多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2012-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分も?:壊れていく人々

こんばんわ
今日の記事タイトルは、誤解を与える可能性があるので、最初にお断りしておきますが、この記事中の「壊れる」という言葉は、「極める」とか「突き詰める」とか「突き抜ける」とか「(達人の)域に達する」とか、という意味で使っています。
誰かを貶したり、批判・非難したり、馬鹿にしたり、差別したりする意図は全くなく、むしろ尊敬や憧れ、羨望の気持ちを込めて「壊れる」という言葉を使っていますので、その点を予めご理解いただいた上で、お読みくださることをお願いします。

さて、自転車に限らず、趣味の世界には、いろんな意味で感覚が壊れてしまった人がたくさんいます。最も顕著なのが、経済感覚が壊れてしまい、糸目を付けずにお金を注ぎ込んでしまうというタイプですね。以下では、財布の紐が緩みきった様を短縮して「懐(ふところ)崩壊型」と呼びます。

自転車における「懐崩壊型」は、酷くなると、自転車本体に軽自動車1台が買えるような代金を注ぎ込んだり、ホイール1本に給料の1月分に相当する額をポンっと払ったり、組む予定もないフレームや使いもしないホイールやパーツがどんどん部屋に溜まってきたり、等々、もはや回復不能な状態になるようです。
まーそこまで酷くならなくても、毎週のように宅急便が届いたり、毎月パーツがどこか入れ替わっていたり、季節ごとにウェアを揃えたり、等々、重症化への道を着々と進んでいる人が散見されます。

「懐崩壊型」は、家庭にも深刻な影響を及ぼすので要注意です。さらに、「懐崩壊型」は、貨幣価値の基準も壊れている場合が多いので、一般の人と話をする際にも自転車パーツの値段に置き換えて例えてしまって、ポカーンとされる等、人間関係に支障をきたすこともありますから、この点も注意してください。

次に、自転車乗りを二分するといっても過言ではない派閥にロングライド派とヒルクライム派とがありますが、この人達も多くは、壊れています。ロングライド派の多くは距離感が壊れてしまった「距離崩壊型」、ヒルクライム派の中でも坂バカと呼ばれる人達は斜度や獲得標高の感覚が壊れてしまった「高度崩壊型」です。さらに、距離・高度の両方が壊れた「複合崩壊型」の人が稀にいますが、もはや手遅れで救う手だてはありません。

「距離崩壊型」は、次第に時間感覚が壊れて朝方どころか夜中に突然走り出したり、気候・天候も感じなくなるのか真夏・真冬・雨・風などもお構いなしで走り続けたり、距離を稼ぐためなら道に迷うことすらも嬉々として受け入れたり、等々、様々な二次的症状が現れることも事態をより深刻にしています。

「高度崩壊型」は、平地では満足できずに山の方ばかりを目指すようになりますから、次第に一緒に走ってくれる仲間が減ってきますが、そんなことはお構いなしでどんどん山奥に分け入ってしまい、野生動物と親しくなりますが、人間社会への害が少ないのがせめてもの済いです。

以上のような典型的な3+1のパターンである「懐崩壊型」「距離崩壊型」「高度崩壊型」「複合崩壊型」の他にも、お尻や身体の痛みに慣れてしまって鈍感になった「痛覚崩壊型」、補給食で甘いものやゼリー状のものばかり食べて味音痴になった「味覚崩壊型」、たまにママチャリに乗るとスピードが出なさすぎると文句をいう「速度崩壊型」等、いろんな感覚が壊れている場合があります。

さらに、自転車乗りに見られる型としては、誰彼構わず自転車を勧めてしまう「乗らない?型」、車や電車よりも自転車が便利と言い張って何処へでも自転車で行ってしまう「どこにでも型」、車に乗っていても坂になると斜度をみて自転車なら何速で何キロくらいで上れるとか考える「仮想走行型」、他人が前を走ってたら距離をとる一方後ろに付かれると即座にチギろうとする「唯我独尊型」、あるいは前を走っている人を追い抜かずにはいられない「先行逃げ切り型」、どこかに必ず自分の尻に合うサドルがあるはずだと信じて旅に出る「シンデレラ型」(だんだんネーミングがテキトーになってきましたが)、等々、前記各種崩壊型の兆候が出ている崩壊型予備群の人も多いのではないでしょうか?
このような自転車依存症候群、ロードバイクシンドロームの方は、遅かれ早かれ前記いずれかの崩壊型の症状が出てきますので、お気を付けください。でも、症状が現れてからでは手遅れですので、そのときは諦めましょう。

以上、私の独断と偏見に基づいてテキトーなことを書きましたが、あくまでも私の主観ですので、軽くスルーしていただきたいと思います。また、お気を悪くなさった人がいたら、謝ります、すみません。

心当たりのある方は↓ポチッとしていただけると症状が軽くなるかもしれません。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

新車:購入計画のWhat編(その1)

おはようございます。
昨夜は、スクワットを500回やったら腰がダルくて、すぐに寝ちゃって更新できませんでした。
腰を曲げてやるのは、結構負荷が大きいので、ちょっとやり方を考えようと思います。

さて、新車購入計画のWhat(何を買うか?)編です。
先の記事でカーボンフレームということだけが決まっている、と書きました。しかし、メーカーやタイプ、コンポ、その他パーツ類、等々、何も決めていません。

先ず、メーカーですが、欲しい(というか憧れる)ところは何社かあります。
まー定番かもしれませんが、LOOK、TIME、FOCUSなどは、実車を見たこと(もちろん触れたことも)ないですが、雑誌やネットの情報では良いことは間違いなさそうです。何が良いか?は、正直わかりませんが、まぁブランドイメージですかねー
また、実車をショップ等で見ることができて、実際にライド中にも見かけるメーカーで気になってるところは、RIDLEY、ORBEA、KUOTAなどです。見た目のデザインが良い感じですよねー(もちろん性能も良いんでしょう)
さらに、車種、供給台数、取扱店数が多く入手しやすいメーカーとしては、TREK、GIANT、SPECIALIZEDなどですか、バリエーションが豊富でサイズも揃ってそうで良いですねー
あと、イタ車(痛車じゃないょ)も魅力的です。イロイロありますが、イタ車となると、カンパで組みたくなって高くつきそうだから、考えないようにしようかなー

次に、タイプ(車種?)ですが、これは乗り方(ヒルクライム、レース、ロングライド、ポタポタ、床の間?)に依るところが大きいですが、基本的には、オールラウンドのコンフォート系を考えています。
現行車で例えると、スペシャのROUBAIX SL4あたりのイメージです。
ガチガチのレース指向車(VENGEとか?)は、エンジン(脚)への要求レベルも高くて疲れそうだし、軽量化を突き詰めたヒルクライム指向車は、扱いがデリケートで普段から気を使いそうだし、やっぱ、楽に乗れるのが一番で、プラス運動性があって軽量であればベストですね。

あとは、デザインがビビっと来るかが結構大きなポイントになるのと、メンテナンス性も重要ですね。メンテ性について現在気になってるのは、BBの規格がどーなっていくのか?ですね。自分でバラせない交換できないのは、ちょっとぉ〜?て感じです。

次に、コンポですが、これは前回も書いたように、基本的にSHIMANOで考えています。日本人だからーっていうか、やはり、スモールパーツまで含めた部品の入手が容易で、早く確実かつ安価ってーのは安心です。
グレードは、できればそりゃぁDURAが欲しいですが、次期ULTEの11速?Di2?なんかが出てくれば、それも魅力的なので、今後の動向に注目です。

コンポ以外のパーツで最も悩むのは、やはり、ホイールでしょう。まーフレームが決まらないのにホイールで悩んでもしょーがないけど、予算の分配としては大きいですからねぇ
まーでも、フレームと同様にオールラウンドなホイールを選ぶのかなぁーって思っています。決戦用の超軽量なものや、平地高速巡航用のディープリムなどは考えてません。
その他のハンドルやサドルなんかは、まーなんでもいいです。ペダルとシューズは、ちょっと慎重に選びたいと考えてますけどね

ま、結局、今回も具体的な車種は挙げられませんでしたが、次回(その2)以降で車種ごとに検討していきたいと思います。

悩める私を↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。