換前提なので、コンポ換装による重量とは関係ないですからねー

■カセットスプロケット
スプロケは、CS-5800の11-28Tです。

20141006_cs-5800-w.jpg
CS-5800の重量は、275g

WH -6700に着けてたのは、TIAGRAのCN-HG53かな?9速の12-27Tです。
このスプロケも長く使いました。2年9ヶ月くらい?軽く2万kmは超えています。
よく持ったなぁ、、ってか既に限界を超えてたんじゃないでしょうか?

20141007_cs-tiagra-w.jpg
CN-HG53の重量は、239g

スプロケットは36gの重量化!
やはり、9速から11速にすると重くなりますよねー

で、C22AにCS-5800を取り付けました。
20141006_c22a-cs5800.jpg

20141006_cs-5800-1.jpg

さらに、リアホイールをフレームに装着。
20141006_c22a-1.jpg

20141006_c22a-2.jpg
うん、なんか完成形に近づいてきた感じです。

あとは、チェーンを掛けて、ブレーキとシフトのケーブルを張ったら完成です。
っと?ここで疑問が、、チェーンとディレーラーのケーブルってどっちを先に着けるのが良いんだ?と

チェーンの方が交換頻度が高く、チェーンなしでケーブルを張った状態は普通にあるから、ケーブルが先かな?と

リアディレーラーは、チェーンでプーリーを引っ張っておいた方がケーブルが張りやすいんじゃないか?と

フロントディレーラーをケーブルで引っ張っておかないと、アウターにチェーンが掛からないから、やはりケーブルが先か?と

なんか「鶏と卵」のように、考えがグルグル〜っと無限ループを描き始めてしまいました。ま、酔っ払ってたってのもありますが、、、
20141006_room2.jpg
こんな部屋で飲みながら作業してます。

で、解決策を考え付きました。
フロントディレーラーの固定を緩めてちょっとズラし、チェーンと干渉しないようにしてから、チェーンを掛け回して長さを決める。

あ、チェーンの長さは、アウター×トップでテンションプーリーがリアハブ軸の真下にくる長さ、でよかったんですよねぇ?

で、再度チェーンを掛けて連結し、インナーに落としてから、フロントディレーラーとリアディレーラーにケーブルを張り、それぞれ調整作業。
こんな感じで作業を進めれば、問題なくチェーンとケーブルの取り付けができそうです。

あ、あとスプロケですが、今回はローの28Tが必要だということで11-28Tにしました。
歯数構成は、11-12-13-14-15-17-19-21-23-25-28

でも、↓この写真を撮ってみると、6速〜7速の段差が気になりました。
20141006_cs-5800-2.jpg
15T〜17Tですねー
この辺りのギアは最もよく使うところで、その間の16Tが欲しくなりますよねー

で、調べると、12-25Tのカセットの歯数構成が↓こんな
12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25
16Tがあるじゃないですか〜、さらに18Tまであります。

これをミックスして組めば、↓こんな理想的な構成ができます。
12-13-14-15-16-17-18-19-21-23-25-28

って、、、12速になっとるwww

18Tを抜くか、13Tを抜くか、、、どっちかですね。
中間の使用頻度が高いところをクロスにしたいから、13Tを抜くことになりますが、そうすると14T〜12Tの変速が不安ですから、12Tは封印ってことになるのかな?

って、、、10速になっとるwww

あぁ、、、悩ましいですね〜、、ま、楽しみながらゆっくり悩むことにしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

換装:セクター号に新コンポ取り付け(その2)

こんばんわー

今日も、セクター号のコンポ換装の話、その2です。

っとその前に、今週末の日曜(10/12)の告知です。
先日の記事で書いた通り、この日は「ニッキュッキュde299km」の予定です。
現時点で24WEさんから参加表明いただいています。

ところが、ルートもスケジュールもまだ確定していませんでした。
てことで、決めたのでアナウンスします。
ルートは、↓こちら
20141012_root0.jpg
入間をスタート/ゴールとして八千穂まで行って帰ってくる往復ルートで、距離299km、獲得標高5000m↑になります。

折り返し地点(149.5km地点)は、メルヘン街道を麦草峠に向かって半分ちょっと上ったところ、八千穂スキー場の手前になります。標高が1500m弱まで上ります(寒そう〜)。

えーっと、片道ルート(麦草峠2127mを越えて茅野まで)も案としてはあったんですが、これだと帰りは輪行必至となります。で、299kmに達しないという、本来の主旨から外れちゃいます。
また現在、セクター号がドック入りしており、ファイア号での出撃となるのですが、ファイアでは正直輪行したくありません。
という理由で、往復ルートに決めました。

スケジュールは、朝5時にR299(旧道)の「根岸」交差点を出発。それだけです。
300km×5000mなので、アベ17km/hとして18時間かかりますから、ゴールは早くて23時です。

根岸交差点は、豊水橋の北300mくらいの場所なので、車載での参加も可能ですよー(私はもちろん自走ですが)
まだまだ参加を受け付けていますので、我こそは!という方、是非ご一緒ください〜

------------------------

では、セクター号のコンポ換装(その2)にいきます
コンポは、11速の5800系105に換装します。

昨日の記事(その1)では、BB(SM-BB6700←これは旧型アルテ)、クランクセット(FC-5800)、フロントディレーラー(FD-5800)の取り付けをレポしました。

今回の記事(その2)では、引き続き前後のブレーキ、リアディレーラー、STIレバーの取り付けを報告します。
■ブレーキ
ブレーキは、BR-5800です。
20141006_br-5800-f-w.jpg 20141006_br-5800-r-w.jpg
BR-5800の重量は、フロント(写真左)が197g、リア(写真右)が192g
延長ナットの分、フロントの方が重くなってます。

取り外したのは、2年くらい前?に換えたTIAGRAのBR-4600です。
20141006_br-4600-f-w.jpg 20141006_br-4600-r-w.jpg
BR-4600の重量は、フロント(写真左)が179g、リア(写真右)が176g

前後で34gの重量化!
新型105のブレーキは、28Cタイヤにも対応するようにアーチが大きくなったらしく、その分、重くなってるのかな?

■リアディレーラー
リアディレーラーは、RD-5800SSです。
20141006_rd-5800-w.jpg
RD-5800の重量は、227g

取り外したのは、TIAGRAのRD-4500
これはセクター号の購入時から付いてきたもの
20141006_rd-4500-w.jpg
RD-4500の重量は、259g

リアディレーラーは32gの軽量化

ブレーキとディレーラーは、ボルトを締めるだけで簡単に取り付け終了。
20141006_secteur-r.jpg

■STIレバー
ST-5800です。
20141006_st-5800-l-w.jpg 20141006_st-5800-r-w.jpg
ST-5800の重量は、左(写真左)が244g、右(写真右)が245g
右の方が若干重いのは、変速段数が多いから?内部のメカが複雑になってるんですかねー

取り外したのは、TIAGRAのST-4500です。
セクター号に最初に付いてきたのはSORAだったんですが、親指シフトがイヤで、中古のST-4500に換えました。
ちなみに、SORAのSTIレバーは、sepaさんの通勤車で活躍中〜
20141006_st-4500-l-w.jpg 20141006_st-4500-r-w.jpg
ST-4500の重量は、左(写真左)が247g、右(写真右)が253g

左右で11gの軽量化
うーん、ほとんど変わらん、、、11速でメカが複雑になった?

ハンドルをステムに固定して、なんとなくの位置にSTIレバーを仮固定
位置調整は後からでいいとしても、ケーブルをつないじゃったらあまり動かせないし、さらにバーテープを巻いちゃったらもうダメですから、位置確認の手順を考えとかないといけません(備忘)。

20141006_secteur-f.jpg

以上、フレーム側のコンポは全て取付完了しました。
あとは、スプロケをホイールに着けて、チェーンを装着し、ブレーキとシフトのケーブルを張ったら完成です。
って、ケーブルを張るのが面倒だし、その後の調整作業も手間がかかりますけどねー

ともかく、ここまでくれば、あとは一気にやっちゃいますよー
早く完成させて部屋から出さないと狭くてしょーがないし

でも、弄ってる自転車を間近に眺めながら飲む酒は美味いです〜〜っ!
20141006_secteur.jpg

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

換装:セクター号に新コンポ取り付け(その1)

こんばんわー
今朝は普段通りの時間に起きたんですが、台風の状況を見て、午前休にしました。
起きた時点では、昨夜からの雨が降り続いているものの、まだ風がそんなに強くないので、行けるかな?っと思ったんですが
でも、濡れるのがイヤだったのと、電車がすでに乱れてるということだったので、早々に午前休を決めました。
20141006_taihuu18.jpg
10時半の雨雲レーダー

せっかくの有休なので有効活用せねばっ!ってことで、7時半くらいからコンポ類の取付作業を始め、10時半くらいまでやった後に、昼ご飯もウチで食べてから出勤しました。
昼前には雨もすっかり上がって青空が見え始め、風も収まっていましたね。電車の乱れは多少残ってましたが、まぁ普通に出勤することができました。

さて、そのコンポ換装の件です。
新型105(5800系)に換装するためにドック入りしたセクター号ですが、昨日の記事で書いたように、全てのパーツが取り外された状態になってました。
20141005_secteur2.jpg

それでは、新コンポ類の取り付けです。
取付作業自体は簡単なんですが、今回は、新旧コンポの重量測定も同時に行いながらなので、写真枚数が多くなってしまいました。
なので、この作業レポートは複数回に分けてアップします。

ええ、実は今日の午前中でコンポの取り付けはほぼ全て終わっています。
こんな狭い場所(私の部屋)で台風情報を見ながら作業してました。
20141006_room.jpg
でも、座って作業できるのは楽です。一応、ワークスタンドを一回転させるだけのスペースはあるんですよー

新コンポ取り付け(その1)の今回は、BB、クランク、フロントディレーラーです。
■BB
BBは、新型(SM-BBR60)ではなく、旧型?アルテグレードのSM-BB6700です。
20141006_sm-bb6700-1.jpg
これは半年ほど前に買い置きしておいたものです。

20141006_sm-bb6700-2.jpg
新型のBBは、小型になってるようですが、ま、規格としては同じホローテックIIだから大丈夫です(のはずです)。

20141006_sm-bb6700-w.jpg
SM-BB6700の重量は、90g

ハンガーにグリスをたっぷり塗ってBBをねじ込み、専用工具で締め付けます。締付トルクはテキトーですが、ダウンチューブで反力を取りながら、思い切り工具を引き上げる感じです。
20141006_sm-bb6700-3.jpg

前回もこの程度で締めましたが、問題は起きませんでした。
20141006_sm-bb6700-4.jpg
で、BBが取り付きました。

■クランクセット
クランクセットは、FC-5800です。歯数は52×36で、クランク長は175mm
20141006_fc-5800-w.jpg
FC-5800の重量は、753g
裏面の肉抜きってか補強リブってか、なんかカッコイイですね。掃除しにくそうだけど

一方、取り外したクランクは、SORAのFC-3400(50×34、175mm)
20141006_fc-3400-w.jpg
重量は、867g
クランクセットで106gの軽量化

20141006_fc-5800-1.jpg
で、クランクセットが取り付きました。

■フロントディレーラー
FD-5800のバンドタイプです。
20141006_fd-5800-w.jpg
FD-5800の重量は、107g

取り外したのは、FD-3400かな?
20141006_fd-3400-w.jpg
重量は、122g
軽量化は、15gでトントン

で、フロントディレーラーが取り付きました。
20141006_fd-5800.jpg
いや、まだ位置調整の必要があるので、仮固定です。

以上、今日はドライブトレイン周りの作業報告でした。
続きは、また報告しますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

素っ裸:セクター号があられもない姿に

こんばんわー
台風が接近していますね。
関東地方では、明日の朝が最接近ですか?
出勤時間の直撃は勘弁して欲しいですが、場合によっては午前休かな〜

さて、今日は朝から完全な雨
走りに行くのは諦めました。

なので、セクター号のコンポ換装作業です。
先週、チェーンとクランク、BBは取り外したので、あとはディレーラーとブレーキです。
ケーブルを切って、ディレーラーとブレーキを取り外し、STIレバーも外しました。
さらに、ホイールを外し、ハンドルとステムも外してフロントフォークを抜きました。
シートポストも抜きました。

完全にバラバラになったセクター号です。
20141005_secteur1.jpg
ここまでバラしたのは初めてですねー

取り外したパーツ類
20141005_parts.jpg
ブレーキアウターと、シフトアウターのリアディレーラー部分は、新しいアウターケーブルを切るときの参考にするために取っておきます。

フォークとステムを装着しないとワークスタンドに載せられないので、これらを拭き掃除して、ついでに重量測定。
20141005_fork-w.jpg
フロントフォークは、567g

ヘッドパーツは、ベアリングがドロドロになってました。
また、トップキャプのボルトが錆びてたので、錆取り剤でフキフキ
20141005_head-w.jpg
ヘッドパーツは、92g(スペーサー込み)

ステムは、こちらもボルトに少し錆びが出てました。
20141005_stem-w.jpg
ステムは、172g

ハンドルは、バーテープやケーブル固定用テープの粘着剤でベタベタ
丁寧にこすり取りました。
20141005_handle-w.jpg
ハンドルは、286g

あと、フレームの重量ですが、量るのを忘れてましたwww
てか、ウチの秤には乗せられませんー
フレームは、外で雨の中、水道でジャブジャブ洗ってから、拭き掃除。
その後、ベアリングにたっぷりグリスを盛って、フロントフォークを差して、ステムを仮固定。

ワークスタンドに乗せてみました。
20141005_secteur2.jpg
私の部屋に入れて撮影しましたが、全体が入るほど引いて撮れません。
部屋が狭いのと散らかり過ぎで、最早、足の踏み場がなくなってきました。

で、椅子に座ってフレームの拭き掃除。奇麗になりました。傷は多いですけどね
今日は、時間切れのため、作業はここで終了です。
外したパーツを拭き掃除したり、ボルトを磨いたりしてると時間がかかりますねー

でもあとは、新しいコンポ類の取り付けです。
取付け作業はそんなに時間がかからないと思います。
ただ、ディレーラー調整などがあるので、新生セクター号のシェイクダウンは、早くて再来週かな?
ってことは、ジャパンカップの自走観戦ライドがお披露目になるのかな〜?

部屋で作業できるので、平日夜にチマチマ進めたいと思いますー

あ、最後に、10月ライドの2日目、今日のノルマは50kmだったんですが、ノーライドにつき0kmでした。
でも、雨で仕方がない状況だったので、今日は負けではなく引き分け
ってことで、10月ライドの対ノルマ実績は、1勝1分です。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

1日目:10月ライドのノルマ、先ずは1勝目

こんばんわー
昨日は飲み会があり、更新はお休みでした。
楽しく飲んで食べて帰ってきて、さらに晩ご飯の残りを食べて、また飲んで、寝落ちして、、、
で、今朝は8時に起きました。若干の二日酔い

でも、朝ご飯を食べて9時過ぎから準備して、9時半に出発しましたよー
10月のライド予定は、先日の記事で書いたノルマが課されています。
1日目のノルマは、150km。8時間くらいの見込みで、18時には帰宅したいところ。
今日の行き先は、奥武蔵方面ですが、距離優先で獲得標高にはこだわりません。

あ、また今日のライドでは、先日導入した新スマホのDIGNO Tがどの程度使えるか?のテストも兼ねています。
先ず、カメラが使いやすいか?画質はどうか?
また、STRAVAのログを取った場合のバッテリの持ちと、GPSの精度。
これまでのSH-07Eと併用してみます。

では、今日のライドレポートいってみよーっ!
出発していつものように多摩湖
20141004_tamako-d.jpg
こちらは、DIGNO Tで撮影

20141004_tamako-s.jpg
こちらは、SH-07Eで撮影
DIGNOの方が暗いですか?広さは同じくらい?

そこから自転車道で狭山湖
20141004_sayamako.jpg
あ、これは、SH-07Eで撮影。

DIGNOの方は指が入っちゃったのでボツ
DIGNOは、シャッターが画面タッチしかなく、ハードウェアボタンで撮影できないので、それは不便ですね。
以降は特に断らない限りDIGNOで撮影した写真です。

その後、K179から飯能を抜けて、K15で巾着田に
20141004_kintyaku1.jpg
曼珠沙華は終わってました。

20141004_kintyaku2.jpg
コスモスが盛りでした。

20141004_kintyaku3.jpg
なんかよく分からないパレードが向かってきたので、引き返しました。

近くのセブンで休憩。
20141004_cafe1.jpg
ホットコーヒーとマロンパンを補給。ゼリーはポケットに

そこから高麗川〜毛呂に里山を抜けて、林道滝ノ入線で桂木山へ
20141004_katuragi-d.jpg
DIGNO Tで撮影

20141004_katuragi-s.jpg
SH-07Eで撮影
やはりDIGNOの方が暗いですねー

20141004_cola1.jpg
自販機で赤コーラ

そこから滝ノ入線で黒山三滝側に下り、K61から林道楠線へ
大附のソバ道場の激坂を上って、梨花CCを通過して、西平へ
宿の交差点を左折して白石峠方面に向かいますが
20141004_siraisi.jpg
スルーして直進。

その先の自販機で休憩してから、大野地区に上っていき、林道大野峠線へ
高篠峠まで上りました。ゆっくりです。
20141004_takasino.jpg

その後、大野峠を経由して刈場坂峠
20141004_karibazaka-d.jpg
DIGNO Tで撮影

20141004_karibazaka-s.jpg
SH-07Eで撮影
SH-07Eの方が遠景が白飛び気味?

そこから奥武蔵GLを東に走り、顔振峠を過ぎてから林道阿寺線で下り、東吾野駅
20141004_cafe2.jpg
自販機で缶コーヒー

この時点で走行距離がちょうど100km。そのまま帰ったら150kmに到達しません。
とりあえず、天覚山を越えます。
20141004_tenkaku.jpg
原市場に下ったら、飯能方面へ

しかし、このまま帰ったら、走行距離が130kmくらいになっちゃうことがハッキリしました。
なので、入間まで旧R299で行ってから、入間川CRにイン
川越市に入り、初雁橋まできたところで、川越経由なら150kmにいきそうってことで、そこからK15で本川越経由で帰ることにしました。

本川越駅、川越駅を通過してK6に入り南下
この道は、先々週、先週に続いて三週連続で通ってますねー
途中のセブンで最後の休憩。
20141004_cola2.jpg
また赤コーラ。500mlはちょっと多かった。

で、所沢を抜けて帰ってきました。
帰宅が18時20分、8時間50分の旅でした。

今日の走行ルート
20141004_root.jpg

本日(2014.10.04)の走行記録
走行距離:150.16km
走行時間:7時間15分
平均速度:20.6km/h
最高速度:54.0km/h
獲得標高:2180m(ルートラボより)

以上、なんとか1日目のノルマ150kmを達成することができました。
10月のライド予定に対して、とりあえず1勝目です。

新スマホ、DIGNO Tに関して
カメラは、シャッターが押しにくい、画質はまぁ許容範囲かな?
GPSは、高さ方向の精度がSH-07Eと同程度でした。獲得標高がルートラボよりも1.5〜1.7倍となり、ちょっと使えませんねー、残念。

あと、バッテリーの持ちもSH-07Eと同程度で、ログを取りながらだと1時間で10%ずつ減っていく感じ。なので、10時間のライドが限界、200kmは厳しいですねー
予備バッテリの購入を考えましょう

てことで、今日は、無事予定通りに走ることができました。
しかし、明日は、天気予報が悪い方に向かい、朝から雨って感じになりましたねぇ、、
うーん、走りに行けないかな?
ま、セクター号のコンポ換装作業を進めることにします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。