多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2012-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の買い物:AMPIOのCX車化パーツ

今日3度目の更新です。
先日ポチった品物が届きました。

20121230_kounyuu.jpg

GIOS AMPIOのCX車化計画のためのパーツです。
・チェーンリング:TIOGA TIG-G-CKR04900 46T
・キャリパーブレーキ:PROMAX PMX-G-RC-480-LARGE 前後
・タイヤ:MICHELIN CYCLO CROSS JET 700X30C 2本
・チューブ:MICHELIN AIR STOP A2 700×25〜32C 2本

フレームやフォークとのクリアランスが小さいので、タイヤは、30Cだったらなんとかならないか?ということで、ブレーキは、アーチが広いラージサイズのキャリパーブレーキに交換しようと思います。
また、チェーンリングは、42Tくらいまで小さくしたかったのですが、とりあえず46Tを選んでみました。

さてさて、年明けにとりあえずタイヤが入るかどうかを確かめてみますが、入らなければ、まぁそのときに使い方を考えます。

では、CX車計画の今後に乞うご期待ってことで、来年もよろしくお願いします。
よろしければ↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.12月の走行記録

こんにちわ
今年も残すところ今日、明日の2日になりました。早いですねー
今日は雨で今週は結局走りに行けませんでしたので、先週12/23の白石峠走り納めが、本当の走り納めになってしまいました。

ってことで、今月はこんな感じでした。
20121230_kiroku.jpg
寒さに負けて6回しか走れなかったんですね。でも、そのうち4回が100km超なので、まぁそれなりに走った方じゃないでしょうか?

今月(2012.12)の走行記録
走行距離:603.9km
走行時間:26時間18分
平均速度:23.0km/h
最高速度:59.2km/h
獲得標高:4240m(ルートラボより)

以上、走行距離は、かろうじて最低目標の月500kmを超えましたので、合格としておきます。
また、年間走行記録については、7月までの記録を取っていなかったため記載できません。来年は、ちゃんと記録を取って年間記録についても表示できるようにしたいと思います。

今年1年、ありがとうございました。お陰様で大きなトラブルなく楽しい自転車ライフを過ごすことができました。
来年もよろしくお願いします。
応援の↓ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

まとめ:今年(2012)のまとめ後編「導入記録・ロードレース編」

今年のまとめの後編「導入記録・ロードレース編」です。
こちらも前編同様に記憶が曖昧なので、思い出せる範囲でリストアップします。

「導入記録」
<パーツ>
Myセクターのパーツ類をいろいろ交換しました。
・ホイール:SHIMANO ULTEGRA WH-6700 グロッシーグレー
・タイヤ×2:MICHELAN PRO4 SC RED ×2(2月、10月)
・クイックリリース:TAIOGA
・BB:SHIMANO ULTEGRA BB6700
・STIレバー:SHIMANO TIAGRA ST4500(中古)
・ブレーキ:SHIMANO TIAGRA BR4600
・チェーン:SHIMANO 105 HG

<装備・備品・工具>
・輪行袋×2:MONTBELL、ORSTRICH
・トップチューブバッグ:TIMBAK2
・ボトル:ELITE×2、CAMELBAK
・グローブ:GIRO 指切り
・ライト:GENTOS 閃355B
・サイコン:CAT EYE CC-TR310TW V3n
・腕時計:SOLUS Leisure 800(心拍計付き)
・バーテープ×2:AVEDIO 赤黒、SPECIALIZED ROUBAIX 赤
・シューズカバー:BBB Heavy Duty OSS シューズカバー
・オーバーグローブ:MONTBELL
・BB用レンチ:SHIMANO TL-FC32
・チェーンカッター:家用と携帯用の2つ
・ケーブルカッター:ParkTool
・ハブレンチ:SHIMANO、ParkTool

<自転車本体>
・GIOS AMPIO 2011:子供用、改造用として8月に中古で購入しました。

「ロードレース編」
ロードレースの視聴としては、例年、J-SPORTの契約を4月のクラシックから7月のツールまでとして、それ以外の時期はSTREAMINGで観ています。ただ、来年は、フランドルが3/31に開催されるので、3月から契約してパリ〜ニース(放送されるかな?)あたりから観ようと思っています。楽しみです。
<試聴(J-SPORT)>
・春のクラシック:ボーネンが強かった。カンチェは残念。
 ツール・デ・フランドル(ロンド・ファン・フラーンデレン)、パリ〜ルーベ
・アルデンヌクラシック
 アムステル・ゴールド、フレーシュ・ワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
・グランツール
 ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス
<試聴(BS、STREAMING等)>
・ロンドンオリンピック:ヴィノクロフ大佐が有終の美を飾りましたが、、
・ブエルタ・ア・エスパーニャ
 17ステージ、コンタドールの大逆転から総合優勝は歴史的勝利でした。
・世界選手権:ジルベールが穫りましたねー
・ジャパンカップ:イヴァン・バッソの初優勝しかもゴールスプリント。
 クリテリウムで引退した会長(ロビー・マキュワン)がフミに「ゴー!フゥミ、ゴー、ゴーっ!」て叫んでる車載カメラの映像は感動もの
<観戦>
・ツアー・オブ・ジャパン:大井埠頭まで観に行きました。

「その他」
2012年には、様々な計画を立てました。実行できたものと、実行中のもの、来年に実行に移すもの、いろいろありますが、来年も新たな試みに挑戦して行きたいと思います。
・200km&2000m走破計画
 10/8に奥武蔵ルートで完了する事ができました。
・新車購入計画
 まだまだ具体化できていませんが、来年も引き続き進めます。
・坂力補完計画
 11月の絶不調期から開始しましたが、引き続き冬の間に鍛えます。
・ノーマルクランク化計画
 当面の間、凍結中です。
・AMPIOCX車化計画
 実は、先日ポチッたものが今日届きます。内容は、年明けのお楽しみ

以上、振り返ってみると、いろいろ購入していますね(ここにリストアップしていないものもありますし)。来年は、もう少し自重したいと思いますが、なかなか物欲に勝てないような気もしています。
ロードレースに関しては、いろいろネガティブなこともありますが、もうすぐ1月から始まりますので、早く観たいですねー楽しみです。

最後に、今年は、秋にブログを始めたことをきっかけとしてたくさんの自転車仲間ができました。一緒に走りに行く事ももちろんですが、ブログのコメント欄でやり取りするだけでも、世界が広がったことを実感する事ができました。非常に充実した1年の締めくくりでした。大変お世話になりました、ありがとうございました。

来年もがんばって楽しく自転車生活を続けて行きたいと思います。
よろしくお願いします。
では、皆様、良いお年を〜っ!!

よろしければ、今年最後の↓ポチっをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

まとめ:今年(2012)のまとめ前編「走行記録編」

こんばんわ
今日は、今年のまとめの前編を書いてみます。
(12/28pm一部修正しました。忘れてること大杉www)
では、今年(2012)を振り返る「走行記録編」です。
えーっと、ちゃんと記録を取り始めたのが8月以降のため、それ以前は写真やメール等に残った日付や、記憶を頼りにして、走りに行った場所などをリストアップしてみます。

<単独走>
基本的に私は、お一人様ライダーですから、単独走がメインとなります。さらに、坂ズキですから、峠がメインですので、走った回数順の峠ランキングを付けてみたいと思います。ランキングの回数には、単独走以外で走ったものも含んでいます。
1位  山伏峠 10回超 ホームコース認定した峠ですから断トツトップですね。
2位  和田峠  3回  春に2回行った後、10月に久々に行きましたね。
2位  大垂水峠 3回  和田や牧馬、松姫などからの帰り道ですね。
2位  白石峠  3回  9月、11月、12月に1回ずつ行きましたね。
2位  正丸峠  3回  山伏側からは結構行ってますが、R299側からは3回。
6位  成木峠  2回  夏前と8月にアタックしてからは行ってませんねぇ。
6位  顔振峠  2回  奥武蔵GLの入り口として通ります。
6位  風張峠  2回  表と裏を1回ずつで2回にしています。
6位  定峰峠  2回  秩父側まで行ってからの上りなのでなかなか行けません。
6位  二本木峠 2回  10月の200km、11月の4000mのときに上りました。
11位 ヤビツ峠 1回  3月のヤビツ〜宮ヶ瀬湖ポタで上りました。
11位 天目指峠 1回  クマ出没看板の印象。
11位 牧馬峠  1回  クマ出没とヤマビル注意看板の印象。
11位 乙女峠  1回  4月の山中湖~箱根のときに上りました。
11位 松姫峠  1回  その前の今川峠とのコンボでキツかった印象。
11位 山伏峠  1回  道志みちの方、10月の山中湖200kmチャレンジのとき。
11位 雛鶴峠  1回  11月の山中湖200kmチャレンジのときに上りました。
11位 笠山峠  1回  11月の奥武蔵クライムのときに上りました。
番外としては、小沢峠や山王峠などの通過点は、山伏峠以上に行ってますね。

<平地>
平地走としては、あまり時間がないときや天候が不安定なとき、やる気のないとき、あるいはTT練習したいときに走りますが、コースはほぼ2つに限られています。
・航空公園周回:約5kmの小周回と約7kmの大周回があります。
・彩湖周回:TT練習でたまに行くのと、Y'sCupで走りましたね。
・尾根幹線:平地ではないですが、是政橋から入って3回ほど行きました。

<朝練走>
夏の暑い時期、昼間走ると命の危険があるので走行距離が伸びず、それじゃぁマズいってことで始めた朝練です。ツールが終わった週(7月の第4週?)から始めて9月末までの2ヶ月程の間、週に3、4日、平日の朝5時半から1時間弱ですが、多摩湖付近のアップダウンを走りました。
・朝練コース(多摩湖):ウチから片道6kmの周回コース3.2kmを2、3周していました。

<チャレンジ走>
今年の年初に立てた目標が1つだけありました。それは、1日で200km以上の距離を走り、かつ、2000m以上の獲得標高を上ることです。ロードバイクに乗り始めて3ヶ月目で1日100kmは突破していたので、それほど高い(厳しい)目標ではなく、普通に走ってればそのうち達成できるだろう、と高を括ってたのですが、気が付けば夏を過ぎて日が短くなり始めていました。
そこで、10/6に山中湖まで行って帰ってくる計画を実行しました。
・チャレンジ1 山中湖ルート:197.8km、獲得標高2360m。
 しかし、山中湖ルートは走行距離が2kmちょっと足りませんでした。目標達成ならず失敗です。
この失敗を受け、懲罰的意味も込めて獲得標高を3000mにした奥武蔵ルートに翌々日(10/8)チャレンジしました。
・チャレンジ2 奥武蔵ルート:208.2km、獲得標高3190m。
 これで今年の目標を達成することができました。

<グループ走>
グループ走としては、今年の前半に職場の仲間で行ったポタポタモードのものと、夏以降にブログで知り合った仲間と行った峠アタックモードのものと、に大別できます。あと、職場のT君と2人で行った松姫峠は、厳しかった反面で距離と上りの両方に自信を付けさせてくれました。
・多摩川CR〜羽田空港ポタ:2月に職場の仲間と2回
 羽田空港でランチして帰ってきました。
・ヤビツ峠〜宮ヶ瀬湖ポタ:3/3に職場の仲間4人で
 秦野まで輪行し、宮が瀬湖を回り伊勢原から帰ってきました。上りはゆっくり。
・三浦半島一周ポタ:3/20に職場の仲間5人で
 横須賀まで輪行し、海沿いを走って逗子から輪行で帰ってきました。
・山中湖~箱根:4/21に職場の仲間3人で
 富士吉田まで輪行し、山中湖~御殿場~芦ノ湖~箱根、小田原から輪行。
・松姫峠〜大月:9/10に職場のT君と
 奥多摩湖〜今川峠〜松姫峠〜大月〜相模湖のルート。191km、獲得標高3010m。
・和田峠〜奥多摩湖:10/20にプチデビルさん、take-iさん、T君と
 和田峠〜甲武トンネル〜都民の森〜奥多摩湖のルート。174km、獲得標高2510m。
・奥武蔵クライム:11/3にプチデビルさんと
 奥武蔵で4000m上る予定で、結果は3450mで日没サスペンデッド。173km
・奥武蔵南:11/10にプチデビルさん、orutasさん、24WEさんと
 11/3に走れなかったルートを走る。137km、獲得標高2530m。
・白石峠走り納め:12/23にプチデビルさん、24WEさんと
 白石峠〜芦ケ久保〜山伏・正丸峠のルート。137km、獲得標高1870m。

<イベント・レース>
・RUN&BIKE 2012GWもてぎ:5/5ツインリンクもてぎ、4時間エンデューロ、ソロ。
 車で3時半に出発し6時前に到着。レースは24周115km走り、平均速度28km/h。
・Y's Cup 2012彩湖:12/1荒川彩湖、4時間エンデューロ、ソロ。
 レースは3時間半で天候悪化中止。3時間経過時点で20周94km走り、平均速度30km/h。

以上、今年のまとめ前編の「走行記録編」でした。
よろしければ応援の↓ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

そろそろ:今年のまとめと来年の目標を書こうかと

こんばんわ
今日は、仕事関係だけど話が通じるし、聞いていても楽しい系の飲みが南流山であり、先程帰ってきましたー
クライアントを含めて5人(私が最若年)で飲んだんですが、うち一人の方が自転車乗りでした。今後も顔を合わせる機会があるでしょうから、そのうちライドに誘ってみようかと思っています。

さて、今日を除くと今年もあと5日になってしまいました。いやーホントに早いです。ついこのあいだ雪の残る和田峠に上って、次はモテギでエンデューロを走り、暑い中で松姫峠を上ったり200km&3000m走ったり、仲間と風張峠や奥武蔵に行ったと思ったら、もう年末も押し迫っています。
って、単に私の記憶力が無くなってきただけじゃないのか?というツッコミは受け付けません。

なので、そろそろ今年の振り返りと来年の目標など、ゆく年くる年みたいなことを書いてみようかと思っています。
しかし、元来の不精が災いして、記録や日記の類を残したり、何かの目標を立てたりするのが全くダメダメなので、何を書けばいいのか途方に暮れています。

今年の振り返りについては、2〜3日かけて思い出してから書くことにして、とりあえず、来年の目標みたいな話をすると、以下の3つくらいでしょうか?
1.無事故無トラブル
2.とにかく高く上る
3.イベントで自己新
それ以外にも、ライド中にはいろいろなことを考えているはずなのですが、走り終えたらスッキリサッパリ忘れていますねー。記憶喪失なのでしょうか?いいえ、ただのボケです。

こんな感じで流れ流され漂流するように時間が過ぎていってしまい、気がついたらまた1年が過ぎてしまうのも悲しいものがあるので、来年の目標については、年明けにちゃんと書ておこうと思います。年末年始の休暇中に考えておきます。

以上、結局のところ何も中身がない記事になってしまいましたが、近いうちに書きますのでー

叱咤激励の↓ポチッとしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

実は:3台目もあるんですが、、、

こんばんわ
日本海側では大雪みたいですね。お見舞い申し上げます。
今年もあと一週間になってしまいました。
これまでもこのブログで紹介しようと思いつつ、なかなか書けなかった3台目(購入順では2台目ですが)の自転車を今日は、初お披露目です。

はい、こちらですっ!
20110911_a-bike.jpg
あ、乗ってるオッサンは私です。しかも、去年の秋てか夏(9/11)に撮った写真です。汗だくですねー(お見苦しくてスミマセン)

A-Bike Cityという折り畳み自転車です。全体像はこちら
A-BIKE_CITY.jpg
A-Bikeはタイヤサイズが6インチなのですが、Cityの方は8インチにアップされて乗りやすくなっています。
重量は6kg台と記載されていますが、もう少し重い(7kg以上?)と思います。
また、乗る人の体重が85kg以下に制限されています(私は70kg程ですが、全く問題ありません)

購入したのが、去年の9月で、輪行通勤に使っていました。過去形なのは、今年の夏前(梅雨ころ)に駆動系が壊れたため、それから半年くらい乗っていないからです。
といいますか、真夏は汗だくになるので通勤に使うのが厳しいため、夏前に壊れたときには秋になるまでに修理して再び乗ろうと思いつつ、冬になってしまった。というのが本当のところです。

その前にも一度チェーンが切れたことがあって、カバーを外してつなぎ直して修理したのですが、カバーを外すためにはクランクを外さなければならず、このクランクを外すのが一苦労なんです。一般的な自転車のパーツではないので、クランク外し工具が使えないから、レンチで叩いて外しましたが、もう大変。それで、再度カバーを外すのを躊躇ったまま半年が過ぎてしまった、ということです。

修理の話はともかく、去年の秋から冬、今年の春まで半年あまりの間、輪行通勤に使用していました。
私の通勤経路は、自宅から最寄り駅まで徒歩10分程度なので自転車は不要なのですが、職場の最寄り駅(地下鉄)が不便なので、1本で渋谷まで行ってからバスというのが正規ルート。で、バスの時間が読めない(特に、帰りの渋滞と遅れ)ので自転車が使えないかと考え、輪行通勤にしました。

折り畳むと↓こんな感じで、自作の輪行袋に入れたら↓こんな感じです。
20121225_a-bike1.jpg 20121225_a-bike2.jpg
最寄り駅まで乗って行って、駅前で折り畳んで袋に入れ(慣れれば30秒でできます)、片手で持ってそのまま電車に乗り込み、脚の間に挟んでおけば、ほとんど邪魔になりません。幸い、私が使っている路線は、朝のラッシュがなく、8割くらいの確率で座れますから、座った時も又の間に入れておけば邪魔になりません。

輪行袋は、モンベルのギアコンテナM(高さ45×幅41×奥行き18cm、容量27L)を使って、高さが少し足りなかったので、息子のジャージを切って、裁縫して縫い付け、ウエスト部分のゴム&ひもで上部を塞ぐようにしました。
自転車に乗る時は、輪行袋を折り畳んでリュックのポケットに入れればOKです。

それで、渋谷から職場までは、バスで15分、歩くと30分(早足で)の距離(約3km)ですが、A-Bikeを使うと、約15分です。スピードは、さすがに10km/hくらいしか出ませんし、車道は怖くて走れないので歩道を走ります。なので、まぁそんなに早く移動できるわけではないのですが、バスの時間の読めなさに比べたら、ものすごく快適です。

ということで、修理したいのですが、カバーを開けてみないと故障箇所や具合、修理可能かどうかが分かりません。
まーその辺りのメンテナンス性の悪さを考えると、ちょっと問題はあるのですが、なんといっても折り畳んだ時のサイズが小さく、そして持ち運びが軽く、電車に持ち込んでもほぼ邪魔にならないのが魅力です。また、チェーン等の駆動系が全てカバーに内蔵されているので、手やズボン、輪行袋内部などが全く汚れない、というのも非常に優れた点だと思います。
なので、年明けには修理にチャレンジして、なんとか乗れるようにして、再び輪行通勤に利用したいと思っています。

修理の様子など、また報告します。
よろしければ応援の↓ポチッをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

来たっ:クリスマスプレゼント?いいえ自腹です

こんばんわー
今日は走らずグダグダしていましたが、先日購入した度入りサングラスができたということで取りに行ってきました。
20121224_glass1.jpg

眼鏡の愛○で購入しました。
SWANSのフレーム(ガンメタ/チタンレッド)にラウンドタイプの度入りレンズ(ブラウン)です。

作るときに店員から言われていたのですが、私の視力だとレンズが相当厚くなる、ということで、やはり、結構厚いですねー
20121224_glass3.jpg
外側の端で6mmくらいあります。
でも、その分、顔の頬骨との隙間が小さくなって風の巻き込みが少なくできそうなのでOKです。

また、レンズの色は薄いブラウンなのですが、度が入っている関係?で反射・透過が複雑になるせいか、実物はオレンジっぽく見えます。元々オレンジ系か黄色系にしたかったので、こちらもGOODです。
20121224_glass2.jpg

あと、やはりラウンドの曲率が大きいので、中心以外の周辺では見え方に違和感があり、上下左右に顔を動かすと歪んで見えます。これは慣れるしかないのですが、ま、動きの激しいスポーツをするわけではないので、なんとかなるかな?と思っています。
フレームの装着感は、まぁこんなもんかな?っていう感じで、特に違和感はありません。キツくもないしズレもないって感じでしょうか?
来週か来年の走り初めで使用してみたいと思います。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

満足:今年の走り納め第2弾は白石峠(後編)

こんにちわー
今日は走りに行こうかどうしようか迷っていたのですが、寒さに勝てず、自転車の掃除をしただけでした。掃除も午後に外でやったのですが、風が冷たすぎて寒くて寒くて、チェーン周りの掃除&注油と、あとは拭き掃除だけ、、、あれ以上外にいたら風邪を引きます。

では、昨日の記事の続き
今年の走り納め第2弾白石峠〜山伏・正丸峠の後編です。
ご一緒していただいたのは、プチデビルさん24WEさんです。

白石峠から堂平天文台まで上った後に、再び白石峠に下りて大野峠を目指します。大野峠まではアップダウンを繰り返しながら若干の上り基調ですかね?ところどころに前日降った雪が残っています。
さほどキツい上りはないのですが、脚には結構きます。でも、昨日の私は調子が良かったのか、あまりタレずに踏んでいくことができました。いいペースで大野峠まで行けたと思います。

大野峠からは、秩父方面の県民の森を通って芦ケ久保に下ります。しばらくは尾根沿いの比較的平坦で下り基調ですから、気持ち良く走ります。
その後、野外活動センターとの分岐を過ぎたら、下り勾配が急になって芦ケ久保までのダウンヒル開始。木の子茶屋を過ぎて横瀬方面との分岐を左に曲がって(横瀬方面は通行止めでした)、さらに下り勾配が急になります。
ここは、10/8に200km走ったとき(こちらの記事参照)に間違えて下って上り返した道です。うん、やはり激坂ですね。下るにつれて勾配が急になりヘアピンカーブの連続です。ルートラボで見ると、芦ケ久保駅前のR299から6kmちょっとで平均勾配が8.5%くらいあり、上り始めのヘアピン区間は10%を超えてますね。今度上ってみよう。

そんなこんなで芦ケ久保でR299に出たら左折して正丸トンネル手前まで行って、裏から山伏峠を上ります。
が、しかし、R299の上りが強烈な向い風っ!!この時期は北西からの追い風になるはずなのに、なんで東からの風なのかっ?!と思いながら、しかも悪名高きニッキューキュー。車しかも大型車が30cm以内を追い越していきます。風でフラフラしてるのに、車にも気を使いながらの上りですから、とても疲れましたね。
やっとのことで正丸トンネル手前の横断歩道に到着し、右折して山伏峠に入ります。

裏からの山伏峠は、10/8に走ったことがあるので、勾配、距離ともにたいして厳しくないことを知っていますから、比較的早いペースで一気に上り切れると思って踏んでいきます。でも、24WEさんは、速い。軽い感じでスイスイ進んでいくので着いていけません。一方、デビさんは、今日は調子が悪いのか、遅れます。ま、一本道だし、距離も短いので、すぐに追いついてくるだろうと思って、私はマイペースで上り、正丸峠との分岐点に到着し、24WEさんと待ちますが、なかなかデビさんが来ません。

おかしいなぁ?と思っていたら、4、5分後?にデビさん到着。
「先に行って下さい。自分はここで離脱します」とのこと。意味が分からなかったのですが
「サイコンのセンサー落としたので探しにいってきます」と、確かにセンサーが無くなっています。
でもまぁ一緒に探しに下りることにして、3台で反対車線をゆっくり走りながら下っていきました。上り始めて比較的時間が経っていない頃に速度・ケイデンス表示がゼロになったとのことでしたので、下るに従って慎重に路肩に目を凝らしますが、落ち葉が積もってるし、上りの車線は左側が川で崖になっているところも多いから、少しでも飛んでいってたらアウトかも?という気持ちもありつつ、でも、そんなに飛ぶもんじゃないよな?とも思いつつ探しました。
結局、上り始めから1/3くらいのところ、ガードレールよりも手前の落ち葉の上に見つけました。24WEさんが先行するデビさんに知らせに行ってくれると言うことで、私は現場の確保です。やはり、ブロガーのデビさんには、現場をそのまま写真に収めて欲しかったですからね。ネタができてよかったですねー

そんなこんなで、再び上って正丸峠に到着したのが14時半くらいだったでしょうか?
峠の茶屋では前回(11/10)売り切れで食べられなかった正丸丼を是非とも食べたかったのですが、この日も既に売り切れ、、、団体さん(自転車チーム?)が来て肉が無くなったとのこと。残念ですがしょうがない、また来年リベンジすることにします。で、私はたぬきうどんをいただきました。いやでも、お腹が空いてたので美味しかったですよー
20121223_shomaru.jpg

その後、3時過ぎくらいに再スタートし、山伏峠を越えてダウンヒルから名栗の下りを快調に飛ばし、飯能手前の大里屋さんに16時過ぎに到着。ここも前回売り切れだった四里餅が目当てです。今回は、ありました。各自お土産分と、その場で食べる分を購入し、お茶も出していただき、甘いもので小休止。
そこからは一路航空公園を目指して飯能から入間方面に走りますが、ここで、私が道を間違えました。といいますか、K63から所沢・入間バイパスに入りたかったのですが、曲がるところが分からず、結局入間市駅まで行っちゃって、往路と同じくR463から戻ってくることになりました。夕方のR463は渋滞が酷くて走りたくなかったのですが、まぁしょーがないってことで、そのまま所沢まで走って、17時半、無事に航空公園到着。

皆さん、お疲れ様でした。

この日の走行ルート(ルートラボ)


この日(2012.12.23)の走行記録
走行距離:137.12km
走行時間:6時間27分
平均速度:21.2km/h
最高速度:52.8km/h
獲得標高:1870m(ルートラボより)

以上、当初の予定ではゆっくりポタポタ、グルメでまったりの予定でしたが、坂好き(当然24WEさんも含めて)が集まっちゃうと自然に坂はがんばっちゃうし、案の定、正丸丼は売り切れてるし、サイコンは飛んじゃうし、でいろいろありましたが、とても楽しい一日が過ごせました。今年の走り納めとして大満足の一日でした。
デビさん、24WEさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

私的にも膝が全く痛むことなく、それなりに上れたので、回復宣言してもいいのでは、というくらい調子が戻ってきました。よかったです。
また、この日の走行で今月は600kmを超えましたので、最低目標の月500kmをクリアしましたから、今年は完全に締めていいかな?と思っていますが、来週29,30もひょっとしたら少し走るかもしれません。ま、それはそれとして、良い一年が過ごせたと思っています。ありがとうございました。

ポチッと↓応援いただけると来年もがんばれそうな気がします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

満足:今年の走り納め第2弾は白石峠(前編)

こんばんわ
今日は、今年の走り納め第2弾として、白石峠〜山伏・正丸峠に行ってきました。
ご一緒していただいたのは、プチデビルさん24WEさんです。

先週の走り納め第1弾で調子が回復傾向だったので、今日も気持ち良く走って今年を締めたいと思っていました。当初は昨日の予定だったのですが、雨だったため、今日に延期しました。今日の天気は、金曜時点では晴れて比較的暖かいはずだったのですが、朝から雲が多くスッキリせず薄ら寒い感じでした。

では本日(2012.12.23)の走行記録です。
朝9時に航空公園集合の予定なので、ゆっくり起きればよかったのですが、6時半に目が覚めました。ネットでデビさんのツイッターをチェックしたら、予定通り6時に出発した様子。
私ものんびり準備をして8時40分過ぎに出発しました。
9時前に航空公園に着くと、既に24WEさんがお待ちでした。今日は自走して来て、案外近くて早く着き過ぎたとのこと。お待たせしました。
6時にデビさん到着ですが、脚を引きずった人が伴走しています。一瞬、誰かに絡まれてる?と思いましたが、違いました。ぽじさんです。何故?所沢にいるのか?今日は高尾で仕事らしいですが、その前に寄ってみたらデビさんを発見したとのこと。
私はブログのコメントでやり取りさせていただいていただけでしたが、年内にお会いできて良かったです。お見送りいただき、ありがとうございました。

さて、ぽじさんと分かれて9時15分ころスタートし、R463を入間方面へ走り、K30で日高、高麗川、毛呂、越生を抜けてときがわに入ります。10時半過ぎ田中交差点そばのファミマで休憩。
ここで、デビさんのハンドルが下がってることが判明。これがその後のトラブルの予兆だったとは、このとき誰も気付きませんでした、、、

休憩後、11時前に再スタートし、K172を白石峠方面へ
11時20分ころに上り口に到着し、記念撮影。
20121223_siroisi.jpg
その後、すぐに上り始めました。
今日は、膝を含めて脚の調子は悪くありませんが、なんか息が苦しい。ま、無理しないつもりなので、早々にインナー×ロー(27T)に落とし、できるだけ回していくようにしますが、やはり白石くらいの勾配があるとケイデンスが落ちてしまいます。デビさんと24WEさんの背中がどんどん小さくなっていきます。

基本シッティングで上りますが、ときどき休むダンシングを織り交ぜながら、ドカ踏みにならないように気を付け、回すように回すようにと唱えながら耐えます。中盤を過ぎると、ある程度慣れてきたのか、息の苦しさが弱まって余裕が出てきました。残り2kmくらいの緩斜面ではペダルが回せる感じになってきてスピードを上げることができ、残り1km辺りでデビさんの背中が再び見えてきました。多分待っていてくれたと思うのですが、残り0.4kmを通過した後に追いついて、デビさんに写真を撮ってもらい、しかし、その隙をついてラストスパートを掛けて抜きました。この世は非情です。
そしてゴールっ!!ラップは39分08秒でした。ベストが出たか?と思いましたが、9/7の38分54秒から14秒落ちでした。でも、途中はもっとずっと遅いと思っていたので、予想外に早くてびっくり、満足です。

しばし息を整えるために休憩してから堂平天文台に上ります。この辺まで来ると太陽が顔を出して天気は良くなったのですが、空気は冷たかったですね。
12時半頃、堂平天文台に到着しました。
20121223_dohira.jpg
南東側(所沢〜東京方面)を撮ったのですが、そちらは空気が湿っているようで遠くまでは見えませんでした。でも天気がよくて気持ちよかったです。

その後、白石峠に下ってから大野峠を目指し、そこから県民の森〜芦ケ久保へ下りることにします。
しかし、今日はここまで。続きは明日アップします。
いやぁ〜、でもまさか、デビさんにあんな悲劇が起きるとは、、、予想外です。

応援の↓ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

延期:白石峠は23(日)に

おはようございます
先日お知らせした「急募:12/22(土)白石峠に上りませんか?」ですが、明日土曜日の天候が思わしくないことがほぼ確定的であるため
12/23(日)に延期します。
9時くらいに航空公園に集合して、のんびりまったり行きますので、ご一緒いただける方はコメントでご連絡ください。
以上、業務連絡でした。

改造:AMPIOのなんちゃってシクロクロス車化はどぉ?

こんばんわー
昨日は飲み会で更新できずでした。昨日、今日と寒かったですねー

先ずは業務連絡です。
明後日の22日(土)に予定している「白石峠:今年の走り納め第2弾」ですが、
天候によっては、翌23日(日)に変更します。その公算が高いですね。
日曜なら行きたいって方、ご一緒しませんか?コメント欄でご連絡ください。

さて、GIOS AMPIOの改造計画
先日の記事では、フレームサイズは、小さめですが、シートポストとステムで調整できそうなことまで確認しました。
続きを考えてみます。

先ず、使用目的ですが、街乗り兼未舗装路用にしようか、と考えています。使用者は、私の他に子供が乗ることも想定します。
だったら今のままのクロス(フラットロード)でいいんじゃないか?と思われそうですが、それじゃぁ面白くありません。元々、弄りたくて購入したんですからー
なので、ロード寄りだけどダートも走れるシクロクロス風(なんちゃってCX車)を目指したいと思います。

では、具体的に各部の仕様を考えます。
CX車ですから、やはりタイヤを換えますが、ホイールは手持ちのものを使います。元々Myセクターに付いてきたホイールは、リムがMAVIC CXP22で、タイヤの推奨サイズが28Cまでとなっていますが、32Cも嵌めることができるようです(要確認ですが)。
panaracer_CG_CX.jpg
しかし、ホイールに装着できたとしてもタイヤと、フレーム、フロントフォーク、ブレーキとのクリアランスの方が心配です。AMPIOのフレームは、その辺りのクリアランスが小さそうです。
なので、28Cか30Cのシクロクロス用タイヤがあればよいのですが、32C以上が一般的なのでしょうか?

次に、ハンドル&レバー類です。これは、Myセクターから取り外したSORAのSTIレバーを転用するつもりなので、ハンドルはドロップか、ブルホーン。ブルホーンの先端にSTIを付けるのって、どうなんでしょう?
prd-d-awbb318.jpg
ま、CX車を目指すので、ドロップでいいんですけどねー
ステムは、私のポジションを考えたら長め(120mmとか)がいいんだけど、子供が乗ることも考えると、100mmでいっかな?あと、補助ブレーキ(インラインブレーキ)も付けないといけませんねー

サドルは、クイック付きのクランプにして私用と子供用で使い分けます。私用にはMyセクターのを移植して、そっちは新しいのにしよーかなぁ〜?あと、ペダルは、Myセクターの片面フラットSPDを移植して、セクターはSPD−SLにしちゃおうかとも思っています。

ブレーキは、キャリパーブレーキだから、基本的にどうしょーもないんですが、タイヤとの干渉を避けるために大きめのアーチのものってあるのでしょうか?あるいは、オフロードで効きがよいキャリパーブレーキなんかもあればいいのですがー

最後に、悩ましいのがチェーンリング(クランクセット)です。小さく(軽く)したいんですが、アウター46Tとかって普通に付けられるんでしょうか?BBは、FSAのBB-7420 STというもので、チェーンリングはコンパクト50T-34Tが付いていますが、CX用としても、子供用としても、重いですよねー
tig-g-ckr04900.jpg
SHIMANOのホローテックBB&クランクセットでCX用9s対応のものなんてあるのかな?(BBが余ってるので転用したい)でも、あっても高いだろうし、まぁ、アウターだけ換えることを検討するのが現実的ですねー

以上、まとめると、購入する必要のある物としては、タイヤ&チューブ、ハンドル&ステム、補助ブレーキ、ケーブル類、バーテープですか、必須ではないけど交換したいものは、サドル、ポスト、ペダル、ブレーキ、アウターチェーンリング、チェーンくらいでしょうか?
徐々に揃えていきたいと思います。先ずはタイヤが入るかどうかなので、とりあえずポチってみようかな?

↓ポチッと応援していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

急募:12/22(土)白石峠に上りませんか?

こんばんわ
昨日は週明け早々の飲み会で午前様になり更新できませんでした。

私的には、今年の走り納め第2弾です。
今週末、12/22(土)に白石峠に行く予定です。
ご一緒いただくのは、プチデビルさん24WEさん、あとはどなたでしょう?
今のところ、9時過ぎに航空公園集合の予定で、のんびりゆっくりポタポタモードのつもり?です。

白石峠を上る以外は何も決めてませんが、以下のルートで現地まで行きますので、合流できる方がいらしたら、ご一緒にアタック!じゃなくてポタクライムしませんかー?

概ねのタイムスケジュールは、以下の通りです。
9:00〜9:30 航空公園スタート
10:00過ぎ 高麗川の辺り通過
11:00前 K30田中交差点そばファミマ(野原都幾川店)で休憩
11:30頃 白石峠の上り口到着。

上った後は、どうしましょうかね?
定峰峠から北側(東秩父村や小川町)に下るか、大野峠から西側(秩父)に下るか、刈場坂峠や顔振峠から南側(吾野、飯能)に下るか、さらに鎌北湖から東側(毛呂山)に下るか、あるいは下って上るを繰り返すか、、、
まー、そのときの状況をみて適宜考えましょう。
昼食は何が食べたいですか?わらじトンカツ?正丸丼?ま、ルート次第ですねー
また、土曜日は天候がちょっとイマイチっポイですから、前日夜までに決行か中止かを決めたいと思います。

以上のように、ほぼノープランですが、ご一緒いただける方はコメントで参加表明お願いします。

ついでに↓ポチっとしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今年の走り納め?気持ちいい日でした

こんばんわ
今日は暖かくて(暑いくらい)気持ち良い日でしたね。天候に恵まれて皆さんよい走りができたのではないでしょうか?
私も時間は短かったですが、気持ち良く走れたので、今日の走行を今年の走り納めにしてもいいかな?って思った程でした。でも、まだ今月の走行距離が最低目標の500kmに達していないので、来週も走りますけどねー

今朝は起きたら9時前で、外は良い天気で暖かい、、、出遅れました。しかし、昨日と同様に膝の様子見でのんびり走るつもりでしたから、もっと気温が上がってからスタートしても全然OK。
ゆっくり準備して10時20分頃にスタートしました。

では、本日(2012.12.16)の走行記録です。
どこに行こうか?と考えましたが、天気もいいし気温も高いので、昨日考えた通り、坂で膝の具合を確かめてみるために、いつもの山伏峠を目指すことにしました。
例によって多摩湖の脇を通って青梅街道から岩蔵街道を経て、小曽木から成木街道に入ります。うん、暑い。薄めのアウターに念のためウィンブレを羽織ってきましたが、普通に走っていても汗をかくくらい暑いです。

でも、今日は膝の様子見ですから、身体を十分に暖めるアップだと思ってそのまま小沢峠を上ります。軽めのギアでクルクル回して上りますが、膝に痛みはでません。良い感じです。しかし、調子に乗って踏み込んだりはしません。ケイデンスを意識して軽く、軽ぅ〜くです。滝成トンネルから小沢トンネルまでのラップは13分26秒、平均速度18.1km/hでした。速くはないけど、いいペースで上れたと思います。

その後、名栗に出てから上り基調も負荷を掛けないよう軽めのギアで慎重に走ります。上名栗のJA前の公衆トイレで休憩しますが、トイレは利用せずに一服しただけでした。顔にも塩がふくほどだったので、体内の水分が汗で出ていたのでしょう。なので、ウィンブレは、そこで脱ぎ、再スタートしましたが、そのすぐ後に道の横にある温度計を見たら、なんと「21℃」と表示されてるではないですか!そりゃぁ暑いはずです。10月以来じゃないですかね?フェーン現象かなんかですか?

ま、そんなことを考えながら、山伏峠の上り口である右折地点を12時半くらいに通過し、そのまま計測開始です。ここでもやっぱり踏み込まずに軽めのギアでクルクルです。今日は脚がよく回りますね。12〜14km/hくらいを維持したまま順調に上り、製材所後の第一橋ヘアピンを通過してからの緩斜では、多少踏み込んで速度を上げたりしながら、膝の様子を見ますが、問題なさそうです。でも、さすがに第二橋ヘアピンを通過してからの急勾配ではキツくなってきました。それでも第三ヘアピン通過後のラストスパートで多少ペースを上げることができ、ゴール!
ラップタイムは、20分39秒、平均速度12.6km/hでした。
ベストには30秒ほど及びませんが、先週よりも10秒速く上れました。うん、復調してきています。

今日は、調子が良いので、Uターンではなく、そのまま正丸峠に行くことにしました。
正丸峠への上りは完全にペースを落としてゆっくりゆっくりです。木々の葉っぱが落ちて見通しが良くなり、景色がよく見えますね。
正丸峠の茶屋に到着です。
20121216_shomaru.jpg
一服後に直ぐ再スタートし、正丸峠をR299側に下り、そのままR299を飯能方面に下ります。ここでは、50km/hを超えるスピードで壮快ダウンヒル。気持ちよかったですー

なぜ走りにくくて嫌いなR299を下ったかというと、10月に道が分からずに行けなかった天覚山(10/20の記事参照)の峠に行きたかったからです。行けないままで年を越したくないから今日はチャンス!ってことで、東吾野まで行って、そこから峠を越えることにしました。
東吾野の駅前で休憩です。駅前の商店で購入した赤コーラとバターまんじゅう、チョコほっくりを補給です。
20121216_higasiagano.jpg

休憩後、上り口を探しますが、10/20のときのように「子の権現」に引き寄せられないよう、駅よりも東側の道を慎重に探したところ、「長尾坂・野口入線林道」の看板を見つけました。うん、ここに違いないってことで上り始めますが、結構な勾配があります。まーでもゆっくり上れば問題ありません。ピークまでは1.8km程の登坂距離で、平均勾配が6.8%ほどでした。
一応、ピークで記念撮影。ここから天覚山の頂上へは登山道があるようです。
20121216_tenkakusan.jpg

撮影後すぐに下って飯能ー名栗線に出て、名栗側に少し戻り、山王峠を越えて帰ってきました。16時過ぎ帰宅。6時間弱の旅でした。

本日(2012.12.16)の走行記録
走行距離:111.41km
走行時間:5時間04分
平均速度:21.9km/h
最高速度:59.2km/h
獲得標高:1340m(ルートラボより)

以上、今日は暖かかったこともあって膝が全く痛まず、良い気分で走ることができました。坂の調子も11月の絶不調の状況から回復傾向にありますし、いい感じです。
また、私にとって峠の原点でありホームコースとしている山伏峠・正丸峠を気持ち良く走れたことで、今年の走り納め第1弾として仮認定しておきます。
今日の調子だったらプチデビルさんから来週お誘いいただいている白石峠も大丈夫?ではないかと思います。あ、あくまでもゆっくりポタポタですよ、まだまだ全快ではないはずですし、忘年会の翌日ですし、寒くなるかもしれないですからねー

回復傾向の私をポチッと↓応援いただけるとありがたいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

改造:GIOS AMPIOの改造を考えてみる

こんばんわ
今日は、クロスバイクGIOS AMPIOの改造計画です。
GIOS_AMPIO.jpg

以前の記事で紹介だけしたAMPIOですが、娘(中二)が全く乗ってくれません。まー土曜は学校&部活、日曜も部活(試合)があることが多く、なにより、この超寒いときに自転車に乗るなんて変態だと思っている様子。あ、言っておきますが、私が敬遠されているわけじゃーないですよ!ええ決して、、、多分

なので、乗らないまま置いておくのももったいないので、そろそろ改造計画を具体化させようかと
先ず、基本方針としては、私も娘も乗れるロード化です。前記事でも書きましたが、AMPIOは、クロスバイクのカテゴリーなのですが、フラットロードという方が当たっていると思います。フレームはクロモリのホリゾンタルで、ロングホイールベースタイプのジオメトリーで設計されていると思われます。

従って、フラットバーハンドルをドロップやブルホーンに交換してロード化する際に、ハンドル(ブラケット)位置が遠くならないように、小さいフレームサイズ(47)を選びました。その方が娘も乗りやすいし、フレーム剛性が高くて軽いのでは?という理由もありました。

では、実際のジオメトリーはどうなっていて、改造するにはどんな形状・サイズのパーツが選択可能で、改造後のポジションはどうなるのか?調べてみましょう

ところが、AMPIOに限らずGIOSはHP等で詳しいジオメトリーを公開していません。分かるのは以下の値だけです。
シートチューブ長:470mm
トップチューブ長:530mm(ホリゾンタル値)
シートチューブ角:74.5°
フォークオフセット:45mm

しょーがないので、実車の寸法を測ってみました。するとどうでしょう?シートチューブ長が510mmあります。トップチューブ長は合ってます。なぜでしょう?よくわかりません。
ともかく、実測値を使って描いたジオメトリー図が↓これです。
GEO_AMPIO.jpg

次に、Myセクターの図と重ねてみますが、現在のサドルとブラケットも描き加えてみました(実測値から)。
GEO_SEC-AMPIO.jpg

うん、AMPIOのフレームは、やはり相当小さかったですかねー?ヘッドチューブの位置が低いですね。ホイールベースも40mmくらい短いです。
でも、ホリゾンタルなのでシートチューブの長さは十分あるから、サドル高さは調整可能ですし、フォークコラムもだいぶ余ってて、ヘッドチューブから90mmくらい突出してるので、ステムの高さと角度を調整して適当な長さにすれば、ハンドル&ブラケット位置もなんとかなりそうですね。ハンドル(ブラケット)位置は低くなりますが、近くもなるので、チャラですか?

ここまでで長くなったので、続きはまた今度。
次回は、交換するハンドルの種別、サイズなどを考えてみようと思います。

改造計画も応援いただけるといろいろ捗ると思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

平地:軽く50km弱で膝の様子見

こんにちわ
今日は午後から降水確率が50%ってことでしたので、午前中に軽く走ってきました。
膝の様子を見るためですから、坂には行かず、平地で軽めの走行です。
今日はあまり寒くなく、風もなかったので、気持ちよく走れました。

10時前にスタートし、航空公園の周回コースです。
公園と通信基地を大きく回る7kmの周回ルートを2周してから、通信基地側を回る5kmのルートを2周しました。5km×2でラップを取りましたが、まぁ基本的には踏み込まずに軽く回していたので、平均速度27km/h台でした。
この程度で走っていれば、膝は全く痛みませんし、何の違和感もなかったです。途中で何度かダンシングで掛けたりもしたんですが、それでも膝は大丈夫でした。

その後、少しは坂も上れるか試してみようと思い、西所沢から西武球場方面に向かい、狭山湖の軽い坂を上ってみました。平均勾配4〜5%程度?の軽い坂でしたが、膝は大丈夫でした。
ただ、狭山湖沿いの未舗装路を数百メートル走らされたので、砂利でタイヤが空転して立ちゴケしそうになるわ、タイヤがまたしてもマッシロケーになるわで、ちょっとフラストレーションたまりました。

そんなこんなで、12時過ぎに帰宅。掃除をして本日終了。

本日(2012.12.15)の走行記録
走行距離:49.88km
走行時間:2時間06分
平均速度:23.6km/h
最高速度:42.5km/h
獲得標高: −

以上、膝の痛みは全く出ませんでした。治った?リハビリウォーキングが効いたかな?
ま、でも無理は禁物です。明日、もう少し距離を伸ばして、多少キツ目の坂も上ってみて、どうなるかを試してみます。その結果をもって、来週の白石峠走り納めに行くかどうかを決めたいと思います。

あと半月で今年も終わりですね
ポチっ↓としていただけたら良い年越しができそうです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新車:購入計画What編(TREKの追加)

こんばんわ
今日も職場からの帰りに駅まで歩き、これで今週は4日連続、計14〜5km程を歩いたことになります。
スネが筋肉痛ですが、膝は大丈夫、問題ありません。今週末に乗ってみて痛みが出なければよいのですが

さて、今日は、先日の記事「新車:購入計画What編(その3)TREK」の続編、というか補足です。
この記事を書いた後にジオメトリー図を描いてみようって記事(これこれ)をアップしたのですが、TREK DOMANEについて、Myセクター(ジオメトリーはROUBAIXと同一)と重ねて比較してみました。

先ず、ジオメトリーの比較表(再掲)
TREK_GEO.jpg

そして、ジオメトリー図を重ねたものがこちら
GEO_SEC-DOMANE.jpg

黒がMyセクター(ROUBAIX)で、緑がTREK DOMANEです。
なかなか分かりにくいですが、DOMANEの方がホイールベースが若干長く、特にチェーンステーが長いことが見て取れます。そして、最大の違いは、高さ方向の寸法差ですね。DOMANEの方がヘッドチューブが5mm長いのは数値から分かるのですが、その上端位置(即ち、仮想ホリゾンタルのトップチューブ位置)が10mmほど上にあることが分かりました。従って、ヘッド&シートのチューブ角の分だけ仮想トップチューブが後退していることにもなります。

うむ、それが特性にどのような影響を与えているかは分かりませんが、少なくともMyセクター(ROUBAIX)よりもハンドル位置が高くなって近くなる(ステムの長さ、角度が同じなら)→コンフォート系になる、ってことでしょうか?
また、チェーンステーは長くなっても、シートステーの角度が立ってきますから、後ろ三角の剛性が柔らかくなるのか?硬くなるのか?よく分かりませんねぇ、、なんとなくですけど、ROUBAIXの方が振動吸収性は良さそうな気がするのは依怙贔屓でしょうか?

ま、各チューブの材質、断面寸法、偏平形状など、様々な要素が合わさって剛性は決まってきますから、ジオメトリーの形だけでは何ともいえませんが、数値を見ただけでは分からなかったヘッド高さの違いが、図を描くことで見えたのは収穫でした。
(でも、作図がメンドクサイ)

以上、TREK編の追加でした。

ポチっと↓応援いただけると面倒な図もまた描いてみようかな?という気になります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

祝!:ブログ開設3ヶ月&5000アクセス

こんばんわー
今日は、クライアント系の忘年会に参加して、さっき帰ってきましたー
今日もたくさん歩きましたよー駅から忘年会の会場まで片道25分くらいを往復しました。送迎バスがあるのですが、時間が合わず面倒だったので歩きました。いい運動になったし、膝に痛みもでなかったので、飲み会が楽しかったかどうかは別として、まぁグッドでしたー

さて、3ヶ月前の9/13に当ブログを開設して明日で丸三ヶ月になります。また、今日の昼前にチェックしたところ、ちょうどアクセスカウンターが5000を表示していました(私のアクセスはカウントされてないと思いますが)。
20121212_5000.jpg

たくさんの方々にご覧いただき、感謝々々です。本当にありがとうございます。

いやー開設当初は予想もしていませんでしたし、今も実感できていませんが、多い日は100人以上の方が見に来ていただいてるってことに、本当にビックリしています。
ただの自転車初心者の中年オヤヂが入門用ロードで走り回って、あーでもないこーでもないってテキトーなことを書いてるだけですよ?いいんですか?いいんですねっ!

まーともかく、この3ヶ月を振り返るとともに、今後の抱負などを
そもそも、何故9/13に開設したかというと、たまたまなんとなくですー。何かの記念日というわけでもなく、大安吉日を狙ったわけでもありません。ただ、昨年8月にロードバイクに乗り始めてから1年が過ぎた、というだけの理由で開設しただけです。

開設した当初は、書きたいことはたくさんあるものの、その気持ちと表現力とが噛み合わず(今もか?)、1件の記事を書くのにとても苦労しました。まー今も上手く表現できているとは思ってませんが、最近は、書きたいテーマが何個かあるので、書くのに苦労するということは少なくなってきましたね。

しかし、テーマに縛られてしまうと、書くのは楽でも発展性がなくなっちゃうので、他のことにも興味をどんどん拡げていき、多彩な話題を取り上げられるようにしていきたいと思います。

また、ブログを始めたおかげで、仲間が増えました。これも全く予想外の嬉しい出来事です。ブログ開設以前にも、他の方のブログにコメントを書き込ませてもらうことはあったのですが、やはり、自分のブログがあると双方向の情報伝達ができ、こちらの状況や趣味指向?も伝えられるので、コミュニケーションが密になりますねー

その結果、一緒に走りましょうかってことで走りに行ったり、その繋がりでブログを通じてコメントのやり取りをするようになったり、等々、ブログ開設以前では考えられなかったような人の繋がりができました。

いや〜これは本当にすごいことだと思います。ブログをやってなかったらあり得ないことです。だって、見ず知らずの赤の他人同士がですよ「明日、朝6時にどこそこに集合して、○○峠攻めに行きましょう」とかね、、、どんな出会い系ですかっ!?しかも、いい歳したオッサン同士、、一歩間違えたらタイーホされますよっ

ま、ともかく、わずか3ヶ月で、たくさんの方々に読んでいただけるようになったことと、リアルな走行仲間ができたこと、この2つが最大の収穫であり、喜びです。
本当にありがとうございます。

自転車に乗るというだけで、こんなふうに生活(人生というと大袈裟?)が変わるとは、さらにブログを始めたことで、こんなにも人間関係が広がるとは、、、ロードバイクの効用は、私にとって計り知れない奥深さがありました。

んーっとぉ〜、この記事は、忘年会からの帰りの電車の中で書いているんですが、会場が遠すぎて、まだまだ着きません。酔っ払ってることもあって、だんだん話が大きく、かつ、情緒的になり始めてますよねー(クドくなってる?だから若手に付き合ってもらえないのかな?)でも、書いてるとどんどん楽しくなってくるんですよねー

まぁいいです。まだまだ全然最寄り駅には着きませんが、この辺で終わりにします。
こんな酔っ払いオヤヂが書いてるブログですが、今後もできるだけ頑張って更新していきますので、ご贔屓のほど、よろしくお願いします。

ついでに↓応援のポチっも何卒よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

膝痛:思い当たる節はいろいろあります

こんばんわ
今日も仕事帰りに駅までリハビリウォーキング
昨日と同じ6km/hくらいで歩きました。

でも今日は、途中、意識しすぎたのか、脚(腿)に力が入って?少し左膝が痛み出しそうでしたが、リラックスして腿は振りだすだけって心がけたら、痛みがなくなりました。

心肺に軽い負荷を与えて30分歩き、駅に着いたときには身体がホカホカ温まり(汗をかくほどではない)、良い運動になります。膝周りの筋肉が鍛えられれば、さらに良いんだけどー

昨日のコメントでぽじさんに教えてもらった「鵞足炎」ですが、ググってみました。
gasoku.jpg
うん、いろいろ心当たりがありますねー
私なりにまとめてみました
(あくまでも私の印象ですので、ちゃんと知りたい方は調べるか、病院で診察を受けてくださいね)

1. 負荷の掛かる運動をしたか?
Yes) 9月〜10月に月平均1000km走り、月平均10000m上った。
  それまでよりも、いきなり倍以上、いやもっと?負荷がかかったと思います。

2. ペダリング時に膝が内側に入ってないか?
No?) 私は内股やX脚ではなく、むしろO脚だと思うんですが?
  ペダリングの踏み込み時に内側に入ってるかは分かりません。
  逆にO脚を補正しようとして内側に入っていることがあるのかも?
  ただ、ドカ踏みになって、腿の負荷が大きくなってることは確かだと思います。

3. 準備運動や整理運動が不十分?
Yes) 走行前後にストレッチなど全くしていません(キリっ

4. 加齢により筋肉などが固くなってないか?
Yes) なってるでしょっそりゃぁ歳が歳ですから
  あと、季節的に寒くなって筋肉や腱が固くなったのもあるのかな?

まー対処法は、休ませるしかないみたいなので、のんびりいきます。
ちょうど年末年始で正月休みもあって乗れない時期なのはむしろよかったのかな?

以上、皆様もお気をつけ下さい。
応援の↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

膝痛:リハビリウォーキング

こんばんわー
一昨日、昨日のライドで左膝(内側前寄り)の痛みが本格化したので、何か対処方法はないものか?と考えています。
まー普通に考えたら、しばらく休ませて様子を見る、が正解だということは分かっています。でも、それじゃぁ面白くないので、別の方法として、動かして治すことができないか?と

あ、今日の記事は、科学的、医学的な根拠や裏付けは全くありません。私が好きで勝手に試してみることですから、症状を悪化させる危険性があることを予めお断りしておきます。

で、今日は、職場から駅まで3km弱を歩いてみました(普段はバスで15〜20分)。まぁ割りとしょっちゅう歩いてるんですけどねー
歩く速度は6km/h弱(キロ10分)で、ドアtoホームが約30分。結構早足ですから、心肺にも少し負荷がかかって息が早くなる程度です(よく知りませんが、LSDくらい?)。

歩くぶんには膝は全く痛みません。なので、大股でズンズン歩きましたが、踵からの着地、足先での蹴りだしともに問題なしです。歩いているうちにスネやアキレス腱、ふくらはぎに効いてきます。通常のペダリングではあまり使わない部位ですね。

駅に着いて止まると、膝周りが熱く感じます。周辺の筋肉や筋を使ったということでしょうか?止まってからも膝には何の違和感もありません。いい感じです。

てことで、リハビリウォーキングは、膝に対して特に悪影響もなさそうなので、明日以降もできるだけ続けてみようと思っています。バス代も浮くしねー

以上、今日はネタがなかったので、歩いたことを無理矢理リハビリにこじつけてみましたー
本当はちゃんと治す方法を探さないといけないんですが、根がズボラなものでテキトーなことを書いてしまってスミマセン

応援の↓ポチっとしていただけると膝が治る気がします
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今日はのんびりポタポタ走ってきました

こんばんわ
今日は予報では寒くなるということだったので、どうしよーかなぁ?と思っていたのですが、風は少しありそうですが朝からよい天気。
朝一の買い物に運転手として出動し、戻ってきてから、準備して出発です。今日の装備は、ロングのインナー上下と、上は半袖ジャージ+アウター+ネックウォーマー+ウィンブレ、下はロングビブ+シューズカバー、というように重装備です。また、左膝は、ひざサポーターで固めてみました。そして、先日購入したオーバーグローブを試してみます。
monbell.jpg

10時50分くらいにスタートしましたが、どこに行くかは何も決めずに、いつものように多摩湖の脇を抜けて青梅街道を西へ向かって走ります。
しかし、走りだしから左膝が痛みます。しかも、昨日の帰りと同じかそれ以上に痛い。ペダリング中ずっと痛みがあります。これでは坂は無理と判断し、平地をゆっくり走って、ダメだったら戻ってこようと決めて、ポタポタモードです。

寒さに関しては、今日は重装備ですから全く感じません。むしろ走りだしから暑いくらいで、手先、足先も全く冷たくありません。オーバーグローブは、三本指(親指、人差し指&中指、薬指&小指)なので、薬指でシフトアップしようと思っていたのですが、薬指の感覚が鈍くてレバー操作ができません。仕方ないので、シフトダウンは人差し指&中指、シフトアップも人差し指で行いました。ちょっとコツがいりますね。アップダウンが多いルートで攻めの走りは難しそうです。あと、ちょっと気になったのが、中指が人差し指と一緒になってるので、もちろん人差し指をレバーに添えたまま中指〜小指でハンドルを握れません。

信号ダッシュなどで引き腕を使うときには、人差し指はブレーキレバーに添えたままで、中指〜小指でハンドルを握るクセ?があるので、違和感がありました。薬指&小指では握りが弱すぎて引き手が使えません。かといって、人差し指まで使ってハンドルを握るためには、手の位置をブラケットからちょっと後ろにズラさないといけなし、それだとブレーキ操作がすぐにできなくなるので、少し不便だと感じましたねー

まー慣れもあるし、オーバーグローブを使う時はゆっくり操作するように、走り方を変えればいいだけなんでしょうけどね。よっぽど寒い早朝や平地巡航時など、限られた用途で使うようにして、レバー操作が多くなる場面では外すなど、使い方を考えればいいと思いました。

走行の話に戻ります。
箱根ケ崎から左折して南下し、羽村方面を目指しますが、横田基地の東側に行ってしまい、グルっと迂回させられました。武蔵村山から再度南下し、五日市街道を西に走って拝島に出ました。この辺りの道はよく知らないんですが、R16にぶつかったので右折して北に、また五日市街道を西へ曲がると、福生を過ぎたところで新奥多摩街道に出たので、青梅方面に向かいました。すぐに羽村の駅前まできたので、左折して多摩川羽村堰に到着。
実は羽村堰、初めて来ました。なので玉川兄弟と記念撮影。
20121209_hamura.jpg

そこで小休止し、オーバーグローブとひざサポーターを外します。ひざサポーターは、安心感はあるのですが、膝裏まで締め付けるので、裏側が痛くなってきました。
そして、多摩川サイクリングロードを下って、帰路に
この辺りの多摩サイは初めて走りましたが、道は細いし、河川敷へ降ろされたり住宅街に回らされたりするので、イマイチ走りにくいですねー(道が違ったのかな?)河川敷の砂利を走らされて、タイヤもマッシロケー
その後、日野橋のところから立川方面に北上し、国立、国分寺、小平を通って帰ってきました。15時帰宅。

本日(2012.12.09)の走行記録
走行距離:64.55km
走行時間:3時間14分
平均速度:19.9km/h
最高速度:40.3km/h
獲得標高: −

以上、今日も左膝が痛みました。うぅ、本格的に膝痛発症っぽいです、、、
帰ってからバンテリンを塗りまくりましたが、やはり休ませないとなかなか直らない感じですね。しばらく坂は封印しないといけないんでしょうか?
一方、膝の不調とは反対に、シート周りの異音は、昨日、今日と鳴りを潜めています。なんなんでしょうか?ま、このまま解消してくれればいいんですけどねー

日本ブログ村のランキングにエントリーしています。
下の↓「ロードバイク」バナーをポチッとしていただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ジオメトリー図をちゃんと書いてみた

こんばんわ
昨日の記事「図解:ジオメトリーって数値だけじゃ分からない」の続きです。

とりあえず、今のバイクであるSPECIALIZED SECTUER SPORT COMPACT 2011のジオメトリー図を作りましたので、アップしておきます。
先ず、ジオメトリー表
SECTEUR_GEO2.jpg

そして、作成したジオメトリー図
SECTUER_GEO_ZU.jpg
表の数値をほぼ正確に反映させた図になっているんですが、
この図だけじゃぁ、なんのこっちゃ?ですよね〜
今後、この図の使い方を考えていきますので、もう少々お時間を下さい。

ともかく、応援のクリックをポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

坂力:先月から3回目の山伏峠

こんばんわ
今日は日差しが暖かく穏やかな天気で走りやすかったですねー
午後は風が出てきたみたいですけど、自転車日和だったんじゃないでしょうか

さて、今日は、先月から始めた坂力補完計画の実行のため3回目の山伏峠に行ってきました。
では、スタートです。
8時50分に出発し、いつものルートを通って成木街道まで走ります。
先週土曜のY’sCup以来、一週間ぶりの走行だからか、少し脚が重いですが、レースを思い出して巡航速度を上げるように踏んでいきます。左膝に少し痛みがあります。

で、前回と同じく小沢峠でタイム計測しましたが、途中、道路工事の仮設信号で止められましたが、小沢トンネルまで13分12秒(平均速度18.5km/h)と、過去2回よりもいいタイムで上れました。

名栗に出てからは、左膝の痛みも感じなくなり、比較的順調に走れます。
出発から2時間ちょっとで山伏峠への上り口に到着し、そのままノンストップで計測開始です。
ただ、やはり左膝が気になるので、あまり強く踏み込まずにケイデンスで上るようにします。そうすると脚がよく回り、いいペースで上れます。でも途中の勾配が急になるところでは、膝が心配なのでダンシングを封印し、シッティングでエッチラオッチラですから、さすがに速度が一桁まで落ちて心肺もキツくなってきました。
ラスト1kmになってからは勾配が緩くなるので、シッティングのままトルクをかけてラストスパートできました。
タイムは、20分49秒(平均速度12.5km/h)です。ベストには及びませんが、前の2回よりも速く、前回よりも1分以上短縮することができました。
山伏峠の最終コーナーです。
20121208_yamabusi.jpg

だいぶ調子が戻ってきたことに気を良くして、峠のピークで補給を採り、そのまま正丸方面に行こうかとも思ったんですが、膝が気になるので無理せずに帰ることにしました。
ダウンヒルから名栗の下り基調を順調に進みますが、70kmを超えたあたりから、また左膝が痛み始めました。今度は、時々ではなく、ペダリング中ずっと痛みを感じるようになり、ちょっとマズい感じ
山王峠を越えてから、また赤コーラで補給休憩をとりますが、痛みは消えず、そのまま家まで続きました。13時50分帰宅。5時間ちょうどでした。

本日(2012.12.08)の走行記録
走行距離:100.06km
走行時間:4時間20分
平均速度:23.0km/h
最高速度:57.5km/h
獲得標高:1060m(ルートラボから)

いやー左膝が気になります。帰ってきてからバンテリン液と、ひざサポーターを買ってきました。
今日も無理せずに帰ってきたつもりなんですが、うーむ、休ませた方がいいのでしょうか?
あと、買い物ついでってわけじゃないんですが、以前の記事で紹介したSWANSのフレーム+ラウンドタイプの度入りレンズのアイウェアを買っちゃいました。できるのは年末か来年
フレームカラーは、↓これです。レンズは違う色ですが
SWANS_glass.jpg

目は大事ですからね。
でも、視力がソートー悪いので、レンズがギリギリってのと、だいぶ厚くなるみたいです。あと、ラウンドしてるので直視以外は歪んで見えてグラグラするかも?ってことでした。ま、歪みを補正する方法とともに開発したらしいんですがね、どうなんでしょう?またレビューします。

明日は寒そうなのでどうしよーかなぁ〜?
と、思っているヘタレな私に応援のポチっ↓をよろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

図解:ジオメトリーって数値だけじゃ分からない

こんばんわーっ
今週は、非常に珍しいことに、1度も飲みにいかずに毎日ちゃんと帰ってきました。

さて、最近、いろんなバイクのジオメトリーを調べて記事にしているのですが、数値だけを比較してもイマイチしっくりきません。

そこで、図にして重ねてみれば、もう少し具体的にイメージできるのでは?と考えました。また、ポジション出しや調整の際にも分かり易くなって便利かな?と思います。

てことで、要はフレームの芯線図を描きたいのですが、CADソフトあったっけー?あぁ無いよなーって状態です。昔、設計の仕事をしていたときにはあったんですが、設計から離れて10年超、、CADは使ってません。てか、インストールされてるMacも5年以上?立ち上げてません、、

しょーがないから、精度は落ちるけど、DRAWソフトで描いてみようと思うも、イラレも同じMacだった、、、
てことで、さらに精度が落ちるフリーのDRAWソフトで試してみますか〜
MacBookにはSketch+やDrawBerryていうソフトを入れてますが、これらは機能が限定的すぎるので、WinのJDrafterってのを使うことにします(これ、結構使えます、お勧めです)。

先ずは、描き順を考えてみます。
1.基準線を引く
 ホイール中心を結ぶ水平線Aと、BB中心を通る鉛直線Bを引く
 水平線からBBドロップ寸法だけ下にBB水平線Cを引く
GEO_ZU1.jpg

2.シートチューブSTを描く
 シートチューブ長(仮想ホリゾンタルの交点まで)に合わせた長さの直線STを引く
 シートチューブ角に合わせて直線STを回転させる
 直線STの下端(アンカー)をドラッグして基準線A-Cの交点に直線STを移動させる
GEO_ZU2.jpg

3.仮想トップチューブTTを描く
 トップチューブ長(仮想ホリゾンタル)に合わせた長さの直線TTを描く
 直線TTの端をドラッグし直線STの上端(アンカー)に直線TTを移動させる
GEO_ZU3.jpg

あぁ〜だんだん面倒臭くなってきたのでーあとは説明を省略しますが、基本的な操作は同じです。線を引いて回転や移動させるだけ、交点や端点などのアンカーポイントを使えば、ズレることなく移動させることができます。チェーンステーでは、三角関数ってかピタゴラスの定理を使いますが難しくはありません。

以上のようにして描いたジオメトリー図が↓これです(サイズはテキトーです)。
GEO_ZU4.jpg
※(12/8追記)フロントフォークFFのオフセットの取り方が違ってますね。ヘッドチューブHTの直交方向にオフセットさせないといけません。また、シートステーSSの上端は、仮想ST-TTの交点ではなく、実際のST-TTの交点辺りにきますから、こちらも間違ってます。後日、修正したものを記載します。スミマセン

えっ?!これだけっ?!と思いますが、ジオメトリーに基づいて描けるのは、これだけです。(メーカーによっては、それ以上の細かい数値を公開してくれているところもありますが、比較するのが目的ですから、どのメーカーも公開している基本的な数値だけで描いてみました)

ダウンチューブは、ヘッドチューブHTとの交点位置が解らないので、描けません(ヘッドチューブHT下端とBB中心を結んじゃうと実際のダウンチューブの芯と異なるので、角度が違って変に見えます)。
トップチューブも仮想ホリゾンタルですから、実際のスローピングなどは表現されていません。あと、サドルやステム、ハンドルは、ジオメトリーとは関係ありませんしねー

てことで、もっとリアルな図ができると期待された方には残念でしたが(実は私もちょっとガッカリしたのですが)、ジオメトリーに忠実に描くと、このような図にしかなりません。って結論でした。

いやいや、違います。
今日はもぉ力尽きましたから、ここまでですが、次回以降に、複数車種のジオメトリー図を重ねてみて、どぉーなるか?をやってみたいと思います。
乞うご期待!(線が重なるだけで、差が見えなかったりするかも?)

「労多くして功少なし」と思ったそこの貴方っ!
ポチっ↓と応援していただけると、私も少しは報われます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

悩む:買い替えか廃車か、、自動車の話

こんばんわ
今日は、自動車について

今乗ってるのは三菱COLTで、8年前にマツダMPVから乗り換えたものです。MPVは、まだ子供達が小さい頃で、帰省するにも荷物が大量に積めるってことで便利だったのですが、子供達が小学生になる頃には、車で遠出することも減り(帰省は新幹線になり)大きな車が必要なくなりました。それで小型車に換えようってことで、中古のCOLTにしたんです。

まー元々、車にはあまりこだわりがなく、実用的であればいいって主義なので、メーカーや車種は何でもいいっちゃーなんでもいいんです。で、COLTも特に問題なく走るし、故障は一度もないし、家族4人が乗るのに不便もありません。だから買い替える必要も無いっちゃーないんですが、初期登録から10年になりますし、維持経費も馬鹿になりません。

また、COLTにしてから走行距離が極端に少なくなったのも、維持してる意味があるのか?と、考える理由の一つです。いやー以前から近所の買い物程度しか乗らなかったんですが(年間2000km未満)、自転車始めてからはホントに乗らなくなったんですよねー(1000km切ったかも?)。ウチは私しか運転しないし、週末しか使わないから、週末に私が自転車で出ていっちゃうと、全く車が動かないってことになります。

なので、車検が来年4月にやってくるってこともあり、その前に対処を考えてみようかな?と
でも、いきなり車がない生活ってのは、どうなんでしょう?一応、月に4〜5回は買い物で出動するし、他には、、、あまり思い付かないけど、イベント等にトランポしていくこともあるし(1回しかないけど)、、、レンタカーで十分かな?でも面倒臭いし、カーシェアリングが近くにあるような洒落た街じゃないし。これまで当たり前にあった車がない生活が想像できません。

てことで、折衷案?として、維持費が多少でも安い軽自動車はどぉなんだ?というのが今日のテーマです。
ホンダのN-BOXとか、車内空間が広くて、荷物の積み降ろしも楽で、自転車(27インチ)もそのまま積めるっていうじゃないですかー。だったら十分なんじゃないか?と
N-BOX.jpg

でも、私は本来、軽には否定的で、あんなビンボー臭い規格はとっとと廃止すればいいのに、価格が安いわけでもなく、燃費がいいわけでもない、中途半端な規格だと考えていましたし、それは今も変わりません。が、背に腹は代えられません。この際、維持費が安くなるなら、軽でもいいか?!と

気になるのは、本当に維持費が安くなるのか?実用性はあるのか?家族がどう反応するか?くらいです。買い替えコストについては、今のCOLTも数年以内にはダメになるでしょうから考えないことにしますが、新車なんて買う気は全くありませんし、できるだけ安価なのにします(そこで使うくらいなら、カーボンバイク買いますよね)。

維持費(税金、車検代、保険料)は、ネットで調べたところ、小型車(1.5L未満)と比較して年間4万円ほど安くなるようです。
実用性は、N-BOXのようなものでなくても、いっそワンボックスにしてしまえば、前輪外さずに2台+2人くらいは乗れそうです。ま、前輪外すくらいは許容範囲です。なんせCOLTは、前後輪外して1台がギリですから。
家族の意見は、この際ムシします。

以上のように、とりあえずメリットがありそうなので、今後、もう少し具体的に検討してみたいと思います。
トランポに適した軽の情報など、教えていただけると助かります。

自転車を趣味にしたせいで悩みが尽きない私を
ポチっと↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

勝負服?いいえ、ただのコスプレです

こんばんわー
この前の土曜(12/1)に出場したY's Cup4時間エンデューロin彩湖の写真がY's Roadのサイトで公開されていたので自分を探してみました(レースリザルトも出てましたが、途中終了のため興味なし)。

自分が写っている写真は、ざっと見ただけですが、1枚だけ見つかりました。
20121201_yscup.jpg
管理橋手前のコーナーですね。真ん中が私です。
腕が伸びきっていて余裕がないフォームになってます。いえね、このコーナー、減速してから狭くて急なので結構怖かったし、落車もあったから、コーナー出口を確認するために上体を起こしてるんですよー

で、この日は、上下揃いのレプリカジャージで臨みました。てか、イベント参加用にCHINAから買ったナンチャッテジャージなんですけどねー

はい、2010年にカンチェッラーラ(当時サクソバンク・サンガード)が着ていたスイスチャンピオンジャージのレプリカです。因みに、その年バージョンのサクソの普通タイプ(青ー白)も上下持ってます。

この日は寒かったため、赤いジャージの下にオレンジのアウターを着ているので、長袖に見えますけど半袖ですし、レッグウォーマーしてるのでロングに見えますけど半レーパンです。

上の写真じゃ小さすぎて分かりにくいですね。
てことで、もう少し大きく写ってる写真が↓こちら
2010Raris-RoubaixDVD.jpg 20120505_motegi1.jpg

両方とも私、、、、、ではありませんよ〜〜間違えないでくださいねっ!

左はカンチェッラーラで、右が私ですよぉ〜〜
ヒゲの濃さが全然違うから分かりますよね〜〜

では、さらに↓こちら
2010VlaanderenDVD.jpg 20120505_motegi2.jpg

カンチェの方がアゴがシャクレてるから一目瞭然ですね。
・・・・・・

スミマセン。
カンチェファンなもので、ただ並べてみたかっただけなんです。
特に、オチとか考えてません。

因みに、上は2010パリ〜ルーベの、下は2010ツール・デ・フランドルの、それぞれDVDジャケット写真です。もちろん両方ともDVD持っていますよー

また、私の方は、5月に出場した「RUN&BIKEもてぎ」のときの写真です。そのときの別の写真をプロフィールにも使ってます。どーでもいいですか?何度もスミマセン。

以上、だから何だ?と言われても困りますが、先にも書いたように、今日の記事には、オチはありません。
ではー

コスプレはクセになるって方
ポチっと↓応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

漢?:ノーマルクランク化を考えている

こんばんわ
今日はパーツ交換の話です。
あ、交換したわけじゃなくて、しよーかなーと目論んでいる話

クランク(チェーンリング)のノーマル化計画
今年の夏前くらいからですが、ノーマルクランク化について、割と真剣に考えていました(います)。
過去形なのは、先月(11月)のライドで思ったように坂が上れなかったため、ノーマル化は時期尚早では?と、若干の軌道修正もあって、現在は計画が棚上げ状態だからです。

当初予定では、秋の終わりくらいにはノーマルクランクに交換するつもりで、だったら先に買っておいてもいいなーってことで、何度もポチりそうになっていたんです(まだポチってません)。
それくらい現実的に考えてたことだったので、峠に行ってもローギア(27T)を使わずに、セカンド(24T)縛りで上っていました。ま、セカンド縛りは、あくまで原則であって、状況に応じてローを使うこともありましたけどねー

では、コンパクトとノーマルとでギア比はどの程度違ってくるのか?コンパクトは50-34Tで、ノーマルは52-39T、そしてスプロケは12-27Tの9速です。各ギアにおけるケイデンス60,80,100のときの速度を比較してみます。60は登坂時を、80は平地通常時を、100は平地TT時を、それぞれ想定しています。
ギア比による速度の比較表
giaretio.jpg

とにかく最も気になるのは、坂が上れるのか?ってことで、インナー(34T/39T)とスプロケのロー側3枚(27T-24T-21T)との組み合わせです(表中、赤い線で囲んだ範囲です)。これまでのセカンド縛り(34T×24T)に対し、ノーマルのインロー(39T×27T)は、約2%厳しくケイデンス60で0.2km/h速くなるだけです。まーこれをシミュレートするためのセカンド縛りだったんですけどね。ロー同士を比較すると、約15%厳しくなり、速度が1.4km/hも上がりますから、差が大きいですからねー

通常時の平地走行では、これまでアウター×5速(50T×17T)にほとんど固定しているんですが(表中、緑の線で囲んだ範囲です)、その場合(52T×17T)は、ケイデンス80で1.2km/h速くなります。ま、それはがんばって速度域を上げていくしかありませんねー。平地TTも同じですね。しかし、ここで気づいたことがあります。これまでなぜ5速(17T)に固定していたかというと、6速(15T)との差が大きく急激に重くなると感じていたため、6速にシフトアップするべきところでも躊躇してアップできなかったんです。ところが、ノーマルアウター×5速(17T)だと、コンパクトアウターの6速(15T)よりも軽いから、使いやすくなるんじゃないでしょうか?

次に、ちょっとした坂(3〜4%)がある場合、例えば本格的な峠が始まる前の麓をダラダラ上る微妙なシチュエーションです(表中、青い線で囲んだ範囲です)。これまでアウターのままでセカンドまで落とし(50T×24T)、20km/hを切るくらいまでアウターで走れていたのが、ノーマルだとケイデンスが下がって厳しくなるのでしょうか?だったら、これまでのアウター×4〜5速とほぼ同等となるインナー×7速(39T×14T)から使えばいいんじゃないか?と考えています。その方がロー側の幅が広がるし、なによりも普段全く使わない6速、7速を有効活用することができます。

最後に、問題となるのが、激坂です。これまでは、セカンド縛りであっても、封印していたローが1枚残っていて、いざというときには使えたんですが(和田峠や白石峠で使いました)、ノーマルのインナー×ロー(39T×27T)を10%程度の坂で普通に使うようになると、15%を超えるような坂が上れなくなるんじゃないか?ということが心配です。

しかし、私には「坂力補完計画」があります。
この計画によって10%の坂力アップを目論んでいますから、それが達成できれば、ノーマルでも全く問題ないということです。逆に言うと、「坂力補完計画」が失敗に終わると、「ノーマルクランク化計画」も瓦解する、ということにほかなりません。

ということで、やはり冬の間に坂力を鍛え上げ、その結果が現れる春以降に、ノーマルクランク化というのが妥当な線ですね。しばらくポチるのは我慢することにします。

激坂なんて行かなきゃいいじゃんっ!ていう方も
ポチッ↓と応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

備忘:次のレース出場に向けての教訓

こんばんわ
最近、記憶力が低下してきているので、忘れないうちに
一昨日の彩湖4時間エンデューロを少し冷静に振り返るとともに、次に(来年)出場するレースに向けて教訓てか備忘メモを残しておこうと思います。

先ず、体調、機材、天候などのコンディションについて
体調は、悪くなかったです。ただ、前週日曜に100km走ってからは、前日までの出張続き&飲みにより、内臓系が少し弱ってたかもしれませんね。また、スクワットもサボったので、脚はフレッシュでした。本来は、多少負荷をかけておいた方が最初からより高いパフォーマンスが発揮できるんでしょうけど、そんなレベルじゃないんで、休めておいて正解だったのかな?と

機材は、前週から何も弄りませんでした。サドル&シートポスト周りの異音対策を講じようかとも思ってたんですが、時間もなかったし、何より面倒だったので、そのまんま乗っていきました。ま、直前に弄ったり、部品交換したりして別のトラブルが出るくらいなら、ギシギシ鳴らしながらでもノートラブルで走れたので、これも正解。

天候は、降雨中止になる前までは気温は低いものの、走りだせば丁度よかったかな?と思います。スタート時点(8:30)の気温が5〜6℃くらいでしょうか?長袖インナー&アウターの上にイベント用半袖ジャージと、レッグウォーマー&半レーパン+シューズカバーの装備で大丈夫でした。汗をかくことはないけど、寒くてどーしょーもないってこともなく、運動強度を上げやすかったのではないかと思います。でも、最後に北風ビューっ!雹がバチバチーっ!の状況では寒すぎて体が全く動きませんでしたけどねー

次に、走行ペース、位置取り、コース戦略等について
走行ペースは、直後のレポートでも書いたように、前半は無理せずに、かつ、平均速度が31〜32km/hを下回らないように気をつけ、その通りに走ることができました。中盤は、予定では30km/hを維持するつもりでしたが、プロの引きに助けられたこともあり、31km/hを上回ることができました。単独走だったら多分、せいぜい30km/hがやっとだったと思います。後半は、まともに走れませんでしたが、気温低下と雹・雨がなかったとしても、予定の28km/h台が維持できたかどうか?厳しかったと思います。

位置取りは、比較的よかったと思います。前半、中盤でそれぞれ3〜5周くらい連続して集団(列車)内で脚を溜めつつ、速度維持できたので、単独走での落ち込みを最小限に抑えられたと思います。あと、前半〜中盤は思ったほど風が強くなかったので、単独走でもなんとかなったのかな?と思います。

コース戦略は、特に考えて走ったわけではないんですが、前半〜中盤の元気な間は、アップダウンでスピードを落とさないように、できるだけダンシングで一気に駆け上がり、下りで休むようにしました。上りで他車の後ろに着いてしまうと、渋滞の原理で極端に減速することがあって、リズムが狂うので、できるだけ追い越すのが正解だと思いました。

以上のようにレースを振り返ってみましたが、次のレースに向けた教訓?として思いついたことを書いておきます。

まーまずは、もっと脚を鍛える必要がありますね。あと、心肺強化も必要だと思いますが、今回、不思議なことに心肺がキツくなかったんですよねー。ま、そこまで踏み込まなかっただけなのかもしれないけど、いつものように坂で苦しむような感じがなかったです。ただ、脚を鍛えて高出力×長時間になれば、心肺がクリティカルになってくるのでしょうねー

次に、集団や列車に着いているだけじゃぁダメですね。積極的に引いて脚を使い切ってもしょーがないけど、先頭交代できるくらいにはなりたいです。そのためには、普段から多少は練習しとかないといけません。また、ぶっつけ本番で見ず知らずの他人と上手く先頭交代なんてできませんから、核となる数人の仲間がいるとやりやすいでしょうねー

また、今回(に限らず集団走行の際)の反省ですが、声を出さないといけませんね。集団走行の基本ですが、分かっていても咄嗟に出ないもんです。レースでは皆さん余裕がなく、接近して走ってますから、なおさら「減速っ!」などの声出しが大事で、手信号は逆に危険だと痛感しました。

最後に、無事に家に帰ってくることが一番重要ですね。今回も落車を見ましたし、天候の急激な変化も経験しました。イベントにおけるアマチュアのレースとはいえ、やはりレースですから、順位やタイムを競っている人がいますし、一方でゆっくりのんびり走っている人もいます。なので、速度差も大きいですし、意識の差もありますから、本当のレース以上に危険な状況も起こりえます。そういったことを頭に入れて参加し、走行中も意識しつつ冷静に走ることが、事故を未然に防いだり、状況変化に柔軟に対応したりする上で重要だと再確認しました。そして、事前の体調管理、機材や装備の準備、コースの確認、走行シミュレーション等々、できるだけのことをやって本番に臨むべきだということを反省するとともに再認識しました。

少しまじめな話になりましたが、普段走りに出て行けるのも、レース等のイベントに参加できるのも、家族の支えがあってのことですから、家族の元に元気に帰ってくるのは義務です。そのためには「安全第一」「無事之名馬」の言葉を忘れることなく、来年からのイベントにも参加していきたいと思います。

皆さんの無事故・安全を祈願する意味で
こちら↓をポチッと押していただけると、ご利益があるかもしれません。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

新車:購入計画What編(その3)TREK

おはようございます
昨日の彩湖4時間(実際は3時間半)エンデューロから一夜明け、体中が痛いかと思いきや、腰も肩も腕もたいして痛みはなく、太腿にも筋肉痛はなく、むしろ昨日のレース後よりも軽くなっています。レース中、レース後にアミノ酸を飲んだのがよかったのでしょうか?
でも、今朝は寒いので走りに行かずに家でグダグダしています。

さて、新車購入計画What編(その3)、今回はTREKを取り上げます。
TREKといえば、かつてランスが乗ってツールで大活躍したことで一躍名を馳せたアメ車ですが、その後もレオパードなどが採用し続けています。でも、私はランスの頃のTREKはよく知りません。
なぜTREKかというと、今年(2012)にカンチェッラーラをクラシックレースで勝たせるために投入したDOMANEがあるからです。前のSPECIALIZED編で取り上げたROUBAIXもそうですが、私の基準は、カンチェなんです。
カンチェが石畳のレースで勝つために走行性(快適性、安定性、効率)を考えて開発した、という触れ込みですから、注目せざるを得ませんね。

TREK DOMANE 6
TREK_DOMANE6.jpg

そして、レーシングモデルのトップであるMADONEを比較のために取り上げます。
TREK MADONE 6
TREK_MADONE6.jpg

Myセクターとのジオメトリー比較表(各部の説明は、以前の記事参照)
TREK_GEO.jpg
TREKでは一部の数値が公開されていません。
また、サイズは、Myセクター(56)と近いもので、かつトップチューブ長がMyセクターよりも長い側のもの(Myセクターはサドルーブラケット間が少し短めなので)を選んでいます。

さて、Myセクターは、前回紹介したようにROUBAIX SL4と全く同一のジオメトリーを有していますから、ROUBAIXとの比較でもあります。
DOMANEは、BBドロップが大きく、かつ、チェーンステイ長が長い、このためホイールベースも長いですね。さらに、シートチューブ角、ヘッドチューブ角の両方ともがわずかに寝ていますし、フロントフォークのベンドも大きいですね。乗り味としては、Myセクター(ROUBAIX)よりもさらに快適方向なのでしょうか?
一方、MADONEは、やはりホイールベースが短く、ヘッドチューブ角が立っていますね。

DOMANEは、さらに、ISO SPEEDという振動吸収システムを備えています。シートチューブと、トップチューブ&シートステイとが直接結合されず、ダンパーを介して連結されていることで、縦方向の振動を吸収しようというものです。また、ベンドしたフロントフォーク先端を下向きに曲げることで振動吸収と運動性を両立させようとしています。このような技術が走行性にどれだけ貢献しているのか?サイスポWebの記事(2012.05.15記事、2012.11.30記事)などでも走行安定性については高評価ですが、ま、通常のフレームと比較して違和感はないってことで理解しておけば良いでしょうか?

ROUBAIXの前後ダンパーもそうなんですが、DOMANEのISO SPEEDのダンパーについても、その耐久性(耐候性)が私は気になります。この辺りは、あまりネガティブな話を聞かないので、実際の使用上は問題ないのでしょうが、もう少し時間をかけて継続調査したいと思います。あとは、両者の快適性と運動性のバランスを直接評価したような記事は見当たらないので、こちらも継続調査です。どちらも快適であることは間違いなさそうなので、購入候補の有力機種であることは確かですけどね

以上、今回はTREK編でしたが、DOMANEも前回のROUBAIXもフレームにダンパーを組み込んでいる点で若干特殊だと思います。なので、ジオメトリー、フレーム材質以外の要素をどのように評価するかが難しいですね。
次回以降は、オーソドックスなフレームを有したメーカーの車種を取り上げてみようと思います。

まだまだ悩みが増えていきそうな感じですが
こんな私に応援の↓ポチっをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

雹・霰:彩湖は一天俄にかき曇り

こんにちわ
今日は彩湖で行われたY's Cup 4時間エンデューロに参加してきました。
結果から言うと、降雨サスペンデッドで3時間半で途中終了となりました。
いやー、すごかったですよ。天気の変わり方が
まさに、一天俄にかき曇り、北風がビューっ!と吹き始めたかと思ったら、雹なのか霰なのか、はたまた霙なのか?バラバラっ!て降り始めて、もぉ〜痛いわ、寒いわ、進まないわ、で、運営側が直ぐに「中断」をアナウンスし、さらに直後に「中止」を決定しました。いい判断だったと思います。

では、本日のレースを振り返ってみます。
朝は5時半に起きて、6時50分くらいに家を出て、7時半くらいに彩湖に到着。ジャージ+アウターの上にウインブレを着ていきました(結果的に正解でした)。すぐに受付を済ませ、ゼッケンと計測チップを受け取り、装着。
一人なので何もすることなく、一服、二服し、じっとしていても寒いので、スタート場所に向けて移動。

スタート地点では、前から上級者、中級者、のんびり組の順で並びますが、私は、中級者の列の後方に付きました。
20121201_start.jpg
ここで、プチデビルさんからのメールに気付き、返信(写ってるのは私じゃないですょ)。

その後、上級者からスタートし、続いて中級者もスタート。スタートは先導車について最初の1周を走るローリングスタート。30km/hくらいで引くということですが、結構速い。でも、集団で走るので楽に着いていけます。
2周目からレーススタートです。とりあえず、まだ集団が崩れていないので、丁度いいスピードの人を探して着いていこうと思いますが、全体のペースが速い、多分直線では35km/h以上のペースで流れていたと思います。でも、無理はいけません。周りの人の多くはチームでのエントリーですから、3〜5周で交代するのでしょうが、私はソロ。無理なペースに乗っかると最後まで持ちません。

そんな感じで、ちょうど良いスピードの人を見つけては着いていき、それなりのペースで最初の5周を走ったところでラップを取ると、43分11秒で平均速度32.7km/hです。予定よりも早いペースで走れています。でも、まだ脚に疲労は感じません。やはり、本番になるとアドレナリンが出るのでしょうか?それとも、集団で走っているから楽ができてるのでしょうか?いい感じです。

ところが、5周を過ぎたあたりから、全体がばらけてきて、周りに丁度よいスピードの人が少なくなって、単独走になることが多くなってきました。こうなると速度が上がらないし、脚が重くなってきます。うーん、やはり集団走って風よけ効果が大きいんですね、実感します。それでもなんとか平均速度が31km/hを切らないようにがんばり、6〜10周目までの5周のラップが44分31秒で、平均速度が31.7km/hでした。うん、よくがんばっています。

10周を終えた後、ホームストレート先の北側アップダウンの所にあるトイレで休憩です。ちょうどここまでで90分、1時間半が経過しています。用を足して、羊羹とブラックサンダー、アミノ酸ゼリーを補給し、一服、二服。
ついでに写真も取りました。このころは天気も良かったのだが、、、
20121201_kyuukei1.jpg 20121201_kyuukei2.jpg

10分弱の休憩後、レース復帰です。しかし、さすがに脚が重くなってきました。相変わらず後ろに着ける人がなかなか見つかりません。11〜15周目までの5周のラップは45分11秒で、平均速度が31.2km/hです。やはり速度が落ちてきています。キツくなってきました。

しかし、この15周目から17周目くらいの3周では、ちょうど30〜32km/hくらいで走行している列車に乗ることができました。もう脚が重くて自力で踏めなくなってきていたときでしたから、これは超ラッキーでした。アップダウンの度に列の前の方に位置を上げていって分かったのですが、その列車を引いているのは、なんとMTBっ!これはプロレーサーの人ですね。開会式で声だけ聞こえたのですが「今日はMTBで走ります」って言ってた人(12/2追記:池田裕樹選手ですね、トピーク・エルゴンレーシングチーム所属のプロMTB選手。うん、確かにジャージにTOPEAKて書いてあった。ありがとうございました)。いやーすごい、あんな太っいタイヤのMTBで30km/h以上で巡航し、しかも速度がずーっと一定です。メッチャ走りやすかったです。ありがとうございました。→池田選手のブログ

でも、18周目でその人が引くのを止めたので、また単独走になった途端、脚がズシーンと重くなり、腰にも痛みが出始め、速度も30km/hを割り込んでしまいました。いやーこれはそろそろ限界が見えてきたかな?と
まー20周目まではなんとかがんばって走ろうと決め、できるだけ速度を維持しようとしますが、今度はアップダウンで左膝にズキっと痛みが、、、こらあかん。踏み込めなくなってきました。そんなこんなで、16〜20周目までの5周のラップは、45分05秒、平均速度が31.3km/hでした。引いてもらった効果で、前の5周よりもちょっと速かったです。

ここまでの20周で3時間をちょっと過ぎたくらいです(11時35分くらいでした)。とてもよいペースで走れていました。が、20周終了後にまた北側のトイレで休憩し、一服と補給したのですが、さぁ最後がんばろうっ!と走り出そうとしたときに北側の空に黒い雲が現れ、雨がポツポツ落ちてきました。でもあと45分くらいは大丈夫だろうと思っていたのですが、その周が終わる頃には北風が強くなってきて、ホームストレートはアゲインスト。全然進みませんよー

さらに、雨と思っていたら顔が妙に痛いっ!バチバチ固いものが当たります。雹?霰?何っ?!
それでも21周目を終え、22周目に入ったのですが、ホームストレートのアゲインストがハンパない、風速10mを軽く超えてたんじゃないですかっ?霰はバッチンバッチン顔に当たるし、体は濡れて寒い寒い。こりゃもぉ無理っ!!て思ったときに、コースマーシャルから「レースを中断しますっ」の声が、、正直ホッとしました。
で、徐行するとともに、一旦コース脇に止まってウインブレを着て、タラタラ走っていると、12時丁度くらいでしょうか?バックストレートで再度コースマーシャルから「レース中止っ」のアナウンス。そのまま22周でゴール。
ゴール後に撮った波立つ彩湖
20121201_saiko.jpg

以上です。
最後はあっけない終わり方でしたが、正直、雨風がなかったとしても21周目以降は相当ペースダウンしていたと思います。なので、結果的には天候に救われたのかもしれません。
とりあえずまともに走った20周までの結果は
走行距離:94.06km
走行時間:2時間57分58秒
平均速度:31.7km/h
一応、サイコン上は30km/hをクリアしていますが、目標は休憩時間も含めたトータル時間です。なので、途中休憩の10分を足すと3時間07分58秒ですから、平均速度が30.0km/h、ドンピシャですね。
まぁ目標クリアということにさせてください。
Myセクターも泥だらけになりましたが、よく走ってくれました。
20121201_shuuryou.jpg

その後、雨が弱くなるのを待って、表彰式はブッチして帰ってきました(帰りの平均速度は19km/h遅っ!)。13時20分帰宅。帰宅後、ご飯を食べてから自転車の掃除をして、本日終了。

本日(2012.12.01)の走行記録
走行距離:140.92km
走行時間:5時間07分
平均速度:27.5km/h
最高速度:46.2km/h
獲得標高: −

以上、急激な天候変化にはびっくりしましたが、ま、トラブルもなく帰って来れたのでよしとしましょう。走りについては、満足しています。ただ、キッチリ4時間だったら、最後は相当タレていたであろうことは確実ですから、まだまだ持久力を付けないといけませんね。
最後になりますが、本日一緒に走ったライダーの皆さん、お疲れ様でした。
また、こんな私を応援していただいた方々、ありがとうございました。

ついでに、↓こちらもポチッとしていただけるとさらにがんばれる気がします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。