多摩湖からの道

Road from TAMAKO 庭先に多摩湖がある街に住むYabooが自転車生活をゆる〜く綴るブログです。 走行記録、改造記録、その他自転車に関することを書いています。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂2:第二の洗礼と雪辱

今日は正丸峠に行ったので、去年の11月に初めて正丸峠に行ったときの話も書いておきます。
それは、昨日の記事で書いた奥多摩湖で洗礼を受けた翌週と、さらに翌週のことです。

1回目の正丸峠(2011.11.13)
奥多摩湖で坂の厳しさを思い知らされたのですが、それでヘコタレていてはいけません。さっそく翌週に峠アタックに行ってやるっ!ということで、どこに行こうか?と考えました。
ウチからだと、やはり奥多摩方面か奥武蔵(秩父)方面が近いので、その辺りで探します。すると聞いたことのある正丸峠が目につきました。そう、あの豆腐屋のせがれが古い車で走り回る漫画でワタル(ラムちゃんの旦那はアタル)とバトった所です。
そりゃーもう行くしかないってことで、45回目の誕生日の前日に決行です。

自走で所沢から入間を通ってR299で飯能から上って行きます。高麗川や吾野を通過していきますが、R299の走りにくいことったらなかったです。路肩は砂利だらけで荒れてるし、白線は凹凸が付いててガタガタ、センターポールがあるから車が抜けずに後ろに数珠つなぎ、しかも大型ダンプが非常に多い、という何重苦だよっていう道
それでもなんとか正丸駅に着いてトイレ休憩してから、峠を目指しますが、ここが結構な上りで脚にくる。すでにインナーを使ったほどでした。やっとこさトンネル手前を曲がって峠の上り口に到着しました。

アタック開始です。
先週の教訓があるからマイペースを守って上り始めます。さらに、一週間で学習したことが
・坂では軽いギアにして脚をクルクル回すといいらしい
・坂では踏み脚だけじゃなく引き脚を使うといいらしい
この2つを守れば正丸峠なぞ恐るるに足らずです。
しかし、正丸峠は奥多摩湖よりも勾配がキツ目です。脚をクルクル回そうとしてギアを落としますが、あっという間にインナー×ロー(当時は25T)になってます。それ以上軽いギアはありませんから、脚がクルクル回るわけがありません。
1つ目はダメでも、引き脚があるじゃないか。てことで、引きます引きます。ところが、中間地点にも達しないうちに、ふくらはぎに違和感が出てきました。マズいと思ったのも束の間、右脚のふくらはぎが攣りました。止まるしかありません。

休憩していても先に進めないので、ふくらはぎを伸ばしつつ歩いて上ることにしました。このとき横をcerveloの人が爽やかに追い抜いて行きます。しょーがないので「どーもぉ、えへへ、、」という曖昧な笑いで答えました。でも、しばらく歩いていると何となく乗れそうな感じになってきたので、アタック(?)を再開し、ゆっくり上っていくとイノシシ看板が見えてきて、その後に残り1kmの標識もあり、なんとかかんとか峠の茶屋にたどり着きました。
不本意なアタックに終わったので、メインの所では撮りませんでした。
20111113_shoumaru.jpg

その後、十分に休憩してから山伏峠の方へ下り、ちょろっと上って山伏峠を越え、名栗へ下り、名栗湖の下までやってきました。せっかくだから湖を見ていこうかと上り始めたら、メチャメチャ急勾配じゃないですか?14〜15%あるんじゃないですか?こりゃダメだってことで早々に諦めて、飯能方面の帰路に着きました。
この日は、先週に引き続き2度目の100km超えを達成しましたが、正丸峠には完全にやられましたので、気分は晴れません。リベンジを誓います。

2回目の正丸峠(2011.11.23)
翌週の祝日です。リベンジです。
この日は、体力温存のために輪行で飯能まで行きます。ズルいとか卑怯だとかは関係ありません。文明の利器と財力にものを言わせてでも正丸をやっつけることが優先です。
飯能からは、やはりあのR299を走るしかありませんが、なんとか峠のふもとに到着。

アタック開始です。
しかし、この日の走りはよく覚えていません。とにかく脚が終わらないように、心肺が悲鳴を上げないように、慎重に走ったんだと思います。イノシシ看板が現れた辺りで、何とか上り切れそうだという感触を持ったことはうっすらと覚えています。それで足着きなしで茶屋に到着し、リベンジ成功です。まー達成感はありました。
20111123_shoumaru.jpg

この日は、名栗湖にも上ってみようと激坂にアタックです。いやーキツかった。ダンシングってか立ち漕ぎで上りましたが、腿が攣りそうになりましたね。その後、飯能まで下って、輪行で帰ってきました。

以上のように、昨年の11月に峠の坂による洗礼を受けたことで、気付きました。
・ギアの下の方が足りない→スプロケを交換しよう→27Tに換装、現在に至る
・脚が全く足りない(自分は貧脚なんだ)→現在に至る

お読みいただきありがとうございました。
よろしかったら↓押してやって下さい。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

坂:初の洗礼(2011.11.03)

昨年11月の話です。
職場の自転車好きと奥多摩湖へ走りに行こうってことになって、一緒に行ったのは11月26日だったのですが、その下見を兼ねて11月3日に一人で奥多摩湖まで走りに行った記録です。

ロードに乗り始めて2ヶ月ちょっとが過ぎた頃ですが、それまで一度もまともな坂に行ったことがなかったし、インナーを使ったこともなかったんですね
でも、青梅までは行ったことがあったので、そこからは一本道だからってことで、朝からフラッと出発しました。
多摩湖の脇を通って青梅街道を西へ、青梅に1時間ちょっとで到着し、休憩してからさらに青梅街道をいくと、徐々にアップダウンが出てきます。でも、基本的には多摩川に沿っているので、それほどキツい上りは出てきません。トンネルが出てくると奥多摩駅に到着です。
20111103_okutamaeki.jpg

しばし休憩後、奥多摩湖を目指して上り始めます。
ここからが本番です。アウターのままでリアをどんどん軽くしていくけど足りません。ペースも全然わかりません。
息が切れて心拍も上がって苦しくってしょーがないから、インナーに落としますが、それでも脚も心肺もキツいです。しかも、トンネルがたくさんあって、路肩は狭いし、照明もなく、後ろから来る車の音がゴゴぉぉ〜って、全部大型ダンプに聞こえるからビビリまくって、早く通り抜けないといけないっ!て、また無理して漕ぐことになる。
そんなこんなで、あるトンネルを抜けたところで、心が折れて足着き(1回目)。その後、脚も動かなくなってくるし、インナー×ローでも心肺が目一杯になってるし、いつまで上りが続くんだぁ〜?てことになってきて、路肩が広くなっているところで、心が折れて足着き(2回目)。そこから再スタートしたら、コーナー1つでダムの入り口でした。
ダムの急坂を上ってゴールっ!奥多摩駅前から25分くらいかかってしまいました。
20111103_okutakamo.jpg

いやぁ〜初の坂は大変でしたけど、達成感を感じることができました。
その後、駐車場、売店まで行って補給を取ってから下りましたが、下りもトンネル出口で速度を落とさせるための段々で跳ねまくって、結構怖い思いをしました。
復路は多摩川の右岸に渡って吉野街道を走って青梅から新青梅・青梅街道で帰りました。

この日の走行距離は、初の100km超えを記録しました。その意味でも記念となる走行でしたが、やはり何と言っても坂で2回も心が折られるという初の洗礼を受けたことの方が印象的でした。
ま、その後、何度も心は折られているんで、もー慣れっこですけどね

以上、初期の走行に関する思い出でした。
よろしければ、↓ポチッとお願い致します。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

和田峠:3度の挑戦と挫折

こんにちは
今週末は天気どうですかねー?台風が近づいてきていますが。
土日のどちらかでも走りに行かないと9月の1000km達成が未完に終わってしまいます。
それはともかく、今日は、過去の峠挑戦記録として「和田峠」の話

昨年(2011)の冬〜今年の春にかけて3回上りに行っています。
今からみれば距離もさほど遠くないのに、3回とも輪行して行ったんですねー

最初の和田峠(2011.12.04)
このときは、国分寺から輪行し、職場のミニベロおじさん(Hさん)と八王子で待ち合わせて藤野まで行き、そこから裏和田です。
Hさんは還暦過ぎたおじさんで「僕はゆっくり行くから、先に行っていいですよ」ってことで上り始めましたが、10%超の坂はこの日が初めてで、12%の標識とか出てきたら、もーダメでした。何度足着きしたか知りませんが、とりあえず峠に到着しました。タイムも何も分かりません。
で、少しして上ってきたHさんから「途中で富士山が奇麗に見えたよ」て聞いて、私は全く見てもいなかったので「じゃぁちょっと戻って見てきます」と戻って撮ったのが次の写真です。その後、再度上るときもまた足着き。いやぁ厳しかったですね、最初の洗礼を受けました。
20111204_wada.jpg

その後、表和田ではなく、林道の方を下って、陣場街道から八王子まで走り、八王子から輪行で帰ってきました。今なら自走する距離ですね。

2回目の和田峠(2012.02.26)
この日は、一人で表和田アタックに行ってきました。この日も国分寺から高尾まで輪行です。
高尾から八王子霊園を通って陣場街道から和田峠の上り口に着いたのが12時半過ぎでした。そこからアタック開始。
いやーキツいキツい。
寒い日だったので長袖ジャージの上に厚めのウインドブレーカを着ていたのですが、汗だくになったので、足着き休憩しウインドブレーカを脱いだものの、汗ポタポタ心臓バクバク息ゼエゼエで、また足着き。結局、何回足着きしたか分からないけど、なんとか峠に到着。
峠の茶屋の駐車場には雪が残っていました。ホイール交換後ですね
20120226_wada.jpg

その後、裏を下って藤野から相模湖を通過し、大垂水峠から高尾へ。大垂水峠は、この日に初めて上ったけど、苦しいながらも足着きなしで越えられました。そして、高尾から輪行で帰ってきました。走行距離:45km、獲得標高:970mでした。
この日のルートです。(ルートラボ)


3回目の和田峠(2012.04.07)
この日も一人で2回目とほぼ同じルートで表和田に行ってきました。
アタックは、できるだけ息が上がらないようにゆっくり慎重に行きましたが、ふくらはぎが攣りそうになり、やはり心臓バクバク息ゼエゼエで、息を整えるために2回足着き。なんとか30分を切るタイムで峠到着。
ま、一応満足できるアタックだったので、石碑と記念撮影。
20120407_wada.jpg
その後、表を下って八王子から昭島、多摩湖を経由して自走で帰ってきました。走行距離:63km、獲得標高:740mでした。
この日のルートです。(ルートラボ)


以上のように、3回の和田峠アタックはいずれも返り討ちにあっていますので、リベンジを誓っているのですが、まだ果たせていません。
この秋に必ず和田峠をやっつけます。

↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ちょうど一年前

一年前にロードに乗り始めた頃、2011年9月の思い出を記録しておきます。
2011.09.04に航空公園周回と多摩湖CR周回を走ってますね

そのときの新堤防から撮った多摩湖の写真
20110904_tamako.jpg

この日は、午前中に航空公園の周回コースに行って、約21km走り、15時過ぎから多摩湖に行って、約25km走って、計46kmを走ったようです(メモによる)。
走行時間が計2時間11分で、平均速度が21km/hとのこと。
乗り始めて1月目で1日に46km走ったことが自分なりに新鮮だったみたいですね。

次は、翌週の2011.09.11にも多摩湖CR周回を走ってますねー
同じ場所から撮った多摩湖の写真(夕方ですね)
20110911_tamako.jpg

この前日に約50km、当日に約30kmで、土日計80kmを走ったみたいです。
そうですね、最初の頃は、まだ気温が高かったのもあって、2〜3時間走っては「暑ぃ〜、疲れたぁ〜っ」て言って帰ってきていた記憶があります。

そして、この頃は、なんと言っても、10〜15km程走ると「ケツ痛ぇ〜って!」てなって、それ以上は走る気にならなかったのが一番の思い出ですね。いやーホントにすごく痛かった。ネットで調べても、座骨のところの痛みは慣れるしかない、という意見が多くて、慣れたら痛くなくなるのかどうかが不安だったことを思い出します。
でも、実際に「慣れたら痛くなくなる」というのは正解でした。ま、今でも100km超の距離を走ったり、ケツの筋肉を酷使する走り方をすると、痛くはなりますが、初期の頃のように、サドルに座ってられないギリギリっギューンっ!という痛みはなくなりました。よかったよかった

以上、初期の思い出第一弾でした。

同じ思い出をお持ちの方、↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Yaboo

Author:Yaboo
40半ばを過ぎたおぢさんがロードバイクに乗ってます。

Twitter

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (25)
全般 (340)
走行記録 (469)
自転車本体 (38)
初期の記録 (4)
ロードレース (28)
パーツ交換 (68)
イベント (61)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。