多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2013-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03月の走行記録

こんばんわー
今日は、午後から雨は上がったみたいだけど、雲は厚くて寒かったので、昼寝。
結局、この土日に全く走れず、走行予定が狂ってしまいました。あー、今週は走りたかったなー

さて、今月の走行記録まとめです。
201303_soko.jpg

2日は、プチデビルさんぽじさんsepaさん、私の4人で秩父グルメライドでした。
9日は、奥多摩3000の挑戦でしたがスポーク折れのためDNF、10日は、天目指峠〜子の権現でしたが暴風、、、ともに単独走行でした。
16日は、奥多摩3000のリベンジで、24WEさんにお付き合いいただき、風張峠、今川峠、鶴峠、和田峠を越えて3000m達成できました。
20,23日は、単独走で飯能〜名栗方面に行ってきました。

2013.03の走行記録
走行距離:876.8km
走行時間:40時間30分
平均速度:21.6km/h
最高速度:63.7km/h
獲得標高:11330m(ルートラボより)

2013年の累計
走行距離:2227km
獲得標高:22810m

以上、3月前半は天気が荒れることが多かったですが、後半は気温が上がって春らしくなりましたね。
目標通り、獲得標高1万m超えを達成することができました(もう少し積みましておきたかったのですが、、、)。
また、新しい車(中古の軽バン:HIJET CARGO)が納車されたので、今後の行動範囲を広げることができそうです。

4月は、20日に奥武蔵200/4000を予定していますし、5月(5/5)のもてぎエンデューロの練習もしないといけません。
てことで、4月もがんばって走りたいと思います。

↓ポチッと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ハブ:雨の日は部屋でできるメンテナンスを

こんにちわ
今日も一応5時半に起きて、できれば走りに行きたかったのですが、外は雨。諦めました。
土日ともに雨で走りに行けず、しかも今日は3月最終日。なんか欲求不満が残る終わり方ですね、、、

ま、自然に文句を言ってもしょーがないので、自転車のメンテナンスでもやりましょう。
ドライブトレイン周りのメンテは先週の日曜にやったので(それから走ってない)、今日は、部屋の中でまったりできるハブメンテでもやりますかー
ハブのグリスアップは、昨年9月にやって以来だから半年ぶりで、その間の走行距離は約5200kmです。

ってことで、前後のホイールを外して始めます。
ULTEGRA WH-6700のハブをバラすには、フロントが17mmのハブレンチ×2本、リアが13mmと15mmのハブレンチが必要です。あとは、グリスアップ用のDURAグリスを準備して開始。

先ずは、フロントホイールから
ナットをレンチで緩めて玉押しとシールを取り外して、ベアリング(片側11個)を取り出します。
うん、あまり汚れていません。半年前のDURAグリスが多少黒くなっているものの、まだ緑色のままで十分残っていました。
カップの中を奇麗に拭き掃除して、DURAグリスをテンコ盛りし、ベアリングの玉を並べます。
20130331_hub_f1.jpg 20130331_hub_f2.jpg
右の写真はピンぼけになってしまいました。

並べた玉をシールで押さえたら、反対側もグリスと玉をセットしシールで押さえ、軸を通します。
次に、玉押しにもグリスを塗って、軸に装着し、玉押し調整。この締め具合がいつもよく分かりませんが、ま、ガタがない程度に、締め過ぎない方がいいのかな?ってことで、テキトーです。
はい、フロントが完了。

次に、リアですが、スプロケを取り外します。
で、反フリー側のナットを緩め、玉押しも取り外します。フリー側はナットを緩めずに軸と一緒に抜き取ります。←特に理由はないのですが、フリー側の玉押しはフリーの中に入っているためレンチが使えないから
シールを取り外して、ベアリングの玉を取り出し、カップの中を掃除します。
リアは、フリー側が多少汚れてたもののグリスは残っていました。反フリー側は、グリスも奇麗な緑色のままで残っていました。
20130331_hub_r1.jpg

反フリー側にグリスを盛って玉を並べ、シールで押さえてから、フリー側もグリスを盛って玉を並べます。
20130331_hub_r2.jpg 20130331_hub_r3.jpg

フリー側のシールを取り付けて、玉押しにグリスを塗ってから軸を通します。
で、反フリー側の玉押しを軸に取り付けて、玉押し調整。こちらもテキトーです。
その後、反フリー側のワッシャとナットを締め付けてから、スプロケを戻して完了。

以上、雨の日曜午前中のまったりハブメンテの報告でした。
今夜は、ツール・デ・フランドルです。早起きしたので昼寝でもして備えようかな?

よろしければ↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

DIY:車載用ラックを作って取り付けました

こんにちわー
今日は、朝6時に起きて走りに行く気マンマンだったのですが、雨。
その後も一日中シトシト降っていたので、走りに行けませんでした。残念です。
明日は雨が降らないことを祈るばかりです。

さて、先ずはチューブレスタイヤの空気圧チェック。先週の日曜から今日まで
3月24日16:00 7.98Bar (日曜のメンテナンス時に8Barを目安に注入)
3月25日22:00 7.56Bar (-0.42Bar)
3月26日22:30 7.22Bar (-0.76Bar)
3月27日20:00 7.01Bar (-0.97Bar)
3月30日 7:00 6.44Bar (-1.54Bar)
6日間で1.5Barほど下がりました。1日当たり0.3Bar弱の低下ですね。
ま、毎週末の乗る前に注入すれば良いということで、クリンチャーと同じですね。実用上の問題はなさそうです。
てことで、TLタイヤの空気圧チェックは、以上をもって終了いたします。

今日は、雨で走りに行けなかったので、車(HIJET CARGO)に車載用のラックを付けることにしました。
といっても専用品が売られているわけではないので、DIYで作ることにします。
先ず、先日の写真が暗過ぎたので、そのまま自転車を突っ込むと、↓こんな状態。
20130330_hijet1.jpg

で、ホームセンターに行って、材料を物色し、金属製のパイプと板、ブラケット等を組み合わせて作ろうと考えますが、なかなか良い組み合わせが見つかりません。
なので、ある程度システム部品になっていて、棚などを作るためのイレクター(こちらのページ参照)から、パイプ(φ28×1200mm)とブラケット(J59Aというもの)を選び、緩衝用のスポンジシートをあわせて購入。¥1418也
20130330_sozai1.jpg

正方形のスポンジシートを半分に切ってブラケットの溝に嵌め込みます。この溝とスポンジシートで車内のレールを挟んで固定するつもりです。
20130330_sozai2.jpg

次に、左右のレール間隔+ブラケットの寸法に合わせてパイプをカットします。
金ノコで切りますが、結構たいへん。コラムカットの練習になりますねー
その後、パイプの両端にブラケットを取り付けて、レールに装着。
20130330_rack1.jpg

20130330_rack2.jpg
単に上からレールを挟み込んだだけですが、スポンジシートの弾性によってピッタリ嵌りました。いい感じです。振動や音も吸収してくれそう。

では、自転車を載せてみましょう。
20130330_hijet2.jpg
うん、完璧です。
このままでも、たいして揺れないし振動や音もしないのでいいんですが、ま、パイプ上をサドルが滑っていくと窓等にぶつかるので、長い方のスポンジシートをパイプに巻き付けて、緩衝材、滑り止めとします。

以上、買い物から2〜3時間でできてしまいました。安くて丁度よい商品があって助かりました。
あと、車内にレールがあったので(多分、ハイルーフ仕様だからですね)、簡単に固定することができたのも良かったです。固定場所がないと困りますからねぇ
あとは、実際に走行してみて自転車が動くなどの問題があれば、ゴムバンド等での固定や、傷つき防止対策も考える必要があります。でも、思ったほど前後左右に動くことはなさそうなので、このままでもいいかな〜?と思っています。

これで、ほんとに簡単に車載できるようになりました。
どこかに行きたいんですが、明日も天気が悪そうですね、、、くぅ、、

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

感謝:多数のアクセスありがとうございます

こんばんわー
昨日は上司とサシ飲みでウチに帰り着いたのが2時、、、当然ブログ更新できず、、、

でー、今日、アクセスカウンターを見てみると、昨日のアクセスが300を超えてるじゃぁないですか!?
で、さらに、ブログ村を見るとー、一昨日の納車の記事がロードバイクの注目記事、第4位(その後2位までいき、現在3位)に入ってるじゃぁないですか!??
何が起きたんですか!???

なんかスミマセン。あ、いや、多くの方にお越しいただき、ありがとうございます!
あんな記事(ま、タイトルに反応していただいたんでしょうけど)を読ませてしまって申し訳ないです。
でも、もっとちゃんと書いてる(つもりの)記事もあるんですけどねぇ、、そーゆーのへのアクセスがあまりないのが、ちょっと悲しかったりすることもあるようなないような?

ま、アクセス数を増やすことが目的ではないですし、ウケる記事?を書こうとか書けるとも思ってないのですが、やはりたくさんの人に読んでいただけるのは嬉しいですねー
てことで、これからも頑張って更新していこうという決意を新たにした二日酔いの朝でした。

さて、ツール・デ・フランドル(今週末)、パリ〜ルーベ(来週末)を前にTREKからファビアン・カンチェッラーラのインタビュー動画(youtube→こちら)が公開されてましたね。
(この記事は、実は昨日の朝に書きかけていたものです。)

昨年フランドルでの落車、骨折から、ツールでの復活、プロローグ勝利、ロンドンオリンピックでの再落車を振り返り、今年に賭ける心境を話しています。
短い(4分ちょっと)動画ですが、やはりファビアンはカックいいーっ!ですね。

いやーしかし、いよいよホントに今週末ですよーっ!フランドル
もーね、昨年、カンチェが落車したときから私の時間が止まっていたんですが(大袈裟すぎ?)、その時間がやっと動き出すことになります。

一方、ライバル勢は?
地元ベルギーのボーネンは、ヘントでの落車の影響が心配されましたが、ドパンヌでは元気にアタックかけてましたから、フランドルも大丈夫そうですね。

あと地元のジルベールが出場しないのは残念ですが、風邪の直りが悪いって、、、
また、シャバネルは調子良さそうですねー、逃げの展開になって本命達が牽制し合うと、逃げ切りもあり得るかな?

あとは、やはりサガンですね!どんなレースを見せてくれるのでしょうか?まー思い切った若々しい走りをして欲しいですねー。間違ってもカンチェの着き位置でゴール前まで行こうなどという、セコいことはやって欲しくないですね。

まーいずれにしてもワクテカが止まりませんーっ!

以上、昨日〜今日のご来訪に感謝するとともに、これからもご贔屓の程、よろしくお願いします。

(追伸)
先日の記事で予告した「奥武蔵〜秩父200/4000」ですが、4/20(土)に実施することになりました。
デビさんが20日なら大丈夫ってことでしたので
引き続き、ご一緒いただける方を募集中ですー

ついでに↓ポチっと押していただけると、さらに更新がんばれますー
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

納車:今日やってきました!中古だけど

こんばんわー
今日も寒かったですねー。耐えかねて何日かぶりにコートを着ましたよ
いやーホントに早く暖かさが落ち着いて欲しいですねー

さて、買い替えた車(中古の軽バン)が先程、無事に納車されました。
こちら↓です。
20130327_haruka1.jpg
ハルカちゃんと納車記念の写真撮影。うふっ

車は、ダイハツのHIJET CARGO SPECIAL(ハイルーフ)です。
あー、スズキのEVERYって言ってたんですけどぉ、ハルカちゃんにお勧めされたんでぇ〜、ダイハツになっちゃいましたーっ!

では、早速、自転車を積んでみましょうーっ!
もちろん、前後ともにタイヤを外さずに積めるはずです。
先ずは、後ろのシートを倒してフルフラットにしてぇ〜
20130327_hijet1.jpg
(暗くて見えませんがご容赦ください)

うん、広い、広いゾーっ!
次に、自転車を頭から真っ直ぐに突っ込む〜っ!
20130327_hijet2.jpg

はいっ!そのまま入りましたねっ!
うーん、良かったぁ〜。入らなかったら、車種選定のミスってことになります。ハルカちゃんに勧められるままハンコ押した私のチョンボです。

でも入ったので全く問題なしっ!
あと1台も並べて積めそうですから、AMPIOも積んで、娘とツーリングに行けますねっ
20130327_hijet3.jpg

、、、と、自転車の積み降ろしをやってたら、後ろから冷たい視線が、、、

家族(奥さん)が、私達よりも先に自転車を積むとは一体全体どぉゆ〜つもりだ?という目で見ていました。
ミスりました。自転車が積めるかどうかに夢中になりすぎました。
ま、購入を検討していた時点から「自転車がそのまま積めること」って言ってありましたからねー

以上、軽バンが納車されたので、今後は車載によって行動範囲が広がります。
富士山とか、信州とか、東北・北陸方面とか、、、いろんな場所に行って走りたいですねー。
ワクワクっ!

この車ネタを書いた翌日は、明らかにブログ村のランキングが下がるんですが、、、
きっと気のせいですよね?
気のせいだという方、↓ポチっと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:4月の250/4000を具体的に考えてみる

こんばんわー
今日もなんだか寒かったですね。気温はそれほど低くないようなんですが、風が冷たかったです。まだ3月ですから三寒四温なんですかねー
でも、そんな3月も今週で終わりで、来週から4月になっちゃいます。今年も1/4が過ぎようとしています。ホントに時間が経つのが早いですねー

さて、以前から予告しているように、4月には「250/4000」(1日で250kmの距離を走って4000m上る)を実施しようと思っています。
なので、そろそろ予定を立てないといけません。

先ずは、日程ですが、4月は後半ほど日が長くなり気温も上がってロングライドに適した条件になると思いますが、GWの5/5にもてぎエンデューロが控えていることを考慮すると、あまり後半に疲労が溜まることは避けたいところです。
てことで、4/13(土)か14(日)に実施しようと思います。天候不良の場合の予備日として翌週も使えますしね。

次に、ルートですが、前にルートラボで引いてみた「奥武蔵250/4000」(こちらの記事参照)をベースに考えます。
ま、250kmの距離にはあまりこだわっておらず、別に短くなっても構わない、ってかできるだけ短い距離で効率よく高度を稼ぎたいと考えています。でも、平均速度を維持するために激坂は外しますけどねー
ただ、ルートとしての面白さも考えて、峠のバリエーションとコントラストみたいなものは取り入れたいですねー

はい、ルートラボで引いてみました。
(経由ポイント<8000の都合でスタート・ゴール地点をウチからずらしてます)

このルートだと、ウチからの往復距離は200kmほどで、獲得標高が4180mになります。距離上昇率が約2.1%ですから、相当厳しいですけど、効率はいいですね。ま、もう少し距離を伸ばして勾配を緩やかにしてもいいんですけどね

次に、タイムスケジュールですが、休憩込みの平均速度を15km/hとすると、13.3時間かかりますから、朝5時にスタートしたとして、ゴールが18時過ぎになります。ま、勾配が厳しいですから、15時間かけて20時に帰って来られればよしとしましょう。
逆に、夜間は峠を走るつもりがないので(←これ絶対)、18時までに平地に降りてきて、復路が2時間と考えると、20時ゴールは妥当かつギリギリの線ですね。
一方、これ以上に距離、高度を伸ばそうとすると、スタート時間を早めるか、山の麓まで車載するくらいしかないですねー

次に、休憩・食事ですが、基本的に携行食でなんとか凌ぎます(まぁ、山の中ですからしょーがないですしねー)。
2時間に1回休むとして、6回の休憩を取ることができますが、30分の大休止を2回、15分の小休止を4回とすると、合計の休憩時間が2時間になります。それ以外の信号待ち等のロスが1時間はあるでしょうから、都合3時間は止まっていることになります。
てことは、5〜20時の15時間から3時間を引いて、12時間の実走時間で200kmを走るとすると、実走の平均速度が16.7km/hになります。まぁ、一見ゆっくりに見えますが、2.1%の距離上昇率であることを考えると、結構キツいんじゃないかと思います。

以上、250/4000といいながら、200/4000になってしまいましたが、私の場合、距離はあまり関係ありませんから、問題ありません。また、これはあくまでも5月〜6月に実施する300/5000の予行演習のつもりですし、さらに昨年11月に日没サスペンデッドで未達に終わった「奥武蔵4000m」(こちらの記事参照)のリベンジでもあります。さらにさらに、今月初め(3/2)に行った秩父グルメライド(こちらの記事参照)のときに雪で越えられなかった城峯山のリベンジも含まれています。

てことで、この「奥武蔵〜秩父200/4000ライド」にご一緒いただける方を募集します。
途中参加・途中離脱もOKですので、奥武蔵〜秩父の山々を一緒に堪能してみませんか?

(付録)TLタイヤの空気圧 途中経過報告
3月24日16:00 7.98Bar (日曜のメンテナンス時に8Barを目安に注入)
3月25日22:00 7.56Bar (-0.42Bar)
3月26日22:30 7.22Bar (-0.76Bar)
装着当初(先週)よりも低下の仕方が少なくなってきましたかねぇ?
ま、この程度だったらクリンチャーとそんなに変わらないかな?うん、許容範囲です。

↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

筋肉痛:歳だから遅れてくるのは仕方ないけど

こんばんわー
昨夜はヘント・ウェベルヘムをストリーミングで観ていました。しかし、SPORZAの中継はブツブツ切れるし、突然接続が切れるのでストレスが溜まったのと、午前1時を越えそうで翌日への影響も考えたのとで、途中まで観て寝ました。それでも今日は寝不足で眠かったですけどねー

レース展開は、前半になかなか逃げが決まらず、残り80km?くらいでやっとフレチャら3人が逃げ、その後集団からサガンを含む追走が抜け出し、先頭に追いついて13人?くらいの強力な逃げ集団ができました。
メイン集団(プロトン)がタイム差をなかなか詰められないので、このまま行ったらゴールスプリントでサガンの勝ちだなぁ〜と思い、そこで寝ました。

朝、確認するとスプリントではなく、残り3.5kmで抜け出した独走勝ちだったみたいです。力がありますねー。クラシック初優勝です。やはり、今週末のフランドルでも活躍が期待できそうです。

さて、私は、今朝起きたら体の動きがおかしい、脚が痛い、、、
はい、筋肉痛です。
太股の前側から付け根、お尻にかけて痛みがあります。
昨日は休足日にしたから、一昨日のライドの影響なのは明らかですが、まー歳ですから、遅れて筋肉痛が来るのは全然構いませんょ〜
でも、もう何ヶ月も筋肉痛にはなってなかったので、久しぶりに来たことに少々驚きました。

なので、筋肉痛の原因を考えてみます。
まぁ〜普通に考えて普段よりも激しい運動をしたからってのは間違いないんですが、じゃぁ冬季〜先週までの走りと何が違ったのか?
一昨日は、記事にも書きましたが、身体が軽くて調子が良かったので、追い込んだ走りができました。あ、逆にいうと、先週まではサボってたってことになりますが、、、

いや、頑張ったとかサボったとか、そういうことだけじゃなく、もう少し走り方との因果関係を考えて、今後のトレーニングに役立てられないか?と

筋肉痛が起きたってことは、筋組織が破壊されたってことで、その破壊は、ある限度を超える強い負荷を掛けたから起きたんでしょうか?
ま、それもあると思いますが、坂では、瞬発的なパワー(速筋)はそれほど使っていないと思っています(ダンシングは一度もしていませんし)。
帰り道のダッシュ(スプリント)では確かに使いましたが、それほど連続して長時間使ったわけではありません(断続的に都合20分ほどです)。

じゃぁ高負荷以外に別の原因があるのでしょうか?
思い当たるのは酸欠です。ミネラル不足はないかな?それほど汗もかいてないし、距離も走ってませんから
要は、無酸素運動になっていたんじゃないか?ってことです。
山伏峠の上りで心肺が結構目一杯までいってましたから、酸素の取り込み量、筋肉への供給量が不足していたのではないか?と

なんてことを考えてたら、ちょっと怖くなってきました。
昨年(一昨年?)新聞で自転車に乗った方(マスコミの人だったと思います)がライド中に亡くなって、その原因が虚血性心筋梗塞ではないかという記事を読みました。
やはり中高年になると、そういうリスクも高まってくるという認識もありますし、元々心肺にはあまり自信がないので、いきなりの心臓マヒとか、シャレになりません。

まーでも、わけも分からずビビっててもしょーがないし、何もできなくなるので、その辺りのことを勉強してみようと思います。
身体のこと、トレーニングのこと、リスク、リスクの予防・回避方法など、何か良い参考書などないですかねぇ?マラソンなどの分野では、科学的な知見や方法論が豊富にあるみたいなので、RUNの参考書などを読んでみようかな?あ、決して走るつもりはありませんけどねー

以上、筋肉痛の件からネガティブな話になってしまいましたが、趣味として長く続けていくためには、身体的なアクシデントは是非とも避けたいですし、心配しながら走るのも楽しさ半減になってしまうので、考えておくべきことかな?と、思い直した今日の出来事でした。

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

休足日:久々にのんびりじっくりメンテナンス

こんばんわ
今日は天気が悪いという予報だったので走りに行かず、完全休足日としました。
朝は10時前に起きてまったり将棋番組を観ていましたが、雨が降る様子もなく、だったら自転車のメンテナンスでもやろうかということで、11時過ぎから玄関先の外で作業開始しました。

と、その前に、昨日のライドの後、タイヤを拭き掃除していたら、リアのチューブレス(TL)タイヤにサイドカットを発見っ!
20130323_tire.jpg
スッパリ切れていますが、深くはなさそうです。表面ゴムだけで構造材までは至っていないようなので、このまましばらく使い続けてみます。

あと、TLタイヤのエア漏れに関して、
3月21日19:00に6.83Barだった後の数値
3月22日20:00 6.4Bar
そして、昨日の走行前に7Barまで注入し、走行後に測ってみました。
3月23日10時 走行前 7.05Bar
 →115km、5時間50分走行後 6.67Bar(ただし、測定時にだいぶ抜けたので参考値)
なお、7Barでの走行感は、前回の7.5Barのときのような跳ねる感じが抑えられ、若干マイルドになったかな?って感じ。
でも、差はほとんど分かりませんね。7Barでも重さは感じません、てか、やっぱクリンチャーのPRO4よりも軽いかもしれません。なので、さらに6.5Barまで落としてみて走行感がどうか?というのを今度試してみます。

さて、本日のメンテナンス記録です。
先ず、チェーンを外し(ミッシングリンクです)ペットボトルに入れてディグリーザーでシャカシャカ洗浄し、乾かしておきます。
次に、クランク、チェーンリングを外し、BBも外します。
20130324_mente1.jpg

クランク周りからの異音が気になっていたので、BBを調べてみました。内部はさほど汚れておらず、水が浸入した様子は見られなかったのですが、右のベアリングが多少ゴリゴリします。左とは回転の滑らかさが違っています。
右クランクの下死点あたりでギギって音がするのですが、右ベアリングの回転不良が原因でしょうか?
ま、今回はそのまま元に戻しましたが、場合によってはBB交換を検討します。

で、BB周りとFDをパーツクリーナーで念入りに掃除しました。
20130324_mente2.jpg

20130324_mente3.jpg

次に、BBを締め付けてから、クランク、チェーンリングを清掃して戻します。
20130324_mente4.jpg

その後、リアホイールを外し、RDを念入りに掃除。
これまでちゃんと掃除したことがなかったので、油とドロが一緒になったものがべったりでした。パーツクリーナーを吹きかけてドロドロを飛ばし、ウェスで奇麗に拭き取った後に注油しました。うん、気持ちいい。

で、取り外したリアホイールからスプロケを外し、TLタイヤも外します。タイヤレバー2本で簡単に外れますね。
そして、先週に続いて2度目のタイヤ嵌め作業です。2回の走行で多少は伸びて嵌めやすくなっているかと期待しましたが、やはり硬い。今日は石鹸水を試しました。多少は手だけで嵌められる範囲が増えましたが、手だけで全部は無理でした。でも、タイヤレバー1本でグイっとすれば入りましたね
エア注入も1発で決まりました。今日は、8Bar(7.98Bar)まで入れて、また放置です。

また、チェーンには、若干サビが浮いていたので、錆取剤(コンパウンド)で擦ってから油(チェーンルブ)で拭き取りました。
それから、掃除したスプロケをホイールに取り付け、フレームにホイールを戻した後、チェーンを取り付けて注油しました。
最後に、車体全体を拭き掃除し、ブレーキの当たり調整をして作業終了です。終了16時前、約5時間のメンテナンスでした。

以上、休足日のメンテナンス記録でした。
冬場は寒くてなかなかちゃんとしたメンテができなかったのですが、久々にBBまで外して掃除するとスッキリして気持ちいいですねー
これでしばらくは快適に走れることでしょう。異音も消えてくれればいいのになー

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

絶好調:脚も心肺もよく動いて新記録達成

こんばんわー
昨夜はストリーミングでE3プレイスを観戦し、カンチェッラーラの35km独走に興奮して祝杯をあげ、2時に寝ようとしたのですが興奮覚めやらずで寝つけませんでした。さらに、何度も目が覚めてしまい、結局よく眠れないまま起きたのが8時半。寝不足状態でボぉ〜とした朝でした。

ま、そんな状態であっても、明日の天気が心配なので、今日は走りに行かないといけません。
てことで、9時半頃から準備して出発することにしました。
今日は若干気温が低く、風も強そうだったので、上は長アンダー+長袖ジャージにしますが、下は半レーパンのみの生脚です。ちなみにすね毛は剃ってませんし、剃る気もないのですが、どうしましょう?
また、今日は、リアタイヤ(Fusion3)の空気圧は7.0Barに調整しました。

では、本日の走行記録です。
10時過ぎに出発し、山伏峠を目指すことにしました。ホームコースに設定している山伏峠なんですが、走りに行ったのは積雪後のアイスバーンで落車した1/19が最後で、2ヶ月以上のご無沙汰です。
いつものように多摩湖の脇を通って青梅街道から岩蔵街道で小曽木に抜け、東京バーディGCの坂を越えて成木から小沢峠を越えます。

小沢峠では、それほど負荷を上げずに脚を回すようにして上りますが、今日はギア1枚くらい重めでも脚がよく回ります。うん、身体が軽くて、心肺にも余裕があります。
で、いつものように滝成トンネルから小沢トンネルまでのラップを取り、11分54秒(距離4.08km、平均速度20.6km/h)でした。これまでの記録が12分25秒(11/24)でしたから、31秒短縮することができ、平均速度も20km/hを上回ることができました。

名栗側に下って上名栗へと徐々に上って行きますが、いつものようにJA前の公衆トイレで休憩し、シリアルチョコバーを補給。
しばし休憩後、12時丁度に再スタートし、山伏峠を目指します。最後の交差点を12時15分に通過し、右に曲がったところからラップ計測開始です。

今日は、山伏峠をアタックモードで上ることに決めていました。といいますのも、昨年11月に「坂力補完計画」ということで、山伏峠のラップタイムを1割短縮することを宣言していました(こちらの記事参照)。しかし、その後、まともに山伏峠にアタックできないままズルズルと時間が過ぎてしまっていました。

なので今日は、全力アタックです。勾配が7,8%くらいまではインナー×3rd(21T)で踏み込み、10%のところで2nd(24T)を使って脚の回転を落とさないように気を付けます。中間地点ですでに心肺が悲鳴をあげ始めますが、それでも行けるところまで踏み続けようと脚を止めずに回し続けました。
3つ目のヘアピンを抜けてピークまで残り1kmのラストスパートでは、息が上がって脚もダルくて痛くて、もぉ限界かとも思いましたが、ここで止めたら負けです。15km/hを下回らないように3rdで踏み込みます。そのまま緩めることなくピークまで踏み続けてゴールっ!!

ラップは、18分30秒(距離4.32km、平均速度14.0km/h)でした。昨年9/29に出した20分10秒を1分40秒短縮することができました。1割短縮(18分09秒)には届きませんでしたが、よく頑張れたと思います。
20130323_yamabusi.jpg
ピークでは倒れ込みたいところでしたが、止まらずにそのまま通過し(写真は帰りに撮りました)、正丸峠に向かう下りで息を整えます。その後の短い上りはゆっくり走って、正丸峠に12時45分に到着。

正丸峠では、ゼリーを補給し、一服してからR299側に下って、上り返すことにしました。
刈場坂峠との分岐まで下ってそのままUターンし、ラップ計測開始。しかし、正丸峠では本気アタックのつもりはありません。8〜9割くらいを維持して脚を緩めることなくペースで上ります。

上りながら考えていたことは、自転車に乗り始めて最初に挑戦した峠がここ正丸峠で、それが1年5ヶ月前だったのですが、そのときはペースも何も分からず、がむしゃらに踏んであっという間に心肺が限界を迎え、脚(ふくらはぎ)も攣って押して上がったなぁ〜、と、それに比べたら今は、比較にならないスピードを維持しながら上れるし、心肺も強くなったのかなぁ〜、と、あのとき抜いて行ったサーベロの人と同じくらいで上れてるのかなぁ〜、、みたいなことでした。
いやまあ、自分でいうのも可笑しいですが、人間って45歳を過ぎても成長できるもんなんですねぇ〜

そんなこんなで正丸峠は余裕を持って上りましたが、ラップは、18分56秒(距離4.26km、平均速度13.5km/h)で、9/29に出した18分58秒の記録を2秒短縮することができました。9/29のときは、もっと必死で上ったんですけどねぇ(こちらの記事参照)、大人げないくらいになりふり構わずに踏んで上ったときよりも速いとは、、、やはり、今日は調子がよかったんですねー

で、正丸峠のピークを通過し、再び山伏峠に戻り、少し休憩してからダウンヒルを楽しみ、名栗の下り基調をダぁ〜っと走って(原市場のセブンで休憩し)、飯能から入間、所沢を抜けて帰ってきました。帰りも所沢・入間バイパスでは40km/h以上で巡行(てか、スプリント)して脚が攣りそうになったけど、なんか思い切り踏みたい感じだったんですよね〜
そんなこんなで16時前帰宅。5時間50分の旅でした。

本日(2013.03.23)の走行記録
走行距離:115.28km
走行時間:4時間57分
平均速度:23.2km/h
最高速度:58.6km/h
獲得標高:1380m(ルートラボより)

以上、今日は調子が良く、大変満足いく走りができました。
あと、TLタイヤに関しては、ちょっとしたことがあったので、追って別記事で報告したいと思います。
また、今日1380mの標高を獲得したことで、今月の累積獲得標高が11,330mになりました。この月間獲得標高も昨年9月の11,110mを超えて新記録です。そして、月目標の1万mも達成することができたのですが、来月以降に向けた貯金の意味で、来週も走って積み増しておきたいと思います。

いやぁ〜、昨日のカンチェの走りを観たからでしょうか、今日はモチベーションが高くて、身体も良く動いてくれて、久しぶりに思い切り出し切って上ることができました。疲れたけど気持ちよかったです。
一応、記録として3つの峠のラップを書いておきます。
小沢峠 11分54秒(距離4.08km、平均速度20.6km/h)
山伏峠 18分30秒(距離4.32km、平均速度14.0km/h)
正丸峠 18分56秒(距離4.26km、平均速度13.5km/h)

↓ポチッと応援いただけると、ブタもおだてりゃ木に登る的に益々がんばって上れると思います
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

E3プレイス:ファビアン勝ったどーっ!

こんばんわー
先程までストリーミングでE3プレイスを観てました。
ファビアン・カンチェッラーラが優勝しましたよーっ!

レース展開は、逃げを捕まえた後の残り60kmくらいでボーネンを先頭にアタックがあり、カンチェなど8人くらいが抜け出しました。
そのアタックに遅れたサガンをキャノンデールがチームで引っ張って先頭集団に送り届け、その後、先頭集団は多少人数を増やすものの、再び13人くらいになりました。
残り35kmくらいの坂でカンチェのアタック。グングン差が広がり、20秒以上に
20130322_E3_fabian1.jpg
ここからはもうカンチェお得意の独走

サガンは着いて行けず、追走集団で追いますが、なかなか差が詰まりません。
20130322_E3_sagan1.jpg

1分以上に差が開いた後、一時、少し詰まる場面もありましたが、
結果的には再び1分の差を付けてカンチェの優勝。
20130322_E3_fabian2.jpg

いやー、やりました。久々にカンチェらしい勝ち方を見せてもらいました。
先週のミラノ〜サンレモでも調子の良さを感じていましたが、やはり絶好調です。
来週のツール・デ・フランドルもやってくれるに違いありませんっ!
楽しみです〜っ!

一緒に↓ポチッとカンチェを応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

いいね:OGKのKOOFU_WG-1買っちゃうかも

こんばんわー
東京でも桜がそろそろ満開になりそうですねー
来週には散り始めそうなので、今日の帰りに明治通りで撮ってみました。
20130322_sakura.jpg
桜の下を渋谷まで歩いて帰るのは気持ちよかったですよー

あ、今日の話題の前に、E3は今晩でした。22時20分からストリーミングあります。
って、情報が遅過ぎですね。昨日の記事で今週末って書いてしまったから、明日か明後日と思っていた方、スミマセン。

さて、今日のネットニュースでOGKカブトの新ヘルメットが近日発売されることを知りました。
KOOFU WG-1
20130322_koofu1.jpg
エッジが効いていてストレートなデザイン、カックいぃ〜ですねーっ!
20130322_koofu2.jpg
仮面ライダー(平成ライダーのクゥガとか)みたいですねー
20130322_koofu3.jpg
こちら→KOOFUのフェースブックで詳しく紹介されています。写真は、ここから拝借。
昨年のサイクルモードで発表されたときも、いいなぁ〜と思いました。

が、昨年はBBBのイカロス↓が欲しいと思っていたので、カブトにはあまり興味なし。
bbb_ikaros_by.jpg
しかし、イカロスは、ずーっと品切れ中で買えない。多分メーカー出荷(輸入)されてない?

てことで、KOOFUが発売されたらソッコー買っちゃうかも?(いや、多分買うな)
レジモスよりもグレード的には下になるので、価格も安いことが予想されますしねー
色は、上の写真の赤・黒・銀か、赤・黒・白のどっちかですかねー

以上、車の買い替えが一段落したとたんに、またもや物欲が止まらなくなりそうで怖い、、、

カブトのヘルメットはお勧めだよっていう方
↓ポチッとしていただけるとお仲間になれるかも?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

春です:ウキウキいろんな予定が目白押し?

こんばんわー
今日は静岡出張でした。午後からの打ち合わせのため、朝はゆっくり目に出て東京から新幹線で静岡まで行き、東海道線に乗り換え、さらにタクシーで現地までの行程。片道3時間半以上かけて13時過ぎに到着。13時半から打ち合わせして14時半に終了。また3時間半以上かけて帰ってきました。
20130321_beer.jpg
ま、とりあえず16時前からでも帰りのビールは基本です。
なんか無駄だなーとも思いますが、これも仕事だし、日本経済の一部を回す一助になっていると考え、納得することにします。

さて、来週末の日曜(3/31)は、1年で最も楽しみにしているロードレース、ツール・デ・フランドル(フラマン語の発音だと、ロンド・ファン・フラーンデレン)が開催されます。
3月初めの時点ではJ-SPORTSでの放送予定に入っていなかったため、TV中継が観られないことを危惧しましたが、その後、放送することがアナウンスされ、一安心。昨日のツイートで、19時20分からの放送であることがアナウンスされました。

いやー気合いが入りますねーっ!今からワクワクしますー
ただ、この時期のフランドル地方は天候が安定せず、特に今年は寒いみたいで雪や雨の可能性もあるらしく、ミラノ〜サンレモみたいに荒れた過酷なレースになるかもしれません。
しかし、状況が厳しくなる程、本当に力のある選手が有利になりますから、ガチの力勝負が見られますねー。そーなると、やはり、カンチェですよーっ!あとは、ボーネンとサガン。この3人は厳しい条件で自力が出せる選手ですからねー

ま、今週末にある前哨戦のE3プレイスで各選手の調子が分かりますから、このレースにも注目ですねー(放送はなさそうですけど、ストリーミングでチェックしましょう)
で、フランドルの翌週はパリ〜ルーベがありますし、その後はアルデンヌクラシックと続きます。一方、先週からF1が開幕して今週末はマレーシアGPです。いやー忙しいです。

また、自分の予定も4月は250/4000を実施しないといけないし、そうこうしてる間にGWのもてぎエンデューロがやってくるし、5月の300/5000のプランも練らないといけないし、うーんマヂで忙しいですねー

てことでー、春になるといろんな予定がバタバタとやってきて慌ただしくなるのですが、どれも楽しい予定ばかりなので幸せですねー。いやホントに幸せな日々を過ごさせてもらってると思います。周りの環境と人々に感謝です。

今日のチューブレスタイヤ空気圧:3月21日19:00 6.83Bar

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

備忘:次の冬に備えて振り返っておく(春分の日)

再びこんばんわー
今日は暖かかったですが、明日は一転して寒くなるみたいですね

ライドの後、夕方に車買い替えの本契約、現車下取り&代車受取のためG社の店舗に行ってきました。
そうです、かわいい担当者との打ち合わせです。昭和最後の年の生まれ(25歳)だってー若っ!
で、本契約書にハンコ押して、契約完了のはずが、その前に彼女から提案が
「メンテナンスパックをサービス(下取り増額で相殺)するので入っていただけませんかっ?」
「Yabooさんと長くお付き合いしたいんですっ!(ニコっ)」ですと
もーね、ダメですねー
一応、表面上はクールを装って「でも、また10年くらい買い替えないよ」て言いましたが、頭の中では「お付き合いしたい、お付き合いしたい、お付き合いしたい…」のリフレイン
はい、あっさりメンテナンスパック契約です。
ホント弱いなー、俺。でも、絵とかは買いませんからねっ!

さて、気を取り直して、本題です。↓写真は今日のライドで見た枝垂桜。
20130320_sakura2.jpg
春本番になり、もうあの寒さは来ないだろうー、と、ホッと安心するところですが、そーなるとすぐに厳しかった冬のことを忘れてしまうのも人間の性ですね
いえね、私もこの前のミラノ〜サンレモを観て「あぁ〜自分もつい1ヶ月前までは寒っぶい中を走ってたなぁ〜」とか思い出したんですけどね

今日は春分の日でもありますし、次の冬(年末)に向けた備忘の意味も込めて、先月までの冬シーズンを振り返っておこうと思います。
先ず、当たり前ですが、改めて冬の期間は寒かったですね。寒いと感じるのは、やはり最高気温が10℃以下、最低気温が5℃以下ですかねー。ま、平地でゼロ℃とか氷点下のときは走りに行かなかったですけど、平地で5℃以上あっても山の上ではゼロ℃くらいになってますからね。

で、冬期の装備として最もヘビーだったのは、上が長インナー+長or半ジャージ+薄アウター+厚アウター(+ウィンブレ)+ネックウォーマー、下が半レーパン+レッグウォーマー(+膝サポーター)、あとはとシューズカバーに指有りグローブだったでしょうか。顔や耳、頭はガードしなくても大丈夫でした。
多分、私は比較的寒さに強い方かな?と思いますが、それでも手足の指先は痺れて感覚がなくなるくらいのときもありましたね。で、オーバーグローブも導入したのですが、上りでは手に汗をかくくらいだし、ブラケットの引き手が使いにくいし、まー冷たさが我慢できないほどではないし、てことで、使わなかったですね。

次に、天気、路面状況です。1月初めに雪が降り、平地でも積もったときは、山の上は積雪が当分てかずっと解けませんでしたね。昼間解けても夜に凍結してアイスバーンやブラックバーンになり、とても危険です。山伏峠で滑って落車しましたし、白石〜定峰の凍結にも酷い目に遭わされました。やはり雪には気をつけなければいけません、てか雪が降った後は高い山には近づかないことですね。その雪(凍結)も3月になって暖かい日が2週間も続けば解けてなくなりましたが、雪解け後の路面は砂利や木の枝、ゴミ等が溜まっていて走りにくいしパンクの危険もあります。

あと、冬期は(3月も)、風ですね。北風に向かって山を目指すときのキツさは泣きそうになりますね。スピードは出ないし、煽られて危険だし、気力・体力が消耗します。なので、冬期に北や西に向かって走るときは、普段よりも2割くらい時間的な余裕をもって走行計画を練らないといけません。

最後に、体調、運動能力の話です。寒くなり始めた11月から調子がガクっと落ちたことははっきり自覚しています。ま、その前の9月、10月に走り過ぎたオーバーワークによって脚や全身に疲労が溜まっていたこともあるでしょう。

先ず、膝に痛みが出始めました。右膝は皿の前、左膝は内側です。これは、ペダリングやポジションの問題もあるでしょうけど、寒さで膝が冷えたことも原因であると考えています。なので、来期は早めにレッグウォーマーやサポーターの使用を考えたいと思います。

次に、鼻水です。冷たい空気を吸い込むと鼻の粘膜が刺激されて鼻水が出ますよね。この鼻水で呼吸が苦しくなって、坂を上るときの心肺がキツくなりますね。鼻炎薬も試しましたが、効果はありませんでした。で、先週からですが、暖かくなった途端に鼻水が出なくなり、息が楽になりました。これが調子の良さにもつながっているのかな?と思います。ま、来期も同じことが起きるでしょうから、鼻水はどうしようもないのかな?

で、冬場の調子の悪さ?は、膝痛や鼻水だけが原因ではないと思うのですが、それが何なのかがよく分かりません。なんていうのかな、パワー、エネルギーが出ない感じですね。やはり寒いと運動能力が落ち、暖かくなると身体が動きやすくなるのでしょうか?
そういう意味でも、冬場はトレーニング、基礎体力作りという認識で走行した方が良いのかもしれませんね。ヒルクライムでタイムを競うような走り方は冬場にやる意味がなく、地道にペダリングやフォームの改善を図るようにするのが良いということですかねー

あと、来期の冬にやりたいと考えているのが、シクロクロスです。
そのためのCX車ですが、フレーム選定、コンポ、パーツ集めをぼちぼちやって、次の秋〜冬までに組み上げたいと考えています。
CX車だったら、積雪や泥の路面でもいけそうですし(凍結は怖いけど)、登山道のようなところも上って行けるようなので、楽しみながらできるトレーニングとして取り入れたい(そもそもCXの発祥理由ですね)と考えています。

以上、次の冬が来る頃に今日の記事を見て自分が何を考えるか分かりませんが、近い将来の自分に向けた備忘記事でした。

よろしければ↓ポチッと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

快適:走行記録とTLタイヤのエアチェック&レビュ

こんばんわー
昨日は飲み会があって更新はお休みしました。
今朝は8時半に起きましたが、二日酔いで全身がダルかったので、走りに行くのを迷いましたが、走りに行って正解。汗をかいてアルコールも抜け、ダルさが心地よい疲労感に変わりました。

さて、暖かい日が続いて春本番という自転車乗りにとっては最高の季節になりました。
今日、春分の日を過ぎると益々日が長くなり、ロングライドにも最適な状況が整うことになりますねー

本日の走行記録の前に、先ずは、日曜(3/17)に装着したチューブレス(TL)タイヤFUSION3のエアチェック(空気圧のチェックね)の報告。
3/17(日)15:00  8.2Bar (装着直後)
3/18(月)20:00  7.5Bar (一日経過後)
3/19(火)26:00  7.0Bar (二日半経過後)
3/20(水) 8:00  6.8Bar (三日弱経過後)
うーん、順調に?下がってきていますねー、3日で1.4Bar(17%ほど)下がりました。
場合によってはシーラント注入も検討します。(単に、嵌める練習をしたいってのもあります)

ただ、最初が8.2Barと高圧からのスタートであるのと、まだビードがリムに馴染んでないであろうこと、を考えると、この測定値だけでエア漏れが酷い、と判断するのは早計かと思います。
20130320_tire.jpg
なので、実際の使用域(6.5〜7.5Bar)での漏れと、実走前後での減圧具合も調べてみることにしました。
今日の走行前に7.5Barまで入れて、前後での変化を見ました。
3/20(水) 9:30  走行前 7.48Bar 
    →14:40 91km、4時間40分走行後 7.41Bar (-0.07Bar)
    →18:00 走行後3時間半放置 7.26Bar (走行前-0.22Bar)
走行直後にあまり下がっていないのは、走行による熱の影響だと思います。フロントのPRO4は逆に圧が上がってましたから。
でもまぁ、1日の走行であれば大丈夫そうですね。このくらいの圧低下は全く気付きませんしね
てことで、また明日、明後日と放置して測定してみます。

では、本日の走行記録いきますー
二日酔いでダラダラしててもしょーがないので、9時半前から準備して9時50分にスタート。
さて何処に行こうかなぁ〜?、やはり山でしょっ!ってことで飯能方面に向かいます。
今日はいつもの青梅街道〜岩蔵街道ではなく、狭山湖の北側K179を通って八高線に沿って北に曲がり、金子を通って飯能に
その後、飯能・名栗線で原市場まで行き、小瀬戸の交差点を右折して天覚山に上ります。

今日は雲は多かったものの暖かくて身体が軽く、脚もよく回りますね
原市場側の天覚山は、距離1.5km、平均勾配9%程度ですが、ラップは7分53秒(平均速度11.7km/h)で、前回2/17よりも50秒短縮することができました。うん、やはり調子がいい

そのまま東吾野に下って駅前で赤コーラ補給。
次は何処にいこうかと考え、奥武蔵GLや鎌北湖に行くのも有りかな?と思ったものの、今日は夕方に用事があるのであまり遠くまで行くのは避けよう、ってことで、天覚山を上り返して竹寺方面に行くことにしました。
東吾野側の天覚山は、距離2.2km、平均勾配6.7%程度で、ラップは10分15秒(平均速度12.9km/h)でした。まぁまぁかなー?

その後、竹寺・子の権現方面に向かって緩やかな勾配を上っていきます。
その途中にあった枝垂桜と記念撮影。
20130320_sakura1.jpg
ま、写真のセンスとデキはご容赦くださいー

その先で子の権現方面が右、竹寺方面が左となる分岐が現れ、これを左に行くと林道原市場・名栗線となり、名栗に出ることができます。
この林道を上っていくと、竹寺方面との分岐が現れ、右に行くと竹寺で行き止まりとなるので、左の名栗方面に曲がります。
20130320_takedera.jpg

この林道原市場・名栗線は、ダラダラと比較的緩い勾配の上りが続きますね。勾配が緩いのでたいして上っていないのかと思っていましたが、帰ってから確認すると標高450mまで上るんですね。原市場からの距離が10kmほどで、300mくらい上り、中藤の交差点(三叉路)からは、5.5kmで5%ほどの登坂になります。ピーク付近の2kmは勾配7%を超えますから、それなりに負荷のかかる峠ですね。

林道原市場・名栗線を抜けて名栗湖の直ぐそばに下りてきたら、飯能方面に曲がり、小沢峠を上ることにします。小沢峠に名栗側から上るのは、実はあまり好きではありません。ここは距離1.3kmで平均勾配9.2%ほどと、距離は短いのですが勾配がキツく、過去に上ったときの苦しかったイメージが残っているのだと思います。
で、今日のラップは、7分53秒(距離1.58km、平均速度12.0km/h)でした。9%の峠を12km/hで上れたのは私的には良い結果だと思います。やはり今日は調子がいい?
20130320_ozawatoge.jpg

小沢峠を越えたら、成木に下ってから東京バーディGCの坂を超え、小曽木から岩蔵街道に入って青梅街道を通って帰ってきました。帰宅14時30分、4時間40分の旅でした。

本日の走行ルート(ルートラボより)


本日(2013.03.20)の走行記録
走行距離:91.66km
走行時間:4時間09分
平均速度:22.0km/h
最高速度:60.9km/h
獲得標高:1100m(ルートラボより)

以上、今日は1100mの標高を獲得できたことで、3月の累積獲得標高が9950mになりました。今月はあと4回も走れますから(1回は彩湖グルグル練ですが)、月目標の1万mはほぼ確実に達成できそうな感じです。

チューブレスタイヤ、Hutchinson Fusion3(リアのみ)の感想です。
はっきり言って分かりませんっ!
空気圧を7.5Barにしたのがちょっと高かったのか、若干跳ねるような感じはありました。なので、リアからの振動は結構感じましたね
かかりの良さについては全く分かりませんが、上りでは軽く感じて回すことができました。しかし、これは、4日前の奥多摩3000を激重ホイールで上った感覚との比較ですから、ホイールをアルテに戻したことによる軽さを感じたのかもしれませんねー
巡行時の転がりの良さについては、うーん、まぁまぁ巡行速度(30km/h程度)は維持しやすかったとは思いますが、それほど劇的に巡航速度が上がるようなことはありませんねー
ま、でもネガティブな印象はありませんでしたので、彩湖グルグル練でも試してみて再度評価したいと思います。

↓ポチッと応援をよろしくお願いしますー
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

感動:ミラノ〜サンレモ、選手達は頑張った

こんばんわー
今日は嵐のような風が吹いてますね
昨晩は、ミラノ〜サンレモをTV観戦し、レース終了が2時になってしまったため、寝不足です。今日の昼間は眠くて仕事になりませんでしたねー

で、今日から通勤電車のダイヤが変わったのもありますが、乗り入れの関係から人の数と流れが大きく変わりました。はい、副都心線に東横線が乗り入れてきたんです(私側の立場から見てます)。
渋谷までの車内も多少混むようになりましたが、何と言っても渋谷駅のホームと、ホーム(地下5階)から地上のバス乗り場までの混雑で乗り換えに時間が掛かってしまいます。うーん、これまでラッシュとは無縁だったので、すごいストレスですねー

ま、今は変わったばかりだし、期末で定期がそのままの人がほとんどでしょうから、4月以降になれば落ち着いてくるでしょう。でも新年度は混むから、特に渋谷は学生も多いし、GW明けまでは我慢しないといけないのかなぁ〜?ハぁ、、、

さて、ミラノ〜サンレモのTV観戦記録です。
20130317_milan_san_remo.jpg

いやー、いろいろあったレース(中継)でした。

先ず、22時半の中継開始時点でレースが中断しているとのこと。雪のためにトゥルキーノの峠越えがキャンセルになり、チームバス等で移動してるので、再スタートは日本時間の23時間の予定、とのことでした。
でも、レース再開までの間にティレーノ・アドレアティコのハイライトを流してくれたので、よかったです。

で、23時にレース再開してからも天候不良のためか現地映像がブツブツ切れ、ついに届かなくなって、20〜30分?コース紹介ビデオのリフレイン。ま、解説陣の話を聞きながらネット徘徊してましたけどね
やっと映像が回復したのが残り60kmくらい?既に日を跨いでましたか?で、今朝ネットで知ったんですが、この間にも1つの丘がキャンセルになってたようですね。結局、298kmのコースが53km短縮されて245kmになってしまいました。
20130317_milan_san_remo_profile.jpg

で、時間も1時になろうとして翌日への影響もありますが、しかし、ミラノ〜サンレモの見所、勝負所は、ゴール手前の20kmです。
なので、ここで寝るわけにはいきませんし、録画を後で観るのも悔しいですから、最後まで見届ける覚悟を決めました。ってか、時間が押した分だけアルコール摂取量も増えたため、ハイテンションで寝る気などサラサラなかった、というのが本当のところですがー内緒です。

てことで、最後まで観ましたが、結果はネット等でご確認ください。
私的には、サガンは、結果はともかく期待通りの走りをしてくれたと思います。
カンチェは、悔しいけど、あの展開じゃぁしょーがない。でも、シッティングのままでサガンと遜色ないスプリントを見せてくれましたねー!まぁダンシングが下手だし、シッティングの方が速いっていうならしょーがない、、って、フツー有り得ないことなんですけどねっ!
あと、最後まで集団にカヴが残ってたことに驚きましたね。昨年は坂が上れず早々に脱落したんですが、トゥルキーノ峠がキャンセルされたことで最後まで残れたのでしょうか?

以上、ミラノ〜サンレモのTV観戦レポート?でした。
いやーしかし、後から中断前に雪の中を走ってる映像や写真を見ましたが、信じられない程に過酷な状況の中、選手は走ってたんですねー。ヘルメットやフレームにツララができるとか、、、ボーネンが抗議の意味で棄権した気持ちも分からなくありません。

でも、ほとんどの選手は再開後も、気温0度の冷たい雨の中を走り続け、結果的に135人が完走しました。一方、65人もの選手がリタイアに追い込まれました。1/3がリタイヤするんですから、いかに過酷なレースだったかが分かります。いやーロードレーサーの忍耐力、精神力を改めて実感させられました。

また、カンチェがインタビューで言った言葉「チオレックが勝利したけど、今日は走った選手全員がヒーローだ」
正にこのレースを一言で表現した(カンチェの気持ちも表れてる)言葉だと思います。
ま、私が言うのもなんですが、選手の皆さんお疲れ様でした、感動させてもらいました、ありがとう。

よろしければ本ブログも↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

嵌った:チューブレスタイヤに換装(リアのみ)

こんにちわー
今日は、スポークが折れて先週ショップに入院したホイールの修理が完了したって連絡があったので、午前中に取りに行くついでに買い物などをしていたら昼過ぎになってしまいました。
昨日のライドの影響で脚に疲れが残っているので、回復走に行こうかとも考えていたのですが、午後になると風が強くなってきたので、走りに行く気力がなくなってしまいました。うん、休足日です。

また、今日の夜はミラノ〜サンレモの中継がJ-SPORTSでありますし、F1も開幕しましたので、これからツールまでの4ヶ月程はTV観戦が忙しくなります。
ミラノ〜サンレモは、やはりペーター・サガンが優勝候補No.1との下馬評のようですが、天候が悪いようなので、どんなレース展開になるのでしょう?いやぁ〜楽しみですー

さて、今日は走りに行かないことにしましたので、戻ってきたホイールにチューブレスタイヤ(先日wiggleで購入したHutchinsonのFusion3)を装着してみました。
先ずは、スポークを修理したリアホイールです。
20130317_spoke.jpg
中央のフランジから飛び出しているのが交換したスポークの根元です。完組時のスポークの根元は飛び出していないので、交換用とは構造が違っているのでしょうか?修理費用は、工賃込み(お得意様割引あり)で1500円ほどでした(自分じゃ修理・テンション調整できないから、まぁ安いかな?)。

では、Fusion3を嵌めてみたいと思います。
午前中の買い物時に100円ショップに寄り、石鹸水用のスプレー容器(アトマイザー)とシーラント注入用の注射器(コスメティックシリマー)を買ってきました。あ、でもシーラントは、使いたくないので購入してないんですけどねー

また、先ずは石鹸水も使わずに嵌められないか試してみることにします。
WH-6700に付属してきたチューブレス用のバルブを装着してから、タイヤをリムに入れていきます。ビードをリムの溝に落とし込み、タイヤをモミモミしながら引っ張り、手でビードを嵌めていきますが、残り20cmくらいまでが限界です。
20130317_fusion1.jpg

そこで、手には滑り止め兼皮膚保護用のグローブ(こちらの記事参照)をして、タイヤを捻り込んでいきますが、ビクともしませんねー
そこで、先日購入したIRCのタイヤレバーの登場です。2本を使って、両サイドから攻めていきますが、なかなか上手く両手が使えません。仕方ないので、片側からちょっとずつレバーで嵌めていくと、オっ?!なんかいい感じで嵌っていきます。残り10cmくらいになるとパコって入りました。
20130317_fusion2.jpg
うーん、ビードに傷が付いていなければ良いのですが、、、

次の関門は、エアが入るかとビードが上がるかどうかです。
見たところ、ビードとリムの間に隙間があいているように見えるので、タイヤをモミモミして全体に真っ直ぐになるようにします。バルブ根元の気密材にビードが乗り上げていないかも確認しました。

そして、フロアポンプでエアを入れてみますが、シューシューいうだけで全く入っていきません。完全に抜けています。タイヤモミモミとポンプシュコシュコを何度か繰り返しますが、一向に入る気配がありません。
そこで、バルブ根元の気密材とビードとの関係を再確認すると、一見、気密材とリムとの間にビードが入っているように見えていたのですが、よく見ると乗り上げてました。うーん、分かりにくい、、、

で、気密材とリムとの間にビードを落とし込んで、再度エアを入れてみると、先程までよりも手応えがあり、ポンプのメーターが上がり始めます。が、どこからか抜けています。やはり、ビードとリムの間に隙間があるようです。

しかし、ある程度エア圧を上げてしまえばビードがリムに密着するんじゃないかと思い、エアが抜けるよりも早く注入すべく全力・全速でポンピングです。おぉ〜っ!入っていくゾーっ!
そこで気を抜いてはいけません。一気に圧を上げて8気圧まで入れました。すると、いつの間にかビードも上がっていました。エアが抜けている気配もありません。フぅ〜〜、完了。

エア圧としては、とりあえず抜けの状況を見るために8気圧程度に調整します。
20130317_fusion3.jpg
エアゲージで確認すると、8.2Barになっていますので、このまま放置してみましょう。明日から毎日チェックしてみますねー

次に、スプロケを取り付けて、セクターに装着してみました。
装着後にホイールの振れを確認しますが、うん、大丈夫そうです。
20130317_sectuer.jpg
リアのみHutchinson Fusion3に交換しました。フロントは、MICHELAN PRO4 SCのままです。
おかしいですか?
ま、色的にどーなんだ?ってご意見はあろうかと思いますが、気にしません。
走っていれば関係ありませんから、しばらくこのまま使ってみようと思います。

以上、とりあえず大きな苦労なくチューブレスタイヤを装着することができました。PRO4で苦労した経験が多少は生かされたでしょうか?
しかし、エア注入に関しては、外出先でパンクしたら携帯ポンプでは不可能じゃないかと思います。CO2インフレータならいけるかもしれませんが、CO2がブシューって一気に抜けたりしたらショックでしょうからねぇ、、、なので、パンクの場合には潔くチューブを入れようと考えています。シーラントは、ベタベタになるので却下。
さてさて、乗り心地や走行性能、それ以前にエア漏れはどうなんでしょうか?
また報告しますね。

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

達成:奥多摩3000はキツかったぁ〜

こんばんわー
今日は、先週メカトラ(スポーク折れ)によって断念した奥多摩3000のリベンジに行ってきました。
とても良い天気でしたねー。暑くなく寒くなく風も比較的穏やかでとても気持ちよく走ることができました。

今日は、24WEさんにご一緒いただきました。24WEさんは、SR認定の持ち主で、今年もBRM210千葉200房総クラシックを9時間半程で完走されている方です。そして、今日、24WEさんはRIDREYのCX車で参戦。4月まではロード(こちらもRIDREY)は封印してCXでトレーニングとのことです。いやー凄いです、32Cのボコボコタイヤで3000mを上ろうという余裕?私にはとても真似できません。

では、本日の走行記録です。
5時に目が覚め、ゆっくり準備して6時半に出発します。今日は先週と同じタイムスケジュール、ルートをなぞることにしていました。なので、道の駅「たばやま」までの行程は簡単に書きます。先週の記事を参照して下さい。
羽村から武蔵五日市を通過し、待ち合わせ場所である戸倉のセブンイレブンに8時15分頃に到着(集合は8時半)。
すでに24WEさんは到着されてました。近くまで車載で来られたようです。

8時半過ぎにスタートし、檜原村役場前の交差点を8時50分に通過し、ラップ計測開始します。
途中、数馬へリポートにヘリコプターが着陸するのに出くわし、止められます。間近でヘリが着陸するところを見学することがでいました。
20130316_heri.jpg
その後、24WEさんが先行し、どんどん上っていきますが、着いて行くのがキツいです。旧ゲートのところで24WEさんがジャケットを脱ぐために一旦停止したので、私はそのまま走行を続けて先行し、抜かれないようにがんばって都民の森到着(10時丁度)。役場前からのラップは、1時間08分03秒(20.69km、平均速度18.2km/h)でした。先週よりも3分以上短縮することができましたが、1時間を切るのはまだまだですねー

都民の森でしばし休憩後、風張峠を越えて奥多摩湖側に下り、丹波山村に向かって、道の駅「たばやま」に11時20分到着。先週と全く同じ時間です。
今日は、ちゃんとした食事を摂ることにしました。鹿ソーセージカレーと迷い、選んだのは「丹波鹿肉カレー」です。1.5人前に惹かれました。
20130316_sika-carry.jpg
鹿肉が入っていますが、鹿の味はよく分かりません。カレーの味は、学食カレーでした。

食後すぐ12時丁度に再スタートします。今日はスポークが折れることはありませんでした。
道の駅からすぐに今川峠の上りが始まりますが、ここの上り口は「村営ローラー滑り台」横の激坂から始まります。24WEさんのガーミンでは15%が表示されたようですが、体感的には20%くらいありそうな感じです。距離は短いので大丈夫なんですけどねー
その後、6〜9%くらいの勾配が続き、ピーク直前に10%超が出てきますが、登坂距離4.5km、平均勾配7%程度ですから、難易度としては中程度の峠でしょうか?
20130316_imagawatouge.jpg
ここのピークには標識も何もなく、しょーがないから小菅村側の杉並木を撮りました。

すぐに下って小菅村を通過し、大月に抜ける松姫峠との分岐を上野原方面の鶴峠に向かいます。
鶴峠の前に小さな峠を越えてから、鶴峠の本体が始まりますが、ここは斜度がキツいです。本体の距離は1.8kmほどしかないのですが、平均勾配10%超で、九十九折れのコーナーを曲がってもずっと斜度が変わらずに続くので、心が折られそうになります。
しかも、今日3つ目の峠ですから、すでに脚が終わりかけています。心肺はMaxまで行かないのですが、脚に力が入らなくなってきています。
しかし、なんとかかんとかピークに到着。
20130316_turutouge.jpg
ここも標識がありません。直ぐ近くにあったバス停と記念撮影しました。

ここから上野原方面にダラダラ下りで25kmほどあります。まー下り基調ですから快調に飛ばして進めますが、急に小さなコーナーが出てきたりするのでスピードには注意する必要がありますね。
上野原に入ってから、甲武トンネル方面に一旦曲がってからUターンするような形で藤野方面に上っていきます。ここも結構な上りと下りが連続するところで、2つのゴルフ場を通り過ぎたら(そうです、昨年10/14にtake-iさんの心を折ったアップダウンです。→こちらの記事参照)、藤野側の和田峠上り口はもうすぐです。

上り口に行く前に、ヤマザキのお店で休憩します。私は赤コーラ補給。
ここまで来たらあとは和田峠1本だけなのですが、24WEさんも私も脚に相当の疲労が溜まっています。なので、長めに休憩し、ブルベの話とかいろいろ伺うことができました。
で、14時40分頃に再スタートし、すぐに和田峠の上り口(藤野からの三叉路)に到着、そのまま上り始めます。
24WEさんはゆっくり上るということでしたので、私が先行しますが、いやぁ〜脚が重い重い、、、
12%の直線上りや13%のところは、脚が止まりそうになりますが、我慢して凌ぎます。13%のところで1人のローディが押し歩いていたので、挨拶して抜きました。

なんとかかんとか和田峠ゴールです。三叉路からのラップは、36分56秒(距離6.0km、平均速度9.7km/h)でした。2/9のときよりも40秒短縮することができました。
20130316_wadatouge.jpg
ピークで一服していると、先程のローディが上ってきました。アベさんと仰る年配の方で、今日は武蔵五日市から檜原、奥多摩、甲武トンネルを越えて和田峠に上ってきたそうです。ご本人は、上れないから、と仰ってましたが、ルートを聞くと結構ハードなところを走ってきたみたいですねー
アベさんとお話ししている間に24WEさんも到着。しばし3人でお話しし、アベさんも武蔵五日市まで車載で来ているということで、24WEさんと一緒に帰ることに

で、15時45分に下り始め、陣場街道の下り基調を軽快に走って、川原宿の交差点でお二人とお別れです。
24WEさん、今日はお付き合いいただきありがとうございました。冬の間、あまり坂を上っていなかったとのことで、いきなり無茶な企画でご無理をさせてしまいましたが、これに懲りずに、またご一緒いただけると嬉しいです。
お二人と別れた私は、陣場街道を八王子に向かい、八王子手前のファミマで最後の休憩をして、アイスと水を補給。
16時半過ぎに再スタートし、八王子から日野、立川を抜けて府中街道で帰ってきました。18時ジャストに帰宅。11時間30分の旅でした。

本日(2013.03.16)の走行記録
走行距離:177.48km
走行時間:8時間34分
平均速度:20.7km/h
最高速度:63.7km/h(また記録更新しました)
獲得標高:3050m

以上、とにかく奥多摩3000を達成することができました。よかったです。
標高3050mを獲得することができたのもですが、いいペースで走行できたことも満足です。実走行の平均速度が20km/hを超えたし、休憩込みの平均速度も15.4km/hでした。昨日の記事では、もっと早い平均速度を目標にしていましたが、それは現実的ではありませんでしたね。3000m上る場合は、20/15km/hを目安に今後の走行計画を立てたいと思います。

また、今日は24WEさんにご一緒いただいたことも良いペースが維持できた要因だと思います。
やはり速い人と一緒に走ると気合いも入りますし、変な気を使わなくて良いので気楽ですし、安心して自分の走りに集中できます。そして、なんといっても良いペースで気分よく走れるので、その分疲労も少なくて済む気がしますね。
ま、逆に言うと、私の場合は、まだまだ我が我が、と自分のことばかりに囚われた走りになっている青二才ということなんですけど、、、ま、しばらくご容赦ください。
いずれの日にか大人の走りを身につけたいと思います。

さ、今日の走行で今月の累積獲得標高が8850mになりましたので、あと1000mちょっとで月目標の1万mです。あと1回か2回で達成できそうです。
しかし、今日のようなライドを毎月1回ってのは、正直厳しいなぁ〜、というのが今の実感です。
ま、でも頑張りますっ!

↓ポチッと応援していただけると頑張るモチベーションが上がります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

明日は:奥多摩3000リベンジだっ!!

こんばんわー

さて、明日は予告の通り、先週メカトラで途中棄権した奥多摩3000のリベンジに行く予定です。
そこで嬉しいお知らせが!24WEさんから参戦表明をいただきました。やはり一人よりも複数人で走る方が楽しいですからねー

しかも24WEさんは、上りも平地も私よりも速いから、よいペースで走れるんじゃないかと期待しています。一人だとどーしてもダレる区間がありますからねー
作戦はズバリ「24WEさんに着いていくっ」です。
この作戦で実走行の平均速度22km/h、休憩込みの平均時速18km/hを達成できるんじゃないかなー?と目論んでいます。

ルートは前回と全く同じで、時間もだいたい同じになるように出発します。


24WEさんとは、8時半に武蔵五日市の先、檜原街道 戸倉のセブンイレブンで8時半に待ち合わせることにしました。
そこから檜原街道を走って奥多摩周遊道路(都民の森)、奥多摩湖から丹波山へ向かい、道の駅「たばやま」で休憩。その後、今川峠、鶴峠を越え、上野原を通って裏から和田峠を越え、陣場街道で八王子に戻ってくるルートです。八王子には、遅くとも16時頃には戻って来られると考えています。
(一部の方々から時間設定の誤差が大きい、って言われてますが、私の設定の正しさを証明してみせます)

こんなルートでよろしければ、一緒に走りませんか?飛び入りの途中参加、途中離脱もOKですので、我々を見かけられた方は声を掛けていただければ、嬉しいです。

応援の↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

歩行記録:飲み会の後にはトレーニング

こんばんわー
昨日は飲み会で更新できませんでしたが、今日も寝不足と飲み疲れで頭が働いておらず、ネタが思い付きませんー

昨夜は、終電の1本前の電車に乗ったのですが、座ったのがマズかった。案の定、寝てしまい、目が覚めたら一駅乗り過ごし、そこでも降りられず、二駅先まで行ってしまいました。その時点で1時過ぎ

ま、タクシーに乗れば15分くらいで帰れるや、と思ったものの、10人以上並んでいて、車も来る気配があまりありません。雨は降ってなかったんですが、風があって気温も下がってきていたので、並んで待つ気が吹っ飛びました。

で、ウチの方角に向かって歩き始めました。
まー自転車で走り回ってるエリアなので迷うことはありません。前から空車も来ますが、歩きだしたらもぉ乗る気はありません。
途中のコンビニでトイレを借りて、ホットカフェオレを補給し、ぐんぐん歩いて、帰宅したのが2時過ぎ

あ、奥さん起きてましたか、、、
余りもののサンドイッチを食べてビールを飲んでから寝ました。

この日(2013.03.13)の歩行記録
歩行距離:4.2km(アレ?以外と近かった)
歩行時間:50分
平均速度:5.1km/h
最高速度:不明
獲得標高:上り1m、下り14m(ルートラボより)

以上、図らずも細マッチョに向けてのウォーキングトレーニングをすることができました。
ま、乗り過ごして歩いて帰って来るのは過去に何度もやってますから、別に記事にするほどのことでもないですが、ネタ切れにつき苦し紛れってことで、ご容赦ください。

さー、あと明日を乗り切れば休みですよーっ!今週末は、先週のリベンジで奥多摩3000やりますよっ!!
よろしければ↓ポチっと応援をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

脚質?:理想はクライマー脚なんだけど

おはようございます
今日は飲み会があるので、夜は更新できそうもないため、朝の更新。
ティレーノはニーバリが総合優勝しましたねー。見事な逆転勝利でした。
しかし、プリト(ホアキン・ロドリゲス)は相変わらずTTが弱いですねぇ

で、ロードレースを観てると、脚質について考えさせられます。
なので、自分の脚質について、少々考察を

しかし、最初に断っておきますが、当然、素人が趣味で乗ってるだけですから、脚質なんてものは、まーほとんど関係ない。ってことは百も承知の上でのお話です。
また、脚質っていっても、脚の筋肉の質だけじゃなく、全身の筋肉、骨格、柔軟性、心肺や内臓の強さ、持久力等々、、様々な身体的機能、能力を総合し、それらを相対的に分類しただけのものであることも分かっているつもりです。

っか、結果論的にスプリントに強い選手の脚質をスプリンター脚、坂に強い選手の脚質をクライマー脚、って呼んでるだけじゃないの?科学的にちゃんと検証できてんの?とも思うわけですがー

まー厳密な話はそれとして、単なる趣味として自転車に乗っているだけとはいえ、いや、趣味だからこそなのかもしれませんが、そーゆーキャッチーな言葉である「なんとか脚」に反応してしまい、じゃぁ自分は?とか考えちゃうんでしょうかねー

で、恥ずかしげもなく言わせていただくとー、私自身の理想とする(なりたい)脚質は、
ずばり「クライマー脚」ですっ!
キャーっ言っちゃったぁ〜恥ずかしぃ〜!

ま、あくまで理想というだけでー
現実的にクライマーと呼ばれる人達のように軽々と(本人は軽々じゃないんでしょうが)激坂を上ったり、坂の途中からでも加速してアタックしたり、そんなことが自分にできるようになるとは思ってません(なりたいとは夢に見ていますが)

では、自分なりに実現できそうなクライマー脚とはどのような姿なのか?うーん、具体的なイメージがまだありません。
ただ、今現在の嗜好(志向)でいうと、スピード(登坂タイム)や斜度(激坂)を高めるよりも、やはり高度(獲得標高)に興味がありますね。ま、地道に上ってれば高度は稼げますからねー

じゃあ「地道に高度を稼ぐだけのクライマー」って、有りなんでしょうか?それをクライマーって呼んでいいのか?
はい、いいんです。
本来、登山家=クライマーですから、スピードや斜度は関係ないんです。(斜度を競うのは、ロッククライマーですね。スピードは?)

そんな「地道に高度を稼ぐだけのクライマー」のために必要な条件を考えてみます
先ず、体格、体形、体重は大事です。見た目がアレだと脚質以前にクライマーとは認められません(←これ絶対)。
でも体格(身長など)は今さらどーしょーもないから、体形と体重をなんとかしないといけませんね。目指せ細マッチョっ!体脂肪率一桁っ!です。

次に、やはり脚力(筋力、パワー、持久力)と、脚力を支えるための心肺能力が必要ですね。でも、スピードや斜度は求めないので、体力面はそれなりで大丈夫(←単に自分に甘いだけですが)。といっても効率よく高度を稼ぐためには、ある程度のスピードも必要ですから、徐々に鍛えていきます。

また、テクニックと機材、あと何と言っも時間が必要です。前の二つはともかく、時間に関しては、自分一人の問題じゃなく家庭や仕事とのバランスも関わってきますから、なんとかやりくりしていくしかないですねー

以上、だんだん話にまとまりがなくなってきましたし、脚質の話からずれてきた感もあるので、この辺で終わりにしますが、私のイメージするクライマー脚について、少しでもお伝えできたら幸いです(←別に誰かに伝えなくても、勝手にやってろっ!て話ですが)。

↓応援のポチッとしてもらえると感謝感激です。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

やはり:サガンは強いなぁ(ティレーノ)

おはようございますー
昨日は更新をお休みしたので、朝の更新です。
今日は、銀行に寄ってから出勤するので、ゆっくりー

銀行は車関係の件。なんとか間に合いそうです。デビさんの情報があったので、早めに動いて正解でした。デビさん、ありがとうございましたー
あと、ショップに入院したホイールですが、連絡ありまして、パーツ(スポーク)取り寄せ→取り付けで1週間程度で直るとのことでした。

さて、昨夜はティレーノ~アドリアーティコの第6ステージをネットのLIVEストリーミングで観てました。
山岳ステージではないものの、アップダウンありのコースで、ゴール前は激坂を含んだ周回(3周)コースでした。クラシックレースのようなレイアウトですね。
逃げにはカンチェなども入っていて、面白い展開だったのですが、周回の激坂で遅れてしまいました。残念

しかし、あの激坂はすごい。27%の「壁」と呼ばれる坂で、プロが押し歩きしてたり、ジグザグに上ってたり、見てるだけでキツそうなのが分かりました。
で、最後の激坂前に逃げを吸収し、集団もばらけた状態で「壁」に突入しましたが、ニーバリがアタック。これにサガンが着いて行きます。さらに後方からプリトが一気に追い上げてきて、「壁」を越えた時点で追走(ここにコンタがいた)に20秒程の差を付け、集団(総合首位のフルームがいた)にも50秒程の差を付けていました。

その後、下りが得意なニーバリが抜け出すかと思いましたが、サガンとプリトが着いて行って後方との差を広げていきました。この展開になったらゴール前スプリントでサガンが圧倒的に有利だろうと思っていたら、その通りになりましたが、昨年チームメイトのニーバリと合意ができていたのでしょう。ステージ優勝はサガンがとって、総合をニーバリがとる、ということで協調体制ができていたため、後方を引き離せたのかな?と

いやぁでも、あの激坂をニーバリとプリトと同等に越えるとは、、、サガンはやはり強い。
昨日のステージのようなクラシックっぽいコースであの走りができるってことは、やっぱり春のクラシックでのサガンの活躍に期待してしまいますねー

てことで、今日は朝からロードレースの話でした。
よろしければ↓ポチッと応援をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

爆風再び:砂埃、花粉、木の枝に雨まで降ってきた

こんばんわー
今日は凄い日でしたねー
気温が25℃と暑くなる予報でしたが、風がこんなに凄いことになるとは予想外でした。
今日は、昨日の奥多摩3000DNFのリベンジ、てか、不完全燃焼のうっぷんを晴らすために山に走りに行ってきましたが、いやー大変でした。

朝9時前に起きて、先ずはリアホイール換装です。
セクター完成車に付いてきたMAVIC CPX22リムのホイールにしようかと思ったのですが、現在AMPIOに装着しているので、外すのが面倒。なので、AMPIOに付いてきたよく分からないホイールを着けることにしました。
スプロケ(12-27T)を取り付け、タイヤをPRO4に交換しました。持ってみると、明らかにULTEGRA WH-6700よりも重みがありますねー。ま、訓練、修行だと思って、しばらく使ってみます。

では、本日の走行記録です。
10時半に出発し、いつものように多摩湖の脇を抜けて青梅街道から岩蔵街道へ
向い風がハンパないです。西からの爆風です。先週の秩父ライドのときよりもキツいんじゃないですか?ヘタをすると15km/hを切るくらいまでスピードが落ちます。
しかも、砂埃が凄いっ!!畑(休耕地)の横を通るときは目が開けてられません><

たまらず約20km走ったところのコンビニで休憩です。
今日の装備は、暑そうだからということで半袖ジャージ1枚でいこうかと迷ったのですが、長袖のコンプレッションインナーの上に半袖ジャージ、半レーパン(レッグウォーマーなし)という格好にしました。
11時くらいの時点では、日差しが強く、とても暑い。予報の通りです。インナーを着てきたことを少し後悔しましたが、まー耐えられなければ脱げばいいやっ、てことでそのまま走ります。

で、いつものように東京バーディCCの坂を越えて成木から小沢峠を上ります。一応ラップも取りましたが14分オーバーでした。昨日の疲労が多少ある感じですねー
名栗に出てから、さて何処に行こう?出発時点では山伏・正丸峠に行くつもりでしたが、この風の中、名栗のダラダラ上りを走る気になりません。なので、山伏峠よりも手前にある天目指峠〜子の権現に上ることにしました。
その前に名栗のJA前公衆トイレで休憩。
20130310_naguri.jpg
交換したリアホイールですが、たいして違和感ないですねー

さて、少し行ったところを右折して天目指峠に上り始めます。
山に入ると風が穏やかになって気分は楽なんですが、天目指峠は路面が荒れ気味なのと、路面の色が黄緑?これって花粉ですよね?いやー凄いですねー。私は花粉症ではないですが、花粉症のウチの奥さんが見たら卒倒しそうな景色です。
今日は脚に疲労があるので控えめに踏みますが、右脚の付け根が若干痛みます。一方、先週までは鼻水に苦しめられていたのですが、暖かくなると鼻は快調です(花粉症の人、スミマセン)。
で、ピークに到着。ラップは16分51秒(距離2.6km、平均速度9.3km/h)。
20130310_amamezasu.jpg

この写真では分かりませんが、ピークでは風がゴぉ〜ゴぉ〜吹いて、写真左手の北側から砂埃、木の葉、枝などがバンバン飛んで来ていました。北斜面は、それまでとは全く世界が変わっていました。
この頃から風向きが北寄りに変わったのでしょうか?気温がグングン下がってきた気がしました。
なので、急いで天目指峠を北側(R299側)に下ります。ここも路面が荒れているのと、木の枝が散乱しているので、全くスピードが出せず、ダウンヒルの醍醐味ゼロです。さらに、路面の花粉が風で巻き上げられて煙っているので、息を吸うのがためらわれます。

で、西吾野に下り切るよりも手前に子の権現へ上る分岐があります。そのままノンストップでアタックです。子の権現の上りは、距離2.8kmちょっとで平均勾配10.6%、後半の1kmは12%超の激坂です。
また、ここは基本的に北斜面ですから、風が凄い。後ろから押してくれることもありますが、吹き下ろしてくると、もぉ最悪。砂埃と花粉が舞い上がるは、木の枝が降ってきて身体にバチバチ当るはで、心が折れそうになります。さらに路面は木の枝だらけで走りにくいし、もぉ〜ヒぃコラ言いながら5km/h台まで落ちつつ、なんとか足付きなしで上り切ることができました。いやーキツかったぁ〜っ!
20130310_konogongen.jpg

ここは風が冷たく長居できないので一服したら直ぐに下ります。
下りは、南側(原市場側)へ10/20に走ったルート(こちらの記事参照)を逆に下ります。
こちらは子の権現から100mほど超激坂があります。ヘアピンの内側だと30%超じゃないでしょうか?そこを下りますが、フルブレーキでゆっくり行っても怖いくらいの斜度があります。
その後はタラタラ下りですが、道が狭いのと荒れてるので、全く飛ばせません。
また、この頃から雨が落ちてきました。気温もグっと下がって寒いです。でも、インナーを着てきてよかったー。半袖ジャージだけだったらマズいことになっていたと思います。

途中、竹寺方面との分岐を過ぎたところから道幅が広がり、路面も良くなるので、速度を上げて一気に原市場まで下ってきます。で、小瀬戸交差点そばのコメリで休憩。ホットカフェラテを飲んで生き返りました。甘くてウマー
その後、再スタートしますが、今日はもう東都飯能CCの激坂に挑む脚が残っていないので、山王峠をゆるゆる越えて、岩蔵街道から青梅街道を走ります。ここは追い風のため楽に走ることができました。
帰宅が16時20分、5時間50分の旅でした。

本日の走行ルート(ルートラボより)


本日(2013.03.10)の走行記録
走行距離:97.06km
走行時間:4時間56分
平均速度:19.6km/h(遅いですが、風がね、、、)
最高速度:63.3km/h(過去最高更新です。下りですけどね)
獲得標高:1250m(ルートラボより)

以上、今日は1200mの標高を獲得できましたので、昨日と合わせると今週末で3200mです。なので、ま、奥多摩3000のプチリベンジになったかな?2日がかりですが、まぁ満足です。
また、山伏・正丸峠に行くよりも天目指峠〜子の権現の方が近いし標高が稼げますね。その分、勾配がキツいけど、気分を変えるには良いルートだと思います。ってか、ホームコースといいつつ山伏峠に全然行ってませんねー。来週は行ってみようっと

あと、ホイールですが、今日は風が強過ぎてWH-6700との差が何も分かりません。上りも重くなったことを感じることができませんでした。何を履いても同じってことでしょうか?
また、シートポストの交換による異音解消の件ですが、シートチューブ周りの異音はなくなりました。が、それまで隠れていたクランク、BB周りの小さな音が聞こえるようになってしまいました。キリがありません、、、

また、今日は暖かいという予報でしたが、やはり春は天気や気温が変わりやすいですから、装備は念のためのウィンブレ等を持っておいた方がいいと思いますね(←これは自分用の備忘)。

よろしければ↓ポチッと応援をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

メカトラ:奥多摩3000はDNFでした

こんばんわー
いやー今日は暑かったですね。昼前くらいからはジャージの前ジッパーを開けっ放しでしたよー
今日は獲得標高の年間目標10万mに向けての一歩である月一3000mとして、奥多摩3000にチャレンジしてきました。
ルートは、こちらの記事を参照ください。武蔵五日市から風張峠(奥多摩周遊道路)を越え、丹波山から今川峠〜鶴峠を通って上野原に抜け、最後に裏から和田峠を越えるルートです。
結果からいうと、メカトラブルにより途中で諦めて帰ってきました。

では、本日の走行記録です。
朝5時半に起床し、ご飯を食べて、6時40分に出発です。
今日は、気温が上がるといわれていたので、上は長袖ジャージとウィンブレ、下はレッグウォーマーと短レーパン、シューズカバーなしで指切りグローブの装備です。出発して直ぐは少し肌寒かったですが、30分も走れば暑くなってきました。でも、しばらくウィンブレは着たまま行くことにしました。

多摩湖の脇を抜けて青梅街道を走って箱根ケ崎から羽村方面に曲がり、羽村を越えて羽村大橋で多摩川を渡り、あきる野市から武蔵五日市へ
武蔵五日市のちょい手前(出発から30km)のコンビニで最初の休憩(8時15分)。羊羹とキットカットを補給し、ウィンブレを脱いで直ぐに再スタートします。
武蔵五日市から檜原街道に入り、淡々と走り、檜原村役場前交差点を左折し(40km、2時間)、ここからラップ計測開始。

ここからの檜原街道は上り勾配が徐々にキツくなり、アップダウンが繰り返すので結構脚にきます。まーでも、今日は先が長いのであまり踏み過ぎず、緩め過ぎず、適度な負荷を維持して淡々と上ります。
数馬の湯を過ぎて、奥多摩周遊道路の上り口(ゲートがあったところ)に到着(57km、9時40分)。
20130309_kazahari1.jpg
上の方に見える道に上りますよー(写真だと近く、低く見えますねぇ)

ここから都民の森までは3km程です。がんばって12km/hの速度を維持したいところですが、10〜11km/h台に落ちることもありつつ、都民の森に到着(10時ちょうど)。檜原村役場前からのラップは1時間11分20秒(距離20.65km、平均速度17.4km/h)でした。
ここでは小休止にとどめ、一服して羊羹を補給したら出発します。
そこからの勾配は緩くなるので、比較的楽に上って東京都の道路最高標高地点まで行き、記念撮影。
20130309_kazahari2.jpg

この辺りまで上ってくると道路脇には除雪された雪が残っていますが、路面には全く雪や凍結はありませんでした。やはりちゃんと整備されているみたいですね。
で、月夜見第一駐車場まできて奥多摩湖と記念撮影。
20130309_okutamako.jpg
ここからダウンヒルなのでウィンブレを着て10時40分に再スタート。
いやー、ここのダウンヒルは豪快に飛ばせるので楽しいっ!しかし、道路工事で片側通行のための信号があり、ちょっと残念。下り切ってから深山橋を渡って奥多摩湖の北側に渡り、ここを左折して丹波山方面へ

ここから丹波山への道はアップダウンがあって、結構キツい。深山橋から道の駅たばやままでは9kmちょっとですが、速度が10km/hを切るような上り区間もあるので、なにげに時間が掛かります。
少々疲れながら道の駅たばやまに到着(家から87km、11時20分)。ここまで、休憩込みの走行時間が4時間40分ですから、平均速度が18.6km/hです。まぁまぁのペースかな?
20130309_tabayama.jpg

ここで、大休止を取り昼食です。昼食といってもお土産屋さんで売ってる大きめの手作りまんじゅうとあんぱんです(あんこばっかり)。
で、30分休憩して11時50分に再スタート。次は、村営ローラーコースターの激坂から始まる今川峠と、その次の鶴峠の二連発ですから、さぁ〜っ上るゾっ!!と気合いを入れて出発です。

ところが、駐車場で走り出した途端、リアから「ピキーンっ!」という甲高い音が
ん?ギアが滑った?石でも跳ねた?と思ったんですが、リアブレーキがリムに擦って音がしています。
見るとホイールが振れ振れっ!何っ?!どこか壊れたっ!
よく見ると、スポークが1本プラプラしています。あー折れたっ!
20130309_spoke.jpg
分かりますか?上からの反フリー側の1本がハブフランジの根元から折れた、てかブチ切れてます。
そのままじゃブレーキに擦って走れないので、スポークテンションを調整して振れを取ろうとしましたが、とれませんね。
しょーがないので、リアブレーキのレリーズを開放して帰ることにしました。また、折れたスポークがプラプラしないように結束バンドで縛りました。

で、もう峠は上れないので、来た道を奥多摩湖に向かって戻り、奥多摩湖から真っ直ぐ帰ることにしました。
できるだけリアに荷重を掛けないようにしたいのですが、青梅街道のトンネル区間は後ろからの車が怖いのでスピードが落とせず、しかも路面にスピード抑制用の凹凸があるので、ガガガガっ!って振動が、、、いや怖かった。残りのスポークが切れたらもーダメですからねぇ
で、古里セブンから吉野街道に入り、青梅から奥多摩街道を走って、羽村から新青梅街道、青梅街道で帰ってきました。15時30分帰宅。8時間50分の旅でした。

本日(2013.03.09)の走行記録
走行距離:155.19km
走行時間:6時間48分
平均速度:22.8km/h
最高速度:60.4km/h
獲得標高:2020m(ルートラボより)

以上、獲得標高はなんとか2000mを超えました。よかった。
また、休憩込みの平均速度は17.6km/hでした。上りの距離比が1.3%だと、そんなもんですかね?

ホイールは、帰宅後すぐにスプロケとタイヤを外し、掃除してからショップに持ち込みました。修理にどれくらいの期間がかかるか分かりませんが、それまでは元々付いてきた激重ホイールを履かないといけません。ま、修行だと思ってがんばります。
これでチューブレスの導入も遅れてしまいました、、、

しかし、今日は不完全燃焼で終わってしまったので、明日も山に行きたいと思っています。
先月のパンク大魔王に続き、スポーク魔王まで降臨してしまった私に
応援の↓ポチっとしていただけるとトラブルから解放されるかも?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

J-SPORTS:放送あり!フランドルとジロ

こんばんわー
今日は朝から奥多摩3000にチャレンジしに行ってきました。
いやーしかし、今日は暑かったですねぇ〜。
走行記録は追ってアップします。

さて、先日「何っ?:フランドルとジロを放送しない?J-SPORTS」という記事をアップしましたが、今朝、J-SPORTSからのツイートで放送することが案内されました。
なので、先の記事に注記をつけました。

新たな放送スケジュールです。
20130309_j-spo.jpg

なにはともあれ、よかったです。
再契約したいと思います。
でも、(予定)とかでいいので、スケジュールに入れておいて欲しかったかな?

以上、取り急ぎ前記事の修正を含めてアップします。

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

交換:シートポスト交換で異音は完全解消するか?

こんばんわー
今日は、午前半休をとり、朝一で市役所に行って住民票と印鑑証明をもらってきました。ま、出張所でもらえるので往復15分程で済むから、半休とる必要もなかったんですがね
なので、余った時間でシートポスト交換をやっちゃいましょうー

こちらは交換前の状態。
20130308_sectuer1.jpg
シートポストはアルミでアルミ色そのもの。クランプは、元のを割っちゃったので以前交換した黒のもの。あ、後ろに写ってるのが買い替え予定のCOLTです。

ポストを抜いてサドルを外します。新旧ポストの比較です。
20130308_post.jpg
写真右の前のものは長さが350mmで、PRO XLTが300mmですから、若干の軽量化になったでしょうか(重量は計りませんでしたが)

次に、新ポストにサドルを取り付けて、ポストにグリスを塗ってシートチューブに挿入し、新クランプでフレームに仮止めします。サドルの高さ(今回は、760mm)、角度(略水平、ちょい前下がり?)、後退位置(だいぶ後ろ寄り)を調整して、クランプとサドル固定ボルトを本締めして、作業終了。
20130308_sectuer2.jpg

ポスト(サドル)の高さは、上から4本目の長い線がクランプ上面からちょい出るくらいで、サドル高が760mm(←これは備忘のため)
20130308_sadleH.jpg

サドル後退位置は、ポストの芯がサドルレールの目盛り5の付近で、サドル先端からブラケットまでが約680mm。
20130308_sadleD.jpg
このサドル位置は、SB値(0.96が平均値といわれてますね)にすると0.895だからブラケットは近いはずなんだけど、これ以上はあまりサドルを後退させられない(フレームが小さい?)。いやーてか、今の位置でもブラケットポジションで腕に荷重がかかってるので、これ以上遠くしたら腕、肩、腰に負担がかかりそうなので、今の位置で良しとしています。

以上のようにシートポスト&クランプを交換しましたが、これによって異音が完全に解消してくれればいいのですがねー
あ、あと1つ変更点がありました。これまでシートポストにチェーンロックを取り付けていたのですが、外しちゃいました。なんか利用頻度が少ないくせに、目立つ位置に付けてるのもアレだなぁ〜ってだけの理由です。別のロックを探すことにします。

で、明日は、早起きして奥多摩3000に行く予定です。
↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

荷物:届いたものはいろいろ

こんばんわ
今日もさらに暖かかったですねー。日曜は東京で23℃ですってー
こりゃ〜もぉ土日は思いっきり走りに行きたいですねー
今週末、3000m行っちゃおうかな?奥多摩3000がいいかな

さて、今日帰ってきたら直ぐにピンポぉ〜ンと宅配便がきました。
国内ネットショップに注文していたものが届いたようです。
はい、↓こちらです。
20130307_parts.jpg

HUTCHINSON リペアキット・ロードチューブレス
hut-repairkit.jpg

IRC チューブレス専用 タイヤレバー 2本×2
irc-tirereber.jpg

先日wiggleで購入したHUTCHINSON FUSION TLタイヤ用の補修キットとタイヤレバーです。タイヤレバーはIRCのものですが、複数の方のブログで、IRCのでも問題なく嵌められる、むしろ嵌めやすい、という情報をもとに購入しました。近々、履かせてみますので、レポートします。

PANARACER デュアルヘッドデジタルエアーゲージ
panaracer_gage.jpg

チューブレスタイヤは、エア漏れが問題になることがあるようなので、空気圧をこまめに測れるように購入。

PRO XLT A シートポスト 27.2-300mm
pro-xlt-27_300.jpg

FAR&NEAR シートクランプ ボルトタイプ 31.8mm
far_near-seatclamp.jpg

現シートポスト(セクター購入時のもの)とシートチューブとのガタ?摩擦?で異音が続いているため、ポストを換えてみることにしました。ついでにクランプも赤を購入。

以上の他にチューブ補修用パッチ(BBB製)も購入しました。
シートポストは、明日にでも交換して、週末に異音の検証をしてみます。
チューブレスタイヤは、週末の時間があるときに作業する予定です。

さてさて、何か変化を感じることができるでしょうか?ワクワク

よろしければ↓応援のポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

買っちゃった:そりゃ〜もぉ買うしかないでしょ

こんばんわ
今日も暖かかったですねー

今日は、自転車じゃなくて、自動車買い替えの件、中間報告。のつもりが、、、結果から言うと、買っちゃいました

昨日、今日で買取業者2社の出張査定を受けました。2社ともにTV CM流してるような大手の業者(R社とG社)です。
先ず、現車(COLT)を見てもらって、購入車の話を聞くという流れ。
現車は、今年で初期登録から10年で4月初めに車検が切れます。走行距離は3.4万K(うち、私は9年で1.2万Kしか走ってないwww)で、修復歴はないですが、ボディ数箇所にキズがあります。この条件で果して査定額が出るのか?てことでー

昨日来た業者(R社)です。
現車に関して、通常だと年数・状態でゼロ査定になるが、走行距離が少ないので気持ちだけ付けることが可能。この業者で買い替え車を購入することも込みにして、その下取り(値引き)分って感じですねー
次に次期車(軽バン)に関して、R社は、オークションで直接仕入れるため、一般の中古車屋よりも低い値付けが可能。来週か再来週のオークションで仕入れられれば、月内の納車も可能とのこと。
まーなんとか買い替えられそうな感じで話が進んだので、とりあえずホッとしました。

今日来た業者(G社)です。
19時に来るということで、普段より1時間程早めに帰宅したところ、19時丁度にやってきました。来たのは、若い女性の営業です。しかも、かわいい、ってかメチャメチャ奇麗な人です。後で聞いたら、まだ2年目とのこと。

現車を見てもらうのに30分以上かかり、うーん仕事が遅いな〜とか思いつつ待って、その後に購入の話。
G社は、買い取った車を再販するので、中間マージンがかからないから価格が抑えられるとのこと
で、持って来たパンフの説明も長いし、ノートPCのネット接続が遅くてなかなか候補車の話になりません。そうこうしているうちに20時になり、候補車としても1台くらいしかなさそうで、特に価格も安いとは感じなかったので、また探しておいてもらって〜、といって帰ってもらおうかと(この時点では、R社にしようと思い始めてました)

しかし、営業は帰ろうとしません、そこから価格の話が始まりました。R社と同じように現車の査定額はゼロですが、下取り値引きを検討しますっ!ってことで、店の上司と電話相談といって外に出て行き、戻ってきては、これくらいならどうですか?ってーのを3回くらい繰り返してるうちに21時になりました。
うーん若い娘に粘られると、オヂさんとしては、正直、まぁいいかなぁ〜って気になってきますねぇ〜
で、じゃぁこの価格でOKってなら、それで買うって言っちゃいましたよぉ〜

はい、買っちゃいました。以上。

何の車を買っちゃったかは、納車されたら報告しますが、結局、彼女が帰ったのは22時過ぎ、いやーよくがんばりますねー
ま、私的にも、早く次買い替えられた方がよかったので、良しとします。
しかし、ずっと2階で様子をうかがっていた奥さんに後で説明するのは、、、怖かった

よろしければ、↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

グルメ&坂:3/2の秩父ライド(後編)

こんばんわー
今日は暖かかったですね。明日はもっと暖かくて、週末も20℃。いやーいい感じですね〜

昨日の記事の続き、3/2(土)の秩父ライドの後編です。
ご一緒したのは、プチデビルさんぽじさんsepaさん、私の4人です。

さて、白石峠から堂平天文台に上って時間調整した3人(ぽじさん、sepaさん、私)、再び白石峠に戻ってきました。
そしたら、峠の休憩所から見覚えのある赤い人がこちらに手を振っています。そうです、デビさん登場です。
私が思っていたよりも早く到着していましたねー。出発時間を1時間も間違えて、単独で5時間近く90kmほど?の向かい風しかも爆風の中を走り、最後に白石峠も上って追いかけてくるのは、、、私なら途中で心が折れる自信100%ですが、何が悪魔を突き動かしているのでしょう?計り知れません

ま、ともかく4人揃いましたし、下ってきた3人は寒いので、とっとと定峰峠まで行っちゃいましょう!てことで下り始めますが、やはり現れました凍結路面。
20130302_siroisi.jpg
前回2/3(こちらの記事参照)の状態よりも凍結具合はマシになってるものの、前回は無かったところも凍結してるような感じで、全部溶けるまでしばらくかかりそうですね
あと、前回sepaさんが落としたサングラスを捜しながら下りましたが、残念ながら見つかりませんでした。

定峰峠で小休止した後は、一気に秩父まで下るダウンヒルです。前回は凍結状況に不安があったのでゆっくり下りましたが、今回は攻めてみることにして、途中でぽじさんの前に出て赤い悪魔を追いました。何度か対向車線にはみ出しそうになりつつ、下り切る前に悪魔の背後に追いつきました。その後の直線下り区間で出した最高速度61.6km/hは、私の過去最高速更新です。いやぁ〜ダウンヒル最高ぉ〜っ!楽しいぃ〜っ!!

その後、秩父市内に入って「安田屋」さんに12時過ぎに到着。
20130302_yasudaya.jpg
店内は一杯のようで店の前で待ちますが、食べ終わった人が誰も出てきません。まー結局40分くらい?待って、やっと入れました。注文は当然「わらじカツ丼 2枚」です。
20130302_warajikatudon1.jpg
ドぉ〜っん!ボリューミーです。
20130302_warajikatudon2.jpg
カツ1枚目はそのままの甘めの味で食べ、ご飯のバランスに気をつけないといけません。2枚目は七味唐辛子(山椒が強い)をかけて食べたので、飽きることはありませんでした。肉が柔らかくて食べやすかったのもあり、ペロッと平らげました。ごちそうさまでした。
食後、お腹を落ち着かせるために休憩した方がよいのでしょうが、次に待ってる人もいるので、とっとと退散します。店を出たのが13時40分くらい?でした。

すぐに再スタートして龍勢会館(道の駅)を目指します。が、ルートとして、秩父ミューズパークを越えなければなりません。しかし、このミューズパークの坂を甘くみてました(いやー私が設定したんですけどねー)。
距離が短いからすぐに上り切るだろう、と思ってアウターで上ったら、いつまでも急坂が続いてなかなかピークにたどり着きません。わらじカツ丼で膨れた腹が重いし、腿は張ってくるしで、インナーに落としても乳酸が溜まってダルくなった脚が動いてくれません。

はい、ここで私の脚は終わりました。

その後、R299と交わるところのコンビニで休憩し、脚がもつことを祈りつつアミノ酸ゼリーを補給しました。このコンビニから龍勢会館までの道は多少迷いましたが、15時に会館到着。
20130302_ryuusei1.jpg
また少し休憩してから、龍勢ヒルクライムコースである城峯山を目指して再スタート。少し走った交差点がヒルクラのスタート地点らしいので、ラップ計測開始し、次に出てくる右折を曲がると上りが始まります。

前半は川沿いの緩やかな勾配ですが、集落が途切れてくる辺りから勾配が急になります。うーんキツいぃ〜っ!ここで、私は3人から大きく遅れて一人旅。
心肺はまだ大丈夫なんですが、とにかく脚が動かない、力が入らなくて踏めないぃ〜っ!しかも、坂が長いっ!いつまで行っても終わりが見えない感じの峠です。

で、路面凍結なんかも出始め、高度が上がってきた辺りで、下ってきた車のおじさんから、その先の凍結が酷いと聞かされます。なので、城峯山の1つ目のピークまで行ったところで引き返すことにしました。ちなみに、そこから本当のピーク(2つ目のピーク)までは、約3km、175m程(6%)の上りがあります。

ダウンヒルは、寒かったですねー。手の指先が冷たくてかじかみます。
しかし、コーナーが緩くなる後半になってきたら、スピードが乗ってダぁーっと下れるので気持ちいいぃ〜っ!
ギアをカンカンっと上げてググっと踏み込み前を走るデビさんを抜き去り、そのまま踏み続けて50km/h以上で飛ばします。すると、後ろからデビさんもガぁ〜っと追い上げてきて抜き返して行きます。それを何度か続けて、高速で抜きつ抜かれつしながら上り口まで下ってきました。
いやぁ〜楽しかったぁ〜っ!下りだからこそできる50km/h超の高速バトルでした。

その後、再び龍勢会館まで戻っり、まったりコーヒーブレークしてから、帰路に着きます。ここでsepaさんカメラで記念撮影。
20130302_ryuusei2.jpg
17時半過ぎに出発して皆野方面へぽじさん先導で走り、皆野の手前でsepaさんが離脱。KS活動をぶっちしてお付き合いいいただき、ありがとうございました、お疲れ様でした。

皆野からはR140を走りますが、ここもずっとぽじさんに牽いてもらい、長瀞から寄居を通っておがわまちまで追い風に乗ってノンストップで一気に走り、1時間半で道の駅に到着しました(19時15分くらい)。ここのベンチで休憩し、しばしおしゃべりしてから、車載のぽじさんとお別れです。楽しかったですー、ありがとうございました。

おがわまちからはデビさんと二人旅です。R254で川越方面を目指して走りますが、ここではデビさんに牽いてもらいました。R254は追い風で巡航35km/hくらいで走れますが、信号のつながりがイマイチでしたねー。でも、道沿いの店舗が多くて明るいし、車もそれなりに多いけど道幅が広いので走りやすかったですね。東松山から川島を通り川越でR16と合流したところで、分岐を少し通り過ぎてしまいましたが、ここでデビさんとお別れです。今日も元気をいただきました、ありがとうございましたーっ

川越からは一人旅でK6を所沢方面に走り、途中セブンで最後の休憩をとってから一路ウチを目指し、22時ジャストに帰宅。14時間50分の旅でした。いやーホントに長い旅になりました、時間的には過去最高記録です(200km超えは2度目)。
ウチでは奥さんがお怒りでしたけど、風呂に入ってビールを飲んでカレーうどんを食べて、ふぅ〜帰ってきたぁ〜〜ってホッと力が抜けました。

この日(2013.03.02)の実走ルートです。

城峯山を越えられずに折り返したのと、皆野から釜伏峠を越えられなかったため、獲得標高は予定よりも600m程低くなりましたが、皆野から寄居を回ったことで走行距離は10km程伸びました。

以上、3/2の走行レポートでした。
城峯山(龍勢ヒルクライムコース)は、近いうちにリベンジすることになりました。そのときは告知しますので、ご一緒いただける方がいらしたら、是非っ!

↓ポチッと応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

グルメ&坂:3/2の秩父ライド(前編)

こんばんわー
今日は寒かったですねー、油断してカーディガンを着て行かなかったから、もぉ〜寒い寒い。でも、明日から暖かくなって、土日は20℃を超えるとか?絶好の山ライド日和になりそうです。
嬉しいけど、ウェアや装備に迷いますねぇ、20℃ってどんな格好してたか思い出せない、、、

あ、昨日書いた車の買い替えの件は、現在進行中ですので、落ち着いたら改めて報告します。

さて、3/2(土)のライドレポートです。
この日は、プチデビルさんぽじさんsepaさん、私の4人で秩父わらじトンカツライドに行ってきました。
走行予定のルートは、↓こちらでした。

K30とK172の田中交差点そばのファミマに集合し、白石峠に上ってから定峰を秩父側に下り、秩父市内を抜けて小鹿野のさん本店で昼食。その後、龍勢ヒルクライムコースである城峯山に上り、秩父華厳の滝から皆野に下り、釜伏峠を越えて東秩父村から道の駅おがわまちまで戻ってくる、距離110kmかつ獲得標高2600m超という予定でした。

この日の前日(3/1)は、東京など太平洋側で春一番が吹いて暖かかったのですが、当日は一転して真冬に逆戻り、夜半から北風がゴぉーゴゴぉ〜っ!吹き付けてきました。風の音で夜中に目が覚めたほどスゴかったですねー

朝は6時に起床する予定でしたが5時半には自然に目が覚め、ツイートチェック。すると、ぽじさんは、強風のため車載で道の駅おがわまちまで来るとのこと、デビさんも出発準備中で6時に出発するとのこと。
あぁ今日は田中のファミマ集合にしたから、デビさんにしてはゆっくり目のスタートでいいんだなーと、思いました。前にウチの近所の航空公園に来てもらったときは、私よりも2時間以上早く出発してたのに、今日は1時間早いだけだから、前は1時間以上も遠回りをさせてしまって申し訳なかったなーと

ファミマの集合時間が9時なので、通常であればウチから1時間半(約35km)で着くはずなんですが、この日はまともな向かい風のため、余裕をみて7時10分にスタートしました。
走り出してすぐに風の強さを痛感させられました。所沢から入間に向かってR463を北西に走りますが、全く進みません。

20km/h前後でヒィコラ言いながら進んでると、抜いていく自転車が、、、なんと高校生の通学チャリが右側から抜いていきゃぁがりました。ママチャリではなくシティバイクってやつのようですが、立ち漕ぎ超前傾で爆走していきました。
私は、一瞬ア然として反応が遅れたのもありますが、まぁそこは大人ですからー「うむ、元気があってよろしい。行くがいい若者よ」と、余裕で見送りました。

が、先の方に跨線橋の上りが現れて、そこで高校生がどうするかを見てると、上り始めで明らかにスピードダウンしました。チャぁ〜ンスっ!!上り切るまでに絶対抜いてやるっ!と一気に加速し、グングン差を詰めます。なんとかピーク直前で捕らえて抜き去りますが、抜く瞬間は「普通に走ってますよ〜」感を漂わせて息も抑えます(心では、ロードナメんなょ高坊、と叫びながらですが)。

あぁーでも脚を使っちゃいましたし、息も上がってゼェゼェです。しばらく回復に時間が必要で、そこから入間までは先程よりもさらにタラタラになっちゃいました。
しかし、風は、相変わらず容赦なく吹き付けてきます。しかも正面からだけじゃなく、巻いた突風にホイールが煽られて左右に振られます。向かい風でさらにホイールが煽られると、フロントの接地感がなく、浮き上がるような感覚を受けるんですね。初めて体験しましたが、そうなると怖くて踏めなくなり、さらに速度ダウンを余儀なくされました。

途中、日高のローソンで休憩しますが、結局ほぼ全行程を爆風に弄ばれながら、ようやくファミマに到着したのが9時05分でした。5分の遅刻です。先に到着していたぽじさんとsepaさん、遅れてスミマセンでした。
あれ?デビさんは?遅れているようです。「先に行ってください」とのツイートが
まーしょーがないから、先に行くことにしましょう。

ぽじさん、sepaさん、私の3人で白石峠に向かって再スタート。上り口に到着し、10時前からアタック開始です。
ぽじさんが先行してグングン上っていきます。続いて私が上り始め、後からsepaさんですが、花粉症で鼻が厳しそうです。なので3人それぞれマイペースで上っていきます。

私は、前半抑え気味で上りますが、鼻水が出てきます。冬場はずっとそうだったのですが、この日は、特に、そこまで冷気と砂埃を大量に吸ったからか、花粉症でもないのに鼻水が止まりません。まーでも、この日は、途中の急斜面を比較的無難にしのげたので、後半の緩斜面で踏むことができ、脚を緩めずにゴールっ!ラップは、38分15秒(6.38km)でベストを30秒ほど更新することができました。ゴール後にしばらく呼吸が治まらないほど攻めることができ満足です。

峠でしばらく休憩した後に、デビさんを待つ時間を調整するために堂平天文台に上りました。
20130302_douhira.jpg
風のために砂埃で霞んでますね。

寒いので長居せずに再び白石峠まで下ります。
と、長くなったので今日はここまで。後編に続きます。
写真が1枚しかないのに、序盤の話だけで長くなり過ぎましたねー
さてさて、デビさんと会うことができたのか?後編をお楽しみにー

よろしければ応援の↓ポチっをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

諸々:車昇天と回復走とライトのレビュー

こんばんわー
今日は寒かったですねー、昨日と比べると全然風は弱かったですが
今朝は、昨日の疲れ?で起きたのが8時半、身体のあちこちが痛くて、朝から走りに行く気にならず
なので、10時過ぎまでネット巡回などでグダグダ過ごしますが、その後、自転車の清掃とチェーンの注油をしました。

昼ご飯を食べてから、買い物に行くということで、車のエンジンをかけようとしましたが、セルが回りませんっ
うーん、バッテリ上がりですねー
まぁ昨年末からバッテリの電圧が下がってるなーとは感じてましたし、それ以外も変な音がして調子が悪かったので、あぁ来ちゃたか〜、てことで、どーしょーもありません。ハぁ、、て感じ

もう少しもってもらえば買い替えの下取りになったんですが、動かないものはどうしようもないし、今更修理(バッテリ交換)する気もないので、出張買取の業者に連絡して取りに来てもらうことにしますー
買い取ってもらえるかどうかは分かりませんが、まー引き取ってもらって、別に中古の軽バンを自転車で買いに行くことにしますか、、、近々買わないと、買い物に行けない!って文句が出ること必至です。ハぁ、、、

で、買い物に行けなかったので、じゃぁ少しでも走りに行くかってことで、14時過ぎにスタートしました。
昨日の疲れも残っているので回復走?って感じで軽く走ろうとは思いましたが、昨日の獲得標高が2400mほどだったので、2500mにしておきたいってのもあって、多少はアップダウンのある尾根幹方面へ

国分寺、府中を抜けて是政橋あたりまでくると、うーん尾根幹を走る気がなくなってきました。なので、向陽台を越える前の川崎街道に曲がり、桜ヶ丘CC方面へ上って連光寺に行ってみようかと思いましたが、身体が重いので桜ヶ丘CC前からそのまま鎌倉街道に下り、関戸橋を渡って帰ってきました。回復走というほどの距離も走りませんでしたし、タラタラ走になってしまいましたが、獲得標高の百円貯金ができたので、良しとします。

本日(2013.03.03)の走行記録
走行距離:38.28km
走行時間:1時間51分
平均速度:20.5km/h
最高速度:60.2km/h
獲得標高:120m(ルートラボより)

で、帰り道に電気屋に寄ってサイコン用の電池(CR2032×2)とGENTOS閃355B用の単4eneloopを買ってきました。
サイコン(CAT EYE V3n)は、昨日の走行後に電池マークが表示されていたので交換です。昨年8月に使い始めてから6000km弱で1回目の電池交換です。取説では、1日1時間使用で1年もつと書いてあるので、370時間程ってことでしょうか?実際の走行時間は、260時間ちょっとですが、ま、サイコン購入時に付いて来た所謂テスト用電池だったし、計測時以外でも集計用にONしてたので、そんなもんでしょうか?

また、閃355Bは、昨日の帰りに使用したのですが、メチャメチャ暗かったので電池かな?と思っていたら途中で消えていたので、こちらも電池交換です。単4を3本使用するのですが、使い捨てのアルカリ電池もエコ的になんなので、eneloopにしました。eneloopは、家電のリモコンとかに結構使用してまして、何本かは常に充電状態の予備がある状態にしておきたいので、今回は4本を補充しました。
交換したら明るくなりました。さて、どれくらいもつでしょうか?

で、ライトといえば、先日wiggleで購入したLEZYNE PowerDrive XLですが、昨日の秩父ライドで実戦投入しました。というか、いきなり大活躍してくれました。
では、先ず、帰宅後に撮影した明るさ比較です。
20130302_lezyne_mid.jpg 20130302_lezyne_hi.jpg 20130302_lezyne_low.jpg
左から、ミドル、ハイ、ローです。ケータイカメラで撮ったので写りがアレですが
実走では、ローモードで十分な明るさがありました。
ちなみに閃355Bは、↓こんな感じです。フロントフォークに装着しています。
20121019_front2.jpg
うーん、ちょっと差が分かりにくいですねー
PowerDrive XLはハンドル上に装着したのでシフトケーブルが照らされて明るくなっているため、そっちに露出が合っちゃったんですね。実際は、PowerDrive XLのローモードでも閃355Bよりも明るいと思います。

また、使用可能時間ですが、昨日は、ローモードで2時間経過したあたりからインジケータ(スイッチ部)が緑と赤の表示になり、減りが早いなぁ〜と思ったのですが、ウチに帰り着くまで3.5時間もちました。帰宅後さらに、部屋で点灯させてどこまでもつかを試してみたところ、さらに1時間以上も緑と赤の表示が続き、その後、計5時間弱のあたりで赤表示に、その後30分ほどで赤点滅になったところで、全放電前にテスト終了。その後、充電は、3〜4時間くらいで完了しました。

以上のように、ほぼ公称値通りの使用時間が確認できました。
まー私は、ブルベで夜中ぶっ通しで走るつもりはありませんし、昨日のような時間まで走ることもまぁ滅多にないでしょうから、4〜5時間もってくれれば十分だと考えています。従って、明るさ、バッテリの持ち時間ともにLEZYNE PowerDrive XLは満足できるものであり、閃355Bと併用することで、私の使用状況であればほぼカバーできそうです。

以上、今日は軽く走った走行記録とライトのレビューを書きました。
昨日のライドレポートは、明日書きたいと思います。

よろしければ↓ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。