多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2013-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.05月の走行記録

こんばんわー
昨日から関東甲信地方にも梅雨入り宣言が出され(今は宣言しないんでしたっけ?)、今日も一日はっきりしない鬱陶しい天気でしたねー

過去3番目に早い梅雨入りだそうで、これから1ヶ月以上も続くかと思うと気が滅入ります。自転車に乗れる機会も少なくなりますし、ロングの計画も立てにくくなりますから、モチベーションがダウンしやすいですね
なので、雨の合間を縫ってチョコチョコでも走りに行って、できるだけ走行距離と獲得標高を落とさないようにしたいところですが、どぉーなんでしょう?

とりあえず明後日の土曜は降らなそうですが、日曜は雨っぽいですね。ブルベなどのイベントに参加される方には、できるだけ降られずに何とか無事に走り切れることをお祈りしております。

さて、明日で5月も終わりです。早いですねー!もぉ今年も5/12が終わっちゃいます
今月の走行記録のまとめです。
201305_soko.jpg

2013.05の走行記録
走行距離:897.5km
走行時間:40時間41分
平均速度:22.1km/h
最高速度:62.6km/h
獲得標高:10850m(ルートラボより)

2013年の累計
走行距離:4101km
獲得標高:45970m

以上のように、5月は、前半に「ハルヒル試走」や「もてぎエンデューロ」があり、中盤までなかなか標高の獲得ペースが上げられなかったのですが、後半の二週で7000m(先週の4000mが大きい)を稼ぎ、一気に目標の1万mを超えることができました。

とりあえず目標達成できてよかったです。これで年間獲得標高も46000m弱になり、年間目標10万mを達成するためのペース(100000×5/12=41667m)を上回りました。このペースを下回らないようにがんばっていきたいですねー

さて、6月の予定ですが、今のところ決まっているのは、6/8(土)にtake-iさんを山にお招きする「奥武蔵〜名栗3000」だけです。

日程を決めてないものの6月中に実施したいのは「奥武蔵スペシャル5000」ですが、天気、体調などを考えて実施するかどうかを判断しますから、多分直前まで決められないでしょうねー。なので、また一人で行くことになる可能性が高いですね。

あと、直近の明後日は、久しぶりに和田峠にでも上ってみようかと思っていますが、まだ未定です。
以上、5月の振り返りと6月の予定でした。

6月は、獲得標高1万mの目標を達成するためには、6/8の3000mは必ず実現するとして、5000mが実現できるか?できなかったとしても近い数字までいけるかどうか?に懸かっていると思います。なので、慎重に計画を練らないといけませんね。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

達成:奥武蔵〜秩父4000リベンジ(後編)

こんばんわー
昨日は飲みで帰宅が1時半になり更新できず、、、今日も1日眠かったです、、、
て、このパターンで書き始めることが多いなぁ
でも、そんな頻繁に飲みに行ってるわけじゃぁないんですよー
基本は家飲みで、シーズン中はロードレースやF1などを観ながら、ブログを書きながら、ネットを徘徊しながら、一人でチビチビ飲むのが好きなんです。

さて、一昨日の記事の続き「奥武蔵〜秩父4000リベンジ」の後編です。
午前中に白石峠、二本木峠、秩父華厳滝の3つの坂を上り、12時に皆野に下りてきて、SAVE ONで昼食休憩を取りました。
残る上りはあと4つです。

あ、実は、今回のリベンジ計画の当初ルート(こちらの記事参照)では、6つの上りを設定しており、従って、この時点での残りは3つ(美の山、定峰峠、黒山三滝)のはずでした。

最後の黒山三滝は、林道猿岩線の上りのことで、昨年11/10に「奥武蔵南ルート」(こちらの記事参照)として、プチデビルさん24WEさんorutasさんと上ったことがあります。

で、今回の話に戻りますが、走行中にルートの先を考えると、最後に設定した黒山三滝の勾配が厳しかったことを思い出しました。確か10%超14-5%の箇所が何個かあったよなぁ〜、最後に上るのはキツいよなぁ〜、と、自信がなくなってきました。
また、黒山三滝は、GLの飯盛峠付近から林道梅本線を越生に下ってから、また高山不動付近まで上り返す形になって、距離が長くなってしまいます。カットしちゃおっかなぁ〜、という気持ちが強くなってきました。

この黒山三滝をカットするとしたら、距離を短縮しつつ獲得標高を減らさないルートに変更しなければなりません。
てことで、私のカンピューターをフル回転させて、頭の中でルート検索をかけ、弾き出した答が今回の実走ルートです。

定峰峠から先、白石峠から大野峠、刈場坂峠を通過する経路をショートカットして、白石峠を越えた高篠峠から大野地区に一旦下って刈場坂峠までの裏刈場を上るルートです。

この裏刈場は、昨年9月に道を間違えて上ったことがあるものの、ちゃんと計画的に上ったことがなく、レイアウトを把握していません。一方、6/8にtake-iさんをお招きする「奥武蔵〜名栗3000」(こちらの記事参照)に入れてしまってます。
なので、裏刈場がどんなレイアウト、勾配なのかを把握するため、というのもルート変更の理由です。

しかし、裏刈場だけだと黒山三滝ほどの標高が稼げるかどうか怪しいので、もう1つ上りを追加した方が安全です。
てことで、飯盛峠から林道梅本線を下る部分は残し、黒山三滝から顔振峠ーユガテ間のGLに上る坂(一本杉峠、林道笹郷線というそうです)を追加することにしました。
この林道笹郷線は、「奥武蔵南ルート」で下った(そのときは工事中)ことがあり、距離、勾配がさほど厳しくなかったのでは?という微かな記憶が頼りです。

っと、今日も前置きが長くなりましたが、以上のようにルート変更した後半戦にいきます。
走行ルートは、先日の速報記事を参照ください。
皆野のSAVE ONを12時20分ころに出発し、すぐにR140を渡って、美の山の上り口に到着し、そのままアタック開始。
美の山の北側は初めて上りますが、以前に下ったときの印象では、緩斜面がダラダラ続く感じで、実際にその通りでした。
さほど脚にダメージを溜めることなく、気持ちよく上り切ることができました。ピークの駐車場までのラップは、31分02秒(距離6.19km、平均速度12.0km/h)でした。
20130525_minoyama1.jpg

ピークを超えたところにあるモニュメントで、しばし一服休憩し、南側に下り始めます。
いやー天気が良くなって、日差しを受けた新緑のトンネルが綺麗でしたねー
ダウンヒルの途中でしたが、立ち止まって撮影。
20130525_minoyama2.jpg

以上のように、美の山は、上り下りともに気持ち良く走れたので、精神的に癒されました。が、しかし、癒し系はここが最後でした。
美の山を下り切ったら再びR140に出てくるんですが、そこをすぐに左折し、八坂神社の交差点もさらに左折して定峰峠方面に向かいます。

しばらくダラダラ上ってから、店などがある地区を通り過ぎたところの左ヘアピンカーブからラップ計測開始です。
はい、定峰峠の茶屋に到着(ちょっとキツくて、あまり記憶なし)。ラップは26分04秒(距離5.54km、平均速度12.8km/h)でした。
20130525_sadamine.jpg

このときの時刻が14時でした。ほぼ予定通り、順調に5つの上りをこなすことができました。
ここも一服休憩だけしてすぐに再スタートし、白石峠まで上って、さらに少し上ってから下り、高篠峠に到着。ウインブレを着てから大野地区に下ります(注:大野峠に行くには直進です)。下ったところでT字路にぶつかります。
20130525_takasino.jpg

ここを左折(写真では右方向)すると、白石峠の上り口に行けますが、裏刈場はここを右折して行きます。
しばらくは、上ったり平坦になったりを繰り返しますが、小川を渡ったところから本格的な上りが始まります。
20130525_urakariba.jpg
いきなり22%の標識が、、、ビビりますねー
でも、ほんの短い距離なので大丈夫。その後は10%前後で緩急を繰り返す感じでした。
GLに合流するところまでのラップは、32分45秒(距離4.86km、平均速度8.9km/h)でした。いやー思いのほかキツくて長かったですね、、、
刈場坂峠に到着。15時15分くらいでした。
20130525_karibazaka.jpg

ここではスティック羊羹を2本補給し、少し休憩。
15時半前に再スタートし、GLを走って飯盛峠を過ぎたところから林道梅本線を下ります。
この梅本線の下りは、前半部分が奇麗に再舗装されていて良い道ですが、後半(下の方)は古い舗装のままで荒れてました。長いダウンヒルですが、K61に下りてきました。右折したところの自販機で赤コーラを補給し、アクエリをボトルに補給しました。
そこから黒山三滝まではすぐです。16時に到着。
20130525_kuroyama.jpg

そこでトイレ休憩してから、最後の上りである林道笹郷線(一本杉峠)〜ユガテに挑みます。
黒山三滝から林道笹郷線の終点(GLと合流するT字路)までのラップは、22分38秒(距離3.36km、平均速度8.9km/h)でした。
その後、ユガテのアップダウンをヘロヘロになりながら越えました。もう脚が完全に売り切れましたね。全く踏めなくなりました。
で、鎌北湖に到着。17時ちょうどでした。
20130525_kamakitako.jpg

いやもうホントに厳しかったですが、なんとか明るいうちに鎌北湖まで無事に下りてくることができ、ホっと一安心。缶コーヒーを補給して休憩しました。
あとは一路ウチを目指して走るだけ、と再スタートし、K30で毛呂から日高を抜け、入間からバイパスで所沢に入り、帰ってきました。帰宅18時55分、13時間15分の旅でした。

以上、前編、後編の2回に渡り「奥武蔵〜秩父4000リベンジ」の報告を書きました。
獲得標高として、目標の4000mを超え、自己記録を更新する4080mを上ることができました。とても満足です。
平均速度は、ネット18.6km/hでグロス14.8km/hでした(ネットとグロスは合ってる?逆?)。こちらもまあまあ想定通りの数字だったと思います。

で、次の5000mアップを考えた場合、山岳区間の距離を40〜50kmプラスしないといけませんから、3時間は余計にかかると思います。
今回、山岳区間に要した時間は、7時過ぎから17時までの約10時間ですから、5000mの場合、13時間(5時半〜18時半)でなんとかなるか?
逆に考えると、最も日の長い6月中旬であっても、明るいうちに山岳区間を走破するためには、獲得標高5000mが限界ということになりそうです。
5000のルートについては、また考えてお知らせします。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

達成:奥武蔵〜秩父4000リベンジ(前編)

こんばんわー
ジロは昨日で終わりましたね。ニーバリの総合優勝でした。
天候に翻弄された三週間でしたし、ライバルが脱落していく展開でしたが、終盤の山岳でニーバリが強さを見せて自らタイム差を稼いだので、文句ない優勝といえるでしょう。
ツールには出ないようですが、1ヶ月後のツールも楽しみです。

さて、5/25(土)に行った「奥武蔵〜秩父4000リベンジ」の報告です。
リベンジというのは、昨年11/3にプチデビルさんと二人で挑戦して日没サスペンドだった「奥武蔵」(こちらこちらの記事参照)と、先月(4/20)にデビさん、24WEさんぽじさん(途中参戦離脱)と行って降雨&気温低下で断念した「奥武蔵〜秩父250/4000」(こちらこちらの記事参照)の2回のライドに対するものです。

前の2回ともデビさんにはご一緒いただいていたので、今回も一緒に走ってリベンジを果たしたかったのですが、デビさんには先々週の過酷な400kmブルベによるダメージからの回復と、来週(6/1)の600kmブルベに向けた体力温存を図ってもらわないといけません。
また、24WEさんには先週の「道志〜道坂峠」(こちらの記事参照)にご一緒いただいたので、二週連続の山岳ライドにお誘いするのもどうかと、、、ぽじさんは、群馬のブルベに参戦とのことだし、、、

てことで、上って下ってをひたすら繰り返して4000mの獲得標高を目指すライドにご一緒いただけそうな物好きな方(変態ともいう?)は他に思い浮かばないので、しょーがないから今回は私一人で行くことにしました。

っと、前置きが長くなりましたが、そろそろ走行レポートにいきます。
ただ、今回は単独走のため、これといった出来事もなく、淡々と坂をこなす作業のような走行になってしまいましたので、以下は文章少なめ(当社比)、写真多め(当社比)にてお送りしたいと思います。
ルートは、先日の速報記事をご参照ください。

この日は、4時半に起きて5時40分ころに出発し、いつものように所沢、日高、毛呂、越生を抜け、7時15分くらいにときがわの田中交差点そばファミマに到着。
缶コーヒーを補給してすぐに再スタートし、7時40分ころ白石峠の上り口に到着。
20130525_siroisi1.jpg

ウインブレを脱いで、息を整えてから、7時45分にアタック開始。
白石峠に到着。ラップは、35分54秒(距離6.39km、平均速度10.7km/h)でした。自己新出ました。
20130525_siroisi2.jpg

写真だけ撮ったらとっとと定峰に向かって下り、8時半に定峰峠の茶屋に到着。一服したら、ウインブレを着て東秩父村側にダウンヒル。
ダぁ〜っ!と下って9時前に二本木峠の上り口に到着。
20130525_nihongi1.jpg
あ、写真に写ってるのはローディではなく、地元の子供です。こんな環境で自転車に乗ってれば、さぞや速いクライマーになることでしょう、将来が楽しみですねー

で、9時からアタック開始し、ふれあい牧場のモーモーハウス前に到着。ラップは、26分45秒(距離4.12km、平均速度9.2km/h)でした。
20130525_fureai.jpg

ここも一服してすぐにスタートし、少し上って二本木峠に到着。
20130525_nihongi2.jpg

写真だけ撮ったら再スタートし、釜伏峠から皆野に下ります。
途中にポピー畑があったので撮影。もちろん「く〜るま〜にポピーっ!」と口ずさみながら
20130525_minano.jpg

そこから皆野をサクっと通過し、荒川を渡って道の駅「龍勢会館」に10時40分ころ到着。先月のライドに追いつきました。
20130525_ryuusei1.jpg

ここでは少し長めに休憩し、お店でまんじゅう2個入りを購入して補給。
20130525_ryuusei2.jpg

11時に龍勢会館を出発し、西へ走りますが、ここで前回とルートを変えました。今回は、城峯山には上らず、手前からショートカットする形で秩父華厳滝方面に上ります。
城峯山頂方面との分岐までのラップは、22分02秒(距離5.03km、平均速度13.7km/h)でした。
20130525_kegon.jpg

ここから皆野方面に向かいますが、まだまだ上り坂が残っていて、精神的に結構やられました。
ピークに「天空のなんちゃら」ってお店がありましたがスルーし、ピークを過ぎてだいぶ下ってから華厳滝(の看板)がありましたが、ここもスルーして皆野に下りてきました。
12時前にSAVE ON到着。
ここで、昼食休憩をとり、ハムカツサンドと赤飯おにぎり、缶コーヒーを補給しました。

と、ちょうどお昼になって時間的にも丁度半分が過ぎたところ。切りがいいので、前編はここまでとし、午後からの後半戦は後編に書きたいと思います。
ここまで午前中に3つの上りをクリアしましたが、まだ4つの上りが残っています。徐々に脚が売り切れて厳しくなっていきますが、果たしてどのように切り抜けたか?後編にご期待ください。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

疲労:ブレーキシュー交換と多摩サイ回復走

こんばんわー
今日は朝から気温が上がって良い天気でしたねー
昨日の疲れからか起きたのは9時でしたが、身体が重くて痛い、、、
なので、今日はマッタリと回復を図ることにしました。

午前中は買い物に付き合い、昨日の走行後にそのままにしていた自転車を掃除し、午後からメンテナンスです。
先日の記事で報告したように、ブレーキシューを新しいものに交換しました。

今のブレーキ本体は、TIAGRA(BR-4600)で、昨年9月に交換したときから付属のシューをそのまま使っていました。交換後の走行距離が7000km超になりますが、シューの減り具合としては、まだ使えないことはありません。
しかし、ブレーキの効きがイマイチなのと、上位グレードのシューは効きが良いという話を聞いていたので、ここらで換えるべきかと

交換するブレーキシューは、カートリッジタイプのR55C3(BR-6700)です。台座(舟)ごと交換です。てか、BR-4600は、シューと台座が一体になっているので、台座ごと交換するしかありません。
で、サクっと交換し、当たりの調整とトーイン調整をして終了。
20130526_brake-f.jpg 20130526_brake-r.jpg

また、先の記事ではチェーンも交換するつもりである旨をお伝えしましたが、とりあえず今日は交換を見送りました。まだ使えそうなのと、先週注油したペドロス ゴーが昨日の走行後もちゃんと残っているので、どの程度持つのかと汚れ具合を見てみたいという理由です。
でも、来月中にはチェーン交換するつもりでいます。

あ、さらに、シーラントを再注入したチューブレスタイヤ(HUTCHINSON Fusion3)ですが、昨日の走行ではエア漏れもなく、問題なく使えるようになりました。
ほとんど使っていなかった状態でのパンクでしたから、シーラントで再生できたのは嬉しいですね。

以上のようにブレーキシューを交換しましたので試してみたくなり、回復走の意味も兼ねて走りに行ってきました。
14時半に出発し、さて何処に行こうか?ということで、さすがに山は止めておこうと思い、久しぶりに多摩川CRに行ってみることにしました。
多摩湖の脇から青梅街道に入って箱根ケ崎まで行って左折し、羽村を抜けて羽村堰から多摩サイにイン。
下流に向かってマッタリ走りますが、やはり走りにくい、、、二度と行かないことを誓いました。

でも、途中で多摩サイ名物?↓こちらの自転車に遭遇。
20130526_tamagawa1.jpg 20130526_tamagawa2.jpg
写真とっていいですかぁ〜?って声を掛けて撮らせていただきました。

その後、是政橋まで下って、府中、国分寺を抜けて帰ってきました。17時半帰宅、3時間の旅でした。
フラストレーションが溜まっていたのか?帰りは、回復走であることを忘れ、信号ダッシュを繰り返していましたね。気が付いたら脚が軽くなって痛みも和らいでいました。
ま、回復走の効果があったということで、よしとしましょう。

本日(2013.05.26)の走行記録
走行距離:62.56km
走行時間:2時間53分
平均速度:21.6km/h
最高速度:44.2km/h
獲得標高:140m(ルートラボより)

以上、おそらく今日で5月の走行は最後になりますが、短い距離かつ平地であっても走りに行くことができてよかったです。
ブレーキについては、うん、よく効きますね。前の4600シューが「シュシュシュシューンングングングーン」って感じなのに対して、6700シューは「シュシュッーンググンッ」って感じ?(分かりにくい?)
簡単にリアをロックさせることができます。逆に気を付けないといけませんねー

あ、昨日の奥武蔵〜秩父4000リベンジの詳しい報告は、また明日以降に書きます。
よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

達成:奥武蔵〜秩父4000リベンジできました(速報)

こんばんわー
今日は奥武蔵〜秩父4000リベンジに行ってきました。
とりあえず走り切ってきましたので、速報です。
結果からいうと、4000mリベンジを達成することができました。

こんなルートを走ってきました。


上りの数は7つでした。
1. 白石峠
2. 二本木峠
3. 秩父華厳の滝
4. 美の山
5. 定峰峠
6. 裏刈場坂峠
7. 黒山三滝〜ユガテ

本日の走行記録
走行距離:196.07km
走行時間:10時間32分
平均速度:18.6km/h
最高速度:62.5km/h
獲得標高:4080m(ルートラボより)

以上、獲得標高は自己記録を更新することができました。
これで今月のノルマ(1万m)も達成することができ、一安心です。
いやー、メチャメチャ疲れました。6番目の裏刈場坂峠からは脚が止まって、踏めない回せないでヘロヘロになりました。
でも、なんとかかんとか走り切ることができて満足です。

詳しい走行記録は追って報告します。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ジロ:山岳TTでのニーバリの出力と自分を比較

こんばんわー
今朝は通勤で2kmちょっと歩き、途中の激坂(大黒坂)を早足のままで上ったらさすがに汗をかきましたが、昼間の暑さはさほどでもなかったですかね?
明日も、比較的涼しそうです。奥武蔵〜秩父4000に丁度良い天候になってくれると嬉しいです。

日本は、サイクリング日和な週末になりそうですが、イタリアは荒れてますねぇ、、、
ジロは、本日予定されていた19ステージが天候不良のために中止になりました。本来、チーマ・コッピである標高2750mのステルヴィオ峠を含んだクイーンステージだったのですが、残念です。

昨日の山岳個人TTも、終盤の総合上位勢が走るタイミングで雨が降ってきましたし、今年のジロは本当に雨に祟られてますねー
その山岳個人TTですが、ニーバリが圧倒的な強さを見せましたね。いやー速かったし強かった。2位のサンチェスに1分近い差をつけましたからねー

ニーバリって、こんなに強かったっけ?
山岳ステージで速さを見せることはあったけど、精神面の弱さを指摘されてませんでしたっけ?

ま、今年のジロは心身ともに絶好調ということなのでしょうね
厳しいはずの山岳ステージが中止になったのも含めて、もう彼の総合優勝は間違いないでしょう。

さて、昨日の記事にも少し書きましたが、山岳TTは、トッププロがガチでヒルクライムのタイムを競う稀な機会です。
通常の山岳ステージでは、ライバルとの駆け引きがありますし、アシストを使うこともできます。また、頂上ゴールを除けば、その先も競わないといけないので、上りで出し切るような走り方はできません。

なので、決まった距離で全てを出し切るTTは、その選手が持っている実力があからさまになります。特に、平坦路のTTではそうですね
山岳の場合は、斜度や距離によって得手不得手がありますが、それでも登坂能力の差が出ますね

で、最も速く上り切るために全力を出す山岳TTですから、そこで出すタイム、速度、出力がイコールその選手の限界値と言えます(その条件での、という注釈付きですが)。
その限界値を昨日のニーバリのタイムに基づいて「ヒルクライム計算」で調べてみました。
条件は、コース全長20km、標高差1000m(平均勾配5%)、目標タイム44.5分、体重60kgです(他はそのまま)。

平均速度が27km/h、平均出力が383W、出力体重比(パワーウェイトレシオ)が6.4W/kgとなりました。

凄い、、、やはり、凄いですねー

ちなみに、私の登坂記録から何個か計算してみると、、、半分くらいの出力(可〜普通)という結果でした。
ええ、そんなことは元から分かってますから、決してショックは受けませんが、さすがに半分て数字を突きつけられると、、、少し凹みました。
当然と言えば当然で、5%の勾配だと、私の場合は13〜5km/hしか出せませんから、やはり半分ですねぇ
まーでも、カンチェのTT時はもっと(500Wとか?)出てるそうですから、、、とても同じ人間とは思えませんね

てことで、そんなことで凹んでいてもしょーがないので、明日は山に行ってきますー
朝5時半くらいに出発して、7時過ぎに田中のファミマで休憩していますので、もしお近くにいらっしゃる予定があれば、声を掛けて下さいー。
よろしかったら途中まででもご一緒いただければ嬉しいです。

あ、シーラントを入れたチューブレスタイヤの空気圧ですが、先程測ったら7.5Barを維持していました。大丈夫かな?そのまま行くことにしますー(朝、抜けてたら、出発が遅れます)

貧脚など気にするな、という応援のポチっ↓をよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

メンテ:バーテープ巻き直しとシーラント再注入

こんばんわー
昨日も飲みで帰宅が1時過ぎ、、、今日は眠かったぁ〜
ジロの17thステージも観れずで、今、録画を観ています。

今日の18thステージは、個人山岳TTですねー
なかなか見れませんよーっ!トッププロの真剣ヒルクライム
通常のステージでは、アタックをかける時以外はフルでは上りませんからね
どのくらいのスピード、出力で上るんでしょう?楽しみですー

さて、今日は、帰宅後に少しばかりメンテナンスを行いました。
明後日の奥武蔵〜秩父4000に備えてです。

一つは、先週の走行時のこと、左のバーテープが何故かズレでいました。
何故?その日は素手で乗って激坂を上ったから?ま、気にせず巻き直します。
止めのビニールテープを剥がしてから、ブラケットの手前まで解いて、重なりを多めにとって巻き直しました。
20130523_bartape1.jpg 20130523_bartape2.jpg

また、先日のメンテナンスのときにリアのチューブレスタイヤにシーラントを注入したのですが、注入のタイミングを間違えて大半をこぼしてしまい(こちらの記事参照)、ちゃんと穴が塞がっているか不安だったのですが、、、
今日、空気圧を測ってみると、2.8Barくらいに下がっていました。やはりダメでしたね

てことで、シーラントの再注入です。
今日は、ビードを落とさない状態でやりますよ。
エアを抜いてから、バルブから90°くらいの位置の片側ビードをタイヤレバーで持ち上げて、10cmくらいの隙間を作ります。
そこからバルブと反対側に向かって¥100ショップの注射器の先端を差し込み、20ccのシーラントを注入。
20130523_tire.jpg
はい。今日は全くこぼすことなく注入できました。

タイヤレバーを抜いて、ビードをリムに戻し、バルブを上に持ってきてからエアを入れます。
ビードは落ちていないので、多少ブシュブシュいいながらも簡単にエアが入りました。
また8Bar近く(7.7Bar)まで入れ、バルブを閉めた後、ホイールをグルグル回してシーラントを全体に行き渡らせます。どこからも出てきていないので、まぁ大丈夫かな?

明日、再度チェックして漏れてるようなら、明後日の走行には前のタイヤに戻して行くしかありません。
また、今後は、エアを入れる時、空気圧チェックの時、バルブを開ける前に上に持ってきておくように気をつけないと、大変なことになりますねー

よろしければ、ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予告:奥武蔵スペシャル5000&リベンジ4000

こんばんわー
昨日は週の初っ端から飲み、、でも今朝が客先に直行なので早めに切り上げようってことで、午前様にはならなかったのですが、当然ブログ更新できずでした。
まーそうなることは分かってたので、職場を出る前にツイッターにネタを投下してから飲みに行きました。

そのネタが「奥武蔵スペシャル」
奥武蔵の林道制覇を目指してルートラボで引いた山岳ルートです。
okumusasi_special.jpg

このルートは、東秩父村の落合橋交差点を起点として鎌北湖までで(ポイント数の関係)、山岳区間の走行距離が147km、獲得標高が4930m(高度上昇率3.35%)になります。

奥武蔵までの往復区間は、ウチから落合橋交差点までが距離51km、獲得標高410mで、鎌北湖からウチまでが距離30km、獲得標高160mですから、走行距離81km、獲得標高570mがプラスされます。

従って、自走で往復して全行程を走るとすると、総走行距離が228kmで、総獲得標高が5500m、高度上昇率が2.41%になります。

平均速度15km/hで走れたとして、走行時間が15時間超になり、休憩3時間として18時間で完走できるかどうかですね。

ザックリと走行スケジュールを考えてみます。
朝4時にウチを出て7時に落合橋からアタック開始した場合の、各ピークポイント到着時刻が以下のような感じ?(実際は相当な誤差が出るでしょうが)

1. 定峰峠(東秩父村側)8:00
2. 定峰峠(秩父市側) 9:00
3. 白石峠〜大野峠   10:00
okumusasi_spec1.jpg

4. 山伏峠〜正丸峠   11:30
  (昼食)
5. 刈場坂峠〜大野峠  13:30
6. 裏刈場坂峠〜飯盛峠 14:30
okumusasi_spec2.jpg

7. 高山不動      16:00
8. 梅本林道      17:30
9. 顔振峠〜ユガテ   19:00
okumusasi_spec3.jpg

以上の通りにいったとして、鎌北湖に到着するのは19時半になってしまいますから、帰宅時間は21時を過ぎますね。
うーん、最後のユガテが夜になっちゃいます。出発時間を1時間早めるか、峠を1つ省略するか?
2.の定峰秩父市側は要らないかな?これを省略しても獲得標高5000mは確保できそうだしー

てことで、詳細は今後詰めるとして、とりあえず6月に実施します。
ネタツイートに対して、sepaさん、ぽじさん、こうたさん、take-iさん、プチデビルさんの5名から反応していただけました。自動的に参加表明として受領されましたので、あしからず
よろしくお願いしますーっ!

また、今週末は、先の記事で予告したように、「奥武蔵4000リベンジ」に行く予定です。
ルートは、↓こちら

こちらのルートは、ウチからの総走行距離が約200km、総獲得標高が4100mです。

翌日への影響を考えて、25日(土)にしようと思います。スケジュールは、前回同様、7時に田中ファミマをスタートします。
どなたかご一緒いただけませんか?25日の都合が悪ければ26日にしても構いません。
コメントでの参加表明お待ちしていますー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

メンテ:タイヤ再交換&シーラント注入とホイール補修

こんばんわー
今日二度目の更新です。
昼過ぎに走行から戻り、前記事をアップしてから自転車のメンテナンスをしました。

昨日、ネットでポチった品物が届いていました。
20130519_nimotu.jpg
チェーン:シマノCN-HG93(アルテ)
ミッシングリンク:KMC 9S
ブレーキシュー:シマノR55C3(BR-6700)×2
シーラント:HUTCHINSONプロテクトエア マックス
チェーンオイル:ペドロス ゴー

チェーンは、今のCN-HG73(105)が昨年10月に交換してから5000kmを超えたので、そろそろ交換時期です。
ミッシングリンクもチェーン清掃のために着脱回数が多くなっているので、新しいものに交換するつもりで購入しました。
ブレーキシューは、今のシューが昨年9月にアーチごとBR4600に交換したときのもので、だいぶ減ってきていたので、この際アルテグレードに交換するつもりです。
ただ、今日は、メンテ作業中に雨が降り出したため、チェーン交換とブレーキシュー交換は諦めました。来週の走行後に交換したいと思います。

シーラントですが、リアに使っているHUTCHINSONのFusion3なんですが、2本のうちの1本が交換早々にパンクしてしまい、もう1本に交換して現在使っているのですが、パンクした方も勿体ないので使おうと思い購入しました。
で、リアのホイールを外してタイヤ交換です。

ここで、リアホイールのブレーキ面の補修もしました。
昨日の走行時にブレーキをかけるとリアから「シュシュシュ」という音がしたので、見てみるとブレーキ面に傷が付いていました。先週の走行中に石でも踏んだでしょうか?
紙ヤスリで傷の突出した部分を削りました。
20130519_wheel.jpg
凹んだ傷はどうしようもないのでそのままですが、飛び出していなければブレーキへの悪影響はないでしょう。

次に、タイヤ交換とシーラント注入です。
しかし、シーラントを注入するタイミングを間違えました。タイヤを嵌めてリムの溝にビードを落とした状態で、ビードの最後の15cmを嵌める前に30ml注入したら下から漏れます。当たり前ですが、、、半分以上が出てしまったかも
エアを入れて一旦ビードを上げてから再度エアを抜き、タイヤレバーで隙間を作ってから注入すればよかったんですね?でも、その後にエアがちゃんと入るのでしょうか?うーん、よく分かりません

しかし、やり直す気もしないので、漏れたシーラントは気にせず、残りのビードを嵌め、エアをウリャ〜っと入れてビードを上げました。
それからホイールをグルグル回して残りのシーラントをタイヤ全体に回しますが、どの程度残っていたのか分かりません。で、タイヤ表面に着いたシーラントを拭き取って、よく見てみると、白い点が見えます(真ん中よりも右寄り)。
20130519_tire.jpg
見えますか?白い点がパンク穴だと思います。塞がってくれると良いのですが
とりあえずエア圧を測定し(7.69Bar)、明日以降に大きく下がっているようだったら、シーラントを再注入するか、タイヤを戻すか考えます。

その後、チェーンリングやプーリを掃除するとともに、ホイールを取り付け、外してペットボトルでシャカシャカ掃除して乾かしておいたチェーンを戻し、注油です。
ペドロス ゴーは、今回初めて購入しましたが、ウェットタイプで長持ちするけれど汚れが付きにくい、という売り文句を信じて購入しました。
1コマずつ注油しますが、粘性が低くサラサラでリンクの隙間にスッと浸透していきますね。
説明では、注油後、時間をおいてから拭き取るようにと書いているのですが、どのくらい待てば良いかが書いていません。なので、テキトーに待ってから余分な油を拭き取りました。

以上でメンテナンスは終了です。
タイヤのパンク穴がちゃんと塞がったかどうかは気になりますが、とりあえずシーラントが穴から出てきていたので大丈夫かな?
チェーンとブレーキシューも早く換えたいのですが、切りよく6月から使用するように来週走行後に交換することにします。
ペドロスに関しては、しばらく使ってみてレビュしたいと思います。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

軽く?:回復走でマッタリ&東都飯能CC激坂

こんにちわー
先週末時点の天気予報では今日は朝から雨ということで諦めていたのですが、7時半に起きたら晴れてるし、雨も夕方以降との予報に変わっているので、ならば走っておこうということで行ってきました。
でも、徐々に南風が強くなってきましたねー。帰りは向い風で苦労しました。

では、本日の走行記録です。
朝食とネットなどでマッタリ過ごした後、9時半に出発です。
昨日の疲労が相当残っており、脚が重く痛いので、今日は回復走ということにして、距離短め負荷軽めのつもりです。
ではどこにいこうか?と考え、近場で多少なりとも坂があるところ、かつ、坂も長い坂ではなくて面白い坂のあるところ、ということで東都飯能CCの往復に決めました。

今日は、多摩湖の新堤防を通って久々に写真撮影。
20130519_tamako.jpg
一応、ブログタイトルに「多摩湖」を謳ってる以上、たまには撮っとかないとねー

で、多摩湖自転車道路に沿った道を通って、青梅街道に出て、岩蔵街道から成木に入り、成木一丁目交差点の東側から左折して東都飯能CC方面へ
しばらくは川沿いの緩やかな上りをゆっくり走って、民家が途切れた辺りから始まる激坂に備えます。
今日は回復走ですから、激坂以外の区間はほとんど踏まずにゆっくりマッタリですよー

いよいよ前方に東都飯能CCの激坂が見えてきました。
坂の写真は、過去記事(こちらこちら)をご参照いただくとして、今日は、成木側と原市場側の往復TTに挑戦してみます。
ルートラボで引いてみました。


コースは、成木側のアスファルト路面からドーナツ印付きのコンクリート路面に切り替わるところから、ピークまで上って原市場側へ下り、その激坂が終わって現れる最初のグレーチングのところでUターンし、原市場側から上り返してCC正門までです。全長は2.9kmほどで、成木側の激坂区間の距離が約500m、平均勾配が14.3%、最大勾配は20%後半?、原市場側の距離が750m、平均勾配が15%、最大勾配は20%後半?です。
最大勾配は、ルートラボでは上手く読み取れませんねー

しかし、やはり昨日の疲労が残ってますね(言い訳です)、先ず成木側の激坂区間でもうヘロヘロで、その後の緩斜面は回復に努めて全く踏めず、原市場側でもとにかく止まらないように上るのが精一杯でした。シッティングでは全く踏む力が出ず、ダンシングも、ただの立ち漕ぎで全体重をペダルに掛けて前へ進めるだけしかできませんでした。一応、ラップを取ってみましたが、16分43秒(距離2.93km、平均速度10.5km/h)でした。
20130519_totohannnou.jpg
いやー疲れたけど、距離が短いので、まぁアトラクション感覚で楽しめました。

で、成木側に下って、ファミマで赤コーラを補給し帰路に
帰りは、岩蔵街道からK63に曲がり、金子駅そばを右折して南下しK179を所沢方面に走り、狭山湖入り口から狭山湖側に少し上ってK55に、さらに山口城跡を右折して多摩湖に上ってから帰ってきました。帰宅13時20分、3時間50分の旅でした。

本日(2013.05.19)の走行記録
走行距離:67.21km
走行時間:3時間11分
平均速度:21.0km/h
最高速度:45.3km/h
獲得標高:620m(ルートラボより)

以上、昨日のライドがハードだったので今日は回復走でしたが、ついでに激坂を入れてみました。ま、激坂といっても、高山不動のような距離があるわけではないので、疲労が蓄積するようなことはないでしょう。多分
距離的には短いですが、なかなか楽しめるルートでした。またいつか東都飯能CCの激坂TTやってみようっと。ここを10分切れれば、相当脚力が付いたといえるのかな?

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

良い天気:道志〜道坂峠とブラックうどん

こんばんわー
今日は、とても良い天気でライド日和でしたねー
でも少し暑かったですかね?日に焼けました。

今日は、先日の記事で案内した通り「道志〜道坂峠2000mアップの山岳ライド」に24WEさんと二人で行ってきました。
走行ルートは、予告した通りのルートでした。


では、本日の走行記録です。
朝5時半に起き、朝食を食べて準備し、24WEさんと8時に待ち合わせの尾根幹南野セブンを目指して6時40分ころに出発。
いつものように国分寺から府中を通過し、是政橋を渡って向陽台を越えて尾根幹に入り、西へ走り、南野セブンには8時少し前に到着しました。ウチからここまで26kmでした。
24WEさんは既に到着されていました。お待たせしましたー

その後、8時10分ころに二人でスタートし、尾根幹をさらに西進して町田街道に入り、橋本駅前を通過してR413で津久井湖方面に
津久井湖の脇を8時40分ころに通過し、三ヶ木を左折してその後右折し道志みちに入りました。
道志みちでは、上りが始まる前のセブンで休憩し、私はあんぱんとモンスターエナジーを補給しました。朝、VAAMを飲んできたのですが、24WEさんのハイペースに着いて行くと負荷が大きくなるかもと思い、念のために糖分補給です。これは正解だったと思います。

休憩後、9時半ころに再スタートし、道志みちのアップダウンをこなしつつ、道の駅「どうし」を目指します。
ここのアップダウン、やはりペースが速い。私が前を牽いても後ろに着いても、どちらにしても私が一人で走るペースよりも1割は確実に速かったと思います。この時点で結構脚を使っています。
で、10時45分ころに道の駅「どうし」に到着です。予定よりも15分も早いです。
20130518_dousi.jpg

この道の駅では、持参したスティック羊羹を補給しました。
また、先の記事にコメントをいただいたグリコさんが道志みちを走っているらしく、もしお会いできるとしたら道の駅かな?と思い、なんとなく周りを見回してみましたが、結局お会いすることはできませんでした。
グリコさん、また機会があったらご一緒しましょう。

11時過ぎに道の駅を再スタートし、道志みちを少し戻って都留方面の標識のある分岐を左折し、道坂峠に上ります。
この道坂峠は、登坂距離5kmちょっと、平均勾配が6%で、最大勾配が8%ほどです。はい、数字を見てもらえれば分かりますが、平均と最大の差がほとんどありません。つまり、最初から最後まで、ほぼ7%の勾配の上りがズーっと続くんです。
いやー、このメリハリの無さには結構うんざりしましたが、路面はとても奇麗で道幅も広く車も少ないので、とても走りやすい峠でした。一定斜度でトレーニングするには良いコースかも知れませんねー
ラップは、25分23秒(距離5.28km、平均速度12.5km/h)でした。

ピークには道坂トンネルがあります。
20130518_douzaka.jpg
トンネルを抜けて都留側にダウンヒルです。都留側は、道志側よりも斜度が緩やかで距離が長いですね。こちらも路面は奇麗で結構豪快なダウンヒルが楽しめます。ダぁ〜っと一気に都留まで下ってきました。気持ちよかったですねー

で、都留で昼食にします。事前に調べてきたお店がすぐに見つかったのでイン。12時前でした。
お店は、R139沿い谷村町駅そばにあるのですが、建物が奥まっているので通り過ぎてしまうかもしれません。
「伊万里」さんといううどん屋さんです。牛すじと手打ちうどんが売りのようです。
しかし、食べログでチェックしたところ「ブラックうどん」というのがあるようで、それを注文しました。
20130518_imari.jpg 20130518_black1.jpg

正式名称は「谷村ブラックうどん」で、炭が練り込まれた麺が真っ黒で、コシ(歯ごたえ)があるのと、出汁も黒く(でもうどんですから和風出汁)、チャーシューとキャベツ、ネギがトッピングされています。また、掛けの他につけ麺もあるのですが、こちらの麺はさらに硬めとのことで、初めての人は掛けを勧められました。
20130518_black2.jpg
ホントに麺が真っ黒ですー
でも味はコクがあるように感じるだけで、炭の味はしませんよー。美味しくいただきました。
コシがあって太めの麺なので普通(一玉)で十分満足できましたが、1.5玉と2玉もできるそうです。

で、こちらの女将さんがいろいろ説明してくれたのですが、夜は「伊万里」は居酒屋になり、その隣のスナックは女将さんがママさんとしていらっしゃるそうです。
このママさん、ブロガーで「リンダママの独り言」というブログを書かれています。
お店(うどん、居酒屋、スナック)もブログも訪問してみてくださいー。

てことで、12時40分過ぎにお店を出て再スタートです。
R139を大月方面に走り、禾生駅(かせいえき)前の交差点を右折してK35に入り、雛鶴峠を目指します。
この峠は、昨年一度上ったことがありますが、前半はダラダラでリニア軌道の工事箇所を過ぎてからの後半1kmほどが勾配8%と厳しくなります。この後半部分では24WEさんに着いて行けません、、、すでに脚が重くなって回せなくなっています。

ま、なんとか上り切って新雛鶴トンネルを抜けて秋山のダウンヒル。ここも楽しいですねー。単調な下りではなく、アップダウンを繰り返しながら14kmほどの長距離を下り基調で走ることができ、ペースも上がります。
で、相模原市に入ったら神奈川CCを過ぎたところの交差点を右折します。ここを左折すると藤野方面で相模湖を渡ってR20に出られるのですが、今日は右折してK517のアップダウンを走り獲得標高を積み増してから、プレジャーフォレスト前から相模湖に行くことにしました。

いやーでも、すでに脚が終わりかけていますので、ここのアップダウンが厳しいですねぇ、、、どんどん削られて行きます。3つくらいのアップダウンを繰り返してやっとプレジャーフォレスト前に下りてくることができました。そこからR412で相模湖畔まで走って、ここで休憩です。
20130518_sagamiko.jpg
いやー良い天気ですねー。風も弱く湖面も穏やかです。

ここで30分ほどの大休止を取って、脚も回復したでしょうか?あとは大垂水峠を越えて帰るだけです。
大垂水峠は、昨年10月以来です。ま、距離も長くないし勾配もキツくないことは分かっているのですが、だから逆にペースを上げて走らないといけないので厳しかったですねー
緩斜面ではギアを掛けて踏まないといけないんですが、もう無理でした。12〜16km/hくらいの速度で淡々と上りました。でも、できるだけトルクを抜かないようにがんばりましたよー

で、ピークからダぁ〜っと高尾に下って、八王子を抜けたところの三叉路で24WEさんとお別れです。
今日は、お付き合いいただきありがとうございました。またよろしくお願いしますー
そして、私は、日野から立川を抜け、途中のセブンで最後の休憩をしてから帰ってきました。帰宅17時30分、10時間50分の旅でした。

本日(2013.05.18)の走行記録
走行距離:180.18km
走行時間:7時間50分
平均速度:22.9km/h
最高速度:62.6km/h
獲得標高:2340m(ルートラボより)

以上、予定通り2000m超の標高を獲得することができ、今月の累計獲得標高が6000mを超えました。来週、4000m上れば、今月のノルマを達成することができそうです。
今日のライドは、24WEさんのペースに着いて行こう、そのペースを意識して前を牽こう、ということを意識して私としてはハイペースで走ったと思います。なので、2000m級の上りの割に疲れ方が激しかったですし、今も脚腰がダル重くなっています。
でも、やはり速い人と走ると独りよりも頑張れるし、得るものが大きいですね。24WEさんに感謝です。次も頑張りますのでよろしくお願いしますー

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新ルート:毎日ヒルクライムできるようになる?

こんばんわー
昨日の記事では、ジロに動きが少ないと書きましたが、記事をアップした直後にウィギンスが脱落し、今日リタイヤすることが決まりましたね。
これで、ニーバリは有利になったかもしれませんが、まだまだ先は長いのと、ニーバリには必ずといっていいほどダメな日があるので、総合争いは終盤まで分かりませんねー

その終盤に控えている超級山岳ステージですが、天候不良で山の上は雪が積もっていて除雪が間に合わず、キャンセルとなる可能性があるとか、、、いや、それは避けて欲しい。楽しみが半減してしまいますので、天候回復を祈ります。

さて、HONDAがF1マクラーレンへのエンジン供給を正式発表しましたねー!
待ってましたっ!
やっぱHONDAさんや〜
ちゃんと戻ってきてくれた〜

テキトーに参戦して景気悪くなったらトットト撤退するような、利益優先のどっかのT社とはモータースポーツに賭ける精神が全く違いますよねー
やはり、日本のモータースポーツ文化を支えていくのは、世界で真剣勝負していく気概のあるHONDAしかありません。
国内規格のガラパゴスGTなどはどっちでもいいんです(レース自体は面白いから好きですけどね)。世界ですよ世界。世界一を目指さないならやらない方がマシです。

まぁ琢磨のインディー優勝という嬉しい出来事はありましたが、ドライバーの方でもF1で勝てる日本人が出て来て欲しいんですがねー
そのためにもHONDAの復帰は大きな意味を持っていると思いますし、そのきっかけになって欲しいと切に希望しています。

二輪ではできたんですから、きっとF1でもいつか(私の目が黒いうちに)日本人が勝つ、チャンピオンになるシーンが見られると信じています。いやっ絶対に見ます。見るまでは死ねませんっ!

で、自転車のロードレースも同じです。グランツールやクラシックで日本人が勝つシーン、そして総合優勝するところを絶対見たいっ!中野がスプリット10連覇できたんだから、不可能なはずはないんです(当時、プロアマ問題があったにせよ)。

とにかく、世界で本気で戦うメーカー、選手がどんどん出て来て欲しいし、その戦いを見続けて応援していきたいですね。それによって自分自身も勇気をもらって、モチベーションにつなげていけますからねー
ってことで、復活したマクラーレン・ホンダが見られる再来年のF1シーンを楽しみにしつつ、今日の本題にいきますー

さて、先日の記事でボソッと「通勤経路を変えようかな?」みたいなことを書きましたが、これ結構本気で考えてます。
で、今日は試験的に新経路候補を使って帰ってきました。
あまり具体的に書くと私の職場の位置が特定されちゃうので、その辺はボヤッと書きますが、広尾の辺りから麻布十番まで歩いて大江戸線で練馬、練馬から西武線というルートです。

この徒歩区間が峠(麻布山)になっていて激坂?があります。今日歩いたルート(道を間違えたので実際のルートとは若干異なっていますが)をルートラボで引いてみました。


距離は約2kmで、仙台坂上をピークとした最大標高差が25mあります。往路(麻布十番→広尾)は、仙台坂を上り、その登坂距離が470m、平均勾配が4.6%、最大勾配が7.8%です。復路は、南部坂を上り、その登坂距離が420m、平均勾配が4.1%、最大勾配が5.3%です。
sendai-zaka.jpg nanbu-zaka.jpg

どちらの坂も早足で歩くと結構心拍が上がり、息も少し乱れますし、脚にもきます。ロードバイクなら一気に上り切れる距離ですが、ママチャリだと厳しいかもですね。今日見た自転車は全て電動アシスト付きでした。

で、今日は道を間違えたこともあって、職場からホームまで25分ほど掛かってしまいましたが、道が分かれば20分少々で行けると思いますし、もう少し坂を攻めれば時間短縮も可能だと思います。

そして、ウチまでのドアtoドアの所用時間は、これまでの徒歩+渋谷経由(直通)とほぼ同じでした。バスを使った方が5分くらい短縮できますが、それは新経路も同じなので差は付きませんし、新経路は地下鉄利用も可能です。
てことで、十分に検討する価値があることが分かりました。

何より、毎日峠越えのヒルクライムができる(徒歩ですが)という魅力的なルートです。良いトレーニングになるんじゃないかと思います。
あとは朝の混雑具合と遅れ具合ですねー。往路についても近いうちに検証して、職場に提出する定期の変更申請期限である来月中には結論を出したいと思います。

以上、あまり自転車とは関係ない話題で申し訳ありませんでしたー
しかし、徒歩で峠越えすると脚にきますねー。今、なにげにフクラハギが張ってます。
軽いジョグができる靴にして駆け上がってみようかな?ま、夏場はやりませんけどねー

↓ポチっと応援いただけると、通勤ウォーキングヒルクライムの励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ジロ:ちょっとマッタリしてますが

こんばんわー
今日は午後からお客さんのところに出掛けてそのまま飲み会。
ま、早めに終わって帰ってきたので、ジロを観ながらこの記事を書いていますが、ネタがありません。

今日は電車のトラブルもなかったし、新たな走行ルートも引かなかったし、新車関係の調査もしなかったので、、、うーん、苦しいですねー

ジロについて言えば、ニーバリとアスタナが頑張ってますね。ちょっと意外、というか、スカイやBMCがイマイチ攻められませんねー。ウィギンスがダメなのに立場が中途半端なのと、エバンスも前のような力がないから、どちらのチームも思い切った動きがとれない状況でしょうか?

でも、そろそろ動かないとマズくなる選手やチームがアタックをかけ始めるでしょうか?動きに期待したいと思います。

一方、カリフォルニアの方は、ちゃんと全ステージ観られてませんが、各ステージが面白いですね。総合にはあまり興味がないので、ステージごとに争ってもらえると観てて楽しいですねー

てことで、今日はネタがないし酔っ払ってるので、簡単な更新でお茶を濁しましたが、明日から頑張ります。

明後日5/18(土)の道志〜道坂峠ライドに、24WEさんから参加表明をいただきました。ありがとうございますー
尾根幹の南野セブンに8時過ぎくらいに集合して行きますので、ご参加いただける方はご連絡いただいた上で集まって下さいー

↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:5/18(土)道志〜道坂峠2000mアップ

こんばんわー
今日は静岡方面への出張だったのですが、朝、東京駅までのJRが遅れまくり、、、予定の新幹線に乗れず、次のこだまに乗ることに、、、
以前は通勤にJRを使っていてしょっちゅう遅れてましたが、最近は出張のときくらいしか使わないのに、その度に何かしらトラブルに遭遇して、、、ほんとイライラさせられますねー

昨日の定期購入の件といい、今日の遅れといい、鉄道との相性が最悪の運気にハマっている気がします。年に何回かありませんか?そんなことが重なるときって、、

と、ここまでを往きの新幹線で書いてて、ふと時計を見ると12時、、、アレ?おかしいなぁ?時計が1時間遅れてる?

あぁ〜っ!間違ってたぁ〜っ!1時間早かったぁ〜っ!!

30分遅れてもまだ30分早く着いちゃうー。何を言ってるか分からないー
さっきホームからお客さんに「30分遅れます」て電話したのにぃ〜、、、恥ずかしい、、「時間通りに着けることになりました」てまた電話、、、

てことで、不測の事態にも余裕を持って対応するために早めの行動が大事ですねー。という教訓を駅前のベンチで時間をつぶしながら考える46歳男子でした。

さて、気を取り直して本日のお話
昨日の記事で「奥武蔵250/4000リベンジ」のルートと実施予定日(5/25or26)についてはお知らせしました。

今日は、今週末の土曜(5/18)の走行予定ルートを考えてみます。
最近、奥武蔵と奥多摩に行くことが多いので、ちょっと気分を変えるために道志方面にしてみようかと思います。

昨年9月に道志みちから山伏トンネルを抜けて山中湖に行ったことはあるのですが、道志から都留に抜ける道坂峠は、まだ走ったことがありません。
他の方のブログを拝見すると、適度な斜度があって走りゴタエのある峠という印象。路面も綺麗で走りやすい、とのことなので、走っておかないわけにはいきません。

てことで、↓こんなルートにしてみました。

都留からは雛鶴峠を越えて相模湖に抜け、大垂水峠を越えて帰ってくる、距離180km、獲得標高2300mのルートです。

ウチを7時に出発して尾根幹を通って、津久井湖辺りを9時頃に通過し、道の駅どうしに11時頃到着すれば、17時くらいには戻って来られるかな?と考えています。
ご一緒いただける方は、コメント欄でご連絡くださいー

以上、今日は自分の勘違いで空騒ぎをしてしまい、一人で勝手にストレスを溜めてしまった出張でしたが、客先での打ち合わせは1時間で終わり、ソッコー戻ってきたら17時には帰宅できました。なので、結果オーライということで、良しとしましょう〜
(なんちゅう楽な仕事だっ?!というツッコミは受け付けません)

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

危機:5月のノルマ達成が難しくなってきました

暑いですねー
今日は通勤定期を継続しようと思って、朝9時前に渋谷駅で買おうとしたら、窓口が10時からしか開かない、、、なんで?と思いつつ帰りでいいかーと、そのまま出勤し、ネットで調べたら、他の窓口は7時から開いてるのに、何故か渋谷だけ10時〜

で、カードが使える自動券売機もあるらしいとの情報も発見したので、帰りに買おうと思ったら、東急のみでメトロは買えない、、、しょーがないから窓口に並んで買って、券売機のことを聞いたら、銀座線にあるとか、、、えーなんですか?定期を購入するためだけに地上3階まで上がって、また地下5階まで下りてこい、と?頭おかしいだろっ!東京メトロ

だったら窓口をちゃんと開けろや!並ばずに買えるようにしろや!何考えとんねんっ?!何様だ?
こちとら自転車で無意味に山を上ったり下ったりは好きでやってるけど、鉄道会社の都合で上り下りさせられるのはまっぴら御免だよーっ!

てことで、鉄道会社の大人の事情にブチ切れそうになるのをなんとか我慢して帰ってきた46歳男子です。こんばんわー

しかし、これ誰も文句を言わないんですかねぇ、、しかも、窓口がメトロと東急に分かれていて、東急の窓口は誰も利用者がなく、係員が無駄話をしてる始末。なんなんですかね?全く利用客の利便性を考えないこの対応は?それでなくても3月に東急が乗り入れてからというもの、混むし遅れるし座れなくなるしで利便性がガタ落ちしてメリットがなくなってるのに、、、利用するなってことですか?乗ってくれなくて結構ってこと?そうなのか?

ちょっとマヂで別の経路を考えようかなー?
っと、自転車に関係のない話が長くなってしまいました。スミマセン、本題にいきますー

さて、今月は、月初の5/2にハルヒル試走に行き榛名山を上り、先日5/12に奥武蔵(天覚山〜顔振峠〜高山不動)に行ったものの、5/5もてぎエンデューロ、前日5/4平地練と、あまり山に上れていません。
週末に雨が降ることも多い(今週末の日曜5/19も雨っぽい)のと、曜日の関係で土日があと2回しかないこともあって、走行回数自体が少なくなってしまいそうです。

そのため、月間獲得標高のノルマである1万mが危うくなってきました。先週までに稼いだ標高は、もてぎの980mを含めても、まだ3670mしかいってません。
で、次の日曜が雨だとすると、走行できるのはあと3日しかありませんから、残り6000m強を3で割ったとして平均2000mずつ上る必要があります。

ただ、月一3000mもまだやっていないのと、先月4/20に雨で達成できなかった250/4000のリベンジもしなくてはいけません。
そこで、4000m級を一発入れれば、残り2000m級一発か1000m二発で大丈夫そうです。

てことで、天気が怪しそうな今週末の土曜(5/18)に先ず2000を確保しておき、4000は来週末(5/25,26)に賭けることにします。

4000のルートは、4/20の奥武蔵250/4000をベースに少し変更します。というのも城峯山から秩父華厳滝までの下りの路面が荒れ過ぎていてパンクの危険が危ないから、城峯山の山頂は避けようと思います。
で、改訂版のルートが↓こちら

龍勢会館までは同じルートで、そこからショートカットして秩父華厳滝へ上り、皆野に下りてきます。
また、前回上れなかった美の山を上り、定峰〜白石〜大野〜飯盛峠までは前回計画と同じルートで、その後顔振峠に向かわずに迂回して黒山三滝に下って上り返します。これによって距離の伸びを最小限に抑えつつ4000mを確保します。上り返した後は、顔振峠からユガテ〜鎌北湖に下りてきます。

以上のルートで、ウチからの距離が200kmちょうど、獲得標高が4100mになります。
田中のファミマから毛呂までだと、距離が140kmくらいですから、朝7時に田中のファミマをスタートすれば、17時には毛呂に下りて来られると思います。

今のところ、5/25(土)か5/26(日)のいずれか天気のよさそうな方で実施しようと考えています。
この走行にご一緒いただける方を募集します。コメント欄で連絡ください。
途中参加、途中離脱もOKですよー

また、今週末の土曜(5/18)は、奥多摩方面か道志方面で2000m程度上ろうと思っています。こちらもご一緒いただける方がいらっしゃったらご連絡ください。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新車:情報が少ないのでショップで聞いてみた

こんばんわー
今日はジロの移動日(休息日)なので、ツアー・オブ・カリフォルニアの録画を観ながら書いています。
カリフォルニアといえば、観客のコスプレですよねー。今回も目玉焼きは出てくるのかっ?!
しかし、今週はジロとカリフォルニアの両方を観ないといけないので大変ですー

さて、先日の記事で今現在欲しいと考えている車種の写真を載せました。
モデル名や型番を書かなかったのですが、写真からカテゴリーは分かるだろうと思い、詳しく説明しませんでした。
このカテゴリーの新車購入を考えている理由についても、まだちょっと考えがまとまっていないので、おいおい書きたいと思います。

で、情報が少ないんですよねー
一般のロードだったら、雑誌やネットでだいたいの情報は集まりますが(ま、ディープな情報は別ですが)、このカテゴリーに関してはまだまだ情報量が圧倒的に少ないと感じています。探し方が悪いだけかもしれませんが、、、

特に知りたいと思っている情報は、ホイール関係の2点です。
1. ディスクブレーキ対応ホイールのメーカー、型式、バリエーション、価格、等々、、、
2. 1.に加えてSHIMANO 11速対応の可否(アルテ6800の導入を考えてます)
3. ロードも含めてBB規格の方向性

今、ディスクブレーキ対応ホイールとして出ているのは
↓これとか
ffwd_f6disk.jpg
↓これでしょうか?
easton_ea90xd-disk.jpg
あと、A-classも出しているようですが、いかにも数が少なそうです。

てことで、少しでも情報を得たくて、この前の雨の土曜日、買い物ついでにショップに寄ってきました。
1箇所目は、今のセクターを購入した総合自転車店ですが、ここは結構な台数のスポーツ車も置いているものの、基本がファミリー向け自転車ですし、大体いつも話しかけてきてくれないので、一周回って出てきました。

2箇所目は、1箇所目の支店で、ホイール(WH-6700)を購入したところです。ここは、2階がスポーツ車オンリーになっていて、店員が話しかけてくれました。なので、上記質問をぶつけてみましたが、はっきりした答えはありません(あまり期待もしていませんでしたが)。ま、7月以降に2014モデルが発表されてくれば方向性が分かるんじゃないか?BBは、まーアタッチメント等で対応するしかないですねーってことでした。

3箇所目は、初めて訪れるショップです。このショップは、店長が雑誌等でインプレをするような、所謂プロショップですねー。敷居が高いです、、、
店の前はしょっちゅう通っているのですが、中に入るのは初めてで、人見知りでシャイな46歳男子としては、話しかけることなどできず、展示車を見て回るだけです。と、店員が話しかけてくれました。なので、同じように質問すると、ホイールに関しては、方向性はディスクブレーキ対応モデルも出てくると思うけど、今時点ではハッキリしない。手組での対応も可能ですよってことでした。

やはり、まだまだマイナーなカテゴリーだからパーツの互換性や品数は限られるけど、その中から個々に探し出して工夫してカスタマイズしていく世界なんですかねー?て感じでした。

以上、新車選びの中の1つの課題として挙げていたショップ探しの第一歩も踏み出しました。これはシャイで奥手な私にとって非常に大きな一歩ですよー
あと、今回は行かなかったですが、私の住む市にもう1軒のプロショップがあります。こちらもHPでは手組ホイール対応してくれるみたいですし、取り扱いメーカーもいい感じですので、今度行ってみようと思っています。

シャイなオッサンがよくがんばった!
と応援いただける方、↓ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

あの坂:とりあえずリベンジしてきました

こんばんわー
今日は、昨日から一転して良い天気でしたねー。
朝5時半に起床したのですが、雨は上がっていたものの、まだ路面がウェットだったので、買い物に付き合ってから昼前に出発して走りに行ってきました。いやー暑かったですねー。

さて、ジロは動きがあって面白いですねー。
7thステージは雨の影響で大落車大会になり、8thステージの個人TTでも総合が動きました。ニーバリとしては、マリアローザを獲得するのがちょっと早かったかもしれませんが、この後の戦い方に注目ですねー

では、本日の走行記録です。
10時半過ぎに出発して、今日は山に行くことにしました。
今日は青梅街道ではなく、多摩湖の北側のK55から狭山湖の脇を通ってK179に入り、八高線沿いに北上して金子駅の近くを通過し、飯能へ
飯能からは名栗線を走って小瀬戸の交差点を左折し、天覚山を越えることにしました。

天覚山の原市場側の上りは、3/20以来ですが、今日はまぁ軽く上ることにします。ラップは、8分29秒(距離1.56km、平均速度11.0km/h)でした。
東吾野駅に下って休憩です。ここで輪行してきたらしきランドナーの方が荷解きしていましたが、私はお腹が痛くなってきていたので、トイレに急ぎます。
東吾野駅も吾野駅と同様、洗浄機能付き便座が設置されていて快適です。スッキリしました。
で、ランドナーの方がタイヤを外して作業しています。なので声を掛けると、パンクとのこと。タイヤサイズが違うのでチューブは貸せませんが、クイックパッチをお貸ししましょうか?と言うも、ゴム糊式のパッチがあるとのことで、じゃぁまぁがんばって下さいー、ということで私は先に出発。

で、東吾野からはR299を福徳寺の方に右折して顔振峠に向かって上ります。私はこの上りを「裏顔振峠」と呼んでいますが、正確には何らかの林道名があるはずです。また調べておきます。
この林道を上り切ると、顔振峠からユガテ〜鎌北湖に向かう道に出ます。そこを顔振峠側に少し走って分岐までのラップが26分27秒(距離5.61km、平均速度12.7km/h)でした。
そこから顔振峠の茶屋の方には上らず、吾野側に下ります。

顔振峠を下り切ってR299の手前を右に曲がり、あの坂を目指します。
はい、あの坂とは、昨年11/10にプチデビルさん24WEさんとご一緒して、私が返り討ちにあった「高山不動の坂」です。
そのときのレポは「惨敗:奥武蔵南ルートは厳しかった」をご参照ください。
それ以来、高山不動は私の中で封印したんですが、春になって調子が上がってきたころに封印を解き、いつかリベンジすることを「無慈悲な激坂:いえ本当は慈悲深いはず」の記事で宣言しました。

そのような因縁の坂である高山不動に上ってみることにしました。
20130512_takayama1.jpg
でも、リベンジを宣言した際に、デビさんから「ならば、お供しない訳には行きますまい」との申し出を受けていて、ご一緒いただくつもりだったんですが、、、スミマセン、一人で行ってきました。

だって、デビさんとぽじさんは、今日(てか昨日から)千葉のブルベ400kmに出場していて、悪天候の中、しかも4000mオーバーの上りもあるという過酷な走行中。それを応援しているうちに自分も何かにトライしたくなっちゃったんですよー

また、昨日の記事でtake-iさんと行く3000mアップのルートのクライマックスとして高山不動を入れたこともあり、自分の脚で確認しておかなければ、ということもあります。
はい。今日は、昨日の記事で設定したルートの後半部分(↓ここ)をそのまま走ってきました。
6. 天覚山アタック:距離1.5km、平均勾配9.3%、最大勾配10〜12%
- 東吾野への下り
7. 裏顔振峠アタック:距離4.1km、平均勾配6.6%、最大勾配11〜13%
- 顔振峠下り
8. 高山不動アタック:距離4.7km、平均勾配9.1%、最大勾配18〜20%

では、高山不動へのアタックです。
全長が約5kmですが、前半の2kmは緩やかな勾配の林道です。しかし、路面が荒れてますねぇ
2kmを過ぎると徐々に、というか急に勾配が厳しくなりますが、ここはまだ通常の林道並みの勾配10%程度です。
しかし、ここで無理をしてはいけません。今日は、とにかく足付きせずに上り切ることだけが目的です。できるだけ負荷を掛けずに、ゆっくりゆっくり上ります。

でも3kmを過ぎるとさらに勾配が急になって、コンクリート路面が出てきます。勾配も14〜5%でしょうか?キツい、、、前回はこの辺りで足を付き、その後再スタートできずに押して上りました。
今日はとにかくゆっくりでもよいので休むダンシングも取り入れながら上ります。
さらに4kmを過ぎるとコンクリート路面にドーナツ印が付きます。ここからのラスト1kmが最大勾配区間で、ところどころに20%超の激坂が出てきます。多少緩むところもありますが、基本的には10%台後半の激坂が1km連続します。

もう心肺もMaxです。すれ違う山ガールのお顔を確認することもできません。
いやぁ、苦しい、マヂ苦しい、、、脚も回りませんから、シッティングとダンシングを交互に繰り返して、なんとか止まらないようにします。速度も5km/hを切りそうです。
こんな激坂が永遠に続くかと思われ、気が遠くなりそうでしたが、上の道路(GL)にある茶屋跡の建物がみえました。あと少しです。
なんとかかんとか足付きなしで上り切ることができました。ラップは、、、まぁいいや。平均速度は8.5km/hでした。この速度でいかにギリギリだったかをお察しください。

で、茶屋跡の展望デッキで休憩。
20130512_takayama2.jpg
ここからの景色は奇麗ですねー

休憩後、顔振峠方面に向かってGLを走り、顔振峠の茶屋で赤コーラ補給。
そこからユガテのアップダウンをマッタリ走って、鎌北湖に下り、ここはノンストップでK30まで下って、いつものように日高のローソンで休憩し、ガリガリ君キウイ味を補給。
その後、入間からバイパスを通って帰ってきました。16時50分過ぎ帰宅、6時間20分の旅でした。

本日(2013.05.12)の走行記録
走行距離:98.66km
走行時間:4時間56分
平均速度:19.9km/h
最高速度:57.2km/h
獲得標高:1540m(ルートラボより)

以上、とにもかくにも高山不動の坂にリベンジを果たすことができました。
しかし、内容的には全く攻める要素がゼロで、ただ単に止まらずに上れた、というだけのものでしたので、まだまだ満足することはできませんね
なので、次に上るときはそれなりに攻めた走りがしたいのですが、6/8は、高山不動の前に2000m超を既に上った状態からになるので、今日よりも厳しそうですねぇ、、ま、攻めるのは、その次の機会でいいか
また、今日はKOOFUのシェイクダウンでもありました。うーん、軽い。通気性もいいです。全くノーストレスです。

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:6/8(土)3000mアップの山岳ライド

こんにちわー
雨ですね。走りに行かずウチでネット&録画鑑賞の一日になりそうです。
今日ブルベやイベントに参戦している方々は悪コンディションで大変でしょうけど、事故やトラブルなく無事に帰還できることを祈っていますよー

さて、先日のもてぎエンデューロ後のCoco'sにて、take-iさんから申し出がありました。
「年一山岳ライドを企画して欲しい」「獲得標高は3000m超で」
とのリクエストでした。

ご存知の通り?take-iさんは平地番長。上りがお嫌いです。
いや、私から見たら上りも速いんですけどねぇ、、、本人は苦手意識をお持ちです。
take-iさんとは、プチデビルさん、職場のT君と4人で、昨年10月に2500mの山岳ライドにご一緒しています。
「和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜奥多摩湖」(こちらこちら参照)

そのtake-iさんから「上りも鍛えたいからルート設定して欲しい」と言われたら、そりゃもぉ気合いを入れてルートを考えないといけませんね

てことで、考えたのは以下の2通り
1. メジャーな峠を含んだ長い上りのあるルート(奥多摩周遊道路や柳沢峠、道志等)
2. これといった長い峠はなくアップダウンの連続(いつも私が走っている奥武蔵等)

「年に一度しか山岳ライドは行かない」と公言しているtake-iさんにとっては、メジャーなルートの方がいいのかもしれません。メジャーな峠は路面も良いし景色や立寄ポイントなどの見所もありますからねー
しかし、私はあえて2を選択します。
何故ならば、本当に山を好きになって欲しいからです。林道を上って下ってどっぷり山そのものを味わってもらいたいからです。景色など飾りに過ぎんのです。偉い人には分からんのです。

てことで、ルートラボで引いたルートが↓こちら
(ルートラボでは道が一部途切れているので2つに分けました。実際は繋がってます)


奥武蔵〜名栗〜奥武蔵を回る距離約100km、獲得標高3100mのルートです。
はい、いつも私が走り回っている山にご招待する、という形になりますね。
take-iさんの場合、集合、解散場所まで往復で100kmくらいですから、総走行距離が約200kmになります。ウチからだと約160kmくらいかな?

ルートの概要は以下の通りです。
1. 白石峠アタック:距離6.4km、平均勾配8.5%、最大勾配12〜14%
- 高篠峠下り
2. 裏刈場坂峠アタック:距離5.4km、平均勾配7.1%、最大勾配12〜14%
- 刈場坂峠下り
3. 正丸峠アタック:距離4.2km、平均勾配5.8%、最大勾配7〜8%
 (昼食正丸丼)
- 山伏峠上り名栗への下り
4. 天目指峠アタック:距離2.4km、平均勾配9.3%、最大勾配10〜12%
5. 子の権現アタック:距離2.8km、平均勾配11%、最大勾配12〜14%
- 原市場への下り
6. 天覚山アタック:距離1.5km、平均勾配9.3%、最大勾配10〜12%
- 東吾野への下り
7. 裏顔振峠アタック:距離4.1km、平均勾配6.6%、最大勾配11〜13%
- 顔振峠下り
8. 高山不動アタック:距離4.7km、平均勾配9.1%、最大勾配18〜20%
- GL顔振峠〜ユガテ〜鎌北湖下り基調アップダウン

ルートの特徴としては、
・最初の白石峠、これは一度はアタックしてもらいたい有名峠なので入れました。
・正丸峠は、私が思い入れのある峠だし、正丸丼リベンジを果たしたいですね。
・天目指峠と子の権現のコンボは、距離は短いけどキツい、裏の激坂も見て欲しいです。
・最後の高山不動、ここの激坂がクライマックスですね。はたして上りきれるか?>俺

以上のように比較的距離が短いものの勾配が厳しい系のアップダウンを繰り返すジロの3級山岳ステージのようなルートです。
永遠に続くかと思われるアップダウンを走り切れば、take-iさんも、きっと山が好きになっていると思います。間違いありません。

日程は、暫定?ですが、6月8日(土)に決まりました。
朝8時に田中のファミマに集合すれば、16時には毛呂に下りて来られると思います。
ご一緒いただける方を募集します。どうですか?

よろしければ、↓ポチっと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

届いた:思ったより早くキターーKOOFU

こんばんわー
今日は、なんか生暖かかったですねー。雨もパラパラ降り始めてきました。
明日は雨のようですねぇ、、、ブルベに出場する人や走りに行こうと思っている人には、早めに天候が変わってとっとと雨が通り過ぎてくれるといいですけどねー
私は、朝から雨だったらウチでのんびり撮りためた録画でも観ようかと思っていますが

さて、先程、宅配便がきました。
ジャジャーンっ!届いたものはこちらです
20130510_koofu1.jpg 20130510_koofu2.jpg

はい、OGKカブトの「KOOFU (WG-1)」Yellow/Black(Lサイズ)です。
回転
20130510_koofu3.jpg 20130510_koofu4.jpg

さらに回転&裏返し
20130510_koofu5.jpg 20130510_koofu6.jpg

3月の記事で「買っちゃうかも?」と書きましたが、買っちゃいました〜っ!

ネットショップでポチったのは5/6(4日前)で、その時点では「予約」だったため、まぁ早くても来月かなぁ〜?なんて思っていたのですが、昨日時点で発送メールが来て、今夜(21時前)届きました。
ちょっと意外でした。
いえね、来月になると思ってたのでカード払いの引き落としは再来月のつもりだったのですが、来月落とされちゃいますねぇ、、、という意味で少々誤算でした。

ま、いいんです。
車を軽バン(貨物)に買い替えた関係で、自動車税が諭吉3人分くらい安くなったのと、それを見せたら奥さんが「それなら私が払っといてあげる」て払ってくれたので、その分と思えば、まだオツリがくるくらいです。
いやまぁそーゆーことじゃないことは分かってますけどね、、、

はい、KOOFUです。
色は、黒/黄にしました。なんとなくレアかな?ってのと、一番目立ちそうだから、という理由です。
ま、差し色としての黄色が好きというのもあります(全部黄色ってのはちょっと、、、ですが)

サイズは、Lだとひょっとしたら小さいかな?とも思いましたが、59〜60なら大丈夫だろうということでLにしました。かぶってみたらちょうどいい〜っ!
形も「アジアンフィット」を謳っているだけあって、側頭部に当るようなこともなく(今のBBB HAWKは当ります)、全体にぴったりフィットしますねー。さらに、HAWKよりも軽く感じます、てか実際に軽いと思います。

インナーパッドも3種類付いてきました。
ネットがついたのと、冬用のと、通常のパッドと、です。
とりあえず、この季節は虫の侵入を防ぐネット付きのやつにしておきましょう。
あと、消臭ストラップというのもいいですねー

以上、次回の走行からはKOOFUですよーっ!
空力特性が良いそうなのでアベ1km/hくらいアップするかな?
もてぎで試せればよかったのにねー

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新車:物欲の方向性に変化がありました

こんばんわー
昨夜もジロ5thステージを観ながら寝落ちしてしまい、今日、録画を見直しています。
いやーホントなんか疲れが取れないんですかね〜

さて、5/5にアップした速報から昨日の反省編まで、4日間連続して「もてぎ」の参戦記録を書きました。
エンデューロに関しては、そろそろネタもなくなったので、別のことを書こうと思うのですが、なかなか頭を切り替えることができません。いや、書きたいネタがないわけではないのですが、記事にするほど突っ込んで考えられない状態。一種の燃え尽き症候群ってやつでしょうか?

なので、今日は、文章短めで説明も省略し、簡潔かつ明快に当ブログをお読みいただいている皆様に分かり易くお伝えすべく、今現在の私の物欲を端的かつ直接的に表現したいと思います。

はい、↓これ欲しいっ!
look_x85_frame.jpg
look_x85_full.jpg

でもぉ〜ルックは分不相応かなぁ?
じゃぁ、スペシャの↓これ。
specia_crux.jpg

うぅーん、現実的には、↓これかなぁ?
ridley_x-fire.jpg

どこかの奇特な方がプレゼントしてくれると嬉しいなぁ〜
以上。
あ、プレゼントは別にして、すぐには買わない(買えない)ですよー。多分、2014モデルの発表を見てからになります。
方向性の変化やモデル、メーカー、装備などの選定については、改めて報告したいと思います。

今すぐ買っちゃえ〜っという方は、↓ポチッと後押ししてみて下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

モテギ:4時間エンデューロ報告(反省編)

こんばんわー
なんか疲れが溜まっているのか、やたらと眠いですねー。昨日のジロ4thステージも寝落ちしてしまいました、、、ハッと気が付いたらディルーカが逃げてましたねー

では、一昨日、昨日の記事に続いて、5/5の「もてぎ7hエンデューロGW2013」参戦記録です。
今回のイベントにご一緒いただいたのは、レースに参加したプチデビルさんtake-iさんぽじさんsepaさん、こうた君さん、私の6人と、応援、写真&ビデオ撮影のために駆けつけてくれたshironago'sさん、越谷市民さんの6人、計8人です。

もてぎ4時間エンデューロ参戦記録の最後?の記事として、反省編を書いておきたいと思います。
今回のレースを振り返った反省(良い点、悪い点)と、次回に向けた課題を備忘的に記録しておこう、ということです。

前々記事の「レース編」でも書きましたが、私は、過去(この1年半の間)に3回のエンデューロに参加し、うち2回が4時間ソロでした。
なので、4時間ソロとしては今回が3回目の出場となります。

初めて出た4時間ソロは、ちょうど1年前の同日(5/5)、今回と同じくツインリンクもてぎで開催された「RUN&BIKE2012GW」でした。コースも今回と全く同じロードコースの逆回りでした。その当時はまだブログを始めていなかったため、レースの回想は、こちらの記事をご参照ください。

2回目の4時間ソロは、昨年末(12/1)に彩湖で開催された「Y's Cup4時間エンデューロ」でした。このときの参戦記録は、こちらの記事をご参照ください。

以上2回の4時間エンデューロソロの出場経験を踏まえ、今回は事前に目標と作戦(プラン)を立てて臨みました(こちらの記事参照)。
目標は「平均速度30km/h超」
プランは、設定したラップペースを維持することと、給水・補給を確実に摂ること、の2点です。

ラップペースに関しては、昨年もてぎの1周目でテンション上がって、先頭集団の尻尾に着いていってしまい、いきなり脚も心肺も限界を超えた経験と、その反省から彩湖では事前にペース設定して臨み、中盤まで順調に走ることができた経験と、に基づいて設定しました。

ただ、昨年もてぎでのラップデータを残していなかったため、どのくらいの速度が適切かが分からず、また1年で走力がどの程度アップ(ダウン?)したかも分からないので、設定値の精度としては、さほど高くない、ある意味最低限クリアすべき値という感じだったでしょうか
まーでも、気象条件などの不確実な要素によるバラツキを考えたら、設定値の精度を上げてもあまり意味がないんですけどねー

ペース設定に関する反省と次への課題は、以下の二点

序盤の入り方は、もう少しペースを上げても構わないんじゃないか?それによる中終盤の落ち込みを少なくする方が全体のアベレージが上がるはずでは?という点
中盤の最大ペースは、安全側に設定し過ぎたんじゃないか?設定値を言い訳にして冒険を避けたぬるい走りをしてしまったのでは?速い列車に乗るなり、自分なりのTTアタックをかけるなり、ある程度の挑戦要素を入れた方が限界が見えるのでは?という点
まーどちらも難しいですけどねー

次に、給水・補給に関する反省と課題ですが、実はあまり反省点はありません。

ポカリのボトル1本が丸々残ってしまいましたが、無駄に錘を背負ってしまったとは思っていません。汗のかき方は運動強度で大きく変わりますし、気温や日射がどうなるかは分かりません。実際に予報よりも気温が上がりましたし、気温だけじゃなく、風の有無や日射(雲)によって体感温度、汗のかき方は全く違ってきます。なので、水分を多目に持っておくという安全側の準備は間違っていないと考えています。

ただ、レース後にtake-iさんが途中でペットボトルを捨てた(越谷市民さんに渡した)というのを聞いて、あぁ〜その手があったかぁ〜、、と目から鱗でした。でも、サポートがいなければコース脇に捨てるわけにはいかないですけどねー

補給に関しては、VAAMも飲みましたけど、レース直前に1000kcal以上を摂取したので、結局VAAM効果は判らずじまいでした。でも、体内エネルギーのベースアップができてるはず、というプラシーボ効果?による多少の安心感は得られましたけどねー

あと、レース中の補給は、走りながら初めてゼリーを摂りましたが、ストレートでそれなりの速度であれば、まぁ安全に補給することができました。ゼリー以外の包装されたものは、まだちょっと自信がないですけどねー

最後に、今回のレースでは、最初から最後までほとんど単独走になってしまいました。これは反省ではありませんが、トレインに乗らなかった(乗れなかった)ことは、レース参戦の楽しさを大きく減じてしまったのではないか?と思っています。

やはり、思う存分走れるクローズドのコース(サーキット)において、集団走行による空気抵抗減少の恩恵を受けて高速走行できる、というのは滅多にない機会であり、そのために大枚の参加料を払っている部分もあるので、あえて列車に乗らなかったのは勿体なかったかなー?と
ただ、高速列車に乗れるだけの走力がないことも事実であり、下手に乗っかってしまうと自分のペースで走れなくなってしまい、結果としてアベレージが落ちてしまうことになる可能性が高かったと思っています。

なので、次回の課題として、リスクを覚悟の上で多少無理をしてでも列車に乗りたいと考えています。
具体的には、今回の結果から私の走力のベースとしては、アベレージ32km/h程度で巡行できることが分かりましたので、列車としては+3km/hくらい35km/h程度で巡行する列車に飛び乗ってみて、行けるところまで(例えば、30分でも1時間でも)着いて、できれば先頭交代もして走ってみたいと思います。その結果、全体アベレージが落ちたとしてもチャレンジする価値はあるし、集団走行の楽しさ(苦しさ)を味わいたいと思っています。

あと、これは課題ではなく希望ですが、仲間とトレインを組んで走りたい。
序盤の数周だけでもいいし、速度も抑え目でいいので、奇麗にクルクル回るローテーションをしながら一体感のあるトレインが組めれば、とても楽しいんじゃないかと考えています。

以上、4時間エンデューロの反省編でした。
まだまだ反省すべきことはたくさんあるとは思いますが、技術的・体力的なトレーニングの必要性など、今後もじっくり考えて、今回よりも次回は進歩できるようにしたいと思います。
この記事で「もてぎ7hエンデューロGW2013」参戦記録に関する記事は一応完了です。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。今日も文字ばかりでスミマセンでしたー

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

モテギ:4時間エンデューロ報告(ワイワイ旅編)

こんばんわー
今日は風が強かったですねー。モテギの日じゃなくてよかったです
さて、ジロが始まってますねー。昨日の3rdステージは、いきなり総合勢が動いて面白かったーっ!しかし、ヘシェダルは何がしたかったのでしょう?ま、ジロらしくていいので、どんどんやって欲しいですけどねー

では、昨日の記事に続いて、5/5の「もてぎ7hエンデューロGW2013」参戦記録です。
今回のイベントにご一緒いただいたのは、レースに参加したプチデビルさんtake-iさんぽじさんsepaさん、こうた君さん、私の6人と、応援、写真&ビデオ撮影のために駆けつけてくれたshironago'sさん、越谷市民さんの6人、計8人です。

昨日の記事では、私自身のレース進行と、レース中に起きたこと考えたことを中心に書きました。備忘的な意味合いが強かったため、マニアック?な内容になってしまったと思います。

今日は、レース前後の出来事を旅編として書きたいと思います。
5/5(日)はGW後半四連休(私は五連休)の3日目(4日目)です。当日は、朝(てか深夜)3時に起きました。前日からジロが開幕していますが、9時過ぎに寝たため、録画しておきました。

で、3時に起きてツイートチェックすると、ほぼ皆さん起きて準備、あるいは既に出発された模様。私もとりあえずインスタントコーヒーで調理パン1個を流し込んで、準備の最終確認。
自転車と装備は前日のうちに車に積み込んでおいたので、あとは、ウェアと補給類の確認、積み込みです。あ、参加証と駐車券も忘れずにっと

ウェアは、年に数度のイベント時にしか着用しない「サクソバンク2010カンチェッラーラ・スイスチャンピオンジャージ」(なんちゃって中華ジャージですが)でコスプレです。帰り用のポロシャツも忘れずに持ちました。

補給類は、以下の通り
朝食用の菓子パン2個、レース前用のスニッカーズ2個、エナジーゼリー4個、シリアルバー2個。
750mlボトル(水)1本、500mlボトル(梅味ミネラル飲料)1本、ポカリ500mlペット2本、ミネラルウォーター500mlペット1本。
さらに、レース開始3時間前の6時に飲もうと、VAAMパウダーを水に溶かしてペットボトルに入れました。

準備完了ー、出発です。
3時50分過ぎにウチを出て、30分ほどで和光インターから外環道に入り、三郷JCTから常磐道に
4時50分くらいに朝食休憩のため守谷PAで停車し、ツイートチェックしたら、デビさん車が10分ほど前に三郷から乗ったとのこと。「守谷に寄りますか?」と聞くも、take-iさんから「寄らずにもてぎへ直行する」との返事。
なんかデビさん、メッチャ急いでいる様子。ま、一緒に行ったとしても、アッという間にブッちぎられたでしょうけどねー

私は、5時10分くらいに再スタートして水戸北インターを目指し、6時前に高速を降りてR123を走り、6時半前にツインリンクもてぎに到着しました。そして、第2パドックに駐車し、到着をツイートしてから、とりあえず受付に向かいました。
受付を済ませてから一服二服し、軽量化を図ろうとしましたが失敗。そんなことをしている間に試走開始の7時になってました。
車に戻るとtake-iさんが一人で荷物番をしていて、他の皆さんは受付に行ったとのこと、take-iさんにも行ってもらいます。
準備中の様子(sepaさんカメラ)
20130505_motegi-sepaC2.jpg

てな感じで昨日の記事につながります。
レース前の6人の集合写真(sepaさんカメラ)
20130505_motegi-sepaC4.jpg
レースの模様は既に書いたので、レース終了時までワープっ!

27ラップを走り終えてピット裏に戻ってくると、疲れ切った様子のtake-iさんと会いました。出し切ったとのことで、お互いの完走を労い合いました。
車のところに皆さん戻ってきて、各々の出来事や感想を報告し合います。この瞬間は、皆、完走した達成感と充実感、開放感で顔が輝いてますねーっ!ん?よく見たらかいた汗による塩の結晶がキラキラしてるだけでした。
レース後に全員で記念撮影(sepaさんカメラ)セピア調にしてみました
20130505_motegi-sepaC5.jpg

その後、皆さんは駐車場に移動し、私も帰り支度をして移動。
14時過ぎにツインリンクもてぎを後にしました。とりあえず東京方面ということで、真岡まで行き、昼食を食べることに
しかし、R123もR294も渋滞していて、真岡のCoco'sに着いたのは15時半くらいだったでしょうか?
私は、ハンバーグとカットステーキをいただきました。
20130505_cocos.jpg

ここではレース中の出来事や暫定リザルトを見ての感想などで盛り上がり、さらにこちらのテーブル(take-iさん、こうた君さん、越谷市民さん、私)はレースでテンションが上がっていることからロードレースの話で盛り上がりましたねー
で、17時近くになったので、そろそろ帰ろうっ!てことになり解散です。
皆さん、お疲れ様でしたー

さて私はどうやって帰ろうかと考えますが、通常なら真岡からだと北関東道〜東北道〜外環です。しかし、この日はGWのUターンで高速は大渋滞しています。
ということで、下道で帰ることも考えましたが、茨城〜千葉〜埼玉を抜けるのも渋滞が考えられますし、なにより距離があり過ぎて気が遠くなります。
なので、できるだけ西に行ってから南下するルートとして、北関東道で太田まで行って、真っ直ぐ南下して熊谷〜東松山〜入間を通って帰るルートにしました。
太田まではsepaさんと一緒だから安心して着いて行けますしねー

で、真岡インターから北関東道に乗りましたが、東北道との合流で既に大渋滞、、、ここでsepaさんの判断により、栃木インターで一旦降り、下道を通って佐野インターから再び北関東道に乗り直しました。さすが、この辺りを走り慣れてますねー。私一人だったらそのルートを選ぶことはなく、渋滞を我慢して東北道の岩舟JCTまで行ったことでしょう。
北関東道の太田インターまで順調に走り、高速を降りてからも太田市街を南下して刀水橋近くのR407まで案内していただきました。いやー助かりました。sepaさん、ありがとうございました。

そこからは私一人で一路ウチを目指します。19時前くらいになっていたでしょうか?
R407で熊谷方面に南下し、熊谷からそのままR407で東松山まで行けばよかったのですが、何故かR140で秩父方面に向かってます。すぐに気付いてK385に曲がり、K173で森林公園を抜けますが、この道が自動車専用道で信号もなく走りやすい道でした。で、東松山インターのところでR254に入り、すぐにR407に復帰して南下し、坂戸〜日高〜入間を抜けて、いつも自転車で帰ってくるルートで帰宅しました。
21時半帰宅、17時間40分の旅でした。

この日、自動車で走ったルートです。
20130505_motegi-root.jpg
いやー、東京〜埼玉〜千葉〜茨城〜栃木〜群馬〜埼玉〜東京を通りました。
神奈川以外の関東1都5県を制覇しましたよーっ!
走行距離が360kmを超えていました。

また、エンデューロ(試走含む)で走った自転車の走行記録も書いておきます。
この日(2013.05.05)の走行記録
走行距離:134.32km
走行時間:4時間30分
平均速度:29.8km/h
最高速度:58.8km/h
獲得標高:980m(一周当たり35mとして28周で計算)

以上、少々駆け足でしたが、もてぎエンデューロ参戦記録でした。
レース自体も自分自身とても満足できる内容、結果でしたし、なにより仲間と参加し応援してもらえたことで、充実した楽しい時間を過ごすことができました。
ご一緒した皆さん、ありがとうございました。また参加しましょうっ!!

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

モテギ:4時間エンデューロ報告(レース編)

こんにちわー
今日も良い天気ですねー。
走りに行きたいところですが、身体が重いので録画しておいたジロの1st,2ndステージをマッタリ観ながらレポートを書きたいと思います。
先ずは「レース編」として実走のレポートを書きたいと思います。当日の1日を通した記録は追って書きます。

さて、昨日(5/5)は、ツインリンクもてぎで開催された「もてぎ7hエンデューロGW2013」の「4時間ロードソロ」の部に参加してきました。
「4時間ロードソロ」の部には、516人がエントリーし、実際に走ったのは496人だったみたいです。
今回、ご一緒したのは、プチデビルさんtake-iさんぽじさんsepaさん、こうた君さん、私の6人がレースに参加し、shironago'sさん、越谷市民さんのお二人が応援と写真&ビデオ撮影のために駆けつけてくれました。

もてぎエンデューロですが、私は、昨年のGWに開催されたRUN&BIKEもてぎGWの4時間ロードソロにも出場し、そのときの成績が4時間04分で24ラップ、平均速度が28.30km/hでした。
この時は、暑さもあったのですが、ペース配分と補給に失敗しハンガーノック気味になり、残り1時間半からタレタレになって全く踏むことができず、不本意な結果に終わってしまいました。
なので、今回は、先日の記事にも書いたように、「平均速度30km/h超」を目標に設定し、ペース配分を考えました。
そして、考えたペース配分を守ることと、水分とエネルギーを確実に補給すること、この2点を自分に言い聞かせて走りました。

この日は、6時半ころに第2パドックに到着し、そこに皆さんも集まってきて準備です。
20130505_motegi1.jpg
その後、7時からの試走に出て1周だけ走りました。

本番前にゼリー2つとスニッカーズ2本でエネルギー補給し、一方、軽量化も図りたかったのですがイマイチでした。
携帯する水分は、750mlのボトルに水と500mlのボトルに梅味のミネラル飲料、そしてウエストバッグに500mlのポカリ2本。
補給食は、ゼリー3本とシリアル2本。ゼリーは、アミノバイタルパーフェクトエネルギー(180kcal)を2本と、速攻チャージ1本です。
ウエストバッグが重い、、、(結果的に、ポカリ1本とシリアル2本は余りました)

9時のスタートを前に集合がかかり列に並びます。今回は4時間が先にスタートし、3分後に7時間がスタート。
20130505_motegi3.jpg

スタート前は緊張しますねー
でも昨年は1人でこの列に並んで待っていたのですが、今年は仲間がいます。
20130505_motegi2.jpg
こうた君さん、デビさん、ぽじさんと、ピースがsepaさん、写ってませんが私の左側にtake-iさん。
仲間がいるとワイワイ冗談を言いながらなので待ち時間も短く感じました。

2分前のコールでサイコンをゼロセット&ラップ表示にし、1分前のコールで右脚クリートを嵌め、いよいよスタートです。
ここから先は、3ラップを1スティントとして設定したスティントごとに振り返ります。

第一スティント(1〜3ラップ)
このスティントは、平均速度29km/hで走るプラン。
しかし、周りの参加者は最初からバンバン飛ばしていきます。私も抑えようとしますが、どうしても周りに引っ張られて速度が上がってしまいますねー
しかし、自分に「速すぎる、抑えろ」と言い聞かし、アップのつもりで軽く回して心肺を徐々に上げていくことを心がけました。
仲間の姿もアッという間に見えなくなり、早くも完全一人旅状態、、、先は長いゾ
結局、第一スティントは、26分57秒、平均速度31.7km/hでした。
プランの29km/hよりも3km/hほども速くなってしまいましたが、これでもがんばって抑えたんですよ

第二スティント(4〜6ラップ)
このスティントは、平均速度30km/hで走るプラン。
一人旅になったので周りは気にせず、プラン通りに走ることに集中しました。まだまだアップです。
このスティントでこうた君さん、take-iさん、sepaさん、デビさんに周回遅れにされたでしょうか?でも、気にしませんし、着いても行きません。自分のペースを守ります。
第二スティントは、26分03秒、平均速度32.8km/hでした。やはりプランよりも3km/h弱上回ってしまいました。後半タレないようにしないと

第三スティント(7〜9ラップ)
このスティントは、平均速度32km/hで走るプラン。ここからエンジンを掛けていきます。
1時間経過時点で既に7分のアドバンテージ(プランでは、24周終了時点で10分稼ぐつもり)が得られました。
逆に言うと、プランよりも若干オーバーペースになっています。なので、脚を使い過ぎないように、しかしプランの32km/hはクリアできるように気を付けます。
コース各所で脚と心肺にかかる負荷、速度を確認しつつ、ペースを掴むことを意識しました。
第三スティントは、25分54秒、平均速度32.9km/hでした。ほぼプラン通りになりました。

第四スティント(10〜12ラップ)
このスティントも、平均速度32km/hで走るプラン。
プラン通りに32km/hをキープすることに気を付けます。負荷の掛け方が分かってきました。
しかし、自分のペースで走っていると、周りとペースが合いません。
上りはまだシッティングで18〜20km/hが維持できますし、下りは、踏んでいってVコーナー進入が40km/h超、アンダーパス手前で50km/hまで上がります。しかし、その後の平坦〜緩い上り、ホームストレートではできるだけ踏まないようにしていました。
第四スティントは、26分09秒、平均速度32.6km/hでした。キープできています。このスティントで走りながらゼリーを1本補給しました。

第五スティント(13〜15ラップ)
このスティントも、平均速度32km/hで走るプラン。なんとか維持することができるか?
やはり列車に乗ることができず、淡々と一人旅です。プランの32km/hをキープがキツく感じるようになってきました。
特にコース後半の平坦〜緩い上り、若干の向い風の区間で踏めなくなってきました。我慢です。このスティントまで32km/hキープの予定ですから、なんとかがんばります。
また、ボトルの水が少なくなってきたので、次のスティントでは一旦止まってポカリをボトルに詰めないとなぁ〜とか、次のゼリー補給もそろそろ摂っておかないとなぁ〜とか考えてましたね
第五スティントは、26分36秒、平均速度32.2km/hでした。なんとかキープできました。

第六スティント(16〜18ラップ)
このスティントは、平均速度30km/hで走るプラン。落ちてくることを予測していました。
うーん、キツい。尻や腰が痛くなってきました。時々ペダル上に立ち上がって身体を伸ばしたり捻ったりしながら痛みが増さないように気を付けます。
この頃になると、上り始めはダンシングに切り替えて脚の負担を分散するようにし、後半はシッティングで回しますが、16〜8km/hに落ちましたね。しかし、下りはがんばって踏んでスピードに乗せるようにしてアベレージの落ち込みを最小限に止めます。2本目のゼリーも補給しました。
第六スティントは、27分21秒、平均速度31.2km/hでした。落ち込みを少なくすることができました。

第七スティント(19〜21ラップ)
このスティントは、平均速度29km/hで走るプラン。
相当キツくなってきています。なので、上り切ったところで一旦止まってボトルにポカリを補充するとともに、ゼリーを補給し、少し気分転換を図ります(あぁ〜一服してぇ〜)。この停車は2分程でしたが、わずかな時間でも脚を止めて姿勢を変えたことで、一瞬ですが身体が軽くなったように感じました。
また、このスティントが終わる頃には、プラン上10分としていたアドバンテージが20分以上になっていたので、1周以上多く走れることが見えてきました。なので、ラストに+1周できるだけのアドバンテージを維持しようという新たな目標ができました。
第七スティントは、27分49秒、平均速度30.6km/hでした。

第八スティント(22〜24ラップ)
このスティントは、平均速度28km/hで走るプラン。
レース時間も3時間を超え、ラスト1時間を切りましたから、ここまできたらゴールは見えたので、あとは+1周が入れられるかどうかになります。なので、残り時間を見ながら、このスティント終了(24周)終了時点で20分を残すように気を付けて走りました。
しかし、身体は痛いし、脚の動きも悪くなってきています。
3本目のゼリーを補給してなんとか気合いを入れますが、はっきりペースが落ちたのが分かりました。
第八スティントは、28分42秒、平均速度29.7km/hでした。初めて30km/hを割り込みました。

第九スティント(25〜27ラップ)
このスティントは、4時間未満で25ラップを完了し26ラップに入るというプラン。
第八スティント終了時点で12時38分くらいだったと思います。なので、1周を10分で走ったとしても4時間未満で26ラップは大丈夫、27ラップまで入れることは分かりました。
しかし、もうレースは最後です。ここで最後の力を出し切ろうとがんばって踏み、4時間経過後もゴールラインまで緩めずに走り切りました。ゴール!!
第九スティントは、27分20秒、平均速度31.2km/hでした。上げることができました。

以上、文字ばかりになってしまいスミマセン。
ただ、次回以降につなげるための備忘的意味もありますので、ご容赦ください。

一応、プランと実走を比較しておきます。
スティント   プラン  実走    差
第1スティント:29km/h 31.7km/h +2.7km/h
第2スティント:30km/h 32.8km/h +2.8km/h
第3スティント:32km/h 32.9km/h +0.9km/h
第4スティント:32km/h 32.6km/h +0.6km/h
第5スティント:32km/h 32.2km/h +0.2km/h
第6スティント:30km/h 31.2km/h +1.2km/h
第7スティント:29km/h 30.6km/h +1.6km/h
第8スティント:28km/h 29.7km/h +1.7km/h
第9スティント:------- 31.2km/h

結果を考察すると、前半はプランよりも相当ハイペースになってしまい、中盤はほぼプラン通りに走れ、後半はプランほどの落ち込みがなく維持することができました。
だったら最初からもう少し飛ばしていけば良かったか?いや、それは結果論ですね。
今回は、昨年ほど暑くならなかったのと、給水と補給に気を付けて実行できたので、後半のタレが少なく済んだと考えています。

そして、レース全体に渡ってプランの数値を上回ることができ、公式記録でも平均速度31.7km/hが達成できたことは大満足です。
この結果を踏まえ、次回は「平均速度32km/h超」を目標にしたいと思います。

以上、長々と書いてしまいました。最後までお読みいただきありがとうございました。
ついでに、↓ポチッと応援いただけると次回の励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

もてぎ:完走できました(速報)

こんばんわー
今日は、もてぎ4hエンデューロに行ってきました。疲れました〜
とりあえず完走できましたので、結果報告だけアップしたいと思います。

結果は、この図の通りです。27周できました。
20130505_motegi-LAP1.jpg20130505_motegi-LAP2.jpg

平均速度は31.7km/hで、目標の30km/hを上回ることができました。
うん、がんばりました。とても満足です。
詳しくは追って報告しますが、プラン通り、いや、プランを上回る走りができました。

一緒に出場した皆さん、お疲れ様でした。そして応援に来ていただいて写真、ビデオを撮って下さったshironago'sさん、越谷市民さん、ありがとうございました。
本当に充実した楽しい1日を過ごすことができました。とても疲れましたけどー

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

もてぎ:最終調整は彩湖でグルグル7周

こんばんわー
GW後半の2日目、今日も天気は良かったけど、風が少し強かったですかね?
明日は、いよいよ「もてぎ4hエンデューロ」です。
6時半までには現地に到着して受付を済ませようと思っているので、4時には出発しないといけません。3時起きかな?

さて、一昨日にハルヒル試走に行き、昨日は完全休脚日にしたので、エンデューロ前に脚に刺激を入れるために、今日は午後から彩湖に走りに行ってきました。
ま、2日続けて走らないと落ち着かずに不安になるのもあるのですが、先日の記事で考えたペースを試してみるという目的もありました。

で、13時40分ころに出発し、14時半に彩湖到着。
そのまま3/4周してホームストレートから計測開始。
試してみたいのは、もてぎ本番の序盤で飛ばし過ぎないために設定した第一スティント、3周を平均速度29km/hで走るというペースの確認です。
どうしてもスタート直後は周りのペースも速くなるので、それに引きずられて飛ばし過ぎる傾向があるため、どの程度の入りになるのかを体感で掴んでおきたかったということです。

ところが、今日の彩湖は、南風が強いっ!
4/7のグルグル練(こちらの記事参照)のときほどではないかもしれませんが、それでもバックストレート側は25km/hがやっとという感じ。
しかも、今日はGWのため、ホームストレート側は家族連れが一杯。周回道路上に人が溢れています。追い風のホームストレートなのに一部区間は徐行するしかありません。

なので、あまり参考にはならないかもしれませんが、とりあえずモテギの本番を想定して、3周を1スティントとしてラップ表示の平均速度を確認しながら、29km/hを下回らないように走り、それを2スティント(6周)してみました。
結果は、第一スティント目のラップが29分03秒(平均速度29.2km/h)、第二スティント目のラップが28分53秒(平均速度29.4km/h)で、想定通りの走りができました。

しかし、やはり風と徐行の影響で結構キツい。決して抑えたペースではなく、一杯々々の感じになってしまいました。その後、最後の1周をモテギのラストラップを想定した平均速度26.5km/h以上となるペースで走って終了。
少し休憩して帰ってきました。16時50分帰宅。

本日(2013.05.04)の走行記録
走行距離:70.11km
走行時間:2時間45分
平均速度:25.4km/h
最高速度:38.8km/h
獲得標高: −

以上、脚に刺激を入れるという程度では済まず、結構キツい走行になってしまいましたが、ま、いいんです。明日は少し疲れ気味で入った方が掛かり過ぎなくてペースが維持できると思います。
3周1スティントで大体30分という計測の仕方も練習できたし、風がなければ29km/hというのは無理のないペースということも分かったし、明日の予行演習になったと思います。
ただ、5周目くらいから腰が痛くなったのが少し不安、、、

帰宅後、チェーン掃除&注油をして、自転車、装備、ポンプ、工具箱等を車に積み込んだので、準備は大体できました。
あとは朝、起きて、補給類と水分等を持っていけばいいだけ、のはずです。
さー、明日は天気も良さそうだし、楽しんできますーっ!!

よろしければ、ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

群馬:榛名〜伊香保〜渋川、イニD聖地ライド

こんばんわー
今日二度目の更新です。さっきはパラパラっと雨が降ってましたが、昼間は良い天気でしたねー
午後にフロントタイヤを交換しました。PRO4SC→PRO4SCで、以前フロントに使っていてローテーション後にリアをFusion3に換えたときに予備に回していたものです。

さて、昨日の続き、というか、ハルヒル試走の後は「群馬満喫ツアー」です。sepaさんが「これぞ群馬」という名所?を案内してくれましたので、そのライドの模様をレポートしたいと思います。
ご一緒したのは、ハルヒル試走に引き続き、sepaさん、へりおさん、O君さん、私の4人ですが、途中からお一人が合流します。
ルートは、昨日の記事の通り、榛名湖から伊香保、渋川に下って、利根川CRで群馬の森までです。

12時過ぎに榛名湖畔を再スタートし、少し上って道路のピークまで来ました。
20130502_haruna3.jpg
ここが榛名ダウンヒルのスタート地点です。おおぉ〜っ!何度も見たことある場所だー

そうです、↓ここです。
20130503_iniD1.jpg

↓このガードレールに自転車を立てかけてますね。プッシャアアァァ〜〜っ
20130503_iniD2.jpg

もぉいきなり興奮度Maxですよぉ〜っ!イニDの聖地にキターーっ!て
そこからダウンヒル開始ですが、うーん見たことある左コーナーから始まり、ヘアピンです。
私は最後尾からゆっくり景色(てか道路)をじっくり見ながら下りましたが、路肩の側溝を見ても、おおっ溝落としっ!と興奮しますねー。やりませんけどね
少し下ったところの展望台で停車です。

赤城山の側
20130502_haruna4.jpg
長野側
20130502_haruna5.jpg
この日は空気が澄んでいて遠くまでクッキリ見えました。最高の眺望ですねー

その後、ダウンヒルを再開し、五連ヘアピンなども堪能しつつ、興奮のまま伊香保の街に下りてきました。へりおさんが右側を指差す先には、あの石段が見えました。街の中の道も初めて来るのに、なんか以前に通ったことがあるような錯覚に陥りました。ついついガソリンスタンドを探しちゃいますねぇ

てことで、へりおさんお勧めの「湯の花饅頭 清芳亭」に立ち寄ります。へりおさんは、トップチューブバックを饅頭で満タンにして帰ることがこの日の目的とか
20130502_yunohana.jpg
私は、5個(@70)買って、その場で1ついただき、4つはお土産にしました。
うん、これぞ温泉饅頭、というオーソドックスな感じですかね

と、道路を見ると渋川側から上ってくる一人のローディが、、でも、見覚えのないウェアを着てるし、知り合いじゃないなーと思っていると、こちらを見て何かアピールしています。無視した方がいいのかしら?
20130502_pojisan.jpg
怪しい人とは関わり合いになりたくないんですけどぉ、、、こちら側に渡ってきます
あ、ぽじさんでした。

ぽじさんは、この日、朝に仕事があって途中参加、夜にも仕事があるので途中離脱とか、、、それでも昼だけ参加するとは、好きですねぇ。
いや、お会いできて嬉しかったですよー

で、5人になって渋川へ下ります。渋川と伊香保にも結構な高低差があるんですね。ぽじさんによると、800mくらい上ってきたとのこと
そっかー群馬には平地というのがほとんどなく、山と川だけしかないんですねー(あ、良い意味でですよ。山がたくさんあって羨ましいな、と)

渋川の手前で食事です。13時くらいに叶食堂に到着しました。
20130502_kanou1.jpg
うーん、この雰囲気、、、期待が膨らみますねー

私は、定番のカツカレーと迷い、ネット情報でお勧め?だったメンチカツカレー(580)にしました
20130502_kanou2.jpg
これで普通盛りですよー。ミッ○ーマウスwww
写真では分かりにくいですが、メンチカツがルーに埋まっていてデカいっ厚いっ!米も二合?
うん、味はまぁ、隠し味のコーヒーが前面に出て隠れてませんが、、、飽きない味?
美味しく完食しましたよー(大盛りだったら自信なし)

で、マッタリご歓談の後、14時過ぎに店を出て、渋川方面に
渋川手前でO君さんとお別れ。ハルヒルスタート地点に車を止めているので近いルートで帰るとのこと、今日はありがとうございました。

その後、4人で渋川の街を抜けて利根川CRに入ります。
この辺りの利根川だと、河口付近とは違って河川敷や堤防が大きくなく、川が近いですねー。CRといっても東京や埼玉のCRとは印象が全く違ってのどかな雰囲気です。
近所の中学生?高校生?がランニングしていて「こんにちわー」と挨拶してくれます。

そして、この日は北の風が強いので、CRを南下していると超追い風です。
sepaさんの牽きで40km/h以上の巡行も楽しい〜っ!
ま、CRがそれほど広くはないし、ところどころに車止めもあるので、スピードを上げたり下げたりでしたけどねー
そんなこんなであっという間に大利根緑地公園に到着。
20130502_ootone.jpg
ここは、デビさん達のブログ記事で何度も目にしていた場所。私も来ましたよー

しばし休憩の後、群馬の森を目指して再スタートですが、間もなくぽじさんが途中離脱。
今日は仕事の合間を縫ってご参加いただき、ありがとうございましたー

そして、1時間もかからずに群馬の森に到着。
ここで、自走のsepaさん、車載のへりおさんとお別れです。
試走にお邪魔させてもらって一緒に走っていただき、また、群馬をご案内いただき、ありがとうございました。
いやー楽しかったです。グンマーサイコーでした。
また赤城や妙義をご一緒いただけると嬉しいです。

で、私は車載で16時頃に出発し、一般道を通って、いつも自転車で来る奥武蔵GLを右手に見ながら帰ってきました。

以上、走行距離は90km未満で走行時間も7時間ちょっとでしたが、ハルヒル試走も満足できましたし、イニD聖地巡りではテンション上がりまくりで、デカ盛りもあり、追い風ヒャっハぁーっ!の高速巡行あり、さらに晴天に恵まれた楽しく気持ちのよい1日を過ごすことができました。
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。ハルヒル本番もがんばってくださいー
群馬には今後も何度も行きたいと思いますので、またよろしくお願いします。

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

休脚日:KS活動(勤労奉仕?)

こんにちわー
今日はGW後半4連休の初日ですねー。(私は5連休の2日目ですが)
とても良い天気で走りにいかないと勿体ないくらいですが、昨日ハルヒルコースを試走(てか、私にとっては本番)したので、今日は脚はもちろん身体が痛いです。なので、明後日のエンデューロに備えて完全休脚日にします。

朝起きてからダラダラとネット巡回などしていましたが、予てより言い続けられていた庭(カーポート)の木を伐採することにしました。

こちらの木です。
20130503_tree1.jpg
若葉が鮮やかで切っちゃうのはもったいないとお思いでしょうが、、、
これ、毎年蛾の幼虫が大量発生するし、樹液が車に落ちて取れなくなるし、大きく(5m超)なり過ぎて剪定程度では追いつかなくなっていたので、かわいそうですが切っちゃうことに
ついでに両隣のヒマラヤ杉?もやっちゃって、カーポートをフラットにすることにしました。あ、五月などの小さい木は、庭の方に移植しますよ。

で、普通のノコギリで枝を1本ずつ切っていこうかと思いましたが、直径3cmくらいの枝を切り始めた途端に「こりゃダメだ、キリがない」ということに気付き、文明の利器(電動ノコ)の力を借りることに
電ノコといっても、チェーンソウは持っていないので、丸ノコでやります。
いやぁ〜さすが電動。早い早い〜っ!ジャンジャン切りまくって、わずか30分ほどで、この状態。スッキリしましたね〜
20130503_tree2.jpg
(後ろに写っている丸い物体は無視して下さい)

それから切った枝を細かく刻んでいきます。ひもで縛って焼却場に持ち込めるようにしないといけませんからね
いやー結構な量になりました。これを乾燥させて葉も枯れさせ、容積と重量を減らしてからの処分になります。
20130503_tree3.jpg
あと、後ろに見えてるラチスも解体して処分するように言い付けられていますが、またの機会にやります。

以上、休脚日の勤労奉仕によるKS活動でした。木にはかわいそうなことをしましたが、8年ちょっとの間ありがとう。
午後からは、明後日に迫ったもてぎエンデューロのために買い物と自転車整備をしたいと思います。

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ハルヒル:試走してきました(本番は出ないけど)

こんばんわー
今日の東京は朝まで雨が降って寒かったですねー
私は群馬遠征に行ってきましたが、群馬は良い天気でしたー。風は強かったですが
今日は、ハルヒルコースの試走にsepaさん、へりおさん、O君さん、私の4人で行ってきました。へりおさんとO君さんは、sepaさんと同じ職場の方達で、ハルヒルに参加予定です。私は、参加しませんが、一度走ってみたかったので試走に同行させていただきました。

今朝は、5時過ぎに起きてマッタリ準備し、7時前に車載で出発しました。集合は、8時半に群馬の森。
所沢インターから関越道に乗り、一路群馬を目指します。しかし、ハイゼットンは100km/hも出すと音と振動が凄くなるので80km/hくらいで巡行。このため思っていたよりも時間が掛かってしまい、寄居PAに8時くらいに到着。ツイッターをチェックすると、sepaさんは既に群馬の森に着いたとのこと
直ぐに再スタートし、藤岡インターで下りて群馬の森を目指し、8時25分に到着。間に合った。

すぐ横に車から自転車を降ろしているローディが、ん?と思っているとsepaさんが登場し「へりおさんです」と紹介していただきました。ご挨拶。へりおさんのバイクは、私と同じスペシャのセクターです。グレードは私のSPORTよりも上のERITE。
その後、すぐに3人で出発し、ハルヒルのスタート地点である「高崎市役所榛名支所」を目指します。
1時間ちょっとで9時45分ころにスタート地点到着。ここでO君さんと待ち合わせのため、試走者用駐車場に寄って、10時前に4人揃いました。O君さんのバイクはオルベア、かっこいいです。
20130502_haruhiru2.jpg

その後、再びスタート地点に移動してヒルクライム開始です。
しかし、私はコースをよく知らないので、ポイントを聞きました。全長14kmほどで、最初の10kmくらいは緩やかで、その後勾配が急になってきて、榛名神社から激坂区間が始まり、ゴール前も九十九折れの急勾配とのこと。これだけの情報を頼りにスタートです。
20130502_haruhiru1.jpg

この先の交差点を右に曲がって少し行ったバス車庫前が計測開始地点。ここからラップを取り始めます。
確かに前半は緩やかな上りがダラダラ続き、時々下りも出てきます。へりおさんが先行し、私も着いていきますが、少しペースが早い。心肺が苦しくなってきます。しかも、走り出したら暑い。汗が噴き出してきます。
そこまでの間に一度も心肺をアップしていなかったので、息が上がりますねー。やはりアップは重要です。
なので、一旦心肺を上げて苦しくなったところで少しペースを落として、息を整えます。

そこでsepaさんにパスされますが、無理せずに心肺が落ち着くのを待ちつつ、sepaさんが視界に入っている状態を維持して着いて行きます。
ほぼ中間の7km地点くらいで心肺が落ち着いてきたので、徐々に負荷を上げていきます。少しずつsepaさんの背中が近づいてくるのが励みになります。
9km地点くらいから勾配が急になってくるので、残りの6km弱を白石峠に見立ててペースを作っていくことにしました。

そこから榛名神社までの間は勾配が8%くらいでしょうか?インナー×ローにしてケイデンス70くらいで回すと丁度リズムよく踏める感じで、心肺も90%程度が維持できます。うん、調子が出てきました。
この辺りでsepaさんをとらえたでしょうか?
その後、噂の榛名神社の激坂ですが、ここは14,5%とか聞いてましたので、我慢して無理しないように、休むダンシングも入れながら、脚を終わらせないようにします。この辺りでへりおさんをとらえたでしょうか?

激坂区間を過ぎてからは緩斜面も出てきて休めますから、踏むのと休むのを交互に繰り返しながら心肺と脚が限界を超えないようにします。この辺りでは試走者でしょうか?押し歩いている人が何人かいましたね
で、最後の九十九折れ区間では、もう脚が終わりかけていますが、できるだけ回転を落とさないようにがんばりました。しかし、残り300mくらいでラストスパートのダンシングを掛けようとしたのですが、脚が攣りそうになったので、諦めました。シッティングでゆっくりゴール。ラップは、1時間09分55秒(距離14.63km、平均速度12.6km/h)でした。
まーがんばったと思います。
20130502_haruhiru3.jpg

sepaさん達も間もなく到着し、その後、榛名湖に下りました。
榛名湖に来るのは初めてですが、ここはイニDに描かれた場所なので、景色に見覚えがあります。
お土産屋さんから見たボート乗り場です。
20130502_haruna1.jpg

榛名富士です。
20130502_haruna2.jpg
いやー天気がサイコーに良いですねー
しかし、写真では分かりませんが、風、しかも北風がもの凄く強いです。
ここではホットの缶コーヒーと、へりおさんから頂いた上州名物あんこ玉を補給しました。

その後、伊香保に下って渋川から利根川自転車道を通って群馬の森まで戻り、群馬の森からは、車載で帰りましたが、復路は一般道(R254からK30)で帰ってきました。帰宅19時20分、12時間半の旅でした。

本日の走行ルート(ルートラボ)


本日(2013.05.02)の走行記録
走行距離:88.43km
走行時間:4時間04分
平均速度:21.6km/h
最高速度:52.6km/h
獲得標高:1150m(ルートラボより)

以上、初めて走ったハルヒルのコースですが、前半のダラダラはもう少し短くてもいいかな?とは思いますが、全体として激坂区間もあり、それなりの回転で上れる区間もあり、距離もそれなりに長い、ということで、攻めた走りをすると心肺にも脚にも厳しい、バランスの取れたコースだと思いました。
私としては、まずまず攻めた走りができたので、満足しています。
ご一緒いただいた皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございましたーっ!

で、ヒルクラ後の部分については、明日以降に記事をアップしたいと考えています。
絶景あり出会いありデカ盛りあり追い風ヒゃっハーっ!ありの楽しい走行でしたし、何よりもイニDの聖地を走った記録ということで、ツーリングレポートにまとめたいと考えています。

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

補足:走行記録と年間目標の経過確認

こんばんわー
昨日は、飲んだ帰りに1駅乗り過ごし、歩いて帰ってきたら1時半で、小腹が減ったので晩御飯のカレーライスをチンして食べ、その後に記事をアップ。2時半でした。

ま、ほとんどの部分は朝の通勤時に書いていたし、走行記録のまとめ記事だったので大して時間はかからなかったのですが、やはり酔っ払った状態でアップすると、いろいろミスがありますねー

てことで、朝、読み返して一部修正し、さらに、職場でも追加・修正を加えました(あ、普段は職場で書くことはありませんよー、たまたま仕事も暇だったから、ちょこっとだけ手を入れただけですょ)。

さて、昨日の記事では書ききれなかったことを補足します。

4月の月間獲得標高は、12310mでしたが、この数字は自己新記録です。はい、がんばりましたーっ!
これまでの月間獲得標高ベスト5をあげると、以下のようになります。
第一位 12310m (2013.04)
第二位 11330m (2013.03)
第三位 11110m (2012.09)
第四位 11080m (2012.10)
第五位 8680m (2012.11)
ちなみに、記録の上で最も少ないのは、昨年8月です。
最下位 2440m (2012.08)この月は、走行距離も620kmほどでした。

で、4月が終わったということで、今年も1/3が過ぎてしまったわけですが、年間目標としての「獲得標高100000m」に対し、4月までの累計が35000mですから、単純に3倍すると達成できそうです。
しかし、月間12000mというのは、ほとんど限界の数字だと思います。これ以上伸ばすのは週末だけじゃ厳しいですし、無理をすると身体を壊しそうです。

また、先程の記録にあるように、夏場は暑さのせいで走行自体が少なくなり、当然、獲得標高も伸びないことが予測されます。
なので、夏場に暑さに負けないように気力・体力を維持し、月間1万mをとりあえずこなせるようにすることと、暑い時期は朝練による100円貯金で少しずつでも標高を稼ぐことも考えないといけませんねー

一方、走行距離については、4月が976kmと、1000kmにわずかに届きませんでした。惜しかったですね〜
しかし、距離はさほど重視していないので、それでもいいんです。
ただ、4月までの累計距離は3200kmほどで、3倍すると10000mに近づくので、どうせなら年間走行距離も10000mを目指せればと思っています。

さて、今日から5月ですから、走行予定を考えたいのですが、今のところ、明日5/2のハルヒル試走と、5/5のもてぎエンデューロの2つしか決まっていません。
お誘いいただければどこへでも(でも坂があるといいな)ヒョイヒョイ着いて行きますので、お声掛け下さいー

明日のハルヒル試走は、車載で群馬の森まで行き、8時半にsepaさんと合流して榛名山に上り、伊香保側へ下って叶食堂でデカ盛りを食べ、渋川を回って帰ってくるという予定です。
イニDでしか知らない榛名へ初遠征です。地元のsepaさんが「これぞ群馬っ」というルートを案内してくれるらしいので、とても楽しみですっ!!
天気も悪くなさそうなので、存分に楽しんできたいと思います〜

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2013.04月の走行記録

こんばんわー
今日(正確には昨日)も飲み会で、帰ったのが1時半でした。
さて、4月も昨日で終わりましたね。GWで10連休の方もいらっしゃるかと思いますが、私は、基本的にカレンダー通りです。
でも、客先がお休みで仕事が暇なため、5/2(木)を休むつもりです。なので、明日だけ我慢すれば、後半5連休になります。

さて、4月は、気温も上がってきて走りやすい気候にはなってきましたが、週末になると天気が崩れて風も強まる、って印象でした。皆さん満足いく走りができたでしょうか?

そんな今月の走行記録のまとめです。
201304_soko.jpg

5日(金) この日は平日でしたが、土日に爆弾低気圧がやってくるとの予報で、我慢ならずに有休を取って走りに行きました。天気・気温がサイコーに気持ち良く、満足できる走行になりました。

7日(日) この日は、低気圧通過で危ぶまれた彩湖グルグル練でしたが、夜のうちに雨は上がり、決行しました。ハイゼットンでの初車載でした。ご一緒したのは、プチデビルさんtake-iさんsepaさん、shironago'sさん、私の5人でした。風が強くてバテバテになりましたが、ともかくグルグル練が開催できたし、その後ガストでマッタリランチも楽しかったのでよかったです。

13日(土) この日は翌週の「奥武蔵〜秩父4000」の下見で単独走でした。まー帰りに変なこともありましたが、標高2060mが獲得できたので良しとしましょう。

14(日) この日は、プチデビルさん、take-iさん、私の3人でツインリンクもてぎの下見に行きました。私は、道の駅「しもつま」まで、ハイゼットンで初高速車載でした。帰りの向かい風で脚を削られましたねー

20(土)は、奥武蔵〜秩父250/4000にプチデビルさん、24WEさんぽじさん、私の4人で行きました。途中からの悪天候のため定峰~白石峠までしか上れませんでした。帰路は、雨と気温低下で過酷なものとなりました。

27(土)〜29(月)の三連休は単独走で尾根幹、奥多摩、奥武蔵を走りました。奥多摩ではハンガーノックになりましたが、ハイペースでの上りで脚や身体がどうなるかを試すことができました。最後の三連休まで走り切ることができて満足な4月でした。

2013.04の走行記録
走行距離:976.7km
走行時間:45時間52分
平均速度:21.3km/h
最高速度:65.1km/h
獲得標高:12310m(ルートラボより)

2013年の累計
走行距離:3204km
獲得標高:35120m

以上、4月は8回の走行のうち65回山岳に行き(5/1朝修正。酔っぱらって書くと間違えますね)、1.2万m(1回平均2000m)の標高を獲得することができ、月間目標の1万mを超えて積み増すことができました。

5月は、5日のもてぎエンデューロをがんばりますが、山にもできるだけ行きたいと思っています。
でも、4月が少しオーバーワーク気味だったと思うので、あまり無理をしないように気を付けたいとも考えています。
(あー、なんとか更新しましたが、超ぉ〜眠いです。おやすみなさい)
(5/1朝修正。余計なことも書いてますね)

↓ポチッと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。