多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2012-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初:月に1000km達成!!

こんにちは、台風が接近してきていますね。
なので今日は午前中だけ走ってきました。

近々、和田峠にリベンジしに行くつもり(こんなルートを考えています)なので、ルートの確認も兼ねて、八王子から陣場街道を走って、夕焼け小焼けの里であんぱん食べて帰ってきました。いえね、実は、自走で行ったことがなかったんですよ、和田峠。過去3回とも輪行だったんですね。高尾や八王子辺りを通って帰ってきたことは何度もあるので、だいたいの道は分かっているんですが、往路も確認しておこうということです。

で、夕焼け小焼けに行ったのに、すぐそこの上り口には行かずに戻って来ました。何故かって?そこまで行ったら上らずに帰れないでしょ?上り口を見ちゃったら、なんとなく勢いで行っちゃいそうだったので、自制しました(言い訳です。本当は自信がなかったから)。
ま、12時過ぎに家に着く頃には風も強くなってきたし、雲の流れも怪しい雰囲気になってきたので、正解だったと思います。
今日の走行距離は80km弱でした。

以上で9月は締めです。
では、2012年9月の走行記録
走行距離:1183km(初の1000km超えっ!)
走行時間:52時間44分
平均速度:22.4km/h
最高速度:61.3km/h
獲得標高:11110m(初の10000m超えっ!)

まぁ9月は我ながらバカみたいに走りましたからねー
100km超が6回ありましたし、峠にもたくさん行きました。
それ以前は平均的に500〜600km程度(先月8月は620km程)なので、倍くらい走ったことになります。
うん。達成感あります。
でも、今後この記録を超えられるのか?という不安もあります。まぁ、記録は重要じゃなので、楽しく走れればそれでいいんですけどねー

よろしければ↓応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

坂2:第二の洗礼と雪辱

今日は正丸峠に行ったので、去年の11月に初めて正丸峠に行ったときの話も書いておきます。
それは、昨日の記事で書いた奥多摩湖で洗礼を受けた翌週と、さらに翌週のことです。

1回目の正丸峠(2011.11.13)
奥多摩湖で坂の厳しさを思い知らされたのですが、それでヘコタレていてはいけません。さっそく翌週に峠アタックに行ってやるっ!ということで、どこに行こうか?と考えました。
ウチからだと、やはり奥多摩方面か奥武蔵(秩父)方面が近いので、その辺りで探します。すると聞いたことのある正丸峠が目につきました。そう、あの豆腐屋のせがれが古い車で走り回る漫画でワタル(ラムちゃんの旦那はアタル)とバトった所です。
そりゃーもう行くしかないってことで、45回目の誕生日の前日に決行です。

自走で所沢から入間を通ってR299で飯能から上って行きます。高麗川や吾野を通過していきますが、R299の走りにくいことったらなかったです。路肩は砂利だらけで荒れてるし、白線は凹凸が付いててガタガタ、センターポールがあるから車が抜けずに後ろに数珠つなぎ、しかも大型ダンプが非常に多い、という何重苦だよっていう道
それでもなんとか正丸駅に着いてトイレ休憩してから、峠を目指しますが、ここが結構な上りで脚にくる。すでにインナーを使ったほどでした。やっとこさトンネル手前を曲がって峠の上り口に到着しました。

アタック開始です。
先週の教訓があるからマイペースを守って上り始めます。さらに、一週間で学習したことが
・坂では軽いギアにして脚をクルクル回すといいらしい
・坂では踏み脚だけじゃなく引き脚を使うといいらしい
この2つを守れば正丸峠なぞ恐るるに足らずです。
しかし、正丸峠は奥多摩湖よりも勾配がキツ目です。脚をクルクル回そうとしてギアを落としますが、あっという間にインナー×ロー(当時は25T)になってます。それ以上軽いギアはありませんから、脚がクルクル回るわけがありません。
1つ目はダメでも、引き脚があるじゃないか。てことで、引きます引きます。ところが、中間地点にも達しないうちに、ふくらはぎに違和感が出てきました。マズいと思ったのも束の間、右脚のふくらはぎが攣りました。止まるしかありません。

休憩していても先に進めないので、ふくらはぎを伸ばしつつ歩いて上ることにしました。このとき横をcerveloの人が爽やかに追い抜いて行きます。しょーがないので「どーもぉ、えへへ、、」という曖昧な笑いで答えました。でも、しばらく歩いていると何となく乗れそうな感じになってきたので、アタック(?)を再開し、ゆっくり上っていくとイノシシ看板が見えてきて、その後に残り1kmの標識もあり、なんとかかんとか峠の茶屋にたどり着きました。
不本意なアタックに終わったので、メインの所では撮りませんでした。
20111113_shoumaru.jpg

その後、十分に休憩してから山伏峠の方へ下り、ちょろっと上って山伏峠を越え、名栗へ下り、名栗湖の下までやってきました。せっかくだから湖を見ていこうかと上り始めたら、メチャメチャ急勾配じゃないですか?14〜15%あるんじゃないですか?こりゃダメだってことで早々に諦めて、飯能方面の帰路に着きました。
この日は、先週に引き続き2度目の100km超えを達成しましたが、正丸峠には完全にやられましたので、気分は晴れません。リベンジを誓います。

2回目の正丸峠(2011.11.23)
翌週の祝日です。リベンジです。
この日は、体力温存のために輪行で飯能まで行きます。ズルいとか卑怯だとかは関係ありません。文明の利器と財力にものを言わせてでも正丸をやっつけることが優先です。
飯能からは、やはりあのR299を走るしかありませんが、なんとか峠のふもとに到着。

アタック開始です。
しかし、この日の走りはよく覚えていません。とにかく脚が終わらないように、心肺が悲鳴を上げないように、慎重に走ったんだと思います。イノシシ看板が現れた辺りで、何とか上り切れそうだという感触を持ったことはうっすらと覚えています。それで足着きなしで茶屋に到着し、リベンジ成功です。まー達成感はありました。
20111123_shoumaru.jpg

この日は、名栗湖にも上ってみようと激坂にアタックです。いやーキツかった。ダンシングってか立ち漕ぎで上りましたが、腿が攣りそうになりましたね。その後、飯能まで下って、輪行で帰ってきました。

以上のように、昨年の11月に峠の坂による洗礼を受けたことで、気付きました。
・ギアの下の方が足りない→スプロケを交換しよう→27Tに換装、現在に至る
・脚が全く足りない(自分は貧脚なんだ)→現在に至る

お読みいただきありがとうございました。
よろしかったら↓押してやって下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

峠:山伏・正丸コンボ

本日(2012.09.29)の走行記録です。
今日は昼過ぎには戻ってきたかったため、ミドル(100km程度)コースです。
最近はミドルだと名栗から山伏峠方面に行くことが多いですね。走りやすいんです、車も信号も少ないし、適度な坂もあるし

では、スタート!
と、その前に、今日は多摩湖に寄りました。山中湖に向かうプチデビルさんが多摩湖を通過するということで、その辺りにいればひょっとしてお会いしてお見送りすることができるかな?ってことで、6時過ぎに浦和所沢バイパスの航空公園あたりから西所沢を通って多摩湖までゆっくり流しておりました。ま、残念ながらお会いすることはできなかったんですが、朝陽を受けた多摩湖の写真を撮ることができました。
20120929_tamako.jpg

それでは改めて、6:50に多摩湖新堤防をスタート
いつものように青梅街道から岩蔵街道を走って、東京バーディGCの坂を越え、成木から小沢峠を上ってトンネルを抜け、名栗に入ります。不動の湧き水ポイントに8:50到着。水を補給して山伏峠アタックに備えます。
山伏峠の上り口(バス停の三叉路)から9時過ぎにアタック開始です。
今日は、呼吸法を利用して左脚を鍛えます。でも、山伏峠の勾配(6〜7%)だとインナー×2nd(24T)でケイデンスが70くらいになるので、なかなか息と脚とが合いません。まーあまり気にしていても疲れるので、できるだけ一定ペースを守って上り続けます。でも、中間を過ぎたくらいから脚が重くてタレてしまい、結局峠通過のラップタイムは、先月とほぼ変わらず20分10秒。なかなか20分が切れません。

そのままピークを通過して正丸峠に向かいます。こちら側は距離も短いので、すぐに茶屋に到着。アミノ酸入りゼリーとスポーツようかんで補給し、正丸峠をR299側(刈場坂側)へ下ります。この下りで何台かの自転車とすれ違ったのですが、中間付近で3人組?のポタリング風(でもロードでした)のグループともすれ違い、結構苦労して上っているようなので、ひょっとしたら下からアタックして抜けるかも?とか思いながら下り切って刈場坂峠との分岐地点の橋に到着。

10時ちょい前から正丸峠アタック開始です。
山伏峠と比べて若干勾配が緩い(5〜6%)からインナー×3rd(21T),4th(19T)あたりでハイペース(あくまで私基準ね)で飛ばします。途中で若干勾配がキツくなるところで2nd(24T)まで落としましたが、イノシシ看板が見えたらあと少しなので、3rdでトルクをかけて上ります。そーしたら、前に自転車が見えました。先程のグループの最後尾の人です。こりゃーもぉ〜抜くっきゃないってことで、チキチキ猛ダッシュです。一人抜き、二人目も抜き、でも三人目は最後のコーナーに差し掛かっています。4th(19T)に入れて気合いのダンシングラストスパートっ!腿が攣りそうになりながらも、茶屋の手前で何とか差し切ったか?て感じでゴールです。タイムは、18分58秒。
なんか、目標があったからですかね?がんばれたので納得。記念撮影です。
20120929_shoumaru.jpg

しかし、あのグループの人達は、一体全体どう思ったでしょう?後ろからゼェゼェ言いながら追い抜いて行った坂バカ変態オヂサンにしか見えなかったことでしょう(いや、実際にその通りの姿だったと思います)。ホントに、勝手に目標にして、追い抜いたりしてゴメンナサイ。マナーもへったくれもない、みっともないことをやってしまいました。楽しいポタリングを台無しにしていなければいいのですが、反省しております。もし、あのグループの方が当ブログをご覧いただくことがあったら、ご一報ください。お詫びに上がりますので

そんなこんなで正丸峠を越え、再度、山伏峠も越えてダウンヒルを楽しみ、名栗から帰りは山王峠を越えて岩蔵街道、青梅街道を通って帰ってきました。

本日のルート(ルートラボ)


走行記録
走行距離:114.7km
走行時間:5時間5分
平均速度:22.5km/h
最高速度:60.3km/h
獲得標高:1430m

9月も明日で終わりますが、台風の影響で走れるかどうかが怪しいですね。ひょっとしたら、今日の走行で9月の締めになってしまうかもしれませんが、その意味では、一応、満足のいく走りができたと思います。

坂バカ変態に↓愛の一票をお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

坂:初の洗礼(2011.11.03)

昨年11月の話です。
職場の自転車好きと奥多摩湖へ走りに行こうってことになって、一緒に行ったのは11月26日だったのですが、その下見を兼ねて11月3日に一人で奥多摩湖まで走りに行った記録です。

ロードに乗り始めて2ヶ月ちょっとが過ぎた頃ですが、それまで一度もまともな坂に行ったことがなかったし、インナーを使ったこともなかったんですね
でも、青梅までは行ったことがあったので、そこからは一本道だからってことで、朝からフラッと出発しました。
多摩湖の脇を通って青梅街道を西へ、青梅に1時間ちょっとで到着し、休憩してからさらに青梅街道をいくと、徐々にアップダウンが出てきます。でも、基本的には多摩川に沿っているので、それほどキツい上りは出てきません。トンネルが出てくると奥多摩駅に到着です。
20111103_okutamaeki.jpg

しばし休憩後、奥多摩湖を目指して上り始めます。
ここからが本番です。アウターのままでリアをどんどん軽くしていくけど足りません。ペースも全然わかりません。
息が切れて心拍も上がって苦しくってしょーがないから、インナーに落としますが、それでも脚も心肺もキツいです。しかも、トンネルがたくさんあって、路肩は狭いし、照明もなく、後ろから来る車の音がゴゴぉぉ〜って、全部大型ダンプに聞こえるからビビリまくって、早く通り抜けないといけないっ!て、また無理して漕ぐことになる。
そんなこんなで、あるトンネルを抜けたところで、心が折れて足着き(1回目)。その後、脚も動かなくなってくるし、インナー×ローでも心肺が目一杯になってるし、いつまで上りが続くんだぁ〜?てことになってきて、路肩が広くなっているところで、心が折れて足着き(2回目)。そこから再スタートしたら、コーナー1つでダムの入り口でした。
ダムの急坂を上ってゴールっ!奥多摩駅前から25分くらいかかってしまいました。
20111103_okutakamo.jpg

いやぁ〜初の坂は大変でしたけど、達成感を感じることができました。
その後、駐車場、売店まで行って補給を取ってから下りましたが、下りもトンネル出口で速度を落とさせるための段々で跳ねまくって、結構怖い思いをしました。
復路は多摩川の右岸に渡って吉野街道を走って青梅から新青梅・青梅街道で帰りました。

この日の走行距離は、初の100km超えを記録しました。その意味でも記念となる走行でしたが、やはり何と言っても坂で2回も心が折られるという初の洗礼を受けたことの方が印象的でした。
ま、その後、何度も心は折られているんで、もー慣れっこですけどね

以上、初期の走行に関する思い出でした。
よろしければ、↓ポチッとお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

脚:左右がアンバランス?

台風、18号は逸れそうですが17号が向かってきているようですね
関東は土曜の方が走りやすいのでしょうか?

さて、9月は前半に走り溜めができたので、1000km目前だったのですが、先週の土日ともに走行ゼロだったため、次の土日はなんとか走りに行きたいところです。
しかし、走り過ぎたのか右脚の違和感がなかなかとれません。右だけにくるのは、やはり左右のバランスが悪いのでしょうね
走行中もできるだけ左右均等に漕ぐように気にして、左脚を意識しているのですが、いつのまにか忘れてしまっているので、なかなか改善するのは難しいのかな?と感じています。
特に、坂を上るときは左右のバランスを気にしてる余裕がないし、でも高いトルクを出さないといけないので、力の出る右脚にどんどん負担がかかってしまうようです。
20111018_shoes.jpg

ところが、この前、松姫峠を上っているときかな?気づいたことがあるんです。
6〜7%程度の傾斜の坂でケイデンス60前後の一定ペースで上っているときは、ペダルの回転と呼吸が合ってるんですよね。それで、右脚で踏み込むときに息を吐いて、左脚で踏むときに息を吸ってるんですよ。
息を吐くときの方が力が出る、っていうじゃないですか?言わないですか?
私は利き脚が右だから、無意識のうちに右脚で力を出すように、右のときに息を吐いていたのでしょうか?

だったら、呼吸を意識して、逆に、左脚で踏み込むときに息を吐くように、半サイクルずらせばいいんじゃないか?と
そうすると、変に脚の動きや力の入れ方を意識して力んじゃうようなことなく、自然に左脚に力が入るようになって、左右のバランスを改善することができるようになるのでは?と

まぁ、まだちゃんと試したわけではないので、その効果については何とも言えませんが、今度から坂に行ったときに試してみようと考えています。
坂以外でも、平地でのTT練のように一定ペースでペダリングするときも試せるかな?でも、ケイデンスが80を超えるようだと、呼吸のタイミングを合わせるのが難しいかな?倍ピッチとか、1.5倍ピッチで合わせればいいのかな?今度やってみよう。

以上、あくまでも私の乏しい経験に基づく感覚だけで書いたことですから、運動科学的な根拠は知りません。あしからず

よろしければ↓お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

和田峠:3度の挑戦と挫折

こんにちは
今週末は天気どうですかねー?台風が近づいてきていますが。
土日のどちらかでも走りに行かないと9月の1000km達成が未完に終わってしまいます。
それはともかく、今日は、過去の峠挑戦記録として「和田峠」の話

昨年(2011)の冬〜今年の春にかけて3回上りに行っています。
今からみれば距離もさほど遠くないのに、3回とも輪行して行ったんですねー

最初の和田峠(2011.12.04)
このときは、国分寺から輪行し、職場のミニベロおじさん(Hさん)と八王子で待ち合わせて藤野まで行き、そこから裏和田です。
Hさんは還暦過ぎたおじさんで「僕はゆっくり行くから、先に行っていいですよ」ってことで上り始めましたが、10%超の坂はこの日が初めてで、12%の標識とか出てきたら、もーダメでした。何度足着きしたか知りませんが、とりあえず峠に到着しました。タイムも何も分かりません。
で、少しして上ってきたHさんから「途中で富士山が奇麗に見えたよ」て聞いて、私は全く見てもいなかったので「じゃぁちょっと戻って見てきます」と戻って撮ったのが次の写真です。その後、再度上るときもまた足着き。いやぁ厳しかったですね、最初の洗礼を受けました。
20111204_wada.jpg

その後、表和田ではなく、林道の方を下って、陣場街道から八王子まで走り、八王子から輪行で帰ってきました。今なら自走する距離ですね。

2回目の和田峠(2012.02.26)
この日は、一人で表和田アタックに行ってきました。この日も国分寺から高尾まで輪行です。
高尾から八王子霊園を通って陣場街道から和田峠の上り口に着いたのが12時半過ぎでした。そこからアタック開始。
いやーキツいキツい。
寒い日だったので長袖ジャージの上に厚めのウインドブレーカを着ていたのですが、汗だくになったので、足着き休憩しウインドブレーカを脱いだものの、汗ポタポタ心臓バクバク息ゼエゼエで、また足着き。結局、何回足着きしたか分からないけど、なんとか峠に到着。
峠の茶屋の駐車場には雪が残っていました。ホイール交換後ですね
20120226_wada.jpg

その後、裏を下って藤野から相模湖を通過し、大垂水峠から高尾へ。大垂水峠は、この日に初めて上ったけど、苦しいながらも足着きなしで越えられました。そして、高尾から輪行で帰ってきました。走行距離:45km、獲得標高:970mでした。
この日のルートです。(ルートラボ)


3回目の和田峠(2012.04.07)
この日も一人で2回目とほぼ同じルートで表和田に行ってきました。
アタックは、できるだけ息が上がらないようにゆっくり慎重に行きましたが、ふくらはぎが攣りそうになり、やはり心臓バクバク息ゼエゼエで、息を整えるために2回足着き。なんとか30分を切るタイムで峠到着。
ま、一応満足できるアタックだったので、石碑と記念撮影。
20120407_wada.jpg
その後、表を下って八王子から昭島、多摩湖を経由して自走で帰ってきました。走行距離:63km、獲得標高:740mでした。
この日のルートです。(ルートラボ)


以上のように、3回の和田峠アタックはいずれも返り討ちにあっていますので、リベンジを誓っているのですが、まだ果たせていません。
この秋に必ず和田峠をやっつけます。

↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

7ヶ月前のホイール交換

今日は、これまでの一年間に行ったパーツ交換のうちでも一二を争うモデルチェンジであるホイール交換について書きます。
遡ること7ヶ月前になりますが、2012の2月初旬のことでした。ホイールを完成車付属のものからシマノのアルテグラWH-6700に交換しました。同時にタイヤもミシュランPRO4に交換

WH-6700にPRO4を装着したところです。
20120210_WH-6700.jpg

元々、付いてきたホイールは、MAVICのリム(CXP22)とシマノのハブとを32本スポークで組んだもので、まー性能もよく分からないものでした。
で、年末年始あたりからホイール欲しい病に罹患しまして、いろいろ物色していたんです。最初は、安さと見た目重視で探しましたが、そのうちに、軽さとか、スポークの本数(空力)とか、ハブの回転の良さとか、評価基準が様々あることを知り、まー峠を上るなら、軽さだろうってことになりました。それで、ショップへ行ったら、全く予想外の「LIGHTNING ALPINE」なんていう前後で1330gのホイールを勧められたりして、悩みが尽きませんでした。
しかし、ネットの評判や価格と重量のバランス、そしてクリンチャーとチューブレスの両対応、ってことで、将来性も考えて、結局はWH-6700がいいかな?てことで、自転車を購入したショップの支店で注文し、一週間後の2月5日に受け取りました。

一方、タイヤは、それまで乗り心地(お尻への優しさ)重視でPanaracerのパセラ25Cてのを履いていたのですが、ここは、やはり性能重視と発売されて間もない話題性(新しい物好きです)で、ミシュランPRO4レッドに決定。チューブは、これも軽さ重視でミシュランAir Comp Ultra Lightをネット購入。

ところが、ホイールとタイヤ、チューブが揃ってから、いざタイヤを嵌めようとしたのですが、固くて固くて全然入らない。もーホントに最後の25cmくらいがビクともしない。それで、手じゃ無理ってことで、タイヤレバーを使ったら、これはもう見事にチューブ2本ともガジって孔開けちゃいました。泣きそうでしたね。実は、上の写真は、悔しいからチューブ無しでタイヤだけ嵌めた状態で撮ったものなんです。

それから、ネットでさらにタイヤの嵌め方を調べ、後日、ショップでチューブ(BridgeStoneのエクステンザ)を買ってきて、再挑戦です。ま、結局、タイヤレバーは使ったんですが、なんとか前後とも無事に嵌りました。で、スプロケを付け替えてホイール交換したのが、下の写真です(2012.02.12撮影)。
20120212_sectuer.jpg

このときは、苦労して交換したこともあり、またグロッシーグレーのホイールと、ブラック/シルバーグレーのフレームとの色のバランス、赤いラインの入ったタイヤのレーシーさとが相まって、とてもカッコ良くなったと大満足でしたねー

この後、今現在までタイヤは交換することなく(前後のローテーションはしました)5000km以上走ってます。その間、パンクは1回ありましたが、よく持っていると思います。ただ、最近は、台形状(センターが扁平)にすり減ってきましたので、いつでも交換できるように予備のタイヤも購入してあります(実は、全く同じPRO4レッド)。
ま、一度はチューブレスを試してみたいのですが、価格の高さやエア抜け、嵌めにくさなど、ネガティブな要素があると聞くので、踏み切れずにいます。

以上、過去のホイール交換のお話でした。
ホイール&タイヤのレビューについては、追ってまた書きたいと思います。

よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

世界選手権

LIVEで観てました。
ジルベール勝って良かったね。今年の前半は苦しんだから、嬉しかったでしょう。
ボアッソンハーゲンは、ダークホースだと思っていたんだけど、2位に入りました。
バルベルデは、カウベルグでジルベールに着いて行けなかったのかな?
日本人選手は、フミが追走グループに入ってくれたけど、最後の方はトップグループに着いて行けなかったですね。残念でしたが、よくがんばってくれました。
やはり、ロードレースは面白いっ!

ちょうど一年前

一年前にロードに乗り始めた頃、2011年9月の思い出を記録しておきます。
2011.09.04に航空公園周回と多摩湖CR周回を走ってますね

そのときの新堤防から撮った多摩湖の写真
20110904_tamako.jpg

この日は、午前中に航空公園の周回コースに行って、約21km走り、15時過ぎから多摩湖に行って、約25km走って、計46kmを走ったようです(メモによる)。
走行時間が計2時間11分で、平均速度が21km/hとのこと。
乗り始めて1月目で1日に46km走ったことが自分なりに新鮮だったみたいですね。

次は、翌週の2011.09.11にも多摩湖CR周回を走ってますねー
同じ場所から撮った多摩湖の写真(夕方ですね)
20110911_tamako.jpg

この前日に約50km、当日に約30kmで、土日計80kmを走ったみたいです。
そうですね、最初の頃は、まだ気温が高かったのもあって、2〜3時間走っては「暑ぃ〜、疲れたぁ〜っ」て言って帰ってきていた記憶があります。

そして、この頃は、なんと言っても、10〜15km程走ると「ケツ痛ぇ〜って!」てなって、それ以上は走る気にならなかったのが一番の思い出ですね。いやーホントにすごく痛かった。ネットで調べても、座骨のところの痛みは慣れるしかない、という意見が多くて、慣れたら痛くなくなるのかどうかが不安だったことを思い出します。
でも、実際に「慣れたら痛くなくなる」というのは正解でした。ま、今でも100km超の距離を走ったり、ケツの筋肉を酷使する走り方をすると、痛くはなりますが、初期の頃のように、サドルに座ってられないギリギリっギューンっ!という痛みはなくなりました。よかったよかった

以上、初期の思い出第一弾でした。

同じ思い出をお持ちの方、↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2台目の紹介

今日は、2台目の自転車を紹介しておこうと思います。
先月(2012.08)初めに中古で購入したクロスバイク(フラットロード)「GIOS AMPIO」です。

20120812_ampio.jpg
GIOS AMPIO 2010年モデル GIOS Blue サイズ470です。
某大手の中古自転車買取・販売ショップのネット販売で購入しました。
購入理由は、
表(家族への言い訳)「子供(特に娘)と一緒にサイクリングに行けるじゃん」
裏(家族には内緒)「改造してクロモリロードにしてみようかなぁ〜」

購入前には、
先ず(6月頃だったかな?)、スペシャ・セクタースポーツから取り外したパーツを転用してロードを1台組んでみようと考えていたので(裏の理由)、安い中古フレームも物色していたんですが、その場合、直ぐには乗れないし、組み上げ中のものが家の中に転がっている状態となり、家族から苦情がくることが容易に想像できたので、却下。
それで、完成車の中古を購入し、徐々にパーツを交換して行くことにしました。
では、改造ベースとしてどのような中古自転車にするか?ロードでは変わりばえしないので、じゃぁクロスバイクかな?ってことで、定番のエスケープやローマなども検討していたのですが、アルミフレームじゃ面白くないな、と
また、クロスバイクは、表記サイズ(シートチューブ長)の割にトップチューブ長やホイールベースが長いのと、フラットバーとドロップとではハンドル位置が異なるので、小さめのサイズを選ぶこととしました。裏の理由とも合致しますしね。

結果、クロモリのクロスバイクであり、価格も手頃なGIOS AMPIOの存在を知り、某中古ショップのHPを定期的にチェックしていましたところ、8月初旬に掲載されたので速攻ポチっとしました。
で、宅急便で届きましたが、家族に対しては、予め準備しておいた表の理由を澱みななく説明して事なきを得ました。
その後、娘(中二)と二度ほど一緒に走りに行ったのと、私が近所をポタポタしたくらいで、今のところあまり乗ってあげていません。娘が乗らないようなら、当初計画とおり改造開始です。

改造計画としては、
既に、ホイール・タイヤとサイコンは、セクターで使っていたものを移植し、ペダル、サイドスタンド、ハンドルグリップは、新規購入して取り付け完了してます。
この状態でクロスバイクとしては問題なく乗れるのですが、ブレーキがイマイチなので、セクターから外したものに交換しようと考えています。
将来的には、セクターから既に外してあるSTIレバー、これから外す予定のクランク・チェーンリング、フロントディレィラーを利用し、ハンドルをドロップあるいはブルホーンに換えようかと、考えています。
サイズについては、シートポストとステムの長さで調節できるかな?と、安易に考えていますが、実際の剛性や乗り心地なんかは、どうなんでしょう?
改造を始めたら、また報告しますね。

よろしかったら↓お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

始めたワケ

ロードに乗り始めたのは、1年前(2011年)の8月後半ですが、乗り始めた理由ではなく
本日(2012.09.20)は、このブログを始めた理由を少し書いておきます。

と言っても、特に何かワケがあるわけではなく、「何となく」というのが一番あたっていると思います。
ま、自転車に関する記録を残しておきたかった、ということくらいなんですけれども

乗り始めたころは、右も左も分からずに、ただただ嬉しくて楽しくて走り回っていたんですが、
そのうちに、
どこかいいコースはないか?いい峠は?ケツが痛いんだけど乗り方は合っているのか?
ポジションは何を基準にするの?パンクしたらどうやって修理するんだ?メンテナンスはどするの?
何かいいパーツはない?どうやって交換するの?工具はどうするの?etc、etc…
やはり、いろいろ疑問や知りたいことがどんどん出てくるわけですよ

それでネット検索すると、いろいろな方々のブログがヒットして、教えてもらえる、と
そうこうしているうちに、特定の方のブログを定期的に読ませてもらうようになったり、
自転車ブログ村などでランキング上位の方々のブログを読ませてもらうようになったり
てことで、自転車系のブログを巡回するようになってしまったんです。

そこには、走行記録やレース参戦記録、メンテ・改造記録、自転車にまつわるコラム、等々
やはり自分が興味のあることについて書かれていると、引き込まれてしまうわけです。
我慢できずにコメントしたりなんかもしてねー

で、自分の走行記録も表計算ソフトに入力しているだけじゃなんとも味気ないし、
ルートラボに主なルートは残してあるけど、コメント欄にあまり長文が入れられないし
誰かに見てもらいたいってわけじゃないけど(でも、ちょっと見てもらいたい気もする)、
自分もブログやってみようかな?と、軽い気持ちで始めました。

なので、特に何の決意もないですし、毎日更新などの決め事もありません。
ただ、当然ですが、社会のルールに反することや嘘、他人への攻撃・中傷などは書きません。
また、あまりプライベート(家庭、仕事)に関わることも書かないつもりです。
自転車生活にとってできるだけポジティブになることを書いていきたいと考えています。

以上、たいした内容がない雑感的になってしまいましたが、一応、書いておきます。
コメントなど、いただけると嬉しいです。
また、↓ポチットしていただけると、一体、何が起きるんですか?
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

尾根幹〜道志(下見)

2012.09.09の走行記録です。
この日は夏休み6連休の4日目。前日(9/8)は完全休養日にしました。
9/6の風張峠と、9/7の奥武蔵GLのダメージが抜けていません。
しかも翌日は、T君と松姫峠ロングに行く予定だから、この日は軽い負荷で脚を回してこよう、と決めました。

ルートは、翌日の松姫峠からの帰り道の予定である道志の下見
ということで、尾根幹から道志みちまで往復100km程走ろうと決めました。
翌日は、道志を越えたくらいで夕方になっている可能性があるので、帰り道の確認の意味もあります。

また、スタート前に
右脚の付け根と右膝裏の違和感の原因は何なのか?
サドルが高いんじゃないか?
ということで、サドル高を3mm程下げてみました(超テキトーです)。

では、スタート(何時だったけ?)。
国分寺通りから府中を経由して府中街道で是政橋を渡って尾根幹へ(3度目の尾根幹です)
尾根幹では全く無理せずにタラタラ走り、橋本から城山ダム、津久井湖方面へ
その後、道志みちに入って上り基調になりますが、ゆっくりゆっくりです。
大きな橋を渡った辺りで50kmを超えたので、そろそろ引き返そうかと思ったら、セブンがあったので、ここで休憩してから帰路へ
R413の川尻交差点から町田街道(K48)を高尾方面へ行き、高尾からR20へ入って、八王子、日野、立川を通って帰ってきました。

この日の走行経路(ルートラボ)


走行記録
走行距離:104.0km
走行時間:4時間36分
平均速度:22.5km/h
最高速度:54.2km/h
獲得標高:650m

脚の違和感については、サドル高が原因かどうかの判断はできませんでしたが、痛みが出ることもないので、翌日も同じ高さで行くことに決めました。

最後に夏休み6連休の走行まとめ
     走行場所  走行距離 走行時間 獲得標高
9/6(木) 風張峠   141.6km 6時間19分 1870m
9/7(金) 奥武蔵GL  128.2km 6時間41分 2050m 
9/8(土) <完全休養日>
9/9(日) 道志の下見 104.0km 4時間36分 650m
9/10(月) 松姫峠  191.9km 8時間43分 3010m
9/11(火) 回復走   23.7km 1時間10分 ー
------------------------------------------------------------
     合 計  589.3km 27時間29分 7580m

いやぁ〜9月は前半に走り溜めできたので、初の1000km/月、上り10000mの達成目前です。
でも、やっぱり走り過ぎたのか、右脚の違和感が取れません。無理は禁物ですね。年だしね

よろしかったら↓クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


白石峠〜奥武蔵GL〜鎌北湖

2012.09.07の走行記録です。
この日は、夏休み6連休の2日目。前日の風張峠の疲れからか、あまり早く起きられず6時半頃起床。
天候良好、暑くなりそうでした。なので、白石峠アタックだけがんばって上ったら、涼しい奥武蔵GLの尾根沿いをグルグルポタポタするつもりでした。が、思わぬ結果に

はい、では7:30自宅スタートです。
所沢、入間、日高を通って八高線沿いに北上し、越生を通過して9時前ときがわファミマに到着。補給を採って一服し、9時半前に白石峠上り口に到着。
9:30ジャストから白石峠アタック、ラップ計測開始。うーん、やっぱりキツい。前半の9%超の区間で既に息が上がり、脚も上手く回りません。でも、リアはセカンド(24T)しばりです。速度は、1桁に張り付いたまま。苦しい
残り2kmくらいで若干勾配が緩くなりますが、ダンシングできる脚が残っていません。とにかく一定ペースで最後まで上ります。結果、登坂距離6.4km、ラップが38分54秒、平均時速9.9km/hでなんとか峠到着。うーん惜しい、あとちょっとで2桁だったのにぃ〜。でも前回よりも少しだけ速く上れました。
峠到着後、ほとんど休まず、堂平天文台を目指します。天文台に10時半到着。
360°のパノラマがいいですね。ここで山の反対側から歩いて上ってきたおじさんに話しかけられました。おじさんは、きた方向に歩いて帰って行きました。何のお仕事なんでしょう?(この日は金曜)
はい、定番の記念撮影
20120907_douhira.jpg

しばしの休憩と、キャンプ場?での水補給後、10:45再スタート。白石峠から大野峠を目指します。
しかし、ここで道を間違え、大野峠ではなく大野地区の方に曲がってしまったようで、下り坂
そのうち元の道に戻るだろうと思って、そのまま行ったんですが、いつまでも下り続けるので、こりゃ〜もうどこかにエスケープして帰るしかないかなぁ?って諦めムードで下り切りました。
そしたら、また「グリーンライン→」の標識しかなく、結局、別ルートですが、上り返し、、、
そこからの上りの長いこと長いこと。間違えた自分を罵りながら、ずっとブツブツ文句を言いながら、最後はもう勘弁して下さいって泣き言も言いながら、結局30分以上かかってGLに合流。刈場坂峠の直ぐ近くでした。
11:45頃に刈場坂峠到着。
これまで晴れたことがなかったのですが、この日は景色が奇麗でした。がんばった私へのご褒美でしょうか?
20120907_karibazaka.jpg

写真を撮っていると、刈場坂峠を上ってきたTREK乗りの方も記念撮影し、話しかけてきてくれました。
名栗方面〜山伏峠〜正丸峠を越えて刈場坂峠を上ってきたみたいで「たいしたことないって言われたのに、すごいキツくて、ドリンクもなくなってしまった」「この先はどっちに行くのがいいですか?」て。「水、少ししか残ってないけど半分あげましょうか?」て言ったけど遠慮され、とりあえず「白石峠までいけば、あとは下りだからなんとかなりますよ」と伝え、お互い大変な目にあったのねってことで、別々の方向へ

12時前に再スタートし、顔振峠に12:20到着、飲み物補給だけして直ぐに出発し、鎌北湖を目指します。ここのルートは初めて走ったけど、アップダウンがあって、疲れた脚にダメージを与えてきます。またブツブツ文句を言いながら、1時過ぎに鎌北湖到着。緑色に濁った水で写真撮影する気にならず、直ぐに出発。
毛呂山町から県道30号に入って、来た道を戻って帰るつもりが、何故かまた道を間違え、結局、飯能経由で帰ってきました。14:20帰宅。とってもとっても疲れました。

この日の走行経路(ルートラボ)


走行記録
走行距離:128.2km
走行時間:6時間41分
平均速度:19.1km/h
最高速度:47.7km/h
獲得標高:2050m

いやー2000mを上るとは全くの予想外でした。初めての2000m超えでした。
実は、今年の初めに立てた目標が「1日で距離200kmかつ標高2000mを走る」なのですが、思いもよらずに一方の目標を達成してしまいました。が、目標は「かつ」ですから、まだ本当の達成ではありません。
あと、帰宅後、右足の付け根に痛みというか違和感、右膝の裏に違和感(伸ばすとポクポクいいます)が
うー、サドルのポジションが悪いのか?ペダリングが悪いのか?全て自己流なのがダメなのか?
とりあえず、翌9/8(土)は、完全休養日にすることを決め、バンテリンを塗って寝ました。

以上、9/7の走行記録でした。
よろしければ、↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

奥多摩湖〜風張峠〜都民の森

2012.09.06の走行記録です。
この日は、遅めの夏休み6連休の初日です。気合いが入っています。
風張峠は、7月に途中(7kmポスト)まで上って引き返した経緯があり、リベンジを誓っておりました。

自宅を6時にスタートです。
いつものように多摩湖の脇を通って青梅街道から岩蔵街道へ、東京バーディGCの坂で心拍を上げ、成木から軍畑に抜けます。再び青梅街道に入って、8時過ぎに奥多摩駅到着。
奥多摩駅で一服してから再スタートし、9時前に奥多摩湖ダム到着。上りラップタイム19分半ほど(ゆっくりです。脚をためておかないといけません)

奥多摩湖の売店で飲み物を補充して再スタート。9時半前に奥多摩湖周遊道路川野駐車場0キロポイント通過、ラップタイム計測開始。最初の3km弱はアップダウンがあるものの湖に沿った平坦基調ですが、3キロポスト手前から本格的な上りがスタートします。フロントはもちろんインナー(34T)ですが、リアスプロケはセカンド(24T)しばりです。ローの27Tは、封印しています。
前回引き返した7キロポストを通過し、なんとか足着きせずに月夜見第1駐車場に到着しました。登坂距離9km、所要時間40分53秒、平均速度13.2km/hでした。

月夜見第1駐車場から見た奥多摩湖
20120906_tsukiyomi.jpg

しばしの休憩後、さらに上り始めます。月夜見第2駐車場まで距離1.8km、時間9分半でしたが、どこがピークか分かりません。いつの間にか下りになって、10時20分頃、都民の森に到着してしまいました。
どなたかピークの場所を教えて下さい。
都民の森 初参上記念写真(一応、定番の写真を撮っときました)
20120906_tominnmori.jpg

都民の森では、ソフトクリームをいただき、飲み物を補充してから10:45頃再スタート。
檜原街道を走って武蔵五日市を通過し、その後、福生、羽村、箱根ケ崎を通って、いつもの青梅街道から帰ってきました。

この日の走行経路(ルートラボ)


走行記録
走行距離:141.6km
走行時間:6時間19分
平均速度:22.4km/h
最高速度:58.7km/h
獲得標高:1870m

なんとか風張峠リベンジを果たすことができ、都民の森まで行くことができました。
ただ、峠のピークが分からず、写真も撮れなかったことが悔やまれます。
次は逆ルートで越えてみたいと思っています。

よろしかったら、↓ポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

航空公園周回コース

今日は、所沢航空公園(米軍通信基地)周回コースに行ってきました。

このコースは、ロードバイクに乗り始めた1年前から練習でよく走っています。
ルートラボ


北側(米軍通信基地側)の周回コースが5.1km程で
航空公園を含めた全体周回コースが6.8km程あります。
あ、コースといっても公道(車道)側を走っています。歩道に沿った自転車道もあるのですが、歩行者、自転車が危険なので、基本的に車道を走っています。
なので、信号に引っ掛かることも前提です(上手く歩道側に逃げられる場合もありますが)。

今日は、北側5kmコースを5周と、全体7kmコースを1周(雨が降ってきたので)しました。
北側5kmコースのベストラップは、9分38秒(平均時速31.7km/h)で、過去の記録より遅かったです。
ま、台風の影響で南西の風が強かったので厳しかったです(言い訳です)。
全体7kmコースは、まぁ書かないことにします。こっちは、まともに信号につかまるので、いつもだいたい15分を切ればよいというつもりで走っています。

本日の走行記録
走行時間:1時間55分
走行距離:48.1km
平均速度:25.0km/h
最高速度:45.0km/h
獲得標高: ー

↓ポチっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

奥多摩湖〜今川峠〜松姫峠

2012.09.10の走行記録です。
この日(月曜日)は、遅めの夏休み6連休の5日目でした。
職場の同僚T君と二人でした。

簡単にT君の紹介。
フルマラソンを4時間未満で完走するアスリート、1つ年下(40半ば)です。
ロードは去年から始めたところだけど、ブルベ大好きで、長距離かつ高度差に強いタイプ?
この日は、始発で川崎駅まで輪行して6:30スタート、多摩川に沿ってのぼってきます。
私とは、青梅街道の古里セブンで10時に待ち合わせ。

では、スタート
8時に出発し、青梅街道〜岩蔵街道を通って、成木から軍畑に抜けます。脚が重い、痛い(原因は連休前半にあり)
予定とおり、10時ちょうどに古里セブン到着。どら焼きと缶コーヒーで補給し、10時20分頃再スタート。
11時前に奥多摩駅前通過し、奥多摩湖ダムまで18分台で上り、売店で休憩。飲み物補充
11時過ぎに再スタートし、丹波山村を目指す。11時45分頃に「道の駅たばやま」到着。ブルーベリーアイスクリームをいただきました。

12時ちょうどに再スタートし、小菅村方面に左折。なんと!いきなり激坂がっ!!
なんですかこれ?15%以上、いや20%くらいあるんじゃないっすか?!!
村営ローラー滑り台を過ぎると若干緩やかになりますが、その後も平均7〜8%の勾配です。
T君はどんどん先に行ってしまって見えなくなりますが、ここはマイペースを守らないと終わっちゃいます。
さらに、最後の100m程度に10数%の急勾配があって、やっと今川峠のピークに到着です。
いやぁ松姫峠の前菜としては結構な破壊力でした。結局、封印していたスプロケのロー27Tを使っちゃいました。

今川峠を下って小菅村役場前を通過し、橋を渡ったところからラップ計測開始、松姫峠アタックです。
松姫峠は、平均勾配6%超で9km以上上りが続くことは事前に調べていましたから、ゆっくり上ります。
息が上がらないように、脚が終わらないように、一定ペースを守って上りますが、速度は一桁。T君はとっくに見えなくなっています。しかし、6〜8%程度なら27Tは使わずに24Tでもなんとか大丈夫。ケイデンスは50台に落ちていますが、ペダルをスムーズに回転させてサドルの後ろに座って引き脚を使いながらがんばります。
8kmを過ぎたあたりで道路工事をしていて、警備員のおじさんから「もうすぐ頂上だよぉ〜」と声を掛けてもらって、ラストスパートっ!いえ、ダンシングでもがく力は残っていません。
なんとか松姫峠のピークに到着。ラップタイムは、54分47秒。うん、がんばりました。
松姫峠での記念写真です。
20120910_matsuhime.jpg

しばし休憩した後、13時半くらいから下り始めます。
この時点で私は、下った大月からR20で帰路に着こうと決めました。
というのも、当初T君の予定では、都留まで行って道志を越えるつもりだったのです。しかし、この後さらに1000m近く上るのは無理、って私は思っていましたので、T君にも伝えました。
で、大月近くまで下ってきたら、ものすごい暑さが襲ってきて、自販機で休憩。14時半近かったと思いますが、ここで、T君も道志は諦めて大月からR20で一緒に帰ることになりました。

さて、大月からのR20ですが、これが結構アップダウンがあるし、大型車がバンバン横を追い抜いて行くし、街に入ると渋滞してるし、で、かなり疲れます。上野原セブンで休憩した時点で16時近くになってました。
それでT君は中央線で帰ることを決め、相模湖駅まで下って行くことにしました。相模湖駅に着いたのが16時半。
そこからT君は輪行で、私は、相模湖〜津久井湖〜橋本経由で帰ることにしました。橋本駅通過が17時半で、辺りは既に薄暗くなり始めていましたが、その後は、八王子方面から日野、立川を経由して帰るので、大丈夫と判断。
結局、帰宅したのが19時過ぎでした。
無事に帰ってこられて良かったです。道志を諦めたのは正解でした。

この日の走行経路(ルートラボ)


2012.09.10走行記録
走行距離:191.8km
走行時間:8時間43分
平均速度:21.9km/h
最高速度:60.1km/h
獲得標高:3010m

いやぁ、1日で190kmなんて初めて走りましたし、3000m上ったのももちろん初めてでした。
めちゃめちゃキツかったけど、一人じゃなくて誰かと走ると意外とがんばれるものですねー
T君ありがとう。次に道志リベンジに行こうって約束しましたよ。

以上、9月10日の走行記録でした。
次は、9月6日と7日の走行記録もアップしますね

日本ブログ村に参加してみました。
よろしかったら↓クリックして下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

名栗湖に行ってきました

2012.09.16の走行記録です。
成木から名栗湖まで行って山王峠から帰ってきました。
まだ先週のダメージが残っているので、無理のないコース設定です(先週の走行記録は追ってアップします)。

三連休の中日の今日は、天候が不安定で午後からの方が雨の確率が高いため、8時45分に出発。
いつもの通り多摩湖から青梅街道、岩蔵街道を走り、東京バーディゴルフクラブを通過して成木街道へ。
この東京バーディGCの坂は、短いんだけど結構キツくて、心拍と息が上がって脚にもきます。(この前の7月には、坂の途中で鹿が車にはねられてお亡くなりになっていました)
その後、小沢街道をユルユルと上って、成木峠の上り口(東京ヒルクライム成木ステージのスタート地点?)に到着し、一服。

10時半に再スタート、小沢トンネルを抜けて名栗へ、名栗湖にがんばって上り、10時50分頃に到着。
水がだいぶ少なくなっています。水不足を実感しますねー
20120916_naguri.jpg

山の方の雲行きが怪しくなってきたので、急いで帰路に
しかし、飯能方面に走り出してすぐに大粒の雨に降られました。
局地的な雨だろうと思い、早く雨雲のエリアを抜けようと走り続けます。でも、靴の中までグッショリでしたけどね
山王峠を越えると雨も上がり、その後、岩蔵温泉から岩蔵街道、青梅街道を走って帰ってきました。12時半頃帰宅。

本日の走行経路です(ルートラボ)


本日の走行記録
走行距離:82.54km
走行時間:3時間21分
平均速度:24.5km/h
最高速度:61.3km/h
獲得標高:790m

慣れたコースだし、上りも少ないので、回復走にはちょうど良かったです。
次回は、先週の最も厳しかった日の走行記録をアップしたいと思います。

多摩湖朝練コース

多摩湖の朝練周回コースです。
夏場(7月中旬から9月まで)週末の昼間に暑くて走るのが厳しく、走行距離が稼げないなってことで、朝の涼しい間に走ってます。週に3日くらいですが
出勤前の1時間(5時半から6時半)ですが、このコースまで自宅から片道5.7km程、周回コースが3.3km程なので、3周して帰ってくると20kmちょっとです。

多摩湖朝練コース(ルートラボ)


坂はそれほど厳しくなく、1周当たりの上りは2回あって、それぞれ15m程ですが、ダンシングで一気に上ったり、シッティングで一定トルクで上ったり、いろいろトライしています。
ラップタイムとしては、8分半〜9分半くらいですね。ま、信号もあるのと、多摩湖新堤防は飛ばせませんから息を整えながらゆっくり走ってますしね(遅い言い訳ですが)。

さて、9月も半ばを過ぎて、日の出も遅くなってきましたし、肌寒さも感じるときもあるので、朝練は今月で終了の予定です。
ブログタイトルに相応しい記事もアップしておかないと、ってことで、多摩湖ネタでした。

彩湖を回ってきました

今日は二日酔いで午前中ダラダラと過ごし、昼ご飯を食べてから午後1時半に出発。
なんとなく彩湖へ(多摩湖ではありません)

志木を通って秋ヶ瀬公園側から彩湖へ
20120915_saiko.jpg

ゆっくり3/4周してからラップ計測。
しかし、バックストレートが向い風キツっ!台風の影響か?30km/hでません。
ホームストレートでがんばって、36〜38km/hで走って挽回するも、厳しかったです。
結局5周しましたが、ベストラップは、3周目の8分47秒、平均時速31.7km/h。
遅いですけど、こんなもんです。貧脚なもので

本日の走行記録
走行時間:2時間25分
走行距離:61.22km
平均速度:25.2km/h
最高速度:42.5km/h
獲得標高: ー

明日は、山中湖200kmに行きたかったんだけど、天候が怪しそうなので、どうしよう?
起きてから考えます。

My自転車について

開設2日目から飲み会で更新できず、、ま、そんなもんです。

では、私の自転車紹介。と思ったけど、1年前に購入した当初の姿を撮った写真がないですね
当時は(最近まで)ブログを始めるつもりがなかったので、写真をほとんど撮っていませんでした。

仕方ないので、メーカHPから画像転載。
secteur_sport_2011a.jpg
SPECIALIZED SECTEUR SPORT COMPACT の2011年モデル
ブラック/シルバー、サイズ56です。
はい、思いっきりエントリーモデルです。去年(2011)の夏(8月後半)に購入しました。

だって、安かったんだもん、2割以上引いてもらったし
あと、購入する時点では、本当に乗れるのか?いつまで乗り続けられるか?すぐに止めちゃうんじゃ?とか
いろいろ不安があったので、20万以上もするような中級モデルは全く検討の対象外でしたねー
できるだけ安くて、でもそれなりの性能(当時は分かりませんでしたが)で、乗りやすいのものを、てことでショップの人が勧めてくれたのがセクタースポーツでした。

さて、このセクタースポーツですが、その姿とパーツは、この1年間で大幅(?)に変化してきました。その辺りの話もおいおいしていきたいと思います。(今回は写真をアップするのにとっても時間がかかってしまいました)

では、また次回っ!

ブログ開設

Yabooです。
ブログを開設しました。

ロードバイクに乗り始めて1年が経過し、そこそこ乗り続けていけそうな感じなので、自転車に関することを書いていこうと思います。

タイトルである「多摩湖からの道」の意味は、
1.Yabooが住んでいる街の知名度として、多摩湖が全国区だということ
2.1年前にロードに乗り始めたとき、最初に多摩湖自転車道へ走りに行ったこと
3.現在も多摩湖を通過してから、奥多摩や奥武蔵方面に走りに行っていること
等から、
地理的、経験的、精神的な面で多摩湖が起点であり、そこからいろんな場所へ、歳をとっても初心を忘れずに、自転車生活を続けて行きたい、という思いを込めたつもりです。

以上、まじめな感じで開設のご挨拶をしましたが、今後はユルユルした内容&更新ペースでアップして行きたいと思います。
でも、ある程度の数の記事が溜まるまで、しばらくは誰にもお知らせするつもりがないので、独り言になっちゃいますねー
とりあえずは、愛機のスペックや改造、パーツ、アクセサリなどの話、これまでに走った走行記録(記憶)、今後の野望、等々を記事にして行こうと考えています。

よろしくお願いします。

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。