多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2014-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07月の走行記録

こんばんわー
今日は暑かったですねー
あ、昨日は客先に行って、その帰りに上司と飲んで午前様。
なので、ブログ更新はお休みしました。

で、明日は夏休みを取ったので、三連休〜
朝から午前中限定で走りに行って、自転車のメンテをして週末に備えたいと思います。

さて、今日で7月も終わり
梅雨が明けるまでは雨に悩まされ、梅雨が明けた途端に猛暑になるという、なんか極端な気候変化に翻弄された月でした。
月末ということで、恒例の月間走行記録のまとめです。

201407_soko.jpg
7月は、7回の走行でした。
おっ、そのうち6回がセクター号でしたね。雨が多かったからですねー

では、簡単にライドを振り返ってみます。
7/2は、平日ですが午前休を取って朝練に行きました(こちらの記事参照)。多摩湖〜狭山湖〜K179〜岩蔵街道〜小曽木〜成木〜飯能を回って帰ってくる59km、3時間のライドでした。

7/3は、多摩湖近辺の周回ルートを2周回、18kmの朝練。でも、結局7月はこの日の1回だけしか朝練やりませんでしたね、、、ダメダメです。

7/6は、ニッキュッキュde299kmの下見ということで、R299を起点(入間)から西へ走り(一部R299を外れましたが)、埼玉と群馬の県境である志賀坂峠で折り返して戻ってくるというライドでした(こちらの記事参照)。
20140706_sigasaka4.jpg

7/13は、前日(7/12)の奥多野リベンジライドをDNSしたため、そのリベンジとして単独で神流まで行ってきました(こちらの記事参照)。前週と同じルートで秩父まで行き、秩父から土坂峠を越え神流町に下りましたが、前半戦はPPP(ポンポンペイン)に苦しめられてどうなることかと思いました。
20140713_tutisaka.jpg

7/19は、三連休初日ということでしたが天候が微妙、、ってことで山を避け、海を目指してひたすら南下し江の島まで行ってきました(こちらの記事参照)。海ボーイデビューです。
20140719_enosima1.jpg

7/21は、三連休最終日で天気も良いってことで、奥多摩から山梨の山巡りライド、峠狩り(ピークハント)に行ってきました(こちらの記事参照)。風張峠(周遊道路)から今川峠、松姫峠、雛鶴峠、大垂水峠を越える220km、獲得標高3700mのライドでした。やっぱり山が好き〜
20140721_matuhime2.jpg

7/26は、梅雨明け後の猛暑ってことで、暑さに身体を慣らすための熱順応ライドとして埼玉から群馬の平地を走ってきました(こちらの記事参照)。最高気温が35℃を超える中、補給にも失敗してヘロヘロになりましたが、無事に220kmを走り抜いたことで、少しは熱順応できたかな?っと
20140726_tomioka1.jpg

以上のように、7月はライド回数が7回と昨年並みに走ることができましたし、1回当たりの走行距離も比較的長く、200km級のロングが4回あったので、月間走行距離を伸ばすことができました。

しかし、7回の全てが単独ライド(ボッチ走)でしたねー、、、7/12の奥多野DNSが痛かった
また、7回のうち3回でグンマーまで、しかも西の方ばかり行ってますねー、、、べ別に、グンマーに行きたくて行ったわけじゃないんだからねっ

今月(2014.07)の走行記録
走行距離:1044.1km
走行時間:44時間57分
平均速度:23.2km/h
最高速度:64.8km/h
獲得標高:11710m(ルートラボより)

2014年の累計
走行距離:6146km
獲得標高:66930m

以上、7月の走行記録のまとめでした。
走行距離としては、1000kmを超えることができましたけど、まだまだ借金を返せるほどには距離の上積みができませんでした。

年間目標の12000kmを達成するためには、残りの5ヶ月の全てで月平均1170kmずつ走らないといけません。
うーん、ちょっと非現実的というか絶望的な数字になってきましたよー
まーでも、諦めずに頑張りますっ!

さて、8月の予定です。
まず、今週末の8/2(土)は、夏の冒険企画である「富士あざみライン自走往復ライド」です(こちらの記事参照)。
現在のところ、プチデビルさんかじさん、tomoさんの3人の方々に参加表明をいただいており、あゆさんが保留中です。
24WEさんは、残念ですが事情により参加できないものの、ルート途中までお見送りに来ていただけるとのこと
あれ?そういえばur君も行きたいって言ってたはずだけど?迎撃かな?

当日は、5時に所沢セブン(北秋津店)集合&出発の予定です。
しかし、またあのアザミを上るのかと思うとちょっとブルーな気分にならなくもないですが、、、頑張っていきましょぉ〜っ!

次に、翌週の8/9(土)は、今年(人生)3回目のブルベである「BRM809千葉200kmつくば」です。
3月に初ブルベのBRM316青葉200km富士みち(こちら)、BRM329東京300kmぐるっと甲斐(こちら)を走って以来、約4ヶ月ぶりのブルベです。

いや、久々ってのもあるんですが、それ以上にルートの厳しさと暑さがどうなのか?という若干の不安がなくもないですが、、、
キューシートが発表されてたので、DLしてルートラボで引いてみました。
2014brm809_root1.jpg
2014brm809_root2.jpg
ハハっ、噂通り中間部分がギザギザですね〜、、
獲得標高が2600m、上昇率1.3%ですが、実際は、中間部分の100kmに山が集中してるので、上昇率2.6%ってことですねー
このBRM809つくばには、多くの自転車仲間もエントリーしています。皆さん、頑張りましょぉ〜っ!

次に、予定が決まってるのが、8/17(日)の「赤城山練」です。
これは、そもそもtake-iさんがBRM914群馬200km上毛三山にエントリーしたことから、試走云々の話になり、ぽじさんにルートの相談したことから持ち上がった企画です。
ま、そんなスンナリ試走などさせてなるものかっ!という面々が参加表明してますから、面白いライドになることでしょう〜
ほじさん、ルート設定の方、よろしくお願いしますー

以上、8月も楽しい(苦しい)ライドができそうです。
本格的な暑さが続くものと予想されますので、体調管理に気を付けて元気にガシガシ走れるようにしたいですねー
あと、8月は朝練もちゃんとやりたいですねぇ、、そのためには早寝早起きの規則正しい生活リズムにしないといけません。こっちも頑張ります〜っ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タイヤ:Newへの交換とOldの廃棄

こんばんわー
今日も比較的爽やかでしたねー
一昨日でツールが終わってしまい、帰宅後の時間の過ごし方が分かりませんが、
とりあえずはツール中に録り溜めておいたTVの録画を消化しています。

さて、先週末に実施する予定だったタイヤ交換、昨日の帰宅後にやりました。
↓こちらがNewタイヤの「SPECIALIZED TURBO PRO」
20140720_specia-turbopro1.jpg

↓こちらは、10ヶ月使用した「MICHELIN PRO4 ENDURANCE」リア
20140720_pro4-r2.jpg

結局、先週末のライドを加えて累計5400km走って、その間パンクは一度もありませんでした。
グリップはPRO4SCに劣るようですが、そもそもグリップ云々が問題となるようなコーナーリングなどしない(できない)し、ある程度すり減ってきたらSCもENDURANCEも同じです(あくまで個人の感想です)。

てことで、PRO4ENDURANCEは良いタイヤだったと思います。
ま、流通量が少ないのか?、ネット価格的にSCよりも割高なのがネックですが、SCには黄色がないから、今後も黄色が履きたくなったらENDURANCEを選ぶでしょうねー

で、今回交換する「SPECIALIZED TURBO PRO」ですが、ほとんど何の情報もないまま購入しました(こちら)。
なので、実際に使ってみないとどんなタイヤか分からないんですが、自分に特性の違いが分かるとも思いませんので、ま、何かが起きたらその結果で判断するってことでー

また、チューブは、予備として買っておいた「BRIDGESTONE EXTENZA」の新品に交換します。
このEXTENZAは、18〜25Cという広い対応幅を唱っているので、ファイア号(25C)とセクター号(23C)の両方で使えるなーってことで選択したもの(こちら)。

で、今回、セクター号から外した中古のチューブ2本(これらもEXTENZA)は、パンク時の交換用としてサドルバッグへ

では、交換作業です。
って、何も特別なことはありません。
ただ、WH-6700へのタイヤ嵌めは毎回苦労します。特に、PRO4との相性は激固で、これまで何度も手の皮が剥けていますし、タイヤレバーで何本ものチューブをダメにしてきました。

今回のTURBO PROとの相性が気になるところです。
で、やってみると、やはり固い、、、PRO4と同じくらいかな?
最後の20cmくらいから親指では嵌められません。

でも、これまでの経験は無駄ではありません。
そこから親指だけで無理に嵌めようとすると皮が剥けることは知ってます。
なので無理せず、まずはタイヤとリムを両手でガシっと掴み、手の平全体で雑巾を絞るようにタイヤを伸ばしていきます。

次に、嵌ってない部分の端から少しずつリムを乗り越えさせますが、この時もビードに指を掛けるのではなく、親指の付け根でタイヤ全体を押し込むようにします。
全然入っていかなくても焦ってはいけません。
ここでタイヤレバーを使うのは負けです。

グイグイやってると、そのうち端がリムを乗り越え始めるかな?って感じるときがきます。
そうなれば、パコっと一気に嵌ります。
そう、それまでの固さは何だったんだ?ってくらい最後は呆気なく嵌ります。

てことで、前後ともタイヤの装着が完了しました。
20140729_tire1.jpg

さて、このTURBO PROがどんなパフォーマンスを示してくれるでしょうか?
てか、お願いだからパンクやサイドカットは勘弁してもらって、寿命を全うして欲しいと思います。
20140729_tire2.jpg

で、新しいタイヤを導入したら、当然のごとく古いタイヤが残ります。
今回は緊急用で置いておくことはしません。
と思いましたが、フロントはまだ使えそうなので置いておくことにしました(セコい?)

なお、緊急用としては、ファイア号で使っててサイドカットした比較的新しいPRO4 ENDURANCEの25Cが1本あるので、緊急時にはタイヤブートと一緒に使おうと思っています。

古タイヤは廃棄処分にします。
燃えないゴミ(プラゴミ)として収集してもらいやすくするために、カットします。
一応、地元の市役所のサイトで捨てられるか調べましたよー
20140729_gomi.jpg
ゴム製品なので大丈夫ですねー

カットは、普通のはさみで簡単に切れます。
八分割すれば、まあ捨てやすい大きさになりますね
20140729_tire3.jpg
ってことで、10ヶ月の間お世話になりました、お疲れさん。

以上、タイヤ交換の報告でした。
TURBO PROは、いきなり今週末のふじあざみライン自走往復から実践投入となりますが、それはしょーがないですねー
アザミの上り口まで100km近くありますから、慣らしと皮剥きには十分な距離ですしね
でも、不安なので緊急用タイヤは持っていきますよー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

バテバテ:ヘロヘロの熱順応ライド220km

こんばんわー
今日は涼しかったですねー。とても爽やかな一日でした。
先日の熱順応ライドの効果がさっそく出たのか?と思いました。
いや、ただ単に気温が低く、風があって、湿度も低かっただけでしたねー
今日みたいな天気だったら気持ち良いライドができたんですけどねぇ、、、

さて、先週末の7/26(土)に行ってきた熱順応ライドのレポートです。
速報(こちら)と反省編(こちら)ですでに大まかなライドの様子は書いちゃいましたから、ライドレポートは簡単にまとめたいと思います。
ただただ暑さに耐えるという修行のような、これと言った見所もないライドでしたからねー

走行ルートは、↓こんなでした。
20140726_root.jpg

この日は、4時半に起きて準備して5時50分に出発。
雨の心配がなさそうなのでファイア号も考えましたが、現タイヤの最終ライドということでセクター号で出撃。
いつものように多摩湖の脇を通り、狭山湖をかすめてK179で青梅方面、岩蔵街道で小曽木へ

いやー、まだ6時だというのにすでに暑いっ!陽射しの強さがハンパない〜っ!
東京バーディGCの坂をゆっくり越えて成木街道に入り、小沢峠を目指します。
ここもゆっくり上るつもりだったのですが、先行した3人グループの1人が視界に入ってきて、どうしようかな?ってことで、抜くことにしたらペースが上がっちゃいました。

そのままトンネルまで上って、休憩。
20140726_ozawa.jpg
この写真は露出オーバーなわけじゃありませんよ。日射しが強いんです。

マヂで暑い。汗が止まりません〜
ここまで約35km、2時間弱ですが、すでにボトルが半分くらいまで減ってます。
一服して塩分タブレットを摂って再スタート。

名栗側に下りて、山伏峠を目指しますが、ここもさほど涼しくありません。
水分が少なくなったので自販機でアクエリアスを購入。百均のボトルキャップを付けてケージに挿します。
あ、ボトルキャップ、↓これですが、いいですねー。
20140728_botlcap.jpg

荷物にならないので、シチュエーションに応じて二本体制にすることができます。
って、今回はこれ以降ずーっと、通常ボトル+ペットボトルの二本体制でしたけどねー

で、山伏峠。ここはホントにゆっくりです。
まだまだ序盤だし、この日の目的は、ロングで熱順応ですから、体力温存を図りながらテンポで上ります。
でも暑い〜っ!
20140726_yamabusi.jpg

さらに、この頃からお腹が、、、またもやPPPです。
とにかく秩父に下ってコンビニにピットインすることにしました。
R299で秩父駅を過ぎて少し行ったローソンにイン。すぐさまトイレにイン。

うーん、なんなんでしょう?朝ちゃんと軽量化して、そのときは快調だったのに
ま、でも、すでに66kmほど走ってますから、ここで補給します。
20140726_cafe.jpg

いや、このときはPPPは一時的なもので、治まったと思ってたんですが、、、
再スタートしてすぐに再発、、、
1kmも走らずにセブンにイン。すぐさまトイレにイン。

いやー、ツライです、ツライです。
そのセブンでは買い物もせずに再スタート。ホントごめんなさい。

で、次がくるのかヒヤヒヤしつつもR299からK44に入り、皆野から鬼石方面へ
ここは小さな2つの峠がありますが、恐る恐るのヘナチョコペダリングで越えていきます。
鬼石に下りてからは、R462〜K41で吉井を目指しますが、ミスコース。K41の左折を間違えてK13を直進してしまい、高崎方面に北上しちゃいました。

ま、R254にぶつかるので問題ありません。R254に左折して富岡方面を目指します。
が、しかし、このR254がメチャメチャ暑いっ!
路面からの照り返しと輻射熱、車からの熱気がハンパありません。
平坦路で風もありませんが、20km/hくらいがやっとのヘロヘロっぷり

ボトルの水があっという間に減っていきます。
そろそろ時間も11時を回り、走行距離も100kmを超えたので、次の休憩場所のコンビニを探しますが、こういう時に限ってなかなか出てきません。

いや、スピードが遅いのと気が焦るのとで時間がかかったように思うのかもしれませんが、吉井インター手前でやっとセーブオンを見つけてピットイン。
トイレにはインせず。PPPは治まった様子。

20140726_ice.jpg
大人のキリンレモンとチョコもなかジャンボを補給。

この時点で、11時半。
明るいうちに帰宅するなら12時半くらいには折り返さないといけません。
あと1時間くらいしか残ってないので、妙義山まで行くのは諦めました。

再スタートして、さてどこで折り返そうか?富岡だったら製糸場かな?世界遺産だしってことで、富岡製糸場を目指すことにしました。
少し迷って、12時半に到着。
20140726_tomioka1.jpg

観光客が多いですねー
20140726_tomioka2.jpg
写真だけ撮ったらとっとと退散。引き返すことにします。

帰路は、R254を避け、甘楽の道の駅を回って行くことにします。
ここは、昨年7月の碓氷峠〜軽井沢ライドのときに寄った場所。
20140726_kanra.jpg
でも、建て替えられて綺麗になってました。

ここでは、自販機で赤コーラを補給。
20140726_cola.jpg

再スタートしますが、ここから先は、ホントに暑さにヤラれて頭がボぉ〜っとした感じで走っており、休憩のときも写真を撮る気力なし
写真もないので、残りは簡単に書きます。

再びR254で吉井、往路で走る予定だったK41に曲がり鬼石方面、K13に入ってしまいK22で戻ってR462に復帰し、児玉へ
ここからは、7/13と同じルート(こちらの記事参照)、この日もPPPに苦しんだんですねぇ、、、
しかし、半月前とは気温が違います。この区間が35℃超えだったんですねー
児玉からR254で寄居〜小川町、K30でときがわ〜越生〜毛呂〜日高へ

日高のローソンで最後の休憩。
20140726_hidaka.jpg
この時点で17時半。富岡から5時間、ずーっとヘロヘロのノロノロでしたーっ!
ここでやっと、バナナゼリー180kcalでエネルギー補給。

ホント、省エネ走法にも限度ってもんがありますよー
そこからは、入間を抜けてR463で所沢から帰ってきました。
帰宅が18時半過ぎ、12時間45分の旅でした。

この日(2014.07.26)の走行記録(再掲)
走行距離:221.03km
走行時間:9時間51分
平均速度:22.4km/h
最高速度:64.8km/h
獲得標高:2180m(ルートラボより)

以上、予想以上に、いや予想を大きく超えてバテバテのヘロヘロになった熱順応ライドでした。
でもまぁ良い経験になりましたし、多少は熱耐性も上がったんじゃないかな?
あれだけヘロヘロで、さらにPPPのロスタイムがあっても、一応グロスのアベレージは17.3km/hだしねー

で、今週末は、また天気がちょっと微妙ですが、気温はあまり上がらなさそうなので、暑さに苦しまない快適なライドができそうですねー
8/2(土)のあざみライン、頑張って行ってきますよーっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

反省:猛暑ライドは給水だけじゃダメ〜っ

こんばんわー
今日もメチャメチャ暑かったですねー
走りに行っていた方々は大変だった様子。お疲れ様です〜

私は、野暮用があって、朝からほぼ一日、屋内作業でした。
いやー、エアコン最高ですっ!発明した奴、偉いっ!!

昼過ぎからゲリラ豪雨がありましたが、その後16時過ぎに雨が上がったので、セクター号のメンテナンス
来週の富士あざみライン自走往復と再来週のつくば200ブルベに備え、タイヤ交換です。
20140720_specia-turbopro1.jpg
次期タイヤは、↑このSPECIALIZED TURBO PRO

で、前後のホイールを外し、タイヤとチューブを外しましたが、チューブのバルブ周りがどうも劣化してる様子。
いや、何がどうってことではないのですが、見た感じで伸びてるってか擦れてるような
ま、一年近く履きっぱなしでしたからねぇ、、チューブも替えた方がいいですね

てことで、替えチューブは在庫があったはずなんですが、探すのが面倒になったので、チューブとタイヤを嵌めるのはまたにして、ホイールの掃除だけやりました。
リムとスポーク、ハブを拭き掃除して、スプロケットも一旦外してパーツクリーナーを吹きかけて奇麗にしました。
20140727_wh6700.jpg
ハブメンテもやりたかったのですが、今日のメンテ作業はここまで

さて、タイトルの件。昨日行ってきた熱順応ライドの反省編です。
走行レポートは、また後で書きます。
昨日の走行ルートは、↓こんな
20140726_root.jpg
走行距離が221km、獲得標高が2180m、朝の5時50分から18時半まで12時間45分のライドでした。

先ず、ライドの目的は「猛暑の中を長時間走って、暑さに身体を慣らす」ことですから、昨日が猛暑だったのかどうか?
走行ルートのほぼ中間地点である寄居の気温データを気象庁のサイトで見てみました。
20140726_yorii-kion.jpg

9時台から30℃を超え、15〜16時台は35℃を超えてます。
うん、間違いなく「猛暑」でした。
いや、データで確認するまでもなく、感覚的にも確信してましたが、、

走行中は風を受けるのであまり暑さを感じないんですが、信号などで停止する際、時速が10km/hを下回るとブワぁ〜っと暑さが押し寄せてきます。
特に、路面からの輻射熱が凄いっ!もう、ストーブに当ってるような感じです。

この暑さは、平地で日影がないところ独特のものですねー
山の上だと気温自体が低いし、風があるし、木陰や川もあるので、あそこまでの輻射熱を感じることは少ないと思います。

まぁ、想定通りの猛暑ライドとなったわけですが、では何が反省点なのか?
「補給の失敗」です。
いや、失敗というか、認識が完全に甘かったです。
給水と塩分補給は気を付けていたんですが、エネルギー補給が疎かになってしまいました。

言い訳としては、走り出して2時間経過したくらいからPPP(ポンポンペイン:腹痛)に襲われ、固形物を食べるとまた来るんじゃないか?というビビリがありました。
また、暑くてボぉ〜っとした状態でコンビニ休憩すると、先ず水分っ!それもスカっと爽やかな喉ごしを求めて炭酸飲料を飲んじゃいます。すると、炭酸でお腹が膨れて満腹感を得てしまい、食欲がなくなる。
ま、暑いし固形物を食べるのは面倒だなぁ〜ってなっちゃいました。

実際、昨日一日で摂ったのは以下の通り
9時過ぎ、秩父ローソン
 カフェオレ270ml、チョコクロワッサン、こしあんドーナツ
9時半、秩父ローソン
 ポカリ500ml、天然水500ml
11時半、吉井セーブオン
 大人のキリンレモン500ml、チョコもなかジャンボ
11時半、吉井セーブオン
 スポドリ500ml、天然水500ml、羊羹
14時、児玉ローソン
 天然水1L
15時過ぎ、寄居ファミマ
 ガリガリ君、天然水2L、ダカラ塩と果実500ml、羊羹
17時過ぎ、日高ローソン
 アクエリアス500ml、バナナゼリー180kcal

以上の他に自販機で買ったアクエリアス500mlと赤コーラ500ml
持参したAminoVital顆粒、塩分タブレット5〜6錠くらいかな?

見事なまでに固形物を摂ってませんねー
固形物としては、まだ序盤の秩父ローソンで食べた↓これだけ
20140726_cafe.jpg

一方、水分は、ウチからの水を含めて計算すると、8Lですよーっ!
飲み過ぎだろっ!これ
でも、序盤のPPPの後、最後の日高ローソンまでトイレは行ってません。
ほとんど汗で出たってことですよねぇ、、、身体の神秘だ、、、

でも、これじゃぁエネルギー切れになって当然です。バカですか?>俺
いや、ハンガーノックで走行不能になっててもおかしくなかったですねー
そうならなかったのがラッキーだったと言ってもいいくらいです。

うーん、反省、いや、猛省すべきですねー

てことで、反省しました。
次回からは、ちゃんと固形物を摂ってエネルギー補給しますっ!
コンビニで休憩するときは、炭酸飲料の一気飲みはやりませんっ!
必ずなにかしらの食料と一緒に水分を摂取するようにしますっ!

以上、熱順応ライドの反省編でした。
てか、熱順応以前にライドの基本である補給を考え直すことになるライドでした。
こんなんで来週、再来週は大丈夫なんだろうか?と、少々不安になりますが、、、
ま、本番前に気付くことができて良かった、と、前向きに考えましょぉ〜っ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:熱順応ライドは暑さにヤラれてヘロヘロ

こんばんわー
今日は(すでに昨日ですが)行ってきました。熱順応ライド
いやー、暑かった〜っ!
もうホント、ヘロヘロになりました。

18時半に帰ってきたんですが、シャワーを浴びてビールを飲んで晩ご飯を食べたら完全に落ちてました。
その後、ツールの個人TTを観てたらこんな時間になりました。

てことで、とりあえず今日のライドの速報だけアップします。
今日は、↓こんなルートを走ってきました。
20140726_root.jpg

予定では、妙義山まで足を伸ばしたかったんですが、無理でしたねー
世界遺産の富岡製糸場を見て、そこで折り返して帰ってきました。
5時50分に出発して18時半過ぎに帰宅、12時間45分の旅でした。

本日(2014.07.26)の走行記録
走行距離:221.03km
走行時間:9時間51分
平均速度:22.4km/h
最高速度:64.8km/h
獲得標高:2180m(ルートラボより)

以上、熱順応ができたかどうかは分かりませんが、暑さが非常に難敵であることは分かりましたし、少なくとも一つの課題は見えました。
来週以降のライドに生かしていければ、と思います。

詳しいレポートは、追ってアップします。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

猛暑:今週末は熱順応ライド

こんばんわー
いやー、ツール、ニーバリ、容赦ない〜〜っ!
もぉ〜ニーバリぃ〜、お願いしたよねぇ〜俺、昨日の記事で、山岳賞はマイカとホアキンに競わせてやって下さいってー
そんなの関係ねぇ〜ですかぁ?そうですか、、、

ま、勝つ時にはこれくらい容赦なく徹底的にライバル達を蹴落とすことが大事なのは分かりますし、変に余裕を持って力を抜いちゃうと思わぬ落とし穴が待ってるのも勝負の世界ではあり得ること

20140724_tour18.jpg
マイカが頑張って追っかけて3位に入り、山岳賞を確保できたから良かったようなものの、ホアキンみたいに遅れてたら、ニーバリが獲っちゃうところでしたよー
いや、ツールのポイントシステムだと総合優勝者が山岳賞まで自動的に獲れちゃう可能性が高いことは指摘されてて、実際にそうなるところでした。

まぁ、だとしてもニーバリは全く悪くない、いやむしろ二冠で褒められるべきことなんですが、、、なんかそれはちょっとねぇ〜っていう引っ掛かりがあります。
いや、もちろん今ツールで誰が一番山岳で強かったか?ていうと、ニーバリなんですけど、、、それも認めた上で、コツコツとポイントを貯めてきた選手に獲らせてやろーよ、と

なので、私的には、ボクレールにあげたかったところ、あるいはホアキンにもうちょっと頑張って欲しかった、、、でもマイカも強かったから、まぁ結果として良かったかな?と思っています。
あとは、総合表彰台と新人賞ですね。今日は動かないでしょうから、やっぱ個人TTで決まっちゃいますねー

さて、ツール話が長くなっちゃいましたが、今日の本題は、熱順応です。
今週から梅雨が明けて、いきなり猛暑になってますから、暑さに身体が順応できてません。
いや、7月に入ってから暑い日もあったんですが、私が走った日はことごとく天気が悪くて、気温も高くなかったですからねー

うーん、正直、危険な状況です。
この2,3日の暑さはマズい感じがしています。
この暑さの中で、いきなり強度の高いライドをやると身体がもたないと思います。

来週末は富士あざみ自走往復、再来週末はつくばのブルベがあり、どっちも高強度のライドになることは必至。
さらに猛暑に襲われでもしたら、、、ヤヴぁ〜いですよねー
その前に身体を暑さに慣らしておく必要があります。

てことで、明日(か明後日)は、熱順応ライドに行きますよー
暑いところを比較的ゆっくり低強度で長い時間走ろうと思っています。

しかし、暑いところといってもCRは走りませんっ!つまらなすぎて飽きるのでー
山は取り入れたいところですが、標高が高いと涼しくなっちゃうので、標高&斜度低めの山がいいですね。

で、ルートを引いてみました。
20140726_root0.jpg

暑いところといえば、埼玉北部〜グンマーでしょうっ!ってのと、低めの山があって飽きずに距離が稼げる、という趣旨にピッタリなルートでしょっ?

無理せずエネルギー、水分、ミネラルの補給に気を付け、楽しんで走りたいと思います〜っ!
どなたか、迎撃してくれてもいいんですよー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ツール:水玉と白の争いが残りの見所

こんばんわー
暑いですねー
梅雨明けと同時に真夏日が続いていますが、もう少し均して緩やかに上昇できないもんでしょうか?
極端な気候・気温の変化はいろいろ身体に堪えます。

っと、帰りは危うくゲリラ豪雨の襲撃を受けるところでした。
20140724_tenki.jpg
都内のあちこちで落雷があり、交通も乱れたみたいですが、私は運良く電車が遅れることもなく、駅を出たらちょうど雨が上がったところで、全く影響を受けずに帰ってくることができました。
帰宅してすぐにまた雷が鳴って、ザぁ〜っと降ってきました。ホントにラッキーでした。

で、身体の疲れですが、先日のライド疲れも抜け切ってませんし、暑さに加えて寝不足なのも辛いところです。
寝不足の原因としては暑さ(熱帯夜?)もありますが、毎日のツール観戦が効いてますねー
いやー、昨夜の17thステージも面白かったし、観ちゃいますよね〜っ!

うーん、先日の記事で23時まで観たら寝て5時に起きて朝練、みたいなことを書きましたが、、、無理。
23時で観戦を打ち切って寝るのが難しい(寝落ちは除く)

23時というと、だいたいゴール前50〜60kmくらいで、そろそろ終盤の戦いが始まろうかという時間帯です。
山岳ステージだったら最後の峠に向かって位置取りが始ったり、逃げ切りが決まるか吸収されるかの瀬戸際だったり(逃げ切りなら寝てもいいけど)、アシストの強烈な牽きでプロトンから脱落する選手が出始めたり、等々、エース級の勝負が始まる前の様々な駆け引きが見られます。

昨日の17thステージは、正にそんなレース展開で、終始目が離せませんでした(ブログを書きながら片目で観てましたが)。

先ず、ユキヤが逃げに乗って、ホアキンの山岳賞がかかるカチューシャが集団を牽いて追いかけ、吸収直前でブリッジがかかり、逃げ集団がシャッフルされて、そこからユキヤが追走集団をずっと牽き倒す〜っ!

一方、逃げ集団では、ホアキンとマイカの山岳賞争いが本格化し、メイン集団では、ピノーとバルデの新人賞争いと、ペローの総合順位上げなど、それぞれのチーム、選手がいろんな思惑を持って駆け引きしていました。

そんな23時ころに観戦を打ち切って寝ることなどできるはずがありません。
結局、最後まで観戦し(ユキヤの敢闘賞を期待したんだけどなぁ)、寝たのが1時ですから、寝不足にもなります。

ま、そんなツールも今週末で終了してしまいます。
総合優勝は、ニーバリで決まりでしょうが、表彰台争いは個人TTまで続きそうですね。
山岳賞は、今夜で決まるでしょうけど、ニーバリは動かず、マイカとホアキンの二人に競わせてやって下さい〜

新人賞は、総合の表彰台とも絡むので難しいですが、バルデがペローのアシストに徹すればピノー、二人でピノーを攻め落として二兎を得るか?うーん、楽しみ〜
あ、そういえば、ポイント賞ってのもありましたねー

とにかく、ここまできたら寝不足ついでに最後までLIVEで観続けたいと思います。

あぁ、でも、ブエルタは、どうしょーかなぁ〜
ブエルタまで観たら、ホント昼間の廃人生活が9月まで続いちゃいますよぉ〜
いろいろマズぅ〜いことになりそうなので、やっぱ7月末でJ-SPORTSを解約した方がいいんだろーなぁ〜

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山u山:奥多摩〜山梨の峠巡り220km(後編)

こんばんわー
関東地方もようやく梅雨が明けましたねー
なんか今年は、やたらと梅雨が長かったように感じましたが、これは多分6月から週末の雨が多かったからかな?
走りに行けないイライラが積もる時期を過ぎたので、これから思い切り走りたいですねー、暑いけど〜

さて、三連休の最終日、7/21(海の日)に行ってきたピークハントライドの報告、後編です。
走行ルートは、↓こんな
20140721_root.jpg

この日は、「仮想山岳ブルベ」ということで、獲得標高多めの200km超をどの程度のアベレージで走れるか?の確認が目的。
ま、ブルベペースである15km/hを上回ることはマストですが、できれば余裕を持って完走できる程度のアベを出して自信をつけたいところ

気象条件やトラブル、ミスコースなどの不確定要素が大きいので、ブルベ本番では時間的な余裕は多いに越したことがありません。
特に、200kmのブルベは(400以上を走ったことはないけど)時間の貯金が稼ぎにくいし、さらに山岳ともなると、プロフィール次第ではPCでのタイムオーバーの危険性があります。

なので、走行ペースの管理、アベレージの把握は重要です。
あ、あくまでも今年からブルベに参加し、200と300を1回ずつしか走ったことのないブルベ初心者の私が、聞きかじりの知識に基づいて書いてるだけですから、その程度に読んでくださいねー

てことで、またもや前置きが長くなりましたので、本編にいきますーっ
前編では、武蔵五日市から檜原街道〜周遊道路で風張峠を越え、道の駅「たばやま」までの行程を書きました。
道の駅で休憩し、再スタートしたのが11時半。
20140721_tabayama.jpg

ここまでの走行距離が89km、経過時間が5時間15分ですから、グロスのアベレージが16.95km/hです。
上りが多く身体も重かったにしては、なかなかのペースで走れてます。
例えば、この道の駅(89km地点)がPCだと仮定すると、クローズが5時間56分ですから、再スタート時点で40分(到着時点で約1時間)の貯金が稼げたことになります。

てことで、再スタートして道の駅を出てすぐに左折し、今川峠に上り始めます。
いやー、ここの上り始めの激坂は、一体なんなんですかね?
ローラーすべり台の乗り場を過ぎるまで、数百mしかないんですが、非常に不条理な何かを感じます。
その区間を過ぎると下りが出てくるのも不条理感を増幅させますねー

だったら均せよっ!と

なんかせっかく休憩したのに、いきなり脚が削られて、呼吸も荒くなって、メッチャ損した気がするのは、私の心が狭いからなんでしょうか?
そんなことを考えながら、普通の勾配の中間部をヘロヘロと上って、あと少しでピークという最後の数百mがまた勾配が上がります。

だからぁ〜均せよっ!!

と、ブツブツ文句を言いながらピークに到着。
20140721_imagawa.jpg
この今川峠、ピークに標識も何もありません。
この辺のサービス精神の無さも、より一層不条理感を高めてくれます。

ま、文句を言っててもしょーがないので、写真だけ撮ったらとっとと下ります。
ダぁ〜っと下って、小菅村役場の前を通り過ぎ、「上野原、大月」方面に曲がり、川を渡ったところから上りになります。

松姫峠は、二年前の9月に上って以来二度目なので、コースプロフィールを全然覚えてない、、、
どれくらいの距離だったっけ?とか思いつつ上りますが、しばらくはアップダウンがあります。
あぁ、そういえば上野原方面に向かう鶴峠との分岐があるんだっけ?とか、あやふやな記憶を呼び起こしながら進みます。

分岐のところからが本格的な松姫峠でしたねー
なんかトンネルを造ってました。
この松姫峠ですが、道は国道(R139)なので、いわゆる国道峠
なので、勾配はキツくなく、平均6〜7%の一定勾配が続く感じです。雰囲気は柳沢峠に似てるかな?

ただ、ピークの標高は風張峠よりも高く、1200mを超えてるんですよねー(調べたら松姫峠は1250mで、柳沢峠の1472mよりは低い。風張峠は1146m)
そんな峠なので、いつまでもダラダラとした上りが続きます。

小菅村役場からの距離しか見てませんでしたが、5kmを過ぎ、6...7...8kmと、なかなか終わりが見えません。
でも、この頃は身体の重さはなくなって、脚も回る感じになってたので、淡々とペダルを回して良いペースで上れてたと思います。

ただ、ハムを使ったペダリングを続けていると、臀筋も動くからか?ケツが痛くなってくるんですよねー
まだ100kmを超えたばかりなのに、ケツの痛みが出ると、その先が辛いんですよね〜
ま、ファイア号のサドルとの相性もあるかもしれませんから、セクター号なら大丈夫?

で、9kmを超えたところでようやく松姫峠に到着。
20140721_matuhime1.jpg

フぅ〜長かった〜
でも、到着目標時間の通り、13時ちょうどに到着できました。
ここはちゃんと峠の石碑があります。
20140721_matuhime2.jpg

やはり、標識などがあると達成感につながりますし、写真も撮れるし、どんな峠でもちゃんと標識くらいは設置していただきたいですねー
しょぼい峠(山王峠とか?)でも標識があると、なんか上り切った感が出ますからねー
あ、決して山王峠をディスってるわけではありませんよ〜

ここでは、持参したスニッカーズ(ミニ)とAminoVital顆粒を補給しました。
一服してすぐに下り始めます。
しかし、松姫峠のピークから大月までは25kmもありますよー
長い下りですねー

途中には、深城ダムがあって、谷が深くて景色は雄大ですねー
20140721_matuhime4.jpg

山の急な斜面とダム湖の水面が鋭角に交わる感じ、好きですね
20140721_matuhime3.jpg

しかし、この下り、路面があまり良くありません。
舗装がひび割れてガタガタになっているところが多いです。
しかも、コーナーの路面が特に悪くてボコボコだったりします。
いやー、路面からの振動で手が痺れますし、危ないのでスピードが出せません。

そんなこんなで下ってきて、大月市街に入りますが、標高が下がると暑いですっ
大月駅近くのセブンで休憩。
20140721_cola.jpg
赤コーラともちもちチョコパンを補給。

この時点で14時過ぎ、走行距離が130kmを超えました。
うーん、だいぶ疲れてきましたし、ここから真っ直ぐ帰っても80kmくらいはあるはずだから、200kmは超えるんだけど、どのルートで帰ろうか?と、少々考えました。

考えられるルートは、3つ
1. R20で真っ直ぐ帰る
2. 富士みちで都留の手前から雛鶴峠を越えて秋山〜相模湖を通って帰る
3. 富士みちで都留まで行って道坂峠を越えて道志みちで帰る

1.は、面白くなさそう。3.は時間的、体力的に厳しそう
ってことで、間を取って2.の雛鶴峠ルートを選択しました。

再スタートして富士みち(R139)に入ります。
途中でリニアモーターカーの線路じゃなくて軌道?をくぐりますが、立派ですねー
で、富士急の禾生(かせい)駅前を左折してK35に入り、雛鶴峠を目指します。
ここは、緩い上りがしばらく続いてから峠の上りが始まり、リニアの軌道横の直登を上ってヘアピンコーナーを曲がればトンネルです。それほどキツい峠ではありません。
20140721_hinaduru.jpg

トンネルを抜けて、ダウンヒル。
ここの下りから秋山を抜けていくルートは気持ちよく飛ばせる道です。
多少のアップダウンはありますが、道志みちのようなアップではないので、気楽に走れるしアベレージが稼げますねー

藤野に入ったらK76を相模湖方面に左折して藤野駅前でR20に入ります。
が、R20が大渋滞してますよー
三連休の最終日だからですね。迂闊でした。
ま、ゆっくり脇を抜けながらしばらく走って、セブンで休憩。
20140721_cafe2.jpg
セブンコーヒーとおいしい牛乳、チョコアイスを補給。

で、ここでもどうやって帰るかを考えます。
1. R20で大垂水峠を越えて帰る
2. 相模湖から津久井〜橋本を抜けて帰る

1.は渋滞もあるし大垂水峠がダルいなぁ〜
ってことで、相模湖駅前を右折して帰ることにして再スタート。

R20を走りますが、渋滞は相模湖インターの信号までで、そこを過ぎたらスイスイになってます。
ここで気が変わりました。
津久井方面へ迂回すると距離が長くなるので、だったら真っ直ぐ行って大垂水峠を越えた方が早いかな?
ってことで、相模湖駅前を直進します。

大垂水峠ですが、ま、4kmの5%程度なので、気楽に上ります。
でも、この頃になると脚がよく回るようになって、13〜15km/hの一定ペースで気持ちよく上れました。
ピークで写真撮影。
20140721_ootarumi.jpg
なにげに大垂水のピークで止まって写真を撮ったのは初めてかも?

ここから高尾までは極上ダウンヒル
これがあるから、こっちのルートを選んだのは正解だったかもしれませんねー
ダぁ〜っとくだって、高尾駅前を17時ちょうどに通過し、その先の甲州街道入口の交差点を右折して町田街道に入ります。

そこから北野街道を通って帰るつもりですが、このルートはBRM316富士みちをスタート地点に向かって逆走する形です。
で、北野街道に入りましたが、ん?こんな道だったっけ?みたいな感じで走りますが、長沼の辺りまで来ると見覚えのある道になりました。

そこからは高幡不動などを通って川崎街道に入り、聖蹟桜ヶ丘の先で関戸橋を渡り、西府のセブンで最後の休憩を取りました。
その後、西国分寺手前で府中街道に入って、あとは道なりで帰ってきました。
帰宅が18時50分過ぎ、12時間40分の旅でした。

この日(2014.07.21)の走行記録(再掲)
走行距離:221.09km
走行時間:10時間30分
平均速度:21.0km/h
最高速度:53.1km/h
獲得標高:3760m(ルートラボより)

以上、奥多摩の風張峠から、山梨(丹波山)の今川峠〜松姫峠、大月から雛鶴峠を越えて、少しだけ神奈川に入り、大垂水峠を越えて東京に戻ってくるという、峠三昧のライドでした。
いやー、キツかったけど、メッチャ楽しかったぁ〜
なんか、途中からスイッチが入ったみたいで、集中して走ることができました。

で、仮想山岳ブルベの方ですが、距離220kmで獲得標高3700mですから、走行ルート的には狙った通りの距離&標高になりました。
アベレージに関しては、グロスで17.5km/hになりました。
うん、いいんじゃないですかね?
200km換算で11時間半ですから、2時間の貯金を作ることができる計算です。

ま、ブルベ本番では、気象条件が猛暑になったり雨が降ったりもあるでしょうし、坂の勾配が厳しかったり下りが飛ばせなかったりもするでしょうし、パンクや機材トラブルもあるかもしれません。
ただ、そういった厳しいハードルがあるからこそ本番が楽しみでもあるし、モチベーションも上がるってもんです。

なんか、早くブルベが走りたくなってきましたよーっ!
あ、その前に8/2の富士あざみライン自走往復もありますけどねー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山v山:奥多摩〜山梨の峠巡り220km(前編)

こんばんわー
今日は、身体が、、脚が、、、なんか自分のものじゃない感じになってますが
昨夜は疲れすぎたのか眠りが浅く、何度も起きましたし、寝不足も重なってダルダルです〜

さて、三連休の最終日である昨日、海の日(7/21)は、山に峠狩り(ピークハント)に行ってきました。
いや、正確には、狩られに、、か?

この三連休は、前半二日間(土日)の天気予報が雨がちで、雷雨も予想されたため、ロングライドは避け、土曜の江ノ島ライド(130km弱)にとどめました。
なので、雨予報のない月曜(海の日)に、なんとしてでも200km超のロングを実施したいと考えてました。

でも、ただ200kmを走るだけじゃツマラナイので、もう一つテーマを課すことにしました。
それは、獲得標高3000m超の200kmで、どれくらいのアベレージ(グロス)が出せるか?を確認しておくことです。

あ、先に書いてしまいますが、仮想BRM809つくば200kmです。
あと、仮想BRM914群馬200km上毛三山でもあります。
さらに、富士あざみライン自走往復の下見の意味も少しだけ
ま、あくまで気持ちとしての「仮想」ですから、ルートのプロフィールや気象条件など、実際のところどの程度参考になるかは分かりませんけどねー

てことで、7/21のライドレポートいきますーっ
昨日は、↓こんなルートを走ってきました。
20140721_root.jpg

朝は気合を入れて5時前に起きるつもりでしたが、前夜のツール観戦で寝たのは1時過ぎ、、目覚ましを何度か止めて、起きたのは5時15分
とても眠くて頭がボぉ〜っとしてるし身体もダルいけど、コーヒーを飲んで頭と身体を起こし、準備を始めます。

空は雲が多いけど、天気は大丈夫そうということで、ファイア号で出撃することにしました。
なにげに、今月に入ってからセクター号ばかり使っていて、ファイア号は約1ヶ月のご無沙汰です。
補給食などをヒップバッグに入れ、軽量化して準備完了。
6時15分に出発です。

行き先は奥多摩方面ですが、風張峠には檜原村側から上ろうと決めてたので、武蔵五日市を目指します。
先ずは、いつもの多摩湖。
20140721_tamako.jpg

武蔵五日市まではいろんなルートがありますが、この日は坂成分を多めにするため、羽村から一旦吉野街道に入り、秋川街道の二ツ塚峠を越えて行きました。
もう一つ奥の梅ケ谷峠も考えたんですが、先々月に土砂崩れで通行止めになっていたこともあり、先週の雨でまた通れないと嫌だなってことで、回避。

二ツ塚峠は、↑のルートで30km付近の一番左の小さい突起で、たいした距離も標高もないんですが、、、
うーん、身体が重い〜〜、脚が回らない〜〜
なんか絶不調の予感がします、、、
いや、いつも走り始めは重くても、20kmも走れば軽くなってくるんですが、この日は30km過ぎてもダメな感じでした。

で、最初の休憩は、武蔵五日市駅前のセブン
20140721_cafe1.jpg
セブンコーヒーとあんぱんを補給。

この時点で8時過ぎ、34kmに2時間(休憩込み)かかってます。
いやー、やはり不調なのか?
また、空模様もスッキリしません。
20140721_itukaiti.jpg
山方面は、なんか白く霞んでますねー

雨とか霧とか多少気になりますが、ウィンブレなど何も持ってきてないので、そのときは諦めて濡れる覚悟で再スタート。

檜原街道で風張峠を目指し、徐々に高度を上げていきます。
檜原村役場を過ぎて、この日は左折です。ええ、右折しての風張林道ではありません。
檜原街道は、久しぶりに走りますねー。いつ以来だろう?(調べれば分かるんですが、省略)
勾配が上がりアップダウンが出てくると、身体の重さを如実に感じます。うーん、回せない〜
堪らず、数馬温泉の手前でインナーに入れちゃいました。

さらに、旧料金所で写真撮影を口実に休憩。
20140721_kazahari1.jpg
いや、ファイア号では初の周遊道路ですから、記念撮影ですっ

そこから山を見上げると、上の方は雲の中?
20140721_kazahari2.jpg

ちょっと真剣に心配になってきました。
濡れるのは構わないけど、ピーク付近は寒いんじゃないか?と
下ってくるローディもウィンブレを羽織ってるし、失敗したかな?と

ま、でも、上るしかありませんから、再スタートします。
もう休憩したので、都民の森には寄らずに直接ピークを目指すことにして、淡々と上ります。
この頃になると、身体の重さはあまり意識しなくなってたかな?でも、決して軽く楽になったわけじゃなく、それなりに苦労して上りました。
ピークに到着。
20140721_kazahari3.jpg

やはり、周囲は霧に包まれてました。
でも、心配したほど気温は低くなく、温度計で17℃とか19℃とかになってましたねー
ここでは持参したゼリーを補給して一服し、奥多摩湖側に下ります。

この時点で10時15分、4時間経過で走行距離67kmくらい、グロスのアベレージで17km/hくらい?もっと落ちたと思ってましたが、まあまあのアベをキープしてます。
ダウンヒルは、少し寒いけど、ま、ヒンヤリして気持ち良いかな?って程度

途中で月夜見駐車場に寄って奥多摩湖を撮影
20140721_okutamako.jpg

この辺りでは青空も見え始めました。
20140721_kazahari4.jpg

で、奥多摩湖まで下ってきたら、深山橋を渡って左折し、丹波山を目指します。
丹波山のアップダウンはいつきてもイヤらしいですねー
この辺も我慢して道の駅「たばやま」に到着。
20140721_tabayama.jpg

うーん、ここまでがキツかったですねー
なんかもぉ帰りたくなってきましたよ〜

20140721_lunch.jpg
ここでは、CCレモンと大福、ブルーベリージャムパンを補給。
なんか、エネルギー補給してもパワーが出る気がしないんですけどぉ、、、

ま、泣き言を吐いててもしょーがありません。
11時半に再スタートすることにします。ここまで89km、アベ約17km/h
この後は、今川峠と松姫峠を越えて大月まで、とにかく行ってみてから考えることにします。
松姫峠の到着目標時間を13時に設定し、再スタート。

長くなりましたので、続きは後編でアップします。
ここまで峠は1つしか越えておらず、距離も200kmの半分にも達していません。
果たして後半戦はどうなってしまうのか?乞うご期待ですっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:風張〜今川〜松姫〜雛鶴〜大垂水221km

こんばんわー
今日はロングに行ってきましたよっ
疲れましたよっ
とりあえず速報だけアップしますよっ

朝、5時過ぎに起き、6時15分に出発し、羽村から吉野街道〜秋川街道で武蔵五日市
檜原街道で風張峠を越え、奥多摩湖から丹波山、道の駅「たばやま」
K18で今川峠を越えて小菅村、さらにR139で松姫峠を越えて大月
富士みち(R139)〜秋山街道(K35)で雛鶴峠(トンネル)を越え、藤野〜相模湖
R20で大垂水峠を越え、町田街道〜北野街道〜川崎街道、関戸橋を渡って帰ってきました。
帰宅が18時50分過ぎ、12時間40分の旅でした。

本日の走行ルート
20140721_root.jpg

本日(2014.07.21)の走行記録
走行距離:221.09km
走行時間:10時間30分
平均速度:21.0km/h
最高速度:53.1km/h
獲得標高:3760m(ルートラボより)

以上、久しぶりに風張峠(周遊道路)、今川峠、松姫峠の3つに上りました。
でも、今日の目的は獲得標高を稼ぐことではありません。
200km超の距離&それなりの標高で、アベレージがどの程度になるかを確認することが目的でした。

その意味では、グロスで17km/hを超えたので、良い結果を得ることができました。
あの程度の負荷で上れば大丈夫、という感覚を掴むことができました。
でも、パトラッシュ、僕は疲れたよ、、、
今日はツールもないので、もう寝ます。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

タイヤ:ミシュランPRO4ばかりもなんなので

こんばんわー
今日は天気予報では、午後から雨、しかも雷雨の可能性もある、とのことでしたが、
予報に反して一日中比較的良い天気じゃなかったですか?
昨日よりも晴れ間が多かったような?
これだったら十分走りに行けたような気がしますが、、、

でも、夕方になると怪しげな雲が拡がってきて、雷の音も聞こえてきました。
雨雲レーダーを見てみると
20140720_amagumo.jpg
おぉっ!結構近くでゲリラ豪雨が降っているようですねー
でも、ウチの周辺はギリギリ雨雲から外れたようで、強い雨は降りませんでした。

ま、今日は元々走りに行くつもりではなかったので、晴れでも雨でもあまり影響はありませんでしたよ
朝はゆっくり8時過ぎに起きて、午前中に買い物と散髪に行ってきました。
買い物に付き合ったスーパーの向かいにセクター号を購入したショップがあります。

フラフラと店内をウロつきつつ「そういえばセクター号のタイヤがそろそろ限界だったな」と
タイヤは、普段ネット通販で買うことがほとんどなんですが、たまにはショップにもお金を落としてあげないとねーってことで、目に付いたタイヤの特徴を聞いて、そのまま2本お買い上げ〜

↓これです。
20140720_specia-turbopro1.jpg
SPECIARIZED TURBO PRO 700×23C
スペシャのパーツなどは通販では買えませんから、今回はお試しですー

ショップでカットモデルの断面を見せてもらいましたが、コンパウンドが薄いですねーっ!
実際に拡げてみると、軽っ!薄っ!っていう第一印象。
20140720_specia-turbopro2.jpg
接地面のコンパウンドもですが、サイドがペラっペラです。
サイドカットには気を付けないといけませんねーって感じです。

で、現在使用中のタイヤは、MICHELIN PRO4 ENDURANCEです。
昨年の9月に交換してから10ヶ月使用しました。交換したときの記事は、→こちら
9/14の埼玉西部ライド(こちら)から使い始めて、昨日までで走行距離が5200kmになりますが、パンクはゼロです。
いやー、耐久性と耐パンク性という意味では「ENDURANCE」の看板に偽りなしと言っていいと思います。

そのPRO4 ENDURANCEですが、現在↓こんな状態です。
20140720_pro4-r1.jpg
リアタイヤのコンパウンドは、完全に台形になってます。ローテーションなし
小石などによる穴も多数。

サイドには、↓こんな傷も
20140720_pro4-r2.jpg
ケーシングがモコモコ見えてます。
肩の部分には皺もできてますねー

フロントは、↓こんな
20140720_pro4-f1.jpg
目立つ穴、切り傷が多数。こんな状態でもパンクなし

で、NEWタイヤのTURBO PROの重量を量ってみました。
20140720_specia-turbopro3.jpg
1本、193gです。

PRO4 ENDURANCEの公称重量が225gですから、1本当り30g以上の軽量化です。
これは結構なもんじゃないですか?決戦用タイヤと言ってもよいかもしれません。
ま、耐久性はあまり期待できないと思いますが、、、

でも、決戦用で構いません。
8/2のアザミ自走ライドと、8/9のつくば200kmブルベに向けて、軽量化による登坂性能向上に期待したいと思います。
タイヤ交換は、明日のライド後に行い、来週8/26,27にシェイクダウンしたいと思います。
使用感など、またレビュしますー

あ、明日は奥多摩方面へ行こうと思っていますー
風張峠(not林道)から今川峠、松姫峠あたりを越えて、どうし道から帰ってくれば200kmくらいかな?ってことで、ロングライドをやるつもりです。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

海へ:雨を避けて南下し初の江ノ島

こんばんわー
天気予報の通り夕方から結構激しく雨が降ってきましたね
今日は、その天気予報を信じて、降水確率が低い午前中に走りに行ってきました。

北西の山方面よりも南の方が比較的雨が少なそうだったので、昨日の記事で書いたようにウチから真っ直ぐ南下して江ノ島を目指すことにしました。
でも、比較的確率が低いというだけで、予報は曇時々雨ですから、降られることは覚悟の上です。
とにかく、少しでも走っておきたいという気合いで雨を吹き飛ばすことにします。

では、本日の走行記録です。
朝は、5時前に起きましたが、外を見るとポツポツ降ってます、、、
ん?夜中で上がるはずだったけど、なんで?と思いつつ朝ご飯を食べて様子見
でも、雨はそんなに強くなく、準備している間に上がりました。

今日はウェットなのでセクター号で出撃します。
で、降られたとしても気温が低くなければ大丈夫だろうってことで、レインウェアもウィンブレもなしで行くことにしました。

6時20分くらいに出発し、府中街道を南下して西国分寺の先で東八道路に入り、関戸橋で多摩川を渡ります。
往路は鎌倉街道を走ることにし、乞田を左に曲がってからは町田まで道なりです。
ところが、軽いアップダウンを越えて町田の市街が近づいてきたところで道を間違えました。
Y字路を左に行けば町田駅だったのを真っ直ぐ行ってしまい、線路を越えたらR16に出ちゃいました。

ま、しょーがないのでR16を横浜方面に走ることにします。
道を確認するためと走行距離が30kmになったので、サンクスで休憩。
20140719_cafe1.jpg
カフェオレを補給。

このままR16を走って、つきみ野の先でR246に右折し、すぐ先に藤沢街道の分岐があることを確認して再スタート。
うーん、R16は走りにくい、てか怖い。しかも高架は自転車通行禁止。
で、R246に曲がっても同じく、高架は自転車通行禁止で側道を走らないといけません。

途中、境川を越える時、そういえば境川CRってのをよく目にするなぁ、と思い出しますが、CRをタラタラ走るのは好きじゃないので、予定通りに藤沢街道(R467)で行くことにします。
藤沢街道に入って大和市を抜けますが、信号は多いものの下り基調で気持ち良く走れます。
藤沢市に入ったのが9時くらいだったでしょうか?順調です。

藤沢駅を越えて、江ノ島はもうすぐ。
江の電の線路を渡ると前方に海が見えてきました。
おぉっ!海ぃ〜〜っ!とテンションが上がりますねー

で、江ノ島の橋に入って、前後に車が来ないことを確認して記念撮影。
20140719_enosima1.jpg
天気はイマイチだし、海は鉛色。

ここまで約60kmで3時間ちょうど、思ってたより近いですねー
江ノ島方面もパチリ
20140719_enosima2.jpg
原チャリが入っちゃいました。

写真も撮ったし、もうここに用はありません。
江ノ島に上陸することもなく、そこでUターンして帰ることにします。
帰路はK304で大船方面から帰ることにします。
結局、海が見える場所には15分もいませんでした〜

K304を少し走ったところのセブンで休憩。
20140719_cafe2.jpg
セブンコーヒーと、チョコクリームのちぎりパン、持参した羊羹を補給。

再スタートして大船駅を目指しますが、ここでミスコース。
なんだかどこを走っているのかよく分からないまま大船駅に着きましたが、南側に来ちゃいました。
ウロウロして北側のK402に出ましたが、タイムロス。
この頃になると雨がポツポツ降り出したので少し焦ります。

K402からK23、K18は順調でしたが、帰りは上り基調です。
いや、いつもは往路が上り基調で復路が下り基調なので少々違和感はありますが、ま、たいした上りはないので気楽に走れます。
で、いずみ中央から瀬谷を抜けてひたすら北上します。

なんかメチャメチャ真っ直ぐな道を走って八王子街道(R16)にぶつかったら、そこの交差点に「海軍道路入口」とありました。
あー今走った道が海軍道路だったんですねー
この頃が最も雨が強かったですね。っても、路面からの巻き上げが少しあるくらいで、たいした降りではありませんでした。

さらにK18を北上して十日市場から青葉台を抜けていきますが、この辺りは良い道ですね。
K18からK12に左折し、柿生まで戻ってきました。
この辺りまで来ると、やっと土地勘のある場所に戻ってきたという感じです。

柿生駅前のローソンで休憩。
20140719_cola.jpg
赤コーラと、持参した一本満足を補給。

この時点で11時40分。
5時間超で約100kmですから、グロスのアベレージ20km/hを下回っています。大船周辺で迷ったのが大きかったですねー

で、再スタートして黒川から連光寺坂方面に上ります。
今日唯一の上りらしい上りですが、ここまでずっとアウターで走ってきたので、ここもアウター縛りを通します。
ま、勾配はせいぜい6%くらいで距離も短いので、アウターでもダンシングで上れます。

連光寺坂までくれば、あとは川崎街道を下って是政橋から北上するだけ
府中、国分寺を抜けて帰ってきました。
帰宅が13時20分、7時間の旅でした。

本日の走行ルート
20140719_root.jpg

本日(2014.07.19)の走行記録
走行距離:129.70km
走行時間:5時間22分
平均速度:24.1km/h
最高速度:54.2km/h
獲得標高:590m(ルートラボより)

以上、今日は雨を避けるということもあり、普段とは趣向を変えて海に行ってきました。
江ノ島に自転車で行くのは初めてだったのですが、3時間で行けるとは思ってませんでした。
そのくらいで行けるんだったら、三浦半島を一周してもプラス3時間、一日で明るいうちに帰ってこられそうですねー
今度、やってみよう。山男から海ボーイに転身しましょうかね?

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

三連休:どれくらい乗れるのかな?&新車納車

こんばんわー
なんか忙しかった今週がやっと終わりましたねー
少々お疲れ気味です。

あ、新車が納車されましたっ!
20140718_oku-newbike.jpg
奥さんのです。まんまママチャリですー

いやー、この前のママチャリは、上の子を乗せて買い物に行くために導入したから、18年以上乗った年代物だったんですが、ついに昇天されたようです。
よく乗りましたねー、見習わないといけません。
この新車もこれから長年にわたって奥さんの買い物の足として活躍してくれることでしょう〜

さて、先々週?の記事で「朝練を始めます」って書いたんですが、その後、一回だけ行ったっきりで、全く実行できてません。
三日坊主ですらない体たらくっぷり、、、
ま、言い訳は、雨とか、仕事とか、飲みとか、ツールとかぁ〜いろいろあるんですが、ダメですねぇ〜

先ず、ツールの放送を毎日最後まで観たら、寝るのが1時近くになるので、5時に起きて行けるわけがありません。
観戦の仕方を変えないといけませんね〜
幸い?にも、総合争いは落ち着いてしまったので、それほど毎日激しい展開になることはないでしょう。
なので、夜は11時まで観て、残りは録画を翌日の帰宅後に観るって感じでしょうかね

また、来週には梅雨が明けそうなので、雨を言い訳にはできなくなりますしねー
あと、仕事と飲みについては、まぁ状況次第でしょーがないってことでー

いやー、頑張って走り込まないと、もう今月も半分を過ぎちゃいましたから、このままでは、またまた月間走行距離が悲惨なことになるのは火を見るより明らか、、、
少し無理を押してでも走りに行かないといけません。

てことで、本来ならガッツリ走れるはずの三連休が明日から始まります。
この三連休には結構期待してました。距離を伸ばす絶好の機会だと、、、
ところがどういうことですか?今週末の天気はっ!
20140718_tenki.jpg

明日・明後日の土日はほぼアウトじゃないですかぁ〜っ!
月(祝)だけはなんとか走れそうな予報になってますが、これも大気が不安定で雷雨などに注意ってことで、実際はどうなるか分かりませんしねー

とりあえず、明日の午前中は、まだ降水確率が30%程度と低めなので、これはもぉ朝から行くしかないですねっ!
多少は降られたとしても、午前中フルに使って100km超の距離を稼ぎたいところです。
明後日の予報が最も悪そうなので、この日は諦めるとして
月曜は、やはり200kmクラスのロングに行きたいですねー

では、どこに行くか?ですが、明日は難しいですねぇ
どっちかって言うと、ウチから見て北の地域の天気がイマイチだし、山沿いの方が降りやすいだろうと思われます。
だったら南に向かえばいいのですが、そっちにはなんもない、、、あ、いや、山がない

で、考えてもよく分からないので、とりあえず↓こんなルートを引きました。
20140719_root0.jpg
とにかく、できるだけ真っ直ぐ南に向かうことにします。
すると、60kmくらいで江ノ島まで行けるんですねー、知りませんでした。

で、同じ道じゃつまらないので、違う道をできるだけ真っ直ぐ北に向かって帰ってくることにします。
どんな道なのか、全く何も分かりませんが、まぁ走ってみことにします。

朝は、早めに出たいところですが、現在降っている雨の影響で路面がウェットだとイヤなので、6時くらいに出発できればいいかな?
そしたら昼過ぎくらいには帰ってこられるでしょーっ!
少々の雨にはめげず、がんばって走ってきますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

告知:富士山(アザミ)自走往復は8/2(土)に決行

こんばんわー

今夜もツールを横目に見ながら記事を書いています。
ツール、10thステージのコンタドールの落車リタイアについて、思うところはいろいろありますが、今はただ「残念」とだけ書いておきます。

でも、リタイアしたフルーム、コンタドールの2人とも、ブエルタでのリベンジを口にしていることは興味深いですねー
ホアキンも加えたガチンコ対決が観られるのであれば、今年はブエルタまで観ようかな?

いや、例年、J-SPORTSの契約は7月で一旦切ることにしてるんですよねぇ〜時間が取られ過ぎるから
でも、今ツールで実現しなかった二強(三強)対決は見逃せないですよねっ!
今後のツールの展開と二人の動向(回復具合)などをみて、どうするかを決めたいと思います。

さて、何度か予告記事にしてきました今年の富士山ライド企画「富士あざみライン自走往復240km」の予定が固まってきました。

日程は、8/2(土)に決めました。

現在、参加表明いただいてるのは、プチデビルさん24WEさん、tomoさんです。
昨年のスバルラインご一緒したかじさんは?ま、参加していただけると思ってますよー

ルートは、↓こんな(ルートラボは→こちら
20140709_azami-ouhuku.jpg
所沢スタート/ゴールで、距離が約240km、獲得標高が3800mです。

集合は、所沢のセブンイレブン所沢北秋津店(こちら)に5時でお願いします。

タイムスケジュール(再掲)
5:00 所沢スタート
7:00 津久井湖通過(コンビニ休憩)
9:00 道の駅「どうし」(休憩)
10:30 道の駅「すばしり」(休憩)
11:00 あざみラインアタック開始
12:30 五合目到着(休憩・観光)
14:00 山中湖(コンビニ休憩)
15:30 都留通過
17:30 相模湖(コンビニ休憩)
19:00 八王子通過
21:00 所沢ゴール

なにげに昨年のスバルライン(こちら)よりも距離が短いからなのか、スケジュールに余裕があるような?
※※休憩、食事、お茶などの時間は、走行で稼ぎ出しましょう〜※※

こんな夏の冒険ライド、ご一緒にいかがですか?
途中参加/途中離脱もOKです。
参加いただける方は、コメント欄でご連絡ください。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最近:足の指が痛いんですけどー

こんばんわー
今日(すでに昨日中ですが)は用事があって、帰宅したのが日付の変わる直前。
ブログの更新が昨日中にできませんでした。

一昨日も、朝から客先へ出向き、9時過ぎから17時過ぎまでほぼ一日中、半屋外で立ち仕事。
普段は、出張を除いてほぼ100%室内でのデスクワークですから、立ち仕事は疲れますね〜
ま、一日中座ってると自転車以上にケツが痛くなることもあるので、身体にとっては適度に立ち歩いた方が良いことは間違いないんですが、仕事柄、その適度ってのが難しいんですけどねー

で、一昨日は帰宅してから、晩酌しつつ晩ご飯を食べ、ツールが休息日なので何しよーかな?っと、あ、5thステージをもう一度じっくり観てみることにしました。
で、録画を再生したところまでは記憶がありますが、おそらく5分も持たずに落ちてました、、、再生開始してから5分っていうと、レースのLIVE映像も始まらないオープニングです。

で、ハっ!と気が付いたら最後から2つ目のパヴェまできてました。うん、その辺からゴールまではよく覚えてる、、、
てことで、観返し失敗でした。
ま、やはり昼の立ち仕事で相当に疲れてたのと、晩酌のビール(発泡酒)&ハイボールと、冷房の効いた部屋には勝てません。

そんなこんなで2日間ほど更新できませんでした。

さて、タイトルの件です。
このところライド中に足の指が痛くなるんです。両足ともです。
中の三本(人差指、中指、薬指、って足の指も呼ぶのか知りませんが)です。
指同士が重なり合っていて、その重なった部分がつねられるような感じって言えば分かってもらえるでしょうか?

ライド後には、各指の断面が三角形、てか菱型になっていて、重なってつねられた部分が鋭角に尖ってしまってます。

原因としては、
・シューズが小さい(先端が細い)
・足先の形が悪い
・指先に力が入り過ぎ
などが考えられます。

しかし、このシューズは、1年3ヶ月前にsepaさんから譲り受け(こちら)、その後、全く問題なく使い続けてきたもの
なので、いまさらサイズや形が合わないとは考えにくいですね。

で、指先の力ですが、思い当たる節がなくもありません。
先月、サドルを3mm上げたのと、クリートを交換したことです(こちら
ま、サドルはあまり関係ないとは思いますが、クリートについては、前に出し過ぎたかな?と

20140624_creat2.jpg
↑これが現在のクリート位置ですが、固定ボルトがクリートの長孔のほぼ最後端にきてますから、シューズに対してクリートが最も前に出ている状態です。

いや、私は、こういうポジションとかセッティングとかには鈍感で、少々変更したところで違いの分からない男のはずなんですが、、、

でも、指が痛むこともあって、ペダリングのときに足先に注意してみると、拇指球よりも少し前にペダル軸がきてる感じがします。
足先側に荷重が掛かると、自然と指に力が入って曲げようとするんですかね?力を抜こうと思っても、鈎形に指が曲がっちゃってる?

うーん、よく分からないけど、多分そんな感じで指同士が重なって痛くなってるんじゃないかと
こんな感じで痛みが出ちゃうとロングではキツいんですよねー
走行にはあまり影響しないかもしれないんだけど、精神的なストレスが大きいので、解決しておきたいところ
なので、クリートを後ろに下げることにしました。

あとは、5本指ソックスという手もあるかな?と思いますが、ま、それは本来の問題解決とはちょっと違うかな?と思います。
ま、ともかく、痛みによるストレスはいろいろ問題となるので、次のロングやブルベの前までに対処したいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PPP:敵は我が中にあり、苦悶の198km(後編)

こんばんわー
ツールは、今日の山岳ステージが前半戦の山場ですねー
昨日のマルティンの独走は見応えがありましたが、総合は様子見でニーバリがマイヨ・ジョーヌを手放しました。
今日のステージは頂上ゴールでもあり、タイム差が付けられるので、上位勢に動きがあることを期待したいと思います。

さて、昨日(7/13)は、前日DNSした「奥多野リベンジライド」のリベンジとして、秩父〜グンマーの神流(カンナ)方面に走りに行ってきました。

土曜の「奥多野リベンジライド」は、昨年末の12/22に積雪&凍結のため峠越えを断念した走り納めライド(こちらの記事参照)のリベンジとして、グンマー側から塩沢峠と土坂峠を越えて秩父に下りてくるルート。
20140712_root0.jpg

峠の前に「鶴商文庫」でデカ盛りを食べ、体重を増やしてから上り始めるというハンデ付きのライドでもあります。

ところが、ライド前日の金曜に職場で健康診断を受け、胃部レントゲンのバリウムを排出するための下剤を通常量の4倍飲みました。が、この下剤との相性が悪く、夜になっても全くピクリとも気配がなかったのに、朝起きて出発前になってから激烈に効き始めました。

もうどうしょーもなく、ライドはDNSし、結局、土曜は丸一日がパぁになりました。
なので、翌日曜はなんとしてでも走りに行かないといけません。

そして、行くんであれば、前日のリベンジですっ!
ということで、「奥多野リベンジライドのリベンジ」ということになりました。いや、そう決めました。

では、走行レポートです。
昨日は、↓こんなルートを走りました。
20140713_root.jpg

前編では、山伏峠を超えて秩父に入り、セブンで休憩&トイレ×2回、そこから30分も持たずに「吉田元気村」で3回目のトイレピットインをしたところまで書きました。
20140713_genkimura.jpg

このときPPP(ポンポンペイン)は最高潮、トイレから離れることに恐怖感すらあります。
でも、こんな山の中にいつまでもいるわけにはいきません。峠を越えるまで持ちこたえればなんとかなるだろうってことで再スタートします。

K71を神流方面に向かうと、徐々に勾配が上がっていきますが、このK71は、先週のR299と道の雰囲気がとても似ていますねー
やはり、林道とは違って勾配が極端にキツくなるようなことはなく、道幅が広くて路面も綺麗です。

で、R299と同じように峠(トンネル)までの残り距離がカウントダウン方式の0.2km間隔で表示されてます。
その距離標識が出始めたのが多分5.2kmからだと思うので、まあその程度の登坂距離だということです。
比較的緩めの勾配が続いた後、途中で1kmくらい?8%ほどの坂が出てきますが、最後の2kmはユルユルになってそのまま終了〜

土坂トンネル(峠)に到着。
20140713_tutisaka.jpg
おっ、ここはトンネルの手前にグンマーの標識が、、、峠が県境じゃないの?
こうやって地味に帝国の勢力を拡げてるんでしょうねー

トンネルを抜けても何もなかったので、一服だけしたらすぐに下り始めます。
こちら側も勾配は緩めですね。気持ちよく下れるんですが、所々路面に砂が浮いてます。いや、浮いてるというか、溜まってます。昨年、ぽじさんが砂の上を走ったというのはこれですね。
冬場の雪の時に撒いた滑り止め用の砂が残ってるんだと思いますが、危険ですねー

慎重に下り、下り切ったら橋を渡ってR462にぶつかります。左に行って町役場の先を右折すれば塩沢峠、右に行くと藤岡方面。
うーん、どうしようかなー?と考えますが、とりあえず左折して町役場まで行ってみることにします。

この時点で、12時半近くになっていて、走行時間が5時間半、走行距離がちょうど100kmになりました。キリとしては良いところです。
神流町役場に到着。
20140713_kannatyou.jpg

っと、ポツポツ雨粒が落ちてきました。山の方も雲がかかって白く霞んでいます。
てことで、ここで帰ることにしました。

雨に濡れてまで標高1100m超の塩沢峠を越える元気はありません。時間的にも明るいうちに帰り着けなくなりそうですしねー
ここからのテーマは、雨に濡れずに帰り着くことです。

で、R462を藤岡方面に向かって一気に下って雨からの逃げを図ります。
いや、地図で見る限り川沿いの道だから、一気にダぁ〜っと下れるもんだと思ってました。が、違いました。
ま、下り基調ではあるのですが、アップダウンがあり、調子に乗って踏んでいけるかと思うと、上りでスピードが落ちて脚が重くなる、の繰り返し

雨の方は、強くなることなく、路面が湿る程度で、まだ大丈夫。なので、その間にできるだけ逃げたいのですが、思ったように巡航速度が上げられません。
っと、ここはダムなんですね。だから、アップダウンがあるのか?じゃあダムを過ぎれば一気に下るかな?
と思ってたら、ダムに出ました。
20140713_simokubodam.jpg
下久保ダムです。関東の水瓶ですねー

うん、ダムを過ぎたら一気の下りでした。バビゅ〜んっ!と下って藤岡市に入りました。
鬼石とか長瀞とかの標識が出ますが、寄り道してる余裕はありません。後ろ(西)から雨が迫ってきてますからねー
とにかく東に走って一刻も早くR254まで出ないといけません。踏みまくります。

で、児玉の駅前まできて、右に曲がるとすぐにR254が見えました。その交差点にセブンイレブンがあります。
雨からの逃げを優先するか?休憩して補給するか?少し迷いました。
いや、秩父のセブンで補給してから、すでに60km、3時間も無補給で走ってますから、そろそろ補給しないとマズいことになります。
あ、もちろん水分と塩分、ミネラルは摂ってますけど、固形物を摂るとPPPが来そうでちょっと怖くて、、、

しかし、ここから先はR254でコンビニもたくさんあるから、ま、大丈夫だろうということで、補給休憩を取ることにしました。
20140713_cafe2.jpg
ここでは、カフェオレと、持参したNumbarBANANA、羊羹、AminoVitalProを摂りました。

トイレは借りずに済みました。ようやっとPPPが治まったかな?
てことで、再スタートしてR254を小川町までひた走ります。
ここは、榛名自走往復でも走りましたが、とても退屈な道。でも、この日は児玉からなので、半分くらいの距離かな?ってことで、気楽に行きます。
雨も降ってくる気配がなくなり、時間的にも明るいうちに帰宅できそうな感じなので、焦る必要はありません。

寄居からR140に少し入り、荒川を渡って小川町までの上り基調をフンフン走り、小川町の駅前を15時ちょうどに通過。
そこでは止まらず、そのままK30でときがわに入ります。
で、田中のファミマで休憩。
20140713_cola.jpg
お腹も大丈夫そうなので、ご褒美の赤コーラと、持参した一本満足、ゼリーを補給。

ここからは残り35kmほどで、時間は15時半、なので17時の帰宅を目標に再スタートします。
いつものようにK30で越生〜毛呂〜日高を抜け、入間を通過し、R463で所沢を通って帰ってきました。
帰宅が17時ちょうど、10時間の旅でした。

この日(2014.07.13)の走行記録(再掲)
走行距離:198.52km
走行時間:8時間08分
平均速度:24.3km/h
最高速度:57.7km/h
獲得標高:2480m(ルートラボより)

以上、「奥多野リベンジライドのリベンジ」ライドレポートでした。
結局、塩沢峠に上ることができず、またまたリベンジは果たせなかったのですが、ま、いいです。
いずれまた上る機会もあることでしょうから、そのときまで取っておきます。

先週のR299に引き続き、秩父〜群馬方面を走りましたが、いずれのライドも高度上昇率が低めということもあり、アベレージを高めに保つことを意識して走りました。
今回も10時間で198kmなので、グロスのアベレージが20km/h弱でした。
PPPでトイレ休憩が多かったことを考えれば、良いペースだったんじゃないかな?

体調的にはイマイチでしたが、雨に降られることもなく、全体的に見れば良いライドになったと思います。
来週の三連休もロング×2くらいはいきたいですねー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

PPP:敵は我が中にあり、苦悶の198km(前編)

こんばんわー
今日は、走りに行ってきましたよー
昨日は一日無駄にしましたから、今日はなんとしても、どんな状況でも行く決意でした。

では、早速、本日のライドレポートにいきますっ!
今朝は5時過ぎに起き、できるだけ早めに出発してロングを走るつもりでした。
しかし、朝ご飯を食べたら、お腹が、、、まだ完治していないようです

しばらく様子を見て、準備しますが、やはり出る前にもう一度トイレに
絞り出して、もう大丈夫?ってことで、7時前に出発。

今日は、昨日DNSした奥多野リベンジライドのリベンジをすることにしました。
といっても、昨日のルートではなく、秩父側から逆向きに回るルートです。

いつものように多摩湖から狭山湖の脇を通ってK179から岩蔵街道で小曽木へ
東京バーディGCの坂を越えて成木から小沢峠に上ります。
ま、先は長いのでペースで上り、トンネルに到着。
20140713_ozawa.jpg
なんか、露出を触っちゃったみたいで、今日の写真は全部ダメダメです。

ここまで35kmを1時間半ですから、良いペースです。
トンネルを抜けて名栗に下り、山伏峠を目指します。
休憩なしでそのまま上り始め、ここも踏み過ぎないようにしてピークに到着。
20140713_yamabusi.jpg

写真だけ撮ったら、とっとと秩父側に下ります。
R299に合流してさらに下りますが、先週のライドで気になったセンターラインのポールを確認しました。
やはり、なくなってますね。
トンネルだけには残ってましたが、それ以外のポールは全て撤去されてました。
これで少しは走りやすくなるかな?

で、秩父に下ってからは、先週と同じようにR299を走りますが、今日は↓この交差点を右折して吉田方面に向かいます。
20140706_R299-titibu2.jpg
写真は先週撮ったものです。

しかし、何個かの小さな峠を越えている間にお腹が、、、PPPです。
で、K37手前のセブンで休憩。
すぐにトイレに駆け込んで、事なきを得ます。

この時点で74kmほど走ってますから、補給を摂らないといけないんですが、食べるとまたPPPが来そうで不安が、、、
でも、やっぱり補給します。
20140713_cafe1.jpg
コーヒー(ホット)と、ちぎりパン、あんドーナツ

食べ終わって、そろそろ出発しないといけないんですが、再度トイレに
何度もスミマセン。>セブンイレブン秩父太田店様
とりあえず再スタートし、K37を西へ向かい、龍勢会館の前
20140713_ryuusei.jpg

この辺まできたときに、下腹部がシクシクし始めました。PPPの再来です。
でも、緊急な感じではないので、そのまま進みますが、しばらく走って後悔。
周囲にコンビニなどなくなって、どんどん山の景色になっていきます。
K71に入る頃には、PPPがマズぅい感じになってきました。

ガソリンスタンドがあったので、イザというときはそこまで戻ろうとか思いつつ進むと、トイレマーク付きの標識がありました。
「吉田元気村」という施設があるようです。
迷うことなく寄ることにしました。
20140713_genkimura.jpg
助かりました。>元気村様
でも、欲を言わせてもらうなら、ウォシュレットを導入してください。
その後、ヒリヒリして、かぶれてしまいました。

この「吉田元気村」は、合角ダムの横にありました。
20140713_goukakudam.jpg

さて、ここまで3回トイレにいきました。
PPP:ポンポンペイン(Cこうたさん)、要は腹痛ですが、果たして治まるんでしょうか?
不安を抱えつつも、この後、土坂峠に挑みます。
さて、どうなってしまうのでしょうか?

続きは後編でっ!

でも、結果を先に書いちゃいます。
今日の走行ルートは、↓こんなでした。
20140713_root.jpg

本日(2014.07.13)の走行記録
走行距離:198.52km
走行時間:8時間08分
平均速度:24.3km/h
最高速度:57.7km/h
獲得標高:2480m(ルートラボより)

以上、金曜に飲んだバリウム〜下剤は、結局2日後の今日まで影響が残ってしまいました。
でも、PPPに苦しみながらもなんとか200km弱を走ることができたので、ま、よかったです。
一応、こうやって記事にできるということは、人として踏み越えてはいけない一線は越えずに帰って来られたと思って下さい。
でも、キツかったですー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

DNS:奥多野リベンジライドは断念

こんばんわー
いやー、今日はもぉ完全にダウンしてました。
奥多野リベンジライドに行くはずだったのですが、DNSでした。

朝、スマホの地震警報?で起こされたのが4時半前ですか?
なんかお腹が痛い、、、で、しばらく苦しんで、再度寝たんですが
6時に起きると、さらに痛みが激しくなっていて、そこからトイレに籠ることに、、、

昨日の健康診断でバリウムを飲んで、すぐに下剤を飲んだけど効かず、夜にまた飲んだ下剤が朝になって効いてきたようです。
いや、バリウムってか下剤との相性が悪いんですよねー

通常量(2錠)だと全く効かず、検査直後に倍量の4錠を飲んだんですが、何時間経ってもピクリとも来ず、
夕食時にさらに4錠飲んで、その後水代わりにハイボールなどあおりつつツールを観戦し、来るのを待ったんですが、結局来ず、
しょーがないから寝たら、朝方になってからこれですよ、、、

以前にも下剤が効かずに詰まらせたことがあったので、多めに飲むようにしてるんですが、それでも効きが悪くてスっと排出されないんですよねー
で、4倍飲んだらすぐに効くかと思ったら、そうじゃなかく、時間差で来るとは、全くの予想外でした。

ライドの集合は9時に道の駅「おがわまち」なので、7時過ぎに車載で出発すれば間に合うんですが、トイレの中で時間だけがドンドン過ぎていきます。
もう冷や汗なのかなんなのか、汗もダラダラ出てきて、もぉフラフラ、、、

7時を過ぎてなんとかトイレからは這い出したものの、完全に脱水状態
こりゃダメだってことで、DNSの連絡をして、横になります。

もし回復したらBプランで、龍勢会館まで車載して迎撃、とも考えましたが、無理。
結局、昼過ぎになっても治まらず、もう今日一日は諦めました。
で、録り溜めた録画を見たり、弱ペダの電子版を読んだり、ウチの中でダラダラ過ごしました。

本日、ご一緒させていただく予定だった皆様、ドタキャンでご迷惑をお掛けしました。
明日は、朝から走りに行けるよう、体調を整えたいと思いますー
とかいいながら、すでにビール飲んでますけどねー

ハぁ、もぉ、来年から胃のレントゲンは受けないようにしようかな?

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログ:妄想記事を実行してみると、、、

こんばんわー
台風8号、知らないうちに通り過ぎましたね〜
なんだったんだ?って感じです。勢力が衰えてたのもあるし、南側を通過したから雨も大して降りませんでしたねー
ま、何よりです。

しかし、台風一過の今日は、暑かったですねー
南風が入ってフェーン現象ですか?内陸部では35℃を超える猛暑日となったようです。
明日行く場所もそっち方面なんですが、、、
暑さ対策をしっかりしていきたいと思います。

さて、今日は、午前中に職場で健康診断を受けました。
あの健診バスの中でレントゲンも受けましたよー
バリウム飲んで下剤も飲んだんでお腹がイマイチ
で、なんとなく午後から仕事する気がなくなったので、午後休とって帰ってきました。

16時過ぎに帰宅してから、明日に備えて自転車のメンテをやろうと思ったんですが、前々からズぅ〜っと奥さんに言われ続けていた作業をやっておきますか

てことで、この木を切れ、と
20140711_kurogane1.jpg

10年前に植えたときはひょろひょろだったのに、7mくらいに成長しちゃってます。クロガネモチです。
幹の太さも私の両手がやっと回るくらいだから、30cm近く(直径約100mm)になりました。
これを半分くらいの高さにしろ、と?
脚立(1500)を並べてみます。脚立の上に立って3mくらいの位置が↓ここ
20140711_kurogane2.jpg

うーん、完全な高所作業になりますけど?
この二股になった部分の上をいっちゃいますかね?

先ずは、少し細い左側の枝を普通のノコギリでギコギコ
切ってる間にゲリラ豪雨が降り始めましたっ!
なので、左側だけ切り終わったところで雨が上がるのを待ちます。
20140711_kurogane3.jpg

雨が上がったので、次は右側てかその下を切ることにしますが、
うーん、ノコギリじゃ無理〜っ!、、てか?危ないっ!
不安定な脚立の上でノコギリギコギコはマヂ危険www
なので電ノコ先輩にご登場願います。
20140711_dennoko.jpg

あっという間に切断完了〜っ!
20140711_kurogane4.jpg

ついでに隣のシラカシもブった斬る〜っ!
20140711_sirakasi1.jpg
↑これが、↓こんな風になりました。
20140711_tree.jpg
完了〜っ!!

他に斬るものはないかと電ノコ片手に見回すも、見当たらず、終了〜

その後、セクター号のチェーン掃除と注油、ファイア号の注油をしてメンテも終了〜
20140711_fire.jpg

セクター号は、先週のライドの前にサドルを3mmほど上げました。
20140711_s-post.jpg
特に違和感もないのでそのままいきます。

また、バーテープの端がベロベロになってたので、ビニールテープで押さえました。
20140711_s-bartape1.jpg
↑これを、↓こんな風に
20140711_s-bartape2.jpg

あとは、タイヤに空気を入れて準備完了っ!

明日は、山の中に入るとコンビニはもちろん自販機もないとのことなので、補給食を準備していきます。あと、猛暑による熱中症対策の塩分タブレットもたくさん持っておきましょう。
先週のような脚攣りはゴメンですからねー
早め々々の補給と給水を心掛け、無事に走り切れるよう、頑張ります〜っ!

---------------------
っと、以上の記事は、赤字の部分を除いて、朝と帰りの通勤電車の中で書いています。
赤の部分は、予想外の出来事と実際にやってみて違った部分です。
あ、もちろん写真は実行したときに撮影したものですけどね
それ以外のほとんどは、完全に妄想(予想)で書いたものです。

逆に言うと、予めブログ記事として自分のその日の行動を予想で書いたってことです。
でも、だいたい想定通りに行動できましたねー
さすがにゲリラ豪雨は想定外でしたけど〜

あと、事前に電ノコを使った方が早く楽に切れることも予想していましたが、書いちゃった以上、先ずは普通のノコギリを使わないといけないと思って、やってみたら細い方は切れたので、これも想定外でした。

以上、私のブログ記事の書き方のネタバレになってしまう恐れはありますが、、、
ネタがないときは、先に記事を書いちゃってから、それに合わせて行動することもありますよー
というネタでした。本末転倒?

で、パートから帰ってきた奥さん、当然、褒められると思ってましたが、、、
「えぇ〜、切るとこ見たかったのにぃ〜、なんで勝手に切っちゃうのぉ〜っ?!」
と、のたまいました。(これは事実です)

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今週末:台風一過の奥多野リベンジライド

こんばんわー
台風8号が接近してきていますっ!
和歌山に再上陸して、東海〜関東地方の南側を通過していきそうです。
今夜が山田です。
とにかく、大きな被害を出さずにとっとと通り過ぎて下さいーっ!

昨日のツール、5thステージは凄かったですねー
正に「北の地獄」そのもの、いやパリ〜ルーベよりも過酷でした。

いや〜観てるこっちがズぅーっと緊張して身体が強張る感じでした。
もぉいつ落車が起きるかとヒヤヒヤしながら、でも競争を止めるわけにはいかないから踏み続ける、選手達の厳しい表情から苦闘の様子がビンビン伝わってきました。

栗村さんが「戦場に向かう兵士の表情」と言い表してましたが、その通りだと思いました。
レース自体も非常に厳しいものとなりました。
パヴェが始まる前から落車が頻発し、痛々しい姿で走り続ける選手達。

二度目の落車で遂にフルームが、、、
20140709_tour-1.jpg
いやもぉ、その呆然とした表情から完全に心が折れていることが見て取れました。

パヴェは、正に戦場でした。
得意な選手とそうじゃない選手とで、あそこまで違うとは、、、大人と子供、オッサンと少女が一緒にドロの中を走ってる、、、なんの競技を観ているのか分からなくなりました。
山岳以上に脚質ってか得手不得手の差をマザマザと浮き彫りにして見せてくれました。総合勢やクライマーにとっては、フィールドが違いすぎて競技にならない、お手上げ状態でした。

そんな総合勢の中でニーバリは凄かったです。アスタナチームのアシストも良かったですが、パヴェでのニーバリの速さはクラシックレーサーをも凌駕していました。
20140709_tour-3.jpg
いや、これは意外でした。自転車の操縦テクが優れているとはいえ、カンチェとサガンを置いていくとは、、、信じ難い光景でした。

私の想像ですが、カンチェやサガンは出力トルクが高すぎて、濡れたパヴェではホイールスピンして前に進まなかった、とか?
一方、コンタドールは、絶対に落車を避ける安全策をとったものの、それでも疲労が大きくて、予想よりも遅れてしまう結果になったようです。
20140709_tour-2.jpg
ま、落車を含めて他の総合勢も2分前後遅れましたから、それが普通だと言えなくもないので、想定の範囲内かもしれませんが

このタイム差が今後の展開にどう影響するのかは分かりませんが、ある意味面白くなったんじゃないですかね?後半の山岳までにお互いがどのような戦略・戦術で戦うのか?

タイム差がついたからこそ、各チームが積極的に動かざるを得なくなりましたから、変な牽制は少なくなるんじゃないか?
優勝候補の王者がいなくなったことで、チャンスですからチャレンジするチームも活性化するでしょうし、これからの熱い闘いに期待しています。

ただ、今回の5thステージに関して、いろんなことがあり過ぎて、自分の中で消化不良な部分が大きいです。もう一度、落ち着いて観返して検証したいと思っています。

果たしてツールにパヴェのステージが必要なのか?
いや、ツールらしくないという違和感を感じなくもなかったし、逆に山岳とTT以外にタイム差がつくステージとしてアリだとも思うし

最近のツールは、スマートな総合系の選手がチームのアシストを受けて勝つ、という印象が強く、チーム戦略通りに走ることが優先されて、選手個々の力で勝利をもぎ取りにいく、という闘争心を感じる場面が少なくなってたんじゃないか?と
その意味で、今回の5thステージは、チーム戦略などはあっという間に崩壊し、各選手が個々の持てる力を振り絞ってゴールを目指す、という自転車レースの本質的な部分を見せてくれました。

ただ、それがツールに必要か?春のクラシックで見ればいいじゃんっ、ていう気持ちもなくはないです。
その辺りのことも考えながら、5thステージを改めて観てみようと考えています。

-------------------
さて、昨日のツールの感想が長くなりましたが、本題です。
明後日の7/12(土)は、奥多野リベンジ(何度目だ?ナウシカ)ライドに行く予定です。

ぽじさん作成のルートは、↓こちら
20140712_root0.jpg
道の駅「おがわまち」起点で距離が約145km、獲得標高が2400mです。

奥多野ライドは、昨年末の走り納めライドとして、12/22(冬至)に実施したものの、前日の雪の影響で積雪&路面凍結のため、途中で引き返さざるを得ませんでした(こちらの記事参照)。
その下りで、アイスバーンに乗って大落車を演じたのは、私です。
さらに、夜の定峰峠でアイスバーンの上を押し歩いて下りましたし、記憶に残るライドでした。

その後、何度かリベンジライドの話が出るものの、天候不良などでお流れになる、という曰く付きの企画です。
今回も話が出た後に台風8号が接近してくるとか、またダメなのか?と思いましたが、台風は早めに通り過ぎて、土曜は台風一過のピーカン予報。

ようやっと実現できそうです。
ただ、油断大敵です。前回は雪&氷でしたが、今回は、なんと、猛暑っ!
37℃とかの予報もあります。
そこまでして我々を拒む理由が何かあるんでしょうか?

今回はなんとしてでも塩沢峠を越えてリベンジを果たしてやろうと思います。
台風後の路面の荒れが気になりますが、気を付けて頑張って走りますーっ

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

富士山:今年はアザミっ!自走往復240km(予定)

こんばんわー
台風の動きが気になりますね。進路もですが、通過スピードが気がかりです。
今週末、土曜の朝から走るためには、路面状況なども勘案して金曜(7/11)の夜に関東地方を通過してもらいたいところ

今朝時点の予報では、土曜(7/12)未明に関東地方南東に到達する、となっていました。このタイミングだと土曜の朝はちょっと厳しいか?と思ってたんですが
夕方の予報では、スピードが早まったみたいで、金曜の午後に関東地方に到達?になりました。
早めに通過して、土曜は良い天気になりそうですねー

いや、スミマセン、ついついライドの心配をしてしまいました。
台風ですから、もっと大きな被害が出ないように、そっちの心配をしないといけません。
ともかく、大した影響なくとっとと通り過ぎてくれることを祈りたいと思います。

さて、タイトルの件
毎年恒例の「富士山五合目自走往復ライド」企画です。

あ、恒例っても、昨年一度やっただけですけどねー(こちらの記事参照)
昨年は、7月最終週の7/27に実施しました。だいたい毎年この時期から五合目まで上る道のマイカー規制が始まるので、そのタイミングが良いんじゃないか?ということです。

で、富士山には、五合目まで上れる道が三本あります。
富士スバルライン、富士山スカイライン、富士あざみライン、の3ラインです。

昨年は、富士吉田から富士スバルラインで五合目まで上りました。スバルラインは、料金所から五合目までの距離が約24km、標高差が1200m、平均勾配が5%ちょっとと、比較的緩い勾配でダラダラ上る感じです。
でも、富士吉田のR138から料金所までも5kmくらい上るので、30km近い登坂距離があります、、、正直、長いです。

ウチから道志みち、山中湖を通って富士吉田までが約100kmで、獲得標高が1500mくらいありますから、スバルラインを上り始める時点で脚に相当な疲労が蓄積されてましたねー
さらに、帰路でもわざわざ道坂峠を越えたりして、ヘロヘロになったライドでした。

で、今年です。昨年と同じじゃぁ面白くないっ!てことで
あざみラインに上ることにしました。

アザミは、先月(6/15)に道の駅「どうし」まで車載で行って、そこから片道約30km走ってから上りましたが(こちら)、このときは明らかに脚がフレッシュでした。

それに対して、今回は自走で100km超、しかも上り基調の道志みちのアップダウンを走った後の脚がどうなるか?そんな脚でアザミに上ることができるのか?上れたとしてさらに100km超を自走で帰ってこられるのか?等々、未知な要因がたくさんあります。

無茶?無謀?無理?さぁ分かりません
ええ、やってみないと分からないからやるんです
そう、それがチャレンジです。

てことで、ルートを引いてみました(ルートラボは→こちら)。
20140709_azami-ouhuku.jpg
ウチからの往復で約240km、獲得標高が3800m(上昇率1.6%)です。
あ、帰路が道志みちじゃないのは、同じ道だと飽きるかな?ってだけの理由です。

タイムスケジュールは、↓こんな
5:00 東村山スタート
7:00 津久井湖通過(コンビニ休憩)
9:00 道の駅「どうし」(休憩)
10:30 道の駅「すばしり」(休憩)
11:00 あざみラインアタック開始
12:30 五合目到着(休憩・観光)
14:00 山中湖(コンビニ休憩)
15:30 都留通過
17:30 相模湖(コンビニ休憩)
19:00 八王子通過
21:00 東村山ゴール

累計16時間、グロスのアベレージが15km/hなので、ブルベペースギリだから余裕ですね。もう少し早めの進行も可能っぽいです。

で、最も重要な実施予定日ですが、マイカー規制の期間を調べたら、もう今週末から始まりますねー
7月中は、金曜正午〜日曜(または月祝)正午の間、8月に入ると、8/1(金)正午〜8/24(日)正午の間ずっと、というような感じです。

土曜に実施するならいつでも問題ないですね。日曜の場合、正午を過ぎると規制解除されて、マイカーが後からどんどん上ってくる?

実施予定日候補を挙げると、7/19(土),20(日),26(土)、8/2(土),3(日),16(土)くらいですが、8月に入れば平日に休みを取ることも可能です。
できるだけ、8月前半までに実施してしまいたいと思っています。

こんなチャレンジライド、ご一緒にいかがですか?
今年の夏の大きな思い出になること間違いなしですよー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

下見:ニッキュッキュde299km→196km(後編)

こんばんわー
台風8号が近づいてきてますねぇ、7月の過去最大級とか?沖縄は大丈夫でしょうか?
その台風の影響?梅雨前線が刺激されて、今週は雨が多そうです。今日は晴れてましたが、明日以降金曜まで雨の予報になってます。
朝練は厳しそうですねー(ホっ)

いや、今朝なら行けたんでしょうが、昨夜はツールを観ながら寝落ちしてしまい、当然のように起きられませんでした。
うーん、てか、まだ日曜のライドのダメージが残っていて脚が痛いため、ちょっと走りたくない気分もあるんですよねー
こんなんじゃダメなんですが、ま、楽しむことが基本ですからー

さて、その日曜に行ってきた「ニッキュッキュde299km下見ライド」のレポート後編です。
入間の起点からR299をひた走り(一部区間は回避)、埼玉県の西の端まで行って戻ってきました。
前編では、県境の峠である志賀坂トンネルにたどり着いたところまで書きました。
20140706_sigasaka3.jpg

この照明もない暗くて狭いトンネルを抜けると、そこはグンマーだった。
20140706_sigasaka4.jpg

いや、長野だと思ってたらグンマーだったので意外でした。帝国が勢力を拡大してますねー

ここで、ウチから98kmで、ちょうど5時間経過(アベは、ほぼ20km/hをキープ)。ただ、折り返し予定時刻の14時を30分ほど過ぎてしまいました。
一服だけして、とっとと戻ることにしましょ〜っ!
トンネルを逆に抜けると、そこは埼玉だった。
20140706_sigasaka5.jpg

で、ダウンヒルですが、このくらいの勾配(5〜6%)が一番気持ちよく下れますねー
スピードが乗り過ぎないからハードブレーキが要らないし、一定斜度で下るから漕ぎを入れなくていいし、急なコーナーもないし、35〜45km/hで楽にズーっと下っていけます。
この辺は、国道峠の良い点ですね。林道よりも整備されてて路面も良いですしねー
ただ、やっぱ上りはダルいかなぁ〜?

で、バビゅーんっ!と下ってきて、そのままの勢いで緩斜区間も40km/h巡航で一気に小鹿野の中心部?に戻ってきました。
セブンで休憩。
20140706_cola.jpg
ご褒美の赤コーラとガリガリ君(梨)とチョコチップクッキー

この時点で15時15分。アベ20km/hに対して5分の貯金ができました。
あとの上りは、山伏峠の上り返しだけで、基本は下り基調なので、そんなに無理して飛ばさなくても大丈夫そうです。

と思って再スタートしたら、小鹿野〜秩父のちょっとした丘越えのときに、左脚のふくらはぎがビキっ!と、、、
「痛っ!」とペダルを緩めますが、ピクピクが止まりません〜

うーん、水分、ミネラル不足ですかねぇ?摂ってたつもりだけどなぁ〜
一応、塩分タブレットを補給して、様子を見つつ走り、秩父市街を抜けます。
でも、やはり少し力を入れただけでキゅーっ!と攣りますねー
マズぅいですね〜まだ、R299正丸トンネルまでと、山伏峠までの上りが残ってます。

できるだけふくらはぎを伸ばすようにして、回復に努めますが、一度攣っちゃうとなかなか戻らないですよねー
ともかく、峠を越えないと帰れませんから、軽いペダリングで急に力を入れないよう気を付けて上ります。
ま、勾配が緩いのでなんとかなりますが、神経を使いますねぇ

そんな感じでユルユル上ってたんですが、R299の道の雰囲気が以前と少しだけ変わってる感じがしました。
なんか、車に抜かれるときの圧力?圧迫感が減った?
日曜で車、特に大型車が少ないってのもありますが、相変わらず路肩には大量の砂利が撒かれてて、道路の中央寄りを走るしかないんだけど、なんか後の車に気を遣わなくてもいい感じ?

ん?センターラインに立ってたポールが無くなった?
だいぶ上の方まできてから気付いたので、確かなことは判りませんが、ずっと無かったような気もします。

あのポール、カーブ部分に並んで立ってたんですが、それによって車線の幅が制限されるため、車が自転車を抜きにくい、大型車だと抜けない状態になり、自転車の後に車が数珠つなぎになるんですよねー
それもあって、大型車は自転車を邪魔者扱いし、後から圧力(排気ブレーキやクラクション)をかけたり、幅寄せしてきたり、強引に抜いて行ったり、等々、非常に危険な状態になってました。

あのポールが撤去されたのか、あるいはほとんど折られて無くなったのか?それは分かりませんが、無い方が自転車にとって安全であることは確かですし、車にとっても安全なんじゃないですかねぇ〜

そんなこんなで、正丸トンネル手前の信号まできて、右折して山伏峠への最後の上りです。ま、秩父側は距離が短いし勾配も緩いので、ふくらはぎを庇いながらでもそれなりのスピードで上ることができます。
で、この日二度目の山伏峠に到着。
20140706_yamabusi2.jpg

この時点で、16時半を過ぎてましたが、まだグロスのアベは20km/hを維持しています。
あと50kmは、もうホントに下りしかありませんから、余裕をもって走ることができます。
山伏峠をダダぁ〜っと下って、名栗もビューっと走り抜け、原市場のセブンで休憩です。

ここでは、カフェオレと持参したスニッカーズを補給。
この時点で17時半、ここからは28km、1.5時間で帰り着けることは何度も経験済みですから、目標帰宅時間を19時に設定して、最後の再スタート。

飯能まできてR299の旧道を走り、起点の交差点まで戻ってきました。
20140706_R299-goal.jpg
ここで18時10分ですから、あと15kmを50分は余裕〜
でも、入間からのR463は、夕方で車も自転車も歩行者も多いので、トラップに引っ掛からないように気を引き締めて走ります。

で、所沢を抜け、もうゴールは見えました。ウチまであと1kmを切って住宅街に入ったところで、道の落下物をクイっと右に避けた瞬間、左ふくらはぎがまたピキっ!となって「痛っ!」
いやー、最後まで参りました。
でもまぁそのまま帰宅。18時55分、9時間35分の旅でした。

この日のルート
20140706_root.jpg

この日(2014.07.06)の走行記録(再掲)
走行距離:196.81km
走行時間:7時間49分
平均速度:25.1km/h
最高速度:57.0km/h
獲得標高:2140m(ルートラボより)

以上、7/6に行ってきた「ニッキュッキュde299km」の下見ライドのレポートでした。
終止いいペースで走ったので、疲れました。今日もまだ脚が張っています。
でも、密かに仮想200kmブルベのつもりもあったので、良いシミュレーションになりました。

で、「ニッキュッキュde299km」の方ですが、ルートの起点は、ウチではなく、やはりR299に入ってからだろうってことで、入間の根岸交差点として引き直しました。
20140708_R299-1.jpg
要は、折り返しの149.5km地点が15kmほど先になります。
すると、麦草峠の途中まで上って帰ってくることになりますねー
往復距離が299kmで、獲得標高が5000mです。

うーん、往復は厳しいかなぁ〜ってことで、R299を端から端まで走る片道ルートも考えてみました。
20140708_R299-2.jpg
入間の根岸交差点から茅野駅までの192kmで、獲得標高が3860mです。
こちらの方が手頃ですし、麦草峠(標高2,127m)も越えることができますが、輪行で帰って来ないといけないのがちょっと面倒でしょうか?

こんなルート、夏のライド企画としていかがですか?どなたかご一緒しませんか?
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

下見:ニッキュッキュde299km→196km(前編)

こんばんわー
眠いですー
しかも、脚がガッチガチで痛いですー

昨夜はライドから帰宅したのが19時で、シャワー浴びて晩ご飯を食べたら20時。
すでに、ツールの2ndステージの放送が始まっていますから、観戦しつつライドの記録や家計簿を入力したり、写真整理したり、ツイッターをチェックしたり、等々

そのうちF1イギリスGPの放送も始まって、こちらはオンデマンドで観戦。
片目でツール、片目でF1を観つつ、ライド報告の記事を書こうとしましたが、無理。
目は2つしかありませんからねぇ

F1の方はライコネンのクラッシュで赤旗となり、進行が遅れてますが、いつ再開されるか分からないので切れないし
ツールの方は、次々に坂が出てきて目まぐるしい展開で目が離せないし
で、結局、F1のレースが終わった23時半から急いで「速報」だけをアップして、その後、ツールに集中しました。

いやー、忙しいですねー
でも、ワクワクする三週間が始まりました。
こんなんで朝練できるのかな?今朝は雨で行けなくて、安心残念でした。

さて、その昨日のライドレポートです。
昨日は、「ニッキュッキュde299km」の下見を兼ねて、R299をひた走り、埼玉県の西の端、グンマーとの県境まで行って戻ってきました。
↓こんなルートを走りました。
20140706_root.jpg

ルートをよく見ていただくと判るんですが、ニッキュッキュ(R299)と言いながら、R299を走ってない部分が結構あります。
実際の走行ルートは、後で詳しく書きますが、R299の飯能〜正丸トンネル間は回避しました。あと、所沢からR463のバイパスを走れば、そのままR299のバイパスにつながるんですが、こちらも回避。

これら二区間は、走りにくい、ってか危険なので、普段からまず使いません。特に、上りでは大型(凶悪で頭のオカシイ砂利ダンプとか)が煽ってきて、命の危険を感じるので、絶対に走らないようにしています。
てことで、実質的に秩父からニッキュッキューをひた走ることになります。

では、この日を振り返ります。
9時20分に出発し、所沢からR463で入間に入り、豊水橋で入間川を渡ったら、すぐにR299(旧道)にぶつかります。ウチから15kmです。
20140706_R299-start.jpg
この「根岸」交差点を起点にします。

左折して飯能を目指し、バイパスの下をくぐったり、八高線の踏切を渡ったりして、飯能駅前の交差点。
20140706_R299-hannou.jpg
ここを右折して真っ直ぐ行くとバイパスに出られますが、さっき書いたようにバイパスは走りたくないので、右折してすぐに左折し、名栗方面を目指します。

この道は、K70(飯能名栗線)で、入間川に沿った気持ちの良い道です。バイパスとは格段に走りやすさが違います。安全なのが一番ですねー
途中、原市場のセブンで休憩し、ポカリとどら焼きを購入してポケットに

すぐに再スタートして、名栗に入って徐々に高度を上げていきますが、なんだか脚が軽い。上り基調なのに30km/hで巡航できます。
朝練効果か?っと思いましたが、追い風でした。
で、山伏峠の上り口に到着。

ここも一服しただけですぐに再スタートし、山伏峠に上り始めます。
ま、TTをするつもりはないので、あまり踏み過ぎず、かといってタラタラし過ぎない程度で上り、ピークに到着。
20140706_yamabusi1.jpg

暑いです。湿度が高いので、汗が乾かずジャージが張り付いて気持ち悪りぃ
で、山伏峠を秩父側に下り、正丸トンネルの先でR299に復帰します。ここから秩父までは、ずーっと下りなので車に抜かれることがあまりなく、気持ちよく走れます。ただ、当然ながら帰りは上りになりますよ、、、

で、羊山公園の脇を通って下りきったらR140を渡って直進し、踏切を渡って、、、っと、踏切がなかなか開きません。
なんで?と思い始めた頃に、ブォーっとすぐ近くで汽笛が鳴ってビビりました。
目の前をゆっくりSLが通過していきます。
おぉっ!しまった〜っ!絶好のシャッターチャンスを逃しちゃう〜
って、慌ててスマホを取り出し撮りましたが、、、
20140706_titibu-SL.jpg
正面は撮ることができませんでした、、残念。

踏切を渡って秩父神社の前を通ると、R299は右折です。
20140706_R299-titibu.jpg

この後は基本的に道なりです。
荒川を渡って少し走ったところのセブンで休憩。
20140706_cafe.jpg
セブンコーヒーの牛乳割りとメープルシュガーフランス、さっきのどら焼きを補給。

この時点で、12時半、3時間経過で、ウチから60kmほど走りました。
上り基調で山伏峠も越えたのに良いペースだなぁ〜、って、アベ20km/hを意識し始めました。
ただ、この時点では、14時に折り返して戻るつもりだったので、あと1.5時間でどこまで行けるのかなぁ?ってことの方が意識を占めてましたけどね

で、再スタートして軽いアップダウンを越え、↓ここの交差点に
20140706_R299-titibu2.jpg

ここは、先月の「奥武蔵〜秩父ライド」(こちら)で城峯山方面に右折した場所。
でも、今回は直進ですから、ここから先は未知の領域。
って思いながら進んでいくと、左ミューズパークの標識が出て、あれっ?と思うと、なんか見覚えのあるサンクスが現れました。

ここはっ!昨年春の第一次城峯山チャレンジのとき(こちら)に寄ったサンクスじゃんっ!
全然未知の領域じゃぁないじゃん〜っ!

てことで、そこから先が本当に未知の領域。
この標識も道なりに左です。
20140706_R299-ogano.jpg
おっ、志賀坂峠と出た、峠と聞くとワクワクしますねー

この辺りで小鹿野の街?から離れてどんどん田舎に向かっていきます。
いや〜、しかし、何もないところですねー
しばらく走ってようやく前方に山が近づいてきましたが、良く言えば「長閑」、悪く言えば「退屈」な道です。
20140706_ogano.jpg
でも、車も信号も少ないし、走りやすい道ですよ。ここも30km/h巡航で快調々々

しかし、山は見えるものの、勾配はほとんど変わりません。
緩〜い上り基調がずーっと続いているだけで、なかなか峠道が始まりません。
ただ、K37との交差点を過ぎた辺りから、周囲の山が近づいてきました。
そろそろ本格的な上りが始まるかな?って雰囲気は出てきたんですが、まだです。

このダラダラ感は柳沢峠に似てますね。
飽きてきたので、道端に咲いてた向日葵に似た花を撮影。
20140706_flower.jpg
ツールを走ってる雰囲気で気分を盛り上げます。ところで、なんて花?

そんなこんなで、ダラダラ上ってると、ウチからの通算距離が85kmに近づき、時間も14時になろうとしています。
うーん、そろそろ折り返さないといけないんだけど、ここまで来て峠に上らないのは悔しいし
て思ってると、道路が二車線から一車線になり、峠道っぽい感じになりました。
20140706_sigasaka1.jpg

やっと本格的な上りが始まる?って思って進むと、、、まだでした。まだダラダラ上りが続きます。
んーっと、道路脇を見ると峠までの距離標識に11kmとあります。まだなのかぁ、、、
で、通算距離が90kmを過ぎたころ、やっと勾配が上がり始めました。
ま、上がったってもせいぜい5〜6%くらい?緩めの峠ですねー

しかし、やっと峠道になったので、もおゴールは見えました。
速すぎず遅すぎずのペースで上り、標高を上げていきます。
っと、景色が開けて、下の方に上ってきた道が見えます。
20140706_sigasaka2.jpg
この辺の景色ってか山の雰囲気はいいですねー

そこからピークはすぐでした。
やっとのことで志賀坂トンネル(峠)に到着。
20140706_sigasaka3.jpg
でも、細くて暗い(照明なし)トンネルですねー。国道とは思えん、、、

この時点で14時半になっていて、少し時間オーバーです。
あとは来た道をそのまま戻って帰るだけです。

が、長くなりましたので復路の様子は、後編で書きたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:ニッキュッキュde299kmの下見ライド

こんばんわー
今日は天気が良かったですねー
走りに行ってきました。

早起きして6時くらいからロングに行きたかったんですが、起きたのは8時前、、、
昨夜のツール観戦で寝たのが1時半過ぎだったのでしょーがないですねー

朝ご飯を食べて、準備して出発したのが9時20分。
うーん、ロングは厳しいかな?と思いつつ、ま、150〜160kmくらい走れればいいかなーっと
18時くらいまでに帰ってくるとして、14時になったら折り返して帰ってくればいいかってことで、特に目的地は決めずに走り始めました。

でも、なんの目的もなく走るのもあれなんで、以前の記事(こちら)で予定として挙げた「ニッキュッキュde299km」の下見を兼ねて、R299を西に行けるところまで走ってみることにしました。

↓こんなルートを走ってきました。
20140706_root.jpg

「ニッキュッキュde299km」のテーマは、R299の起点から西に走り、149.5km地点で折り返し、同じ道を戻ってきて、トータル299km走る、という何の面白味もない企画です。
今日は、その途中の志賀坂峠(98km地点)で折り返して帰ってきました。
帰宅したのが18時55分、9時間35分の旅でした。

本日(2014.07.06)の走行記録
走行距離:196.81km
走行時間:7時間49分
平均速度:25.1km/h
最高速度:57.0km/h
獲得標高:2140m(ルートラボより)

以上、今日は、出発したのが遅かったので、そんなに距離が稼げるとは思ってなかったんですが、思いの外脚の調子が良く、速いペースで走れたので、距離も伸びました。

途中でグロスのアベレージが20km/hを上回っていることに気付いたので、なんとかそのペースを維持しようと頑張りました。
結果として、アベ20.5km/hでしたから、なかなか良かったんじゃないですか?
ま、高度上昇率が1%ちょいしかないし、厳しい上りもなかったんで、そんなアベで走れたんですけどねー

詳しいレポートは、追ってアップします。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

再び:奥武蔵、雷雨から逃げ切れるのか?(後編)

こんにちわー
雨ですねー。今日は、引き蘢ってます。
いよいよ今夜からツールが開幕しますねっ!
今年のツールは、TTではなく山岳でマイヨ・ジョーヌが決まりそうなので、二週目からのアルプス〜ピレネーが見所ですかね?
あとは一週目(5日目?)のパヴェも楽しみっ!カンチェがんばれ〜

さて、もう一週間経ってしまいましたが、先週日曜(6/29)に行った奥武蔵ライドのレポート後編です。
この日は、まだ雨が残る朝から道の駅「おがわまち」まで車載し、7時過ぎにスタートして埼玉のラルプ・デュエズから白石峠〜堂平天文台に上り、定峰峠から秩父に下りてきました。
20140629_doudaira2.jpg

ご一緒いただいたのは、前日のブルベを雨でDNSした鬱憤を晴らしたいプチデビルさんsepaさんけろさん、yanazyさんと、そのブルベの応援を中止させられた鬱憤を晴らしたいぽじさんと、二日前にも奥武蔵で5000m超ライドをご一緒いただいたばかりの24WEさんと、私の7人が小川町からスタート。
途中の堂平天文台で、鎌北湖から奥武蔵GLを走ってきたgonさんが合流。
定峰峠で24WEさんが離脱し、その下りでurさんが合流。

結局、何人になったのかよく分からないまま、秩父の「野さか」に到着。
20140629_nosaka.jpg
到着したのが11時前で、まだ順番待ちの名前を書く紙が出てません。駐車場にはすでに多くの車が停まってますが、外が暑いため誰もまだ並んでません。
なので、遠慮なくぽじさん達が一番先頭に並びます。誰かが並ぶと皆車から出てきて後ろに並びます。フフっ
11時に紙が出てきて、名前を書くと開店まで再度待ちます。車の人はエアコンの効いた車に戻ります。ケっ

で、11時半に開店し、一番乗りで入店。
私は、ロース豚ミソ丼の大盛りにしました。
20140629_butamiso.jpg
美味いっ!大盛りでちょうどいい量です。

食べ終わったらとっとと店を出て、向かいのサンクスで食後のデザートタイム
20140629_ice.jpg
武甲山とガツンとみかん
晴れて暑いのですが、西の空には怪しげな雲も見えています。

てことで、再スタートして最後の上りの林道定峰線へ
20140629_r-sadamine.jpg
ここも二日前に上っていますが、川の水量が増えてますねー

ま、ここもマッタリ上って、高篠峠に到着。
20140629_takasino.jpg
暑いですー

この高篠峠でgonさんとお別れです。追撃いただきありがとうございましたー
またゆっくり山に走りに行きましょう〜

そこから再び白石峠を通って定峰峠まで戻りますが、ここで雷鳴が轟きますっ!
こりゃマズいってことで、急いで小川町に下ることにして再スタート。

雷が近づいてきてるのが分かります。怖い怖い
しかし、ワインディング部分は慎重にダウンヒルして、白石車庫を越えてから加速っ!
って思ったら、地元の軽トラに引っ掛かりました。抜くわけにもいかないし、、、

で、落合橋まで下ったところで、urさんとお別れです。
迎撃いただきありがとうございましたー
urさんに一度アザミTTをやってもらいたいので、今度よろしくー

落合橋からは下り基調の平坦路。そこでススーっとsepaさんが前に出ました。
鬼牽きの始まりです。
sepaさんの次がぽじさんで、私は絶好の三番手。
40km/h以上出てますが、半分くらいのコギで着いて行けますねー、楽です。
でも、前に集中しないと危ないので、後ろが着いてきてるかどうかを確認する余裕まではありません。

が、後ろの仲間はともかく、後ろから雲が迫ってきていることはハッキリ分かります。
空がドンドン暗くなってきていますし、ときどきポツポツと風に乗ってきた雨粒を感じます。
しかし、ここで降られるわけにはいきません。小川町の町中を急ぎつつも慎重に抜けます。
道の駅まであと1kmってところで信号待ち、振り返るともうそこまで真っ黒な雨雲が来ています。

ラストスパートで道の駅に駆け込み、車まで戻ったところで振り返って空を撮影。
20140629_cloud.jpg

その直後、ポツポツからすぐにザぁーっ!っと降ってきました。
20140629_ogawamati.jpg
滑り込みセーフでした。
雷と雨から逃げ切ることに成功しましたー
あと5分遅れてたらズブ濡れになっていたと思います。

で、撤収準備をして、車で嵐山の「いつものガスト」まで移動。
普段は家族でもファミレスに行かなくなったので、ウチから40km以上離れたこのガストへの来店率は異常です。
20140629_b-sundy.jpg
チョコバナナサンデーとドリンクバーをいただきました。

ブルベの話とかダイエットの話とか今後の予定とか、話は尽きませんが、16時半に解散。
20140629_kaisan.jpg
sepaさんカメラで記念撮影。

そこからR254〜R407のいつものルートで帰ろうと思いましたが、東松山インターの手前からR254が大渋滞、、、関越の事故の影響みたい
なので、脇道に曲がり、ときがわ方面に戻って、K30で帰ることにしました。
田中のセブンでコーヒーを飲み、マッタリした気分で帰ってきました。
帰宅が19時、14時間の旅でした。

この日の走行ルート
20140629_root.jpg

この日(2014.06.29)の走行記録(再掲)
走行距離:91.59km
走行時間:4時間32分
平均速度:20.1km/h
最高速度:60.3km/h
獲得標高:1820m(ルートラボより)

以上、雨の間隙を縫って走った奥武蔵ライドでした。
非常に微妙な天候にも関わらず、多くの仲間と一緒に走ることができ、ラルプに白石、林道定峰に上って、豚ミソ丼にもありつくことができました。
そして、雨に降られることなく戻ってくることができ、出来過ぎな感があるほど上手くいきました。

とても楽しいライドになりました。
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございましたー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

再び:奥武蔵、雷雨から逃げ切れるのか?(前編)

こんばんわー
週末はまた雨ですね、、、っと思ってたら、日曜の天気が好転の様子?
いいですねーっ!ロングいっちゃおっかな〜ニッキュッキュやっちゃう?

さて、先週の日曜(6/29)は、奥武蔵に行きました。
その二日前に「夏至の日チャレンジ」でさんざん走り回ったにも関わらず、中一日で再び奥武蔵です。
いや、ちゃんと理由はありますよー

先ず、この日は、6月最後の休日、つまり走りに行ける最後のチャンスであること
6月は、梅雨の影響で走行回数、距離が延びておらず、少しでも走っておきたかったこと
でも、天気予報がイマイチ良くないため、雨に降られるのはイヤだな〜っと思ってたこと

そんなことを考えてた前日土曜の夕方、プチデビルさんsepaさんぽじさんのツイートが目に止まりました。
要約すると「600kmブルベDNSの鬱憤晴らしに奥武蔵行くゼぇ〜っ!」というもの

正に渡りに船です、便乗させてもらうことにしました。
とりあえず、車載の準備をして翌朝に備え、お酒も2〜3杯にセーブして早めに就寝。
当日は4時に起きましたが、外はまだ雨が降り続いています。雨雲レーダーを見ても雲が切れるまで時間がかかりそう
ま、とりあえずは車載なので、集合場所まで行くだけ行ってみよう〜ってことで、5時に出発。

ところが、所沢からR463を走ってるときに雨が豪雨になり、道路が水浸しです。
20140629_kotesasi.jpg
写真は豪雨区間を通り過ぎてからなので普通のウェットですが

先が思いやられますが、一時的なゲリラ豪雨だろうって自分を納得させて進みます。
入間からR407に入ると雨は小降りになり、空も少しだけ明るくなってきた感じ
R254に入り、嵐山辺りのセブンにピットインしてコーヒーと朝食パンを買い、ピットアウトしようとしたら、ステップワゴンが通過
さすがのデビさんでも自走は無理ですよね〜

デビさんの後に付いてって、6時20分に道の駅「おがわまち」到着。
20140629_shuugo2.jpg
すでに、けろさんが到着されてます。そして、なんと24WEさんまで来られてますっ!ホントお好きですね〜
すぐにyanazyさんも到着。お初になります、初めましてのご挨拶。

20140629_shuugo1.jpg
準備してる間にsepaさんとぽじさんも到着し、7人揃いました。

しかし、雨は、まだ降ってます。雨雲レーダーによると、そろそろ止んでもよさそうなんだけど
なんて言ってるうちに予定の7時になったし、西の空も明るくなってきてるし、なんとなく流れでスタート。
雨はポツポツ程度ですが、路面が完全ウェットのため、車間をあけて慎重に走ります。

ぽじさん先頭でR254からK30でときがわに入り、田中の交差点を右折して白石峠を目指します。
いや目指してるはずでした。
しかし、先頭のぽじさんは、宿の交差点を左折します。

そこに来るまでに「埼玉のラルプ行きます?」って聞いてきたけど、本当に行く気だとは思ってませんでした。
雨で路面が濡れて苔なんかもあってホイールスピンするから上れないかもよ〜って、俺の忠告は完全無視ですかぁ〜?あぁそ〜ですか

で、ラルプの上り口に到着し、ウィンブレを脱ぎます。雨はすでに上がり、青空も見えてきました。気温が上がり始めたのもありますが、湿度がハンパなくモワっと暑いです。
うーん、ラルプかぁ、、上る気しないなぁ〜、脚も痛いしなぁ〜っと、グズグズしてたら、皆に置いていかれました。

しょーがないなーっと、私もスタートし、マッタリ上り始めますが、そんなマッタリ上れる坂ではありません。
すぐに脚も心肺もキツくなってきます。でも、まだまだ、序盤から頑張ったら終盤の激坂でヤラれるのが分かってますから、最初から止まりそうな速度でゆっくり行きます。

しかし、そんな速度でも、勾配が上がってくると重力が支配的になり、頑張らないと進まなくなってきます。いやー、中盤にして相当厳しくなってきました。終盤まで取っておこうと思ったダンシングも使わないと上れません〜

で、いよいよ終盤の超激坂区間。もう、脚=四頭筋がビキビキいって引き千切れそうだし、心肺は完全に限界まで上がり切ってます。
口から空気が入ってくる感じが全くせず、ただ口をパクパクしてるだけのようで、喉がヒゅーヒゅーいってますし、心臓が躍り出てきそうです。

でも、そこまできたら絶対に足付きしたくないから、とにかくペダルを回し続けることと、路面の荒れたところを通らないよう、ラインをキープすることだけに集中しました。
なんとか激坂区間をクリアすることができ、あとは惰性で上ってゴールっ!
20140629_lalp2.jpg
いやマヂでキツかった〜っ!

こんなに心肺が上がったのは、それこそ昨年末に同じくラルプに上ったとき(こちら)以来じゃないかな?
心臓が止まるといけないので、ラルプは年一回だけ上れば十分だと思います。
てことで、皆が揃い息が整うのを待って、迂回路(てか、こっちが通常の道)から下ります。
20140629_lalp1.jpg
この左側の道を真っ直ぐです。

下り切ると空は晴れて陽射しが強くなってましたねー
で、今度こそ宿の交差点から白石峠を目指しますが、上り口手前で自販機休憩。いきなり赤コーラを補給しました。

そこでしばし談笑後、上り口に移動し、白石峠アタックです。いや、私はアタックしません〜
もうすでに脚が限界です。それでなくても筋肉痛てか張りと痛みがあって、筋グリコーゲンだって回復してない上に、ラルプを上って乳酸も溜まりまくりです。
なので私は最後尾からトロトロ上ります。

はい、到着。
20140629_siraisi.jpg
暑いですねー

そこからさらに堂平天文台まで上ります。
20140629_doudaira1.jpg
景色は、真っ白、、、雲の上にいるようです。

しかし、空は晴れてますー
20140629_doudaira2.jpg
天気が回復して良かったですねー

っと、そこに一人のローディが上ってきました。
gonさんです。
鎌北湖にデポして奥武蔵GLを走ってきたとのこと、お疲れ様です〜
gonさんも合流して定峰峠まで下ります。

定峰峠でも小休止。
20140629_sadamine.jpg
ここで、午後に予定のある24WEさんとお別れです。
中一日で二度の奥武蔵をご一緒できて楽しかったですー

我々7人は、秩父市側に下り、昼食場所の「野さか」を目指します。
ワインディングの途中で上ってくるローディに「こんちわー」と言ってスライドしましたが、このローディがurさんだったようで、この後、合流しました。

で、バビゅーんっと栃谷の交差点まで来たところで一旦停止すると、後ろが来ません。
なんと、下り途中でsepaさんに大魔王降臨とのこと
待とうかと思いましたが、「野さか」は開店前に待ち行列ができるので、先に行って順番待ちをすることにしました。

で、11時前に「野さか」到着。
11時に名前を書いて、さらに11時半まで開店を待ちます。

っと、今日はもう眠いので、ここまでで一旦切ります。
午後の様子は、後編で書きたいと思いますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

朝練:二年前から進歩がない現実に愕然

こんばんわー
今日は後輩と吉祥寺で飲んできました。
20140703_bar.jpg
いろいろ悪巧みをして帰ってきましたが、酔もあるけど、早起きした影響が大きく、眠くて眠くて、、、
とりあえず、今朝の朝練について報告するのが精一杯です。なので、6/29にいってきた奥武蔵ライドのレポートは、また明日以降に書きたいと思います。

では、今朝の朝練についてです。
昨日も走りましたが、午前休を取ってのロングだったので、出勤前に行う本当の朝練は今日から開始です。
いや、実は、一昨年の夏にも2ヶ月間ほどやってました。なので、再開といってもいいんですが、ちょっと期間が開きすぎてますねー

今回も夏場限定のつもりです。んーだって、暗かったり寒かったりすると、朝起きられないし、ウチから出たくないでしょ?
予定としては、5時起きで5:15〜6:15の1時間。

朝練コースは、一昨年と同じく、多摩湖近辺の周回コース、一周約3km。周回っても、ウチからそこまで片道6km弱あるので、往復で30分かかってしまい、周回部分はよくて3周しかできませんけどねー
周回部分を2周すると計18kmで獲得標高130mとなり、3周すると21km/180mです。
で、今日は、5時に起き、、、られず、10分寝過ごし、急いで準備するも慣れてないため手間取り、、、結局、

出発できたのが5:25でした。
ま、再開一発目だし、のんびり行きますか〜ってことで、朝の爽やかな空気を感じながら走ります。
昨日ほどほどに走れたから?脚が軽くなりましたねー
軽いとついつい頑張っちゃうのが自転車乗りのサガ?競輪場〜西武園の坂の辺りでなんとなくスイッチが入っちゃいましたねー

西武園前の信号を左折して周回部分に入ると結構マヂモードになってます。
周回部分には、2つの上りがあるんですが、いずれも標高差20mちょっとの小山です。距離、勾配ともに大したことのない坂なので踏んでいきます。ガンガン上っていくはずなんですが、、、

2つ目の坂は、走ったことがある人も多いと思われる、狭山公園の入口から多摩湖新堤防までの上りで、自転車道ではなく車道を走ります。ここも、30km/hオーバーまで上げてから上りに突っ込み、できるだけ速度を維持したまま一気に上り切るイメージなんですが、、、

上り切ったら新堤防を西武園側までゆっくり走り、水を補給してクールダウンしつつ、周回部分の起点の信号まで戻ってきます。新堤防の上は、散歩やジョグの人が多いので徐行(25km/h以下)して通過します。

以上のような周回コースですが、途中に信号が3ヶ所あるので、ラップは結構バラつきます。
で、今日は、時間がないので2周で終了しました。
でも、1周目終わりでボタンを押し忘れたので、2周まとめたラップしか取れませんでした。
20140703_asaren.jpg

帰ってきてからラップタイムを確認すると、、、ん?普通。
あれ?結構がんばったつもりだったんだけど?
2周平均だけど、一昨年のベストには遠く及ばず、ベスト以外のまあまあ頑張ったタイムと同じくらい
いやー、そんなもんなんですね〜俺の脚って、、、という感想。

うん、でも思い当たる節はあります。
このところ、てか昨秋に膝痛が出て以降、高強度の走りをほとんどやってませんからね
春はブルベモードの持久系ライドばかりだったし、その後、エンデューロやヒルクラに向けて4月からパワー系ライドで追い込むっ!て言ったものの、言うだけで実践しませんでしたからねぇ

ハルヒルでもアザミでも、パワーが全然出てないことは薄々気付いていました。脚がクリティカルで心肺が上がらないんですよねー
ま、さすがに先週の「埼玉のラルプ・デュエズ」みたいな超激坂だと、脚も心肺も限界まで振り絞らないと上れないので、口パク状態まで追い込まれましたが、、、

つまり、自分から脚も心肺も追い込んでいけてない、ってこと、要は、ヘタレ走りになっちゃってるんですねー
いや、持久系ならそういう省エネの走り方は有りだし、エネルギー効率が良いから疲れないし、膝や靭帯なんかへの負担も少なくなりますから、悪いことじゃないんです。

でも、パワーが必要な局面で出せないってのは、ちょっと歯がゆいものがありますね。やっぱパワーも欲しい、持久力と瞬発力の両方欲しいっ!となりますよねー

以上の状況を踏まえ、朝練の目標が見えてきました。
パワーが出せるように追い込む練習をします。
コース的に小さいけどアップダウンがあり、インターバル的な負荷が掛けられるので、頑張って追い込みたいと思います。

と言いつつ、明日の朝は雨だから中止だな〜、よかった〜って安心しちゃってますけどねー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

夏至:6日遅れの6000mチャレンジ(後編)

こんばんわー
今日も天気が良かったですねぇ
でも晴れると暑いですねー。本格的な夏はすぐそこまで来てますよー

さて、先週の金曜(6/27)に実施した「夏至の日チャレンジ」のレポート後編です。
この日は、24WEさんにご一緒いただきました。
ルートは、↓こんなん
20140627_root-n.jpg

4時40分に日高のローソンをスタートしてプロローグの35kmを走り、PC1田中のファミマに到着したのが6時半。予定を20分遅れて6時50分に再スタート。
1stステージは、秩父のセブンまでの約60km、獲得標高2300mで以下の4つの峠を越えました。
①林道赤木七重線(碑原峠)
②林道栗山線(七重峠)
③林道二本木線(二本木峠)
④ポピー坂(粥仁田峠)

で、11時10分に秩父のセブンに到着し、昼食休憩をとり、11時半に再スタートです。
いよいよ後半戦、本格的な峠が次々と現れます。
2ndステージは、↓こんな
2014_gesi-3a.jpg

2ndステージは、秩父のセブンから黒山三滝までの約60km、獲得標高1950mで、3つの峠を越えるルートです。

先ずは、K11を秩父方面に走り、一旦横瀬町に入った辺り(山賊亭のところ)のバイゴーを左折します。
⑤林道丸山線(県民の森)
20140627_root-5-maruyama.jpg
K11〜県民の森〜大野峠〜高篠峠〜K167:区間距離21km
上り距離:11km、平均勾配:6.1%、最大勾配:15%

バイゴーを曲がった先からの林道は丸山線ではありませんが、途中(丸山線の3kmポイント辺り)に合流できます。
しかし、上り始めてすぐ、うーんキツい、、、
休憩で脚を止めてたからでしょうか?脚がメチャメチャ重い〜っ!
なんかもの凄く辛いんですけどぉ〜っ?!

って、ヒぃヒぃ言いながら上ります。
この丸山林道、勾配はさほどキツくないはずなんですが、距離が長いんですよ
道路脇に距離標識があるんですが、その数字が5...6...7kmと増えていくけど景色が変わりません。8kmとかになると、さすがに「まだ終わらないのぉ?」てイヤになってきます。

で、9kmを過ぎてやっと「野外活動センター」の分岐まできて終わりが見えました。あとは、「県民の森」まで緩い勾配を上ってピークです。
そのまま少し下って大野峠に到着。
20140627_oono.jpg
いや〜長かった、、、

で、休憩もそこそこに高篠峠まで下り、さらに林道大野峠線を下ります。
この辺り、雨が降ったみたいで路面が濡れてます。我々が秩父にいる間に降ったんですねー

しかし、雨の影響か気温が下がった感じで、大野峠線を下り始めると結構寒い。さらに、下ってるうちになんだか眠気が襲ってきます。
一体何が起きたの?ひょっとしてハンガーノック?とも思いましたが、さっき補給を摂ったばかりだし

で、寝落ちしないように気を付けて下ってから、そのことを24WEさんに言ったら、24WEさんも眠かったとのこと
早起きしてたのと、補給でお腹が膨れたところに、路面からの振動が加わり、それで眠気が誘われたんですかねー?

なので、白石峠の上り口の手前にある自販機で停車し、缶コーヒーを補給しました。
そこからすぐに上り口に到着し、6本目は白石峠です。
20140627_siraisi1.jpg

⑥白石峠(白石峠)
20140627_root-6-siraisi.jpg
K167〜白石峠〜定峰峠〜K11:区間距離14.5km
上り距離:6.3km、平均勾配:8.5%、最大勾配:13%

ま、言わずと知れた白石峠ですが、私、ここに来るといつも憂鬱な気分になります。
いや、何度も上って特徴は把握してるから、ここだけ特別に厳しいわけじゃないのはよく分かってるんです。
ただ、自転車に乗り始めて半年ちょっとの頃にきて痛い目に遭わされた記憶がトラウマになってるんでしょうか?なんか辛い感覚が蘇ってくるんですよねー

だったら、白石峠を後半に持ってこずに最初の方でやっつけておけば、とも思うんですが、ルートを引いてるときは憂鬱な気分にならないので、しょーがないですねー
で、気が進まないまま上り始めます。

まぁもうすでに脚が終わりかけてることは、さっきの丸山林道で分かってますから、なるべく脚を使い切らないで、少しでも次に残すように守りの走りに徹します。
ええ、それでい〜いんですっ!
ノロノロ上って峠に到着。
20140627_siraisi2.jpg

上り始めにパラっと雨が落ちてきたけど、ほんの少し降っただけで、あとは陽も射して暑かったです。
ここは、写真だけ撮ったらすぐに定峰峠まで下ります。下りながら休憩とクールダウンを図り、時間を節約します。

定峰峠に到着。
20140627_sadamine.jpg
あれ?テーブルと灰皿がなくなってますね。あと、道路側にあったバイクラックが、中に移動されています。
ここも、あまり長い休憩は無用なので、K11を秩父市側に下ります。

で、7本目の林道定峰線の起点に到着。
20140627_r-sadamine.jpg

⑦林道定峰線(高篠峠〜大野峠)
20140627_root-7-sadamine.jpg
K11〜高篠峠〜飯盛峠〜梅本線〜K61:区間距離23km
上り距離:6.9km、平均勾配:7.7%、最大勾配:15%

ここは不思議と憂鬱な気分にはなりません。好きな林道だからでしょうか?
では、上り始めます。

しかし、スピードは相変わらずゆっくりです。もう何個か前の上りから、サイコンの速度表示がずっと8km/h台(ケイデンスは50以下)に張り付いたまま変わりません。勾配が上がると6kや5k台まで下がりますが、上がることはなかったですねー
要は、脚の出せるパワーが頭打ちになってるんですね。出せるパワーをこれ以上落とさないように無理せず上らないといけません。

この林道定峰は、前半こそ急勾配が出てくるものの、県民の森の裏口を過ぎて景色が開けてくると、勾配も緩むので楽な気分で上ることができますね。
高篠峠に到着。
20140627_takasino.jpg

ここも息を整える程度の短い休憩で再スタートし、大野峠に向かってまた少し上ります。
ここからは、しばらくGLを走って、飯盛峠の先で林道梅本線を下ってPC3黒山三滝を目指します。
GLで刈場坂峠などを通っていきますが、この辺りも結構な雨が降ったみたい

で、梅本線を下り始めると、路面は完全ウェットで湿度が凄く、温度も低くなっています。そうすると、サングラスが真っ白になります。
この梅本線、路面が荒れてます。前の週に降った豪雨の影響でしょうか?尖った石が大量に散乱してます。
曇ったサングラスで前が見えないし、路面はウェットだし荒れてるし、スリップやパンクに注意して、慎重に下りました。

長い下りを無事に通過してK61まで下ってきました。
黒山三滝までの途中にある自販機で休憩です。
20140627_cafe.jpg
疲れているので、甘いMAXコーヒーを補給。

黒山三滝まで移動してトイレ休憩。
20140627_kuroiwa.jpg
なんとか2ndステージを走り切ることができました。

この後は、いよいよ最後のステージです。
Finalステージ
2014_gesi-4a.jpg
予定では、黒山三滝からゴールの毛呂山セブンまでの約60km、獲得標高1220mで、2つの峠を越えるルート。

予定よりも30分遅れの17時に再スタートして、8本目の林道猿岩線です。
20140627_saruiwa.jpg

⑧林道猿岩線(花立松ノ峠)
↓このルートが実走のFinalステージになります。
20140627_root-8-saruiwa.jpg
K61〜花立松ノ峠〜顔振峠〜鎌北湖:区間距離21km
上り距離:5.9km、平均勾配:8.3%、最大勾配:17%

いやー、キツいっ!(何度目だ?)
この猿岩線、勾配がキツすぎますよ〜
ホント、なんで終盤にこんなキツい坂をもってきたんだ?俺
もう、ブツブツ文句を言いながら、ヘロヘロ上るしかありません。
いやー、ホントにキツい〜っ!!脚がプルプルいってますよ〜

なんとか勾配が緩むところまで上り、ホッとしながら終点のGLに到着。
20140627_hanatatimatu.jpg
花立松ノ峠です。

8本目を上り切りましたが、ここで時刻は18時。
日入は19時ですから、残りは1時間しかありません。
9本目の高山不動の坂にアタックしてる時間はないですねー
てことで、峠は8本目の林道猿岩線で終了ということにして、GLを鎌北湖まで下ることにしました。

GLを東進してアップダウンをこなしていきます。
顔振峠まできたときに、向かいの山の麓に雲がかかっていたので、止まって写真撮影。
20140627_kaburi.jpg
うーん、なんかイマイチよく分からん写真になった

そこから一本杉峠、ユガテ、北向地蔵を越えていきますが、途中で時間を確認すると19時が近づいています。
ゴールが日入後になってしまったらなんとなく締まり悪いので、日入時間前に証拠写真を撮っておこうと、林越しに夕焼けを撮影しました。
20140627_sunset.jpg

最後のアップを越えて、あとは一気に鎌北湖まで下り、到着したらすぐに写真撮影。
20140627_kamakitako.jpg
ゴール時間は19時03分。日入時間の1分前でした。

4時40分のスタートから14時間半、たっぷり一日中走り(上り)続けましたねー
スタートからゴールまでの走行記録は
走行距離:166.30km
獲得標高:5260m(ルートラボより)
なんとか5000mを超え、昨年の記録を塗り替えることができました。

その後、24WEさんのデポ地である宮沢湖まで戻ります。
もうここはゆっくり、挑戦完了の余韻に浸りながらのウィニングラン。
宮沢湖前のサンクスに到着。
20140627_cola.jpg
ご褒美の赤コーラとアーモンドタルト

で、しばし感想などを語り合った後、24WEさんとお別れです。
20140627_kaisan.jpg
本当にお疲れ様でした。ご一緒いただいたことでモチベーションを維持することができました。ありがとうございましたー

で、一服して帰ろうかという頃、急に雨が強く降り始めました。
うーん、参った、、、こりゃしばらく動けないかも?と、サンクスで雨宿り
24WEさん車で戻ってきてくれないかなぁ〜っと思ってると、戻ってきてくれました。
送ってもらうことにします。
20140627_kiro.jpg
いやー、凄い降りです。送ってもらってよかったー

K30からR299バイパスを通って、所沢からウチの前まで送っていただきました。
ウチまでくると雨は上がってましたねー
改めて、24WEさん、お世話になりました。と、お別れ
てことで、帰宅が21時、17時間半の旅でした。

この日(2014.06.27)の走行記録(再掲)
走行距離:194.40km
走行時間:12時間25分
平均速度:15.6km/h
最高速度:58.9km/h
獲得標高:5470m(ルートラボより)

以上、2014年の夏至の日(6日遅れだけど)チャレンジのレポートでした。
ま、とにかく、ノートラブルで走り切れたことがよかったですねー
その上で、昨年の5000mを超える標高を上れたので、大満足です。

この日、ご一緒いただいた24WEさん、ツイッター等で応援メッセージを送っていただいた皆さん、ありがとうございました。

今日の記事もちょっと長くなりましたので、感想や反省、次に向けた抱負などは、改めて別記事にしてアップしたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

朝練:午前休とってちょっと長めの3時間

おはようございますー
今日は、役所などに行く用事があって仕事は午前休。
なので、3時間限定でロング朝練に行ってきましたー

5時に起きるつもりが、起きれたのは5時15分。
とっとと準備して、5時半にスタート。
いつものように多摩湖から
20140702_tamako.jpg

一昨年やってた朝練は多摩湖の周辺を回る20km前後のコースで、今年もやろうかと思っています。
でも、今日は時間があるので、さらに足を延ばします。
多摩湖自転車道を通って狭山湖へ
20140702_sayamako.jpg

さらに、K179に下って青梅方面に走り、セブンで朝食休憩。
20140702_cafe.jpg
セブンコーヒーと焼きそばパン、フレンチなんとか
麺が多めの焼きそばパンは、ボロボロこぼれて食べにくいこと

再スタートして、岩蔵街道で小曽木に抜け、東京バーディの坂
20140702_tokyo-bardy.jpg
うーん、キツい。
今日は、最初っから脚が重くてダルくて、全然回りませんねぇ

で、成木に下りた時点で7時を過ぎてますから、帰ることにします。
K28でクリーンセンターの坂を越えて岩根橋からK70に入って飯能を抜けます。
その後K218を八高線に沿って走り、K178で所沢に入り、帰ってきました。
帰りは脚が軽くなって回せるようになってきたので、30km/h超の巡航でした。
帰宅8時半、3時間の朝練でした。

今日の走行ルート
20140702_root.jpg

本日(2014.07.02)の走行記録
走行距離:59.03km
走行時間:2時間32分
平均速度:23.3km/h
最高速度:56.5km/h
獲得標高:430m(ルートラボより)

以上、朝練再開のきっかけとしての3時間ロング朝練でした。
明日から?通常の1時間朝練をやろうと思っています。できるかな?
ま、朝は走り始めが涼しくて気持ちよいので、軽い気持ちで続けたいと思いますー

さっ、これから用事を済ませて出勤ですー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

夏至:6日遅れの6000mチャレンジ(前編)

こんばんわー
平日はなぜか天気がよいですねぇ、、、

昨夜は午前0時からBRM809千葉200kmつくばのエントリーでした。私も0:10にスポーツエントリーの「参加申込」ボタンをクリックし、0:15に手続完了しました。
受け付けたよメールもきたからエントリーできたと思います。

3月の2回(200&300)以来5ヶ月弱ぶりのブルベで、完全アウェイの未知の土地を走ることになり、しかも難易度四つ星のルートの上に、気象条件によっては苛酷となることが予想されます。
が、挑戦し甲斐のある要素が揃っています。どんな走りができるのか全く分かりませんが、エントリーしたからには全力で走り切りたいと思います。

さて、記事アップが遅くなりましたが、先週の金曜(6/27)に実施した「夏至の日チャレンジ」のレポートです。
こんなルートを走りました。
20140627_root-n.jpg
距離約170km、獲得標高5260mで、8個の峠を越えました。

事前予告やルート変更、日程変更など、天候に左右された面もあり紆余曲折を経て、結局、平日に有休を取って決行することになりました。
そのため、参加表明いただいてたのに参加していただけなかった方々にはご迷惑をかけてしまいました。スミマセンでした。

では、当日の出来事を思い出しながら、時間を追って綴っていきたいと思います。
この日は、2時半に起き、軽くパンを食べてから準備し、3時20分にウチを出ました。
20140627_start.jpg
外が寒そうだったらウィンブレを着ていくつもりでしたが、それほど寒さを感じなかったし、荷物はできるだけ少なくしたかったので、半袖半パンのジャージだけで一日を乗り切る覚悟を決めました。

いつものように所沢からR463で入間を抜け、日高に入り高麗川へ
最初は暗くてライト2灯でしたが、途中の入間市駅辺りで1灯がバッテリ切れ、、、充電してなかったけ?いきなりモバイルチャージャーにつないで充電
ま、その頃には東の空が白んできてましたから問題なし
で、4時20分に集合場所のローソンに到着。
20140627_lawson1.jpg

すでに24WEさんは到着されてました。
20140627_lawson2.jpg

日出直前の東の空です。
20140627_sunrise.jpg
ここでは、朝食として、コーヒーとパン2個を補給。

時間は4時半を過ぎて、いよいよ長い一日の始まりです。
では、行きますかってことで、4時40分にスタート。
先ずは、アップ代わりのプロローグ。
2014_gesi-1a.jpg
プロローグは、日高のローソンから田中のファミマまでの約35km、獲得標高790mのルートです。

高麗川駅前から高麗神社方面に入っていき、山の麓に沿って高麗川CC〜埼玉GC〜エーデルワイスGCの小山を越え、毛呂からは桂木山に上ります。
今回も二週間前と同じように林道滝ノ入線を上り、桂木観音に到着。
20140627_katuragi.jpg
この時点で、まだ5時半です。しかも、この日は、平日なんです。

あまり長い休憩は取らず、ツイート&一服したら再スタート。
滝ノ入線を黒山三滝方面に慎重に下り、K61を越生方面に走り、梅園小前からまた山方面、上谷の大クスを目指して上ります。
大クスを通り過ぎ、大附の激坂から梨花CCを抜けて西平に下り、宿の交差点を右折してK172で田中の交差点、PC1田中のファミマに到着。
20140627_pc1-famima.jpg

一応、予定通りの6時半なんですが、これは出発予定時刻であって、休憩時間を考慮してないため、実質は少し遅れ気味。
ここでは、あまりお腹が減ってなかったので、カフェオレと豆大福だけ補給。

6時50分に再スタート。
ここからは、1stステージです。
2014_gesi-2a.jpg
1stステージは、田中のファミマから秩父のセブンまでの約51km、獲得標高1860mのルートです。

田中からK172で白石峠方面を目指し、白石峠の上り口手前の左カーブから右に分岐するところが1つ目の峠のスタート地点。
20140627_akagi-nanae.jpg

①林道赤木七重線(碑原峠)
20140627_root-1-akagi-nanae.jpg
K172分岐〜碑原峠〜赤木:区間距離6.0km
上り距離:2.0km、平均勾配:11.5%、最大勾配:20%

ここは、昨年の挑戦でも同じく1本目の峠で、上り始めから1kmちょっとの間の勾配がキツいです。でも、その後は勾配が緩むし距離も短いので、ま、無難に上り切って、赤木に下ります。

で、2本目、笠山に上る林道栗山線の起点に到着。
20140627_kuriyama.jpg

②林道栗山線(七重峠)
20140627_root-2-kuriyama.jpg
赤木〜七重峠〜萩殿線〜K11:区間距離10.1km
上り距離:5.9km、平均勾配:9.0%、最大勾配:15%

ここは、距離も長いし勾配も大きいです。覚悟して上り始めますが、やはりキツいですねー
でもまだまだ元気なので淡々と上り、七重峠に到着。
20140627_nanae.jpg
雲?霧?がかかって堂平山が霞んでいます。

林道萩殿線を白石車庫側に下ってK11に出たら、落合橋の方に北上し、二本木峠の上り口、3本目林道二本木線の起点に到着。
20140627_nihongi1.jpg

③林道二本木線(二本木峠)
20140627_root-3-nihongi.jpg
K11〜二本木峠〜K82(三沢):区間距離10.9km
上り距離:6.3km、平均勾配:6.7%、最大勾配:10%

ここは、予定では林道二本木線の途中から北側に一旦下り、林道和知線で二本木峠まで上るつもりでした。でも分岐を通り過ぎてしまったようで、そのまま二本木線を上りました。
この二本木線は、勾配がたいしてキツくないので、比較的楽に上れますね。でも、思ったより距離があって、途中で「まだ着かないの?」と少し嫌になりました。
二本木峠に到着。
20140627_nihongi2.jpg

ここからは、K361と交差する細い林道を下りて行きますが、この下りが結構長かったですねー
下り切るとK82にぶつかるので左折し、三沢の郵便局の先を左折したら、4本目ポピー坂の上り口です。
20140627_popi1.jpg

④ポピー坂(粥仁田峠)
20140627_root-4-popi.jpg
K82(三沢)〜粥仁田峠〜K82(三沢):区間距離8.5km
上り距離:3.5km、平均勾配:9.8%、最大勾配:17%

ここは二週間前に上ってヤラれたところなので、気合いを入れ直してからポピー坂にアタックです。
いやー、しかしキツい〜っ!この勾配は心が折れます〜
たまらず、またもやポピー畑で写真撮影を口実に休憩、、、
20140627_popi2.jpg
花はほとんど落ちてしまいましたね

ま、長く休んでもしょーがないので、呼吸が落ち着いたら再スタートし、九十九折れをウンコラ上り、ピークに到着。このピークの名前は不明です(粥仁田峠ではありません)。
20140627_popi3.jpg
やっぱりポピー坂はキツかったですねー

そこから、また西側(ふれあい牧場と反対側)に向かって細い林道を下り、すぐに出てくる上りを少し上ったところが粥仁田峠です。
そこからさらに下りますが、ここの林道は荒れてます。1km近いダートがあるし、水溜まりも多かったですねー

で、下り切ったらまたK82にぶつかるので、左折して道なりに走ると栃谷の交差点でK11に右折。
そのままK11を秩父方面に少し走ると右側にセブンイレブンが出てきます。
11時10分、PC2秩父のセブンに到着。
20140627_pc2-seven.jpg

ここでは昼食を摂ります。
20140627_lunch.jpg
コロッケパンとカレーパンを補給しました。パンが好きなんです。

ここまでの前半戦で4本の峠を越えてきました。
本数的には8本中4本なので、半分が終わったように思えますが、↑上のルート図を見てもらえれば分かるように、前半4本と後半4本とでは峠の高さが違います。
後半4本の方がスケールの大きな峠であることが分かると思います。

また、実走では8本でしたが、予定では9本だったので、この時点では「あぁ〜まだあと5本、しかもでかいヤツばっか5本も残ってんのかぁ〜〜」という重〜い気分でした。
しかも、ポピー坂で削られた脚がダル重〜くなってきてますし、右膝にも違和感が出てきていました。
うーん、やっぱ厳しいなぁ〜っと思いつつも、24WEさんには「あと半分っ頑張りましょぉ〜っ!」といって再スタートします。

再スタートしたのが11時半なので、やはり予定よりも30分押し
スタートからここまで7時間、19時の日入まで残り7時間半、、、ホント〜に長い長い一日です。

っと、本記事もとても長くなったので、前編はここまでにします。
後半戦は後編で書きますので、またお付き合いの程、よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。