多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2012-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥深い:ポジションとフォームに答えはない?

こんばんわー
一昨日、昨日と連チャンの飲みでお疲れ気味のYabooです。
今週末(11/3)の奥武蔵4000mクライムに若干(いや相当)の不安を抱えています。

さて、今日は、ポジションとフォームの話を書いてみようと思います。

ポジションとしては、体を支えて荷重を伝えるサドル、ハンドル、ペダルの3ヶ所、その三角形と体格との関係でだいたい決まるみたいですね。でも、よく分かりません(ちゃんと勉強してもいませんし、ショップでなんとかフィットみたいなのを受けたこともありません)。そもそもフレームサイズ(今のは56)が合ってるのかも分かってないので、基本からしてダメダメなんですが、、、ま、プロでも小さめのフレームを選ぶとかって話もあるくらいだから、他の部分で調整できるってことなんでしょう。てことで話を続けますー

先ず、最も影響が大きく気になるし、話題になることが多いサドルですが、その高さ、前後位置、傾きの3つが主な調節ポイントですかね(硬さも関係するのでしょうけど)
さらに、3つの調節ポイントのうちでも、特にサドルの高さについては、定説があるような?ないような?いや、あるんでしょうけど、股下寸法×0.875でしたっけ?これってどうなんでしょう?0.88や0.885などの係数もあるとかないとか?

私は、見栄っ張りなのかもしれないですけど、0.885で算出して、そこからさらに7〜8mm高く(0.895くらい?)していた時期が半年くらいありました。それで特に不具合はなかったのですが、9月初旬にロング&坂を立て続けに走ったときに、膝裏に違和感(ポクポクいう)がでたので、やはり高すぎたのかなー?てことで、5mmくらい下げました(そのつもりでした)。

その後に松姫などのロング&坂を含めて結構走りましたが、さほどの違いを感じていませんでした。
んがーしかしっ!この前(全バラシのとき)サドルが下がっていることに気づきましたっ!しかもー2cmくらいっ!!係数にすると、0.86以下ですよーっ!写真で確認したら松姫のときから下がってます。なんということでしょう?クランプの締め付けトルク不足ですね(でも締め過ぎたら割れるし)。
その証拠写真です。
  20120906_sadle.jpg    20120910_sadle.jpg
左が9/6風張峠のとき、右が9/10松姫峠のとき
見にくいですが、左はワイヤーロックのブラケットとシートクランプの間にアルミポストが2cmくらい見えてますが、右はブラケットとクランプが引っ付いてますね。その分が下がったってことです。

しかし、全く気づかずに乗り続けていたことがどうなんだっ?て話はともかく、現実として乗ってたわけですし、割とハードなライドもあったのに、影響はなかったのでしょうか?と考えてみるとー、膝の前(皿のとこ)に痛みがで始めた時期と符合します。やはり、サドルが低いと膝前にくるんですねー納得。
あと、坂は楽って程じゃあないけど、比較的グイグイ上れていた、トルクがかけやすかった印象があります。サドル前乗りと同じで、踏み込む力が出しやすかったってことでしょうかね?

このように期せずして下げ過ぎたサドル位置を身を持ってテストすることができたわけですが、じゃあ最適値はどこなんだ?という答が出たわけじぁありません。
ただ、0.87〜0.88辺りが良いという定説を裏付けることにはなりました。なので今後は、その辺りでmm単位の調整を進めていけば、いずれは最適値が見つかるはずってことで、それが確認できただけでも収穫でした。

えー、サドル高さの話だけで長くなってしまいました。サドルの前後位置や傾きの話、ハンドルやペダルポジションの話、あと何でしたっけ?あーフォームの話でしたね、それらは、また改めて書いてみようと思います。

応援のポチ↓を押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

効果?:ブレーキ交換

こんばんわ、今日は、先月のブレーキ交換の話
9月の宮ヶ瀬湖〜相模湖〜大垂水峠ライド(過去記事参照)で雨に降られ、タイヤのグリップ低下と、ブレーキの効きの悪さ、コントロール性の低さに気づきました(自分のテクニックの無さは横に置いておきます)。

タイヤに関しては、その時点で既に5000km?程度走っていて、だいぶ擦り減ってきていたので、ま、グリップ低下もしょーがない、と、換えのタイヤ(同じPRO4の同じ赤)を購入。しかし、まだ粘って交換してませんから、7000km?!持ってることになります(ホントか?ちょっと自分でも怪しい。でも6000kmは確実に超えてると思います)。
まー本来ならば、バーストの危険もあるので交換すべきなんですが、なんか限界を確認したい、怖いもの見たさみたいな気持ちもあって、まだ、そのまま走り続けています。でも、ロングに行くときは、毎回換えのタイヤを持って行ってますけどねー(そんなことをするくらいなら換えた方がいいという意見もありますが)。

で、ブレーキ交換の話に戻します。ブレーキについても、ストッピングパワーとコントロール性に疑問を持ちました。ま、ウェットな路面での話なんですが、「効かない」「コントロールできない」って印象が残りました。なので、ブレーキ本体を交換しようという考えが頭を占めてしまいました。
最初から付いてきたブレーキは、実は何だかよく分かりませんが、たぶんTEKTROのものだと思います。
そこで、交換するなら何がいいのか?考えてもよく分からないので、TIAGRAの4600を選んでポチっとしました。
shi-f-br-4600-f.jpg

購入したTIAGRAのブレーキが届いたので交換しようとしたのですが、明らかにアームの長さが違いますね。
それで何か問題があるのか考えないまま取り付けてみましたが、インナーケーブルの余長が足りません。なので、後側のアウター(トップチューブとブレーキのアームをつなぐやつ)をカット。でも、これが良くなかったみたいで、ブレーキをかけるとリアのブレーキ本体が回転してしまいます。アウターがアームを引っ張ってるみたいです。
うーん、アウター切りすぎたかな?これはマズいってことで、アウターを買いにショップに行ったら、あまり選択肢がなかったので、シフトケーブルのアウターと同じ赤を選択。結局、後側のアウターのみ赤にして、前側のアウターを2cmくらいカットしてインナーの長さを確保し、なんとか作動するようになりました。

そんなこんなでブレーキ交換したのですが、制動力とコントロール性が向上したのか?っていわれると、正直、よく分かりません。特に、昨日のように雨だと、やはりブレーキは効きませんし、コントロールのしようもありません。
ま、TIAGRA4600系のブレーキと4500系のSTIレバーとの相性もあるのかもしれませんが、特段に性能が向上することはないようです。
ただ、比較対象もありませんから、性能うんぬんを言うつもりもありませんし、正直分かりません。また、そんなに過度な期待をしていたわけでもないから、まーこんなもんか、ということが分かっただけでも収穫がありました。

よろしければ↓応援のポチをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

予定:11/3(土)奥武蔵4000m参加者募集

こんばんわ
今日は雨であまり走れませんでした。また、昨日もそうでしたが、坂で心肺が苦しくなって、それに続いて脚も重くなる、さらには膝が痛みだす、という状況で、今週末に多少の不安を抱えたまま挑むことになりそうです。

さて、次の土曜日(11/3)文化の日ですが、以下のライドを予定しています。
題して「奥武蔵の峠制覇!4000m上るゾ!ライド」です。
現在の参加予定者は、プチデビルさんと私(Yaboo)の二人です。
この変態ライドにご一緒いただける方を募集しています。
途中参加や、途中離脱も大丈夫です。

集合場所:ファミリーマート野原都幾川店
集合時間:8時(走行予定時間が9時間ですので早めの設定です)
走行ルート(ルートラボ)


「ファミリーマート野原都幾川店」

大きな地図で見る

なお、途中参加の方のための各地通過時間は、以下の感じです(あくまで予定)。
9時半:二本木峠上り口(K11橋場交差点)
10時半:定峰峠上り口(K11栃谷交差点)
11時半:定峰峠の茶屋(休憩、食事)
12時:堂平山天文台(←時間が厳しい場合は省略)
13時:白石峠上り口
14時:刈場坂峠駐車場
15時:毛呂駅前(休憩)
15時半:鎌北湖
16時:顔振峠茶屋(休憩)
17時前:高山不動(←時間が厳しい場合は省略し、顔振峠から帰路へ)
18時前:越生駅前(解散)

参加いただける変態の方は、コメント欄にてご連絡ください。
よろしくお願いします。

走行記録:2012.10月

今日は雨が降るということで、午前中に少しでも走れれば、ということで尾根幹に向かうことにしました。

8時半過ぎに出発して、是政橋を渡って尾根幹に入りますが、南多摩から向陽台の上りがキツい。スピードを落とさずにシッティングでトルクをかけて上りますが、最後の方はアウター×セカンド(24T)で20km/hギリギリ。昨日と同じで心拍と息が上がって苦しいのと、右膝の前側が少し痛くなってきました。
その後、尾根幹に入ると脚が重くて全く踏めず、9時半頃に雨も降ってきました。もうちょっと持つかと(脚も天気も)思ってたのに、、気分も下がったので、テキトーなところで引き上げることに。
卸売り市場前で右折して鎌倉街道から関戸橋を渡って東八道路、国分寺通りを通って帰ってきました。10時45分頃帰宅。ざっと拭き掃除だけして、シャワー浴びて、ホッと一息です。

いやぁ〜雨に濡れて寒いし手の感覚はなくなるしで、厳しかったけど、まぁ1時間ちょっと降られただけなのでダメージは少ないです。長瀞のわらじトンカツライドを強行しなくて良かったと思いました。山だったら結構悲惨なことになっていたと思います。

本日(2012.10.28)の走行記録
走行距離:46.1km
走行時間:1時間57分
平均速度:23.6km/h
最高速度:56.0km/h
獲得標高:180m

さて、今月は今日で打ち止めです。なので、10月の走行記録のまとめ
2012.10月の走行記録
走行距離:907.6km(うーん、1000kmいきませんでした)
走行時間:41時間27分
平均速度:21.9km/h
最高速度:59.4km/h
獲得標高:11080m(とりあえず、10000mは超えました)

10月は、前半にまとめてロング&坂に行ったので、いいペースで距離&標高を稼いでいたんですが、後半タレましたねー。まーでも、900kmいったので良しとしましょう。獲得標高は、9月に続いて10000m超えたし、こちらは納得。
11月は、もう少しコンスタントに走りたいと思います。

↓ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今日は午後から軽く走行

今日は起きるのも遅かったですし、妻がお出かけのため留守番を言いつけられたので、午前中はF1フリー走行の録画を観て過ごし、娘が帰って来るのを待って13時半から軽く走りに行ってきました。

こんな日は、いつものように多摩湖から青梅街道、岩蔵街道を走って成木から小沢峠を越え、その後名栗方面へは足を伸ばさずに飯能から帰ってくるお気軽なルートを選択しました。
でも、一週間ぶりの走行のため、心拍がすぐに上がってしまい、ちょっとした坂も苦しかったですね。東京バーディGCの上りでゼェゼェでしたし、小沢峠の最後の直線上りも苦しかった。脚は軽い感じなんですけど、心肺がキツかったです。あと、これまでなかった症状として、腰が重くダルい感じになりました。なんでだろう?30kmそこそこで腰にくるのは何か原因があるのかな?200kmでは全くでなかったのに、、気になります。

でも、先週交換したチェーンは、変な音もなく良好々々。なんか軽くなった気がします。あと、坂でインナーでもアウターでもダンシングでトルクをかけてみましたが、BBやクランク、その他の部分、どこからもチャリチャリ、ピキピキというような異音はしませんでした。異音が解消して気持ちよく走れます、よかったよかった。

本日(2012.10.27)の走行記録
走行距離:79.6km
走行時間:3時間20分
平均速度:23.8km/h
最高速度:54.9km/h
獲得標高:610m

今日もあまり距離が走れなかったですし、明日予定していたわらじトンカツライドも中止になりましたから、明日の午前中に少し走れたとしても、今月の走行距離は1000kmに遠く及びませんね。
ま、月1000kmを目標にしているわけではないので別にいいんですが、今月は前半と後半で差が大きくなってしまいました。

日本ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ペダル:選択した理由

この記事は、昨夜、飲んで帰ってきてアップしようとしたのですが、最後に「記事を保存」ボタンを押し忘れたまま寝てしまっていました。酔っぱらいはダメですねー
あ、更新が朝になったので、別記事で告知した「10/28の陣見山〜長瀞〜定峰・白石峠」の走行予定を延期することをお知らせしておきます。天気予報によると朝から雨になってしまっているので、一旦中止し、改めて日程を決めたいと思います。

さて、バイクに乗り始めて最初に交換したパーツはペダルでした。バイク購入時にショップがサービス(?)で付けてくれた樹脂製のフラットペダルには、同じく樹脂製のトゥークリップがついていて、ペダリング時の足の位置は規制できるけど、嵩張って見栄えが悪いのと、スタート時に下向きになるトゥークリップが路面に擦って音がするのと、あと何と言ってもレーシーじゃないのが嫌で、ビィンディングペダルに交換しようと思いました。乗り始めて1ヶ月以内だったと思います。

で、どのタイプのビィンディングペダルにするか?ということですが、ちょうどその時期に読んだサイスポの記事でSPDを取り上げたものがあり、クリートが突出せずに歩きやすいシューズもある、ということに注目しました。当時は(今もですが)どういった乗り方になるのかがはっきりしておらず、ポタリングや輪行もしたいから歩きやすいのは良いなーと思い、また一方、そんなにガンガン踏むような乗り方はしないだろうーということで、SPDに決めました。ま、シューズが比較的安いってのも大きな理由でしたけどね

それから、SPDペダルとシューズの選択になるのですが、先ずペダルは、片面SPDが最も軽くて良いのでしょうけど、クリートキャッチが難しそう。じゃあ両面SPDか?とも思いましたが、スニーカーでも使える片面SPD片面フラットってのに目が止まりました。先程のように、乗り方の方向性が決まってない状況ですから、二通りの使い方ができると聞くと魅力的ですし、そもそもハイブリッド的な感じで複数機能を一つの物に詰め込んだものに引き付けられる傾向がありますから、片面フラットSPDペダルに決定です。
shi-b-pd-a530.gif

次に、シューズの方ですが、これはもう安さだけで選びました。
shi_RO77.jpg

ただ、輪行用や歩行が多そうなとき用に、クリートが突出しないアウトドア風シューズも、その後すぐに購入しました。
shi_MT33.jpg

さて、SPDペダル&シューズの使用感ですが、はっきり言って分かりません。SPD-SLをはいたことがないし、比較対象がないので良いのか悪いのか判断できません。
ただ、ペダル&シューズのせいかどうかは知りませんが、足とペダルとの一体感はあまり感じませんねー
なので、SLも一度は試してみたいのですが、そこまでの意欲がありません。

まーペダル交換なんて簡単だから、SLなりタイムなりスピードプレイなり、試してみればいいんでしょうけど、シューズが高価なのでなかなか試せません。
以上のように、現在は当初に交換したままの状態で乗ってますが、いずれペダルもシューズも交換しようと考えています。何が良いのか分かりませんし、自分の脚だと何を履いても同じだとも思いますが、、、

酔っぱらい親父に↓応援のポチっをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

レース2:自転車ロードレースの話?

ロードレースの話の続きです。前回の記事はこちら

今日は自転車のこと(サイクルロードレース)について
でも、正直に言って、それ程詳しいわけでもないし、昔から観ていたわけでもありませんから、まぁ私なりの観点で書いてみます。なので、不正確な部分や情報不足、偏り等々、いろいろあると思いますので、ご容赦いただき、できれば補足いただけると嬉しいです。

で、最初に触れておかないといけないのは、やはりドーピング問題ですか(ネガティブな話から入りたくはないけれど)。
先ず、ドーピングは根絶すべき、という基本理念と、それに基づくアンチドーピング団体等の活動自体は支持します。
ただ、ドーピングの判定方法や基準、その後の処分、時間的な問題などには、疑問や納得できない点が多々あります。(スケープゴート的な何かを感じざるをえないし、ファンの思いがどこまで考慮されているのか?と思いますし、何よりもまず、今更感がハンパなさすぎです)

っと、ドーピングの件が長くなり過ぎました。そればっかになりそうなんで、これくらいにして、本題に戻ります。

自転車ロードレースといえば、ツール・ド・フランスですね。ツールの存在は子供の頃から知っていたと思います。でも、情報量が少なかったし、自分から積極的に情報を得ようとはしませんでした。
高校くらいになって深夜のTVを見るようになると、ダイジェスト番組を放送していたように記憶していますが、何も内容は覚えていません。
大学時代は、前の記事でも書いたように、モータースポーツに嵌まってましたが、レースという括りでは、ツールにも興味を持って見てたんですが、当時(80年代後半)にどんな選手が活躍したのか、私の記憶としては残っていません。
その後、就職してからは、あまり深夜までTVを見なくなったのですが、インデュラインの活躍は当時から知っていましたね。

その頃までのロードレース(ツール)に対するイメージは、何日もかけてフランスを一周する耐久レース的なものでしたねー(ま、間違ってはないですが)
その後、90年代後半〜2000年代前半になると、自分の情報収集力(インターネットの普及が大きい)もついてきてますし、ランスの活躍もあって、ロードレースのことを目にする機会も格段に増えたと思います。この頃になると、山岳ステージやTTがあること、チームで走ること、各種ジャージがあること、ツール以外にもジロなどがあること、を知るようになります(遅い?)。
でも、まだ、ロードレースに嵌まるようなことはありませんでした。

状況が変わるのは、さらに時間が経って今の家に引っ越し、CATVを契約してからです。8年前のことです。

あーでも、今日も時間切れです。
って、またまた具体的な話もなく、曖昧な記憶に基づく昔話で終わっちゃいましたねー。こういう上司が嫌われるんでしょうね(他人事じゃないけどー)
続きは、また今度書きますー

↓応援いただけると次回も書ける気がします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

告知:10/28(日)陣見山〜長瀞〜定峰・白石峠

こんばんわ
今週の日曜日(10/28)に陣見山〜長瀞〜定峰・白石峠に行きます。
現在、参加予定は、sepaさんプチデビルさん、私(Yaboo)の3名です。
明日は天候不良のため延期です(10/27追記)
ご一緒できる方を募集します。
参加してみたいという方は、コメントにご記入ください。
集合場所:道の駅おがわまち
集合時間:午前8時
走行ルート:プチデビルさんのこちらの記事をご参照ください。
      お昼は、秩父の安田屋さんでわらじトンカツをいただく予定。
なお、28日は天候が若干不安ですので、途中で雨になった場合には、輪行で帰ることも想定し、輪行袋をご持参いただけると良いと思います。
(西武秩父線、八高線、東武東上線などにエスケープ可能)

「道の駅おがわまち」

大きな地図で見る

「安田屋」

大きな地図で見る

また、Yabooは、以下のルートで「道の駅おがわまち」まで行きます。
6:00スタート予定です。途中で合流できる方は、合流地点をお知らせいただければ、ご一緒します。


以上、多くの方にご参加いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

二重巻:バーテープも衣替え

こんばんわ
今日はバーテープの話です。

現在、バーテープは、黒赤ツートンにしています。
20120607_bartape.jpg

この状態に変えたのは、夏前の6月初旬(2012.06.07)でした。STIレバーをSORAからTIAGRAの4500に交換するときに一緒に換えました。
STIレバーは、SORAの親指シフトアップが不便(下ハン時にアップできない)だったので、中古のTIAGRAを購入したのです。
20120607_STI_koukan.jpg

バーテープですが、二重巻きにしています。理由は、以下の二点です。
・夏場は素手で乗りたい(グローブが汗でグズグズになるから)のだけど、素手だと指が余って(手が大きい)しっかり握れないから、ハンドルの握り部を太くしたかった
・素手だと振動が直接伝わるので、振動吸収性を高めたかった(ボーネンがパリ〜ルーベで素手&二重巻きだったののパクリですー)

従って、下地のバーテープは、振動吸収に優れたコルク入りのにして、表側は、薄手のもので見た目重視で選びました。
VELO_colk_bartape.jpg avedio_rc_bartape_2c.jpg
左)下地は、VELO コルクタイプ    右)表面は、avedio RC ツートン

ただし、巻き部分の全長を二重にすると、表側テープの長さが足りなくなるし、STIレバー取り付け部分が納まらなくなるので、下地テープは二分割しました。要は、ブラケットポジションと、下ハンポジションで握る部分を二重巻きにしたということです。こんな↓感じです。
20120607_bartape2.jpg

この下地に重ねて表側テープを巻いていきますが、段差部分でシワができたり、ピッチがズレたり、巻き終わりまでの長さが足りなかったり、何度も巻き直しました。
また、下ハン側ですが、ハンドル先端部分は一重のため、ヒョロッと細くなっていて、なんかダサい、、、まーでも握る部分じゃないから、機能的に問題なしってことで良しとしました。

その後、STIレバーにシフトケーブルとブレーキケーブルを繋げば完成です。が、当初は元のアウター&インナーを戻そうと考えていて、ブレーキケーブルは通すことができたのですが、シフトケーブルは細いため、インナーの先っちょがほつれてアウターに通せません。仕方ないので、シフトケーブルは、インナー&アウターを購入することになり、どうせだったらケーブルも赤黒にしてやろうってことで、赤のアウターにしました。さらに、ついでに赤のケーブルキャップも付けましたー
20120609_koukango.jpg

さて、二重巻きバーテープのレビューですが、
・太さはとてもグッドで指が余らずギュッと握ることができます。
・振動吸収性能はよく分かりませんが、ロングでは痺れます。(一重巻き&ジェルパッド付きグローブの方がもちろん快適です)
・手に汗をかくと滑る感じになりました。これは表側テープの特性なのでしょーがないです。
・見た目は、先端部分のヒョロッと感以外は、カラーリングも気に入ってますし、太さからくるスパルタン感も好きです。

以上のように現在装着している二重巻きバーテープを紹介しましたが、これから冬になって厚手のグローブをするようになると、太いハンドルは握りにくくなるので、近々、普通の一重巻きに戻そうと考えています。
次は、グリップが良く振動吸収性に優れた厚手のものにしようと思っています。
色は、黒じゃ地味なので、赤?やっぱツートンがいいな

日本ブログ村のランキングに参加しています。
↓バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

考える時間:たっぷりありますよね

皆さんは、自転車に乗ってるとき、主に何を考えていますか?
いや、非常に漠然とした問いで申し訳ありません。でも、ありますよね?時間
集団走行していても、走ってる時は基本的に会話とかしませんし、一人で何か考えてませんか?
(あ、今日も画像はありません。すみません)

そこで、ライディング時に私が考えていることを思い返して大きく分類してみると、周辺状況、己の身体、機材の状態、その他かな?と

周辺状況(場所、時間など)に関すること
ルートの確認や経過時間、所要時間、速度の計算。初めてのルートやルートを間違ったときなどは、結構目まぐるしく頭が回転して、集中して考えていますよね。また、天候変化についても、無意識に空を見上げて、向かう方向の雲行きが怪しかったら、ルートを変更しようか?など考えますね。あとは、暑い寒いとか、思ったよりも坂がキツいなとか、景色が綺麗だなーとか、抜いてったダンプ危ねーだろボケっとか、ローディーが多いなとか、今すれ違った女子がかわいかったかな?とか、ですかねぇ?まーあまり記憶に残ってないことが多いです。

己の身体(体調、疲労度など)に関すること
こちらは、結構いろいろ考えてしまいますよねー。今日は脚が重いなぁとか、重いから無理せずに軽く回していこーとか、膝のどっち側がどーだからとか、サドルの前だから後だからどーとか、、、自分の身体なんですけど、結局、上手く動かせない理由を探すような思考に捕われることがままあります。考えたってすぐに動かせるわけでも、痛みが消えるわけでもないんですけどね。あとは、体重減らさないとなーとか、やっぱ筋肉付けないとなーとか、タバコやめた方がいいのかなーとか、ですか?

機材の状態(パーツ、不具合など)に関すること
こちらも、気になってることは頭からなかなか離れませんよねー。交換したパーツの効果とか、メンテした効果とか、異音などの不具合が解消してくれないかなぁーとか、もっと軽ければなぁとか、、、まぁ走りに直結してるような?責任転嫁してるような?どうでもいい自分のこだわりのような?ことを考えてることも多いですねー。あとは、この先どんなフレームにしようかとか、ホイールはどんなのが欲しいとか、コンポは何がいいかとか、物欲系のこともよく考えてる気がします。

その他としては、ブロガーさんの症状でよくあるのがネタ探しですか?(私はあまりないですけど)常に何かを探し求めてることもあると思います。あとは、家や仕事などでいろいろあったことが頭をよぎることもありますし、こんな風に自転車乗ってて一体何してるんだろう俺?って思うこともないことはないです。

まぁ、自転車って乗ってる時間が非常に長いし、ランニングなどと比べて楽な時間もあるから、いろんな事を考えてしまいますよねー(私だけ?)

以前に、ロードレース中継で解説者(誰だっけ?クリリンか飯島さんかな?)が「レース(練習)中にICレコーダーを持ってて、思い付いたことを録音する選手がいる」という話をしていました。誰のことだったか(今中さん?)忘れましたが、走行中は頭が冴えて良い考えがどんどん浮かんでくるんだけど、走り終わると全部忘れてしまうから、録音しておいて後から原稿に起こす、っていうような話だったと思います。その時は、ふーん、そういうこともあるのねーっと思っただけだったんですが、自分が走っているときのことを思い返すと、そうだよなーいろいろ考えてるはずだよな、ひょっとしたら良いアイデアが浮かんでるかもしれないな、ということに気付きました。

ブロガーの皆さんの中には、走行中に写真を撮る方もいらっしゃいますが(器用ですよねー)、レコーダーをポケットに入れてマイクを衿元に付けておいて、録音してみるのもありかなー?とか思っています。録音するときに衿元のマイクを操作しながら何かしゃべるのって、プロレーサーが無線で交信してるみたいで、カッコよくないですか?誰と話してるんだっ!て、とても怪しいですけど。また、録音しても後で聞き直す気になるかどうかは分かりませんから、有効かどうかは知りませんけど
でも、機会があれば録音してみても面白いんじゃないかな?と思っています。写真やビデオとは違う何か別の発見があるかも?

今日もまとまりのない話になってしまいましたが、
応援のクリックをいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

レース:面白いですよね

昨日のジャパンカップでバッソが勝ったということあり、今日は、ロードレースの話を書いてみようと思います。
(今日は、コピーライト関係がややこしそうなので、画像なしです)

自転車に限らず、私はレース観戦が好きです。まー、レースといってもいろいろありますね。陸上競技で走るのも競泳もアルペンスキーも競馬もレースですが、私が好きなのは、人がマシン(機材)を操ってスピードを競うレースで、特に、モータースポーツ観戦が好きです。

過去を遡ると、小学生時代にサー○ットの狼という漫画が流行って、スーパーカーブームのど真ん中だったこともあり、大阪南港までカウンタックやフェラーリの写真を撮りに行ったり、カードを集めたり、模写したり、等々、スポーツカーに憧れる普通の男の子でした。ラジコンカーにも嵌まってましたねー
車に興味があると、自然にF1やルマン、インディー500なんかのカーレースにも関心が向くようになり、ラウダやヴィルヌーブなどレーサーの名前を覚えたり、フェラーリ(312T)やタイレル(6輪車の頃、今はティレル)などのF1マシンにも憧れましたし、プラモデルも作りましたね。

高校くらいになると、免許が取れる(取らなかったですが)こともあって、二輪(オートバイ)のレースにも興味が広がっていきます。ヤマハのキング・ケニーやホンダの片山、そして天才ファースト・フレディ、等々。あと、平忠彦ね、汚れた英雄って映画もありました。
ただ当時は日本人が世界のトップカテゴリーのレースで活躍して勝つことは難しく、ましてやチャンピオンを取ることは夢のまた夢でした。後に、二輪では、チャンピオン(250ccだけど)も出ましたし、500ccで勝つこともできましたけど。

そんな状況で、大学生になった私は、すぐに自動二輪の免許を取って乗り始めました。それからは、通学に限らず、どこに行くのもバイクで、生活の大半がバイクで占められていました。バイクを買い換えるため、ツーリングに行くためにバイトし、バイト代のほぼ全てをバイク関係に注ぎ込んでましたねー。今から考えたら、大学時代だけで3台もバイクを買えたのは、何て幸せな時期だったことか(バブルとも無関係ではなかったのでしょうけど)、今の自転車にかけるよりも自由に使える資金が圧倒的に多かったような気がします。

また、大学時代は、走るだけじゃなく、ロードレース(オートバイ)のテレビ中継や、漫画(○リバ○伝説)に嵌まりました。その頃のライダーは、ガードナーとローソンがHとYの両エースで、我がSからは、若手のシュワンツが少し遅れて出てきます。いやーシュワンツvsレイニーの89年鈴鹿のレースは今でも鮮明に覚えています。
一方、86年から日本人初(シリーズ参戦)のF1ドライバー誕生ということもあって、テレビ中継が始まり、F1ブーム、モータースポーツブームが起きました。ブームに敏感な(?)私は、もちろんF1にも嵌まったことは言うまでもありません。

そんなこんなで、バイクに乗って大阪から鈴鹿サーキットまでしょっちゅうレースを観に行くようになり、二輪、四輪問わずレース観戦が趣味って言える感じになりました。まー、自分で走る方は、軽く峠を攻めに行く程度で、レースに出ようとは思わなかったですけどねー。でも、ツーリングは北海道や九州など、あっちこっち寝袋とテントをのっけて行ってましたね。

その後、就職して東京に出てきてからは、バイクに乗る機会、時間も減って車に移行し、結婚して子供が生まれると、二輪に乗るなんてありえない状況に(乗りたい気持ちは常にどこかにあったんですけど)。
そのまま時が過ぎて現在に至るわけですが、でも基本的にモータースポーツ好きは変わっていないつもりです。二輪の世界選手権は、4ストになってから興味が薄れました(やっぱGP500じゃないとねぇ)が、F1は今でもCSで全セッション観ていますし、国内のスーパーGTも面白いですしね。TVでレースやってたらついつい観ちゃいます。

えーっと、いつまで経っても自転車ロードレースの話にたどり着きませんが、今日は時間切れのため、その話は、また改めて
今日の結論は「私はレースが好き」それだけ。なんかスンマセンでした。

幻の多角形コーナーリングが分かる人は、
↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

交換:チェーンが異音の原因なのか?

こんばんわー、本日2度目のアップです。
朝の走行でクランク又はチェーン周りから「チャリチャリ」音がするので、とりあえずチェーンを交換してしまいましょう。

交換用に買い置きしておいたのは、シマノCN-HG73:9speed(105グレード)です。
20121021_CN-HG73.jpg

それでは作業スタート
先ず、ミッシングリンクを外して古いチェーンを取り外します。
新しいのと並べて伸びを比較してみましょう。
20121021_chain1.jpg
上が古いので下が新しいチェーン
20121021_chain2.jpg
新しい方をチェーンカッターで切ったところ

うーん、半コマまで伸びてません。意外ですねーもっと伸びてるかと思ってました。
なので、古い方は、クロスバイク用にとっておきます。
逆側も切って、両端ともにインナーリンクが出た状態にします。
さらに、グリスのような固い油をディグリーザーで落としておきます(でも、落ちなくて残ってて固い感じ)。

さて、ここで、異音対策として、疑われる箇所の増締めをします。
左クランクのボルトを一旦緩めてから、キャップを締め直し、再度ボルトを締めます。
また、スプロケの掃除をしていたら、なんか左右にガタがあるようなので、タイヤを外してロックボルト(タッキーさん曰く、手で締めても大丈夫というもの、、冗談ですよww)を増締めします。結構、カリカリっと回りましたので、ここが緩んでいたのかもしれません。

チェーンリングも掃除してから、新しいチェーンを装着します。こちらも新たに購入しておいたミッシングリンク(KMCの金色ww)を使ってチェーンをつなぎます。注油したら、はい、完成。簡単ですね
20121021_koukan1.jpg 20121021_koukan2.jpg

それでは、少し乗ってみて異音がどうなったかを確認。
うん、音がしませんっ!異音対策、成功です(多分)。満足満足
原因は、チェーンの伸びだったのか、クランク又はスプロケの緩みだったのか?はっきりしませんが、音がしなくなれば、それでいぃ〜んですっ

↓ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

平地:坂ばっかじゃないよ

こんにちわ
今日は、昨日の疲れもあるので平地(荒川CR)を走ってきました。
坂が好きとはいえ、毎週々々、連日だとさすがに飽きてきます。大好きなカレーライスも3日連続はキツいのと同じでしょうか?

今日のテーマは、平地でもきちんと踏むこと
というのも、平地ではほとんど5速(17T)に固定していて、ケイデンス80超えるように踏んで30km/hちょっとという感じで走っています。それじゃぁスピードが上がらないなーっと常々思ってはいるのですが、ケイデンス90超で平地巡航するのはキツいし、6速(15T)にシフトアップすると重くて脚がすぐにタレてしまい巡航できません。16Tがあればいいのですが、、
ということで、平地での巡航速度を上げる訓練も兼ねて、今日はできるだけ6速(15T)縛りで走ってみました。

9時にスタートし志木を抜けて荒川へ、秋ヶ瀬橋の西側から荒川右岸のCRを北上。その後、治水橋を左岸に渡って、河川敷内のCRを南下して秋ヶ瀬橋に戻ってきました。そこから彩湖にいって、3/4周回してから1周のみのTTです。しかし、ホームストレートが向い風(北西の風)で28km/hくらいまで落ちてきます。バックストレートでは35km/hを下回らないようにがんばりましたが、タイムは8分54秒。うーん、9月のタイムを更新できませんでした。ま、いいんです、タイムは
今日は天気がよくて湖面がキラキラきれいでした。
20121021_saiko.jpg

その後、帰路に着きましたが、脚が重くて踏めません。右膝の前側(皿のとこ)と、左スネの上部外側に痛みが出ています。先月来の疲労が溜まっているのか、フォームやポジション、ペダリングが悪いのか、何か原因があるのでしょうけど、まーあまり気にしないことにします。

本日(2012.10.21)の走行記録
走行距離:58.1km
走行時間:2時間18分
平均速度:25.1km/h
最高速度:44.8km/h
獲得標高: −

あと、先日、異音は解消したと思っていたのですが、昨日から「チャリチャリ、ピキピキ、、」という音がクランク周りからしています。以前の異音よりは小さな音なのですが、気になります。今日乗った感じでは、チェーン周りのような気もします。チェーンは、まだ一度も交換していないので、6000〜7000km?もっとかな?無交換です。まー確実に伸びてるでしょうね。今日、換えようかな?
チェーンは、クランクセットをノーマルに交換するときに同時に換えようと思ってたんです。しかし、ノーマル化にはまだまだ脚が足りないことも自覚しているので、しばらくはコンパクトのままでいこうかなぁ〜?
いろいろ悩みが尽きませんが、まずは脚を鍛えることですねー

こんな私を↓ポチっと応援して下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

何故?:奥へ奥へと引き込まれる

こんにちわ
今日は、11/3に決行予定の「奥武蔵峠制覇4000m上る旅」の下見を兼ねて奥武蔵GLに行ってきました。
吾野から顔振峠に上って、奥武蔵GLの道を細かく確認するつもりでした。
しかし、何故だか分からないのですが、予定のルートを何度も外れて、山の奥に入っていってしまい、予想を超えた過酷な走行となってしまいました。

では、スタート
朝6時に起床したのですが、ウダウダしていて出発は8時でした。
いつものように多摩湖から青梅街道〜岩蔵街道を通っていきますが、今日は岩蔵温泉から右へ曲がって飯能方面へ行き、岩根橋からK70(飯能ー名栗線)に入ります。名栗方面に走って途中で右折して天覚山の峠を越えて東吾野へ抜け、そこからR299を少し上って吾野から顔振峠に上るつもりです。

しかし、K70から天覚山方面へ右折する交差点がよく分かりません。だいぶ行き過ぎたかな?て思ったので、コメリ(ホームセンター)で一旦止まって、外で売り物の花に水やりしていたお店の人に聞いてみますが、なんかよく分かりません。行き過ぎてるらしいことは分かったので、戻って交差点を探しますが、また戻り過ぎたようで、曲がった先は坂の上のニュータウン。こりゃ違うだろってことで下って、また進んで、別の交差点を右折。そのまま道なりに行くと上り坂になってきたので、このまま行けばいいかな?って進んでいくと「子の権現5km」の看板が現れました。

ん?子の権現って西吾野の方だけど、私が行きたいのは東吾野。んん〜、西の方にだいぶずれていってます。
まーでも、子の権現と途中まで同じ道を上る天目指峠には以前上ったことがあるし、下って西吾野に出たとしてもR299で吾野に戻ればいいやっ!てことで、子の権現を目指すことにします。
しかし、この道が長いし、途中からどんどん勾配がキツくなってくるし、最後は「子の権現300m」の看板があるところから、斜度20%超のコンクリート舗装の激坂登場です。もーなんじゃこりゃ〜っ!!ですよ
20121020_konogon1.jpg 20121020_konogon2.jpg
左の写真の先のコーナーを左に曲がると、、、どーんっ!右の写真の勾配。

左の写真のところで、もー無理っ!てことで、しばし休憩した後、まークリートキャッチできないだろうなぁ〜と思いながらも挑戦したら後ろに下がってしまい、立ちゴケしそうだったので、降りて押して上がります。100mくらい押してから、勾配が多少緩くなったところから乗って、すぐに子の権現に到着。
20121020_konogon3.jpg

ま、見るものもなさそうなので、すぐに出発しますが、北側斜面から奥武蔵GL側の山並みがきれいに見えました。
20121020_okumusa.jpg

そのまま下って、途中で天目指峠との分岐点に出てからさらに下って、西吾野でR299に出ます。R299を飯能方面に下って、吾野から顔振峠の方に左折します。
ここで、11/3に上る予定の高山不動側の上り口を確認。ま、間違えることはないだろうってことで、顔振峠に戻って上り始めます。顔振峠は、平均勾配9%程度、最大勾配12〜3%だけど距離が4km程度なので、それほどキツい峠ではありません。途中のキツいところを過ぎて人家が現れたら緩くなってそのまま峠の茶屋に到着です。

次に、顔振峠から飯盛峠を目指します。顔振峠は標高が500mくらいなので、飯盛峠までさらに300mくらいの上り基調のアップダウンです。その途中で「黒山三滝」側へ下る分岐を確認します。「越生・黒山」の標識がちゃんとありますから間違えないですね。道もちゃんと舗装されています。
さらに進んで、次は高山不動側との分岐点の確認です。ここは分かりやすいです。間違えません。
さらに、黒山よりも北側への分岐点も確認します。こちらの道は「林道梅本線」というらしく、これも間違えないで済みそうです。
そんなこんなで飯盛峠に到着。
20121020_iimori.jpg

ここからさらに3kmほど進めば刈場坂峠なのですが、もうだいぶ疲れてきていたので、ここで引き返します。下り基調なのでウインブレを着て再スタート。顔振峠をなんなく通り過ぎて下り、吾野からR299に入り、さらに下って東吾野で駅の方に右折し、踏切を越えたところで一旦停止。
往路で越えられなかった峠を越えて帰ろうと思い、地図を確認しますが、上り口がよく分かりません。そこへ、ちょうど通りかかったおじさんが声をかけてきてくれました。自転車の話をしたあとに、「これを行けば山を越えられますか?」と聞いたら、「途中の三叉路を右へ行けば吾野、左へ行けば名栗にいけるよ」というので、あぁ左に行けば大丈夫そうだな、と納得し、お礼を言って分かれました。

しかし、そこから上り始めて、いくら上っても三叉路は出てこないし、ずーっと上りが続くので、いくらなんでもそんなに長いはずがない、と不安になってきます。しかも、この道が荒れ放題で、落石ゴロゴロ、尖った小石は無数、落ち葉、落ち枝で路面が覆われていて、パンクの危険がとても危ないです。車にも全くすれ違いませんが、鹿には遭遇しました(余計不安になります)。でも、やっと三叉路に出て、左に曲がりますが、まだ上りが続きます。こりゃー完全に予定の道とは違うな、と思いつつも、名栗方面に出てくれれば何とかなりますから、そのまま進むと、やっと下りになりました。
長々と下っていくと、朝に見た「子の権現5km」の看板の所に合流しました。やはり、引き寄せられていたんですね、、、権現恐るべし

そこから先は、往路と同じ道を通って帰りますが、途中で四里餅の大里屋本店に寄って、その場でコシとツブを1つずついただき、各4つずつを家へのお土産として購入しました。大里屋さんは、店の中でも食べられますし、お茶も出してくれるので、ありがたいです。冷えた体に熱い狭山茶と、四里餅でホッと一息つくことができました。飯能方面にお越しの際は一度寄ってみてはいかがでしょう、お勧めです。
さて、お茶と四里餅でエネルギー補充が済み、気持ちも若干回復したので、一路ウチを目指します。途中、ローソンで赤コーラを補給し、岩蔵街道〜青梅街道を通って、17時に帰宅しました。9時間の旅でした。

本日の走行ルート(ルートラボ)


本日(2012.10.20)の走行記録
走行距離:142.8km
走行時間:7時間14分
平均速度:19.7km/h(遅っ)
最高速度:52.5km/h
獲得標高:2230m

いやぁ〜、またまたロングになってしまいました。さらに、獲得標高が2000m超。
決してそんなつもりじゃなかったんですけどね、子の権現に引き寄せられるように、どんどん山奥に進んでいってしまいました。なんかあるのでしょうか?ものすごく疲れました。何も連れて帰ってきていなければよいのですが、、、
でも、奥武蔵GLの南側エリアの下調べはちゃんとできたので、よかったです。

よろしければ応援のポチ↓をお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ロング:食わず嫌い?

こんばんわ
今日は、ロングライドについて書いてみます。

その前に、昨日届いたライトを試してみました。
先ず、フロント「GENTOS 閃 355(SG-355B)」です。
20121019_front2.jpg 20121019_front1.jpg 20121019_front3.jpg
左からワイド、中間、ズームです(ケータイカメラなので写りはご容赦)。
明るさと照射距離は、どれも十分です(中間が少し暗く見えますが露出補正の違いです)。ただ、ワイドだと上にも広がるので、車のドライバーが眩しいかな?ズームだと照射範囲が狭いかな?やはり、中間が良さそうです。
次は、リア「CAT EYE テールライト TL-LD170R」です。
20121019_rear.jpgうん、光ってます。それだけ
あ、ブラケットを少し削って何とかシートステーに付けました。

ということで、夜間走行もそれなりに安心になったので、これからはロングライドで夜になっても大丈夫っ!
じゃなくってぇ〜、今回は、ロングライドがいまいち苦手って話です。

さて、ロングライドの定義ってあるんでしょうか?
ブルベが200kmからで、300,400,600km…てことは、200kmオーバーがロングなのかな?
私の勝手な分類では、50km前後までがショート、100km前後までがミドル、なので120〜130kmを超えるとロングかなぁ〜?て感じです。
走行時間にすると、ショートが2〜3時間、ミドルが4〜7時間で日中の半分程度、それを超えて日中丸々(10〜12時間)又はそれ以上かかるのがロングって感覚です。ミドルとロングの間がプチロング?めっちゃロングが超ロング?その上がメガロング、テラロング、、、しつこい?

で、私はロングが苦手です。理由は、大きく3つあります。
・身体の各部が痛くなること
・気持ち的に飽きてくること
・ほぼ帰宅が夜になること

身体については、
お尻(座骨)の痛みは出なくなってきたので、耐えられないほど特定箇所が痛くなるわけではありません。しかし、首や肩、二の腕、手首、掌など、上半身の痛みは、距離に比例して強くなってきます。まぁポジションやフォームが原因だとは思いますが、改善策がよく分かりません。

飽きることについては、
ロングだと、どーしても何の変哲もない繋ぎの区間だとか、同じ景色が延々と続く区間なんかが出てきませんか?また、疲れきった帰り道も楽しくないという意味で飽きますね。じゃぁ逆に全行程がアップダウンだったりすると、飽きないけれど、体が持ちません。

夜間走行については、
リスクが飛躍的に高くなるので基本的にNGと決めています。雨も同じくNGなんですが、ロングだと雨に降られる確率も高くなりますしね。このように夜や雨が避けて通れないので、ロングライドを積極的に計画することは避けています。

以上のように、ロングが苦手な私ですが、先月と今月(先週まで)で既に140kmオーバーを5回(141,191,197,208,174)も走っています。てか、今月に入って3回の走行は全てロングです。言ってる事とやってる事が違うじゃないかっ!というご批判は、右から左へ受け流しますが、確かにその通りです。

じゃぁロング好きに転向したのか?というと、違います。先程の苦手な理由は今も変わっていません。
でも、一方でロングの楽しさが少しずつ分かってきたかなぁ?と思い始めていることも事実です。

なので、今後は方向性が変わることがあるかもしれませんし、ないかもしれません。まーそのときの状況次第ですから、ロングライドにお誘いいただけるのは嬉しいので、声を掛けて下さいねー(でも、ブルベは出ないかな?)
ま、結局、何の結論も出ないままでした。

ロングよりも坂だという方もそうでない方も
↓ポチっとしていただけるとロング好きになるかもです
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

初体験:集団走行の「い・ろ・は」

前々回、前回の記事で報告しました和田峠〜風張峠の際に集団走行を実質的に初めて体験しました。
今日は、その体験から感じたことを書きたいと思います。

っと、その前に、ポチったものが今日届きました。
20121018_light.jpg
「CAT EYE テールライト TL-LD170R」と「GENTOS 閃 355(SG-355B)」です。
最近、ロングが多くて帰りが18〜19時過ぎになり、日も短くなったことで真っ暗です。基本的に夜と雨は走らないと決めているのですが、どうしても走らざるを得ない場合が出てきます。その際、今の貧弱なライトだと危険なので、安全のために導入しました。
早速、取り付けてみますが、閃355のブラケットが小さすぎwwwなに?直径20mmまでだと?ハンドルに付かないじゃんっ!うぅ〜、しょうがないのでフロントフォークに取り付けました。テールライトは、シートステーに取り付けるつもりが、大小どちらのブラケットも合わない、正に帯に短したすきに長し状態。しょーがないからサドルバックに取り付けました。
また、点灯状態などを確認して使用感を書いてみたいと思います。

では、改めて集団走行について、
今回の走行以前にもポタポタモードでグループ走行したことはありますが、30kmオーバーのトレインで引いたり引かれたり、坂で競い合うような走行は初めてです。

そのトレインでも先頭を長く引かせてもらいました。
しかし、経験がないので、ハンドサインの出し方を知らないし、ペースが分からず後続がどうなってるか分からないし、走行ルートがあやふやでどっちに曲がるかしょっちゅう迷っちゃうし、、、
いやぁ〜本来は先頭を引いちゃダメな人間が先頭を走ってたんですねぇ、、

ハンドサインについては、
基本的な4つくらいを事前に勉強しておくべきでした(KTMさんのこの記事を参考にさせていただきまーす)。結局、見よう見真似でテキトーに出しちゃってたので、後の人を混乱させたんじゃないか?逆に危険にさせたんじゃないか?と、反省しています。

ペースについては、
アップダウンや風向き、疲労度合い、急ぐかゆっくり行くか、等々、様々な条件で変わってきますから、時速何キロくらいでーって言ってもよく分かりません。なので、とりあえずマイペースで走ってみて「速い?遅い?」て聞くのが一番です。でも状況ごとに聞いてもいられないので、まぁ早過ぎたり遅すぎたりしたら言ってくれるだろう程度に考え、あまり気にし過ぎないことにします。後を気にし過ぎても疲れるし危ないですからね。

ルートについては、
まぁちゃんと覚えておくに越したことはないのですが、初めてのルートでは難しいですから、どっちか迷ったら確認のために一旦止まる勇気も必要ですね。まぁいぃやーって行ってしまってから間違ってることが分かると、疲労感倍増、時間のロスからスケジュールの遅れに繋がり、いろんなリスクが高まります。お一人様の場合は、道を間違えても、それはそれで面白かったりするんですけどねー

以上のように、集団走行には気をつけるべきことがあり、それを知ることができたので、今後身につけていきたいと思います。

でも、それ以上に集団走行の楽しさを知ることができたのが最大の収穫でした。お一人様だと決して得ることができない共感、これは列を成して同じ道を走り、同じ坂を上り下ることで、同じような楽しさや苦しさを共有するからこそ得られるものです。それが実感できたことが嬉しかったです。

このような経験の機会を与えてくれたデビさんタッキーさん、T君に感謝したいと思います。ありがとうございました。
今後も機会があればいろんな方々とご一緒させてもらいたいと思ったYabooです。よろしくお願いします。

応援のポチっ↓していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜奥多摩湖(後編)

2012.10.14の走行記録の後編です。前編は、コチラ

和田峠を越えた我々4人(デビさんタッキーさん、T君、私)は、甲武トンネルを目指します。

しかし、和田峠を裏に下った三叉路を直進して上野原側に向かう道は、いきなりの上りです。先程のアタックで削られた脚と心にとっては、左折して藤野に下る道が輝いて見えますが、ここは、意を決して上り始めます。やはり、上りはキツい。しかも似たようなアップダウンが繰り返し繰り返し襲ってきます。上野原カントリークラブ前のピークまでの間に相当ダメージを受け、それを下ったと思ったら、また上ってレイク相模カントリークラブが現れる、といういつまでたっても上りと下りが繰り返すデジャブを見てるような道に心が折れそうになります。

さらに、また下らされて交差点を右に行くと、明らかに長い上りが来たと分かるような大きなうねりの山が見えます。これは厳しくなるゾっと覚悟を決めて上りますが、数百メートル先の道までグル〜っと回って上っている道を見ると、またまた心が折れそうになります。勾配は5〜7%程度でしょか?さほど厳しくはないけど、その時の脚と心には和田峠以上のダメージを与えます。まーそれでも、ペースを落とさずに淡々と上って、もうそろそろピークの甲武トンネルかな?というときに、後ろのタッキーさんが悲鳴のような鶏を絞めたような声で「休みましょう〜っ!」と、そこでストップ。皆が道路にヘタリ込みます。その時の様子を撮影したのが、速報で掲示した写真です。

まー確かに、ここまで1時間くらいほぼ休憩なしでアップダウンでしたから、厳しかったですね。
しばし路肩で休憩した後に再スタートしますが、大きな左コーナーを曲がったらすぐにトンネルが見えてきました。甲武トンネルに到着です(11時50分ころ)
20121014_kobu.jpg

ここではそそくさと記念撮影を済ませてすぐに再スタートし、トンネルを抜けて檜原へ下り、檜原街道へ左折して次は都民の森を目指します。
檜原街道では水補給のために自販機で止まり、そこからすぐに「焼きたてパン」のノボリが目にとまってストップ。
たなごころ」というパン屋さんで補給休憩です。選んだパンをその場で温めてくれてマーガリンを付けて出してくれます。疲れた体と心が癒され、ゆっくりしちゃいました。そのため、ここを出る時点で、予定よりも約1.5時間押し、、

再スタートして都民の森を目指しますが、徐々に上りがキツくなってきます。奥多摩周遊道路の檜原側起点を過ぎると、どんどん勾配が急になり、またまた脚と心肺が悲鳴を挙げ始めます。それでも、ここを上り切ればその後は下るだけですから、最後の力を振り絞って上ります。標高も高くなって景色も良くなってきますが、堪能している余裕がありません。とにかく少しずつでも前へ上へ進むことだけを考えてペダルを回しました。
なんとかかんとか都民の森に到着です。14時前だったでしょうか?よく覚えていません。
20121014_tominnomori.jpg

予定ではここで大休止をとってからピーク(東京都道路最高地点)を目指すはずでしたが、時間が押していることもあって、少しの休憩の後に再スタートします。ここからピークまでは5km程度で勾配も緩くなるので気分的には楽に上っていけます。
ところが、ピーク付近にはアップダウンがあって、どこが東京都道路最高地点なのか分かりません。道標を探しながら走ったのですが、行き過ぎてしまったようで月夜見第2駐車場まで下ってしまいました(前回も見つけられなかった)。そこで、諦めてそのまま下るか?上り返して探すか?多少の議論がありましたが、戻ることになり、今度は慎重にタッキーさんのGARMINで高度を見ながら探しましたが、やはりなかなか見つかりません。
で、まさかこんなところにっ?てとこにあるのをやっと見つけて記念撮影することができました(14時半前)。
20121014_kazahari.jpg
なお、これから東京都道路最高地点を目指す人のために、どこにあったかは内緒にしておきます。探すのも楽しみの一つですからね

そんなこんなでピークを過ぎたら、あとは奥多摩湖に向かって下るだけです。
気持ちのよい道をパーっと下って、あっという間に奥多摩湖畔に出て、グルっと回って昼食場所の「のんきや」に予定よりも2時間近く遅れて到着。
デビさんとタッキーさんはラーメン(醤油)大盛り、T君と私はラーメン(味噌)大盛りを注文。うん、旨かったです。汗をかいて失った塩分とエネルギーの補給、下りで冷えた体を温めるのにラーメンは最高です。

しかし、時間が押してますからのんびりしていられません。食べたらすぐに再スタートです。15時半頃でしょうか?奥多摩湖畔から青梅街道を高速トレインを組んでグングン下り、古里で橋を渡って吉野街道をさらに下ります。
結構な速度で下ってきましたが、私の思考力が低下していたのでしょう道を間違えてしまったようで、ナビを見ていたT君の指摘で一時停止。少し戻ることになりました。が、ここで、痛恨の立ちゴケを喫してしまいました。左のビンディングを外して止まっていた状態から右に体重がかかって成す術なしでした。右膝を擦りむきました。
ま、その後はT君のナビ付き先導で羽村駅前までスムーズに行くことができ、ここで八王子から輪行で帰るT君とお別れです。

残りの3人で羽村〜瑞穂の途中のコンビニで休憩をとり、青梅街道に入って多摩湖を目指します。多摩湖までは順調に戻ってきて、所沢駅前を通って航空公園に18時半過ぎに到着。お二人に写真を撮ってもらい、また今度ご一緒することを約束して、お二人を見送ってから、私は自宅に向かって最後の走行。帰宅は19時過ぎ、11時間の旅でした。

この日(2012.10.14)の走行記録
走行距離:174.8km
走行時間:8時間05分
平均速度:21.5km/h
最高速度:57.3km/h
獲得標高:2510m

以上、和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜奥多摩湖の走行記録ですが、速報でも書いたように、3つの収穫がありました。再度、書いておきます。
1.楽しい自転車仲間が増えたこと(10/28と11/3もご一緒できそうです)
2.異音が解消したこと(全バラしの効果が確認できてよかったです)
3.和田峠を足付きなしで上れたこと(24分13秒から短縮を目指します)
皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

よろしかったら↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜奥多摩湖(前編)

2012.10.14の走行記録です。
この日は、プチデビルさんtake-iさん、同じ職場のT君と私の計4人で走りました。

ルートは、ほぼ事前設定のとおり(ルートラボ)


プチデビルさん(デビさん)、take-iさん(タッキーさん)とは、所沢航空公園で6時半に集合し、T君とは八王子のファミマで落ち合う予定です。

それでは、スタートです。
5時過ぎに起床し、朝ご飯を食べ、デビさんとタッキーさんが落ち合ったことをツィッターで確認してから6時過ぎに家を出ました。6時半前に航空公園に着いてお2人を待ちます。
予定通りに6時半にお2人が到着し、挨拶を交わしてから、すぐに多摩湖を目指し出発。多摩湖前の上りでタッキーさんが「8%もある〜っ」と言って遅れますが、そんな勾配はなく、これが後の和田峠に向けた口三味線、布石だったとは、このときの私に知るすべはありません。
多摩湖に到着し、記念撮影(自転車のみ)。ようこそ我が多摩湖に
20121014_tamako.jpg

7時過ぎに再スタートし、青梅街道から左折して南下し、昭島を通って多摩大橋を渡り、セブンで休憩。ここでもタッキーさんがアップダウンに対して弱気な発言で布石を打ってきます。
R20に出て右折し、浅川を渡って右折してすぐにファミマがありました。予定通りに8時半に到着し、朝ご飯中のT君と落ち合えました。
ここで、長距離好きのデビさん、タッキーさん、T君がブルベについて語り合っていましたが、私は??
8時45分過ぎに再スタートし、すぐに陣場街道に入って西に向かって走ります。圏央道を過ぎると車も信号も減って走りやすくなりますが、徐々に上り勾配になってきます。
9時過ぎ、夕焼け小焼けの里に到着。しばし休憩の後に和田峠の上り口に向かい、9時半過ぎに到着。
これから地獄のヒルクライムの始まりです。
20121014_wada1.jpg

トレッキングの人達もたくさん登っていきます。いましたっ!山ガール(写真撮ってませんが)。
しかし、それどころではありません。アタック開始です。
上り始めは、T君が先行し、私が着いていき、デビさんとタッキーさんはゆっくり目です。
でも、勾配が急になり始めると、他の人のことなど考えていられません。心拍が上がり、呼吸が荒くなって、苦しい、脚もキツいっ!ダメだ、封印解除でロー27Tに落とします。でも心肺も脚も楽になりません。T君が離れていきます。後ろを振り返ると、デビさんとタッキーさんがすぐそこに迫ってきました。でも踏み込めません。
中盤過ぎでしょうか?デビさんとタッキーさんに抜かれました。あれは口三味線だったんだっっ!!やられたっ!という思いが頭をかすめましたが、そんなことを考えていられません、ここで心が折れたら止まっちゃいます。
なんとかがんばって最後のコーナーを過ぎたところで、前方にT君が見えました。これはひょっとしたら追いつけるかも?っとスパートをかけようとダンシングしますが、脚がっ!座り直してトルクをかけますが、左ふくらはぎがっ!攣ったっ!
ということで、そのままゴール。
20121014_wada2.jpg

タイムは24分13秒でした。ま、タイムよりも、初めて足付きなしで上まで踏み続けられたことの達成感があり、満足です。
あと、ダンシングでトルクをかけてもギシギシ音がしませんでした。前日の全バラしが功を奏して異音が解消したことは、とても嬉しい収穫でした。
また、トップのタッキーさんは22分台とかでしょうか?坂嫌いで初和田にしてこのタイムとは、、、完全に騙されてましたねー
で、峠の茶屋のベンチでしばし休憩後、ウィンドブレーカーを着て裏を下ります。こちらの下りは道幅も広く、人や車も少ないため気持ちよく下れますね。下ってから上野原方面へ向かって甲武トンネルを目指します。

しかし、ホントーの地獄はここからでした。後編に続きます。

ポチっと↓応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

グルグル@@どれがいい?

こんばんわ
今日は体中がガタピシいって、さらに疲労物質が溜まり過ぎたのか?クラクラしてきたので、午後休とって帰ってきました。
それで、昨日の「和田峠〜甲武トンネル〜風張峠」の走行記録を書こうかと思ったのですが、それはまた次回にして、↓コレです。

奥武蔵の峠制覇!4000m上る旅
う〜、ルートラボで描いてるうちに、わけが分からなくなってきました、、、
まー限られた地域をグルグル回るルートですから、峠の数も限られてるわけで、どこをどう走っても大した違いが出るはずも無いのですが、、、
なんかねぇ、ルートラボって便利なんだけど、描いてるうちに迷ってきちゃうんですよねぇ
で、何時間もかけて描いたり消したり描き直したりして、結局1つに絞れずに3つのルートができちゃいました。
午後休とって一体何やってんだ俺?って話ですよ

ま、とりあえず3つのルートを掲載しておきます。
<候補1>


<候補2>


<候補3>


どのルートも走行距離130〜140km、登坂距離4000mちょっとです。
白石峠、二本木峠、定峰峠を含めて、大きく6つの峠がある点は共通です。
相違点は、北から入るか南から入るかと、他の峠の組み合わせ方と、鎌北湖に上るか下るか、くらいですかね?
キツさは、多分同じくらいだと思います。

さて、私は、どのルートがいいか分からなくなってしまいましたので、同行する方に決めていただきたいと思います。
ということで
参加者募集!!
11/3(土)文化の日に上記いずれかのルートを走りますので、ご一緒いただける方を募集します。
集合時間は現地に7時くらい、走行の所要時間は9〜10時間程度、帰りは夕方〜夜になりそうです。
我こそは!という方のご応募をお待ちしております。
(ただし、サポート等は一切ございませんので、予めご承知おき下さい)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

速報:和田峠〜風張峠

こんばんわーっ!
今日は、プチデビルさん(デビさん)take-iさん(タッキーさん)、T君と和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜奥多摩湖に行ってきました。
詳しい走行記録は後日アップしますが、とりあえず速報です。ルートは、こちらの記事をご参照ください。

スタートは予定通りに6:30に航空公園でデビさん&タッキーさんと合流し、その後、八王子でT君と合流。
和田峠には、30分程遅れて到着、そこから甲武トンネルを目指しますが、ここが予想外にキツくって、なかなか距離が稼げませんでした。
甲武トンネルの少し(200mくらい?)手前でグロッキー状態の3人(もちろん私も)。
20121014_koubu.jpg

甲武トンネルを越えてからも檜原街道で2度程休憩し、都民の森を目指しますが、脚が重い重い、、、
なんとか都民の森に到着し、東京都道路最高地点を目指し、1度では見つけられずに行き過ぎて戻ったりしながら、奥多摩湖に下って昼食。この時点で予定より1時半以上遅れていました。
その後、青梅街道、吉野街道を下り、道を間違えたり、立ちゴケしたり、なんやかやで帰ってきました。帰宅時間は19時で11時間の旅でした。キツかったけど、とても楽しく充実した1日でした。

今日の収穫は3つ
1.楽しい自転車仲間が増えたこと
2.異音が解消したこと
3.和田峠を足付きなしで上れたこと

奥武蔵峠制覇4000m登坂の旅を11/3に決行することになりそうです(なりました?)。
ご一緒いただける方を募集中です。よろしくお願いします。

以上です。↓よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

全バラシ:異音が消えてくれれば

こんにちはー
昨日は、職場の歓迎会があり、私が幹事でもあったので、またまた午前様

さて今日は、これからメンテナンスです。全部バラバラにしてやるつもりです。
ま、全部っても、ケーブル類は外さないのでハンドルとフレームは繋がったままになりますが
ドライブトレイン(チェーン、クランク、BB)周りとヘッド周りをバラして掃除、グリスアップし、組み直します。

というのも、ずーっと異音が続いてるんですよねー
最初は、激坂ダンシングで右を踏み込んだ下死点あたりで「ピキっ、ピキっ」てクランクかBBが鳴っていたのが
次に、普通の坂でもダンシング時に左右の下死点で「ピキピキ」鳴るようになり、
最近では、平地でも少しトルクをかけるだけで左右が「ギシギシ」うるさくなってきました。
音鳴りし始めた頃にBBを交換したんですけど(アルテグラBB-6700に)、改善しなかったんですよねー
shi-d-smbb6700.jpg

本来なら、1つ1つバラして原因を究明したいところですが、正直メンドクサイ
なので、駆動系をまとめて一気にやっちゃいます(ヘッドはついで)。音がしなくなったらラッキーってことで
あと、ホイールのハブメンテは、9月に大垂水で豪雨にあった後にやったから、今日はパス
明日は和田峠〜風張峠に行くから、ちゃんと組み上げないとマズいです。
作業完了したら、更新します。では、後ほどー

ということでー組み上がりました。
11時過ぎから作業を初めて、昼ご飯を挟み、15時過ぎに終了しました。
では、作業を振り返ってみます。

1.ドライブトレインのバラし作業
 チェーン(ミッシングリンク)を外してペットボトルに入れ、ディグリーザでシャカシャカ洗浄
 左クランクを外し、右クランク&チェーンリングを抜き取り、パーツクリーナーで汚れを落とす
 BB外し工具で左右のBBを取り外す。固くて足を乗せて体重で回しました。古いグリスを拭き取る
2.ヘッドのバラし作業
 ステムとヘッドキャップのボルトを緩めてコラムからハンドル&ステムを抜き取る
 フロントフォークから前ブレーキを取り外し(ケーブルはそのまま)、前後タイヤを取り外す
 ヘッドパーツ上ワンを外し、ヘッドチューブからフォーク&コラムを抜き取る
 ヘッドパーツ下ワンを外し、ヘッドパーツ(ベアリング)、コラム等を清掃、グリスを拭き取る
以上でバラし作業は完了です。
(サドルも抜き取りましたが、何故か下がってましたっ?!いつからかな?)
バラしたパーツ達の集合写真
20121013_barasi1.jpg

20121013_barasi2.jpg

3.ヘッドの組み上げ作業
 下ワンベアリングにグリスを塗ってヘッドチューブにセットし、コラムを通す
 上ワンベアリングにグリスを塗ってコラム・ヘッドチューブにセット
 ハンドル&ステムをコラムにセットし、ステムとキャップのボルトを仮締め
 前ブレーキをフォークにセットし仮締め
4.ドライブトレインの組み上げ作業
 左右BBにグリスを塗ってから取り付ける。
 右BBは、取り外し時に少々ナメたみたいなので、締め付けトルクを前回より低めに
20121013_BBtorituke.jpg
 BBに右クランクの軸を通し、左クランクのキャップを締めてからボルト固定
5,仕上げ
 前後タイヤを取り付け、前ブレーキのセンター調整後に本締め
 ハンドルの向き調整後、キャップ&ステムのボルトを本締め
 洗浄後に乾燥させたチェーンをプーリ、スプロケ、チェーンリングに回し、ミッシングリンク連結
 チェーンに注油し、シフトチェンジの確認
その後、サドルを取り付けて組み上げ作業は終了です。

全体を水拭きした際、タイヤ表面を確認したら、側面にほつれ?穴があきかけてる?
20121013_tire.jpg
分かりますか?ちょっと白くなって下地が見えています。
また、タイヤのトップ部分は、もう相当に扁平になってきています。限界かな?

以上、無事に組み上げることができ、明日の走行は問題なさそうです。
さて、異音は消えたのか?
ちょっと乗ってみて、ブレーキをかけながらトルクをかけて左右に振ってみたところ
ん?音がしません。これは、成功したかもしれません。
ま、明日の坂でダンシングして確認しますが、うまく音が消えてくれていれば万々歳です。

↓応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

激:奥武蔵の峠制覇?上り4000m(計画)

こんばんわ
昨日の奥武蔵〜多摩200kmの走行記録のついでに計画(妄想)を書いておきます。
もし、ご一緒していただける方がいらっしゃるようだったら、実行に向けて具体的に考えようかな?と

題して「奥武蔵:全?峠制覇っ!4000m上る旅」です。
ルートは、
小川町駅を出発して堂平山に向かって北側斜面を上り(1個目)、
東秩父村の方に下ってから二本木峠を上り(2個目)、
北側をグルっと回ってから定峰峠、白石峠から堂平天文台まで上り(3個目)、
高篠峠からときがわ町側へ下って白石峠を上り(4個目)、
また高篠峠から大野峠、刈場坂峠を通って飯盛峠から毛呂山町側へ下り
鎌北湖に上ってユカデ等アップダウンを繰り返して顔振峠に上り(5個目)、
吾野側に下ってから高山不動尊、黒山に上り(6個目)、
その後、黒山三滝の近くを通って越生に下ってゴールです。


走行距離140km弱、平均速度15km/hとして、所要時間10時間くらいでしょうか?
まぁーこんなルートを走るのはよっぽどの坂バカなんでしょうけど、ちょっと行ってみたい気もしています。
どなたか一緒にバカになりましょうっ!!

以上の妄想とは別に
<参加者募集中です>
今週末の日曜日(10/14)に和田峠〜甲武トンネル〜風張峠〜奥多摩湖に行きます。
ご一緒いただける方を募集しています。コメントください。
今のところ、プチデビルさん、T君、Yabooの3名で遂行予定です。
詳しいルートとスケジュールは、こちらの記事を参照ください。

坂バカの方も、そうでない方も
↓ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

奥武蔵〜多摩グルっと200km

こんにちわっ!
昨日は、急遽上司との差し飲みで、さんざん愚痴を言い合ってるうちに午前様で更新できませんでした。
今日も、TBSの名曲コレクションを観ながら書いてますが、全然筆が進みません。懐かしい歌ばかり流されると一緒に唄っちゃいますねぇ

さて、今年の目標達成を目指す旅の第2弾です。
三連休の3日目である体育の日(2012.10.08)に以下のコースを走ってきました。
奥武蔵(小川町、二本木、定峰、白石、大野)〜秩父〜山伏、正丸、小沢峠〜多摩(五日市、八王子、尾根幹)のグルっと200km

朝6時13分スタートです。寒い
所沢、入間、日高、越生、都幾川を通って小川町を目指します。白石峠に行くときは都幾川のファミマで補給休憩してから左折するのですが、この日は先を急ぐために休憩無しです。小川町駅到着が8時でした。小川町の駅前には、輪行で来たらしきローディーの方がいらっしゃいました。
20121008_ogawamati.jpg

一服して直ぐに再スタートです。K11で東秩父村を目指し、落合橋で左折し、さらに右折すると本日最初の峠です。事前には名前も知りませんでしたが、二本木峠というそうです。
右折して橋を渡るときに峠の上り口が見えました。か壁があるじゃないですかっ!!なんじゃこりゃ〜っ!て思わず声が出ました。全く予想してなかったのでショックが大きかったです。
上り口からいきなり10%超えですねー。これには参りましたが、気を取り直して息を整えつつインナー×セカンド(ロー27T封印中)でゆっくり上ります。ま、途中は多少緩くなるところもありつつ、でも10%超えも何度か出てきつつ、なんとか上り切りました。9時頃到着。彩の国ふれあい牧場があり、牛さんがいましたが、写真とってません。
20121008_nihonngi.jpg

南側には堂平山が見えています。このあと下ってから、またあそこに上るのかぁ〜、、ハぁ、、
20121008_douhira.jpg

ゼリーで補給を採ったらとっとと下ります。が、なんだか道を間違えた感じ。でも、まーこっちじゃないかな?って進んでいくと栃谷の交差点に出ました。地図を見ていると前の道を揃いのジャージを着たチームのトレインが横切っていきました。それで多分そっちが定峰だろう、と確信して追っかけます。追いつくわけないですけどね
やはりその道(K11)で合っていました。しばらく走ると定峰峠の上りが始まりました。勾配はキツくないと分かっていたのですが、脚を使いすぎないように、軽いギアでクルクル回してケイデンス70以上で上ります。
はい、定峰峠の茶屋に到着(10時頃)。さっきのチームの人達が休憩していました。ジャージにチーム名?BUPと書いてありました。
20121008_sadamine.jpg

羊羹とドリンクを補給し、再スタートします。白石峠、大野峠を通って、県民の森入り口で記念撮影。
20121008_kennmin.jpg

さらに下って横瀬を目指しますが、道を間違えました。芦ケ久保駅方面に少し下ってしまい、激坂を上り返しです。横瀬まで下ってくると、左手に武甲山が見え、手前に景色の良いところがあり、写真撮影や写生をしている人がちらほら。何かなっと思って止まってみました。「寺坂の棚田」というらしいです。彼岸花(曼珠沙華)も咲いていました。たまには風景もパシャ
20121008_yokoze.jpg

その後、横瀬のコンビニ(SAVE ON)で補給休憩。ドーナツとあんドーナツをいただきました(何故かドーナツばっか)。少しゆっくり休憩してからR299で秩父、西武秩父の駅に到着(12時)。少し押し気味ですが、まぁ予定通りです。
20121008_titibu.jpg

小休止の後、羊山公園の芝桜の丘に。当然、芝桜はありませんが、背景に秩父の象徴である武甲山。
20121008_hitujiyama.jpg

羊山公園でちょうど100km。でもここまで来たら、あとはいつも走っている地域をグルっと回って帰るだけです。さらに、もしダメだと思ったらエスケープできるように、後半のルートは、鉄道が通っているところを選択し、輪行袋も持ってきています。そのへんの準備に抜かりはありません。
R299を飯能方面に走って正丸トンネルの手前で右折したところでゼリー補給。R299のダラダラ上りが結構脚にダメージを与えていました。それから、山伏峠を裏から上ります。う〜ん、脚が回らなくなってきました。ダルいですー
でも、まだまだ長いだろうと思ってたら、いつもの正丸峠との分岐に出て、なんとか上り切りました。13時20分山伏峠到着。
20121008_yamabusi.jpg

ここで、せっかく山伏まで来たんだから、やはり正丸峠にも上っておきたい、ってことで少し戻って、正丸にも上り、折り返して再び山伏に上ってからダウンヒルです。この山伏峠の表側の下りは、気持ちよく走れるので好きです。名栗まで下ってきたら、次は、小沢峠を越えて成木ですが、小沢は短いけど脚にくるから嫌いです。
成木からは松ノ木トンネルを抜けて青梅方面へ行き、軽い峠(でも脚は重い)を越えて軍畑へ抜け、多摩川を渡って吉野街道へ。しばらく下ってセブンでガリガリ君ぶどうサワー味補給後、右折して梅ケ谷峠を越えますが、もう脚がダルダル。

(このあたりからあまり記憶が残っていませんし、写真も撮っていません)

秋川街道を走り武蔵五日町駅前を通った後に何故だか檜原街道になってて折り返しました。秋川街道がインターチェンジみたいに立体交差になってるなんて知りませんでしたよ。そんなこんなで時間を無駄にし、既に16時です。だいぶ遅れてきました。
その後、八王子から唐木田を目指し、途中セブンでコーラを飲んでから、尾根幹を走りますが、時間は17時で暗くなってきました。ヤヴぁいです。
予定では、是政橋から帰るつもりでしたが、距離的には楽に200kmを越えそうだったので、手前の四谷橋を渡って、R20から東八道路、国分寺通りを走って帰ってきました。
帰宅18時25分、12時間15分の旅でした。

この日の走行ルート(ルートラボ)


走行記録(2012.10.08)
走行距離:208.2km(自己記録更新)
走行時間:10時間08分(自己記録更新)
平均速度:20.5km/h
最高速度:55.7km/h
獲得標高:3190m(自己記録更新)

以上のように、なんとかかんとか今年の目標を達成することができ、ホっとしています。基本的に長距離は苦手なので、何度もやりたくありませんし、もう昼の時間が短くなっているので、これから先のロングは厳しいですしね。

お付き合いいただきありがとうございました。
よろしければ、↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

完:目標達成できました

今日は、今年の目標達成を目指した走行の第2弾に行ってきました。
ルートは、昨日の記事の通り、奥武蔵〜多摩をグルっと回るコースです。

結果は、
20121008_kyori.jpg
はい、208.25kmでした。獲得標高も3000m設定なので2000mは楽々越えていると思います。
ということで、目標(200kmかつ2000m)を達成することができましたっ!!

途中、何度かコースを間違えたり、ちょっと寄り道したりで、距離がちょっと長くなってしまいましたが、まぁ良しとしましょう。
走行時間は、朝6時13分にスタートして18時半前に帰宅したので、12時間15分でした。
いやぁ〜長かったしキツかったです。やはり登坂距離3000mは厳しいです。何度も脚が終わったぁ〜って思い、DNFしようかと考えましたが、タレタレになりながらも走り続けてよかったです。
私史上最高に厳しい走行でしたが、その分、達成感も最高です。

今日は疲れたので、詳しい走行記録は、また改めて報告します。

グリップ:タイヤ交換の新兵器購入

今日は、昼過ぎまで雨、午後からはF1中継に齧り付き、ということで自転車は完全OFFでした。
で、買い物の運転手ついでに、ワー○マンに寄って以下のものを購入しました。
20121007_globe2.jpg 20121007_globe1.jpg

はい、作業者向けのグローブですね。ユアサグローブという会社が販売しています。
手の平側が滑り止めの合成皮革でできてて、表面に凹凸があり、実際にグリップ力が高そうです。赤黒の色も気に入りましたし、価格も¥390と非常にリーズナブルです。
これでタイヤ交換作業が楽にできるようになればコスパ最高なのですが

というのも、現在Myセクターは、ホイールがシマノWH-6700、タイヤがミシュランPRO4なのですが、この組み合わせでのタイヤ交換作業は苦難を極めます。最初に嵌めたときと前回交換したときは、いずれも結果的にタイヤレバーを使いましたが、チューブを傷つけるリスクが高すぎます。
かといって素手で嵌めるには手の皮が何枚あっても足りません。

で、次のタイヤも既にPRO4を準備しており、そろそろ交換時期がやってきそうということで、楽に交換するために上記グローブを購入した次第です。
近々交換作業をすると思いますので、その結果は、追って報告します。
また、お勧めのよいグローブや、楽な交換方法など、情報がありましたらご教授いただけると嬉しいです。

↓さらにクリックしていただけると、もっと嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

再:目標に挑戦2回目

可夢偉やりましたっ!!3位表彰台
よく粘って冷静に走り切った。偉いっ!
'90に亜久里の3位入賞を鈴鹿で観たときの感動を思い出しました。

さて、私の方も今年の目標への挑戦、第2弾です。
昨日と同じルートじゃ面白くないので、全く別ルートを考えました。
奥武蔵〜多摩をグルっと回るつもりです。

挑戦ルート(ルートラボ)


ルートラボ上の距離は、また樵りもせずに198kmになっていますが、今度は大丈夫だと思います。なんで余裕を持った距離設定にしないかって?なんとなくピッタリにしたいから?
で、獲得標高は、3000m。前回の2300mよりも多くしたのは、前回失敗の懲罰的意味合いです。あ、私は決してドMではありませんよ。

いつ決行するかは未定ですが(ひょっとしたら明日かも?)、いつまでも引きずっていられないので、早めに達成したいと思います。
ではー

道志〜山中湖〜雛鶴〜大垂水峠

本日は、道志みちから山中湖まで行って、都留から雛鶴峠を越えて相模湖へ、最後は大垂水峠を越えて帰ってきました。
別記事でも書いた通り、今年の目標達成をかけた走行だったのですが、残念ながら距離不足で未達でした。

それでは、本日(2012.10.06)の走行記録です。

朝、5時に起床し、6時過ぎにスタートです。いつものように多摩湖の脇を通って青梅街道からT59に入り、昭島を抜けて多摩大橋からR20で八王子へ。
今日は、200kmが目標なので、前半は距離を稼ぐために休憩を取らずに行ったので、八王子駅前まで1時間15分程で着きました。そのままR16に入って橋本を目指し、7時半過ぎに橋本を通過し、K413に入ります。ここで一服のため初休憩です。
すぐに再スタートして津久井湖を7時55分頃に通過し、道志みちに入ってセブンで補給休憩。MONSTER ENERGEYとミルクレープをいただきました。20分程休憩してから、8時半過ぎに再スタートし、8時50分頃に神奈川県道路最高地点で記念撮影。
20121006_kanagawa.jpg

その後もどんどん進んで、道志村に入ります。ここからはダラダラとした上りが始まりますが、できるだけペースを落とさないように踏んでいきます。9時45分頃に道の駅どうしに到着。
20121006_dousi2.jpg
道志川
20121006_dousi1.jpg

ここで、大休止。
クレソンアイスをいただきました。味は、、、コメントを差し控えます。
20121006_ice.jpg

10時20分頃に再スタートしました。が、それまで調子が良かったのに、休憩後は脚が重い。ポタポタモードになりそうでしたが、勾配が急になってくると重いとか言ってられません。脚が終わらない程度にがんばりますが、どの辺を走っているのか?あとどれくらいでピークなのか?全く分かりません。なので、まだまだ山伏トンネルは先だろうと思って慎重に進みますが、あっけなく現れました。11時前だったと思います。
20121006_yamabusi.jpg

その後、一気に下って山中湖に11時15分頃に到着でスワン
20121006_yamanakako.jpg
湖畔のセブンで補給休憩です。缶コーヒーとグラタンコロッケバーガーをいただきました。
が、ここで、体に異変がっ!おなかが痛い。セブンでトイレを借ります。とりあえず落ち着いたので、再スタートします。11時45分頃だったと思います。
その後、R138で富士吉田、R139で都留を目指しますが、ずっと下りで寒い寒い、手が痺れてくるし、おなかが冷えてまたマズい感じがしてきました。ウインドブレーカーは持っていたのですが、止まって着る踏ん切りがつかず、そのまま走行を続けます。でも、都留まで下りてくると気温が上がって大丈夫な感じに、よかった。
でも、精神的な余裕がなくなっていたので、山中湖以降の写真がありません。富士山も見えなかったし

12時半過ぎにK35に曲がって雛鶴峠を目指します。しかしK35は、何の変哲も無い田舎道が続きます。やっと上りが始まったと思ったら、工事中で止められたのですが、なんかすごい構造物が作られています。何か分からなかったのですが、後から通った秋山村で判明しました。リニアモーターカーの線路(?)用トンネルのようでした。いやー、そうと分かっていたら写真を撮っておけばよかった。残念

で、13時過ぎに雛鶴峠に到着です。でも標識が見当たらないので、トンネルの看板と記念撮影。
20121006_hinaduru.jpg
この雛鶴トンネル、めっちゃ怖かったです。大型車が結構通るのに路肩がほとんどなく、一応、歩道もあるのですが幅が狭いので、こりゃ落ちるなと思い、仕方なく度胸一発、車道を走りました。しかし、トンネルの中間あたりで照明がなくなり真っ暗にっ!ライトは付けていたのですが、貧弱なのしか持っていなくて、何も見えません。もう、車線のど真ん中を走るしかありません。幸いにも車が来なかったので事なきを得ましたが、マヂで怖かったです。

雛鶴峠を越えたら、あとは相模湖へ向けてアップダウンを繰り返しながら淡々と走ります。で、相模湖からはR20に入り、大垂水峠へ
このとき既に相当脚に疲れが溜まっているのが分かっていたので、大垂水峠では、あまりがんばれないかな?と思いながらも、13〜15km/hの一定ペースで脚を回すことができ、結構満足のいく走りができました。
峠を下って、高尾山口駅前のサンクスで休憩し、コーラ(赤いやつ)を飲みたかったのですが、売り切れ。しょーがなくWILKINSONのジンジャーエールを飲みました(辛い)。
高尾山口には登山客がたくさんいました。が、山ガールらしき人は見かけませんね。やはり、あれはマスコミが作り出した虚構ですかね?

ともかく、ウチに向かって最後の再スタートです。八王子から日野、立川を抜けて帰ってきました。帰宅時間は16時半過ぎ、10時間半の旅でした。
しかし、太腿がとても疲れています、てか痛いです。筋肉痛には早すぎるので、攣りかけだったのでしょうか?
疲れたけど、満足のいく走りができました。

走行ルート:昨日の記事をご参照ください。

本日(2012.10.06)の走行記録
走行距離:197.8km(自己最高記録更新)
走行時間:8時間25分
平均速度:23.5km/h
最高速度:59.4km/h
獲得標高:2360m

以上、今年の目標である200kmかつ2000mには、距離が2kmちょっと届きませんでしたが、全体としては満足のいく走りができました。ルートを見直して近いうちにリベンジしたいと思います。

よろしければ、↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

無念:目標達成ならずっ!!

今日は、今年の目標(1日で200kmかつ2000m)達成を目指して、以下のコースに行ってきました。

道志みち〜山伏峠〜山中湖〜都留〜雛鶴峠〜相模湖〜大垂水峠

コース図は、昨日の記事をご参照ください。

結果からいうと、目標達成はできませんでした。
20121006_kyori.jpg
はい。走行距離が200kmに達していませんね。
197.83kmでした。2.17km足りていません。

うぅ〜、なんでかと言いますと、読みが甘かった、というか、ルートラボで描いたルートを正確にトレースし過ぎました。ルートラボでは193.9kmになってまして、ウチからスタート・ゴール地点まで往復で5kmくらいだから、198.9kmになります。それでも足りてませんが、いつもは、割とテキトーに走るので、道を間違えたり、ちょっと寄り道したりするので、簡単に10kmくらいは長くなっていました。

ところが今日は、なぜだか道を間違えないし、先を急ぐ気持ちから寄り道もしませんでした。
で、あれ?マズいんじゃないか?って気付き始めたのが大垂水峠を下って高尾山口のコンビニで休憩したとき、168kmになってて、ん?ウチまで30kmもあったっけ?と
その後、八王子を過ぎて、立川を過ぎる頃には、確信に変わってきました。あーこれは絶対に足りないわー、と
どこかに寄り道して距離を稼ごうかとも思いましたが、そんな不正は私の良心が許しません。ウソです。ブログネタになれば、それはそれでいいや。また挑戦すれば達成できるだろうし、今日は諦めよう、と考えました。

ということで、目標達成は持ち越しです。改めて挑戦して報告します。
道中メールで応援していただいたプチデビルさん、以上の結果になってしまって申し訳ありません。

あ、今日の走行記録は、後ほどアップします。

ダメダメな私を応援してやろうという奇特な方がいらっしゃいましたら、
↓ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

明日:今年の目標達成を目指します

明日(2012.10.06)は、天気も良さそうなので、今年の初めに立てた目標を達成するために以下のルートを走りに行ってきます。

今年の目標:1日で走行距離200kmかつ獲得標高2000mを走り切る

走行予定ルート(ルートラボ)


まぁ、今から考えるとあまり高い目標ではなかったかなー?と、年初の時点では、100kmかつ1000mがやっとこさだったので、倍!って思ってたんですけどね。しかし、まだ達成したことはありません。
獲得標高だけなら、2000m超えや3000mもありますが、距離200kmを走ったことがないんです。松姫峠のときは、192km
ということで、昼間の時間がどんどん短くなってきていますから、行ける時に行っとかないと、ヘタをしたら目標未達ってことにもなりかねませんので、明日です。
では、行ってきますー

8月:山伏峠〜天目指峠

2ヶ月前の走行記録

2012.08.18に山伏峠〜正丸峠〜天目指峠に走りに行った記録です。
天目指峠は、この日が初めてだったので残しておきたいと思います。実は、7月に同じルートで行こうとしたのですが、R299側の上り口を見つけられずに通り過ぎちゃったので、断念して帰ってきたことがあったんです。なので、この日はちゃんと地図で上り口を確認してから出発しました。

朝7時にスタート!
いつものように多摩湖から青梅街道、岩蔵街道を通って成木から小沢峠を越え名栗に向かいます。
途中、天目指峠から下りてくる道に道路工事の看板と警備員のおじさんが立っていました。あれ?通行止めになっているのかな?と思いましたが、そのまま通過し、不動の湧き水で顔を洗って給水。

9時から山伏峠に上り始めます。汗が噴き出してきます。暑い暑い
でも、脚と心肺の調子は良かったと思います。タイムは20分16秒、決して早いわけではないですが、自己ベスト更新です。
その後、少し下って上って正丸峠に到着(9時半過ぎ)。小休止後に、正丸峠をR299側に下ります。
下り切ってR299に出たら3km程走って西吾野駅の手前で右折します。ここにも道路工事の看板と警備員のおじさんがいたので「ダメですか?」って聞いたら「大丈夫」ってことだったので、進みます。

天目指峠は、登坂距離が4km程で平均勾配は6%程度と、それほど厳しい上りではありませんが、子の権現へ上る分岐から先の後半2km弱は9%くらいのキツい勾配になります。前半は、無理はしないように、でもあまりスピードが落ちないようにペースで上ります。勾配がキツくなってきたらインナー×セカンド(24T)に落とすしかありませんが、タレないようにがんばります(このときもロー27T封印)。道路工事区間では重機が道路の半分以上を塞いでいたので、その脇を慎重に通過し、まぁ一応最後までタレずに峠に到着。タイムは23分10秒、平均速度12.2km/h
標識と記念撮影です。
20120818_amamezasu.jpg

標識だけが妙に新しくてピカピカだったのですが、周りは鬱蒼とした木々に囲まれてます。
この標識を見て初めて峠の正確な名前を知りました。アマメザス(AMAMEZASU)峠というそうです。それまでテンモクザシ峠と読んでました。
また、クマ出没注意の張紙もありましたが、写真が暗いのでカット。
通行止めで車が上ってくることはないし、他に自転車が上ってくる気配もないし、全く人気がないこんな暗い山の中でクマさんに出会ったらマヂ怖いので、そそくさと再スタートです。10分程で名栗側に下りてきました。

飯能方面へさらに下って小沢峠を上りますが、この小沢峠の名栗側は結構な斜度があります。距離は1.5km弱ですが勾配は10%近いので、疲れた脚が全く回りません。まーなんとか上り切って、往路と逆のルートで帰りました。
13時前に帰宅。

この日のルート(ルートラボ)


この日(2012.08.18)の走行記録
走行距離:111km
走行時間:5時間1分
平均速度:22.1km/h
最高速度:52.5km/h
獲得標高:1510m

上ってみたかった天目指峠に上れたので満足でした。獲得標高1500m超えも多分初だったと思います。
しばらく道路工事が続くようなので、きれいになったらまた行ってみたいと思います。

↓ポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。