多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2014-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04月の走行記録

こんばんわー
なんか台風みたいに風が吹いてますねー
雨はさほどではありませんが、駅からウチまでの間、折れそうだったので傘を閉じて帰ってきましたよっと
GWの合間の3日間ですが、あと2日働けばまた4連休ですから、なんとか凌いでいきましょう〜

さて、今日で4月が終わります。今年も1/3が経過しようとしていますね。
毎度書いていますが、ホントーに時間が経つのが早過ぎるんで、なんとかして欲しいんですが、なんともならないですよねぇ〜

月の最終日ということで、恒例の月間走行記録のまとめです。
今月は、↓こんなでした。
201404_soko.jpg

7回の走行でしたが、4/11はファイア号とセクター号で少しずつ走っただけなので、実質は6回(6日)ですね。あ、FとSを別けて記録しているのは、後から走行距離などを集計するためです。

4/5は、和田峠〜風張林道の激坂ライドに行ってきました(こちらの記事参照)。
20140405_kazahari3.jpg
前週までの3月がブルベ月間だったため、4月は山岳月間と位置付け、山岳一発目に相応しい激坂系のルートを選択した結果です。久々の激坂ということで、脚パンになりましたが、やはり「山は良い〜」てことが再認識できました。

4/11は、有休を取ったついでにファイア号をショップに持ち込み、ブレーキ周りのメンテナンスをしてもらいました(こちらの記事参照)。いや、タイヤを換えたらブレーキの当たりがおかしくなって、自分で弄って悪化させちゃったんですけどねー。でも、油圧ブレーキについて勉強できたし、すぐ翌日に役に立ったので、有意義な有休になりました。

4/12は、富士山一周自走往復ライドに行ってきました(こちらの記事参照)。
20140412_yamanakako3.jpg
走行距離281kmは、BRM329の300kmに次ぐ自身2番目の長距離記録になりました。でも、ブルベじゃないし、坂はゆっくり休憩多めだったし、何と言っても富士山の雄大な景色を堪能することができたので、疲労感よりも満足感が大きい記憶に残るライドとなりました。念願の富士山一周も実現できましたしねー

4/19は、やはり山岳月間の一環として、奥武蔵〜奥秩父200km&4000mライドに行ってきました(こちらの記事参照)。
20140419_jomine4.jpg
2月の雪の影響でなかなか行けなかった奥武蔵と奥秩父の山ということで、ガッツリ200kmの走行距離、そして2%を超える4100mの獲得標高でした。まぁヘロヘロになりましたが、昨年6月以来の4000m超えで、しかも自身2番目となる獲得標高4100mを得ることができ、走り応えのある充実したライドになりました。

4/26は、ぽじさんを迎撃するプチデビルさんを迎撃しに行ってきました(こちらの記事参照)。
ブルベに参加するぽじさんに長野県の甲府の先まで自走で会いにいくという途方もない計画、、、そのデビさんを応援するってことで奥多摩手前でスライドを狙って見事に迎撃成功しました。ぽじさんとデビさんの過酷なライドの様子はお二人のブログを見ていただくとして、迎撃した後の私は、飯能〜高麗〜毛呂の里山をマッタリ楽しんできました。

4/29は、来週に控えた「もてぎ7hエンデューロ」に備えて彩湖をグルグルしてきました(こちらの記事参照)。
うーん、やはり平坦路でパワーをかけ続ける走り方は苦手、ということを再認識したライドでした。でも、エンデューロに向けてやる気を高められたので、よかったかな?


今月(2014.04)の走行記録
走行距離:917.0km
走行時間:44時間51分
平均速度:20.4km/h
最高速度:61.0km/h
獲得標高:11580m(ルートラボより)

2014年の累計
走行距離:3182km
獲得標高:29270m

以上、当初目標の通り4月は「山岳月間」として、それなりに厳しい山岳ライドを3回実行することができたので、ま、合格点をあげてもいいかな?と思っています。

しかし、今月は、900kmちょっとの走行距離に留まってしまいました。やはり、ブルベなどで無理矢理でも長距離を走らないと月1000kmってのは厳しいんですかねぇ?
また、年間目標の12000km(毎月平均1000km)に対しても、1〜4月の累計で800kmちょっとショートしており、残りの8ヶ月は、平均1100kmずつ走らないといけなくなりました。うーん、厳しい数字です。
一方、獲得標高に関しては、2ヶ月連続で1万m超えとなり、累計でも3万m弱と順調に伸びてきました。

5月の予定としては、今のところ以下の2イベントへの参加が決まっています。
5/5 もてぎ7hエンデューロ 4時間ソロに出場
5/18 榛名山ヒルクライム(ハルヒル) 榛名湖コースに出場

この2つ以外はまだ何も決めてませんが、エンデューロもヒルクライムもブルベと違って、強度(疲労度)の割りに走行距離や標高が稼げない、という歯がゆさがあります。
なので、イベント以外の休みには、ロング&山岳系のライドを入れていきたいですねー

山も新緑の季節になり、寒くなく暑すぎず、日も長くなります。これからしばらくは、山岳ライドにはベストなシーズンですからねー
5月もどんどん山に行きますよーっ!
ご一緒いただける方は、是非っ!!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

グルグル:久々に彩湖を回ってきました

こんばんわー
今日は午後から雨になるという予報でしたが、昼過ぎにパラっときただけで、その後は降ってきませんねぇ
予報を信じて午前中限定のライドに行ってきましたが、これだったらもう少し走れたじゃん、、、
ま、空に文句を言ってもしょーがありませんが

さて、土曜から昨日まで大阪の実家に帰省していたため、3日ぶりの記事更新です。
実は今月4月は、26日まで連続更新していたのでフルマークを狙いたい気持ちもあったのですが、実家で飲んだくれているだけで特にネタもないので無理に更新するのもなぁ〜ってことで、放置でした。
ま、「毎日更新」を目標にしているわけではないですからねー

そうそう、東京に戻ってくる新幹線で京都駅に停車したときですが、隣の下りホームにDr.イエローが入ってきました。
20140428_dr-yellow.jpg
「ドクターイエローを目撃すると幸せになれる」という都市伝説もあるようなので、良いことがあるかもしれない
ってことで、totoBIGを購入することにしました。

ま、そんな欲まみれのオッサンネタはともかく、本日の走行にいきますー
今日は4月最後の休日ということで、なんとしても走っておきたい日でした。
また、来週の月曜(5/5こどもの日)に「もてぎ7hエンデューロ」が迫ってきており、すでに一週間を切っているので、脚の調子と自転車の調子をみておきたいというのもありました。

なので今日は、セクター号で出陣です。
20140429_secteur.jpg
んー、なにげにセクター号の出番が減ってきていて、3月のブルベ2戦を走ってからは、BBやハブメンテ後の4/11に少し乗っただけでした。サイコンセンサーの電池も切れたままになってました。

最近は安楽さに引かれてついついファイア号ばかりだったんですが、ポジションやシフト操作、ブレーキの効きが違うので、セクター号の感覚を忘れてしまうのはマズいです。
やはりセクター号のポジションの方がパワーが伝えやすい気がするので、もてぎエンデューロも5/18のハルヒルも活躍してもらわないといけません。

てことで、今日は午前中限定で彩湖グルグル練をやることにしました。
5時に目覚ましをかけたんですが、起きたのは5時半。実家での不摂生が祟って身体がメッチャ重い、、、
朝ご飯を食べ、準備して出発したのが6時40分くらい

いつものように清瀬、新座、志木を抜け、秋ヶ瀬橋を渡って彩湖にイン。
そのまま3/4周ゆっくり回って、ホームストレートから計測開始。
とりあえず10周してみようとスタートしますが、いきなりペースを上げると脚が終わるというのはこれまで何度も経験してますから、ペース配分を考えました。

2周を1セットとして、アベレージを30km/h→31km/h→32km/hと上げていくことにしました。
初めの2周はなかなかペースが掴めなかったんですが、30.7km/hでした。
次の2周で31km/hをキープしようとすると、すでにキツい、、、脚がダルい、、、
とりあえず、31.3km/hは出せましたが、その後に32km/hなんか絶対無理っ!

てことで、1周インターバルを入れることに、、、4周ですでにタレタレです、、、
ゆっくり1周してホームストレートに戻ってきたら、32km/hに挑戦です。
いやー、キツいっ!心肺には余裕があるんですが、脚がダルすぎますっ!!
3箇所ある上りはダンシングで駆け上がりますが、腿がヒクヒクいってます

うーん、これまでも何度か記事にしてますが、なんで平地で踏み続けるのってこんなにキツいんですか?上りで踏むのと何が違うんですかね?
ワット数的には変わらない、ってか上りの方が出力は出てるはずだし、心肺は圧倒的にキツいんですが、平地では脚に乳酸が溜まったようになって動かなくなるのは何故なんでしょう?

なんてことを自問自答しつつ、2周が終了。
なんとか32.1km/hのアベレージで走り切ることができました。
それにしてもキツかったです。精神的にも挫けそうになりますしね

で、また1周インターバルを挟み、最後の2周は30km/hでいいやってことで、軽めの走行。30.8km/hでトータル10周、約47kmを終えました。
しかし、このわずか2km/hの差が脚的には全然違うんですよねー。
私の限界はその辺りにあるってことでしょうか?
やはり、この限界値を上げていくような練習をしないと速くはなれないということか

ま、インターバルの2周を含めてですが10周を走り終えたので、そのまま彩湖を離れます。
あ、写真を1枚も撮ってませんでした、、、いや、マジの練習だから

で、疲れたので休憩と補給ってことで、荒サイ右岸を北上して羽根倉橋に向かい、近くのスリーエフにピットイン。
20140429_cola.jpg
赤コーラとバナナマフィンを補給。美味い〜

そこから帰ってもよかったんですが、もう少し走行距離を稼ぎたいってことで、荒サイを北上してから帰ることにしました。
スリーエフからの道を間違え、遠回りしてしまいましたが、R463で羽根倉橋まで戻ってきて、荒サイ右岸に入ろうとしたその時
信号の向こうから「Yabooさんっ!」と声を掛けられました。

あゆさんでした。
今日は毛呂〜越生方面の山に走りに行かれていたようですが、私のツイートを見て彩湖まで戻ってきて、さらに羽根倉橋まで追撃してくれたようです。わざわざありがとうございます〜
そこからしばらくお話をしながら一緒に荒サイを北上し、あゆさん宅への離脱ポイントでお別れです。
また今度ゆっくりご一緒しましょぉ〜

その後、私はさらに荒サイを北上し、道路の舗装が切れるところでUターン
20140429_arakawa.jpg
そこから帰るとちょうど走行距離が100kmくらいになるかな?って思ったら、その通りになりました。

荒サイ右岸を南下して秋ヶ瀬橋から往路と同じ道で帰りました。
帰宅11時過ぎ、4時間半の旅でした。

本日(2014.04.29)の走行記録
走行距離:100.97km
走行時間:3時間57分
平均速度:25.5km/h
最高速度:42.3km/h
獲得標高: 60m(ルートラボより、彩湖までの往復部分)

以上、彩湖グルグル練の走行レポートでした。
うーん、キツかったぁ〜〜
でも、アベ32km/hっていうのは、自分的には彩湖の単独走行におけるベストに近い値なので、それなりに追い込めたのかな?って思っています。ま、今日は風がなかったので比較が難しいですが
また、100kmの走行で平均速度25.5km/hというのも自分的には相当がんばりました。短時間の走行でしたが、なかなか良い内容だったんじゃないでしょうか?

あと、セクター号の調子は、良いです。
駆動系の異音問題は解消したし、ストレスなく回っていると思います。
ただ、ファイア号との比較になりますが、ブレーキが効かないのは慣れが必要です。エンデューロでは通常はほとんどブレーキは使いませんが、危機回避が迫られるような場面には気を付けないといけませんね

ま、エンデューロ本番までにできることは限られてますが、今の自分にできることをやって臨みたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

迎撃:ブルベの人を迎撃する自主ブルベの人を迎撃する

こんにちわ
今日は、午前中限定で走りに行ってきました。
この後、実家に帰省するので、短めに報告だけ

4時半に起きるつもりが4時45分に起床し、準備して5時40分過ぎに出発。
多摩湖で写真だけ撮って、狭山湖の脇を通ってK179で青梅を目指します。
20140426_tamako.jpg

東青梅で青梅街道に入ったところで一旦停止してツイッターのチェック。
自主ブルベの人は、10数分前に所沢辺りで朝Macを終えて出発した様子。
ふむ、1時間くらい私が先行してるな、っと

じゃぁ、青梅街道を奥多摩方面に行ってから戻ってくれば、どこかでスライドするはず
ってことで、再スタートし、古里のセブンに到着。
20140426_cafe1.jpg
セブンコーヒーLととらやき抹茶味を補給。

この時点で7時50分。
自主ブルベの人は、まだ青梅街道には入っていないはず
でも、ここからゆっくり戻れば、青梅駅あたりでスライドするかな?
ってことで、再スタートし、下り基調をゆっくり走ります。

何人かのローディとすれ違った後、見慣れた赤黒ヘルメットのローディが上ってきます。
私の予想よりも早くスライドしたので、一瞬反応が遅れましたが、お互いに気付きました。
ちょっと引き返してご挨拶。
20140426_devi-san.jpg
そう、自主ブルベの人は、プチデビルさんです。

今日行われているBRM426群馬に参加しているぽじさんに会うために、往復400kmオーバーの自主ブルベを敢行中。
これから甲府の先まで行って、明朝早くに戻ってくる予定とか、、、
このブルベには、ぽじさんの他に、sepaさんけろさんも参加しています。

なので、デビさんを激励するとともに、ブルベの人達にも応援の気持ちを届けてもらおうということで、デビさんを迎撃したというわけです。
はい、迎撃成功〜っ!てことで、立ち話をしたら、お別れ
頑張って下さいーっ!

で、私は、青梅までもどって小曽木街道に曲がり、飯能方面を目指します。
飯能の手前でK15に入り、巾着田の前のセブンで2回目の休憩。
20140426_cafe2.jpg
セブンコーヒー(アイス)と持参したNumberBANANAを補給。
休憩多すぎ?

そこから高麗神社方面に行って、ゴルフ場巡りの里山ライドをまったり楽しみ、毛呂に下りてきて、K30〜R463で帰ってきました。
帰宅11時半過ぎ、5時間50分の旅でした。

本日の走行ルート
20140426_root.jpg

本日(2014.04.26)の走行記録
走行距離:112.43km
走行時間:4時間45分
平均速度:23.6km/h
最高速度:52.6km/h
獲得標高:980m(ルートラボより)

以上、迎撃が成功したので満足々々

っと、ツイッターでぽじさんがバーストした(タイヤがね)と
おぉ〜っ!大ピンチですねー。
果たして二人は無事に巡り会えるのか?二人の運命やいかにっ!!
その展開を新幹線でじっくり楽しませてもらおう会えるように祈りつつ帰省しようと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

成功?:ALFINEインジケーターが接続できた、かな?

こんばんわー
今日は爽やかな天気でしたねー
こんな日に走りに行けたらな〜ってほど、気持ちいい気温と湿度でした。

先ず最初に、昨日の記事に誤りがありました。
ファイア号に付いていたのはジャンクションBと書きましたが、↓これは、あくまでもジャンクションAです。
20140424_f-jnct-b1.jpg

そのジャンクションAにも種類があって、3ポートの型番がSM-EW90-A、5ポートの型番がSM-EW90-Bとなります。末尾が「B」なのでジャンクションBと勘違いしました。
ジャンクションBというのはバッテリの近く(BB辺りのフレーム内)に取り付けられるものですね。

ちゃんと調べずに記事をアップしてすみませんでした。
昨日の記事も修正しました。

で、性懲りもなく、今日もALFINEインジケーターの接続に挑みましたよー
昨日は行き当たりばったりで作業したので、1つずつの手順がどうだったかあやふやな部分も多く、何が正しくて何が間違ってたのか、ちゃんと把握できてません。

なので、今日は、作業計画を立て、1つずつ不明点をつぶしていくことにしました。
先ず、ジャンクションA(SM-EW90-B)の5つのポート(E-tubeポート)が正常に作動するかどうかを調べます。
ま、下段3つのポートは、これまで何も問題がなかったことから正常と判断し、上段2つのポートを調べます。

右STIレバーのケーブルを刺してみて、リアディレーラーが操作できれば、正常に作動していると判断します。
で、やってみたところ、上段の左右2つともに大丈夫でした。

なので、上段に接続してALFINEが認識されない(作動しない)とすると、それはポートの問題ではなく、システム上の問題。ソフト的にファームウェアが対応していないか、ハード的にALFINEインジケータが故障してるか、バッテリを含めた接続手順に問題があるか、などが考えられます。

ALFINEインジケータについては、昨日一時的に点灯しましたし、変速に応じて表示がちゃんと変わりましたから、故障はしていないと考えられます。
ファームアップについては、PCと接続するアダプタを持っていないため、今すぐどうこうできるものではないので、とりあえず保留しておきます。

で、今できることは、認識させるための接続手順が存在するかどうかをトライ&エラーで確認してみることです。

パラメータは、バッテリのON/OFFとALFINEの接続タイミングですが、接続後にシステムをリセットするどうかも重要みたいです。リセットは、マニュアルによると「バッテリを外してから1分以上放置する」とのことで、その後再度バッテリを接続するようにしました。

以下の4パターンを検証しました。順列組み合わせですね。
1. バON → A接続  結果×
2. バON → A接続 → リセット  結果×
3. バOFF → A接続 → バON  結果○
4. バOFF → A接続 → バON → リセット  結果○

3,4でALFINEが認識され、表示が点灯しました。
20140425_alfine1.jpg
バッテリOFFでシステムをリセットした状態から接続したら認識されましたが、それって昨日も同じ状態だったはずなんだけど、、、
ま、いーや。とりあえず接続できました〜っ!
表示は、シフト操作しなければ5分弱でオートオフします。

ハンドルに固定しました。
20140425_alfine2.jpg

ケーブル類は、結束バンドでまとめました。
20140425_alfine3.jpg

とりあえず、取り付けは完了しました。新兵器投入成功かな?
しかし、なんか納得できないですねぇ、、、
ネット情報でもファームウェアは、全ての機器で最新版に揃えておいた方がいいってあるし
やはりファームウェアのアップデートが必要なのかな?

PCと接続するためには、専用アダプタを購入しなければならないんですが、
↓こちら
20140425_SM-PCE1.jpg
PCインターフェイス(SM-PCE1)です。
しかし、お値段が1.8〜2マソもしちゃいます、、、

さすがに、速攻でポチっとできるお値段でもないので、グダグダ調べてると、
↓こちら
20140425_SM-BCR2.jpg
内蔵バッテリー充電器(SM-BCR2)です。
こちらは0.9マソほど、、、SM-PCE1の半額です。なんで?

こちらでもPCにつないでファームアップできるとの情報があります。
だったらSM-PCE1必要ないじゃんっ?!て思うんですが、どういう位置づけなんでしょうね

で、購入するとしたらSM-BCR2の方なんですが、それでも年に何回も使わない、ってか、この先二度と使わないかもしれないものに1マソ弱を投資するのはどうなんだ?という冷静な自分がいます。

ただ、すでに片足を突っ込んじゃった以上、人柱としてファームアップも含めてやれるところまでやってみるしかないか?いや、やってみるべきだ!というもう一人の自分もいます。

どーしょーかなぁ〜?
てか、SM-PCE1かSM-BCR2をお持ちで、このブログをご覧の奇特な方が貸してくれないかな〜(ボソっ)

以上、ALFINEインジケーターの導入レポートでした。

で、明日は、大阪の実家に帰省するため、午前中くらいしか走れません。
でも、来週末のGW(5/5)のもてぎエンデューロに向け、少しでも走っておかねばっ!
ってことで、早朝(5時台)から昼前までの6時間を限度に走りに行くつもりです。
6時間あれば、峠ありでも100kmはいけるはずなので、休憩短めの強度高めで頑張りたいと思います。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

失敗?:ファイア号に新兵器?投入したけど、、、

こんばんわー

あ、またなんか荷物が、、、
20140424_pianoman-vb.jpg
PIANO MAN VERY BESTです。
リッピングだけして、娘にプレゼントしましたよー
いやー懐かしい〜

さて、昨日のフレーシュ・ワロンヌは、最後のユイの壁で抜きつ抜かれつ?の混戦になって面白かったですねー
バルベルデが抜け出して勝っちゃいましたけど、結構余裕があるように見えました。
一応、昨日の記事で二番目に挙げたバルベルデが勝ったので、私の予想的中〜っ!てことでー

ま、一番に推したジルベールは10位に沈みましたが、、、って、もちろん10位は立派な成績ですよー(ユキヤのときと矛盾しないようにフォロー)

いや、でも、優勝候補の強豪達が混戦になるってことは、飛び抜けて強い選手がいないってことだから、リエージュでユキヤにまたチャンスがありますよー
次は、表彰台を狙って欲しいですね〜っ!

---------------------

さてさて、昨日届いた↓こちら
20140423_alfine2.jpg
ALFINE:Di2用インジケーターです。参考は→こちらなど

バッテリ残量とリアのギアを表示してくれます。
安楽ロングライド仕様車を目指すファイア号にピッタリのアイテムってことで導入することにしました。
何速に入ってるかを確認するのに下を向くのってストレスじゃありません?
手元で確認できて、しかも有機ELのディジタル表示とか、未来的〜っ!

ファイア号に仮り付けしてみよう〜っ!ってことで意気揚々と作業開始。

先ずは、バッテリを取り外してから、左ブラケットのカバーを捲ります。
しかし、、、信号線の接続コネクタ(3口)があるはずなんですが、、、
20140424_f-brk1.jpg
あるのはハンドル固定用のボルトだけ、、、

内側を見てみると
20140424_f-brk2.jpg
ん?別体コネクタ?中継機?信号線が1本出てますが、他に接続口がない、、、

うーん、困った、、、
油圧ブレーキ用のSTI(ST-R785)だから?構造が全く違っています

やっちまったか?と、少し途方に暮れながらそこらを見ていると
ん?ジャンクションが
20140424_f-jnct-b1.jpg

これはっ!AやなくてBやんけぇ〜っ!ラッキーっ!!

↓こちらの左がジャンクションA、右がジャンクションBです。
※※※※※ 4/25修正 ※※※※※
↓こちら、両方ジャンクションAですが、
左が3ポートのSM-EW90-A、右が5ポートのSM-EW90-Bです。
 20140424_junction-a.jpg 20140424_junction-b.jpg
型番末尾Aは接続口が3つ、Bは5つあります。
あぁ、ブラケットに設けられないから5ポートのSM-EW90-Bになってたんですねー
って、これまで全く気付いてませんでしたwww

で、5つのポートのうち3つにはケーブルが刺さっており、上の2つにダミープラグが嵌ってます。
20140424_f-jnct-b2.jpg
ダミープラグを外し、ここに新たなケーブルを刺し込みます。
カチっというクリック感があるところまで刺し込まないと、簡単に抜けることがあるみたいです。

いやしかし、ブラケットから引っ張ってくるつもりだったから、350mmの信号線を買っちゃったよ、、、
ステム下からだったら100mmで余裕じゃん、、、余っちゃうよー

とか言いつつ、ケーブルの他端にALFINE本体を接続。
電気的にはこれだけで接続完了です。
バッテリを戻してみました。

インジケーター点灯〜〜っ!

、、、

、、、

ん?点灯しませんが?
20140424_alfine1.jpg

やっちまったか〜っ?

バッテリを再度外したりしましたが、認識していない様子、、、
うーん、ファームアップが必要なのか?接続アダプタもってないし、、、

てことで、今日は時間もないので諦めました。
また今度チャレンジしてみます。ハぁ〜、、、

※※※※※※ 以下、4/24 23:30追記 ※※※※※※
記事をアップした後、再度チャレンジしてみました。
右STIからのケーブルをジャンクションから外してALFINEにつなぎ、
ALFINEからジャンクションにつないでみたら(ディージーチェーン)、
点灯しました〜〜っ!
20140424_alfine2.jpg

やったーっ!!
って、一旦バッテリを外してからまた付けたら、点灯しない、、、なんで?
その後、点灯することがなかったので、本日は諦めました。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ヤバイ:もてぎ7hエンデューロが迫ってきた

こんばんわー
今日は爽やかな良い天気でしたねー
なんで、週末がこの天気にならないかな〜って、ちょっと不満

今週末、土曜の朝は走ろうと思ってますが、午後に帰省して戻ってくるのが月曜
ところが月、火の天気が、、、何とかならないですかねぇ
ま、なんとか雨の隙をついて走れれば、と思っています。

っと、またまた何か荷物が届きました。
20140423_alfine1.jpg

さて、何だと思いますか〜?
って、Di2って書いてますねー
そう、ファイア号のパーツです。

開けてみました。
20140423_alfine3.jpg

アップです。
20140423_alfine2.jpg

裏側です。
20140423_alfine4.jpg

取り付けたら、また改めて記事をアップしたいと思います。

さて、今日はフレーシュ・ワロンヌです。ユイの壁ですよーっ!

ジルベールの連勝なるのか?バルベルデあたりが勝負を賭けてくるのか?
先週落車リタイアしたホアキンの調子はどうなんでしょう?
あとは若手のベタンクールやクヴィアトコウスキーにも期待したいですねー

------------------------

さてさて、「もてぎ7hエンデューロ」(4hソロに出場予定)が迫ってきました。
いやー、気が付いたらもう来週末の連休(5/5)じゃないですかー

今週末が自転車にほとんど乗れないので、ぶっつけ本番に近い状態で臨むことになりそうです。
なんの準備もできていません。準備っても何ができるか?ってのもありますが

で、毎回のようにやってます目標(走行ペース)設定です。
その効果や精度がどうなんだ?ってのはともかく、今回も一応やってみます。
今回のコースは、↓こちら
20140423_motegi-corse.jpg

オーバル(スーパースピードウェイ)も走ることになっています。
これまでもてぎは3回走ってますが、全てロードコースでしたから、オーバルを走るのは初めてです。

距離は、ロードコース部分が4.8km、オーバル部分が2.4kmなので、単純に足すと7.2kmとなりますが、コース図を見ると、ホームストレートとオーバルの一部が欠けてますから、今回のコースとしては、一周7.1kmとして、以降の検討を行うことにします。

先ず、大まかに4時間で何周できるのか?というと、アベレージを34km/h(ラップ12分半)と仮定して、19.2周ですから、4時間経過時に20周目に入っている計算になります。

なので、20周完走を目標にします。
逆に言うと、遅くとも4時間経過時に19周(134.9km)を走り切ってないといけないので、そのアベレージ33.725km/hが最低目標ということです。

20周をズーっと同じ速度で走れるわけがありませんから、今回もスティントに分けて考えることにします。
あまり細かく分けても意味がないことは過去3回で学習済みなので、4周ずつの5スティント(S)とします。
 S 周回数 平均速度 所要時間 経過時間
 1  1- 4  34.0km/h 50分07秒  約50分
 2  5- 8  35.0km/h 48分41秒 1時間39分
 3  9-12  35.0km/h 48分41秒 2時間27分
 4 13-16  34.0km/h 50分07秒 3時間18分
 5 17-20  32.0km/h 53分15秒 4時間11分
TOTAL 20  33.944km/h

これで、ギリギリ20周目に突入できる計算です。
18,19周目辺りでペースが落ち込み過ぎると20周目に入るのが厳しくなるな〜

走行中の目安は、スティント毎の平均速度(サイコンのLAPで確認)と経過時間(時計で確認)です。それ以外の細かい数字は見ないことにします。
あ、周回数はカウントしておかないとダメですけどね〜

てことで、今回の目標は
1. 20周完走
2. アベレージ34km/h以上

この目標は、私にとって厳しいけど、達成不可能なものではないと思っています。
オーバルが追加されたことで平坦比率が上がり、坂比率が下がったことで、もう少しアベレージを高めに設定してもいいのかもしれないのですが、
私は、平坦路が苦手だし、平坦だからといって単独で走るぶんにはアベレージは全く上がりません。

なので、今回も列車に乗れるかどうかが結果に大きく影響する、ということに変わりありません。
特に、オーバル部分の2.4kmは、風向きがどうあれ、単独と集団とでは、巡航速度も疲労度も大きな差があることは明らかです。
だから、なんとしても列車に乗りたいのですが、一周の距離が伸びた分、列車を捕まえる機会が少なくなり、一度逃しちゃうと、次の列車を待つ時間が長くなります。

その辺りが読めないので、平坦比率が上がったからといって、簡単には目標アベレージを高くはできません。
ま、逆に、良い列車に乗れれば、アベレージが飛躍的に?上がる可能性もありますが、、、

以上のように、今回はコースが変わったことで、ペースや目標の設定が難しい、ってか、あまり意味がないかもしれませんが、とりあえず設定してみました。
頑張りますよ〜っ!!

っと、そろそろフレーシュ・ワロンヌが始まります。
ではまたーっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

何故?:奥武蔵〜奥秩父は毎回ハードになる(後編)

こんばんわー
昨日も今日も仕事帰りの時間が雨で駅までバスを使いました。
30分ですが、歩かないと脚がほぐれない気がします。
明日からはよい天気で暖かくなりそうですねー
ただ、今週末は帰省するので自転車に乗る時間があるかな?
早朝に少しでも走りに行ってから移動できれば、と思っています。

さて「奥武蔵〜奥秩父200km&4000mライド」の後編です。
このライドは、先週の土曜(4/19)に単独で行ってきました。

朝6時に出発して高麗川から毛呂山、桂木山を越えて越生で大クスに寄り道し、梨花CCを越えてときがわに入り、白石峠に上って定峰から秩父に下り、美の山を越えて皆野で昼食を摂り、そこからノタノタ上って城峯山の山頂までやってました。

この日のチーマ・コッピで小休止して、時刻はすでに14時半。出発から8時間半が経過したのに、走行距離は105km、、、アベレージが12km/h台という超タラタラっぷり
200kmの山岳ブルベを想定したつもりでしたが、こんなペースじゃ完全にタイムオーバーでPC不通過になっちゃいます〜

やはり、キツい山が1つ2つ入るだけで、走行ペースはがた落ちになりますから、ルート前半の上りには注意が必要です。
ま、注意したからといって早く上れるわけじゃないんですがねー

で、とにかく、キツい上り3つのうち、2つをなんとかこなしましたから、あとは丸山林道の1つだけです。
あまりゆっくりしてると山の中で夜になるので、一服したらとっとと下ることにします。
龍勢ヒルクライムのコースを逆行する形で城峯山を下ります。6,7人のローディとすれ違いました。

昨年3月に引き返した場所、トイレが取り壊されてました。
20140419_jomine7.jpg

そこから少し下ったところのサクラ?
20140419_jomine9.jpg

あちらの山肌に張り付くように並ぶ集落
20140419_jomine10.jpg

いや、ゆっくり撮影してる時間はないんですが、せっかくだから、って貧乏性が出ちゃいます

あとは、ダぁ〜っと下って龍勢会館に到着。
20140419_ryuusei.jpg

ここは証拠写真だけ撮ってすぐに移動し、セブンにピットイン
20140419_cafe2.jpg
ここでは、カフェオレとドーナツを補給し、クリーム玄米ブランとゼリーをポケットに入れ、ボトルの水も補充しました。

15時45分に再スタート。秩父市街を目指します。
K270を南下しましたが、細かいアップダウンが疲れた脚をさらに痛めつけます。
R299に入り秩父駅手前でR140に移り、横瀬方面への道を探しながら走るもよく分からず、結局再度R299からK11に曲がって、さらにセーブオンを右折して横瀬方面へ

ここからはそのまま丸山林道につながる一本道
横瀬の棚田で写真撮影
20140419_yokoze.jpg
この日、初めて武甲山を撮りました。
美の山からも見えてはいたんですが、霞んでたので撮ってませんでした。

しかし、この時点でスマホのバッテリーが残り10%ちょっと、マズぃ
写真が撮れなくなるのはしょーがないとして(どーせ暗くなるし)、STRAVAのログが飛んじゃうと悲しいかな?
それより何より、夜の奥武蔵山中で何かあった場合の連絡手段がなくなるのが怖い〜

でも、まぁなんとかなるだろ〜ってことで、STRAVAの記録は止めずに、丸山林道に上り始めました。この時点で16時半
丸山林道は、途中の木の子茶屋くらいから上ったことはあるんですが、横瀬側から上るのは初めてです。
なので、距離感が掴めていません。まーせいぜい6kmくらいだろ?遅くとも17時半よりも前に大野峠に着けるかな?なんて思ってたんですが、甘かった、、、

木の子茶屋の分岐まででも4km以上あって、そこから県民の森のピークまでも5kmくらいありました。トータル10km弱で、平均勾配が6.4%、最大勾配が10%くらい
やはり長いしキツいですねー

ま、もうすでに脚は終わってるので、タラタラ上るしかありません。でも、日がどんどん傾いていくので焦りますね
疲れたので途中で写真休憩と思ったんですが、バッテリー残量不足でカメラが起動せず、、、
結局、横瀬の棚田が最後の写真。
なので、このあとは文章のみになります。ってのもアレなんで、城峯山のサクラの写真を入れていきます。

いよいよマズぃなぁ〜と思いつつ、キリがいいところってことで、野外活動センターの分岐まで行ってから考えよう、と先を急ぎます。いや、急げませんが、、、
で、なんとか分岐に到着し、STRAVAのログをアップ
バッテリーの残量は4%、、、風前の灯
20140419_sakura1.jpg
(写真は、秩父華厳の滝の近く)

そこから県民の森の駐車場までは近いし、勾配も緩くなるので、もう上りは終わったも同然。
結局、到着したのは17時40分を過ぎてました。
残量3%なので、短く到着ツイート
ここでは、さっきのセブンで買っておいた玄米ブランとゼリーを補給。

18時前にウィンブレを着てライトを点灯し、再スタート。
大野峠で奥武蔵GLに入り、刈場坂峠〜飯盛峠と下り基調を走ります。

しかし、寒いっ!
しかも、霧雨っ!
日も暮れたっ!!

いきなりの三重苦です。
夜になるのは覚悟してましたが、まさかの雨と気温低下です。
雨が本降りにならないことを祈りましたよー
でも、午前中は暑くて失敗したかな?と思っていたアウターですが、いやー着てきて大正解でした。なかったら相当ヤヴぁい状態になってましたね
20140419_sakura2.jpg
(写真は昼間の城峯山山頂)

しかし、手は指切りグローブなので、指先が冷えて痺れて感覚がなくなってきます。
こうなると下り基調ってのも辛いですねぇ、脚を使わないので身体がどんどん冷えてきますし、スピードが乗っちゃうから常にブレーキをかけないといけないし、暗いから路面に気を付けないと段差や石でパンクや落車のリスクが高まります。

なので、特にグレーチングの手前では超減速して徐行で通過します。
この状況では、油圧ディスクブレーキで良かったっ!と実感しました。
いや、指の感覚がなくっても軽い引きで強い制動力が得られますから、ホント楽。
霧雨で湿っても制動力が落ちないから安心です。とっても助かりましたー

で、高山不動辺りまできて、上りがあるところは身体を温めるためにダンシングでグイグイ上ります。
が、すぐに下りでまた冷えちゃいますから、基本寒いままでした。
なんとか顔振峠まで下りてきて、あとは林道で東吾野に一気に下りR299に出ました。
フぅ〜〜、無事に人里まで下りてこられました。
20140419_jomine8.jpg

ここからは、予定では天覚山を越えて山王峠を越えて帰るつもりでしたが、真っ暗な山に上るのはいかがなものか?ということで、R299で飯能から帰ることにしました。
R299を少し走ったサンクスで休憩。19時過ぎでした。
ホットカフェオレと玄米ブランの残りを補給。

ここでスマホのバッテリーが1%になってました。
奥さんから「どこ?」てだけのメールが入ってたので、「あと2時間」とだけ返し、「東吾野」とだけツイートしたら、スマホが落ちました。お疲れさん

そこからは、いつものように金子駅近くを通ってK179で帰りましたが、途中で雨が強くなってきました。
うーん、あと1時間、いや30分持ってくれ〜っ!と叫びますが、どんどん本降りに、、、
でも、ウチに着くまでタイヤからの跳ね上げが多くならない程度で済んだのが不幸中の幸い。自転車やウィンブレの背中はたいして汚れずに済みました。

帰宅が21時ちょうど、15時間の旅でした。

この日の走行ルート
20140419_root.jpg

この日(2014.04.19)の走行記録(再掲)
走行距離:201.77km
走行時間:11時間46分
平均速度:17.1km/h
最高速度:51.5km/h
獲得標高:4130m(ルートラボより)

以上、4/19の「奥武蔵〜奥秩父200km&4000mライド」の走行レポートでした。
いやー、それにしても厳しかったです。脚の売り切れ方がハンパなかったです。
でも、多少は追い込み練になったかな?200kmで2%も体感することができたし

今回は、まぁ休憩多めとはいえ、15時間もかかってしまったのですが、
このルート、もう一度走ってみるつもりです。リベンジってわけじゃなく
次は、13.5時間を切れるようにがんばりますっ!
どなたか、仮想山岳ブルベにご一緒しませんか?5月末か6月初の予定

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

何故?:奥武蔵〜奥秩父は毎回ハードになる(中編)

こんばんわー
今日帰ってくると、届いていました。
20140421_medal316.jpg
「BRM316青葉200km富士みち」のブルベカードとメダルです。

いやー、なんといっても初ブルベのメダルですから、感慨深いものがありますねー
当日使ったキューシート、地図、もらったレシートと一緒に取っておきます。

さて、昨日行われたアムステル・ゴールドレース、ユキヤ頑張りました、10位ですっ!
いやー、ワールドツアーのワンデークラシックで10位ってのは凄いことですよーっ!

最後まで先頭集団に残るだけでも尋常じゃない厳しいレースで、その集団からさらに最後の勝負に絡んでいくってのは、並大抵の力では不可能ですからねー

その意味では、ステージレースとは厳しさが数段ちがいますね。ステージで逃げに乗って逃げ切り2位や3位になったり、集団スプリントでシングルフィニッシュ、等の場合は、他に本気の選手が数名しかいませんから、運が良ければ可能性があります。ま、ステージ優勝となると、それはまた別ですが

春のクラシックは、トップクラスのクラシックレーサー(優勝したジルベールのような)が本気で勝ちにきている大会ですから、あの位置で最後のカウベルグに突入できたってだけで、トップクラスに並ぶ力があることが証明されました。

ま、チーム内での序列やレース展開も大きく影響するんで、絶対的な力というのは分かりにくいんですがね
ともかく、リエージュ・バストーニュ・リエージュにも出場するので、また魅せて欲しいと期待しています〜っ!

------------------------

さてさて、先週の土曜(4/19)に行ってきました「奥武蔵〜奥秩父200km&4000mライド」の走行レポートです。
昨日の前編では、白石峠の上り口に到着したところまで書きました。

では、白石峠にアタックっ!しません。
まだまだ長いライドの序盤ですから、脚を使い切るような走り方は控えないといけません。
ただ、ライドの目的の1つである「追い込み」がありますから、それなりの負荷はかけないといけません。
なので、まぁ「それなり」の心肺が90%を超えないくらいの感じで上ります。あくまで感覚です。

でも、脚が重くなってきますねぇ、心肺よりも先に脚がタレできました。汗が吹き出しますー
途中で写真撮影を口実に休憩〜
20140419_siraisi2.jpg

終盤の緩斜区間も「それなり」な感じでゴール!
TTではないので特にラップは測りませんでしたが、後からSTRAVAのログを確認すると、ベストから1割落ちだったので、まぁまぁかな?停車時間をSTRAVAがどう測ってるのかは知りませんが
20140419_siraisi3.jpg

そこでAmino Vitalの青ゼリーを補給し、ウィンブレを羽織ってとっとと下ります。

定峰側は路肩に雪が残っているところもありますが、路面には問題なく、普通に走行できますねー
定峰峠の茶屋をノンストップで通過し、そのままK11を秩父市側に下ります。ここも路面に問題なし。
ダぁ〜っと下ってきて八坂神社前を右折し、少し走って美の山の上り口に到着。そのまま上り始めます。

ここは、勾配が緩く距離も短いと思ってたんで、ウィンブレを着たまま上ったんですが、意外に距離があって、後半は暑くてタレました。脚もますます重ダルくなってきました。
頂上の美の山公園に到着〜
20140419_minoyama1.jpg

さくら祭をやってましたが、桜の花はほぼ散ってました。
ゆるキャラ?
20140419_minoyama2.jpg

そこの屋台で何か補給しようかと思いましたが、目ぼしいものがなく、下山することにしました。
皆野側に下り、セーブオンで昼食休憩。ちょうど12時でした。
20140419_lunch.jpg
ここでは、おにぎりとタルタルフィッシュドッグ、野菜ジュースを補給し、さらにホットコーヒーと持参した羊羮を補給。
セーブオンのコーヒーは美味いですねー。

で、ゆっくり休憩して12時半に再スタート。
荒川を渡ってK44、K284で秩父華厳の滝、城峯山方面に走ります。
徐々に道が細くなり勾配が上がってきますが、この区間はそれほど厳しい上りではありません。
でも、やはり脚がキツいし、ケツ筋も痛くなってきました。
なので、途中で写真撮影。
20140419_jomine1.jpg

まぁ満開は過ぎてますが、まだまだ綺麗でしたよー
20140419_jomine2.jpg

その後、「天空のちまき」で一旦ピークがあり、少し下ったところに城峯山山頂への分岐があります。
ここで休憩。
20140419_jomine3.jpg

ここから山頂までの林道は、下ったことはありますが(昨年4/20)、上るのは初めてです。下ったときの印象は、勾配がキツいし、路面が荒れてるしで、厳しい坂だなぁ〜ってことでした。
地図ロイドで距離と標高差を見てみると、距離5kmで500m上るとのこと。平均勾配10%ってことです。

うーん、やっぱ厳しいですねー、脚が動くかなぁ?ここから龍勢側に下ることもできるよなぁ〜、と弱気になります
が、ここまで来て山頂に上らずに帰るんじゃ意味がない、アベ5km/hでも1時間の辛抱、先週の富士山スカイラインよりも短いし、、、と思い直し、気合いを入れて再スタート。

いやー、でもキツい。路面も荒れまくってます。パンクしないようにライン取りに気を使います。昨年は、下りでデビさんがパンクしてますしねー
息は余裕だけど脚が回りません。速度もせいぜい6km/h台が精一杯です。
ま、でも、終わりのない坂はありませんから、我慢して上れば着きます。
20140419_jomine5.jpg

20140419_jomine4.jpg

標識のところよりも少しだけ高くなってる道路のピーク地点で休憩
20140419_jomine6.jpg
ご褒美のスニッカーズを補給。

この時点で走行距離が105kmくらいでまだ半分ちょっとしかきてません。
時間はすでに14時20分、8時間以上かかってます。超スローペースです、、、

っと、今日も長くなりました。
一応、この日のチーマ・コッピに到着したということで、ここで切らせてもらいます。
以降、帰宅までの様子は、後編で書きたいと思います。
よろしくお願いします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

何故?:奥武蔵〜奥秩父は毎回ハードになる(前編)

こんばんわー
今日は、アムステル・ゴールドレースですねー
ユキヤとフミも出るので応援しますよーっ!楽しみですっ!!
あ、先日の記事でフレーシュ・ワロンヌと書きましたが、そっちは水曜(4/23)でしたね

今日は、ノーライドです。
昨日のダメージで身体がおかしい、、、カクカクしてます。
朝は7時に起きましたが、グダグダしてから散髪に行きサッパリしてきました。
と、有線放送でビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」が流れました。
いやー、いいですねー

散髪から帰ってきてから買い物に行き、ついでにツタヤに寄って買いました。
20140420_piano-man.jpg
娘へのプレゼントです。英語の表現力を鍛えなさい、とね

ビリージョエルは、中高の頃に聴きまくりましたねー
特に「イノセント・マン」のアルバム(もちろんLP)は、すり切れるくらい
今、娘が聴くとどういう感想を持つんですかね?
コンピレーションアルバムもポチって聴かせてみるかな

で、買い物から帰ってきてから、自転車部屋の建築作業です。
ホームセンターで合板3枚と2×4材を買ってきました。
家の外壁側に自転車部屋の内壁3面を作りました。
20140420_room.jpg

まだ固定はしていませんが、家の外壁にはビス打ちせずに、3面の合板で支え合うようにして、あとは棚を架け渡して収納にしようと思っています。
これで、部屋の中の足下が決まったので、いよいよ本当に床の施工に移ることができます。

前置きが長くなりました
昨日行ってきた「奥武蔵〜奥秩父ライド」の報告にいきますー

でも、ライドレポートの前に、この奥武蔵〜奥秩父のルート、てかエリア?ですが、何故か毎回厳しい、あるいは過酷なライドとなってしまいます。
特に、城峯山が絡むとキツくなるという、、、

1回目は、昨年の3月(3/2)のこちらのライド
このときは、プチデビルさんぽじさんsepaさん、私の4人で行きましたが、白石〜定峰のアイスバーンに苦しめられ、城峯山も最後の区間が積雪、凍結のために上れず断念して戻ってきました。

2回目は、1回目に断念した城峯山のリベンジとして、翌4月(4/20)に行ったこちらのライド
このときは、デビさん、ぽじさん、24WEさん、私の4人でした。
城峯山のリベンジはできましたが、帰路は急激な温度低下と雨で大変な思いをして帰ってきた記憶に残る過酷なライドでした。

その後、単独で城峰山の途中まで行ったことはありますが、山頂まで上るのは一年ぶり
いや、厳しいことは分かっているんですが、今回のルート設定は、何個かの理由があってのことです。
1つ目は、2月の大雪以来、てか昨年12月に定峰峠に上って以来、行ってなかった奥武蔵と秩父の山の路面状況を確認することです。

2つ目は、今月初めの記事(こちら)に書きましたが、4月は追い込み月間ということで、高負荷の坂を上って脚を作るということです。そのため、勾配のキツい坂を3つ取り入れたルートにして、獲得標高も高めに設定しました。

3つ目は、内緒ですが、、、8月のブルベ(つくば)を想定しました。
距離200kmで2%の獲得標高がどの程度のものか?どのくらいのペースで走れるのか?というのを体験してみようということです。
結果的には、ブルベペースで走ることができず「非常に厳しい」という感想しかなかったんですが、厳しさが体感できただけでも得るものがあったかな?と
それを踏まえて準備したいと思います。

では、昨日の走行に戻ります。
朝は5時に起き、天気を確認してから6時に出発。
20140419_fire.jpg
ファイア号で出陣

いつものように所沢〜入間を抜け、日高に入り、ローソンで休憩。
20140419_cafe1.jpg
こっち見んな
ローソンコーヒーを購入し、NumberBANANAを補給。
やはりコーヒーは、セブンが断然美味いですね

その後、高麗川駅前から高麗神社方面に行き山側を走ります。
高麗川CC、さいたまGCを抜けエーデルワイスGCを越え、毛呂から桂木山に上ります。
この日のファイア号は、ブレーキも変速も好調だったのですが、桂木山でローに入れるとセカンドに落ちます。アジャスターボルトを締めすぎたかな?と思いつつ、セカンドで桂木観音まで上りました。
20140419_katuragi.jpg
霞んでますねー

そこで、ボルトを1/4回転くらい緩めてから再スタート
黒山側に下り、越生方面に行って、梅林から梨花CCを目指します。
この頃(8時過ぎ)になると日射しが暖かくなってきました。
気分が良いので、大クス(上谷の大クス :かみやつのおおくす)を見に行ってみることにしました。

大附のコンクリート激坂に上る手前から大クス方面に行くつもりがミスコース
真っ直ぐに行ってしまい行き止まりに、、、引き返して大附から右(越生から来たら左)に曲がり少し上ります。
っと、山の中から犬の鳴き声がして、少し行くとオレンジ色の反射ベストを着た人が
ランドヌール?ではありません。ハンターです。
猟銃を手に道路越しに山の方を見ています。

マズいところに来ちゃったなぁ、、、と思いつつ、近づいていって小声で「猟ですか?」と聞くと、指を唇に当てて「シー」のポーズ
すぐ近くで犬の鳴き声がしますから、追い込んで来ているのでしょうか?
いやー、イノシシに突進されても困るし、犬に追いかけられるのもイヤだし、散弾銃で蜂の巣にされるのはもっとイヤですから、とっととその場を離れます。

そこから大クスはすぐでした。
20140419_ookusu2.jpg

歩いて少し上ると
20140419_ookusu1.jpg
デカイですねー

ってことで、道草をして時間を使っちゃいました。
犬の鳴き声が遠ざかったので、大附側に戻ってコンクリート激坂を上り、梨花CCを越えて西平に下り、宿の交差点を左折して白石峠の上り口を目指します。
この区間は、いつもは白石峠に上る前のアップということで追い込んで心拍を上げるんですが、昨日は、それまでに結構な坂を上ってきたので、のんびり行きました。

白石峠の上り口に到着
20140419_siraisi1.jpg
この時点で9時40分、ウィンブレを脱いで、白石峠アタックですっ!

っと、アムステル・ゴールドレースが始まったので、今日はここまでっ!
続きは明日以降にアップします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:奥武蔵〜奥秩父ライド200km&4100m

こんばんわー
今日は、昨日予告したライドに行ってきました。
疲れました。とても、、、

詳しいレポートは、追ってアップしますが、とりあえず速報です。

今朝は5時に起き、天気と路面を見て、行けるっと判断し、6時に出発。
昨日の記事でアップしたルートに従い、奥武蔵の白石峠、秩父の美の山、奥秩父の城峯山、奥武蔵の丸山林道を上りました。
ただ、思いのほか時間が掛かってしまい、奥武蔵GLから下りた後はR299で飯能を抜けて帰ってきました。
帰宅21時、15時間の旅でした。

↓こんなルートを走りました。
20140419_root.jpg

本日(2014.04.19)の走行記録
走行距離:201.77km
走行時間:11時間46分
平均速度:17.1km/h
最高速度:51.5km/h
獲得標高:4130m(ルートラボより)

以上、今日のライドの速報でした。
しかし、疲れました。いやー、序盤から脚が重くてダルくて、タラっタラでした。
平均速度を見てもらえば分かるように、もうこれ以上ないくらいゆっくりしか上れませんでした。

さらに、帰路の丸山林道で大野峠まで上ったのが18時前で、奥武蔵GLは夜間走行に
その頃から霧雨が降り始め、寒い寒い、、、暗いし寒いし、パンクは怖いし、、、
そして、GLから下りたところでスマホのバッテリー切れ、、、
帰宅するまでの1時間で雨が本降りに、、、

なんか後半にいろんなことが起きて疲れが倍増しました。
ま、ペースが遅かった私のせいなんですけどねー
もっと早く走っていれば、全て回避できたことです。

でもまー、トラブルなく無事に帰って来られたので、良しとしましょー!
そんな走行レポートは、明日以降にアップしますので、よろしくお願いします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:今週末は秩父の確認に行かねばっ

こんばんわー
今日は、雨がパラついて寒い一日でしたねー
夜中に最高気温18℃を記録してからずーっと下がり続けて、夕方で9℃とか、、、
昨日が暖かかっただけに余計に寒く感じます。
週末も寒いみたいですねー

さて、そんな天気がイマイチはっきりしない今週末ですが、ガッツリ山岳ライドに行きたいと考えています。
場所は、奥武蔵〜秩父を考えています。

いやー、しばらく行ってない、てか行ったけど雪に阻まれてちゃんと走れなかったですからねー
でも、大雪の影響もさすがにもう解消したんじゃないか?というのを確認しに行ってみようってことです。

こんな↓ルートを引いてみました。
20140417_jomine-root.jpg
全行程の走行距離が約200km、獲得標高が4000m超になります。

ルートとしては、
所沢〜入間を抜け、高麗川から山側を回って毛呂山から桂木山を越え、越生から梨花CCを越えてときがわへ
白石峠に上り、定峰から秩父に下り、美の山を越えて皆野へ
皆野から秩父華厳の滝を通って城峯山に上り、龍勢側に下って秩父市街へ
横瀬から林道丸山線を大野峠まで上り、奥武蔵GLを顔振峠まで走って東吾野に下り、天覚山を越えて飯能から帰ってくるというものです。

大きな峠は3つ、白石峠、城峯山、大野峠(丸山線)ですが、それ以外にも細かい峠やアップダウンがあるので、獲得標高が4000mになっちゃいました。
いや、城峯山が上れれば、このエリアの雪はもう大丈夫、という判断基準になるかな?って

ただ、雪や凍結以外にも、木の枝や落石、砂利など、道路状況がどうなっているか多少(だいぶ)不安ですが、ま、その辺は臨機応変にってことで、とにかく行ってみようと思っています。

距離も200kmありますから、所要時間を少なくとも12時間と考えると、出発はできるだけ早くしたいところ
でも、明朝だとすると、今夜の雨の影響が残りそうだし、何より寒そうなので、早くても6時出発かな?
日曜だと、5時には出発して早めに戻ってきたいですね。だって夜にはフレーシュ・ワロンヌがありますからー

てことで、とりあえず明日は5時に起きて、外の様子と天気予報を確認し、その時点でどうするかを決めたいと思います。
ま、とにかく出発しちゃうってのもありなんですけどねー
でも寒いよなぁ、、、雨もだけど、今さらこの寒さはちょっと、、、

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

雄大:自走で行く富士山一周281kmの旅(後編)

こんばんわー
明日は雨みたいですね
土曜の降水確率も40%に上がってます。でも、日曜の雨マークが消えた?
今週末はガッツリ走りたいので、なんとかお願いしますー

あ、すっかり書くのを忘れてました。
この前の日曜は、パリ〜ルーべでしたねー
テルプストラが優勝しました。デゲンコルブが二位でカンチェが三位と

テルプストラのアタックに誰も反応できなかったですね。その原因として、私は、デゲンコルブの存在が大きかったと考えているんですが、、、
ま、カンチェは残念でしたが、スペシャユーザーのOPQSが勝ったので良しとしておきましょう。

さて、一昨日、昨日に続いて「富士山一周ライド」の走行レポート最終回です。
このライドは、先週の土曜日(4/12)に行ってきたものです。

昨日の中編では、富士山スカイラインを富士宮まで下り、昼食に「富士宮焼きそば」を食べたところまでを書きました。
この時点で14時半(10時間半経過)、走行距離が140kmちょっとですが、まだ全行程の半分まできたにすぎません。
このペースでいくと帰宅が深夜になり、ヘタしたら日を跨ぐこともあり得る?ってことで、ペースアップを図らないといけません。

では、再スタートです。
すぐ近くにある白糸の滝に向かいK71との交差点にあるファミマにいきなりピットイン。
いや、食後のコーヒーが飲みたくなったんです〜
あと、この先はしばらく上りが続くので、一本満足も補給。焼きそば&焼おにぎり2個だと少し足りませんでした。

で、15時に再スタート。白糸の滝を観光してる余裕はありませんから、K71を朝霧高原方面に向かって上り始めます。
ここの上りもダラダラ長いですねー

距離が16kmほどで、平均勾配が4%程度ですが、高原というだけあって大きくうねったアップダウンがあります。
ま、淡々と上り続けるしかないんですが、この頃になるとリアの変速不調がさらに酷くなってきました。
もーガチャガチャガチャガチャうるさくて、勝手に上がったり下がったり、、、とってもストレスフル

で、長い直線を上っているときにローに変速しようとすると、
ガチャガチャガガっ!!って、、、
内側にチェーン落ち、、、あぁ〜〜
指は真っ黒になるし、まだまだ上りは続くし、、、心が折れました

なので、停まって写真撮影
20140412_asagiri2.jpg
西側から見た富士山です。

20140412_asagiri1.jpg
牛は置物です。あ、本物の牛もいましたよー

気を取り直して再スタート。
できるだけローは使わないようにして走ります。
しかし、長い、、、10kmくらい上った辺りから、まだ終わらないのかぁ〜?もぉ終わりだろぉ〜?終わってよぉ〜!ってブツブツ文句が止まりません。
いや、時計回りにルート変更したのもあって、全く登坂距離を把握してませんでした。
アップダウンがあるので、何度もピークが見えるんですが、それを越えたらまた上りが出てくる、の繰り返しは精神的に堪えます。

で、やっとピークらしき場所を過ぎて下り基調になり、ホっとしたらすぐにR139の鳴沢に出ました。ご褒美の下りはあっという間でした、、、
富士吉田方面に右折し、少し走るとローソン発見!
このローソン鳴沢店は、BRM316青葉200km富士みちのPC2(折り返し地点)です。
補給休憩を取ります。この時点で16時20分
20140412_cafe4.jpg
カフェオレとパンケーキを補給。こっち見んな!EXILE

着いてすぐは富士山に雲がかかってたんですが、休憩してる間に流れていきました。
20140412_narusawa.jpg
頑張った私への女神様からのご褒美ですかねー

ここからは、BRM316と(途中からはBRM329とも)ほぼ同じルートで帰ります。
16時40分くらいに再スタートし、R139で山中湖を目指します。

最初は緩い下りで、富士吉田からは上りに変わりますが、一月の間に3回目ですから、その上りにも慣れました。なので、楽な感じで上って、山中湖に到着〜っ!
20140412_yamanakako5.jpg

これで、「富士山一周100km」に関しては完遂ですっ!!
この時点で17時15分くらい。10時半過ぎにスタートしたので、6時間45分くらいで一周できました。アベレージは、14.8km/h、、、遅っ
まーでも、「自転車で富士山を一周したっ」ていう満足感はありましたよーっ!

一周の距離が100kmというのは丁度いい感じですね
獲得標高が1900m弱で2%ありませんから、負荷も高すぎません
半日ちょっとの山岳ポタリングには良いルートなんじゃないでしょうか?

ただし、東京から自走で行くのは、あまりお勧めしません。
はい、山中湖には着きましたが、まだウチまで90km残っています。
しかも、すでに17時半ですから、この後、日が暮れて夜間走行になります。

ここで、STRAVAのログを停止しますが、スマホのバッテリーが残り十数%に減っています。
予備バッテリを持ってきていませんから、切れたらそれまでです。

てことで、とっとと再スタートしてウチを目指すことにします。
この日は山中湖の北側ではなく、南側を走ることにしました。北側には少しアップダウンがありますからね
で、平野の交差点を右折して道志みちに入り、山伏峠に上ります。
20140412_yamabusi2.jpg
山伏トンネルに到着。18時ちょうどでした。
BRM329のときと時間はあまり変わらなかったんですが、あのときはすでに真っ暗でした。二週間で日が長くなったことが実感できます。

あとは、道志みちの下り基調をダぁ〜っと走りますが、途中で日が暮れました。
青根辺りのアップダウンでは、真っ暗なので、リアのギアが何速に入っているか目視で確認できません。
相変わらず変速の調子が悪く、またチェーン落ちするといやなので、ローには落とさないように2速以上で走りました。
で、アップダウンをこなして、青野原のセブンに到着。19時過ぎでした。

ここでは、何を補給したっけ?忘れました。
セブンコーヒーとパンだったと思うのですが、、、
スマホのバッテリーが少なくてカメラが起動せず写真を撮れませんでした。

で、19時半くらいに再スタートして、残りはノンストップで帰ります。
津久井湖の脇を通って、橋本を通過し、R16から野猿街道に入り、聖蹟桜ヶ丘から関戸橋を渡って、府中街道で帰ってきました。
帰宅22時ちょうど、18時間の旅でした。

この日の走行ルート
20140412_fuji-root2.jpg

20140412_Fuji-root1.jpg

この日(2014.04.12)の走行記録(再掲)
走行距離:281.52km
走行時間:13時間59分
平均速度:20.1km/h
最高速度:61.0km/h
獲得標高:3920m(ルートラボより)

以上、4/12の「富士山一周自走往復281kmライド」の走行レポートでした。
いやー、時間も距離も上りも長くて疲れました。
しかし、気候・天候に恵まれ、富士山の雄大な景色を堪能することができ、大満足のライドとなりました。

富士山一周は良いですよっ!皆さんも是非っ!
私は、次は富士五湖を巡る大周回を走ってみたいと思います。
初夏の頃がいいかな?でも、自走往復はキツいので、車載で行こうと思います。
あと、グランドスラムも必ずチャレンジしたいと思いますーっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

雄大:自走で行く富士山一周281kmの旅(中編)

こんばんわー
今日は暖かかったですねー
仕事帰りにいつものように駅まで歩いたら汗ばみました。

あ、今日4/16は、私達夫婦の結婚記念日でした。20年になります。
何婚式か調べてみたら「磁器婚式」とな?なんじゃそりゃ?金属じゃないし
なんか価値なさそうなので、イベントもなしですwww
でも、娘からチョコレートのプレゼントを貰いました。ええ子や

さて、昨日の記事に引き続き「富士山一周ライド」の走行レポートです。
先週の土曜日(4/12)に単独で走りに行ってきました。
前編では、山中湖の明神前セブンに到着したところまでを書きました。
20140412_yamanakako4.jpg

この時点で10時20分(6時間15分経過)、走行距離90km。
相当ゆっくりペースです。
ま、休憩多めで朝食も摂ったし、ブレーキを引きずってたし、そんなもんですかねー
セブンで補給を摂りながらこの先のルートを考えます。

いや、富士山一周ってことは決まっているし、最も内側の小周回コースってことも決めてました。
考えたのは、どっち回りに回るか?です。
事前の計画段階では、反時計回りの↓こちらが想定ルート(富士吉田起点)
20140408_fuji-s-root.jpg

しかし、いざ富士山を目の前に拝む場所までくると気が変わりました。
時計回りの↓こちらが実走ルートです。
20140412_Fuji-root1.jpg

時計回りにした理由は、太陽と同じ方向に回ればずーっと日が当たった富士山が見られる、ということです。
っと、それは表向きの理由。

ホントの理由は、想定ルートの方が上りがキツそうに見えたから〜
(↑高低図を見比べてみてください)
いやぁ、富士山スカイラインの富士宮側はどうみても長そうだし、その後に籠坂峠を上るのもキツそう
しかも、その二つの長い坂が後半に出てくることになります。ヘタしたら夕方、薄暗くなり始めてから籠坂峠に上るのは嫌だなぁ〜っと

一方、時計回りだったら、籠坂峠は上らなくて済むし、富士山スカイラインも御殿場側の方が短そうだし、西側(朝霧高原)の勾配は緩そうだし、ってことで、こっちに決めました。

では、再スタートです。10時40分くらい
籠坂峠までは、明神前の交差点から裏道?を通って上ります。国道(R138)は車の通行量が多いし、明神前からだいぶ東に戻らないといけませんからね
裏道は、別荘地の林の中を抜けていく気持ちの良い道で、勾配が緩く車もあまり通りません。

ま、距離が短いのですぐに籠坂峠に到着〜
20140412_kagosaka.jpg

写真だけ撮って、ウィンブレを羽織り、R138のダウンヒル開始です。
ここは、勾配がキツくないのでそれほどスピードが乗りませんが、ま、路面がそんなに良くない所もあるので、ほどほどの感じで下ります。
ワインディング区間が終わると、須走です。

須走といえば、あざみラインの上り口ですねー
見に行ってみましょ〜ってことで、道の駅の横を抜けたらすぐにありました。
20140412_azami.jpg
冬期閉鎖で通行止めになっています。4月下旬のGWから閉鎖解除になって上れるようになります。

「待ってろっ!あざみぃ〜っ!制覇してやるからなぁ〜っ!!」
っと捨て台詞を残して御殿場側に下ります。

自衛隊の御殿場駐屯地を通り過ぎて下りますが、御殿場までは行かず、途中で「→富士山スカイライン」の標識がある水土野交差点を右折します。
多分これが最も内側を周回するルートだと思います。ここよりも富士山側は自衛隊の演習場ですから、無理に突破を試みない方がいいですね

あ、御殿場駐屯地は、24年前に新入社員研修できました。ちょうどこの季節でしたねー
一泊二日の研修だったのですが、走らされたり、穴(塹壕)掘らされたり、寒い体育館みたいな場所で毛布2枚だけで寝させれたり、芦ノ湖まで歩かされたり(行軍)、しかも真新しい編み上げの安全靴で靴擦れができたり、見に来た副社長の前で行進(観閲式?)させられたり、、、

いや、今となっては良い思い出です。
てか、今、もう一度やってみたら、楽しめるんじゃないか?と思います。誰か一緒に体験入隊ツアー行きませんか?(そんなのあるかどうか知らないけどwww)

話が逸れました。
で、綺麗に咲いている桜なんかを横目に見ながら、富士山スカイラインに出ました。ここからは、ひたすら一本道です。
右手に自衛隊、左手に海兵隊の敷地を見ながら、緩い上り坂が真っ直ぐ富士山に向かって続いています。
20140412_skyline1.jpg

何キロあるんだっけ?と思いつつも、あまり先のことは考えないようにして、淡々とペダルを回していきます。
この辺は自衛隊の演習場になっていて、林の中を抜けていくような道なので、木に隠れて富士山が見えにくくなります。山頂に近づき過ぎってのもあるんでしょうけどね

この富士山スカイライン御殿場側は、上り距離が約15km、平均勾配が5.4%ですが、ピーク前に御殿場登山口で一度平坦〜下りが出てくるので、そこまでの平均勾配は7%程度あります。
勾配はそこそこなんですが、とにかく距離が長いです。景色が開ける場所もないので飽きますし、撮影ポイントがないと、理由を付けて停まることができません。

また、先日のメンテ記事でも書きましたが、リアの変速の調子が悪かったんです。
何速に入れてもチャリチャリ音が鳴るし、変速の度にガチャガチャいってなかなか入らないし、入ったと思ったら戻ったり、、、特に2速〜3速が酷い状態
なので、ほとんどインナー×ロー固定で上りました。

で、途中の御殿場登山口に到着。
20140412_skyline2.jpg
少し休憩しようかとも思いましたが、何もないので写真だけ撮ってすぐに再スタート
そこからピーク(厳密にはピークじゃない)の富士宮登山口までは、それほど距離がないので、そこまで行っちゃいます。

で、ピーク手前の交差点を通過し
20140412_skyline3.jpg

その先すぐの水ケ塚公園に到着。標高1440m
20140412_skyline4.jpg

ここもピークではないけど、売店とかありそうなので休憩することにしました。
この時点で13時前(9時間弱経過)
とりあえず、ご褒美のソフトクリームです。
20140412_soft.jpg

この水ケ塚公園の駐車場は登山シーズンにはとても賑わうようですが、この日は閑散としていました。
休憩を終えて13時過ぎにウィンブレを羽織って再スタートです。
少し上ると富士宮登山口の交差点が出てきます。
20140412_skyline5.jpg
この辺りの標高が1460mで、この日のチーマ・コッピでした。
ここが富士山スカイラインのヒルクライム起点ですね。でも通行止めです。

さぁ〜ここからは超豪快ダウンヒルですよーっ!
下り距離約14km、平均勾配-6.6%を一気に下ります〜っ!
超ぉ〜気持ちいいぃぃ〜〜っ!!

いやぁ〜、最高のダウンヒルが楽しめますよーっ!
道は広いし整備が行き届いてます。
でも寒いぃ、、、アウター着てきて正解でした。

ヒゃっホ〜っ!と富士宮まで下りてきたら、市街に入る前に朝霧高原方面(K72)に右折します。
曲がってすぐにサクラが満開の公園?がありました。
20140412_fujinomiya.jpg

すでに13時半を過ぎたので、そろそろ昼ご飯にしようということで、
富士宮といえば、当然、富士宮焼きそばの店を探します。
R139との交差点まできたところで、前方に「富士宮焼きそば」幟旗が見えました。
ってことで、他を探しまわって時間を使いたくないので、その店にイン。
20140412_yakisoba.jpg
富士宮焼きそばと焼きおにぎりのセットをいただきました。

いや、単独ライドで店に入って食事を摂ったのは、実は初めてです。
なんかね、一人だと入りにくいってか面倒なのでコンビニで済ませますし、そもそもちゃんとした食事を摂ろうという気があまり起きないんですよねぇ〜

で、富士宮焼きそばは、もちもちのコシのある太麺にソース、鰹節、青のりが絡んで美味しかったですよ。焼きおにぎりも疲れた身体に醤油の塩分がいい感じでしたー
でも、もう少し量が多ければよかったかな?

この時点で14時半ですが、まだ周回コースの半分ちょっとしか来てませんから、先を急がないといけません。
とっとと店を出て再スタートすることにします。

っと、今日も長くなってしまいました。
今日の記事では周回コース部分を全部書くつもりだったんですが、、、
なんで書き切れなかったのかなぁ?

てことで、続きは後編に回したいと思います。
後編は、周回部分の残りと帰路を一気に書き上げるつもりです。
よろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

雄大:自走で行く富士山一周281kmの旅(前編)

こんばんわー
今週末の天気が気になりますねー
土曜は曇り30%ですが、日曜は雨っぽいです。
来週末の四連休(28は有休予定)は法事で帰省するため、ほとんど走れないから、4月は今週末が勝負なんですが、、、
なんとか回復して欲しいと思いますー

さて、先週の土曜日(4/12)は、「富士山一周ライド」に行ってきました。
この日は、天気が良くて風も弱く、気温も高すぎず爽やかな一日で、絶好のライド日和となりました。
空気が乾燥して澄んでたことで雲が少なく、ほぼ一日中、富士山の頂上を見ることができ、グルっと360°の景観を楽しむことができました。

この日の周回部分のルートです。
20140412_Fuji-root1.jpg
周回距離が約100km、獲得標高が1890mです。

では、当日のライドレポートいきますー
朝は3時半に起床し、すぐに準備開始。
ウェアを迷いましたが、朝はまだ肌寒いのと山の上の気候が分からないので、3月末のブルベと同じ格好で行くことにしました。暑いのはなんとかなっても、寒いとどうしょーもないですからねー
上は、長インナー、半袖ジャージ、薄アウター、ウィンブレで、下は、半レーパンとレッグウォーマーです。

で、朝ご飯は食べず、4時過ぎに出発です。
4時だとまだ真っ暗ですねー。当たり前ですが
とりあえず山中湖まではいつものルートってことで、ボぉ〜っとしたまま走り出したら、いきなりミスコースっ!
府中街道を南下するつもりが、国分寺に向かってました。

いや、どちらも大して変わらないのでロスはないのですが、頭が働いてないゾってことで、気合いを入れ直します。
で、東八道路でルートを修正し、関戸橋で多摩川を渡るときには、東の空が明るくなってきました。
20140412_tamagawa.jpg

そこから多摩ニュータウン通りを走りますが、お腹が減ってきたので、朝食休憩を取ることにして、セブンにイン。
20140412_sunrise.jpg
日が昇ってきました。

この時点で5時15分くらい、走行距離20km。ゆったりペースです。
セブンコーヒーとメンチカツパンを補給。
20140412_cafe1.jpg

しかし、このとき既にリアブレーキに違和感を感じていました。
前日にショップで調整してもらったのに、レバーがスコスコで、ハンドルに当たるくらいまで引かないと効きません
ショップの後にやったことといえば、一旦クイックを緩めて締め直したくらいしか思い付きません

ショップの調整ではエアが抜き切れてなかったんじゃ?と、他人を疑います。
いや、だってスコスコってことは、ピストンの突出量が小さくてパッドがディスクに当たってない、んじゃないか?と思いますよねぇ

ところが、油圧ブレーキだと機械式と違って、別の原因があったんですねー
原因は、あとから判明します。ただ、この時点で私の頭の中では、リアブレーキの効きが悪いから気を付けよう、という認識しかありませんでした。

で、5時半過ぎに再スタートして、多摩ニュータウン通りを西に走り、町田街道から橋本駅前を抜け、裏道からR413に入り、津久井湖の脇を通ります。
この辺りでアップダウンが始まると、なんか身体(脚)に重さを感じるようになりました。

三ヶ木から青山の交差点を曲がって道志みちに入ると、さらに重い、、、下りでスピードが乗らず上りはウンウン踏まないと進みません。
いや〜絶不調だわ〜、脚に疲れが残ってんのかなぁ〜
とか思いながら、青野原セブンにピットイン。

この時点で7時ちょうど(3時間経過)、走行距離が50km。うーん、ペース遅すぎ〜
ここでは、カフェオレとアンドーナツを補給。
20140412_cafe2.jpg

で、何気なくリアタイアを空転させてみると、半周も回らずに止まります、、、
ブレーキの中をよく見てみると、外側のパッドが完全に擦ってますょ〜
まぁなんということでしょう、、、そりゃぁ重いはずだわ〜

で、内側のパッドは、逆に完全に浮いてます。レバーを引ききってやっとディスクに当たるくらい
原因が分かりましたっ!

要は、対向する2つのパッド(ピストン)を1系統のオイルラインの油圧で動かすから、どちらか一方(内側)が遊ぶと、他方(外側)がディスクに当たってても、油圧が上がらずスコスコ状態になるんですねー
この辺の原理(アルキメデスですか?)が機械式とは決定的に違うところです。実地で学ぶことができました。

てことで、左右のパッドのクリアランスを調整するために、携帯工具でキャリパーのボルトを緩めて位置を調整。
20140412_brake.jpg

ブレーキレバーの引きも適正位置に戻りました。これでダウンヒルも安心です。
この作業は一昨日、昨日の記事に書いた通りですが、前日にショップで教えてもらっていたので、すんなりできました。助かりました。

で、再スタートです。
おぉ〜っ!軽いっ軽いゾ〜〜っ!
道志みちの上り区間が始まりますが、ペダルが軽くなったことで、気分よく軽快に上っていけますよー(スピードは大して上がりませんけど)

上り基調のアップダウンを越えて、道の駅「どうし」で休憩。
20140412_dousi.jpg
この時点で8時50分(5時間弱経過)、走行距離が80km弱。
ここでは、持参したAmino Vital青ゼリーだけ補給。

9時ちょうどに再スタートして、山伏峠に上り始めます。
うん、まだまだ元気。ホイールの回転が軽くなったのもあり、キツくなる前に山伏トンネルに到着〜
20140412_yamabusi1.jpg

膝の具合ですが、80kmを超え上りもこなしてきましたが、強い痛みは出ていません。
BRM329では、同じくらいの距離を走った柳沢峠の途中で膝関節全体が痛くなりましたが、その兆候はありません。
セクター号とファイア号のポジションの違いがあるとは思いますが、
ひょっとして↓これが効いたかな?
20140331_drug1.jpg
毎朝夕に飲んでますよー

そこから山中湖に下って北側のまりも通りを走ります。
10時前に山中湖畔に到着。
いやー、富士山ですよーっ!でっかいどーっ!!
20140412_yamanakako1.jpg

午前中、太陽の光を受けた富士山は綺麗ですねー
20140412_yamanakako2.jpg

でも、少し雲がかかってたので、切れるのを待ちつつ、ゆっくり移動しながら撮影ポイントを探します。
やっと雲が切れました。
20140412_yamanakako3.jpg
やっぱ、富士山を見るとテンション上がりますねーっ!

そんなことでちょっと時間を使い、明神前のセブンに到着したのは10時20分(6時間15分経過)、走行距離90kmちょっとでした。
ここまでのアベレージ(グロス)は、14.4km/h
ブルベだったらタイムオーバーですねー
20140412_cafe3.jpg
セブンコーヒーとふんわりベーコンマヨロールを補給。

てことで、山中湖に到着しましたから、ここからは富士山周回コースに入ります。
その模様は次記事で報告したいと思います。続編もよろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

交換:スキュワー導入は軽量化目的じゃないよ

こんばんわー
今日は、筋肉痛でした。太腿がガチガチ、、、歩くのもぎこちない
あと、腰も痛重い、、、一昨日の富士山一周ライドのダメージですね
ま、超回復を期待することにしましょ〜〜っ!

さて、その「自走で行く富士山一周ライド」ですが、レポートは後回しにして
今日は荷物が届いたので、そちらの話を先にアップしたいと思います。
20140414_nimotu.jpg
指切りグローブ:GOLDWIN GWB-285
スキュワー:BBB ホイールフィックス スキュワー BQR-03

指切りグローブは、これまでGIROのを使ってましたが、300kmブルベ(BRM329)のときに手の平に痛みが出ました。
パッドがヘタってきているみたいなので、この際、替えることにしました。

スキュワーの方は、昨日の記事で書いたように、ファイア号のクイックリリーズの置き換えです。
ブレーキとギアの安定化のために導入することにしました。

先ずは、計量から
20140414_f-squr-w.jpg
スキュワーのフロントは、35g

20140414_r-squr-w.jpg
スキュワーのリアは、41g

で、RX-31に付属のクイック
20140414_f-quick-w.jpg
フロントは、59g

20140410_quick-w.jpg
リアは、64g

以上から、フロントは24g、リアは23gの軽量化
フロントタイヤ全体は1393g、リアタイヤ全体は1851gになりました。
ま、依然として重いことは変わらないですが、少しでも軽くなるのは気分いいですねー

てことで、早速ファイア号に取り付けてみました。
ま、タイヤを外してクイックを抜いて差し替えるだけなんで簡単です。

軸にグリスを塗って、4mmのヘキサレンチ(アーレンキー)で締め付けるだけです。
結構、キリキリって音がするくらいまで締め付けましたよー
リアです。
20140414_r-squr.jpg

フロントです。
20140414_f-squr.jpg
って、ちょっと分かりにくいですねー

で、またブレーキの調整です。
昨日と同じように台座のボルトを緩めて、パッドとディスクとの隙間を感覚で調整し、ボルトを締めて擦ってないことを確認して終了。
20140414_r-brak.jpg


次に、リアディレーラーの調整です。
昨日の記事では、ボルトを回して調整すると書きましたが、ウソ情報でした。
SHIMANOのマニュアルを読みましたが、Di2の調整方法は全く違ってました。
ちゃんと調べずに書いてスミマセン。昨日の記事も修正しておきます。


先ず、シフトを5速に入れてから、ジャンクションAのボタンを長押しして調整モードにして赤点灯になったら、
タイヤを回転させながらシフトダウン操作し、チェーンが4速のスプロケに触れるところまで動かす(微調整)
触れる位置が分かったら、そこから4回シフトアップ操作したところが適正位置ということです。

次に、ジャンクションAのボタンを長押しして調整モードから通常の変速モードに戻してから、調整ボルトをリンクに当るまで締め込みます。すなわち、上記の調整では、ボルトは緩めておくのがいいのかな?
ギアをローに変速して、ロー側のボルトを締めていき、リンクに当る位置(それ以上締めるとガイドプーリが外側に動く位置)まで締めます。
ギアをトップに変速して、トップ側のボルトを締めていき、リンクに当る位置(それ以上締めるとガイドプーリが内側に動く位置)まで締め、そこから1回転緩めます。

これでリアディレーラーの調整は終了。
変速してみると、うんっ良さそうです!

以上、今日はスキュワーが届いたことで、急遽パーツ交換と、ブレーキ、ディレーラーの調整をやりました。
これでピシっと決まってくれると嬉しいのですが、ま、調整方法が分かったことで、今後はスムーズに作業できるでしょう。
多少はメンテスキルが上がったかな?ってことで、満足々々

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

休養:身体バキバキにつきメンテと自転車部屋

こんばんわー
今日も良い天気でしたねー
いやー爽やかな気候で自転車には最高ですねー

さて、昨日の富士山一周ライドのレポートは明日以降にして、先に今日の出来事を記事にしたいと思います。

今日はノーライドでした。
いえね、昨日の富士山一周の疲労で起きたのが9時
身体中が痛い、、、バキバキに固まってますし、頭もボぉ〜っとしてます。
しばらく、ネットなどを徘徊してる間に10時を過ぎましたが、走りに行く気が起きませんでした。

なので、昨日帰ってきてからそのままにしていたファイア号のメンテをすることに
いや、昨日はリアブレーキをしばらく引きずって走ってましたし、変速がガチャガチャして決まりませんでした。
原因は、おそらくタイヤ交換した後のクイックの締め方にあるんですが、解決策が分からないまま昨日は走り切りました。

多分、フレームに対してハブが左にズレたことで、ブレーキが擦って、スプロケもズレたと思われるので、それを確認して調整する必要があります。
一方、クイック自体にも問題があるかもしれないので、とりあえずポチりました。
20140413_BBB-squer.jpg
ヘキサレンチで締め付けるスキュワーです。
クイックレリーズよりも安定して締め付けられるかな?と

では、メンテ開始です。
先ずは、チェーン掃除。ドロドロになってました。
スプロケやチェーンリング、下回りも掃除して、ざっと油汚れを除去。
20140413_fire2.jpg

それからリアタイヤを外し、スプロケをさらに掃除しました。
20140413_sproke.jpg
よく使うロー側5枚くらいが摩耗し始めてますねー
ロックボルトがちゃんと締まってることも確認しました。

その後、タイヤを取り付けてからリアディレーラーの調整です。
Di2ですが、基本は同じだろうということで、2本のボルトを締めたり緩めたり
20140413_r-gear.jpg
うーん、空転させるだけなら決まるようになりましたが、どうなんでしょ?
Di2の調整方法も勉強しないといけませんね〜
※4/14修正
Di2のディレーラー調整は、ボルトでは行いません。
詳しくは、シマノのマニュアルを参照してください。
こちらの記事にも書きましたので、よろしければご覧下さい。


ま、とりあえずディレーラーはそれくらいにして、次はブレーキの調整
昨日のライド途中でも調整したのですが、再度、落ち着いてやってみます。
20140413_brak1.jpg

台座に固定している上下2本のボルトを緩めて左右位置を調整します。
パッドとディスクの隙間は1mmもありませんから、ここは感覚頼りです。
20140413_brak2.jpg
ブレーキを握ってみて、左右どちらにもディスクが押されない位置で固定しました。

ま、多分大丈夫でしょう。
フロントも同じように調整しました。

その後、フレームを拭き掃除してメンテ終了。
スキュワーが届いたら、締め付けてから再度調整が必要になると思いますが、クイックのような不安定さがなくなることを期待しています。
ま、パンク修理などがちょっと面倒にはなりますが、走行に関わるディレーラーと安全に関わるブレーキの安定性を重視するってことでー

以上でファイア号のメンテナンス終了
20140413_fire1.jpg

この時点で14時過ぎ
そこで止まっちゃうともう動けなくなると思ったので、引き続き自転車部屋の建築作業をすることにしました。
久しぶりです。だいぶ間が開いちゃいました。

前回は、内壁の一部を切り出して合わせたところまでで中断していました。
今日は、もう一面の内壁と下地を切り出し、二面の内壁を固定しちゃいます。
20140413_room.jpg
作業終了が17時過ぎ
とりあえず、購入しておいた内壁用の合板を使い切ったので、次は床です。
やっとゴムシートの出番がきますよー

以上、今日はファイア号のメンテと建築作業でした。
でも、身体を動かしたことでバキバキだったのが多少ほぐれたかな?

さて、今日はこの後、パリ〜ルーベですよーっ!
カンチェのクラシック二連勝があり得るかっ?!
楽しみですー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:富士山一周&自走往復281km

こんばんわー
今日は、行ってきましたよーっ!富士山一周
いやー、良い天気で爽やかな一日で最高のライド日和でした。
しかし、疲れました。

今日は、↓こんなルートを走ってきました。
ルートラボではポイント数の制限で1つにできないので、山中湖までの往復部分と、山中湖を起点とした富士山一周部分とに分けました。

往復部分
20140412_fuji-root2.jpg
往路は、関戸橋から多摩ニュータウン通りで橋本を抜け、津久井湖から道志みちで山中湖
復路は、山中湖から道志みちを下り、津久井湖から橋本、野猿街道で聖蹟桜ヶ丘、関戸橋を渡って帰ってくるルートでした。

富士山一周部分
20140412_Fuji-root1.jpg
山中湖から籠坂峠を越えて須走に下り、御殿場手前で富士山スカイラインに入り、富士山スカイラインを上って富士宮に下り、白糸の滝からK71で鳴沢に抜け、R138で山中湖に戻ってくるルートです。

本日(2014.04.12)の走行記録
走行距離:281.52km
走行時間:13時間59分
平均速度:20.1km/h
最高速度:61.0km/h
獲得標高:3920m(ルートラボより)

以上、思いつきのように富士山一周に行ってきましたが、無事に完走することができました。
天気も最高で気持ち良く走ることができました。
が、やはり280kmは長かったです。ケツの皮がまた剥けました。
でも、膝痛は大したことがなかったのでよかったです。

詳しい走行レポートは追ってアップします。

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

有休:ファイア号とセクター号の乗り比べ

こんばんわー
今日は有休をとってお休みでした。
午前中は諸々の用事を済ませ、午後から走りに行ってきましたよー
いや実は、いろいろあって走り出しが遅れました。
その辺を含めて今日一日を振り返っていきます。

午前中、用事のついでに買い物に行き、さらに自転車店でチューブを購入しました。
ファイア号のタイヤをロード用25Cに替えたんですが、予備のチューブが23Cまで対応のものしかありませんでした。なので、25Cまで対応した予備チューブを購入。
20140411_tube.jpg
BRIDGE STONEのEXTENZA×2本です。

いや、たまには別メーカーのにしようかと思ったんですが、サイズが18〜25Cになってたので、汎用性があるかな?と
すぐに100均のジップ袋に入れて予備用にします。

で、明日の富士山一周はファイア号で行くつもりなので、ツールボックスの中身を入れ替えます。
20140411_toolbox1.jpg
さっきのチューブ2本の他に、衛生キットやライトのバッテリー等々を詰めました。

ツールボックスの重量も計ってみました。
20140411_toolbox2.jpg
うーん、やはり700g超ありますねー

そんなことを午前中に済ませ、昼ご飯を食べてからすぐに準備してファイア号で出発しようとしたのですが、ここで問題が
昨夜タイヤ交換したリアのブレーキディスクがパッドに擦っています。
うーん、取り付け方がマズかったかな?とクイックを緩めて取り付け直しますが、ダメ

そこで、やめときゃいいのに、ブレーキパッドを外してみることに
外してみれば何か分かるかな?っていう程度の軽い気持ちで外したんですが、何の解決にもならないまま再度取り付けようとしたら入りません、、、
ん?なんで?と、あちこち弄ったんですが、どうにもならず諦めてショップに持ち込むことにしました。

で、リアブレーキのパッドを外したままで、パッドを持ってショップまで走って行き、事情を説明して見てもらいました。
オイルが漏れてエアが噛んでる、とのこと、、、弄ったのがマズかったか
少し時間がかかるけど直してもらえるとのことで、お願いしました。

で、作業しながら油圧ブレーキのメンテ方法を教えてもらいました。
20140411_brak1.jpg

細かいことは書けませんが、あ、秘密とかそういうことじゃなくて、私が説明できないだけです。
ブレーキキャリパーのピストンの出入りを調整しながらエアを抜いていくのがコツらしいです。
20140411_brak2.jpg

あと、ブラケットのネジでブレーキの当り位置を調整する方法も教えてもらいました。
20140411_brak3.jpg
いやー勉強になりました。
さらに、初期点検扱いってことで工賃もタダにしてもらいました。
ありがとうございましたーっ!

ブレーキが直ったところで、改めて出発です。
っても、すでに15時近くになってますから遠くまでは行けません。
所沢からR463のバイパスを入間方面に走り、入間でR16に左折して南下し、K179を戻ってきて狭山湖に上りました。
20140411_sayamako.jpg

そこから多摩湖自転車道を反時計回りに走って多摩湖に
20140411_tamako.jpg

タイヤを25Cにしたことで変わったのは、
・漕ぎだしが軽いっ!ちょっとした坂もダンシングでグイグイ加速するっ!
・ハンドリングや取り回しで足回りが軽くなった感じ
・振動が強くなった。ファイア号のフレームって硬いっ!
ということを感じました。
いやー32Cのブロックタイヤとはやっぱり違いますねー
(違いを感じることができてよかったー)

で、帰ってきたのが17時くらい
チェーンからチリチリ音がしてたので、明日のために注油。
20140411_fire1.jpg

さらに、明日の夜間走行に備えて二灯にしました。
20140411_fire2.jpg
そこで、もう遅くなったので終了にしようかとも思ったのですが、ハブメンテしたセクター号の調子も見ておきたかったので、乗り換えて17時半に再度出発。

近場を回るだけってことにして、久しぶりに航空公園〜米軍通信基地の周回コースへ
セクター号に乗り換えて、すぐにポジションの違いを感じました。
セクター号は低い
いや、ファイア号が腰高なんですが、BB下がりの違いが大きいですね。

そのポジションの違いか、セクター号の方がやはり強く踏むペダリングがやりやすいと感じました。その分、セクター号に乗り換えてすぐに左膝裏に違和感が出ましたが、、、
やはりロードバイクのジオメトリやポジションってのは、パワーが伝えやすいものになってるんですかねー
ダンシングでも、ファイア号はBB位置が高いのが影響するのか、ふらつきが大きいし(慣れの問題?)

また、ファイア号で感じた振動ですが、セクター号でもありました。
これはタイヤの差ですね。やはり、32Cなどの空気量が多く、空気圧が低いタイヤは乗り心地が格段に良くなります。
ま、当たり前なんですが、乗り比べて実感することができました。

で、セクター号では、軽く走って帰って来ようと思っていたんですが、途中からサイコン表示がゼロに、、、
今日は寒くて凍ったわけではなく、単にセンサーの電池切れですねー。てことは、この前のBRM329でのゼロ表示も電池残量が少なかったからですかね?

なので、セクター号のサイコン記録が残りませんでした、、、
帰宅18時15分。
20140411_secteur.jpg

本日(2014.04.11)の走行記録(セクター号の分はルートラボより)
走行距離:53.06km
走行時間:2時間28分
平均速度:22.5km/h(ファイア号の記録)
最高速度:45.6km/h( 〃 )
獲得標高:190m(ルートラボより)

以上、今日は平日に有休を取って午後に少しですが走ることができました。
ファイア号とセクター号を乗り比べたことで発見もありましたし、ファイア号でのロード用タイヤも良い感じでした。
また、油圧ブレーキについても少し勉強することができました。これは今後、自分でメンテできるスキルを身に付けたいと思います。

さて、明日は早起きして富士山一周に行ってきます〜っ!
ま、膝が気になるので、無理せずゆっくりいきますよー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

痛っ:続)ファイア号のタイヤ交換で指切った、、、

こんばんわー
今日は暖かかったのに、夕方から暴風になりましたねぇ
何なんですか?この天気は
明日からの天気が心配になりましたが、気温は少し下がるものの、まずまずですか

さて、昨日の記事に続きファイア号のタイヤ交換です。
昨日は、フロントだけ交換したので、今日はリアをやっちゃいました。
交換後のリアタイヤです。
20140410_rx31-pro4-r.jpg
PRO4 ENDURANCE 25Cに交換しました。
ま、見た目はフロントもリアも大して変わりませんね。いや渋くて良いです

で、リアも各部を計量してみました。
ホイール:SHIMANO RX-31リア
(ブレーキディスク、リムテープ付)
20140410_rx31-r-w.jpg
重量は、1229g、、、どんだけぇ〜〜重すぎないか?

カセットスプロケット:CS-6800 11-28T
20140410_sproke-w.jpg
重量は、249g(汚れ付きです)

クイックレリーズ
20140410_quick-w.jpg
重量は、64g、、、そんなもん?

タイヤとチューブは、昨日のフロントと同じですから248gと84gで、軽量化はフロントと同じ(269g)になるはずです。
これで、前後合わせて約540gの軽量化、デカいですねー
しかも、タイヤとチューブだけでですよー

回転慣性に最も影響する部分ですから、漕ぎ出し加速や上りでどんだけ軽くなったか楽しみです。
いや逆に、これで違いが分からなかったら、、、
しかし、リア全体では、1874gですから、重いことに変わりはないのでねぇ、、、

で、作業中に指をザっくり切っちゃいましたょ、、、
20140410_kega.jpg
いや作業中ってか、最初にスプロケを外すときにスポークでね
エアロスポークなのでスパっと、、、皮が1cm角くらいめくれました。
なんか、最近よく怪我をします、、、しかも治りにくいという、、、
その後の作業は、気分が凹んだまま続行しましたが、、、

タイヤ交換後、ハブの外側とスプロケットを掃除して、組み立てて作業終了。
あと、Di2のバッテリーが減ってた(緑点滅)ので、初充電しました。
20140410_di2-battery.jpg
走行距離1300kmでもまだ緑点滅なので、相当持ちますねー
で、充電も1時間未満で終了。準備完了です。

明日は、有休取って午前中は役所など諸々用事がありますが、午後はフリーなので、ちょっと走りに行こうと思います。
ただ、明後日は早朝から富士山一周ライドに出発ですから、疲れを残さない程度にしておかないといけません。
セクター号のメンテ後の調子も見たいし、ファイア号のタイヤ交換の試走もしたいし、近所を軽く走ってみることにしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

交換:ファイア号にロード用タイヤを履かせてみる

こんばんわー
明日は暑くなりそうですね。
で、明後日と土曜は晴れてそれなりの気温になるみたい。土曜は走りに行けそう〜
日曜の雨マークも消えてますし、今週末は良い感じじゃないですか?

さて、昨日の記事で触れたセクター号のホイール(WH-6700)のハブメンテ
昨日はフロントだけ作業したので、今日はリアをやりました。

リアの方がダメージが大きそうなので、中を見るのが怖かったんですが、、、
勇気を振り絞って開けてみました。

グリスは、これ以上ないくらい真っ黒ドロドロ、、、
相当大量の水が入った痕跡がうかがえます。
とりあえず、古いグリスを拭き取り綺麗に掃除してみました。
フリー側のカップです。
20140409_r-hub1.jpg
うーん、どうなんでしょう?見た目は奇麗ですが

コーンには、やはり虫食いがっ!
20140409_r-hub2.jpg
締め過ぎですかねぇ?ま、もう遅いですけど

てことで、リアもデュラグリスを盛って盛って閉じました。
締め過ぎないように玉当りを調整したら回転が軽くなった気がします。
これでしばらく持って下さいー

さてさて、今日は、先日ポチった荷物が届きましたよー
中身は、↓こんな
20140409_nimotu.jpg
タイヤ:MICHELAN PRO4 ENDURANCE 25C ×2本
BB:SHIMANO SM-BB6700

BBは、先日のメンテの際に回りが渋いと感じたので、セクター号の交換用です。
現BBと同じULTEGRAグレードです。そのうち替えます。

タイヤは、セクター号ではなく、ファイア号に履かせます。
とりあえずフロントだけ履かせました。
20140409_rx31-pro4e25.jpg
おっ!なんか渋くないですか?グレーのラインも良い感じ〜

っと、その前に、せっかくだから各パーツの計量をしました。
ホイール:SHIMANO WX-31フロント
(ブレーキディスク、クイック、リムテープ、磁石付)
20140409_rx31-w.jpg
重量は、1085g、、、重っ!

タイヤ
交換前:Vittoria CROSS XG PRO 32C
20140409_vit-cross-w.jpg
重量は、481g、、、激重っ!

交換後:PRO4 ENDURANCE 25C(2本分)
20140409_pro4-e25.jpg
重量は2本で496g、1本当り248gなので、-233g

チューブ
交換前:KENDA 28-32C
20140409_kenda-w.jpg
重量は、120g、、、うぅ重い

交換後:MAXXIS WELTER WEIGHT(公称92g)
20140409_maxxis-w.jpg
重量は、84gなので、-36g

以上の計量結果から、タイヤ交換後のフロントは、269gもの軽量化を図ることができました。
やはりタイヤ&チューブが重かったんですねー
しかし、フロントタイヤ全体では、依然として1417gもあります。
やはり、軽いホイールが欲しい〜っ!

ま、重量はともかく、ファイア号にロード用タイヤを履かせ、ロード的な使い方をしてみようと思っています。
安楽ロングライド仕様車を目論んでるんですが、さて、どんな感じになるでしょうか?
今週末の富士山一周で試してみます。リアは、明日にでも交換します。

25Cなので、多少安心感はありますが、やはり32Cのブロックタイヤよりも荒れた路面には弱いので気を付けないといけませんねー
でも、ファイア号がロードとして使えたら、セクター号はどうしよう?

いえいえ、セクター号は今後もちゃんと活躍してもらいますよ。
エンデューロやヒルクラなど、ガチで走るシチュエーションではセクター号のつもりですから
いやー、二台あると、こうやっていろいろ試せるので楽しいですねー

何か発見があったらまた報告しますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

諸々:チャレンジ企画ルートとハブメンテ

こんばんわー
暖かくて良い天気でしたねー
今日から衣替え、てか上着を薄いのにしました。

今日は、帰ってきて晩ご飯を食べてからハブメンテしました。
とりあえず、フロントだけ
開けてみると、グリスはそれほど汚れてなかったんですが、、、
20140408_f-hub1.jpg
カップは、なんか艶がなく薄汚れた感じに、、、

コーン(玉押し)の方は
20140408_f-hub2.jpg
ゲゲっ!虫食い?!あぁ、、、前回、強く締めすぎたのかなぁ?
とりあえず、見なかったことにして、デュラグリスをテンコ盛りにして閉じました。

まぁ、もう導入から2年が過ぎて15000km以上走ってますからねぇ
そろそろ買い替え時かな〜〜(口実ができた?)
新105(5800系)にしたら11速対応のホイールに替えるしかないしねー

さて、先日の記事(こちら)で今シーズンの予定とやってみたいライドを簡単に書きました。
そんなことを考えてたら、ルートを引いてみたくなるのが人情ってもんです。
とりあえず、実施の可否は度外視して何個かルートを引いてみたので、備忘の意味も含めてアップしておきます。

■富士3ライングランドスラム
20140408_fuji-g-root.jpg
このルートは、昨年も考えて公開しました(こちらの記事参照)。
富士山を一周しながら五合目までの3つのスカイラインを制覇しようという企画です。
麓(富士吉田)までの往復は無視して(車載かな?)、一周+3ラインで走行距離が約200km、獲得標高が5400mになります。
走り応え満点だと思います。是非チャレンジしてみたいですねー

■富士山あざみライン自走往復
20140408_azami-root.jpg
↑のグランドスラムだと自走は厳し過ぎるので、自走可能な距離で考えたのがこちら
昨年はスバルラインで五合目まで自走往復しましたから(こちらの記事参照)、それよりも強度を上げてあざみラインはどうだっ?という企画です。
ウチからの往復で走行距離が約300km、獲得標高が5000mちょっとになります。

■静岡〜長野アルプス縦走
20140408_alps-root1.jpg
20140408_alps-root2.jpg
こちらも記事にしたことがありますが、中央アルプスと南アルプスの間、要は天竜川に沿って浜松から諏訪まで行ってみようっ!て企画です。

まだ一度も静岡を走ったことないし(御殿場は静岡県?だったらあるか)、長野も軽井沢にチョロっと入っただけだし、どっちも走ってみたい場所なんです。
浜松まで新幹線輪行するとして、諏訪までの走行距離が約220km、獲得標高が3500mですから、そんなにキツくなさそうです。諏訪から輪行で帰ってきてもいいし、諏訪で仮眠を取って、翌日に酷道299で帰ってくる案もあります。

■日本海まで自走往復(一泊二日)
20140408_nihonnkai1.jpg
往路:自宅から熊谷〜前橋を通り三国峠を越えて越後湯沢に抜け、柏崎で日本海に出て直江津まで

20140408_nihonnkai2.jpg
復路:直江津から飯山を通り志賀高原に上って草津に下り、高崎から小川町を通って帰ってきます。

これも車載プランで記事にしたことがありますが、やはり自走の方がインパクトがあるので、一泊二日のプランにしてみました。
往路の走行距離が300km、獲得標高が3000mあり、復路が270kmの4000mになります。
でも、道がよく分かりませんねぇ、、、R17とか走れるのかな?
どこかに参考になるルートは公開されてないかな?ブルベとか

てことで、いろいろ考えてたら走ってみたくなったので、今週末は富士山一周に行ってみようかな?
あ、あざみは上りませんよー、ってか上れません。まだ冬季閉鎖中ですからねー。5月に閉鎖解除されるみたいだけど、今年は雪が多かったからどーなんでしょうね?

富士山一周の小周回ルートを回ってみようかと
20140408_fuji-s-root.jpg
走行距離が約100km、獲得標高が2000mですから、ウチからの自走を合わせると、280km&3000mくらいですかね?
朝4時に出発すれば、21時くらいには帰って来られるかなー?
ま、ブルベではないので、時間は気にせずにのんびり走りますけどねー

あ、先週、高負荷の山練を頑張るって書いたばかりですが、このルートだと高負荷にはならず、ブルベペースになりますねぇ
でも、いいんです。
今年の年初目標に「年間走行距離12000km」ってのもあるから、距離を稼がないといけないし、ツキイチ300kmのつもりで走っておこうかなっと

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロンド:二連覇・三勝目ファビア〜ンっ!

こんばんわー

燃えましたねーっ!ツール・デ・フランドル
ファビアン・カンチェッラーラ勝ちましたっ!
昨年に続く二連覇、2010年を合わせて三勝目です。
20140406_ronde3.jpg

昨日は最後までハラハラドキドキするレースでした。
最後のパテルベルグでドカーん!と行けないときはダメかと思いましたが、ゴールまでの平坦路では落ち着いてましたねー

いや、もう脚が残ってないのかとハラハラしましたが、残った4人の力と状態、後続との差を冷静に計算していたと見るべきでしょう
しかし、やっぱり脚にはほとんど余裕がなかったのは確かでしょうね。平坦路でも上半身が左右に振れてましたから

その中で、最も勝てる確率が高いのがその4人でゴールスプリントに持ち込むことだと判断したのでしょう
しかし、250km以上も過酷なコースを走ってきて、最後のゴール前300mを切ってからのゴールスプリント
後ろから追走も接近してくる中で、互いに牽制してギリギリまでスピードを落としてからの、ゼロ発進加速勝負ですよーっ!
20140406_ronde1.jpg

いや〜、痺れましたぁ〜〜
一踏みごとにファビアンが前に出てくると
行けっ!行っけぇ〜〜っ!!行ったぁぁ〜〜〜っ!!!
って、もう最高潮、テンションMAXです。
20140406_ronde2.jpg

こんな展開と幕切れは予想してませんでしたが、いやー興奮させてもらいました。
なかなか見ることができないカンチェのスプリント勝利ですからねー
ま、途中からブッチギって独走に持ち込むカンチェの勝ちパターンとは違ったけど、その分最後までハラハラが続きました。
終わった後は、私が興奮して寝られそうにないので、一人で祝杯を上げましたよ〜

では、レースを振り返ってみましょう。
いや、レースレポートは、↓以下のサイトが詳しいので、そちらをご覧ください。
シクロワイアードの記事
サイクリングタイムの記事
あと、レース動画は、こちらにあります。興味のある方はどうぞ

で、私なりのレース全体の感想などを簡単に書き残しておきます。
・落車、パンクが多過ぎ
・観客の質が低下した?
・サガンに何があった?
・クリストフにビックリ
・ベルジャン残念でした
・厳しいコースは面白い

先ず、落車ですが、多かったですねー
しかも、痛そうな落車が目立ちました。
次の観客の件もありますが、コース自体の難しさは昨年までとさほど変わってないと思うし(危険なコースではあるんですが)、予想された雨もなかったのに、なぜ落車が多かったのか?ちょっと分かりません

一つは、風ですかね?
また、レース展開が厳しくて、ふるい落とされないために余裕がなかった?
あとは、たまたま?落車が落車を呼ぶ負の連鎖とか?
パンクについても連鎖することってありますよねー

次に、観客の質については、今回のフランドルに限らず、ここ数年のグランツールを見ても、質が低下したというより、悪質になってきていると感じます。
(あ、バンスーメレンとぶつかって重体になった女性?については、そのときの状況が分からないので、ノーコメント)
このような状況が続くと、観戦にも規制がかかることになるでしょうから、そうならないように自助努力で改善されることを願います。

サガンですが、ハンガーノック?と栗村さんは言ってましたが、どうなんでしょう?
ボトルがもらえなかったのはあるけど、補給食は摂ってましたしね
この辺りのレースメイキングがサガンの課題ですかねぇ

クリストフ、、、いやービックリしました。
最後のパテルベルグの後、前の4人のすぐ後ろに現れたときは目を疑いました。
え?なんでそこに居るの?って感じでした。

独りで追って10秒くらいまで差を詰めたときは、ひょっとしたらと思いましたが
追いついたらスプリント力は一番ありますからね
でも、心が折れた?瞬間が分かりましたね。そこで終わりでした。
クリストフもクラシックの厳しいコースでは力を出しますねー

ベルギー人選手達は、たくさん上位に絡みましたけど、残念でしたね
先ず、レース中盤〜終盤の最初まで集団を支配したオメガファーマでしたが、エースのボーネンが失速したこともあって、前に出て付き位置にいたファンデンベルフに賭けるしかなくなったんだけど、最後の4人で競るだけの力は残ってませんでしたね

早めにアタックして逃げ続けたファン・アーベルマートでしたが、やはり独りで(後ろにファンデンベルフが付いてたけど)脚を使いすぎましたね。でもよく頑張ったと思います。

で、昨年のパリ〜ルーベでも最後のベロドロームでカンチェにスプリントで負けて泣いたファンマルケですが、クラシックに強い選手ですねー
パテルベルグでカンチェよりも先に上り切ったのにはビックリしましたよ
でも、今回もカンチェにスプリントで負けてしまいました。
来週のパリ〜ルーベは出場するのかな?リベンジを賭けてがんばって欲しいですねー

最後に、今回のフランドルは、コース設定が厳しかったですね。
一見、昨年と大きく変わってないかな?と思ったんですが、違いました。
キツい石畳の激坂(コッペンベルグ、オウデクアルモント×2、パテルベルグ×2)を終盤の残り50kmに連続で持ってきたことで、破壊力が増しました。

そういうコースでオメガファーマが牽き倒したり、横風が吹いたり、落車が連発したりしたことで、集団からボロボロ脱落する選手が出て、集団がドンドン小さくなっていきましたからね
TREKもcannondaleもアシストが完全に崩壊し、サガンはボトルを受け取れず、カンチェも最後は独りでアタックに対応しないといけなくなりました

いやー、ホントに個人同士のガチンコ対決が見られる、力がある選手しか残れないという意味で、こういう厳しいコースのクラシックはやっぱり面白いです。
そのクラシックの中でも、ツール・デ・フランドルはやはり特別なレースです。
最高に面白いですねー

以上、昨日のレースの感想などを書いてみました。
ま、細かいことはともかく、ファビアンが勝ったことが何より一番嬉しかったので、大満足なフランドルとなりました。
来週のパリ〜ルーベでも連勝し、二年連続ダブルタイトルを獲得して欲しいです。
またまた楽しみが増えました〜っ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

メンテ:お疲れセクター号の駆動系を分解掃除

こんにちわー
今日は変な天気ですね
朝起きたら雨が降った跡があり、午前中は晴れたものの、午後からは降ったり止んだり風が吹いたりでした。

今日はノーライド
朝からセクター号のメンテナンスをしました。
先週までのブルベに活躍してくれてお疲れの様子でした。
駆動系の異音が酷くなっていたのでバラして掃除してみることにします。

9時から作業開始
先ずは、ミッシングリンクを外してチェーンをペットボトルに入れパーツクリーナーでシャカシャカ
チェーンにも相当な汚れが溜まっていました。
洗浄後のチェーンを干しておきます。

次に、左クランクを外し、右クランクとチェーンリングを引き抜きます。
20140406_mente1.jpg

さらに、BBを外します。
20140406_mente2.jpg
中のベアリングの周り、グリスが古くなって真っ黒ドロドロ
右側のBBには水も溜まってましたし、グリスに混じって錆も?
ベアリングの回転も渋いような気がします(気がするだけ?)

うーん、相当ダメっぽいですが、交換用BBがないので再利用するしかありません。
やはり、3/1の仮想ブルベ200kmで雨の中を一日中走った影響が大きかったか、、、

BBハンガーの中にも砂が溜まってますよ
20140406_mente4.jpg
底の穴からも入るのでしょうが、シートチューブとピラーの間からも入ったんでしょうね

シートポストも抜きました。
20140406_mente3.jpg

では、各部の掃除をしていきます。
先ずは、BBハンガーの中を奇麗にします。
また、普段なかなか掃除できないフロントディレーラーもフキフキ
20140406_mente5.jpg

次に、シートチューブの中を掃除して、シートポストを差し込み固定。
サドルレール周りからもギシギシ音が鳴っていたので、ヤグラをバラします。
20140406_mente6.jpg
うーん、ここにも結構な砂が入っていました。
再度組み立てて、揺すってみて音がしないのを確認。

では、駆動系を戻していきます。
BBの古いグリスを拭き取って中を奇麗にします。
20140406_mente7.jpg

さらに、BBのベアリング周りにデュラグリスを塗りたくります。
20140406_mente8.jpg
BBを組み付けました。これでしばらく頑張って下さい。

この頃から空模様がおかしくなって、ポツポツ雨が落ちてきました。
なので、以降は急いで作業したので写真なし。

クランクとチェーンリングをクリーナーで掃除して、グリスを塗ってBBに組み付け
リアタイヤを外して、カセットスプロケットを取り外します。

うーん、フリーボディがドロドロ。グリスが真っ黒。
こりゃハブの中もマズぃことになってそうです。が、今日はハブメンテの時間なし
近いうちに前後ともメンテしないといけませんねぇ
てことで、とりあえずフリーとスプロケットをクリーナーで掃除し、元に戻します。

で、干しておいたチェーンを戻しますが、ここで雨が酷くなってきました。
慌ててチェーンをつないで、とりあえず錆び防止用にチェーンルブをザっと塗布。
濡れた車体を拭いて片付けて作業終了。

その後、雨が上がったので、異音が解消されたかどうか少し乗ってみました。
いや、ウチの前をほんのちょっと乗っただけですけど
ブレーキを掛けながら立ち漕ぎで踏み込んでみましたが、まぁ大丈夫っぽいかな?

でも、昨年もそうだったけど、実際に走りに行くと音が出たりするんですよね〜
ま、6月?に新105の5800系に換装するまで持ってくれればいいんですがね

以上、今日は、セクター号のメンテナンス報告でした。
BBは前回交換してから2年が過ぎ、15000km以上走ってるのでそろそろ交換かな?
ホローテックIIですから、次期5800系でもそのまま使えるでしょうし、先行して交換することにしましょう

さて、今夜は、ツール・デ・フランドルですよー
19:20からJ-SPORTSでLIVE中継です。気合い入れて観ますよ〜っ!
カンチェがんばれーっ!!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山練:和田峠&風張林道の激坂系2発で脚パン

こんばんわー
今日は暖かいのか寒いのかよく分からない天気でした。
風は強かったですねー

さて、今日は、予告通り行ってきましたよー、山
はい、激坂系で高負荷を掛けるライドです。
いや、でも、ダメですねぇ、タレっタレでした。

では、本日のライドレポートいきますっ
今朝は5時に起きたんですが、風が強くて寒そうっ
なので、しばらくウダウダして、6時半くらいから準備開始し、7時に出発しました。

今日は、↓こんなルートを走ってきました。
20140405_root.jpg

先ず和田峠に上ろうってことで、八王子方面を目指します。
いつものように多摩湖の脇を通りますが、新堤防で富士山が奇麗に見えてました。
20140405_tamako.jpg
4月ですがクッキリ。これから夏場にかけては見えなくなるので撮っときました。

多摩湖南側の自転車道に沿った車道を通って青梅街道に出て、昭島方面に南下し、多摩大橋を渡って甲州街道に入ります。
八王子方面から陣馬街道に入って西進しますが、30kmのセブンで1回目の補給休憩。
20140405_cafe1.jpg
セブンコーヒーと持参した一本満足を補給。

さらに陣馬街道を走り、夕焼け小焼けの里を過ぎて、和田峠の上り口に到着。
そのまま止まらずにアタック開始。っと、ウィンブレを脱ぐのを忘れました。
ま、構わずそのまま上っていきます。

序盤の急斜区間で前方のローディを抜きましたが、暑い暑いっ!
中盤ですでに脚が目一杯な感じ
汗も噴き出し、今期初めてヘルメットからボタボタ落ちてきます。
あぁ、フレームに汗が、、、帰ったら拭かなきゃ、、、
さらに、鼻水も止まりません。あーっ!ツーーっとタレてフレームにぃぃ〜〜っ!

ま、そんなことを気にしてる余裕はありません。心肺も目一杯です。
終盤の急斜区間では頑張りたいところですが、もう無理っ!
さきほどのローディに抜き返されてそのままゴールっ!!
いやー、疲れました。しかも暑いっ!汗だくです

20140405_wada.jpg
ピークでは、AMINO VITALの青ゼリーを補給しました。

っと、ここで問題が、、、
この日は道路の清掃整備をしているのか、地元の消防団が大挙して和田峠周辺で作業しています。
それで峠から先(藤野側)は通行止とのことで、ゲートが閉じられ、見張りが立っています。
うーん、その状況でさすがに突破するわけにはいきません。

ホントは裏に下って藤野から甲武トンネルに上る予定だったのですが、しょーがなく引き返すことにしました。
また陣馬街道で八王子方面に下り、川原宿を左折してあきる野市方面を目指します。
そこのセブンで2回目の休憩。
20140405_cafe2.jpg
ここでは、カフェオレとコロッケパンを補給しました。

そこからT61を北上し、秋川街道に左折し、五日市まで行きました。
五日市からは、檜原街道を走り、檜原村役場前で右折です。
はい、奥多摩周遊道路ではなく、宣言通りに風張林道に向かいますよ〜っ!

しばらくT205の緩い上りを走り、林道に入って、上り口に到着。
20140405_kazahari1.jpg
ここで、息を整え、脚を回復させます。

で、振り返ると、ドーンっ!
20140405_kazahari2.jpg
やはり、迫力がありますねぇ〜

AMINO VITALのエナジーゼリーを補給して気合いを入れます。
いやウソです。上りたくないな〜ってことで、一服、二服とアタックを躊躇してます。
ま、そこで粘っててもしょーがないので、アタック開始。

いやー、やっぱりキツいです。
時折ダンシングを交えながらウンウン上りますが、5〜6km/hしか出ません。
脚も心肺も一杯々々です。

でも、いつもの膝前の痛みは出るものの、先週のような膝裏から関節全体の痛みは出ませんね
これなら耐えられる範囲です。
やはり、激坂よりもダラダラ坂の方が膝全体への負荷が大きいのかな?

で、なんとか激坂区間を耐えてキノコセンターまで上りました。
今日はそこで止まらずにそのまま行きます。
が、勾配は緩くなるもののスピードはさっきと同じ5〜6km/h、、、
もう脚が限界ですねー

ノタノタと絶景ポイントまできました。いやー、キツかったぁ〜
20140405_kazahari3.jpg

そこから周遊道路のゲートまでもゆっくり上りましたよー
20140405_kazahari4.jpg
風張林道とったどーっ!

東京で一番高い道路(標高1148米)標識で記念撮影。
20140405_kazahari5.jpg
ここで、持参したNumberBANANAを補給しました。

しかし、寒いっ!
かいた汗が冷えたのもありますが、近くの温度計が「3℃」を表示してました。
いやいや3℃ってwww
そりゃ寒いはずです。こっちは春用の装備ですよー

なのでとっとと下りますが、マヂ寒い、指が痛い、、、
身体が固まってくるので慎重に下りましたよー
奥多摩湖畔まで降りてきてもまだ寒い。
20140405_okutamako.jpg

でもまぁ、あとは下って帰るだけです。
さっきまでの周遊道路とは違って走りにくい青梅街道を下ります。
徐々に暖かさが戻ってきました。
先週のPC1だった古里セブンで休憩です。
20140405_cafe3.jpg
ここでは、セブンコーヒーと荒挽きソーセージデニッシュ、とろーりシュークリームを補給しました。

そこからは吉野街道を下って、青梅の友田交差点を左折し小作坂下から奥多摩街道に入り、羽村を抜けて箱根ケ崎から青梅街道に入って帰ってきました。
帰宅17時、10時間の旅でした。

本日(2014.04.05)の走行記録
走行距離:167.28km
走行時間:7時間56分
平均速度:21.0km/h
最高速度:51.2km/h
獲得標高:2300m(ルートラボより)

以上、今日は、久々に激坂系のライドでした。
いやー、やはり脚も心肺もまだまだ高負荷に対応できませんねぇ〜
でも、脚を使い切れたので満足ですよー
4月は、こんなライドを繰り返して脚を作っていきたいと思います。

また、今日は、初めてファイア号で激坂を上ってみました。
うーん、確かに重さは感じますが、上れないほどではありません。
これは、タイヤをロード用に替えれば、結構使えるかもしれませんねー
ホイールも軽いのに替えれば、セクター号よりも上れたりして〜

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

シーズンイン:4月はガッツリ上りたいですね

こんばんわー
早速ですが、
今週末は、ツール・デ・フランドル(ロンド・ファン・フラーンデレン)ですっ!
いよいよ待ちに待ったキングofクラシックですよーっ!
私が一年の中で最も楽しみにしているロードレースです。
万難を排して万端お繰り合わせの上、観戦しなければなりません。

今年も応援するのは当然カンチェッラーラの一択です。
昨年のような圧倒的な爆発力が発揮できるかは分かりませんが、とにかく勝ってもらいたいですねーっ!
対抗は、やはり今年もサガンですかね?絶好調っぽいですから、手強い相手になることでしょう
ま、ともかく、レース自体が面白いですから、メチャメチャ楽しみですねーっ!

さて、昨日までの記事ではBRM329を振り返ってきましたが、改めまして4月です。
3月は3/1の仮想ブルベ200kmに始まり、BRM316、BRM329とブルベ三昧な月でした。
そのブルベも200,300を完走したので一段落。

4月から(今週末から)は気持ちを切り替えていきたいですねー
いつの間にか本格的な自転車シーズンになってますし、出遅れるとモッタイナイので、シーズンの過ごし方を考えてみようと思います。

ま、過ごし方っても、何か特別なことをするわけではありませんが、ま、新年度ってのもあるので、今後の(夏くらいまでの)予定を整理する意味も含めて考えてみようってことです。

先ず、すでに決まっている予定(イベント)は、以下の2つ
・5/5「もてぎ7hエンデューロ2014GW」の4時間ソロ出場
・5/18「榛名山ヒルクライム(ハルヒル)」の榛名湖コース出場

次に、決まってはないけど実施するつもりの予定は、
・6/22「夏至の日チャレンジ2014」1日で6000m上ります
・7月「富士山自走往復ライド2014」スバルラインorグランドスラム
・8/9「BRM809千葉200kmつくば」厳しいブルベのようなので

あと、全く何の目処もないけどやりたいことは、
・「日本海まで往復ライド」
・「静岡〜長野縦走〜秩父酷道ライド」
なんてことも考えています。

日が長く、夜が寒くない夏場にしかできないものが多いので、早めに準備を始めて1つでも多く実現させたいですねー

が、先ずは、5月に決定している2つのイベントに向けてフィジカルの準備が先決です。
いやー、今年は、1月2月に満足なライドができず、3月はブルベ月間だったため、負荷の高いライドをほとんどやってないんですよねー

ブルベは、厳しいことは厳しいのですが、それは時間が長いからであって、巡航速度や上りの強度という意味では、大して負荷は高くありませんからね〜
でもまぁ、3月のブルベをLSDトレーニングだったと考えれば?その後に負荷を上げた練習をすることで強くなれる?
かもしれない、、、なーんて都合の良いことを考えています。

なので、4月は山練月間にしますっ!山に籠ります(ウソ)。
上って上って、上りまくりますよ〜っ!

という気持ちはあるのですが、、、膝がねぇ、、、
どうなんでしょう?ダラダラ坂じゃなくて激坂だったら痛みが出ない、とかないかな?
ま、試してみるしかないので、明日か明後日に山岳ライド行きま〜すっ!

とりあえず考えてるのは、和田峠〜甲武トンネル〜風張林道(or周遊道路)辺りです。
余裕があれば、今川・松姫峠も上ってみたいですねー
雪の影響ってどうなのかな?

あ、でも、セクター号がBB負傷中なので、今週末はファイア号で出動だな〜、激坂系は厳し過ぎるかな?
ま、厳しかったら無理せずに引き返してきますので〜
頑張りますよーっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

第二弾:BRM329東京300奮闘記(PC2〜GOAL)

こんばんわー
今日も雨がよく降りましたねー
今日は急遽客先に出掛けたんですが、結構濡れましたよ

さて、先週の土曜(3/29)に参加したブルベ第二弾「BRM329東京300kmぐるっと甲斐」の走行レポート編3回目です。
一昨日と昨日の記事では、START〜PC2までを書きました。

今日は、PC2〜GOAL〜撤収までを綴りたいと思います。
PC2〜GOALまでのルートは、↓こんなです。
20140326_BRM329-2.jpg
区間距離が約140km、獲得標高が1670m(下り1850m)です。

富士川のPC2からすぐに山の中に入り若彦トンネルまで30kmくらいダラダラ上りが続き、トンネルを抜けて河口湖に下ってから山中湖を経由し、山伏峠を越えたら道志みちをダぁ〜っと下ってPC3。その後は、津久井湖から相模原市内を抜け、柿生〜溝の口を通ってGOALに戻ってくる、というルート。

では、PC2の富士川ローソンから再スタートです。
PCでは短い停止を心がけていたので、ここも10分ほどの休憩で14時15分に出発し、笛吹川を渡ったら直進です。

っと、その交差点を右折しようとするランドヌールが数名、、、400kmの参加者ですねー
1時間遅れのスタートだったのですが、さすがに速いですねー
って、ここで400の先頭に追い付かれたというわけじゃなく、それまでにも抜かれてたんでしょうけど〜

で、300の私は、上九一色方面に向かいます。
この辺りまでくると参加者は完全にバラけてるし、それぞれのペースもあるので、前に追い付いたり後ろから追い抜かれたりってことはほとんどありません。

私の前後には、PC2を同じタイミングでスタートした人が1人ずついて、それぞれ適度な距離を開けて走ってるって状態でした。
で、前の人との距離が詰まりぎみにはなるんですが、抜こうとは思わなかったです。
あまり踏むと膝が痛くなるから、痛みが出ない程度の負荷で走るには、その人に付いて行くくらいがちょうどよかったんです。

しかも、この頃になると、さらにもうひとつの痛みが私を苦しめ始めていました。
はい、ケツです。座骨の痛みです。

普段のライドでも150kmも走ればそれなりには痛くなりますが、このときの痛みは違いました。
座骨とサドルにケツの肉ってか皮が挟まれてギリギリすり鉢で磨り潰されてる感じ
ピンポイントで左右の二点に痛みが集中しています。
自転車に乗り始めた二年半前に苦しんで以来の痛みです。

緩いけどずっと上ってるので、ペダルを止めるわけにいかないし、かといって立ち漕ぎも膝が痛くてできないし、どうしようもありません。
もう、痛みがピークを超えて感覚がなくなるのを待つしかないなぁ〜っと諦めてユルユル上りました。

そんな感じで、掌、膝、ケツの痛みに耐えつつ、それでも淡々と上り続けていると、まぁ徐々に若彦トンネルは近付いてくるわけです。

でも、ここでまた問題が、、、ボトルの水がなくなりました
いや、自販機くらいはあるだろうと甘くみてたのがよくなかった、、、
でも、全く人家がないわけじゃなく、それなりに集落もあって、ガソリンスタンドや商店もあるのに、なぜか自販機がない、、、

マズぃなぁ〜と思いつつ、でも背中にゼリーが1つあるから、なんとかなるかなーっと進みます。
で、若彦トンネルまで残り1.5kmの交差点が近付いたところで、自販機を見付けました。ふぅ助かった

しかし、富士の名水を買おうと思ったら、お金が戻ってきます。ん?販売中のランプが消えてます、、、
隣の自販機は?ランプついてます。が、水はエビアンしかありません。でも、しょーがないからエビアンを購入し、一息つけました。

そこから若彦トンネルまでは、比較的楽にたどり着くことができました。
20140329_wakahiko.jpg
到着16時10分

これで大きな峠は終了です。
ここでは、ポケットに入れておいたゼリーを補給しました。
で、ウィンブレを着てライトを点灯して再スタートします。

いやしかし、若彦トンネルは長いですねー、調べたら、2.6kmもありました。
しかも、中に入った途端に世界が変わりました。極寒です。
天然の冷蔵庫、いや冷凍庫になってます。

いやー、ウィンブレを着てから走り出して正解でした。それでも寒い寒い〜っ!
河口湖側に向かって下ってるので、スピードもグングン乗りますから余計に寒いっ!
やっと出口が見えて、外に出たときはホっとしましたよ〜

が、ホっとしたのも束の間
サイコンが「0」を表示したまま動いてませんよっ!
下りでスピードが出た状態で軽くパニックになりました。
一体全体何が起きてるんだぁ〜っ!

そうは言ってもそこで止まるわけにもいかず、そのまま下り続けるしかありません。
っと、次のキューはどうなってたっけ?!ということが頭に浮かびましたが、サイコンの距離計測は止まったままで、自転車だけはグングン進んでいきます。

とりあえずキューシートを確認すると、次はTを左折というここでなんとかなりそう
で、そのT字路まできて左折しますが、頭が混乱してるので、サイコンは止まってるにも関わらずキューとの距離ズレを計算したりしてワケわかりません〜

で、次は河口湖大橋まで4.2kmだな、勘で行ってもなんとかなるかー、電池交換した方がいいか?でも記録が飛んじゃう?とかグルグル考えてると、サイコンの表示が復活っ!
でも、復活したらしたで、距離ズレは?いや次のキューまで行かないと分からんやろっ!なんて一人でボケツッコミ

そんな混乱の中で、目に飛び込んで来たのが河口湖越しの富士山
20140329_fuji1.jpg

富士山を見て落ち着きを取り戻してからしばらく走ると、河口湖大橋の交差点まできました。
でも、なんか分かりにくい交差点で、サイコンを読むポイントがおかしくなって、距離ズレが把握できず、、、
ま、とりあえず橋を渡って、その後のR139の交差点まで行けば分かるだろーってことで、そのまま行きます。

でもこの辺りは間違えようのない分かりやすい道ですから、R139の東恋路交差点まですんなりやってくることができました。
ここまでくれば勝ったも同然っ!
なぜなら、ここから先は二週間前のBRM316のルートとほぼ同じだからー

ここで、サイコンとキューシートの距離ズレも確認。
若彦トンネル前が+2.4kmだったのが、-1.6kmになってます。
4kmの間、サイコンがフリーズしていたってことですねー

で、PC2からすでに40km以上走ってますから、ここらで休憩です。
富士急ハイランドを通り過ぎたところのセブンにイン。
ここでは、缶コーヒーと残りのクリーム玄米ブラン、NumberBANANAを補給。

再スタートしてR139で山中湖を目指します。
山中湖までの上りも直前に経験済みなので精神的にヤラれることはありません。
で、山中湖に到着。
20140329_yamanakako.jpg
うーん、富士山がよく見えません〜

日も暮れかけてきました。ライトを着けて再スタート。
山中湖を回って道志みちに入る頃には暗くなってきました。
山伏峠へ向かって上ってる間に辺りは真っ暗に
トンネルに到着。18時20分
20140329_yamabusi.jpg

さあ、道志みちの下りです。
でも、もう辺りは真っ暗ですから、慎重に下ります。
いやー、やはり夜の峠は怖いですねー

途中、ライトを二灯体制にしたりHiにしたり調整してる間に後ろからきた参加者に抜かれたので付いて行きます。
ま、ピッタリ付くと危ないので、距離をおいて付いて行きますが、道の先が分かるので多少は走りやすかったかな?
前を走ってもらった方、ありがとうございました。

で、道の駅「どうし」も寄らずに通過してPC3を目指します。
また道志みちのアップダウンをエッチラオッチラ越えて、PC3に到着。
20140329_aonohara7.jpg
レシートタイムで19:36でした。

ここでもホットミルクティだけ買って、最後のNumberBANANAを補給。
すぐに再スタートし、あとはゴールまで一気に走りますよー

青山、三ヶ木の交差点から津久井湖の脇を抜け、久保沢を右折して相模原方面に
工業団地入口〜清新一丁目の辺りは二週間前と同じルートです。
その後、鶴川から柿生を抜けて溝ノ口を目指しますが、この辺は全く走ったことのない道。
キューシートとサイコン、道路状況に集中しながら走りました。

溝ノ口が近づいてくる頃、そろそろタイムが気になり始めました。
っても、PC3からGOALまでは50kmありますから、早くても2時間半はかかるはずなので、22時より前に到着するのは(17時間切りは)無理だな〜っと
ま、でも集中力を切らさないようにしてGOALのセブンイレブン川崎武蔵中原店に到着。
ゴールタイム(レシートタイム)22:13でした。
(ゴールの写真を撮り忘れました、、、)

そこから近くのデニーズまで移動し、ゴール受付。
ブルベカードにサインして、メダル代¥1000を払って、終了です。
スタッフの人と話をしたんですが、まだ1/3くらいしか戻ってきてませんねーってことでした。
ランドヌ東京のスタッフの皆さん、朝早くから夜遅くまで(400のゴールは翌朝ですが)お世話になりました。ありがとうございました。
(ここでも写真を撮り忘れました、、、)

で、駐車場まで戻って、とっとと車載し帰ることにします。
23時前に出発して府中街道を走り24時ちょうどに帰宅しました。
21時間の旅でした。

この日(2014.03.29)の走行記録(ブルベ部分のみ)
走行距離:303.44km(サイコン未計測区間あり)
走行時間:14時間12分( 〃 )
平均速度:21.3km/h
最高速度:61.1km/h
獲得標高:3840m(ルートラボより)

以上、ブルベ第二弾「BRM329東京300kmぐるっと甲斐」の走行レポートでした。
また、この日の走行によって自身の最長走行距離が300km超になりました。

やはり300kmは大変でしたねー。いろんな痛みにも耐えましたし、、、
でも、大変だったけど、充実感や達成感を感じることができましたねー
今後のブルベ参加に関しては白紙ですが、またゆっくり考えたいと思います。

この日、一緒に参加した皆さん、お疲れ様でしたー
ツイッター等で応援メッセージをいただいた皆さん、ありがとうございましたーっ!

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

第二弾:BRM329東京300奮闘記(PC1〜PC2)

こんばんわー
なんか天気が悪くなってきました。雨ふってますねー

さて、先週の土曜(3/29)は、ブルベ第二弾「BRM329東京300kmぐるっと甲斐」に参加してきました。
昨日の記事では、START〜PC1までを書きました。

今日は、PC1〜PC2の走行レポートを綴りたいと思います。
PC1〜PC2までのルートは、↓こんな
20140329_root-pc1-pc2.jpg

区間距離が約97km、獲得標高が1640mです。
青梅街道をひたすら走り、奥多摩湖まで上ってから丹波山までのアップダウンを経て、その後、柳沢峠アタックが待っています。峠からは塩山まで一気にダウンヒルで、その後PC2までは笛吹川沿いの平坦路をマッタリ、というルート。

では、PC1の古里セブンから再スタートです。
10分弱の休憩で8時半に出発し、先ずは奥多摩湖までの軽い上りをこなしていきます。
ここも、さっきまでの勢いを殺さないように、前を追い上げるつもりで踏んでいき、何人かは抜きました

ただ、この頃には、すでに左膝に痛みが出始めました。
しかも、それ以前のような膝前だけじゃなく、膝裏から関節全体が突っ張るような引きつるような?なんとも言えないイヤ〜な感じの痛みです。

まーでも、まだそれほど酷い痛みではないし、勾配も緩いので、あっさり奥多摩湖に到着し(写真なし)、そのまま湖畔を回って丹波山方面に向かいます。
ここのアップダウンが結構イヤラシイんですよねー
先の方まで見える上り坂なので、勾配はキツくなくても精神的に疲れる上りです。

そこで少々ヤラれたのもありますが、その後の柳沢峠の上りに備え、予定通りに道の駅「たばやま」で補給休憩です。ついでにトイレにもいきました。
20140329_tabayama1.jpg

この時点で9:50、PC1からまだ1時間半も経ってませんが、いいんです。
ここから柳沢峠のピークまでは20kmくらいあり、2時間近くかかりますし、途中にコンビニなどはありませんから、脚を休ませてエネルギー補給しておくことは重要です。
ここでは、ビックルと持参したクリーム玄米ブラン1袋(4個)を補給しました。
20140329_tabayama2.jpg
(昨日の記事は誤り。最初のミニストップで摂ったのは、NumberBANANAでした。修正しました)

で、少し長めに休憩してから、指切りグローブに替えて、10時15分くらいに再スタートしました。
いよいよ柳沢峠へのアタックです。
いや、アタックってほどは頑張りません。

この峠は、昨年7月に上りましたが(こちらの記事参照)、そのときの感想は「柳沢峠は、道幅も広く路面も奇麗なんですが、ダラダラと上っていくのは、私的にはイマイチ。私のイメージする峠とはちょっと違いますねー」と書いてますね。
前回は、途中で坂に飽きて止まって一服休憩しましたしねー

なので、今回もひたすら我慢の上りになることは覚悟していました。
まぁ結果的に、前回と同様に飽きましたー

しかも、今回は、膝痛のオマケ付き、、、いや、全く踏めないわけではないんですが、どういう回し方をしていてもズ〜っと痛いので参りました。
あと、久しぶりに嵌めた指切りグローブが合わなかったのか、右手の平も痛み始めてきました。

さらに、自転車のペダル周りから常に「カチャっカチャっ」という異音が鳴ってます。ダンシングでも鳴るので、シートポストの問題ではなく、BBかなぁ?っと
いやー、近くを走ってた参加者の皆さん、騒がしくてスミマセンでした〜

で、痛みに耐えつつ、そしてダラダラ長くてつまらん坂に飽き飽きしつつも、今回はノンストップで上り切りましたよー
ピーク到着が11:40でした。道の駅から1時間半弱ですか
一応、最も高そうな場所で写真撮影。
20140329_yanagisawa2.jpg

茶屋の側から振り返りでも
20140329_yanagisawa3.jpg

ここでは、自販機でポカリを買って一気飲みしました。
うん、結構汗をかきましたからねー
で、富士山も撮っときました。
20140329_yanagisawa1.jpg
でも、湿度が高いのか、少しモヤってますねー

この後は、ご褒美のダウンヒルです。
柳沢峠は、甲州側の方が圧倒的に景色がいいですねー(写真なし)
ここは、極上ダウンヒルが楽しめます。

でも、ブリーフィングで凍結、流水、砂、工事に気を付けるよう言われてましたから、スピード控え目で下ります。
いやー、それでも道幅は広いし、アスファルトは平らだし、コーナーのRは大きいし、で結構なスピードが出ちゃいます〜
しかも、上りが長かった分、下りも長いので、ロングダウンヒルです。
チょ〜楽しぃ〜〜っ!

ま、でも、時間にしたら20分くらいでワインディングは終わり、塩山の街に下りてきます。
そこからも下り基調が続き、等々力の交差点まで一気に下りR411に右折。
丹波山からすでに40kmくらい走ってるし、PC2まではまだ30kmくらいあるので、この辺で補給休憩を取ることにします。

これも予定通りで、事前にチェックしておいたセブンにイン。
20140329_hokyuu3.jpg
セブンコーヒーとチョコパン、どら焼きを補給しました。

この時点で12時50分くらいでした。
ま、時間的には余裕がありますが、まだ全行程の半分もきてませんから、とりあえずPC2まで急いで行くことにします。
ここからは、笛吹川に沿って石和温泉の脇を抜け、甲府市、中央市、南アルプス市を通って富士川町を目指します。

いやー、良いところですね〜
この辺りで育って青春時代を過ごしたあの男のことが少しだけ頭に浮かびました。
すぐにかき消しましたがwww

しかし、このときは南風が吹き、向い風でした。
ま、さほど強い風ではなかったし、川沿いの緩い下り基調だったので30km/h前後で巡行することができました。
で、14時過ぎにPC2(ローソン富士川増穂インター店)に到着〜
20140329_pc2-2.jpg
レシートタイムは、14:02でした。
スタートから9時間、1時間半の貯金ができました。

ここでは、赤コーラだけ購入し、持参したクリーム玄米ブランを半分(2個)補給し、とっとと再スタートすることにします。
20140329_pc2-1.jpg
さて、ここ折り返しです。
この後は、若彦トンネルまで上ったら、あとは下り基調を帰るだけです。

しかし、すでに左膝は限界なんじゃないか?ってくらい平地を走っていても痛みが続いています。
1時間半の貯金もあるので、貯金を切り崩しながらゆっくり帰ることにしよう、ってことで再スタートしました。

無事に完走することができるでしょうか?(いや、できたんですが)
ってことで、今日はここまでとさせてもらいます。
後半戦は、次の記事で報告しますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

第二弾:BRM329東京300奮闘記(START〜PC1)

こんばんわー

いきなりですが、SHIMANOから出ましたねーっ!11速105の5800系
これは、セクター号のコンポ総とっかえかな?
あと、ホイールもWH-RS81のC35,C24のチューブレスとWH-RS610-TL、WH-RS010-CLですが、WH-RS81-C24に注目です。

しかし、私が最も驚いたのは、105の5800系ではなく、ロード用油圧ディスクブレーキシステムの機械式変速レバーST-RS685です。
いやー、昨年のR785(ファイア号に搭載)は、電動対応だったのですが、機械式は無理だと思ってました。STIレバーのヘッド部分に油圧シリンダーと変速メカを詰め込むのは無理があると

しかし、そこはさすがに世界のSHIMANOですっ!やりましたね〜
しかも、非常にコンパクトに仕上がってるらしい。技術力の高さの証明ですね。
どのような構造になっているのかとても興味があります。ただ、Di2の方の安楽さにすでに慣れてしまってるので、わざわざ機械式&油圧のシステムを使うことはありませんけどねー

あと、ディスクブレーキ対応ロード用ホイールWH-RX830(カーボンラミネート)も出ました。
おっ!ついにホイール交換の時がきたかっ?!と食い付きましたが、お値段が、、、¥10マソ超は、手が出ません、、、
それだったら見た目重視でFFWDあたりをいっちゃいますよ〜!(いかないけど)
アルミ製でいいので、お安くてそれなりに軽いのを出して下さい。お願いします。

ま、この件については、また改めて考えて記事にしたいと思います。

-----------------------
さて、今日の話は、先週の土曜(3/29)に参加してきましたブルベ第二弾「BRM329東京300kmぐるっと甲斐」の走行レポート編です。

すでに速報(こちら)と反省編(こちら)で完走できたことは報告しましたが、引き続き走行レポート編を書いていこうと思います。
今回は、300kmという距離もですが、ウチを出てから帰宅するまでの時間も長かったので、三部作になる予定です。

先ずは、前編として集合〜START〜PC1までを綴ります。
PC1までのルートは、↓こんなんです(実走したルートになってます)。
20140329_root-s-pc1.jpg
スタート地点からPC1(古里セブン)までの距離が約64km、獲得標高が520mです。

集合場所(START)は、川崎市の市民ミュージアム前で、4:00受付開始の5:00スタート
準備編(こちらの記事参照)でも書きましたが、ウチから集合場所までは約35kmの距離。自走不能ではないですが、帰りのことを考えて車載で行くことにしました。

車でも1時間はかかりますから、3時には出発したいので、2時半起床というところまでは事前に決めていました。
幸運にも前日金曜は仕事が順調に進み、17時前に帰宅することができ、装備の最終確認と車載を済ませ、晩ご飯+アルファでカーボローディングし、20時過ぎには床に入ることができました。

イベント前日の興奮もなく、あっという間に寝付いて、2時半の目覚ましに起こされるまでグッスリ6時間の睡眠を取ることができました。

で、朝ご飯を食べてる余裕はないので、すぐに着替えて出発準備。
ウェアをどうするかは直前まで迷いましたが、長インナーと半袖ジャージに薄アウターを重ね、ウィンブレを羽織ることにし、下は半レーパンとレッグウォーマーとし、長タイツは履かないことにしました。シューズカバーもなしで、グローブは、冬用フルフィンガーにして、指切りも持っていくことに
昼間の気温が24℃とかの予報があったため、それ以前と比べて相当薄着にしましたが、朝方は一桁なので寒暖差が15℃以上あり、選択が難しかったですねー

っと、グダグダ書いてますが、とっとと出発します。

3時ちょうどに車載で出発し、府中街道一本をひた走るだけ。さすがに道は空いてるので順調ですが、信号が多い、、、夜中は点滅にしろやっ!と毒づきながら走ります。

ま、35kmあるとやはりそれなりの時間はかかります。溝の口辺りで4時近くになり焦ったのもあり、事前に確認したはずの駐車場への道を間違え、市民ミュージアムまで行っちゃいました。車で来てどうするっ!と自分に突っ込みながら戻り、なんとか駐車場に停めたときは既に4時15分、、、
20140329_park.jpg

写真とか撮ってる場合じゃないですが、他にも車載の参加者がいて準備してたので、まぁ大丈夫か〜っと
ササっと準備して自転車に乗り換え集合場所に向かいます。
予定では、ここでコンビニに寄ってトイレと朝ご飯のつもりでしたが、その余裕もなく直行します。
で、到着〜っ!まだブリーフィングは始まってません
20140329_shuugo1.jpg
真っ暗な中、異様な集団ですねー

受け付けを済ませてブルベカードをゲットしたら、すぐにブリーフィング開始。
20140329_shuugo2.jpg
ま、真面目に注意事項を聞きましたよ。

その後、車検ですが、到着が遅かったためD組になり、少しだけ待ちます。
20140329_shuugo3.jpg
この間に補給すればよかったんですが、スッカリ忘れてました。やはり緊張してたかな?

で、私も車検を受け、装備を確認し、5時少し前にいよいよスタートですっ!
が、すでに最初にスタートした人達からはだいぶ遅れてますし、なんかトイレにも行きたくなってきました。
でもまぁ、町中を走る序盤はどうせ団子になって飛ばせないから、そこで補給に入ればいいやって感じでスタートしました。

本来は下見した序盤区間を飛ばしてタイムを稼ぐつもりだったんですけどねぇ、、、
なんかスタート時点から気合いが抜けてしまいました。
ま、でも肩の力も抜けて良かったんじゃないでしょうか?

で、序盤の府中街道を走る区間は、比較的ゆっくりペースな人の後ろで私もマッタリ走ります。いつコンビニにピットインしてもいいように、って考えてたので、なんか飛ばす気にならなかったです。
なので、さらに後ろからスタートした参加者にもバンバン抜かれます。
さすがにちょっとゆっくり過ぎないか?って思い始め、そろそろ前に出るタイミングを考え、府中街道の先に来る連光寺坂でアタックすることにしました。

この頃にはトイレに行きたいのも少し納まり、予定通り35km地点くらいのセブンまで行っちゃおうか?とも思い始めてたので、だったら飛ばしていかないといけないなーっと
で、20km地点の大丸公園を過ぎたところでアターックっ!
前の人を一気に抜き去り、連光寺坂を越えました。

そこから百草園はすぐでしたが、そこでも4〜5人パスして、浅川沿いの道からモノレール下をガンガン飛ばしていきます。
が、西に向かう道に入ったところでまたトイレに行きたくなり、ミニストップにイン。
トイレ休憩&補給です。
20140329_hokyuu1.jpg
カフェオレとウインナーカレーパン、持参したNumberBANANAを補給しました。

ベンチに座って結構マッタリしてしまったので、15分以上居たかもしれません。
その間に先程抜いた人達がどんどん通過していきます。
ま、しょーがない。ここからまた追い上げるゾ〜っと再スタートします。

ところが、八王子に入ったところのR16手前で痛恨のミスコースっ!
20140329_hatiouji.jpg
ここは、下見のときも間違えたところ、、、学習能力ゼロか?

いや、完全に交差点を勘違いしていて、左折だと思い込んでいました。
しかも、ミスした道が上って下るため(↑ルート図の真ん中辺りで先割れのコブがあるところ)、上り返して復帰しなければならず、精神的にちょっとヘコみました。
ちょっと迷いながら復帰したので、ロスした時間は10分くらいでしょうか?
さらに、1.5kmくらいサイコンとキューシートがズレてしまいました。

このミスコースでおそらくほぼ最後尾に落ちたと思います。
が、しかし、これでスイッチが入りましたよ〜っ!!
ここからPC1までは本気で踏んでいくことになりますっ!

残りの30kmほどをガシガシ踏んで、あっという間?にPC1に到着〜っ!
この間、コース上で10人近く抜いたでしょうか?
20140329_pc1.jpg
レシートタイムが8:21、制限時間に対して55分の貯金を稼ぐことができました。

で、PC1では、休憩は最小限に抑え、購入したゼリー2つのうちの1つだけ飲み、残りをポケットに入れて、早々に再スタートします。
このPC1でも10人近くの人を抜いたんじゃないでしょうか?
都合20人弱として、参加者70名中、50番目くらいまで上げたかな?

以上、今日の記事は、START〜PC1といいながら、スタートするまでがダラダラ半分以上を占めてしまいました。スミマセン。いつものことですが
ま、走っている時はそんなにいろんなことがあるわけじゃないし、写真もないので、ま、しょーがないですね〜

てことで、次回はPC1〜PC2(か、もう少し先まで)をアップしようと思います。
今回のグダグダ記事に懲りず、またよろしくお願いしますー

日本ブログ村のランキング、「ロードバイク」カテゴリーに参加しています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。