多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2013-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06月の走行記録

こんばんわー
今日で6月も終わりですね。
まだ梅雨明けは先なのでしょうけど、晴れると夏を感じさせる暑さになります。
昨日のライドでも日焼けし、すでに真っ黒ですが、この先どうなるのでしょう?

フランスでは、昨日からツールが開幕しましたが、初日から大混乱の落車連発でした。
荒れる展開になるのでしょうか?落車はない方がいいですけど、混戦になってもらうと観てる方は楽しいですけどねー
ユキヤにも是非活躍し、できればステージ優勝して欲しいと思います。

さて、6月が終わるということは、今年も半分が終わりです。いやぁ〜早いですねぇ〜
今月の走行記録のまとめです。
201306_soko.jpg

2013.06の走行記録
走行距離:997.4km
走行時間:50時間25分
平均速度:19.8km/h
最高速度:62.2km/h
獲得標高:17370m(ルートラボより)

2013年の累計
走行距離:5098km
獲得標高:63340m

以上のように、6月は、山岳走行が多く、獲得標高としても自己最高の17000m超えとなりました。
主な山岳走行としては、
6/8「奥武蔵〜名栗3500」:take-iさん24WEさんとご一緒しました。
6/10「白根山(渋峠)絶景ライド」:ぽじさん、いでおんさんとご一緒しました。
6/23「奥武蔵ほぼ制覇5000」:こちらは単独チャレンジでした。
それぞれ記憶に残るライドでした。

そして、6月も獲得標高1万m超えの目標を達成でき、大きく上積みすることができてよかったです。
年間獲得標高も60000mを超え、年間目標10万mの達成が見えてきた(まだ早い?)気がします。

また、1日でどれだけ上れるか?というチャレンジ企画も夏至の翌日に実施し、5000mという自己記録を達成することができました。この記録にも満足しています。

さて、7月の予定ですが、今のところ何の予定も決まっていません。

以上、6月の走行を振り返りました。
7月は、本格的に暑くなってくるでしょうから、昼間の走行は少なくなると思いますし、6月に結構ハードなライドが続いたこともあり、少々抑え気味にしたいと考えています。
7月、8月は、元々獲得標高の目標も低めに設定していますから、7000mくらい上れればよいと考えています。走行距離も700kmくらいでいいかな?
ま、マイペースで無理しない程度にがんばりたいと思います。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

応援:今日は仲間と娘の応援に行ってきました

こんにちわー
今日も暑かったですねー
それにしても昨日のツール初日は大混乱でしたねー
その前のフレチャスペシャルは笑わせてもらったんだけど、ゴール前の大落車はいただけません。負傷リタイヤする選手は気の毒でなりませんね

さて、今日は朝から自転車仲間であるぽじさんが挑戦したブルベ「スーパーアタック奥志賀400」のゴールと、娘のソフトテニスの試合(中学の引退試合)観戦に行ってきました。

先ず、ぽじさんが既に速報を出しているので結果を書いても大丈夫だと思いますが、SA奥志賀を無事完走されました。

昨日の朝4時にスタートし今朝ゴール予定でした。そのスタート・ゴール地点がニューサンピア越生ということで、越生といえば、奥武蔵を主戦場とする私のテリトリーですから、これは何としても見送りか出迎えに行かないわけにはいきません。
しかし、スタート時間の4時はさすがに厳しい、、、ということでゴールをお迎えするつもりでした。

昨日からツイッターをチェックし、難所のPC2をクリアした時点で、時間内完走はほぼ間違いないと考えていました。
しかし、厳しいルート設定のため、ゴール制限時間の朝7時に近くなるのではないか?なので、朝4時に起きて5時までに出発し、6時過ぎに着ければ、お迎えできるのではないか?と考えていました。
ま、1時近くまで酒を飲みながらツールを観ていたので、4時よりも前に起きるのもキツかったんですけどねー

で、4時に目覚ましを止め、スヌーズを何度も止め、、起きたのが4時半、、、ダメじゃんっ!
慌ててツイッターチェックっ!
すると「残り20km」となっ!あと1時間で着いちゃうじゃんっ!!
そのまま、顔だけ洗って4時45分に車で出発っ!

本当は、自転車を積んで行って、ゴールしたぽじさんを誘って白石に上るつもりでした。
しかし、そんな準備をしている時間はありませんから、とにかく顔だけ見て一声「お疲れ様」と言えればいいやってことで、越生に急ぎました。
いつもの道も時間が早いから空いていて、スムーズに越生まで来ましたが、既に5時半を過ぎていました。

あーもうゴールしちゃっただろうなぁ〜と思いつつ、ニューサンピア越生の駐車場に5時40分ころ到着。
ブルベのスタート・ゴール地点には初めていきましたが、殺風景ってかテントがあるだけで他には何もなく、ゴールを祝う盛り上がり的なものもなく、人もほとんど見えません。
ま、着いたので見回すと、ぽじさんの車を発見。
でも、ぽじさんの姿がなかったので、あれ?まだゴールしてない?と思ったら、車の影から登場されました。

駆け寄りますが、元気がありません。当たり前ですねっ!疲れ切っている様子。
20130630_posisan.jpg
いやーホントにお疲れ様でしたっ!時間内完走、おめでとうございますっ!!

で、20〜30分ほどお話しして、気を付けて帰って下さいってことで、私は帰路に
ま、話をしている間にも何組かの参加者がゴールしていましたが、皆さん淡々としていますねー
で、7時半頃に帰宅。

帰宅後、ネット徘徊などしてグダグダしてから、今度は娘の部活引退試合の観戦に
こちらは、自転車で出動っ!ても、練馬の中学までの片道20km足らずの距離
9時半に出発して、ポタポタ走って10時半に到着。ピチピチジャージとヘルメット&サングラスのまま校内へ
うー、視線を感じますが、構わずテニスコートに向かい、探しますが分かりません。

先に行った奥さんが手を振っています。恥ずかしくないようです。
で、まだ試合は始まらず、次かその次とのことなので、一旦離脱してコンビニで一服。
戻ってくると、もうすぐ始まるとのことで、待って観戦。
20130630_tennis.jpg

なんだかピリっとしない試合だし、勝ってるのか負けてるのかもよく分かりません。
なので、20分程みたら「もう帰るから」って帰路へ
そのままウチを目指し、12時20分ころ帰宅。
帰宅後にメールを確認すると、あの1回戦は勝って、2回戦も勝ちとのこと
その後の3回戦で負けたみたいですが、ま、引退試合で2つも勝てて良かったんじゃないでしょうかねー

本日(2013.06.30)の走行記録
走行距離:35.49km
走行時間:1時間41分
平均速度:20.9km/h
最高速度:44.2km/h
獲得標高: ー

以上、今日は、二人の応援に行ってきました。
ぽじさんは、とても厳しい山岳ブルベを無事に時間内完走されました。獲得標高が6000mを超える400kmですよー、しかも夜の山中はズーっと雨や霧だったみたいです。いや、スゴイ精神力ですねーっ、尊敬します。
ま、娘の方は、勝ててよかったねー

今日で6月も終了です。
6月のまとめは追ってアップしますが、少々走り過ぎたかな?と思っています。
7月、8月は、ちょっとペースダウンしないとバテるし故障の元なので、のんびりいきますよー

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

暑い:今日は多摩丘陵でギザギザ練

こんばんわー
今日は天気予報では曇りのはずでしたが、良い天気になって暑かったですねー
朝から走りに行き、昼過ぎに戻ってきましたが、日焼けで身体が火照っています。

また、今日は、自転車仲間のぽじさんがブルベ「スーパーアタック奥志賀400」に挑戦しています。
それが4時スタートなので、朝3時過ぎに起きてツイッターチェックし、スタート前に応援ツイートなどしてました。
夕方時点でPC2を無事に通過し、頑張っている様子です。無事に時間内完走して欲しいですねー
その後、録画しておいたツールのチームプレゼンやF1の金曜フリー走行などを観てから、出発です。

では、本日の走行記録にいきます。
今日は、24WEさんに、多摩丘陵の練習コースを案内してもらい、いろんな道を教えてもらう予定。8時に是政橋近くのサンクスで待ち合わせです。
こんなルートを走ってきました。
20130629_tama1000.jpg

6時半ころから準備し、6時50分に出発しました。
いつものように国分寺から府中を抜けて是政橋を渡り7時45分頃にサンクス到着。ちょうど24WEさんも到着されたところでした。

しばしお話ししてから、7時50分にスタート。
先ずは、川崎街道で連光寺に上り、そこから若葉台方面に下りますが、、、スミマセン、、、どこをどう走っているのか?道が全く分からず、解説できません。鶴川とか小野路あたりを通ったようですが、とにかくアップダウンの連続です。

で、多摩南野で尾根幹に入り、セブンで休憩し、なんとかいうエナジードリンクを補給。
ここからは、小山田周回を案内していただきました。
一周12kmちょっとのアップダウンです。

いやー、尾根幹から南側にちょっと外れただけで田舎道のような風景になるんですね。
しかし、距離が短いとはいえ勾配がキツい上りがありますねー。でも、なんか知りませんが、この小山田周回まではアウター縛りで走ってしまいました。腿パンです。

周回後、再び尾根幹に戻ってきて、南大沢方面に曲がり、首都大や多摩美大の近くを通って、R16まで行って折り返し、野猿街道に入りました。この間もアップダウンの連続です。
野猿街道で北野方面に向かい、絹ヶ丘二丁目の交差点にあるセブンで2回目の休憩。
いや暑い。この時点で10時過ぎだったと思いますが、陽射しが強くなってきました。
なので、パリパリチョコ最中アイスを補給し、ボトルに水を補給しました。

その後、北野街道に入ってから、右折して住宅地の激坂を上り、長沼公園の脇を通ります。
長沼公園の階段です。この辺りは傾斜しかない土地なんですねー
20130629_tama1.jpg

そこからまたアップダウンで薬科大を通過し、また野猿街道に戻ってきて、中央大から多摩動物園を通過した後に、百草台の裏側で三度目の野猿街道を通って聖蹟桜ヶ丘方面に
ずーっとアップダウンの連続です。どこがどうキツかったかとか覚えてません、、、

で、聖蹟桜ヶ丘の駅前まで来たら右折していろは坂を上ります。
ここは「耳をすませば」の舞台ということで一度上ってみたかった坂です。
九十九折れを上って行く途中に階段があって、映画のシーンを思い出しますねー
ノンストップで走ったので写真はありませんが、ロータリーを通って、乞田の交差点に下りました。

そこから最後の上りということで、桜ヶ丘公園に上ります。
いやっここはキツいっ!
距離も勾配も峠のような厳しさではないのですが、でもキツいですねー

で、桜ヶ丘公園に到着です。
聖蹟桜ヶ丘の駅前が見えますねー
20130629_tama2.jpg

その公園にある多摩聖蹟記念館にも行ってみました。
20130629_tama3.jpg

その後、帰路に着きますが、24WEさんとは是政橋のところでお別れです。
24WEさん、今日は多摩丘陵をご案内いただきありがとうございました。
いやーなかなか発見できないようなアップダウンを細かく走らせていただきました。
どこをどう走ったか?イマイチ覚え切れていませんが、今後のインターバル練の場として利用させていただきます。

是政橋からは、往路と同じ道を通って帰ってきました。帰宅13時、6時間10分の旅でした。

本日(2013.06.29)の走行記録
走行距離:103.40km
走行時間:4時間43分
平均速度:21.9km/h
最高速度:57.9km/h
獲得標高:1100m(ルートラボより)

以上、多摩丘陵のアップダウンを満喫させていただきました。
しかし、アップダウンの連続はキツいですねー。長い峠を上る場合と違って、1つ1つの上りで速度を維持しようとしてしまうので、一気に心肺が跳ね上がり、脚にも乳酸が溜まりますね。
インターバル練をするには多摩丘陵は最適です。今後も、短い時間しかない場合は多摩のギザギザ練で効率よく負荷を掛けたいと思います。

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新車:2014モデルの国内発表マダ〜?

こんばんわー
昨日、今日と良い天気でしたが、週末は微妙な感じですねぇ
明日は持ちそうなので多摩に行って24WEさんにいろいろ道を教えていただこうと思っています。

さて、昨年末くらいから少しずつ考え始めた新車購入計画(こちらこちら)ですが、春以降は実走が忙しくてあまり進捗がありませんでした。

また、この春くらいから欲しい車種の方向性に変化が出てきました(こちらこちら)。それで、2014モデルがどうなるのかを注視しているのですが、最近、ブログでいくつか気になる記事が目に付いたので、少し調べてみました。

先ず、本命のフレームとして狙っているR社のXというフレームです(って、伏せ字にする意味は何もないんですが)。
某ショップのブログで「先行予約受付」という記事が目に入りました。
ん?もう2014モデルが出てるんだっけ?

ということで、ショップへ
先週の土曜、奥武蔵に車載で下見に行った帰りに寄ってみました。
でも、ハッキリした答が返ってきません。まだ国内代理店から情報が入ってないみたいですね。

しょーがないからネット検索。
あららーとうの昔に発表されてたみたいですねぇ、、4月くらいの写真記事が何個も出てきました。
さらに、24WEさんに教えてもらった海外のネットショップでは、完成車として商品リストにも載ってますねー
ridley_x-f14a.jpg

しかし、気になるのがそのスペックです。
ridley_x-f14b.jpg

DISCブレーキ仕様で、ULTEGRA 6800(11speed)です。
ん?じゃぁホイールはどーなってるんだ?と見ると、FULCRUM RACING 4CXだと?クワトロCXにディスクブレーキ仕様なんてあったっけ?
うーん、、、よく解りません
ポチっちゃうとどんな完成車が届くんでしょうか?

で、ついでに、S社のCについても検索。こちらも2014モデルの写真が見つかりました。でも、詳しい情報はよく分かりません
specia_crux14b.jpg
specia_crux14w.jpg
うーん、まだまだ2014モデルのフレームは情報待ちですねー

で、次に気になったのが、アルテ6870のリーク情報です。
いくつかのブログにカタログの写真が出てましたね
こちらもショップに聞いてみましたが、まぁ当たり前ですが何の情報も得られませんでした。

しかし、そのリーク情報が正しいとすると、私の方向性としては嬉しいことですよー。
だって、SHIMANOが油圧ディスクブレーキをアルテグレードにラインナップするってことは、11速かつDISC対応のホイールも出してくれるだろうって期待が膨らみますからねー

いやー当面はMTBや29erのハブを使った手組ホイールで凌ぐしかないか?って思ってましたから、SHIMANO純正コンポ&ホイールの可能性が見えたことは嬉しいですねーっ!

まーまだ正式発表は先でしょうし、発売となると来年以降かもしれませんから、喜ぶのは早過ぎるのでしょうけど
さらに、SHIMANO純正のパーツが出揃うタイミングと、フレームを選定して購入するタイミングが難しいですねぇ
先にフレームを購入しちゃった場合、後でパーツが対応しないなんてことになったら、泣けてきます。
でも、フレームの入荷量が多くないみたいなので、タイミングを逃して売り切れちゃっても、それはそれで泣けます。

てことで、2014モデルの発表が待ち遠しい今日この頃ですが、それによってまた新たな悩み事が出てきそうです。
しかし、悩むのもまた楽しみですから、しばらくは大いに楽しんで悩みたいと思います。
また何か進展があれば報告しますー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

反省:奥武蔵5000を振り返ってみる

こんばんわー
いよいよ今週末からツールですねー。今夜はチームプレゼンが生中継されますが、深夜なので録画して観ようーっと

でも、今週ずーっと体調がイマイチなんですよ。
と、言いつつ昨日は飲みに行って午前様だったんですが、、、
で、今朝起きたら喉と肺が痛いの、、喉の痛みは、日曜に帰宅したときから違和感があったので、ライドの影響かな?と

でも、肺の痛みは正直怖いです、、、なんなんでしょう?
右側だから、肺じゃなくて肝臓が腫れてる?それとも横隔膜が炎症してる?まさか肺ガ(ry
日曜は12時間くらい山の中で上って下ってを繰り返してたので、口呼吸でゼェハァしてた影響?多分、喉はそれが原因で粘膜が乾燥したからだと思いますが、肺も荒い呼吸を続けてると痛くなるもんなんでしょうか?

うーん、重大な病気って言われるのは嫌だから病院には行きたくないけど、、、ちょうど来週に健康診断があるので、レントゲン撮られちゃう
なんか影が写ってるとか言われたら、凹みます、、ショックで病気になっちゃいますよねー

てことで、「奥武蔵ほぼ制覇5000」は、私の身体に大きなダメージを残してくれたわけですが、その反省編にいきたいと思います。

・山岳走行データのまとめ
先ず、今回走破した9つの峠(区間)について、プロフィールと走行結果を下表にまとめてみました。
okumusasi5000-res.jpg
ラップは区間ラップであるため、上り下りの両方を含んでいます。

注目すべきは平均速度ですが、傾向としては、上り勾配が緩い区間ほど速く、また上り距離が短い区間ほど速くなっています。これは、まぁ当たり前ですねー

で、3.と6.の定峰峠同士を比べてみると、プロフィールの違い(6.の秩父市側の上り勾配の方が若干高め、3.のダウンヒルの方が飛ばせる)を考慮しても、平均速度で約5km/hもの差が付いています。また、比較的上りのプロフィールが似た4. 裏高篠峠と8. 刈場坂峠とでも約1km/hの差が出ていますねー
これは明らかに疲労(脚のダメージ、エネルギー切れ)の表れですね。前半のまだ元気な状態と疲労した状態とでアベレージが6%も落ち込んでます。

で、山岳区間全体について見てみると、距離が約130km、獲得標高が4500mほどで、上昇率が3.5%ほどになるのですが、その平均速度が13.8km/h(休憩時間含まず)でした。
うーむ、、、休憩込みで15km/hの設定は甘すぎましたねー。これは大きな反省点です。やっぱり15km/hが出せるのは、上昇率2%台前半までなんでしょうか?

・ルート&スケジュール設定と結果
今回の計画は、一年のうちで最も日が長い夏至前後の空が明るい時間を使ってどれぐらい上れるのか?というのを確かめるための企画でもありました。

なので、最も効率よく標高が稼げる奥武蔵を選んだわけです。これは正解だったと思います。平坦区間や緩斜区間が長いと上昇率が下がってしまい、結果、時間がかかることになりますからね。

しかし、かといって、上昇率が高ければよいかというと、それも違って、勾配が急すぎると速度の落ち込みが大きくなって、結果、時間がかかることになります。
つまり、速度を維持しつつ高度が稼げるような適度な勾配があるということです。多分、私の場合は、6-7%程度の坂が最も効率よく上れると思うのですが、今回のルートは、それよりも高いか低いかの峠ばかりでした。ルート設定の反省点ですねー

次に、スケジュールですが、予定では、5時半から18時半までの13時間を山岳区間に当てるはずでした。
しかし、実際には、6時半から18時過ぎまでの約11時間半になってしまいました。
ま、夕方から雨が降ってきて暗くなるのが早かったのは仕方ないですが、朝の1時間はミスですねー。3時半頃にはウチを出発すべきでした。それでも30分もすれば、空は白み始めますからねー

・休憩、補給&給水と装備
休憩に関して、当日の感覚では、あまり休憩を取らずにほぼ連続して走り続けているように思ってました。食事休憩もなかったですからねー
でも、データを見てみると、山岳区間の実走時間が9時間10分くらいしかないんです。で、先程の11時間半から引くと、2時間20分も止まっていたことになります。

感覚とのズレが大きいので、止まった回数を思い返してざっと数えてみました。すると、10〜15分の休憩が8回で90分、5〜10分の休憩が7回で50分、合わせて140分。2時間20分で合ってます
いやー、意外と止まってたんですねぇ、、、15回も止まったという自覚がなかったです。

補給は、本編でも書きましたが、朝食後には、ドーナツ1個と、ゼリー2個と、あんパン1個と、スティック羊羹1本でした。その他に、カフェオレ300mlと、砂糖入りコーヒー500mlと、赤コーラ500ml、アクエリ500mlを飲みました。
んー、明らかに少ないですね。今回はVAAMも飲んでませんでしたし、これはエネルギー切れになってもしょうがありません。気を付けないとハンガーノックになってしまいますよねー

・体力(脚力&心肺)と走行技術
まー、これらは、全てにおいてまだまだ修業が必要ですねー

次に6000mに挑戦するときに向けて、反省点と改善点をまとめておきましょう。
・ルートの上り勾配
 平均勾配7%程度、上昇率2.5%くらいが効率よさそう
 でも2.5%だと距離が240kmになっちゃう(検討課題です)
・下りの道路
 路面が奇麗で道幅が広く飛ばせるダウンヒルがよい
・山岳区間の走行時間
 13時間をフルに使えば、アベ18km/hで240kmいける
・休憩と補給
 できるだけ止まらずに走り続けるために写真は撮らない
 補給は十分に準備していき、できれば走りながら摂る
・体力&技術
 アベ1割アップの脚力と、1日走れる持久力をつける
 後筋ペダリングも強化してペース維持できるようにする

以上、奥武蔵5000を振り返ってみました。
まー、来年、6000リベンジやるかどうかは未定ですが、
少なくとも今年はもうこんなチャレンジはやりません。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

我慢:奥武蔵ほぼ制覇5000(後編)

こんばんわー
今週末の天気が怪しくなってきましたねー。なんとか持って欲しいところですが

さて、「奥武蔵ほぼ制覇5000」の後編です。
前編では、4つの峠を越え、白石峠の上り口までやってきました。

5. 白石峠(K172〜白石峠〜林道定峰線〜山田)
5. 白石峠(K172〜白石峠〜林道定峰線〜K11秩父市側)
区間距離約13km、上り距離6.8km、平均勾配8.4%、最大勾配10-12%です。
okumusasi6000-05a.jpg

10時10分から白石峠へのアタック開始です。おっ、いきなり速そうなローディ2人に抜かれ、あっという間に置いていかれますが、気にしない。
マイペースでゆっくり上ります。ベストの1割落ちで、40分を切れれば十分です。しかし、ペースを落としてもキツいことに変わりはありません。

「なんで白石を5番目にしたんだ?」「既に2000m近く上ってからの白石はキツい!」「脚重い!」「ケツ痛い!」などとブツブツ独り言を言いながら上ります。
まーでも、何度も上ってよく知ったコースですから先が読めます。なので精神的にはまだ余裕がありました。
10時50分頃、ピークに到着。
20130623_siraisi.jpg
ここも、写真だけ撮って、すぐに高篠峠に向かってあと少し上ります。高篠峠もノンストップで、先程上ってきた林道定峰線を下ります。

ここでは、林道丸山線(県民の森の南西側)への分岐を見つける必要があるので、途中からスピードを落として慎重に下ります。
と、左手下方の谷に橋が見えました。あの橋につながる道があるに違いないってことで、しばらく行くとありましたよー、分岐。
20130623_bunki2.jpg
でもねぇー
20130623_bunki1.jpg
この道は、歩行者専用道路。てか、ロードバイクで入って行こうとは思いませんよー。
(注意!地図上はつながっているけど、林道定峰線から林道丸山線には抜けられませんっ!)
なので諦めて林道定峰線を下り、11時15分にK11との合流点に到着。
区間ラップは、1時間01分39秒(距離13.25km、平均速度12.9km/h)でした。うーん、やはり厳しいですねー

6. 大野峠(林道丸山線〜県民の森〜大野峠〜高篠峠〜林道大野峠線)
6. 定峰峠(K11秩父市側〜定峰峠〜白石峠〜高篠峠〜林道大野峠線)
区間距離約14km、上り距離8.7km、平均勾配5.5%、最大勾配8-10%です。
okumusasi6000-06a.jpg

ここで、定峰峠(秩父市側)を上る前に、朝ファミマで買っておいたあんパンを補給(残る補給食は羊羹1つのみ)。
そして、11時半に再スタートし、定峰峠へのアタック開始です。
こちら側も5-6%前後の勾配がダラダラ続きます。なので、さほどキツくはないはずなんですが、この時、既にハムとケツ筋がマズい感じです。
先日の白根山(渋峠)のレポート(こちら)で書いた「後筋ペダリング」が限界を向かえつつあります。ま、筋肉量が絶対的に不足してますから、しょーがないですけどねー

で、12時頃に定峰峠に到着し、止まらずに茶屋前を通過し、そのまま白石、高篠峠もノンストップで大野地区に下り、T字路に12時25分到着です。
区間ラップは、53分54秒(距離13.43km、平均速度14.9km/h)でした。上りの勾配が緩くても15km/hを切っちゃいましたねー

7. 裏刈場坂峠(林道奥武蔵支線〜刈場坂峠〜林道刈場坂線)
区間距離約11km、アップダウン後の橋から上り距離3.1km、平均勾配10%、最大勾配12-14%です。
okumusasi6000-07.jpg

T字路を右折してからアップダウンを少し走って、林道大野峠線途中の橋で休憩します。ここで、最後の補給食であるスティック羊羹を補給。
20130623_urakariba.jpg

と、刈場坂峠側から多くのローディが下ってきます。珍しいですねーここでは、これまで自転車に出会うことがほとんど、てか全くなかったんですが?
で、12時45分に裏刈場のアタックを開始し、10%の区間をえっちらおっちら上ります。いやーもぉ急斜面は勘弁してください〜って泣き言も出てきます。
なんとかGLに合流して、刈場坂峠に13時10分到着。
20130623_karibazaka.jpg
ここも写真だけ撮ったらすぐに下って、13時半に林道刈場坂線の起点に到着。
区間ラップは、50分40秒(距離11.31km、平均速度13.4km/h)でした。もう踏めませんねー。

8. 刈場坂峠(林道刈場坂線〜刈場坂峠〜GL〜林道猿岩線〜K61黒山三滝)
区間距離約21km、上り距離5.5km、平均勾配7.9%、最大勾配8-10%です。
okumusasi6000-08.jpg
20130623_karibazaka2.jpg

林道刈場坂線の起点(正丸峠との分岐)から、13時35分に刈場坂峠へ向けてアタック開始です。
ここは、距離も勾配もそこそこキツい峠ですが、まぁ激坂がないのが救いです。でも、路面がガレガレなところが多く、走るのに気を使いますねー

そして、脚が終わりかけてますから、もぉ全くスピードが上がらず、常に速度は一桁(6-8km/h)に張り付いたまま、、、
なんとか上り切って、14時15分にピークを通過し、飯盛峠方面に向かってGLをさらに上ります。このGLのアップダウンがさらに脚を削ります。
で、14時半に飯盛峠で一旦休憩。
20130623_iimori.jpg

疲れた身体と脚を癒す補給食は底をつき、ボトルの水だけで我慢です。その後、14時40分に再スタートし、GLから猿岩線を下って黒山三滝に15時15分到着。
区間ラップは、1時間34分11秒(距離21.32km、平均速度13.6km/h)でした。

9. 裏飯盛峠(K61〜林道梅本線〜飯盛峠〜GL〜林道八徳入線)
9. 裏飯盛峠(K61〜林道梅本線〜飯盛峠〜GL〜ユガテ〜鎌北湖)
区間距離約26km、上り距離7.6km、平均勾配8.4%、最大勾配12-15%です。
okumusasi6000-09a.jpg

その前に、黒山三滝には食べ物屋さんがあったはずと記憶していたので、ここで補給しようと思っていました。がっ、しかし、無慈悲にも「仕度中」の表示が、、、終わった、、、

しょーがないので、トイレ休憩だけして出発しようと思ったら、まさかの雨まで降ってきました。
どーしよぉ?と雨宿りしますが、ま、あまりひどくならなそうなので、再スタートし、林道梅本線入り口手前の自販機で赤コーラ補給と、ボトルにアクエリと水を補給しました。もう、赤コーラのカロリーに託しました。でも、45kcalしかないんですねー

そして、15時45分から林道梅本線のアタック開始です。途中で雨はあがりました。
しかし、脚がもう動かないー、、、たまらず途中の野末張見晴台で休憩しました。16時半。
20130623_nosubari.jpg

その後、再スタートし、GLとの合流点に16時55分到着。
20130623_umemoto.jpg
さて、ここから当初の予定では、GLを走って林道八徳入線で吾野側に下り、高山不動を上るはずでした。
しかし、林道八徳入線の分岐に到着したのが17時15分。
20130623_bunki3.jpg
これから1つの峠を越えて鎌北湖を目指すには、1時間半以上が必要です。
それでは、夜になってしまいますので、ここで、10. 高山不動と11. 花立松ノ峠(黒山三滝)を断念しました。

ということで、ユガテ〜鎌北湖に向けて出発し、アップダウンを越えて18時05分に鎌北湖に到着しました。
20130623_kamakitako.jpg

鎌北湖に到着した途端、また雨が降ってきましたー
区間ラップは、2時間01分10秒(距離26.17km、平均速度13.0km/h)でした。うー、もぉどんなコースだろうと13km/h程度しか出せないってことでしょうか?

缶コーヒーで休憩後、鎌北湖を18時15分出発し、K30に出て日高のローソンで最後の休憩をとってから、入間を抜け、バイパスで所沢を通って帰ってきました。
出発が4時15分、帰宅が20時なので、15時間45分の旅でしたー。いやぁ長かった、、、

以上、最後2つの峠をキャンセルしましたが、時間的にも天候的にも、正解だったと思います。
でも、2つキャンセルしたのとルート変更した結果、標高がどの程度獲得できているのか不安でした。
帰ってきてシャワーを浴びてご飯を食べてから、ツイッターをチェックしつつルートラボで実走ルートを引いてみて、5000mを超えてることが分かり、正直、ホっとしました。

ツイッター等で応援いただいた皆様、ありがとうございました。
(当日はツイートできなかったんですが、今日復活しましたー)

また明日以降に反省編を書いてみようかと思っています。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

我慢:奥武蔵ほぼ制覇5000(前編)

こんばんわー
昨日、ユキヤが日本チャンピオンになりましたねーっ!
いやー逃げ切り優勝とは、強いっ!!
しかも今回のコースは凄いっ!
一周15kmの周回コースを12周する180km、というのは普通なんですが、一周当たりの上昇高度が500m近くあり、トータルの獲得標高が5600m超とか、、、白石峠を12本連続アタックするのと同じですよっ!
メチャメチャ過酷な山岳コースじゃないですかっ?!

で、ユキヤの優勝タイムが6時間17分、平均速度が28.6km/hとか、、、信じられません。
昨日の私の平均速度は、実走時間で割っても16km/hですよ、、トホホ(比べるのが間違ってるのは分かってますが)
まーともかく、ユキヤおめでとうっ!日本チャンピオンジャージを着てツールを走る姿を見せてくださいーっ!
と、この記事をアップした後にシクロワイアードを見ると、ユキヤのツール出場が決まったとの記事がっ!
おめでとう!がんばれーっ!応援してますよーっ!!


さて、昨日(6/23)実施した「奥武蔵完全制覇6000」ですが、速報でもお知らせしたように、結果として完全制覇できず、獲得標高も5000mに留まりました。
なので、後々記事を見返す際の紛らわしさを避ける意味で、タイトルを変更しました。
「奥武蔵ほぼ制覇5000」
では、当日のライドを振り返っていきます。一応、前後編の二部作にまとめるつもりですが、三部に分かれるかもしれません。

当日は3時に起きて、調理パン2個の朝食を摂り、4時15分に出発しました。空が白み始めてましたが肌寒い感じだったので、ウィンブレを羽織ってスタート。でも、すぐに暑くなってきましたねー、湿度が高くてムシムシします。
なんか身体が重いし、かいた汗が乾かないので気持ち悪いです。

5時50分にK30田中のファミマに到着。
ここで、カフェオレとドーナツを補給し、携帯用のあんパンも購入(結果的に、この日の補給食は、ここで購入したものと、持参したゼリー2個&スティック羊羹1本だけでした)。
6時10分にファミマを出て、白石峠方面に走り、上り口手前の分岐に6時半到着。

ここからの山岳区間は、先日の記事で分けた11の区間ごとに書きます。
また、今回は上りだけのラップは取らず、上り下りを合わせた区間ラップを計測しました。

1. 都幾山(西平〜松郷峠〜慈光寺裏〜林道赤木七重線〜赤木)
1. 赤木七重線(林道赤木七重線〜赤木)
区間距離約6km、上り距離2.1km、平均勾配11.3%、最大勾配15-17%です。
okumusasi6000-01a.jpg
当初予定(林道赤木慈光線)からルートを変更しました。

6時半、林道赤木七重線のアタック開始です。
ここは、下見の記事でも報告したように、いきなり10%超の勾配があり、そこから16%超のコンクリート激坂が続きます。
20130622_nanao2.jpg

前半の激坂区間を凌げば、後半は斜度が落ち着き、すぐにピークです。そのまま下って、7時ちょうどに赤木到着。
しかし、この時間、朝靄(霧?)が立ち込めていて湿気が凄いため、汗で曇ったサングラスが真っ白になって前が見えません。度入りのため外すわけにもいかず、桃屋のおじさんみたいな感じで隙間から路面を見つつ下ってきました。
区間ラップは、27分49秒(距離6.11km、平均速度13.2km/h)でした。一発目から15km/hを下回ってますが、気にしない。

2. 七重峠(赤木〜林道栗山線〜七重峠〜林道萩殿線〜白石車庫)
区間距離約11km、上り距離5.9km、平均勾配9.0%、最大勾配14-16%です。
okumusasi6000-02.jpg

20130623_kuriyama.jpg

林道栗山線の上り口で一服し、7時過ぎからアタック開始です。
ここは、上りの距離も長いし前半の勾配もキツめなので、脚を使い過ぎないように淡々と上ります。でもキツい。
7時45分ころに七重峠のピーク到着です。
20130623_nanae.jpg

20130623_nanae2.jpg
ここまで上ると靄を抜けて太陽が眩しいですねー(逆光になってます)。まるで雲海を見下ろすかのような景色が広がってますが、雲ではなく靄です。

ピークからは林道萩平笠山線を白石側に下り、その後林道萩殿線に入ってさらに下ります。この萩殿線は「あじさい(紫陽花)の道」と名付けられていて、道路沿いにたくさん咲いてました。
8時ちょうどに林道萩殿線の起点まで下りて、8時過ぎにK11白石車庫に到着しました。
20130623_hagidono.jpg
区間ラップは、56分21秒(距離11.39km、平均速度12.1km/h)でした。うん、気にしない。

3. 定峰峠(東秩父村側:K11白石車庫〜定峰峠〜秩父市側)
区間距離約11km、上り距離5.1km、平均勾配5.2%、最大勾配6-7%です。
okumusasi6000-03.jpg

白石車庫でトイレ休憩&ゼリー補給し、8時20分に定峰峠アタックの開始です。
ここは平均勾配が5%程度で、今回の11個の中で最も緩い上りです。本来ならば、このような癒しステージは中盤〜後半にもってくるべきですが、まーしょうがありません。

負荷をかけずに軽く回して上り、8時45分に定峰峠のピークに到着。いつものアングルで写真だけ撮影。
20130623_sadamine.jpg
その後、休憩も取らずにとっとと秩父市側に下り、9時前にK11と林道定峰線の分岐に到着。
区間ラップは、32分21秒(距離10.65km、平均速度19.8km/h)でした。上りの勾配が緩いのと、道が良くてダウンヒルが飛ばせるのとで、15km/hを上回ることができました。

4. 裏高篠峠(林道定峰線〜高篠峠〜林道大野峠線〜白石峠上り口)
区間距離約12km、上り距離5.2km、平均勾配8.1%、最大勾配10-12%です。
okumusasi6000-04.jpg

9時から裏高篠峠(林道定峰線)のアタック開始です。
20130623_sadamine2.jpg
この標識を目にした方は多いと思いますが、ここを直進したことがある人は少ないんじゃないでしょうか?ま、私も今回初めて上るんですが、直進すると林道定峰線で高篠峠まで上ることができます。

上り始めの区間は、川に沿った緩い勾配です。この川は、結構ダイナミックな流れで、奥武蔵でも景観が良い場所なんじゃないでしょうか?
で、しばらく行くと川から離れて道の勾配が上がり始めます。8-10%がダラダラ続き、さほど急斜になることはないものの、かといって緩くなることもない、精神的に堪える峠ですね。

あ、ここで失敗しましたっ!6.大野峠で上る林道丸山線への分岐を確認しておくのを忘れてました。
高篠峠が近づく終盤には県民の森に入って行ける道が出てきますが、明らかに違います。県民の森の西側をグルっ回り込むような道は見つかりませんね
で、上り続けて9時半過ぎに高篠峠に到着です。林道定峰線の終点。
20130623_takasino.jpg

ここも写真だけ撮ったら、すぐに林道大野峠線で大野地区側に下り、三叉路を左折して白石峠の上り口を目指します。ここで、ボトルの水が少なくなってきたこともあって、上り口手前の自販機で休憩です。
コーヒーとゼリーを補給するとともに、ボトルに水を補給しました。
20130623_hokyuu.jpg

その後、10時前に再スタートし、白石峠の上り口に10時10分到着。
区間ラップは、51分30秒(距離12.46km、平均速度14.5km/h)でした。おっ、15km/hに近い速度で走ることができました。

以上、前編では4つの峠の走行結果でした。
後編は、この後の白石峠からスタートしますが、ここから先はとにかく厳しかった記憶しか残っていません。タイトルの通りひたすら「我慢」の走行が続きました。

でも、この記事を書いて再認識したのは、この時点でまだ10時過ぎだったんですねー
6時半に山岳区間スタートですから、3時間半程で4つの峠を越えたのは、なかなかよいペースだったんじゃないですかね?
いやーでも、ここから先が長かったような?時間だけがあっという間に過ぎたような?正直、あまり時間的な記憶が定かではありません。止まるたびにメモしておいた記録が頼りです。

てことで、後編をお楽しみにー
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:奥武蔵完全制覇6000再び改め…

こんばんわー
今日は「奥武蔵完全制覇6000」に行ってきました。
結果からいうと、完全制覇はできませんでした。

体力的な限界から後半ペースががた落ちになって時間切れで、11個の峠を越える予定が9個しか越えられませんでした。
いや、後悔はしていません。あと二つを無理して走ると完全に夜になる時間でしたから、我ながら妥当な判断だったと思います。雨も降ってきましたからねぇ

てことで、詳しいレポートは後日アップしますが、とりあえず今日走ったルートを引きました。



本日(2013.06.23)の走行記録
走行距離:199.68km
走行時間:12時間25分
平均速度:16.0km/h
最高速度:50.9km/h
獲得標高:5000m(ルートラボより)

以上、獲得標高が5000mジャストになりました。これは、前半が3314mで後半が1699mだったのを1桁目を切り捨て、3310+1690=5000と計算した結果です。
いやー、5000mを超えることができてホントに良かったです。
これで来週リベンジをやらなくて済みます。てか、リベンジとか無理です。身体がボロボロです

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

下見:奥武蔵完全制覇アタック6000

こんばんわー
今日は暑かったですが、ときどき雨が降る変な天気でしたねー
明日は、何が何でも晴れて欲しいと思いますが、暑くなるのは勘弁して欲しい、という少々我がままな希望を出しておきます。

さて、明日決行する予定の「奥武蔵完全制覇アタック6000」ですが、ルートの中でよく分かってない部分が何箇所かあるので、今日は下見に行ってきました。
自走で行くと距離も標高もキツいので、車載で行って部分的に自転車で走ってきました。

では、本日の走行記録です。
6時半ころに起きて、8時半過ぎに車載で出発。
自転車と同じルートでときがわを目指しましたが、これが大失敗。
途中、道路工事の片側通行で大渋滞に嵌り、30分くらいロスして、結局K30田中のファミマまで2時間近くかかってしまいました。自転車なら1時間半なのに、、、

また、車で走っている間に後方の荷台から「シューーー」という音がしていました、、、
ファミマで補給休憩後、白石峠の上り口方面に向かい、西平のトレッキングセンターに駐車し、自転車を降ろします。で、確認したら、リアのチューブレスタイヤの空気が抜けています、、、
とりあえず、携帯ポンプで入るだけ入れてスタート。

先ず、明日走行予定の「1. 都幾山」ルートの確認。
1. 都幾山(西平〜松郷峠〜慈光寺裏〜林道赤木七重線〜赤木)

西平の交差点まで戻り松郷峠に向かって左折し、少し走ったところの交差点を左折します。
20130622_jikou.jpg
ここから慈光寺の裏にある都幾山に上って林道赤木七重線に抜ける林道は「林道赤木慈光線」というそうです。
で、上り始めますが、しばらく行くと「工事中、通行止め」の看板が、、、
20130622_jikou2.jpg

少し先まで行ってみましたが、全面舗装工事をしているらしく、諦めました。
工事期間は来週一杯で、来週末からは走行可能になるようです。うー残念。
でも仕方ないので来た道を戻り、駐車場を越えて白石峠の上り口方面に向かいます。
白石峠の上り口のすぐ近くから林道赤木七重線に上る分岐を右に入ります。
20130622_nanae1.jpg

ここの上りですが、キツいっ!
最初から10%くらいの勾配が続き、その後、コンクリート舗装の16%ほどの急斜面が現れます。
20130622_nanao2.jpg
いやー、ウォーミングアップをろくにせずにいきなりの急斜面で脚も心肺も悲鳴を上げます。
でも、さほど距離が長くないので、なんとか急斜面を耐えると、その後は普通の勾配になりました。

で、ここで道を間違えました。
林道赤木七重線は右折すべきところ、左折してしまい、白石峠、笠山方面に向かって上っているようです。
ま、笠山方面なら、なんとかなるかなー?とか考えながら上り続けていると、林道栗山線に出ました。
20130622_douhira.jpg
見えてる山は堂平山ですね。
ここは、2. 七重峠で上る林道ですが、ここを下れば赤木に出られます。

で、林道栗山線を赤木まで下ってきました。
20130622_kuriyama.jpg
ここから、南に走れば林道赤木七重線に戻れます。

林道赤木七重線の終点(起点?)です。
20130622_nanao3.jpg

スタート地点に向かって林道赤木七重線を上り、途中、館川ダムを通過します。
20130622_nanao4.jpg
さっき間違えた三叉路から激坂区間を下って、駐車場に戻ってきました。
この区間の走行ルート
20130622_tokiyama.jpg

ここから再度車載して次の地点を目指します。
次は、「6. 大野峠(林道丸山線〜県民の森〜大野峠〜高篠峠〜林道大野峠線)」です。
林道定峰線の分岐からの道がどうなっているか分からないので確認しておきたいです。
で、車で松郷峠を越えて東秩父村から定峰峠に上り、白石、高篠、大野峠を抜けて県民の森の駐車場に停めました。
20130622_kenmin.jpg

ここから、林道丸山線を下り、林道定峰線への連絡路を探すつもりでしたが、また道を間違え、芦ケ久保、横瀬側に下ってしまいました。
正しくは、野外活動センター側に曲がらなければ行けませんでした。
ま、途中で間違えたことは気付いたのですが、もういいやってことで、木の子茶屋の先まで下って上り返しました。
この区間のルートです。
20130622_maruyama.jpg

で、県民の森の駐車場から車載して帰ってきました。帰宅17時半過ぎ、9時間の旅でした。
車の走行ルート(走行距離は120kmちょっとでした)
20130622_shasai.jpg

本日(2013.06.22)の走行記録
走行距離:38.78km
走行時間:2時間33分
平均速度:15.1km/h
最高速度:41.6km/h
獲得標高:1310m(ルートラボより)

以上、下見でルートを確認するつもりが道を間違えてばかりで、あまり役に立たなかったかもしれませんが、少なくとも林道赤木慈光線が通行止めであることは発見できたのはよかったですね。
ただ、代替で走る林道赤木七重線は、正直キツいですねー。一発目から16%とか、ちょっと萎えます。
まーでも、とりあえず頑張ります。
明日は3時には起きるつもりなので、もう寝ますねー

あっ、そうそう、リアタイヤですが、ウチに戻って空気を入れたら、7Barくらいから「シューー」って抜けます。
見てみたら、以前のパンク穴からですね。
で、シーラントで塞ごうと思ってパンク穴を下にすると、、、
20130622_tire.jpg
ダメだこりゃ、、、もう1本のTLタイヤに換えました。
ま、明日の本番でエア抜けすることを考えたら、良かったかもしれませんねー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ルート2:奥武蔵完全制覇アタック6000

こんばんわー
雨ですね。台風は温帯低気圧になりましたが、今夜中降り続きそうです。
明日は朝から回復するみたいですが、早朝から走りに行くのは無理ですね。

てことで、「奥武蔵完全制覇アタック6000」は明後日6/23(日)に延期します。
さて、時間もできたので、11個ある峠の詳しいプロフィールを検証してみましょう。

1. 都幾山(西平〜松郷峠〜慈光寺裏〜林道赤木七重線〜赤木)
K30田中交差点からK127に入って西平交差点からスタート。峠の途中から慈光寺の裏山(都幾山)に上り、林道赤木七重線でダムを通過して赤木に下る約10kmの行程です。
okumusasi6000-01.jpg
上りの距離が5.2km、平均勾配が6.8%、最大勾配が11-13%くらいです。
ここは、これまで一度も走ったことがないので、道の状況が全く分かりません。走行困難だったら引き返して、宿の先(白石峠の上り口近く)から林道赤木七重線で赤木に抜けようと考えています。

2. 七重峠(赤木〜林道栗山線〜七重峠〜林道萩殿線〜白石車庫)
赤木から林道栗山線で笠山を上り、七重峠のピークから林道萩殿線でK11の白石車庫まで下る約9.5kmの行程です。
okumusasi6000-02.jpg
上りの距離が5.9km、平均勾配が9.0%、最大勾配が14-16%くらいです。
ここは、昨年11/3にプチデビルさんと実施した「奥武蔵4000」で1つ目の峠(当時の記事では笠山峠としていますが、正しくは七重峠というそうです)として走ったことがあります。

3. 定峰峠(東秩父村側:K11白石車庫〜定峰峠〜秩父市側)
メジャーな定峰峠を東秩父村側の白石車庫から上り、峠のピークを越えて秩父市側の上り口(ヘアピンカーブの所)まで下る約10.5kmの行程です。
okumusasi6000-03.jpg
上りの距離が5.1km、平均勾配が5.2%、最大勾配が6-7%くらいです。
メジャーなルートですが、東秩父村側からは実は1回しか上ったことがありません。ま、それ程キツい峠ではないので、癒しステージにします。

4. 裏高篠峠(林道定峰線〜高篠峠〜林道大野峠線〜白石峠上り口)
定峰峠の秩父市側上り口の分岐から林道定峰線を高篠峠まで上り、林道大野峠線で大野地区側に下って白石峠の上り口まで約12kmの行程です。
okumusasi6000-04.jpg
上りの距離が5.2km、平均勾配が8.1%、最大勾配が10-12%くらいです。
ここの上りは、今回初めてアタックします。結構勾配がキツめですが、さてどんな道なのか?楽しみです。

5. 白石峠(K172〜白石峠〜林道定峰線〜山田)
言わずと知れた白石峠です。ピークから高篠峠まで行って、先程上った林道定峰線を途中(山田)の分岐まで下る約10.5kmの行程です。
okumusasi6000-05.jpg
上りの距離が6.3km、平均勾配が8.5%、最大勾配が10-12%くらいです。
この白石峠は、毎回それなりにアタックしちゃって脚を消耗させてしまいます。今回は攻めませんよ、軽いギアで脚を溜める作戦でいきます。

6. 大野峠(林道丸山線〜県民の森〜大野峠〜高篠峠〜林道大野峠線)
林道定峰線の分岐から上り始め、林道丸山線に入り、途中の平坦区間を過ぎてから県民の森の外周に沿って大野峠まで上り、三度目の高篠峠から大野地区に下る約14kmの行程です。
okumusasi6000-06.jpg
上りの距離が7.2km、平均勾配が4.7%(平坦区間含む)、最大勾配が12-15%くらいです。
ここも初めて走りますが、道が悪かった場合は、定峰峠にエスケープします。

7. 裏刈場坂峠(林道奥武蔵支線〜刈場坂峠〜林道刈場坂線)
林道大野峠線を下った三差路からスタートして林道奥武蔵支線を上り、刈場坂峠のピークからR299側に下る約11kmの行程です。
okumusasi6000-07.jpg
アップダウン後の橋から上りの距離が3.1km、平均勾配が10%、最大勾配が12-14%くらいです。
ここは、ついこの前の6/8「奥武蔵〜名栗3500」でtake-iさん24WEさんと走ったばかりですねー。

8. 刈場坂峠(林道刈場坂線〜刈場坂峠〜GL〜林道猿岩線〜黒山三滝)
5.5km、7.9%、8-10%
正丸峠との分岐から折り返して刈場坂峠を上り、ピークからGLを飯盛峠方面に走り、林道猿岩線を黒山三滝まで下る約20kmの行程です。
okumusasi6000-08.jpg
上りの距離が5.5km、平均勾配が7.9%、最大勾配が8-10%くらいです。
ここは、黒山三滝までの距離が長いのと、この後の行程との重複が大きいので、ルートを見直す可能性が高いです。

9. 裏飯盛峠(K61〜林道梅本線〜飯盛峠〜GL〜林道八徳入線)
黒山三滝近くのK63交差点からスタートし、林道梅本線を上って峠でGLに出て、再びGLを東に走って顔振峠の手前から林道八徳入線を吾野側に下る約16kmの行程です。
okumusasi6000-09.jpg
上りの距離が7.6km、平均勾配が8.2%、最大勾配が11-13%くらいです。
ここは、長くてキツい上りですね。下ったことは何度かありますが、上るのは今回初めてです。おそらく最大の山場になると思います。

10. 高山不動(高山不動参道〜顔振峠〜一本杉峠〜林道笹郷線〜黒山三滝)
はい、高山不動です。上れたら、GLを東に走って顔振峠を通過し、一本杉峠から林道線を黒山三滝に下る約16kmの行程です。
okumusasi6000-10.jpg
上りの距離が4.8km、平均勾配が9.1%、最大勾配が18-20%くらい(部分的には20%超)です。
多分、上れる脚が残ってないと思うので、林道八徳入線を下りたところで判断し、顔振峠にエスケープする可能性が高いです。

11. 花立松ノ峠(黒山三滝〜林道猿岩線〜花立松ノ峠〜GL〜顔振峠〜鎌北湖)
黒山三滝から林道猿岩線を上り、花立松ノ峠でGLに出て、顔振峠から一本杉峠、ユガテを通って鎌北湖に下る約21kmの行程です。
okumusasi6000-11.jpg
上りの距離が5.6km、平均勾配が8.2%、最大勾配が15-17%くらいです。
ここは、昨年11/10に「奥武蔵南ルート」としてプチデビルさん、24WEさん、orutasさんと上りましたが、勾配がキツかった記憶があります。ここまで辿り着ければ、最後の試練として頑張って上りたいですねー

以上、11個の峠のうち、4個が今回初めて上る峠で全体の1/3を超えています。
特に、1. 都幾山の慈光寺裏の林道と、6. 大野峠の林道定峰線の分岐から上り始めるところ、この2箇所の様子が全く分かりません。
うーむ、少し不安がありますね、、、明日、車載で下見に行って来ようかな?

よろしくれば、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ルート:奥武蔵完全制覇アタック6000

こんばんわー
なんか台風4号が接近してきてますね、、、金曜〜土曜の夜中に関東に最接近するんですか?

土曜の早朝から走りに行くつもりでしたが、4時スタートは厳しいですねぇ〜、、かといって出発時間を遅らせると完走できないし、、
ま、ダメだったら台風一過の日曜(6/23)に変更しようと思います。月曜を有休にすればいいだけですしねー

さて、その「奥武蔵完全制覇アタック6000」ですが、詳しいコースレイアウトを検証してみましょう。
okumusasi6000-1.jpg

okumusasi6000-2.jpg

11個の峠(上り)は、以下の通り
1. 都幾山(西平〜松郷峠〜慈光寺裏〜林道赤木七重線〜赤木)
2. 七重峠(赤木〜林道栗山線〜七重峠〜林道萩殿線〜白石車庫)
3. 定峰峠(東秩父村側:K11白石車庫〜定峰峠〜秩父市側)
4. 裏高篠峠(林道定峰線〜高篠峠〜林道大野峠線〜白石峠上り口)
5. 白石峠(K172〜白石峠〜林道定峰線〜山田)
6. 大野峠(林道丸山線〜県民の森〜大野峠〜高篠峠〜林道大野峠線)
7. 裏刈場坂峠(林道奥武蔵支線〜刈場坂峠〜林道刈場坂線)
8. 刈場坂峠(林道刈場坂線〜刈場坂峠〜GL〜林道猿岩線〜黒山三滝)
9. 裏飯盛峠(K61〜林道梅本線〜飯盛峠〜GL〜林道八徳入線)
10. 高山不動※(高山不動参道〜顔振峠〜一本杉峠〜林道笹郷線〜黒山三滝)
11. 花立松ノ峠(黒山三滝〜林道猿岩線〜花立松ノ峠〜GL〜顔振峠〜鎌北湖)

(※10. 高山不動は、都合により顔振峠+α等に変更する可能性があります)

以上の峠・林道の情報は、「Nasco Blog!」のなす子さんが作成して下さった【奥武蔵サイクリング情報!】(こちら)を参考にさせていただきました。

各峠の詳しいプロフィールは、また明日にでもアップします。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今週末:奥武蔵5000改め6000だっ!

こんばんわー
今日は暑かったですね。でも明日からまた雨のようですねー
週末はなんとしても天気が回復してもらいたいのですが

さて、今週末の土曜(6/22)に奥武蔵で5000m上ると言ってはみたもののー、、、ルートもスケジュールも装備も、なーんも具体的に考えてません。

いや、考えてはいるんですが、現実感(リアリティ)がないっていうか、実際に走っている自分の姿が想像できないっていうか、、、こんな状態で実施して大丈夫なのか?俺、、、って感じなんですよねー

もちろん、現実離れした無茶な計画ではなく、ある程度の勝算があるから実行するんですけど、、その勝算があることが逆にモチベーションを下げてしまってるのかな?

そのモチベーションダウンの影響か?昨日の記事では「上りの難易度を下げても標高が稼げればよい」というようなことを書いてしまいました。反省しています。

やはり、達成できるかどうか微妙なレベルまでハードルを上げた方がチャレンジ精神が刺激されて、やる気が高まるのかもしれませんねー

てことで、5000mは取り消します。

6000mにしますっ!

題して「奥武蔵完全制覇アタック6000」

いやー、多分ね、6000mって、1日で(明るいうちに)上れる本当の限界なんじゃないでしょうか?限界を超えてるかも知れません(多分超えてるなー)。

でも、無理かも?ってところに挑戦してこそ、キッチリした限界が見えるような気がします。
なので、限界(気力、体力、日没、天候)が見えた時点で、無理はせず、すぐに止めますよ。

で、ルートです。
「奥武蔵完全制覇」を冠する以上、全ての峠を走破しなければなりません。理想的には、全ての峠を通過するだけじゃなく、全ての上りを上りたいところです。

しかし、現実にルートを引いてみると、重複箇所を少なくして距離を短縮する必要もありますから、全ての峠に上るのは難しいですねぇ
また、美しさにこだわるなら、同じ道を通らずに、一筆書きのようにグルグル回れる周回ルートがよいのですが、現実の道では不可能です。

てことで、多少の妥協も含みつつ、引いたルートが↓こちら(ルートラボのポイント数の制約から2つに別けています)



山岳区間の距離が約160km、峠の数が11個、獲得標高が5600mちょっとになります。
ウチからの往復を加えると、総距離が220km、総獲得標高が6000mになります。

山岳区間の平均速度を15km/hとして、11時間かかりますから、余裕をみて13時間(5時半〜18時半)が必要そうです。ウチを朝4時に出発して20時に戻ってくる感じですねー

いやー相当ハードルを上げちゃいましたけどぉ〜、、、
まーこれくらいじゃないとモチベーションが上がりませんからねー

ま、失敗してもいいんです。
でも、完走ならずとも5000mを超えることができたら、一応、それで良しとして、6000mは来年以降の課題と言うことにします。
ただ、もし5000mを超えられなければ、そのときは、翌週にリベンジしますよーっ!

以上、直前になって予定を変更しましたが、ルートの詳しい研究と、タイムスケジュールの設定、暑さ対策、補給等のことについては、これからちゃんと考えて準備したいと思います。
ただ、体調や天候によっては、前日or当日中止→延期なども十分あり得ます。ま、その辺は柔軟に対応したいと思いますー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いよいよ:開幕ツールの展望と業務連絡諸々

こんばんわー
今日は暑かったですねー。静岡方面に出張でしたが、陽射しが強かったですー
いやー、もう夏ですね。昨日の短時間ライドでも感じましたが、夏のライドはやはり厳しいです。

さて、昨日でツール・ド・スイスが終わり、いよいよツール・ド・フランスが近づいてきましたねー
tour100_map_route.jpg

先週のドーフィネではフルームが強さと安定感を見せ、スカイのチーム力の高さに他チームはどうしようもない感じでした。
スイスでもスカイは、二軍?にも関わらずそれなりの存在感を示していましたから、総合力ではすば抜けていて、そのアシストを受けるエースのフルームが優勝候補No.1であることは間違いなさそうです。

ではライバルは?というと、コンタドールやホアキン(プリート)、エバンス、などですが、BMCは別にしてどこもチーム力がイマイチな感じは否めません。

でも、コンタは昨年のブエルタのような展開に持ち込めれば、個の力でなんとか打開する可能性もありそう?いや、そういう展開を期待しています。

プリートは厳しいんじゃないかと思いますねぇ、、やはり個人TTで失うタイムが大き過ぎますから、総合争いには残れないでしょうねー

エバンスも体力的なピークをとっくに過ぎて頑張れない感が強いですねー。上りもTTもライバルから千切られていく姿しか思い浮かびません。バンガーデレン(出るの?)辺りを裏のエースに据えて世代交代を図る方がよさそうです。

んんーアンディ?出すのかな?レオパードは、、、出すだけ無駄ですねー。ま、カンチェも出ないし、レオパードはどーでもいいですねー

以上の他に、チームとしては、モビスターとガーミン辺りが何かやってくれそうで、楽しみにしていますが、誰をエースに据えてくるんでしょうねー?

あと、スペシャユーザーとしては、クイックステップ、アスタナにも頑張って欲しいのですが、まぁあまり目立たないでしょうねー
カヴがスプリントで何勝するか?サガンとのポイント賞争いがどうなるか?くらいですかね

また、日本人ライダーも出場して欲しいのですが、ユキヤとフミのセレクションが気になります。まーチームの方針次第ですけど、出場できれば何かやってくれそうな気がします。

まーいずれにしても、100回記念のツールですから、存分に楽しみたいと思います。勝負は何が起きるか分かりませんからねー

で、話はガラッと変わりますが、今週末は夏至で、一年で最も日が長いってことで、かねてよりアナウンスしていた奥武蔵5000を実行しようかと思っています。
okumusasi_map.jpg

ただ、以前にお知らせした奥武蔵スペシャル(こちらの記事参照)のルートとは若干変えようと思っています。詳しいルートはこれから考えますが、何個かの厳しい峠を止めて、比較的緩い勾配の峠に置き換えるつもりです。

はい、少しヘタレました。てかね、坂の厳しさよりも標高の数字が取れればいいんです。結果ですよ、結果っ!
ルートが決まったら改めて報告します。

で、その奥武蔵方面の峠、林道、名所、旧跡、グルメスポットについて、「Nasco Blog!」のなす子さんが詳しいガイドマップを作成してくださっています。こちらの記事の【奥武蔵サイクリング情報!】です。

いやーホントに詳しいです。私の知らない峠や林道がたくさん紹介されていますし、まぁ私が知らなくて当然のグルメスポットも多数掲載されています。

ここまで詳しい奥武蔵のガイド情報は、これまでなかったんじゃないかと思います。私も走行記録を書くときに林道名を調べるのに苦労しましたからね
なす子さんは、さすが地元ですねー。とってもありがたいです。私も活用させていただきますー

奥武蔵の山々に興味がおありの方は、このガイドを活用して是非とも上りにいらしてくださいー。よろしければ、ご案内いたしますよー

あ、言っておきますが、奥武蔵は決して地獄ではありませんよー(私のブログでは大幅な脚色が入っていますので厳しく見えるかもしれませんが)。基本的には快適な林間コースですから、これからの季節、灼熱の平地を離れて山の上で涼しく走るのに最適です(むしろ天国です)。

ま、ルート設定次第で地獄にもなり得ますが、、、それは当人のご希望次第ということでー
また、5000mに付き合ってやってもよいという物好きな方がいらしたら、今週末にご一緒しましょーっ!地獄で(ウソですよー)お待ちしていますー

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

晴れた:午後から軽く走りに行ってきました

こんばんわー
本日二度目の更新です。
今日は午前中ずっと雨で走りに行けないかと思いましたけど、昼ご飯を食べて居眠りして起きたら晴れてました。
路面も急速に乾いたので、こりゃもぉ行くしかないってことで、慌てて準備して走りに行ってきました。

14時半前に出発し、時間もないので飯能〜成木方面に行くことに
多摩湖の脇からK55側に下りて狭山湖に上ってからK179を通って入間方面に
金子駅のそばを通ってK63で岩蔵街道に出て、小曽木に抜けて東京バーディGCの坂を上って成木街道に出ました。
成木街道で小沢峠を目指し、滝成トンネル入り口からラップ計測開始。

今日は小沢峠だけ上ったら帰るつもりなので本気アタックです。
時速25km/hを切らないように、途中で若干斜度が上がるところもできるだけ20km/hを切らないように、アウターで踏んでいきます。
いい調子で最後の10%超の直登400mまで来ましたが、ここではもう心肺は95%程度まで上がって苦しくなってきました。インナーに落としダンシングでこらえますが、最後はシッティングでなんとかゴールっ!
ラップは、11分50秒(距離4.09km、平均速度20.7km/h)でした。自己ベスト更新です。

その後、名栗側に下ってから右折して飯能方面に向かい、山王峠を越えて成木側に戻ります。
山王峠を下ったところのTANAKA屋さんで赤コーラ補給。旨いっ!
いやーもう暑くて汗だくになったときのコーラは最高ですねーっ!
で、岩蔵街道からK63に左折して入間に向かい、R16から所沢・入間バイパスを通って帰ってきました。帰宅18時前、3時間半の旅でした。

本日(2013.06.16)の走行記録
走行距離:74.78km
走行時間:3時間02分
平均速度:24.5km/h
最高速度:56.5km/h
獲得標高:700m(ルートラボより)

以上、今週は諦めていましたが、なんとか少しでも走ることができてよかったです。
それなりに峠を攻めることもできましたしね。
来週はなんとしても晴れて欲しいですねー。夏至で日が長いですからロングに行きたいです。

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

イベント:秋のもてぎエンデューロ4hソロ

こんにちわー
雨ですね、、、
全く当てが外れました。
こんなことなら昨日少しでも走っておけば、、、
ま、後の祭りですね

さて、タイトル通り「もてぎ7時間エンデューロ2013」の秋大会、9/29(日)の4時間ソロに申し込みました。
motegi7h_aki_logo.jpg

ぽじさんtake-iさんも既に申し込みを済ませておられます。

私は、昨年(2012)のGW大会、今年(2013)のGW大会に続き3回目の参加になりますが、秋大会に参加するのは初めてです。
秋大会は9月末に開催されますが、気温の高さと台風が気になりますねー

調べてみると、昨年9/29の宇都宮は、最低気温が21℃で、最高気温が30℃、、、暑いですね
今年の開催日5/5は、最低気温が8℃最高気温が23℃で、昨年のGW5/5は、最低気温が14℃で、最高気温が27℃でした。

単純に今年のGWよりも10℃近く高く、暑さで後半ヘロヘロになった昨年GWよりも5℃くらい高くなる可能性があるということですねー
これは、真剣に暑さ対策(給水、ミネラル補給)を考えておかないといけません。
あと、台風が来たら、それはもうDNSの一択です。

で、暑さの中のレースということで、もう一つ
kumagaya_bmr.jpg

- あついぞ!熊谷 - BURNING MAN RACE’13(バーニングマン・レース)
こちらは、7/27(土)に熊谷スポーツ文化公園で開催されるエンデューロレースです。

どなたか一緒に参加しませんか?

さすがに真夏、しかも日本有数の灼熱地獄となる熊谷で行われるレースですから、ソロで出場するつもりはありません。
ちなみに、昨年7/27の熊谷は、最低気温が26℃で、最高気温が38℃!!でした、、、普通に外にいるだけで氏ねます、、、

なので、サンライズ・エンデューロ5時間の部にチームで出場したいと考えています。
私を含めて3人以上集まれば参加しようと思っています。エントリー期限は7/1です。
興味がおありの方は、今週中(〜6/21金)にコメント欄でご連絡ください。
よろしくお願いしますー

以上、イベント関連の報告と案内でした。
あれ?雨が止んだかな?走りに行けるかな?でも路面ウェットだしなぁ、、、
あと、今週末6/22(土)に天気が良ければ5000mやります多分(ボソっ)

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

晴?:降らないじゃんっ!→チェーン交換

こんにちわー
今日は、フルフル詐欺に完全に騙されました、、、結局、雨降らず、、
朝、9時半に起きて二日酔いの頭を抱えつつ空を見ると、アレ?晴れてる、、、
雨の予報じゃなかったっけか?と思いつつも、身体も頭も重いので午前中はグダグダとツール・ド・スイスの録画などを観て過ごしました。

午後からは雲も多くなってきたので、降られてもイヤだからと、結局、走りに行かずにチェーン交換して終わり。
で、今(17時)の時点ではまた晴れてますね、、、天気予報は一体なんだったんだ?今夜から明日にかけて本当に降るんでしょうか?読めない天気ですねぇ、、、

あ、昨日は南浦和で焼き鳥を食べました。メッチャ旨かったですー
タンパク質の補給と、レバーによる赤血球増強を図ってきましたよー
でもホッピー飲み過ぎて悪酔い、、、肝臓を酷使してしまいました

さて、走行ゼロなので、チェーン交換のことでも書きますか
交換用のチェーンは、5月半ばに購入しておいたもので(こちらの記事参照)、シマノCN-HG93(アルテグラグレード)です。

交換前のチェーンは、CN-HG73(105グレード)で、昨年10月に交換してから8ヶ月で6000kmほど走行したことになります。
並べてみます。上が新しいCN-HG93で、下がCN-HG73
20130615_chain1.jpg

やはり多少伸びていますね。
また、CN-HG73は、元々の色が少しグレーがかっていますが、CN-HG93はシルバーです。

で、CN-HG93を切ってからペットボトルに入れて防鯖用のオイルを洗い落とします。
また今回、ミッシングリンクも新しいものに交換します。古いのは緊急用としてサドルバッグへ
チェーンリングやスプロケット、プーリー等を掃除してから、CN-HG93を取り付けます。
20130615_chain2.jpg

やはり、シルバーの方が奇麗ですね。
20130615_chain3.jpg

チェーンに注油(今回もペドロスGO)し、最後に車体をフキフキして作業終了。
サドルバッグやトップチューブバッグを取り外したMyセクターもたまには撮影。
20130615_secteur.jpg

以上、走りに行けなかった(行かなかった)休日のチェーン交換作業報告でした。
明日の天気はどうなるのでしょうか?雨降らないで欲しいですねー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最高:白根山(渋峠)の絶景ライド(後編)

こんばんわー
雨ですねー。でも、今夜で台風は通り過ぎて低気圧になるんですか?
明日、明後日は梅雨っぽい空模様のようですが、日曜は回復しそうですねー。走りに行けるかな?

さて、前編に続き、6/10(月)に行った「草津〜志賀(二度上峠〜渋峠)」の後編です。
この日は、ぽじさん、いでおんさんとご一緒いただきました。
前編で、二度上峠のピークまでやって来た我ら三名ですが、ここから草津を経由して志賀方面の渋峠を目指します。
ルートは、こちらの記事をご参照ください。

10時過ぎから二度上峠のダウンヒル開始です。
いやー気持ちのいい道ですねー。北軽井沢の別荘地ですか?木立に囲まれた緑のトンネルをダぁ〜っと下るのはホントに気持ちイイぃ〜っ!
調子に乗って飛ばしすぎて3回ほど対向車線に飛び出しちゃいましたwww
ヤバいヤバい、こんな所で事故ったら大変なことになります。その後は慎重に走りましたよー

で、R146の交差点を草津方面に右折し、しばらく走ったところにあるSAVE ONで休憩です。
ここでは、この後の草津への上りに備えて、カフェオレと携帯してきたシリアル&ゼリーを補給しました。
休憩後再スタートし、羽根尾で右に曲がり大津交差点を左折したら、そこから草津へ向かう上り坂が始まります。

この坂のピーク手前のセブンまで行きましょうってことで上り始めます。ここは、ピークまでの距離が6.8km、高度差が500mで、平均勾配が7.3%のほぼ一定斜度が続きます。ま、所々で10%なんてのもありますが、長くは続かないので、さほど負荷は高くありません。
作戦では、平均速度10km/h前後で上ればよいことになっていましたが、実際は、セブンまでだったので、ラップが31分07秒(距離6.31km、平均速度12.2km/h)でした。ここもよいペースで上ることができました。

また、この上り区間でも、昨日の記事で書いた、後腿と尻の筋肉を使ったペダリング、えーと長いので以降は「後筋ペダリング」と呼びます、を試しました。
えー、裏筋(うらきん)ペダリングにしようかと思ったけど、違う読み方で変な意味になるとアレなので、後筋(あときん)にしました。アトキンさんが考案したみたいで、それっぽいでしょ?

で、後筋ペダリングですが、いいですねー、ペースが維持しやすいです。ただ、勾配が10%のようなところでは、前腿も発動しないと厳しくなりますから、フォームを切り替えるのが面倒ですねー
同じフォームで使う筋肉を切り替えられるように、ペダリングスキルを上げていくしかないんでしょうね。

てことで、ぽじさん到着。
20130610_kusatu1.jpg

続いて、いでおんさんも到着。
20130610_kusatu2.jpg

セブンで小休止し、携帯してきたゼリーと羊羹を補給しました。
休憩後、12時ちょうどくらいに再スタートし、坂の残りを上ったら一度下って草津の街中に到着です。ここはスルーして、そのまま草津国際スキー場まで走り、ここでまた小休止。
20130610_kusatu3.jpg

ここは珍しくケータイの電波があったので、「これから白根山アタック」とツイートしました。
そして、12時45分くらいから、この日のメインイベントである白根山アタックを開始しました。

草津国際スキー場から白根山レストハウスまでの上り区間は、距離が13.3km、高度差が800mで、平均勾配が6.0%になります。作戦では、10〜12km/hの平均速度で上ればよいことになっています。

上り始めの部分は、まだ林の中を通る比較的緩い勾配の道です。緑のトンネルが気持ちいいですし、白樺の木があると普段の山とは雰囲気が違って高原気分が盛り上がります。
しばらく走ると徐々に木が少なくなり、山肌が見えてきました。森林限界を超えたようです。
前方にロープウェイの山麓駅が見えます。
20130610_sirane1.jpg

いきなり景色が荒々しくなりましたねー。思わず停車して写真撮影です。
もちろん、この標識も撮影。
20130610_sirane2.jpg

息を止めて撮影。
20130610_sirane4.jpg

なんかコーナーを曲がるたびに新たな景色が現れるので、止まって撮影してばかりです。
20130610_sirane5.jpg

20130610_sirane6.jpg

20130610_sirane8.jpg

草津の街を見下ろせる展望台のような駐車スペースから
20130610_sirane7.jpg
いでおんさんが止まっています。見えますか?右側の路肩が広くなったところです。ぽじさんが何か言って、二人とも再スタートしました。
そこから白根山までの間も絶景が続きます。

白根山到着ーっ!
20130610_sirane10.jpg

いやー景色を楽しみながら何度も止まって写真撮影したので、時間を忘れてましたが、なんかアっという間だったような気がします。
でも一応、ラップはとっていて、68分50秒(距離12.4km、平均速度10.8km/h)でした。あ、それなりの速度になってましたねー(ただ、サイコンのデータなので、停車時間は含まれてません)

白根山レストハウスで小休止し、コーラを補給しました。ここの自販機は下界と同じ値段ですね、良心的だぞ白根山っ
20130610_sirane9.jpg
てことで、休憩後、この日の最終目的地である渋峠を目指して再スタートです。
渋峠までは2つのアップダウンを越えていく約5kmの道のりです。

20130610_sibu1.jpg

20130610_sibu2.jpg

はい、渋峠に到着ーっ
20130610_sibu3.jpg
「日本国道最高地点 標高2,172m」制覇っ!
白根山を見下ろす景色も最高っ!!
20130610_sibu4.jpg

ま、寒いので、さっさとレストハウスに戻り昼食です。
が、この時点で15時を過ぎていたため、レストランの営業が終わっており、軽食コーナーで食べるしかありません。
名前を忘れましたが、うどんをいただきました。
20130610_udon.jpg

時間も15時半を過ぎ、暗くなっても厳しいので、とっとと帰路に着きます。
帰路はダぁ〜っとダウンヒルで草津まで降り、その後も吾妻渓谷の下り基調を飛ばし、K58に右折するまでの49kmを1時間半ほど、平均速度33.8km/hで下ってきました。

そこからは、倉渕温泉の緩い上りがあるものの、一気に榛名まで降りてきて、残り10kmを切ったところのセブンで最後の休憩。
19時前に榛名支所に到着しました。往復にかかったのは11時間ちょっとでした。
ここで解散し、各々車載で帰ります。
ぽじさん、いでおんさん、お疲れ様でした、ありがとうございました。

そこから私は、往路と逆に高崎インターから関越道に乗り、所沢インターで降りて帰宅しました。帰宅が21時、15時間半の旅でした。

以上、急遽決まった二度目の群馬遠征は、想像を遥かに超えるほどの絶景を堪能することができました。
そして、知識としては知っていても、そのような場所まで実際に自転車で行けたことに我ながら驚くとともに、改めて自転車の可能性と素晴らしさを実感しました。
季節を変えてまた行きたくなる場所ですねー。オススメですので、是非、行ってみてくださいー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最高:白根山(渋峠)の絶景ライド(前編)

こんばんわー
今日は、脚が痛重い感じで張っていて歩くのがキツかったです。
筋肉痛ということではなく、脚全体が張って硬くなっている感じで動きがとてもぎこちなくなっています。

前腿もなんですが、後腿(ハムストリング)から脚の付け根と尻の筋肉にキテますねー
これは最近試しているペダリングの結果だと思いますが、筋肉の使い方として間違いじゃないことが裏付けられているような気がして、少し嬉しい痛みです。
試しているペダリングについては、本記事の最後の方に書きます。

では、昨日(6/10)の走行レポートです。
速報でもお知らせしたように、群馬遠征第二弾「草津〜白根山(二度上峠〜渋峠)山岳ライド」に行ってきました。(ネーミングがコロコロ変わりますが、不慣れな土地のためご容赦ください)
ご一緒したのは、ぽじさんといでおんさん、そして私の3名です。

このライドが企画された経緯はよく覚えていませんが、いでおんさんのツイートがきっかけで、ぽじさんが「じゃぁ渋峠行きましょう。平日に」って感じだったと思います(正確ではないですが)。
私は、月曜(6/10)が職場の創立記念日で休みだったので「月曜なら行けます」と返信しましたが、正直言って軽い気持ちでした(スミマセン)。

というのも、その2日前の土曜(6/8)はtake-iさんを山で引きずり回さなければならない地獄の山岳ライド(獲得標高3000m↑)が予定されており、中1日で3400m↑のライドを実施するのはさすがに厳しいのでは?との思いもあったからです。

しかし、話はトントン拍子に進み、てか、私が返信してから帰りの電車に乗り帰宅して夕飯を食べてる間に、6/10(月)の渋峠ライドがほぼ決定していました。決まったものは行くしかありません。

てことで、土曜の奥武蔵〜名栗は結局3500m↑となり、結構なダメージを受けたことから、日曜は完全休脚日として月曜のライドに備えて早寝しました。この日に立てた作戦が→こちらの記事です。ま、机上の空論かもしれませんが、なんらかの目安があると楽な気持ちで臨むことができますし、実際のライドでも不安感がなかったですねー

明けて月曜は、4時半前に自然に目が覚め、朝食を採って準備をして、5時半前に車載で出発。所沢インターから関越道に乗って6時半に高崎インターで下り、高崎市街を抜けて榛名方面を目指しR406に入りました。
ローソンで休憩して二度目の朝食を採ってから、榛名支所に到着したのが予定の7時半少し前でした。
ぽじさんといでおんさんは既に到着されてました。お待たせしましたー
出発前の記念撮影。この時点では、空一面が雲に覆われ、先行きが危ぶまれました。
20130610_shuugou.jpg

例によって前置きが長くなりましたが、走行記録いきます。
7時半過ぎに榛名支所をスタートし、R406〜K54を西に走ります。私は当然全く道を知りませんから、ぽじさんに着いていくだけです。しかし、ぽじさんのガーミンが不調?二度ほど止まって調整し、センサーの電池を交換したら復活した模様。雨のブルベで水没したのが不調の原因?てことでした。

その後は順調に走行し、緩い勾配で徐々に高度を上げていきます。
最初の上り区間は、榛名支所から二度上峠の上り口手前の少しフラットになるところ(橋があったかな?)まで、距離が21kmちょっと、高度差が600mちょっとです。平均勾配が2.8%程度ですから、さして厳しくなくウォーミングアップにはちょうどいい上りですね。

事前の作戦では、この区間を18km/hの平均速度で走れば、平均出力が160Wになる、という計算を立てていました。
実際のラップは、69分37秒(平均速度18.6km/h)でしたので、計画通りの走りができましたねー
で、フラット区間を少し走って二度上峠の上り口である「はまゆう山荘」まできました。

ここで、この日最初の休憩です。桃太郎ソフトをいただきました。
20130610_hamayuu.jpg 20130610_soft.jpg

桃太郎というから桃のソフトクリームかと思ったら、桃太郎という品種のトマトなんですね。酸味があってほのかに甘く、シャーベット状のソフトでした。美味しかったですが、疲れたときに食べるなら、もう少し甘味が強くてもいいかなー?

この「はまゆう山荘」を出発したのが9:15くらいで、同時に二度上峠のアタック開始です。
二度上峠への上りは、距離8.7km、高度差575m、平均勾配6.8%です。作戦では、平均速度10〜12km/hくらいの計算でした。

実際に走ってみると、6%台の一定勾配が続き、路面も綺麗で走りやすく、インナー×ローでケイデンス70台が維持できます。70回転くらいだとクルクル回せる感じで、負荷が高くないので心肺も90%以下に抑えられますから、楽ですね。ま、楽というか、それなりに負荷を掛けつつ気持ちのいいペースで回し続けることができる感じです。自分の脚と心肺にとって最も効率の良い負荷と出力のバランス点なんでしょうかね?一定のリズムでズーっと走り続けていられるような感覚を受けました。

この二度上峠のピークまでのラップは、44分44秒(距離8.84km、平均速度11.9km/h)でした。190Wくらいの平均出力が出たことになりますね。とても良い結果です。
20130610_nidoage.jpg

続いて、いでおんさんゴール。
20130610_nidoage1.jpg

さらに、ぽじさんゴール。
20130610_nidoage2.jpg

で、この二度上峠の上りで積極的に試していたのが、腿の後ろ側〜尻を使うペダリングです。
ブログなどでもよく解説されているのですが、私自身は、上りではトルクをかけた方が速いと思い込んでいたので、あまり試したことがなかったのですが、この春くらいから多少意識してやってみているペダリングです。

一応説明すると、サドルのできるだけ後ろに座り、上ハンドルに指先が触れる程度まで上体を起こし、骨盤を立て(後ろに反るくらいのイメージ)、腿全体を付け根から大きく上下に動かし、ペダルは1時〜5時くらいまで踏んで後はスっと抜いて上げてくる、ってイメージです。

ま、まだ脚の使い方に慣れていないのと、私の身体が硬いのもあって極端な体勢をとっていますから、速度が一定かつ低速な時にしか試せませんが、今回は長く続けることができたので、何となくイメージが固まってきました。
以前は、上体を起こすと踏み込めなくなるから遅くなる、と思っていたのですが、腿全体を高く上げることを意識すると力を入れなくても自然に回転が上がって、結果的に高い速度が維持できることが分かってきました。

さらに、腿の後ろ側〜尻を使うといっても、もちろん前腿(大腿四頭筋)も使ってるわけですから、脚全体の筋肉を使ったペダリングだと言えるわけで、その結果、各部の疲労が少なくなって長時間回し続けられることになりますね。
ただ、私自身は、腿の後ろ側の筋肉量が少ないので、まだまだ上手く使えませんし、尻の筋肉を使うとサドルに圧迫されて痛みが出てきます。なので、時々ダンシング(てか立ち漕ぎ)を入れてケツ筋を休ませてあげる必要があります。
ともかく、このペダリングの効果が大きいことは分かってきたので、今後も続けて上手く使えるようになりたいと思っています。

この頃になると雲も少なくなって太陽が顔を出し、気温も上昇してきましたねー
二度上峠のピークから浅間山が見えました。
20130610_asama.jpg

っと、長くなったので、前編はここまでです。
残りの行程は後編で書きたいと思います。白根山の絶景は、少々お待ちくださいー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最高:白根山(渋峠)の絶景ライド(速報)

こんばんわー
今日は、「草津〜志賀(二度上峠〜渋峠)」の群馬遠征に行ってきました。
あ、世間様は平日ですが、私の職場が創立記念日で休日だったんです。

今日は、ぽじさん、いでおんさんとご一緒し、3人で行きました。
三人とも車載で高崎市役所榛名支所まで行き、そこで合流して二度上峠から草津を経由し、白根山〜渋峠に上ってきました。
ルートは、↓こちら


昨日時点での天気予報では、草津地方は一日曇りで、山の上の方は雲の中かなぁ〜、、、て、あまり期待していなかったのですが、上り始めるころから晴れ始めて、良い景色を堪能することができました。
20130610_siranesan.jpg

いやー、白根山の景色は最高ですねーっ!
もう、白根山アタックは、アタックにならなかったですよ。しょっちゅう止まって写真撮影ばかりで
いつも奥武蔵などの高度の低い山に上ってるからかもしれませんが、森林限界を超える高い山の景色は格別ですね。
さらに、日本国道最高地点の渋峠を制覇することもできたし、大満足のライドになりました。

詳しいライドの報告は追ってアップしますが、取り急ぎ本日の走行記録
本日(2013.06.10)の走行記録
走行距離:161.95km
走行時間:7時間43分
平均速度:20.9km/h
最高速度:62.2km/h
獲得標高:3460m(ルートラボより)

以上、走行自体は、一昨日に続く山岳ライドで脚の疲労もありましたが、上りの質が違って、今日の坂は比較的緩い勾配で距離が長かったこともあり、脚を回す走り方ができて上り切ることができました。
一昨日の3590mと合わせて三連休で7000mの標高を獲得することができました。大収穫です。
いや、まぁ、獲得標高よりも、今日は絶景を堪能できたことの方が大々収穫でしたー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

未知:群馬遠征(二度上峠、渋峠)の攻略法を考える

こんばんわー
本日二度目の更新です。
今日は結局走りに行かず、買い物に付き合った後にチェーン清掃と注油だけして終了。
いやー暑すぎませんか?こんな日に走ったら回復走どころか、バテバテになって逆に疲労が蓄積しそうな気がして、、、ま、言い訳なんですけどね

てことで、今日は明日の「群馬遠征(草津〜志賀)渋峠を目指す山岳ライド」に備えた積極的休養ということにしておきましょう。
で、その群馬遠征ですが、もちろん全く走ったことのないルートで、坂のレイアウトも全然分かりません。走行距離が170km程度、獲得標高が3400m超ということは分かっています。
そのような未知のルートに予備知識なしで挑むのは、それはそれで楽しいのかもしれませんが、昨日の疲労が残った状態でもあるため、少しでも不安を減らしておきたいと思います。

そこで、明日のルートの坂がどのようなレイアウトになっているのか?を調べ、どの程度の走りができるかを事前に予想してみましょう。
ぽじさんが引いてくれたルートは、↓こんなです。
kusatu-siga1.jpg
kusatu-siga2.jpg

大きく見ると、二度上峠と渋峠の2つの上りなのですが、それぞれ途中に短い平坦区間があるので、4つの上り区間に分けて考えます。
それぞれの距離、高度差、平均勾配は、概ね以下の通りです。
1. 榛名支所〜倉渕 21.2km 605m 2.8%
2. わらび平〜二度上峠 8.7km 575m 6.6%
3. 羽根尾〜草津 6.8km 500m 7.3%
4. 草津〜白根山 13.3km 800m 6.0%

では、各上り区間を私がどのくらいの時間(平均速度)で上れるかを考えてみます。
その前提として、以前の記事で算出したヒルクライムの出力値に基づき、平均出力として、200W(30分程度まで)、180W(1時間程度まで)、160W(ロングの疲労時)の3パターンを仮定してみました。

また、参考値として、5/2に行ったハルヒル試走時の出力も「ヒルクライム計算」で算出してみました。
ハルヒルコースは、計測距離が14.7kmで平均斜度6.0%であることから、高度差が880mです。試走時のラップが69分55秒でしたので平均出力が188Wとなりました。
上記の180W(1時間程度まで)と合っていますね。

ということで、各区間を200W、180W、160Wの平均出力で上った場合の所要時間と平均速度をヒルクライム計算で逆算してみました。
  上り区間      200W      180W      160W
1. 榛名支所〜倉渕   61分(20.9km/h) 65分(19.6km/h) 71分(17.9km/h)
2. わらび平〜二度上峠 42分(12.4km/h) 47分(11.1km/h) 52分(10.0km/h)
3. 羽根尾〜草津    36分(11.3km/h) 40分(10.2km/h) 45分(9.1km/h)
4. 草津〜白根山    60分(13.3km/h) 66分(12.1km/h) 74分(10.8km/h)

ふむ、最初の区間は18km/hくらいで走り、二度上峠は10〜12km/hで上ればいいんですね。
草津に向かう上りは、10km/h前後で上り、最後の白根山(〜渋峠)は10〜12km/hで上ればよいということが分かりました。
ま、200Wも出すつもりはないし、逆に160Wでも時間的には大して変わりません。このように出力としては余裕がありそうですから、多少調子が悪くてもなんとか上り切れそうですね。

以上、未知の山岳ルートに対するシミュレーションをしてみました。
ま、あくまでも計算上の数字でしかありませんから、実走でどういう結果が出るのかが楽しみです。
この精度を上げることができれば、今後の走行計画に役立てることができそうです。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山三昧:奥武蔵〜名栗3500走行記録

おはようございます(記事を書いてる間に午後になりましたが)
今日も良い天気で暑くなりそうですねー(実際に暑いですね)
でも、昨日の疲れと明日への備えで走りに行くかどうか考え中。
午後から回復走に行くかもしれませんが、午前中はマッタリグダグダしています。

さて、昨日の「奥武蔵〜名栗3000改め3500(速報)」の詳細報告です。
ご一緒したのは、take-iさん24WEさんと、私の3人でした。
走行ルートとタイムスケジュールは、こちらの記事をご参照ください。

昨日は、4時半に目が覚め、ツイッターをチェックすると、take-iさんは既に出発したとのこと
7時半にときがわのK30田中交差点そばのファミマに集合ですから、6時くらいに出れば間に合うのですが、多少余裕を持って5時45分に出発。
いつものように所沢から入間、日高、毛呂、越生を抜けてK30を北上し、ファミマに7時15分に到着。
20130608_famima.jpg
既にtake-iさんと24WEさんは到着してお待ちでした。

出発予定は7時半ですが、ま、揃ったことだしってことで、7時20分ころに出発。
3人で白石峠の上り口を目指しますが、途中で後ろからクラクションを鳴らした怪しい車が、、、
朝からウゼぇやつがいるなーと思っていると、ぽじさんでした。
仕事に向かうためにK30を南下する、とのツイートは見ていたのですが、ファミマでは会えなかったため、まーいいかって思っていたのですが、白石峠側まで曲がって追いかけてくるとは、、、いや、お会いできて嬉しいですよ。
上り口の近くでしばしご歓談の後、我々は白石峠に向かいます。

8時ジャストから白石峠アタック開始です。
はい、ピークに到着。ラップは、35分00秒(距離6.40km、平均速度11.0km/h)で、またまたベスト出ました。
少し息を整えただけでそのまま高篠峠方面に向かい、分岐から8時50分にダウンヒル(5分前倒し)。
下り切った交差点を右折して裏刈り場に上り始めますが、しばらくはアップダウンのダラダラ道。
20130608_urakariba.jpg
突然現れる22%の急斜面を上るtake-iさん

で、小川にかかる橋から裏刈り場にアタック開始です。ここからGLへの合流地点までの3kmちょっとは、ずーっと10%程度の勾配が続きます。
キツいですが、GL合流地点到着。ラップは、20分09秒(距離3.1km、平均速度9.2km/h)でした。
そのまま刈場坂峠まで移動し、少々休憩です。9時45分くらいだったでしょうか?予定よりも15分ほど早いですねー
ここまでの2つの上りで既に1000mを獲得しています。

その後、刈場坂峠をR299側に下って、正丸峠の分岐に到着。10時10分、20分前倒し
正丸峠にアタック開始です。
この日は、攻めないことを誓っていたのですが、この日の8つの坂のうち、正丸峠は最も勾配が低く、距離も短めのため、全力アタックしちゃいました。
が、半分を過ぎたあたりで脚が重くなり、タレタレに、、、24WEさんに抜かれ、終了〜
ラップは、18分36秒(距離4.25km、平均速度13.7km/h)でした。一応、ベストは出ましたが、ダメですね。前半のペースが維持できれば、驚異的(自分比)なタイムが出せたはずだったんですが、、、
20130608_shoumaru.jpg

正丸峠に到着したのが10時半過ぎで、茶屋で早めの昼食にします。
ここでは、昨年11月以来、何度も売り切れで食べられなかった「正丸丼」を注文。
いやーやっと念願かなって食べられますよー
茶屋の女将さんから、いろいろお話を伺うとともに、フキの煮物もサービスしていただきました。
やはり、午前中に来ないと正丸丼は厳しいみたいですね
20130608_shoumarudon.jpg
デビさん、スミマセン。お先に正丸丼リベンジ果たしましたーっ
甘辛味噌が少し甘めでとても美味しかったですよー

で、11時10分くらい(予定より20分前倒し)に再スタートです。
山伏峠をダウンヒルして名栗に下りて、飯能方面に向かい、途中で左折して天目指峠に上ります。
ここは、次の子の権現に備えて脚を溜めます。ラップは、15分16秒(距離2.61km、平均速度10.3km/h)でした。
20130608_amamezasu.jpg
電波を探すtake-iさん

その後、R299側(北側)に下り、子の権現との分岐に到着し、子の権現アタック開始です。
いやーキツい。ここは、平均勾配も10%超ですが、後半部分に12%くらいが続くので、心が折れそうになります。
なんとかかんとか到着。でも、ラップ計測をミスしました。
20130608_nenogonngen.jpg
魂が抜けたtake-iさん

しばし休憩し、体力回復を図りますが、すでに脚が重い、ダルい
ま、とりあえず下りましょーってことで、下ります。裏の激坂(28%)を上り返してみますか?ってtake-iさんにお勧めしてみましたが、お断りされました。
で、原市場側に下り、天覚山の上り口に到着。この時点でも、まだ予定よりも20分以上も前倒しできています。
サクっと天覚山を上って、東吾野に下り、駅前で休憩です。

14時丁度に再スタートし、R299を渡ったところから裏顔振峠(林道阿寺線)を上ります。
ここは、R299を通らずに東吾野から奥武蔵GL(顔振峠付近、一本杉峠、ユガテ、鎌北湖)に抜けられる貴重な林道です。前半が川に沿った緩斜面で、途中から勾配がキツくなります。
普段ならさほど厳しい上りではないのですが、既に2000m以上を上ってきた脚にはガツンときますねー
GLに合流するところまでのラップは、20分45秒(距離4.29km、平均速度12.4km/h)でした。

合流地点からもう少し上って顔振峠側に向かいますが、茶屋方面には上らず、吾野側へ下ります。
下り切ったところを右折して、いよいよ最後8つ目の上りである高山不動を目指します。
この辺りから気持ちが重苦しくなってきました。あの激坂をこれから上るのか、、、上れるのか?ま、押し歩いても構わないけど、、、でも足付きしたくないし、、、
とか思いながら、スタート地点に到着。
20130608_takayama1.jpg

着いちゃいました。もう上るしかありません。
「とにかく我慢。我慢あるのみ」と声に出し、意を決してアタック開始です。
前半の緩斜面区間は、全く踏みません。脚を溜めに溜めます。
が、中間地点から勾配が10%を超え始めると、もう既に一杯々々です。溜めた脚などあっという間に使い果たし、心肺もマックスです。

さらに、後半2kmで20%コンクリート区間、、、斜面を見上げるたびに何度も心が折れかけます。いや折れてました。
しかし、後ろからtake-iさんの苦しい喘ぎが聞こえてくると、ここで止まるわけにはいきません。
もうダンシングをするだけの脚力もなくなり、止まりそうになるのを蛇行でしのぎます。
でも斜度は一向に緩まず、とにかく1mずつでも前へ進めるしかありません。
凌ぎに凌いでなんとか足付きせずに到着することができました。いや、ホントに苦しかった。
ラップ計測開始が少し遅れたのですが、31分47秒(距離4.43km、平均速度8.4km/h)でした。
20130608_takayama2.jpg

とにかく8つの坂を全て上り終えた安堵感と達成感に浸りつつ、しばらく休憩し、高山不動の坂についてあーだこーだとおしゃべりした後に顔振峠の茶屋まで移動です。
茶屋に16時過ぎに到着(ここで予定通り)し、補給休憩です。私は揚げモチをいただきました。
まーこの日の行程はほぼ終了したも同然ですから、3人とも表情が緩んでますねー

でも、このときtake-iさんは理解していたのでしょうか?
その後のタイムスケジュールには「16:15 ユガテアタック開始」と書いてあったこと、
8つの上りにはカウントしていませんでしたが、ユガテには2つのアップダウンがあり、実は結構な高度になるということを、、、
確かに私は「下り基調です」と言いましたが、あくまで「基調」ですから、アタックするようなアップもあることを隠していたつもりはありませんよー

てことで、16時半に最後の行程、ユガテ〜鎌北湖に向かってスタートです。
やはり使い果たした脚にはここのアップダウンも相当にこたえますね
でも、ここを越えれば終わりだと思うとなんとか最後の力を振り絞って上ることができます。
はい、鎌北湖に到着。17時05分。5分遅れましたが、ほぼ完璧にタイムスケジュールをトレースすることができました。
ここで、鎌北湖まで車載の24WEさんとお別れです。take-iさんカメラで記念撮影。
20130608_shuugou.jpg
お疲れ様でした。ありがとうございました。

そして、終点でも記念撮影。
20130608_kamakitako.jpg
そこから毛呂まで下り、セブンで休憩してから、帰路に着きます。
毛呂からtake-iさんは坂戸方面に走って春日部を目指すということなので、途中(といっても10kmもないくらいですが)まで一緒に走り、私が鶴ヶ島方面に曲がるところでお別れです。
take-iさん、本当にお疲れ様でした。よく最後まで走られたと思いますよー。また山に行きましょうねー

で、私は鶴ヶ島から入間方面に曲がるつもりが、手前で曲がってしまい、結局K30に戻されて、往路と同じいつもの道を帰ってきました。帰宅19時45分、14時間の旅でした。

以上、かなりハードなライドになりましたが、内容的には非常に満足できるものとなりました。
take-iさんからの申し出により設定した山岳ライドということもあって、本記事はtake-iさんメイン(というか、take-iさんを観察する私の目線)で書きました。
なので、24WEさんがほとんど登場しませんでしたが、いや相変わらず速いし軽いですねー。全ての上りで先着されました。なかなか追いつけないですが、私もパワーアップしたいというモチベーションになります。

と、一気に書き上げてしまいました。というのも、明日は、ぽじさん、いでおんさんと渋峠まで行く3400m超の山岳ライドが予定されているため、今日中に書いておかないと先送りになるから
なので、記事は行程の説明中心になってしまいましたが、ライドの詳しい状況やときどきの心境は、take-iさんのブログ「ちゃりんこ役場」にアップされると思いますので、そちらでお楽しみくださいー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

完走:奥武蔵〜名栗3000改め3500(速報)

こんばんわー
今日は「奥武蔵〜名栗3000」に行ってきました。
ご一緒したのは、take-iさんと24WEさんです。

あ、最初に謝らないといけません。
take-iさんには「3000mの山岳ルート」とのリクエストを頂いていました。
で、ルートラボで引いた山岳部分の獲得標高は、3100mでした。
でも、現地までの往復を考えると、200〜300mはプラスされることは分かっていました。
分かっていましたが、あえて黙っていました。take-iさん、ごめんなさい。

で、私の実走の結果を見てみると、3500mを超えていました。
take-iさんの往復は私よりも長く100kmありますから、おそらく総獲得標高は楽々3500mを超えていることと思われます。
でもね、別に騙すつもりはなかったんですよー
結果的に多い方が嬉しいでしょ?なんちてwww

てことで、今日は予定のルートを完走することができました。
実走したルートは、↓こちら


本日の走行記録
走行距離:175.33km
走行時間:9時間01分
平均速度:19.4km/h
最高速度:58.6km/h
獲得標高:3590m(ルートラボより)

以上、取り急ぎの速報でした。
詳しい報告は追ってアップします。
いやーしかし、キツかったです。個々の坂の難易度(勾配)を高く設定し過ぎました。
最後の高山不動は、半泣きどころか、汗と涙と鼻水と涎をドバドバ流しながら上りましたから
で、明後日は群馬遠征して3400m上る予定です。大丈夫かな?俺

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

急遽:6/10(月)は群馬遠征(二度上峠〜渋峠)

こんばんわー
ドーフィネ、今日は超級山岳山頂ゴールでしたが、フルーム強かったですね。
コンタドールもアタックかけましたが、調子がイマイチなのか?まだ本気を出してないのか?

さて、今日の夕方からツイッターで来週の平日に渋峠に行こうか?みたいな話が上がってまして
私は月曜(6/10)が職場の創立記念日で休みのため「月曜なら行けます」とつぶやいたところ
帰りの電車〜夕飯を食べてる間に、ライドの予定が決まってしまっていました。

提案者はぽじさんといでおんさん、お二人のライドにご一緒させていただく形です。

行き先は、よく分かってませんが、群馬です。って広すぎ?
えーっと、二度上峠〜渋峠って言ってます。草津とか志賀とか、その辺らしいです。
高崎市役所榛名支所を起点に約160km、3400mほどの獲得標高になるみたいです。
ま、着いて行くだけなので、道とか何も分かりませんが、白根山に上るみたいですねー

土曜が奥武蔵〜名栗の3000m超で、1日おいて月曜が草津〜志賀の3400m超です。
ま、ゆっくり上ればなんとかなるかな〜って感じで、景色を楽しんできたいと思います〜

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:6/8(土)奥武蔵〜名栗3000

こんばんわー
昨日は、サッカー日本代表、WCブラジル予選突破できてよかったですねー
試合結果・内容はともかく、予選ですからどんな形でも突破することに意義がありますからね

今日のシクロワイアードの記事でチーム右京にチャレンジできるイベント「ツールドふじのチャレンジライド2013」が紹介されていました。

チーム右京の練習場所である相模原の藤野地区での山岳ライドイベントです。私が先週走りに行った和田峠〜牧馬峠を含んでおり、馴染みがあるルートなので興味が湧いたのですが、、、
制限時間が厳しいですね。100km&2500m↑のコースで6時間て、、、平均17km/h以上で走らないと完走できません。
ま、イベントの企画趣旨からみて、ある程度以上の走力がある中〜上級者が対象のようです。
面白いイベントだと思ったのですが、私の走力では制限時間内に完走することは不可能なので、参加申込しないことにしました。

さて、今週末の6/8(土)は、「奥武蔵〜名栗3000」の予定です。
このライド企画は、「ちゃりんこ役場」のtake-iさんから「3000m超の山岳ルートを考えて欲しい」との申し出を受け、ルート設定したものです(ルート詳細は、こちらの記事参照)。


概ねのルートは、8つの上りを含んだ約100kmの山岳区間(獲得標高3100m)を走破しようというもので、8つの上りの特徴は、↓こんな感じです。
1. 白石峠アタック:距離6.4km、平均勾配8.5%、最大勾配12〜14%
2. 裏刈場坂峠アタック:距離5.4km、平均勾配7.1%、最大勾配12〜14%
3. 正丸峠アタック:距離4.2km、平均勾配5.8%、最大勾配7〜8%
4. 天目指峠アタック:距離2.4km、平均勾配9.3%、最大勾配10〜12%
5. 子の権現アタック:距離2.8km、平均勾配11%、最大勾配12〜14%
6. 天覚山アタック:距離1.5km、平均勾配9.3%、最大勾配10〜12%
7. 裏顔振峠アタック:距離4.1km、平均勾配6.6%、最大勾配11〜13%
8. 高山不動アタック:距離4.7km、平均勾配9.1%、最大勾配18〜20%

で、いよいよ今週末に迫ってきたので、タイムスケジュールを確認しておきましょう。
集合は、7:30にK30ときがわ田中交差点そばのファミマです。

タイムスケジュール
7:30 田中交差点そばファミマ
8:00 白石峠の上り口→アタック開始
9:00 高篠峠の分岐→ダウンヒル
9:30 裏刈場アタック開始
10:00 刈場坂峠到着
10:30 正丸峠の上り口→アタック開始
11:00 正丸峠の茶屋(昼食休憩:正丸丼)
11:30 再スタート→山伏峠ダウンヒル
12:00 天目指峠の上り口→アタック開始
12:30 子の権現分岐→アタック開始
13:00 子の権現到着→ダウンヒル
13:30 天覚山の上り口→アタック開始
14:00 東吾野駅前(小休止)
14:15 裏顔振アタック開始→ダウンヒル
15:00 高山不動の上り口→アタック開始
15:30 高山不動の茶屋跡到着
16:00 顔振峠の茶屋到着(小休止)
16:15 ユガテアタック開始
17:00 鎌北湖到着。

うん、我ながら今回も完璧なスケジュールができましたね。
昼食休憩を含めて3回も休憩が入ってますし、体力的にも余裕をもって走ることができると思います。
鎌北湖からは、K30に下りて毛呂まで15分ほどですから、十分明るいうちに人里に戻って来られます。

今のところ参加者は、take-iさんと私の二人ですが、ご一緒いただける方は大歓迎です。
是非、コメント欄で参加表明いただけると嬉しいです。よろしくお願いしますー

また、よろしければ、↓こちらもポチっとクリックいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スネ:剃るのはアレなので刈ってみた

こんばんわー
今日はサッカーWC予選ですねーっ!
2つのモニターでサッカーとドーフィネを並べて映して、それを観ながらMacBookでこの記事を書いています。

さて、今朝アップした記事に続き、一昨日シマホで購入したもののご紹介
2つめは、↓これです。
20130602_barikan.jpg

はい、バリカンですね。
目的は、スネ毛処理です。
剃るのはイヤなんです。
だから刈ることにしました。

てかね、私、スネ毛がそれほど濃くないから、処理しなくても特に問題ないんです。
まぁ年に何度かある落車によって擦過傷を負った際、絆創膏を剥がすのにひっ着いてバリって抜けるのがちょと痛い、だからそのときは、無くてもいいかなぁ〜って思う程度の認識です。

だから自転車に乗り始めて3回目の夏を迎える今現在も、処理する必要はない、と考えています。
で、その考えを変えたわけではないのですが、ちょっとやってみたくなったんです。

ただ、ちょっとやってみるのに、剃るのはハードルが高いかなぁ〜って
いや、剃刀負けして赤くなったり、ブツブツできたり、痒くなったりしたらイヤだし、伸び始めのジョリジョリ感とか想像するとアレだし、定期的に剃らないといけなそうだし、、、

なんてことを考えると、剃っちゃうというのは、後戻りできない世界に足を踏み込むような気がして、親にもらった体に手を入れるような感じがして、剃る勇気は湧いてきません

てことで、刈ることにしました。
刈るだけだったら、肌に何の影響もないし、ある程度伸びてもたいして変わらないし、まぁ散髪するのと同じ感覚ですねー

それで電動バリカン(2英雄弱)を購入したというわけです。
スネ毛処理のためだけに高いと思われるかもしれませんが、頭髪にも使えますからねっ(いや、それが本来の使い方ですが)

いやー私は無精なもので、散髪は3ヶ月に1回(年4回)しか行きません。床屋や歯医者は大嫌いなんです。逃げ場がない一対一の状況でジッとしてなければならない状況が耐えられません。なにせシャイで人見知りな46歳男子ですからー
なので、2ヶ月も過ぎて髪が伸びてくると襟足とか鬱陶しくなるんですよねー。特に夏場は暑いし、襟足だけ刈りたくなります。

てことで、バリカンはスネだけじゃなくアタマにも使うつもりです。
そのバリカンの機能は、まぁ説明する必要もないのですが、1.8mm刈り用のアタッチメントが付属してますので、それを使ってみることにします。アタッチメントを使わずに刃を直接当てても大丈夫なんですが、それじゃぁ剃ったみたいになるしぃ〜

例によって前置きが長くなりましたが、刈りました。
20130602_sune1.jpg 20130602_sune2.jpg

左がbeforeで、右がafterです。
変わらない?いや右はツルツルに見えるでしょ?

しかし、実際は、ピッタリ1.8mmに揃えて刈れるわけじゃなく、3-4mm残ってるところもあります。上に向かって撫でてみるとシャワシャワって感じで気持ちいいですよー
また、膝の裏とかはアタッチメントじゃ刈れない部分もあり、そこは刃を直接当てて刈りました。
でも、全くチクチクしないし、当然肌にかぶれもありませんから、快適ですー

以上、自分的には思い切って人生初のスネ毛処理をしたつもりですが、やっぱり中途半端だったですかね?
よくがんばった、と応援いただける方もそうでない方も
↓ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

重量:ヘルメットの重量比較(KOOFUvsHAWK)

おはようございます。昨日も飲みになって午前様でした。なので朝更新。
なんか多いですね飲み会。ま、サラリーマンだからしょーがないですけどねー

さて、一昨日、シマホで購入したものの1つが、↓こちらの秤です。
20130602_hakari1.jpg 20130602_hakari2.jpg

TANITAの「デジタルお料理はかりKD-812」というもので、最大2kgまで、1g単位で計測できます。
これまでは、パーツ類の重量にさほど興味がなく、計測することもほとんどありませんでした。測ったのは、カーボンペダルに交換したときくらいで(こちらの記事参照)、それも¥100ショップの雑な秤を使いました。
まー、自転車自体が重いのもあって、軽量化をあまり考えてないので、正確に測定できる秤の必要性もなかったんですけどねー

では、何故今回購入したかというと、先月半ばから使い始めたヘルメット、KOOFU(WG-1)の重量を測って、以前のBBB HAWKとの差を確認したかったからです。
いえね、KOOFU軽いんですよっ!

まぁ、各メーカーとも上位グレードのモデルは軽くできてるんでしょうけどね
HAWKは、値段だけで選んだ感のあるエントリーモデルですから、比較するまでもないことかも知れませんが、やっぱ体感の正さを確認したくなるじゃないですかー
てことで、測ってみました。
20130602_weight1.jpg 20130602_weight2.jpg

左のHAWKが272g、右のKOOFUが207gです。
65gの差がありました。やはり軽いんですねー

また、KOOFUは、OGKカブト製なので日本人(アジア人)の頭の形にフィットするように、内径が円に近い形状になっています。
私の頭の形も典型的?なアジアンなので、HAWKだと側頭部が当たりました。なので、アジャスターダイヤルで締めても、側頭部を中心にして前後に回転するようにズレることがあり、ちょっとストレスでした。
一方、KOOFUは、全周が頭に沿っているため、それ程締め付けなくても、ズレることがないですね。締め付けなくてもよい、ってのもより軽く感じる理由かな?と思います。

このようにストレスを感じさせず、軽く感じられるヘルメットは良いですねー
さらに、KOOFUは、通気性がとても良いです。走り初めてすぐにス〜っと風が入ってくるのが分かります。最初に被ったときに一番びっくりしたのが、この通気性でした。
なので、これからの暑い時期の冷却効果に期待しています。

以上、秤を購入してヘルメットの重量を測ってみましたが、やはり確実に差があることが分かりました。
ま、基本的に軽量化には興味がないので測らないことも多いでしょうけど、今後パーツ類の重量を測ったときにはまた報告します。

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定外:天気が良かったので午後から出動

こんばんわー
今日2回目の更新です。
今日は、事前の予報では雨の確率が高かったため走行は諦めていたのですが、予報が外れて良い天気になりましたねー
しかし、午前中は留守番を言い渡されたので大人しく将棋など見て過ごし、娘と早めの昼食をとってから、娘が部活に行くのを見送った後、午後から軽く走りに行ってきました。

では、本日の走行記録です。
12時15分に出発し、多摩湖に向かい、いつもとは違って掬水亭から北側へ下り、K55を狭山湖側に走って狭山湖の脇をかすめてK179へ
K179を西に走り、今日は飯能方面へは曲がらず直進し、岩蔵街道に右折して小曽木街道に入りました。
その後、いつもは東京バーディGCの坂を越えて成木に入るところ、今日はそのまま小曽木街道を青梅方面へ

この小曽木街道の青梅区間を走るのは初めてです。気持ちのいい道ですね
急な上り坂が現れたと思ったらトンネルが出てきて、そこを抜けると青梅駅の西側に出ました。
右折して青梅街道を奥多摩方面に走り、日向和田駅の先で多摩川を渡り、吉野街道を引き返します。
吉野街道は、いつもなら友田の交差点で左折して多摩川を渡り、羽村を抜けて帰って来るところですが、今日はそのまま滝山街道に入り、八王子方面へ

この滝山街道では、途中で新満地トンネルが自動車専用(自転車通行禁止)になっているので、歩行者・自転車用の旧トンネルを通りましょう。
その後、ダーっと下って秋川手前で福生方面に左折し、福生の駅前から奥多摩街道、五日市街道(一部R16)を通り、玉川上水の駅前から東大和駅前を通って、府中街道に抜けて帰ってきました。
結局、今日は一度も止まらず(信号は除く)、一服することもなく補給を取ることもなく写真を撮ることもなく帰ってきました。
帰宅15時半、3時間15分の旅でした。

本日(2013.06.02)の走行記録
走行距離:69.09km
走行時間:2時間54分
平均速度:23.7km/h
最高速度:53.4km/h
獲得標高:430m(ルートラボより)

以上、今日は予想に反して走りにいくことができてラッキーでした。
走行自体は軽めで坂も上らなかったのですが、割とがんばって踏み、前半はアベ25km/hくらい出ていました。しかし、後半の五日市街道に入ってからは信号と車の渋滞につかまって、平均速度がみるみる下がってしまったのがちょっと残念。
まーでも、昨日の走行と合わせた獲得標高が2000mを超え、月初の2日の結果としては大満足です。

帰宅後、買い物に出かけ、シマホであるものを購入しました。それ(2つあります)については、また改めて報告します。

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

出力:どうなの俺?無謀にもカンチェと比較

こんにちわー
今日は曇りですが、ちょっと留守番を仰せつかりまして、家にいます。天気が持てば昼前から走りに行きたいのですが、、、

さて、先日の記事で書いたように、「ヒルクライム計算」を用いた出力比較(ニーバリvs自分)をしてみました。

それ以来、私が出すことができる出力ってどれくらいで、条件(坂/平地、ロング/ショート、疲労度合)でどの程度変動するのか?将来的にどのくらいまで高められるのか?なんてことが気になっています。

てことで、先週のライド「奥武蔵〜秩父4000」と昨日のライド「和田峠&牧馬峠」とGWの「もてぎ4hエンデューロ」の結果を用いて、ヒルクライム時と平地巡航時の出力を計算してみました。

また、比較として無謀にも、カンチェッラーラの出力も試算してみました。まぁ今年のフランドルでサガンをひきちぎった登坂時の出力が知りたかっただけなんですけどねー(どこかに正確なデータが公開されてないかな?)あと、平地巡航時のものとして、TT優勝時の結果を使いました。

先ずは、私のヒルクライム時ですが、距離・タイムはサイコンデータから、高低差はルートラボから読み取り、「ヒルクライム計算」に入力しました。
 坂名称  距離  高低差  タイム  出力
1. 白石峠  6.39km 535m 35分54秒 212W
2. 二本木峠 4.12km 380m 26分45秒 199W
3. 華厳滝  5.03km 250m 22分02秒 176W
4. 美の山  6.19km 365m 31分02秒 175W
5. 定峰峠  5.54km 300m 26分04秒 175W
6. 裏刈場  4.86km 360m 32分45秒 157W
7. 一本杉峠 3.36km 280m 22分38秒 175W
-----------
8. 和田峠  3.55km 352m 22分21秒 220W
9. 牧馬峠  1.48km 130m  7分40秒 241W

うーん、奥武蔵では後に行くほど順調に落ちてってますねぇー。疲れ方がちゃんと現れてますね。後半が175Wで安定しているのは、それが無理しないで出せる数値ってことでしょうか?
ただ、6.裏刈場は、言い訳させてもらいますと、途中に平坦区間があって、平均勾配は低くなるんですが、後半はほぼ10%前後が続きますから、全長で計測するのと、急勾配区間で計測するのとで差が出ます。
また、8.和田峠は、1.白石峠よりも距離が短い分、高い出力が出てますし、さらに距離が短い9.牧馬峠では、最高の240Wが出ています。
ま、数値の正確さはともかく、傾向としてちゃんとした結果が出ていると言えるのではないでしょうか?

次に、私の平地巡航時です(「巡行」で計算)。もてぎにはアップダウンがありますが、それは考慮せず、ド平坦かつ無風という仮定で算出しています。なので、この数字よりも実際の出力は高かったと思います(と信じたい)。
平均速度が最も速かった第三スティントと、最も遅かった第八スティント、各3周ずつの結果です。
スティント タイム  平均速度  出力
第三    25分54秒 32.9km/h 165W
第八    28分42秒 29.7km/h 127W

んんー?127Wは、低すぎますねぇ、、、
165Wに上りの分を考慮して1割増しで考えるとして、180Wくらいが妥当な数字でしょうか?(盛り過ぎかな?)
ま、平地巡行では坂ほど追い込めないですし、4時間を走り切るペースでもあったので、奥武蔵の後半と同等の180Wくらいというのが良い線なのかな?

次に、カンチェです。
ま、カンチェの場合、2010年のフランドルにおけるカペルミュールでボーネンを引き離した時、あのモーター疑惑のときの瞬間的な出力が1450Wというのは伝説的になっていますが、、、

今年のフランドル、サガンをブっ千切ったパテルベルクのタイムを測って、出力を計算してみました。
条件としては、全長360m、高低差46m、転がり抵抗0.01(石畳を考慮?)とし、体重は82kg、機材装備は7kgで計算。ストップウォッチで計測したラップタイムが1分22秒でした。
この条件で計算したところ、出力が543Wとなりました。

いや、石畳の走行抵抗を考えたら、多分、それ以上に出ていると思いますが、、、しかし、200km以上を走ってきた最後の坂での数値と考えると、メチャメチャ凄いですけどね、、、
ニーバリが山岳TTで380W程度だったわけですし(いや、それも凄いけど)、、、

次に、カンチェの平地巡行です。
ロード世界選手権の個人TTの記録から、2010と2009の2つをピックアップ。
年度  距離  タイム  平均速度  出力
2010 45.8km 58分09秒 47.3km/h 440W
2009 49.8km 57分55秒 51.6km/h 560W

2010のコースはテクニカルなものだったようなので低めに出ていますが、2009はド平坦の周回コースだったみたいです。
しかし、560Wを約1時間出し続けるって、、、やはり桁違いすぎる、、、恐竜ですな

以上のように私の出力は、まあ贔屓目に見てもカンチェの1/3程度であるという厳然たる事実が判明してしまいました、、、
なので、今後は精進して、せめてカンチェの半分くらいの出力(目標250W超?)が出せるようにがんばりたいと思います。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

久々:和田峠と牧馬峠に行ってきました

こんばんわー
今日は良い天気でしたねー。暑くもなく寒くもなく陽射しもほどほどでライド日和でした。
午後から風が強くなり、夕方は気温が下がってきましたけど、気持ち良く走ることができました。

今日は、いつもと趣向を変えて(奥武蔵が多かったので)、久しぶりに和田峠(表)に上ってみようということで、距離短めで坂キツメのルートにしてみました。

では、本日の走行記録です。
朝8時半に出発し、多摩湖の脇を通って青梅街道を走り、箱根ケ崎で左折して羽村へ
羽村大橋を渡って日の出町方面に向かい、武蔵引田を抜けて武蔵五日市へ
武蔵五日市から秋川街道に入り、途中でT61に右折して高尾方面に向かい、陣場街道にぶつかる川原宿交差点の手前にあるサークルKで休憩。10時半
塩キャラメルオレとチョコスコーンを補給。
20130601_cafeore.jpg

10分くらい休憩してから再スタートし、陣場街道を和田峠方面に
和田峠の上り口に11時10分くらいに到着。
20130601_wada1.jpg

写真を撮って息を整えたら直ぐにアタック開始です。
んー、やはり前半にある急勾配の直登区間がキツいですね。心肺も脚も、そして心も一杯々々になります、、、
この区間を我慢すればあとは10%ちょっとの勾配になるのでなんとかなるのですが、攻めるほど脚が残っていません。
なんとかかんとかゴール!ラップは、22分21秒(距離3.55km、平均速度9.5km/h)でした。やっぱ表和田は厳しい。20分切りはまだまだ夢のような数字ですね。でも、一応、自己記録更新です。
20130601_wada2.jpg

写真を撮って一服したら、藤野方面に下ります。
下り始めてすぐの富士山ポイント、おっ!今日は見えています。暖かくなってから見えるのは珍しくないですか?今日は湿度が低いのでしょうか?
20130601_wada3.jpg

で、ダぁ〜っ!と藤野まで下ってから、相模湖を渡り、牧野方面に
ここは、先月(5/18)の道志〜道坂峠〜雛鶴峠(こちらの記事参照)の帰りに通ったアップダウンです。
このアップダウンを越えて、今日は厚木・相模原方面に曲がり、牧馬峠を越えることにします。

一旦下って川を渡ったところの先にある篠原のバス停からラップ計測開始。すぐにドーナツ印付きのコンクリート舗装が出てきますが、ピークまでの距離が短いので踏み続けます。ピーク近くは12%の勾配になりますが、なんとかタレずに踏み続けて上り切ることができました。ラップは、7分40秒(距離1.48km、平均速度11.6km/h)
20130601_makime.jpg

その後、道志みち側に下り、K413、K412で厚木方面に南下してオギノパンに13時15分くらいに到着。
一度来てみたかったのですが、店の中はお客さんが並んでます、、、観光バスで買いに来るんですね、、、なので、外で売っているあんぱんを買って昼食にします。みるくとつぶの丹沢あんぱんを買っていただきました。
20130601_oginopan.jpg
うん、まあ、あんぱんです。

補給後、K54で相模原方面を目指し、途中でK63で橋本方面に行くことにしましたが、若干ルートミス。ま、なんとか橋本を通過し、町田街道に入ってから左折し、多摩ニュータウン通りを通って関戸橋を渡り、東八道路から国分寺を経由して帰ってきました。帰宅16時半、8時間弱の旅でした。

本日の走行ルート(ルートラボ)


本日(2013.06.01)の走行記録
走行距離:138.94km
走行時間:6時間23分
平均速度:21.7km/h
最高速度:61.6km/h
獲得標高:1780m(ルートラボより)

以上、久々の和田峠でしたが、やっぱりキツかったですねー。前半のあの急勾配区間を克服しないとタイムアップは望めませんね
牧馬峠の相模湖側は、初めて上りましたが、勾配は厳しいものの距離が短いのでなんとか踏み続けられました。ドーナツ印のコンクリート舗装の急斜面を上ってると、フランドルのコッペンベルクやパーテルベルクを上ってる気になって、カンチェのつもりでシッティングでトルクをかけた走りがしたくなります。ま、カンチェなら3〜4分で上っちゃうんでしょうけど、、、

でことで、今日は近場を回ってきましたが、それでも1700m以上の獲得標高が得られたし、急斜面をそれなりに緩めずに上れたので、まあ満足のいく走行となりました。
明日は、降ったり止んだりの雨っぽいので、諦めていますが、来週の土曜は、take-iさんと奥武蔵で3000m上る予定なので、良い天気になってもらいたいものです。

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。